プロフィールPROFILE

yumehikotokoさんのプロフィール

住所
飯田市
出身
飯田市

眠りにお悩みの方は必見!「桜町駅から見える寝具専門店」から「眠りと健康」をアドバイスして60年。地域の方に愛されています。そんな当店にご来店のお客様と綴る「眠りとおふとんの楽しいお話」をメインに、当店おすすめの眠りグッズを随時紹介します。最近は眠れない方からのお悩みが多くコンピューター測定によるオーダー枕と敷ふとんが人気です

ブログタイトル
いい眠りしていますか?
ブログURL
https://yumehiko1949toko.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
眠りとおふとんのいい話やお悩みのご相談を紹介。コンピューター測定、オーダー枕と敷も好評です。
更新頻度(1年)

143回 / 365日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2011/05/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yumehikotokoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yumehikotokoさん
ブログタイトル
いい眠りしていますか?
更新頻度
143回 / 365日(平均2.7回/週)
読者になる
いい眠りしていますか?

yumehikotokoさんの新着記事

1件〜30件

  • 眠りのニュース:快眠スイッチ、体温を上げる入浴

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 睡眠クオリティ   を上げる 体温スイッチ①は、 「就寝90分前の   入浴」 です。 入眠時に意図的に 「皮膚温度を上げて 深部体温を下げる」 方法として 紹介したいのが 「入浴」です。

  • 眠りのニュース:快眠スイッチ体温

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 ③黄金の90分中は しっかり温度を 下げて(オフ)、 眠りの質を上げる。 ④朝が近づくに つれて 体温が上昇し(オン) 覚醒していく。 このメリハリが あれば、 最初の90分は ぐっと深くなり、 スッキリと 目覚められます。

  • 眠りのニュース:眠りと体温、1つ目のスイッチ

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 人間の体温は、 睡眠時より 覚醒時の方が 高いです。 睡眠中は 温度を下げて 臓器や筋肉、 脳を休ませます。 覚醒時は 温度を上げて 体の活動を 維持します.。 ただしこれは、 体の内部の体温 (深部体温)の変化 の話です。

  • 眠りのニュース:子供の用に眠れる2つのスイッチ

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 子供のように#58650;? すぐ眠れる 2つのスイッチが あります。 「体温」と 「脳」 です。 しかも 体温と脳は 入眠を促す だけでなく、 睡眠の量が 多かろうと 少なかろうと しっかり質も 高めてくれます。

  • 眠りのニュース:翌日のパフォーマンスは黄金の90分の法則が決める

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 一方、 眠気をこらえて 明け方4時ごろに 資料を作り終えて せめて3時間寝よう。 という話も よくありますが、 集中していた脳は 興奮していて なかなか眠れません。 この時刻では 「黄金の90分」 も出現しません。 量が少ない上に、 質も悪い状態に 陥ります。 レポートが うまく書けたとしても、 プレゼンは失敗です。 「黄金の90分の法則」 を知っているか 知らないかで 翌日の パフォーマンスが 決まってしまいます。

  • 眠りのニュース:まず100分眠る

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 睡眠量は明らかに 不十分ですが、 質の面では 「最低条件下の 最大限のメリット」 を得られます。 眠った時間の 「100分」は、 その後の効率アップで 確実にもとが 取れるでしょう。

  • 眠りのニュース:90分~110分後にアラームをセット

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 最初のレム睡眠も 入れて、 わずか100分ほど しか寝ていない とは言え、 深く眠れていれば 質は確保されます。 最初にレム睡眠が やってくる タイミングは、 人によって 違ってくるので 「90分後」と 「100分ないし110分後」 にアラームを セットします。

  • 眠りのニュース:黄金の90分を先取り作戦

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 午前0時、 でもどうしても資料を 作らなければならない。 こんな時のおすすめは、 「眠気があるなら まず寝てしまい、 黄金の90分が終了した 最初のレム睡眠の タイミングに起きて、 資料作りに 取り掛かる。 作戦です。

  • 眠りのニュース:成長ホルモンはいきいき活動するために必要

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 成長ホルモンは、 子供の成長に 関わりますが、 量は減るものの、 中高年になっても 分泌します。 新陳代謝促進や 皮膚の柔軟性アップ、 アンチエイジングの 役割も果たします。 「生き生きと     活動する」 ために必要な   ホルモンです。

