chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
食料捕獲作戦! http://capturefood.blog83.fc2.com/

食べることと命をいただくことについて考えます。 狩猟、素潜り、釣り等々…

幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には 「美味いか不味いか?」 が大きな判断基準を占める。 素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。 2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

じゃん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2010/10/08

1件〜100件

  • 人間が逃げ出す夜…

    「ぐわわぁ~っ! 堪らんっ!!」寝ていると夜中に突然の爆音で叩き起こされ、枕と掛け布団を掴んで寝室から一番遠い部屋へ避難。何の音から逃げたのかと言うと、カエルの大合唱の音です。寝不足で朝はバタバタしたので、翌日の夕方に隣の田んぼを確認。「やっぱりね…」麦の刈取りが終わった田んぼ(畑)に、稲を植えるための水を張り始めたのです。水を張り始めると、土の中の昆虫たちが残った陸地によじ登り、容易く捕まえられ...

  • 抵抗あったけど、食べたら絶品ッ!! イカの沖漬け♪

    この得体の知れない物は「イカの沖漬け」です。(本当のことを白状しますと、釣れない私を憐れんで友人のmotoさんが恵んでくれたもの。鯛釣りのエサのゲソを齧られた残骸も放り込んでいます。笑)作り方はとっても簡単で、釣ったイカを生きたまま麺つゆなどに漬け込んでおいたものです。最近では「イカ沖漬けのもと」なんていう専用のタレも販売されて釣具屋さんで売っています。釣れたイカを生きたままジップロックの中に入れ、そ...

  • 初めての夜焚き

    西の空に沈む夕日を眺めながら、私は船の上にいました。ずっと行ってみたかった「イカ(ケンサキイカ)の夜焚き」の釣船に、お友達のmotoさんに誘ってもらって乗り込んだのです。「夕陽が美しいなぁ。そしてこれから集魚灯を灯しての夜釣りが始まるかと思うとドキドキが止まらん…」この時期、凪いだ日に陸地から夜の海を見ると、水平線近くにたくさんの漁火が見えますが、その漁火を焚いている船に乗り込んで釣るのです。イカの夜...

  • 次の猟期の話し合い

    地域や都道府県によって異なりますが、私の居住県では猟銃を使った狩猟期間は11月15日~2月15日の3ヵ月(今でも鳥類をはじめ一般的な狩猟鳥獣は3ヶ月だけです)。それが増えすぎたイノシシ・鹿に関しては11月1日~3月15日の4カ月半に延長されたのが20年ほど昔(だったと思いますが定かではない)。しかしですね、それが今年の秋からは10月15日~4月15日に期間が延長されました。「えらいこっちゃ!! ただでさえ長くなった猟期が...

  • ああ、悩ましきデイイカメタル

    記事に書いてはいませんが、実はここ2回ほど船釣りで惨敗しています。魚の活性が低かったのも事実ですが、それ以上に私の戦略ミスがありました。この時期はケンサキイカ(こちらではヤリイカと呼ばれます)が釣れ出すシーズンで、船長さんからも「イカ釣りのタックルも持って来てくださいね」と言われます。小アジや小イワシなどの小魚がいて、それを捕食するケンサキイカが周囲にいる状況で、イカスッテと呼ばれるイカ専用の仕掛...

  • 生える

    「あ、生えている…」インスタだと「映える」なのでしょうが、我が家では「生えて」います。何が生えているのかと言うと、居間の横の引き戸の間から「ふじが生えて」います(笑)。これは毎晩の夕食後の風景。ふじはご飯を食べている時に近くにいるとヨダレが出ちゃうので、自主的に洗面所まで退避します。その様子を見ると、ついつい雨上がりのキノコやタケノコのように「生える」という言葉が思い浮かびます(笑)。これはナスビ...

  • 検針員のM.Yさん(笑)♪

    「あれ?」帰宅するといつもワンコさんズが出迎えてくれますが、なんだか違和感…。フェンス近くの地面を眺めて、ワフワフと何かを訴えています(左モリさん、右カヤさん)何を眺めているのかと言うとこれ。地面に落ちた、お菓子のクリームビスケット(笑)。「ああ、検針員のMYさんが来たんだ」と、納得。MYさんはプロパンガスの検針員で、とっても動物好きな方なのです。この写真では分かりませんが、モリとカヤがいるフェンスの...

