searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Kan.Kikuchiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。

ブログタイトル
(:3[kanのメモ帳]
ブログURL
https://kan-kikuchi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
個人ゲーム開発者kan.kikuchiのメモ的技術ブログ。月木更新でUnity関連がメイン。
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2011/03/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Kan.Kikuchiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Kan.Kikuchiさん
ブログタイトル
(:3[kanのメモ帳]
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
フォロー
(:3[kanのメモ帳]

Kan.Kikuchiさんの新着記事

1件〜30件

  • 3Dモデルのメッシュ上にuGUIのImageやTextを表示する AnyUI(無料)【Unity】【uGUI】【アセット】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.14f1 AnyUI - Map Your UI On Any 3D Surface 1.7 はじめに 今回は3Dモデルのメッシュ上にuGUIのImageやTextを表示するAnyUIという無料アセットの紹介です! AnyUI - Map Your UI On Any 3D Surface | GUI Tools | Unity Asset Store イメージとしては以下のようにuGUIのCanvas上に実装したUIをモデルのメッシュに沿って表示するという感じです。 ちなみにGitHubでも公開されています。 なお、記事中では以下のアセットを…

  • Spineで作ったアニメーションをUnityで使う方法(導入編)【Unity】【Spine】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.26f1 spine-unity 3.8 はじめに 2Dの滑らかなアニメーションを作成出来るSpineというツールがあります。 Spineは特に2Dアニメーションゲームに焦点を合わせたアニメーションツールです。アニメーション制作とアニメーションのゲームでの利用を目指し、、効率的で合理的なワークフローを提供します。 今回はそのSpineで作ったアニメーションをUnity使う際の最初の一歩的な感じの記事です! Unityでの準備

  • Imageを任意の形に切り抜き、かつ端を綺麗(ソフト)に表示する SoftMaskForUGUI【Unity】【uGUI】

    この記事でのバージョン Unity 2020.3.9f1 はじめに 以前、Maskを使って画像を任意の形に切り抜いて表示するという記事を書きました。 今回はそれと同様の機能ですが、さらに端を綺麗(ソフト)に表示する事の出来るSoftMaskForUGUIというアセット(?)の紹介です! ちなみに以前紹介したImageで逆マスクを実現するUnmaskForUGUIと同じ作者さんだったりします。 なお、記事中の画像は以下のアセットを使っております。 2D Fantasy Art Assets Full Pack | 2D Textures & Materials | Unity Asset Sto…

  • Package Managerを使ってGitHubなどのGitリポジトリ(Git URL)からパッケージをインストールする方法 【Unity】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに Unity公式機能のインストールや、アセットストアのアセットインストールが出来るPackage Managerですが、 実はGitHubなどのGitリポジトリ(Git URL)からパッケージをインストールする事も可能です。 という事で今回はGitリポジトリからUnityにパッケージをインストールする方法の紹介です! ちなみに公式ドキュメントは↓です。 GitHubなどのGitリポジトリ(Git URL)からパッケージをインストール

  • 使ってないアセットを調べて一括削除も出来る Asset Hunter PRO 【Unity】【アセット】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.26f1 はじめに 今回は使ってないアセットを調べて一括削除も出来るAsset Hunter PROというアセットの紹介です! Asset Hunter PRO | Utilities Tools | Unity Asset Store イメージとしては以下のような感じ。 使ってないアセットを調べて一括削除も出来る

  • 商用利用もカスタマイズも可能なロゴ作成サービス「Wix ロゴメーカー」【便利サービス】

    はじめに ゲームにはタイトルロゴが欠かせませんが、自分のようにデザインが専門でない人が作るとショボい物になってしまい、それだけでゲームがつまらなそうに見えてしまう事も少なくありません。 とは言え、ロゴをちゃんと発注をするにはそれなりにお金が必要なので、個人開発ではなかなか頼みづらいということもあると思います。 そんな時にオススメなのがロゴを自動生成するロゴメーカーというサービスで、今回はその中でもダントツで使い勝手が良かった「Wix ロゴメーカー」の紹介です! なお、ロゴメーカーの良さは安価(サービスによっては無料)で作れるという事もありますが、一度に多くのパターンを無料で見れるというのも大き…

  • Steamで他のゲームを所有(購入)しているか、ライブラリにあるか(インストールしているか)を判定する方法【Unity】【Steam】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.26f1 はじめに 今回はUnityで開発しているSteam向けゲームで他のゲームを所有(購入)しているか、ライブラリにあるか(インストールしているか)を判定する方法です! なお、これを使うことにより過去作やデモ版をプレイしたユーザに特典を付与する事が可能です。ちなみに「前作のデータから追加データを得る機能」の特許は期限がきれているそうです。 “2014年の段階で出願から20年が経過しており、特許の期限が切れている”なるほど、次回作で何か実装してみようかしら🤔コーエーテクモゲームスとカプコンの特許侵害訴訟は最高裁判断へ。2014年から続く「前作…