  • 眠りのニュース:黄金の90分を手に入れる方法

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 「黄金の90分」を 手に入れる方法は シンプルです。 毎日同じ時間に寝て、 同じ時間に起きる。 ベッドに入るのは 日付が変わる前、 できれば23時位。 でもほとんどの ビジネスパーソンに とってこれは 無理難題でしょう。

  • 眠りのニュース:睡眠と成長ホルモン

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 成長ホルモンは、 最初の ノンレム睡眠時に 際立って多く   (70〜80%) 分泌される ホルモンです。 「いつもなら 寝ているはずの時間」 に起きていると 全く分泌されません。 【眠りのニュース】 続き 最初の90分で 1番深いノンレム睡眠 が出現しないと、 成長ホルモンの分泌 は減ってしまいます。 逆に 最初の90分を 深く眠れば、 成長ホルモンの80% 近くは確保できます。

  • 眠りのニュース:脳は黄金の90分に反映される

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 脳と眠りの関係は、 まだ謎が多いです。 しかし、うつ病や 統合失調症の患者は、 最初の90分が 乱れている事実から 「黄金の90分には、 脳のコンディション を整える働きがある。」 「脳のコンディション が黄金の90分に 反映される。」 と言う仮説は 成り立ちます。

  • 眠りのニュース:黄金の90分は脳のコンディションがよくなる

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 ③脳のコンディション が良くなります。 例えばうつ病患者は、 最初の深い ノンレム睡眠が 十分でなく、 レム睡眠もとても早く 出現します。 また、日中何度も 眠ってしまう ナルコレプシー患者は 入眠時にいきなり レム睡眠が 出現します。 治療により病状が 改善してくると、 最初の深い ノンレム睡眠が整い、 またレム睡眠も 整います。 そして 黄金の90分へ 近づいていきます。 その結果、全体の スリープサイクルも 整うことが わかっています。

  • 眠りのニュース:成長ホルモンの分泌量が多いのは?

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 眠り黄金の90分 ②成長ホルモンが    分泌します。 生物の体は 地球の自転に合わせて 「24時間(日内リズム)」 で動いています。 人間の 多くのホルモンも、 この日内リズムの 影響下にあります。 しかし、 成長ホルモンの場合 日内リズムの影響も 受けはするものの、 その分泌量は、 圧倒的に 「ノンレム睡眠の質」 に依存しています。

  • 眠りのニュース:自律神経の乱れ解消は・・・・

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 頭痛、ストレス、 疲労感、イライラ、 肩こり、冷え性など、 「何となく    調子が悪い。」 と言う違和感の 根っこには、 「自律神経の乱れ」 があることが多いです。 音楽や香り、 絵本やストレッチなど、 自律神経のバランス を整える方法論は、 たくさん提唱 されています。 その中でも、 「黄金の90分を しっかり眠る。」 と言うのは、 「自律神経を整える 最高の方法」です。

  • 眠りのニュース:黄金の90分が眠りを決める

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 『黄金の90分で 得られる 3大メリット』 ①寝ているだけで 自律神経が整います。 自律神経は 呼吸、体温、心臓、 胃腸の働きなど、 生命を維持するために 欠かせないものです。 自律神経の不調は 身体ばかりか 心の病気の原因にも なります。

  • 眠りのニュース:睡眠と寝酒のいい関係

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 「最初の眠気の タイミングを 絶対に逃しては いけない。 眠くなったら、 とにかく 寝てしまわないと、 その後、 深い眠りは訪れず、 いくら長く寝ても いい睡眠には ならない。」 この話をすると オペラ歌手さんは、 「この事は 知らなかったけど 経験として やっているのかも しれませんね。」 と驚いていました。 「眠りが翌日の公演に   大きく影響する」 と、彼らは体で 学んでいるのでしょう。

  • 眠りのニュース:睡眠と寝酒の上手な摂り方?

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 大量のアルコールは 睡眠の質を下げますが、 度数が強くても 量が少なければ その心配はありません。 その人の体質 にもよりますが、 飲んですぐに 眠ることで、 最初の90分間を、 「しっかりと深く」 眠れているのでしょう。

  • 眠りのニュース:寝酒はいいの?