  • 3年ぶりの安全狩猟フィールド射撃大会

    コロナ禍で中止が続いていた安全狩猟フィールド射撃大会に出場してきました。クレー射撃を狩猟に見立て、「非狩猟鳥獣と想定する白クレー」が出て来る(撃ちかけたら-3点)特殊ルールの射撃大会です。しかしまぁ、これがなかなか面白い!!通常クレー射撃大会は「如何にミスなく全てのクレーを撃ち落とすか」に成績がかかっていますが、「撃つとマイナス」という白クレーがランダムに出るのです。例えばボーリング大会で「倒した...

  • 天気予報のウソツキっ!!

    「波高1.5メートルのち1メートル…。現在気象に関する注意報警報は出ておりません…」電話番号「市外局番+177」を聞きながら「全く問題なく潜りに行けそうだ」と判断します。潜り道具を車に積み込み、忘れ物がないか再度点検したのちに出発!!穏やかに晴れた田舎道を海へ向かって車を走らせます。潜りに行くのに重要なのは波高予報です。だいたい1.5メートルを境界にそれ以上高くなったら潜るのを諦めます。しかし風向き次第では風...

  • 鳥獣被害…

    ある日ワンコゾーンを覗くと、見慣れぬ黒い物体が落ちています。「うっ、嫌な予感しかしない…」近付いて確認すると、それはとある野生の鳥の様に見えます。すでに完全にお亡くなりになってボロボロの状態ですが…。「やっぱりな…」少しするとモリ(右)とカヤ(左)が近付いて来ました。「獲ったよ!!」と、ちょっと得意げな顔。「いやいやいや、キミたちはイノシシを獲るための猟犬で鳥猟の猟犬じゃないんですよ」自分のテリトリ...

  • 初夏の山でイノシシにぶち当たる

    猟期が終わって「やった~っ! さあ、釣ったり潜ったりして魚獲りまくるぞ!!」と思っていると、あっと言う間に有害鳥獣捕獲活動が始まってしまいました。(これはハシブトガラス。頭が良く人間との知恵比べとなって捕獲実績もなかなか上がりません)この日はイノシシの駆除依頼が出ていたので、ふじ1頭を連れて山入り。(モリとカヤは発情中で出せず)皆さんの車や軽トラの荷台をチェック中♪「まあ、猟期が終わってちょっとポッ...

  • ビックリドッキリメカ~っ!!

    「ビックリドッキリメカ~っ!! 発進っ!!」少年時代に見ていたテレビアニメ「ヤッターマン」のラスト近くになって、主人公の大型メカロボットの口から相手をやっつける小さな沢山のロボットが出て来る時のセリフです。年代がバレちゃいますね(笑)。しかしですね、我が家では毎朝このセリフを口にしてしまうのです。それはこの時。出勤前に鶏小屋に入っているブラウンさん達を庭に放鶏するのですが、毎朝律儀に設置した板を並...

  • 銃砲検査の日に本性が暴かれたのだ!!

    この日は年に一度の銃砲検査。(通称:銃検)自動車でいう所の車検の様なもので、所持している猟銃を紛失していないかとか、違法改造していないかなどの検査が行われるのです。所持している猟銃と所持許可証、事前に郵送で送られてきていた書類に記入したもの、実包管理状況が分かる帳簿を持って、所轄の警察署まで出向きます。新型コロナウイルスの流行で、密を避けるために時間を予約し、人数制限を行いながら検査が行われるので...

  • 激アツっ! キャスティングゲーム!!

    同じ猟友会の会員であり、釣り友達のmotoさん(仮名)・腹口くん(仮名)とジギング&キャスティングフィッシィングに行って来ました。ジギングは「ジグ」と呼ばれる鉛で出来た重いルアーを、アクションを付けつつひたすら上げ下げする魚釣りの方法で、キャスティングというのはキュウリほどの巨大な水面に浮かぶルアーを投げて魚を釣る方法です。どちらも一日やっていたら腱鞘炎や筋肉痛になるようなハードな釣りで、「筋トレマニ...