  • 3DモデルのメッシュやマテリアルをFBX形式でエクスポートするFBX Exporter【Unity】【アセット】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.26f1 FBX Exporter 4.0.1 はじめに 今回はFBX ExporterというUnityエディタ内のモデルをFBX形式でエクスポートするツールの紹介です!なお、Unity公式の機能でUnity 2018.3以降で使えます。 用途としてはMesh BakerやMesh Simplifyといったメッシュを生成するアセット、または自前のプラグラムで生成したメッシュを他のツールで利用したい時などに使えます。 なお、記事中の画像は以下のアセットを使っております。 Japanese School Gymnasium | 3D Environ…

  • ライトプローブを3Dモデルに合わせて自動で配置するMagic Light Probes【Unity】【アセット】【ライティング】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.14f1 Magic Light Probes 1.93 はじめに 今回はライトプローブを自動で迅速かつ正確に配置するMagic Light Probesというアセットの紹介です! Magic Light Probes はライトプローブを自動モードで可能な限り迅速かつ正確に配置できるように設計されたエディター拡張機能です。 Magic Light Probes | Utilities Tools | Unity Asset Store イメージとしては以下のような感じで、3Dモデルに合わせて自動でライトプローブの設定をしてくれる感じです。 なお…

  • 指定したマテリアル(Material)が付いてるレンダラー(Renderer)の検索や置換をするエディタ拡張【Unity】【エディタ拡張】

    エディタ拡張とは この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに 指定したマテリアルが付いてるレンダラーの検索や、検索したレンダラーのマテリアルを置換する事も可能なエディタ拡張を作ったので、今回はそれの紹介記事です! イメージとしては以下のような感じ。 用途としてはPrefab化し忘れたオブジェクトのMaterialを一括で置換したり、違うオブジェクト(Prefab)に付いている同じMaterialを一括で置換したい時などに使えます。 なお、記事中では以下のアセットを使っています。 Village Environment Pack | 3D Historic | Unit…

  • Steamで新作や過去作など自分の他のゲームを宣伝(クロスプロモーション、相互送客)する方法 【Steam】【プロモーション】

    はじめに 今回はSteamで自分の他のゲームのページで宣伝、もしくは他のゲームと一緒に宣伝する方法所謂、クロスプロモーションや相互送客と呼ばれる方法についての解説記事です! これらは新作を出した時に過去作を通じて宣伝をする事で初動の売上を増やしたり、逆に新作が売れた時に過去作も一緒に売れるなどの効果が期待出来るため、大体的な宣伝が行えない個人規模の開発者にかなり重要な要素となっています。 目次 はじめに 目次 製品ページの説明欄 特別お知らせ欄 イベント&お知らせの投稿 開発者・パブリッシャーホームページ バンドル 製品ページの説明欄

  • Steamのバンドルの仕様と作り方【Steam】【プロモーション】

    はじめに Steamには複数のゲームやDLCをまとめて割引価格で販売するバンドルという物があります。 今回はそのバンドルの細かい仕様と作り方についての解説記事です! バンドルの種類

  • Terrainに合わせて同じ形のオブジェクトを作る【Unity】【エディタ拡張】

    エディタ拡張とは この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに 今回は「Terrainで作った地形と同じ形のオブジェクトを作る」という感じの記事です。なお何のためにそんな事をするのかと言うと、ワープ時のテレポート先用のColliderにTerrainに合わせたMesh Colliderを使いたかったからです。(Terrain Colliderだと動作しなかったので) VRでTerrainの地表をそのままワープ位置にしようという試み pic.twitter.com/4aFyf2H6y0— カン@ゲームクリエイター(Unity/VR/Switch/Steam) (@Kan_…

  • Rider上でGitを操作する方法【エディタ】【JetBrains Rider】

    この記事でのバージョン JetBrains Rider 2020.3.3 はじめに Unityでも使える便利なエディタにRiderというものがあるのですが、 今回はそのRider上でGitの操作をしてみようという感じの記事です! リポジトリ作成

  • 「SLASH OF BULLET」リリース!【新作】【Steam】【VR】【アセット】

    はじめに 新作ゲームをリリースしました!その名も「SLASH OF BULLET」です!!(もちろんUnity製) リリースセールで5月1日まで10%オフの899円!なにとぞよろしくお願いします! ゲーム内容は剣を振って斬撃を飛ばし、敵ロボットを切りまくる爽快感抜群の新感覚VRゲームです!ちなみにゲーム中にスキルを獲得する事ができ、そのスキルが特定の組み合わせになると武器の見た目も変わります……! 前作「縦笛なめなめVR」とはかなり方向性が変わっていますが、 今回はそこら辺の話や開発の経緯や、ついでに使用アセット等も紹介していきます。 目次 はじめに 目次 開発の経緯 開発環境 使用アセット(…

