searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

学校経営コンサルタントさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

少子化という厳しい環境を初めて体験する学校の経営を支援し、日本の未来が明るく元気になる教育を実践できるようにすることがテーマです。 募集に成功した経験と様々な経営理論で、あなたの学校経営をサポートいたします。

ブログタイトル
学生・生徒募集コンサルタント
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/mangopaper419/
ブログ紹介文
学校の経営を支援し、日本の未来が明るく元気になる教育を実践できるように。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2011/03/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、学校経営コンサルタントさんの読者になりませんか?

ハンドル名
学校経営コンサルタントさん
ブログタイトル
学生・生徒募集コンサルタント
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
学生・生徒募集コンサルタント

学校経営コンサルタントさんの新着記事

1件〜30件

  • 意欲を引き出す業務編成

    心理学者のハックマンと経営学者オルダムは、仕事そのものの特性が人の意欲に関連すると考え、その研究内容を「職務特性モデル」として提唱している。職務特性モデルによれば、「技能多様性」、「タスク完結性」、「タスク重要性」、「自律性」、「フィードバック」の五つの

  • 効果的なフィードバック

    フィード(feed)とは、英語で食べ物を与えるとか、食べ物自体を表す言葉であるので、フィードバックとは、その人に対して必要なエネルギーを与えるということが本来の意味となる。ある特定の業務や一連の活動に対してフィードバックが与えられることで、それらの業務や活動

  • 情報を共有するためには

     情報の共有を促進するためには、仕組みやルールの整備ももちろん必要であり有用なことではあるが、大学において最も必要とされているのは、意識面の改革ではないだろうか。大学を取り巻く環境が厳しい方向に変化している現在、顧客のニーズや市場の変化、競合校の動向とい

  • コンパ経営

    日本航空の再建でも有名な名経営者、稲盛和夫氏が創業した京セラ本社には、100畳の大広間がある。そこで「コンパ」と称される飲み会が頻繁に開かれている。工場の多くにも畳の部屋が設置されていて、多いところでは年間350回ものコンパが行われているという。 週刊誌のイ

  • 良い人間関係を築くには

     職場にいる人たちを、4つの「じんざい」として分類することがある。素材としての「人材」、いては困る存在の「人罪」、ただいるだけの「人在」、財産としての「人財」の4種類である。そしてこの4つを分けている基準軸として、縦軸に「将来性」、横軸に「実績」を設定して

  • エンゲージメントを下げているものは

     エンゲージメントの度合いが低いということは、我が国の職場内には、次の二つの要素が欠乏しているということが推測できる。一つ目は「認められている」という要素である。日本では昔から、感じていることを素直に口に出すことについて、あまり「良し」としない文化がある

  • エンゲージメントを構成する要素

     社員と会社が、どれだけお互いに相手のことを思い合い、労わり合っているかの度合いをエンゲージメントといい、それが日本の場合、非常に低いということであるが、それは、以下の12の質問によって測定されている。Q1:職場で自分が何を期待されているのかを知っている

  • エンケージメントとは

     組織に必要な二つ目の要素として、組織に対して貢献したいという気持ちを構成員が持っているということが挙げられている。組織に対する貢献意欲といって浮かんでくるのは、エンゲージメントという指標である。エンゲージメントという言葉が、これまで日常で使われてきたの

  • エンロールメント・マネジメント

    エンロールメント・マネジメントの講義を遠隔形式で行ないました。対面と違って、正確に全員の反応が把握できないため、手探りでしたが、何とか終了することができました。日本の大学でエンロールメント・マネジメントの導入が進まない事情として、導入校での成果がわかりに

  • ダイバーシティ 

     ダイバーシティとはダイバーシティ・マネジメントのことで、人種や性別、価値観などの異なる多様な人材を受け入れ、その多様性を生かした組織をつくることで組織の競争力を高めていこうという取り組みである。もともとは、アメリカにおいてマイノリティーや女性の積極的な

  • 理論は2割?

     「経営は論理と気合いだ」と言っている経営者がいましたが、私も以前の大学での経験、コンサルタントとしての経験、大学経営者として経験を総合すると、 全くその通りだというのが実感です。受験生はこう動くと予想しても、いろいろな要素から違った結果になることも多い

  • お金は大切に

     どの地域でも、電車に乗ると大学のポスター必ず貼りだされている。オーソドックスなものとしては、オープンキャンパスや入試の日程を告知するもの、少し変わったものとしては、その大学の特色を詳細に説明しているものや、教員からのメッセージを載せているものなど、さま

  • 大学の勘違い

     ここしばらく記事を書かなかったのだが、最近、少し見てくれている人がいるようなので、少しうれしくなり、久々に書いてみることにした。やはり『承認』されると意欲が出るというのは、正しいことのようである。 最近は企業でも、その目的を利益追求ということでなく、社

  • 大学生の就職を考える

    今回はちょっと長くなりますが、大学生の就職に関して日ごろ感じていることを書いてみました。 以前、企業の人事担当者に「企業が求める人材像」を聞いてみました。一定の基礎学力を問うところは少数派で、多くはコミュニケーション能力とか課題解決力、忍耐力、明るさ、好

  • 現代的管理法?

     成果主義の弊害が言われだしてずいぶん経ちますが、学校にもここ数年、着実に客観的評価システムが取り入れられつつあります。目標管理といったことも、その一つでしょう。 しかし教育という長期的に成果を考えなければいけない業界にあっては、牧歌的な管理法が本当は良

  • アファメーションの作り方

     アファメーションは、将来(例えば3年後)のなりたい状況を現在進行形で表現するものです。中長期計画と目ざすところは同じですが、将来のイメージがより鮮明になる点が特徴です。留意点は教職員、学生や受験生、そして社会にとって有用という視座を必ず入れることです。 セ

  • 規則でなく原則を

    規則は、組織の運営に不可欠のものと考えられています。このため、学校でも企業でも就業規則などの規則が定められていて、それに従って勤務することが義務付けられています。また、サービス業等におけるマニュアルなども、それに従って作業等をすることが義務付けられている

  • アファメーションの実例です

     研修をさせていただいた企業でつくったアファメーションです。現在、本社と各営業所に掲げているそうです。•A社は、関東各県に営業拠点を置く派遣業界のリーディングカンパニー     として、グループ全体の売上高100億円を達成し、躍進を続けてい    る。 •A

  • アファメーション

     アファメーション、日本語で言うと自己宣という意味ですが、最近はこの言葉をよく伝えています。学校だけでなく、組織は人々の協働によって運営されています。その力を同じ方向に向けるためには、実現したい目標を共有することが必要です。共有するとは、単に分かるという

カテゴリー一覧
商用