  • 命名!!

    「ニワトリさんたちの呼び名をどうしようかなぁ~」ヒマがあれば、庭にいるニワトリさんたちを眺めてそんな事を考えます。最初に飼ったニワトリは「ホシノブラック」という品種だったので、「ホシノさん達」という名前になりました。で、今回来たニワトリは「ボリスブラウン」という品種です。「ボリさん」「ボリスさん」「ボスラさん」「ボブさん」…。色々な名前を考えますが、イマイチしっくりときません。う~ん、う~ん、と考...

  • 夏ミカン狩りに行き、第一次産業について考える…

    友人御夫婦から、例年お誘いをいただいている夏ミカン狩りに行ってきました。ここの夏ミカンは素晴らしく美味しいのです。近隣にたくさん夏ミカンを植えている農園があるけれど、猿やイノシシやアナグマやアライグマやカラスやヒヨドリが真っ先に狙うのがこの農園。(これは別の時に捕獲されたアライグマ)野生生物たちも美味しいものは良く知っていますね(笑)。(これはカラスに啄ばまれたミカン)脱サラして専業農家として柑橘...

  • 一投目で真鯛が来たの良いけれど…

    「明日は出られるよ~。5時半出港なので30分前には集合お願いします」馴染の釣船の船長さんからの電話。「やった!久しぶりに出れますね!!」なにせ最近は予約した日は天候不順で欠航になる日がとても多かったのです。同行者は同じ猟友会のmotoさん(仮名)。ベタ凪の予報でしたが、釣り場に到着すると結構な風。「ま、じきに波風共に治まるでしょう」という訳で、ドキドキしながら仕掛けを投入します。タイラバを着底させる最中...

  • ワサビ漬け

    ゴールデンウィークに何をしているかと言うと、予約していた釣船が強風で欠航になり、ひたすら家の片付けや庭木の剪定をしています。合間に庭に放したニワトリさんたちの様子を眺めて、「あっ!もうこんなに時間が経っちゃった」と驚くことしばしば(笑)。そして夕暮前後にシャコシャコと刃物を砥ぎ始めます。刃物に関しては切れないと嫌ですし、切れない包丁で作った料理は美味しくありません(実話)。それにケガの元にもなりま...

  • 放鶏!!

    ニョキニョキと繁茂する雑草に辟易して導入されたニワトリさんたち。我が家に来て2週間ほどですが、鶏小屋には慣れてくれましたが、私の時間が無くてほとんど放し飼いには出来ていません。「でもそろそろ除草のためにニワトリさんたちを放し飼いにしないとなぁ~」という訳で、休みの日にニワトリさんたちを庭に放ちます。今まで集団で育ってきたので、少し冒険して一羽になると「ピヨピヨ」と鳴いて急いで集団に戻る様子が「クチ...

  • エソの刺身と白子ポン酢

    エソは美味しい魚ですが、小骨が多くすり身のもとくらいしか料理できないイメージが多いと思います。しかしですね、普通に美味しい魚なので工夫次第でその他の料理も美味しいのです♪今回のエソはすり身を造るために身を水に晒していた時にも脂が浮くし、とても美味しそうだったので刺身に引きました。エソの身は、上図の線の様に細くて硬い骨が入っています。骨抜きで抜くのもアリですが、何せ数が多過ぎます。今回は素材が大量に...

  • 激ウマっ!! エソの薩摩揚げ♪

    先日、遊漁船で同乗したジギングの若者たちから、「ニワトリのエサ」としてたくさん戴いたエソ。巨大なサイズばかりで、一番大きなものは58センチ。「我が家はニワトリもワンコ達もいて、年中タンパク質が必要だから助かるなぁ♪」動物たちのご飯として戴いてきたエソですが、きちんと船上で〆て血抜き処理を行っています。エソは美味しい魚です。しかし顔つきがグロテスクなのと、身に小骨が多いために釣り人からは嫌われているの...