  • ゲーム開発に関連する様々なジャンルのクリエイターとその卵たちの活動を支援するプロジェクト「集英社ゲームクリエイターズCAMP」の概要と始め方【プロモーション】

    はじめに ジャンプでお馴染みあの集英社がゲーム開発関連のクリエイターを支援するプロジェクト「集英社ゲームクリエイターズCAMP」を開始しました! という事で今回はこの「集英社ゲームクリエイターズCAMP」で具体的に何が出来るのか、どうやって始められるのかという感じの記事です。 集英社ゲームクリエイターズCAMP とは

  • ハイクオリティな人の3Dモデルをわずかな時間で作成出来るMetaHuman Creatorの早期アクセスが始まったので試してみた【MetaHuman Creator】【Unreal Engine】

    はじめに Unreal Engineで有名なEpic(Games)がハイクオリティな人の3Dモデルを短時間時間で作成出来るMetaHuman Creatorというサービスの早期アクセスを開始しました! 今回はこれを試してみた感じの記事です。 MetaHuman Creatorちょっと試してみたけど、複数のキャラをブレンドする機能良いな〜。モデルが破綻しないようになってるから、テキトウにやってもそれっぽいキャラが本当すぐに作れる……! pic.twitter.com/Mik4yPxN4R— カン@ゲームクリエイター(Unity/VR/Switch/Steam) (@Kan_Kikuchi) 20…

  • 500以上の超有名売れ筋アセットが50%オフ&毎日24時間限定70%オフのセール開催!なので、セール対象のオススメアセット紹介記事13個をまとめてみた【Unity】【アセット】

    はじめに 現在Unity Asset Storeでは「春のアセット大セール」と題して、500以上の超有名売れ筋アセットが0%オフで買えるセールと、 毎日一つのアセットだけ70%オフになるセールが行われています! さらにクーポンコード「SPRING2021」を使うと、カート内のセール対象アセット合計が税抜$100以上$150未満なら追加で5%オフ、税抜$150以上なら追加で10%オフになります! 今回はこのセールに便乗して、今まで書いた「アセット紹介記事の中からセール対象になっているもの」をまとめてみました! 目次 はじめに 目次 セールの概要 エディタ拡張系アセット Editor Consol…

  • Android端末で起動時に「Error Swappy Failed to initialize SwappyGL」等のエラーが出てクラッシュする場合の対処法【Unity】【Android】【トラブルシューティング】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに 今回はタイトル通り、Android端末で起動時に「Error Swappy Failed to initialize SwappyGL」等のエラーが出てクラッシュする場合の対処法です! Error SwappyCommon Error while getting method: getAppVsyncOffsetNanos Error Swappy SwappyCommon could not initialize correctly. Error Swappy Failed to initialize SwappyGL ち…

  • 商用可能な東京23区の3Dモデルが無料で使えるPLATEAU(プラトー)をVR(Unity)で試してみた【Unity】【VR】【アセット】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.14f1 はじめに 国土交通省が東京23区の3Dモデルをなんと無償・無制限で公開しました!しかも商用利用も可能! "東京都23区のオープンデータは商用を含め,無償・無制限で利用することが可能"めちゃめちゃ良いじゃん……!! 商用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了 https://t.co/Nlh9nc5uc6 @4GamerNewsより— カン@ゲームクリエイター(Unity/VR/Switch/Steam) (@Kan_Kikuchi) 20…

  • ラグドール(Ragdoll)でキャラクターをグニャグニャにする【Unity】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに Fall GuysやGang Beasts、Human Fall Flatのように人形のようなグニャグニャな動きをラグドールと言います。 今回はそれをUnityでやってみようという感じの記事です! なお、記事中では以下のアセットを使っています。 Rin | Characters | Unity Asset Store Animals - Simon the Raccoon | Characters | Unity Asset Store ラグドール

  • 動くオブジェクトやキャラクターに綺麗なトレイル(軌跡)を作成する Trails FX【Unity】【VR】【アセット】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに 今回は動くオブジェクトやキャラクターに綺麗なトレイル(軌跡)を作成するTrails FXというアセットの紹介です! Trails FX | Particles/Effects | Unity Asset Store イメージとしては以下のような感じで、Unity標準のTrail Rendererよりかなり綺麗に表示出来ますし、Mesh RendererはもちろんSkinned Mesh Rendererにも使え、単色以外にも色々なエフェクトを付ける事も可能です。 ちなみにVRでも使えます。 開発中の新作VRゲーム「SLASH…