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 オペラ歌手は、 体のコンディションが 直接仕事に影響します。 そこで アルコール度数の強い ウォッカを煽り 素早く訪れる 酔いの力を借りて 眠るらしいです。 オペラ歌手は、 体のコンディションが 直接仕事に影響します。 そこで アルコール度数の強い ウォッカを煽り 素早く訪れる 酔いの力を借りて 眠るらしいです。

  • 眠りのニュース:睡眠とお酒

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 オペラ歌手は 寝しなにウォッカを 飲んで眠る人が多い。 上演時間が長く、 終わるのは 夜の10時・ 11時。 帰宅しても、 喝采と歓声に 包まれた脳と体は、 「極度の興奮状態」 にあります。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢9、犬猫も夢を見ます

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 犬や猫も夢を見ます。 何十日も 睡眠中の犬の脳波の 記録をしたところ、 眠っている犬が 楽しそうに 尻尾を振ることが よくありました。 この時、犬はまさに 「レム睡眠の真っ最中」 なのです。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、8

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 「覚醒直前の レム睡眠時に見る夢」 には 「起きる準備」 と言う役割があると 考えられます。 「寝ぼけ」 を回避するために、 定期的にレム睡眠で 大脳を活性化させて 交感神経を優位にし、 「目覚め」と そこから続く 「覚醒活動」 の準備を担っている ためと思われます。 明け方に近づくほど 合理的な夢を見る 「レム睡眠」が 長くなるのも 理にかなっています。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、7

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 「レム睡眠」と 「ノンレム睡眠」が 入れ替わるごとに、 夢も切り替わって いることが わかっています。 夢は 見た回数が多いほど、 レム睡眠と ノンレム睡眠の 『スリープサイクル』 をしっかり回せている ことになります。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、6

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 夢6 起きた直後、 「抽象的で よくわからない夢」 を記憶している場合、 ノンレム睡眠中に 目覚めたと 考えられます。 「レム睡眠時に 自然に目が覚める」 人の睡眠パターンから 外れているので、 「睡眠が乱れている」 可能性があります。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、5

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 夢5 体は寝ていて 脳も寝ている 「ノンレム睡眠中」 は、夢を見ても 大脳の運動野は 活性化しません。 深い睡眠中に 急に起こされると、 「寝ぼけた」 状態になって しばらく思考が混乱し 場所や時間の 整合性がつかない ような時があります。 「ノンレム睡眠中」 に見る夢は まさにこの状態 に近いです

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、4

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 夢4 体は寝ていて 脳は起きている 「レム睡眠中」は、 覚醒時のように 大脳皮質が活性化 しています。 見ている夢に関連して 大脳の運動野の 手足をつかさどる 神経細胞が活性化 していますので、 「脳の中では  体を使って さも  現実かのように」 夢の世界を 体験しています。 だから、具体的かつ 合理的なのです。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、3

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 夢3 夢の内容を記述して もらったところ、 「レム睡眠」は ストーリーがあって、 実体験に近い夢。 「ノンレム睡眠」は、 抽象的で 辻褄が合わない夢。 が多いことが わかりました。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、2

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 夢2 通常、起きたときに 覚えている夢は、 『目が覚める直前に 見ていた夢です。』 普通は、 浅いレム睡眠中に 目覚めるため、 「レム睡眠=夢を見る」 となっていましたが、 深いノンレム睡眠中に 起こしてみたところ、 その際にも 夢を見ていたことが、 わかりました。

  • 眠りのニュース:睡眠と夢のお話、1

    【眠りのニュース】 「夢を見るのは   レム睡眠の時」 と言う知識を 持っている人は 多いと思います。 ところが、 「ノンレム睡眠中も かなり夢を見ている」 ということが、 実験でわかっています。 夜、私たちは 常に夢の中にいます。

  • 眠りのニュース:睡眠ミッション5、アルツハイマーその2

    快眠アトリエ【眠りのニュース】 睡眠ミッション⑤その2 質の良い睡眠は 脳の老廃物を取る。 これは、 眠っていれば正常に 分解・排出され、 蓄積しない 脳の老廃物です。 このマウスを 睡眠剤で無理に 眠らせると、 『アミロイドβ』 の沈着率は 下がりました。 人間でも 「睡眠障害と アルツハイマーの リスクに関して」 の、 類似のデータが 出ています。 睡眠負債は認知症の 直接原因ではなく、 あくまで危険因子です。 しかし、 脳の老廃物の排泄が うまくいかないと、 アルツハイマー に限らず、 長期的に 脳のダメージに つながる事は確かです。

カテゴリー一覧
商用