  • 久しぶりに釣れなかったなぁ~

    「朝一はたいていよく釣れるのに、珍しく釣れないなぁ…」船上で釣り糸を垂れながら、鉛色の空を眺めます。「魚群探知機には良い反応が出てるんだけど、まったく潮が動かないから魚が口を使ってくれない」遊漁船の船長さんも嘆き節。アタリがあっても、ポツリポツリと単発でレンコダイが来るくらい。あとはちびっ子カサゴ。この日、同乗していた親父も苦戦。しかしながら、単発でも大きなアオナやカサゴを釣り上げています。私と親...

  • 命の循環

    これは釣ってきた真鯛のオスの卵巣で作った、大好物の真鯛の白子ポン酢。ついつい冷酒を飲み過ぎてしまいます(笑)。魚のアラは白子や卵巣、肝や胃袋などの過食部位も多いですが、廃棄部位もかなり出ます。生魚の内臓なので当然腐ります。なので速やかに生ゴミとして廃棄するか、地中深く埋めて畑の肥料とします。(しかし埋めると野良猫がやって来て、夜中にワンコが騒ぎ立てるんですよね)しょうがないと言えばしょうがない事な...

  • 狙う者、護る者…

    ヒナ鶏たちは日々大きくなっています。(日々見ているのでハッキリと分かりませんが、そんな気がする)当初の目的のための雑草除去も、一生懸命パクパクと雑草を食べてくれている感じです。しかしまだ小さいので野良猫やカラスなどが心配。そこでいつもふじを護衛に付けています。「頼んだよ!ふじ♪」いつも陽当たりの良い土の上で寝そべっているふじですが、この時は異変を感じて出動!!「あぁ~ん、なんだかヒナ鶏たちの危機を...

  • 月夜翌日の釣行

    久しぶりに船釣りに行きました。冬場は時化ることが多く出港できない日が続いていたのですが、春は春で「春一番」のような突風が吹いて時化ることが多いのです。今回は台風1号の通過した直後でしたしね。しかし直前で出港できるとの連絡。で、夜明け前に船付き場に到着しますが、この日は満月の大潮。潮が大きく動く大潮(プランクトンやそれを食べる小魚の動きが活発になる)には満月と新月(闇夜)があり、「エサが良く見える満...

  • ヒナ鶏たちのお外デビュー♪

    「さあ、ヒナ鶏たちをお外に放そうかなぁ~」主に雑草駆除のために導入したヒナ鶏たちです。お外での平飼い(放し飼い)に慣れてもらわない事には話になりません。「さあ行け!!」「ピヨピヨピヨピヨ…」初めての広い世界に戸惑うヒナ鶏たち。常に4羽で固まっての団体行動。「うんうん、不安な気持ちは分かるけど頑張ってみようか♪」少し時間が経過すると、団体行動の輪も大きくなり雑草を啄み始めます。「お!良い感じ♪ その調子...

  • 昂る者たち♪

    「ぃやっほ~いっ!!」飛び跳ねるカヤさん♪そして、フェンスの向こうからガシガシと様子を伺うモリさん(笑)。視線の向こうには中ビナ達…。「あれは私たちのエサお友達ね!?」という感じで大興奮!!いやいや、このヒナ達には雑草駆除と採卵という大事な使命があるんだから食べちゃダメだよ。し、信じているからねっ!!↓ふじ、護衛は頼んだよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪にほんブログ村にほんブログ村狩猟の魅力...

  • ヒナ鶏がやって来た♪

    「ヒヨコ4羽だとこれくらいで充分だよな~。大きすぎてヒヨコが揺すられてケガしてもいけないしね…」そう思い、私が用意したのは20センチ四方くらいの段ボール箱。で、JAに受取りに行ってきました。電話予約した時に「年に一度鶏屋さんが来るんですよ」と言われていたので、たくさんのフワフワしたヒヨコに会えると思い、ちょっと高揚した気分。受付けと料金の支払いを済ませた後、「あ、ヒナの受け取りは表のトラックで行ってい...

  • 思ってたのと違うっ!!