  • 簡単にゲームの見栄えを綺麗にする Beautify 2【Unity】【アセット】【ポストプロセス】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに 今回は簡単にゲームの見栄えを綺麗にするBeautify 2というアセットの紹介です! Beautify 2 | Fullscreen & Camera Effects | Unity Asset Store イメージとしては以下のような感じ。 ちなみにVRでも使えますし、 2Dでも使えるようです。 さらに今なら半額で買えちゃいます……! Unity Asset Storeにて、ビジュアルエフェクト系アセットに定評のある「Kronnect」というパブリッシャーの50%Offセールが始まりました!#Unity #アセットストアし…

  • ReactivePropertyのSubscribe時に最初の通知を無視する方法【Unity】【UniRx】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 UniRx - Reactive Extensions for Unity 7.1.0 はじめに UniRxのReactivePropertyを使うと簡単に変数の変更を検知する事が出来ます。 /*SampleA*/ //変更を監視する値 private ReactiveProperty<int> _valueReactiveProperty = new ReactiveProperty<int>(0); //ReactivePropertyのうち、IObservableだけを公開し、処理を登録できるように public IObserv…

  • Oculus Link中にスタートボタンを押した事を検知(取得)する方法【Unity】【VR】【Oculus Quest】【Oculus Link】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 Steam VR Plugin 2.6.1 (sdk 1.13.10) Oculus Integration 20.1 はじめに PCに繋がなくても単独で使えるスタンドアローンなOculus Quest(及びQuest2)ですが、Oculus Linkという機能を使えばPCに繋いでSteamのVRゲームを遊ぶ事も可能です。 遊ぶ側的にはセンサーもいらないので便利なのですが、開発側としては少し問題があります。 それはスタートボタン(左手コントローラー下部のボタン)を押すと、 Steamのメニューが開くので、ゲーム側では使えなくなっている…

  • UniRx(ReactiveProperty)とOdin(ShowInInspector)を使ったテストプレイやデバッグで重宝する変数【Unity】【UniRx】【Odin】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 Odin - Inspector and Serializer 3.0.4 UniRx - Reactive Extensions for Unity 7.1.0 はじめに 今回はUnity用のRxライブラリUniRxと、 Inspectorを圧倒的に使いやすくするOdinを使って テストプレイやデバッグで重宝する以下のような変数の紹介です! 値の変更を検知出来る プレイ中にInspector上で値を変更可能 プログラム的にはprivateで、外部から変更出来ない(取得は可能) ReactiveProperty&ShowInInspe…

  • Assembly Definition Filesを使ってるのにコンパイル時間が早くならない場合の対処法【Unity】【Assembly Definition Files】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに Unityでコンパイル時間を短縮したい場合、Assembly Definition Filesが便利ですが、 ざっくりまとめると、好きなようにコンパイルする範囲を設定でき、それがコンパイル時間短縮に繋がるという事です。 ちょっと使い方を間違えるだけで、全く効果を発揮しない場合があります。今回はそんなAssembly Definition Filesを使ってるのにコンパイル時間が早くならない場合の対処法です! Auto Referenced

  • SkinnedMeshRendererのポーズを固定したままMeshRendererに変換するSkinnedMeshBaker【Unity】【アセット】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに Unityで3Dモデルを表示しようと思った時に基本的にはアニメーションをする場合はSkinnedMeshRenderer、しない場合はMeshRendererを使います。 これらのRendererはMeshとMaterialが共通で使えますし、 SkinnedMeshRendererはMeshRendererに比べて結構重いので、アニメーション出来るモデルでも、アニメーションの必要がない場合はMeshRendererを使うという事がよくあります。 しかし、当然MeshRendererはアニメーションが出来ないので、「好きなポ…

  • RiderのFile Templatesや「Add to New… menu」が表示されず、「Edit QuickList…」ボタンも反応しなくなった場合の解決方法【JetBrains Rider】【トラブルシューティング】

    この記事でのバージョン JetBrains Rider 2020.3.2 はじめに Unityでも使えるエディタであるRiderにはFile Templatesというファイルのテンプレートを作る機能があります。 今回はこのファイルのテンプレートが何も表示されず、 設定の「Add to "New…" menu」のチェックボックスもなくなり、Edit QuickList…(右上の雷マーク)のボタンも反応しなくなった場合の解決方法です。 原因と解決方法

  • Oculus QuestとQuest2のどちらのデバイスで実行しているかの判別方法【Unity】【Unity】

    この記事でのバージョン Unity 2019.4.17f1 はじめに 今回はUnityでOculus QuestやQuest2向けのVRゲームを開発している際にどちらのデバイスで実行しているかを判別する方法の紹介です! SystemInfo.deviceName

カテゴリー一覧
商用