    「ああ、忙しい。忙しくてあれもこれもしなければいけない状況だけど、これだけはやっておかなければ…」と思ったのが、庭の草刈り。ビフォー写真。(これはふじ)暖かくなって雑草が一斉に芽吹いて来ました。電動の草刈り機を購入してからは、手軽に根こそぎ草刈りが出来るので楽になりました。あまり変わってないように思われるでしょうがアフター写真。奥がふじで手前がモリ。見通しが良くなってカヤもご満悦♪何故急いで草刈りを...

  • 今回の副反応…

    3回目の新型コロナワクチン接種後の副反応はどうだったかと言うとですね…、絶賛発熱中っ!!バッチリ38℃超えの熱が出ました。24時間までは37.5℃前後を行ったり来たり。「お、今回は軽く済みそうだ。良かった…」などと思っていたら、夜中に38℃突破。熱で目が覚めました。ボーっとして関節が痛む身体を起こし、解熱鎮痛剤を飲んで再度就寝。時々枕元に置いた体温計で熱を測りながら「ああ、体温計にデコボコがあると思ったら、モリと...

  • 3回目の新型コロナワクチン接種

    3回目の新型コロナワクチン接種へ行って来ました。1回目と2回目は職域接種だったのですが、今回は地域の集団接種会場での接種。ワクチンの種類もファイザー→ファイザー→モデルナと、副反応が出やすいパターンです。まあ、前回の激しい副反応は「ムカデに刺されていたから」という事にしておきましょう。2回目までは職場近くの病院での接種でしたが、今回は地域の多目的ホールを使っての接種。30分単位で予約した人が会場に案内され...

  • お知らせ

    「あ!やっと届いた。本当に来るかどうか心配だったんだよね」郵便受けに届いた葉書を見てちょっとホッとします。その葉書というのはこれ。「にわとりのヒナ配達について」です。最後のホシノさん(ホシノブラックという種類のニワトリ達)がお亡くなりになって約2年…。繁茂する庭の雑草に辟易し、孵卵器を購入して有精卵からヒヨコを孵化させました。「確率から言って半分はメスだから、2羽くらいはメスだろう」と思っていたので...

  • 謎の魚3

    船釣りが強風のために中止になり、「魚食べる」スイッチが入っていた私は、近くの産直市場へ偵察へ行って来ました。魚を滅多に買わない私が産直市場に行く理由は主に2つ。1つは地域沿岸でどんな魚が釣れているかをタイムリーに知るため。そして2つ目は「掘り出し物」との遭遇を期待してのものです。「掘り出し物」とは、普段は市場に流通せず食べる機会がない魚や、まともに買えばかなりの値段なのに捨て値の様な価格で売っている...

  • 謎の魚2

    謎の魚の第2段です♪兄貴から送られてきた写真。「うん、確かにこんな魚は見たことないね」これは釣ったものではなく、巻網にはいったものとのこと。潜ってよく見かけるタカノハダイに似ていたので、調べると「ユウダチタカノハ」とだと思われます。いや~、それなりに魚の名前を知っている方だと思うのですが、まだまだ知らない魚がいっぱいいますね。自分の知識の未熟さを知ると共に、まだまだたくさん学べることがあることが嬉...

  • 謎の魚

    先日の船釣りで腹口くん(仮名)が釣り上げたお魚。なんだか背ビレがトゲトゲで、釣れた魚を迂闊に握ると出血しそうですね。こんなに背ビレが尖っている魚を初めて見ました。この魚を持って人を殴ったら大きなダメージになりそうです…(仮定の話です)。で、この魚の名前を調べてみたのですが、イマイチよく分かりません。「チョウセンバカマ」という魚が一番近いのかなと思いますが、Webの画像を見てもなんとなくピンと来ません。...

  • 久しぶりの射撃場でスラッグ残弾処理!

    満開の桜を眺めつつ…ちょっと強面の人々が危険な武器と実弾を持ち寄って集うのはライフル射撃場。ここでスラッグ弾(散弾銃で撃つ一発弾)やライフル実包を消費しようという目論見。「狩猟や有害駆除活動で購入したけど使い切れなかった実弾を消費してしまいましょう」という、こじんまりした残弾消費の集いです。(猟友会の大々的な残弾消費射撃会は、後日別にあります)猟期終わりのこの時期は、各地の地方猟友会支部での残弾射...

  • 久しぶりの海釣り♪

    「猟期が終わった~っ!! さ、釣りに行くぞ~!!肉の次は魚食べるぞ~!!!」という訳で釣りに行って来ました(笑)。同行者は同じ猟友会の腹口くん(仮名)とmotoさん(仮名)。そして私の親父。釣り方はいつものタイラバにエビやイカを付けたエサラバに、時々青物狙いのジギングも織り交ぜます。ポイントに到着し、ドキドキしながら仕掛けを投入。前半戦は皆さんアコウやカサゴなどの根魚を順調に釣り上げています。私以外は...

  • カヤの抜糸♪

    猟期終盤にカヤがイノシシの牙で突かれた3週間後のことです。「さ、今日はドライブに行こうか♪」「えっ!?本当~?」手前より。モリさん、カヤさん、ふじさん。「ヒャッホ~イ!!」テンション爆上がりの3頭♪サーフの後部座席に乗り込んで「ドヤ」顔のカヤさん(笑)。「はいはい、猟期が終わったからちょっと退屈だよね~」車が走り出すと、外の景色を眺めるふじ。狩猟の時はいつも軽トラの荷台のケージの中に入れ、幌を被せて移...

  • 親父の引退

    昨年度の猟期末の話。射撃の上手い親父が至近距離を走る獲物に対して、失中(外すこと)することが何度かありました。失中自体は誰でも起こりうることなので、そんなに気にもかけていませんでした。解体して山の神様祭りをする時に「親父さんもそろそろヤキが回ったんじゃないの?」「そろそろ銃を置く時期が来たかぁ。惜しい人を失った…」などと言って皆さんにからかわれてはいましたが…(笑)。しかし猟期が終わり眼科で診察して...

  • 黒化現象

    2月に子宮蓄膿症で子宮と卵巣の緊急摘出手術を受けたふじ。これは手術当日の写真ですが、緊急手術を受けるくらいだから相当に具合が悪く、数日エサも食べずにションボリとした表情。良くなってくれて本当に良かった♪で、退院してきた翌日々の写真。手術の傷跡が生々しかったのと、バリカンで刈ったお腹のハゲ具合がおもしろかったので、記念に撮影しました。この時はピンク色でツヤツヤした触感のモチ肌で、何度も何度もペタペタと...

  • 今年の猟期をふり返って2021

    今年の猟期が終わって、メンバーの皆で安全御礼のために神社へお参り。「今年もありがとうございました」思い返せば寒くても汗ばむ陽気でも、夜明け前に早起きして脹脛が攣りそうになる様な傾斜の斜面を昇り降りし、猟犬達が獲物を追い出したら出したでヒーヒー言いながら山の中を駆けずり回る日々…。身体に疲労が蓄積しているので、とりあえずゆっくり寝たいですね。「ああ、終わったなぁ…。疲れたけれど本当に楽しい猟期だった♪...

  • 今猟期最後の出猟。そして詩吟に連敗っ!!

    「さあ、今猟期最後の出猟日だ…」なんて言うか毎年猟期終わりには、季節の移り変わりと共に梅の花が咲き、暖かい風が吹くのと共に寂寥感が漂います。毎年毎年、秋から冬のほとんどの休みを山で過ごし、山の傾斜にヒーヒー言いつつ猟犬と共に山を駆け回り、寒さに震えて獲物を待ち受け、獲ったら獲ったで山からの引き出しに再度ヒーヒー言います。「正直に思うけれど、なんでこんなにキツイ思いをしてまで毎週毎週山へ行っているの...

  • 今猟期初めてのボウズか!?

    11月1日から大物猟の猟期が始まり、よほどの悪天候や用事があったり体調が悪い時を除き、3月15日までの全ての土日祭日に山へ出猟するのが普通である我が猟隊。(元々「狩猟命!」という人が多い上に、仕事を退職されている方も多いですしね)天候の良い時は船釣りに行ったりもした私ですが、冬場は海が時化るのでそれもほとんど出来ず、皆さんと一緒にほぼ全ての休日に山へ参戦。そして私の参加した日は、恐ろしいことにすべて何か...

  • 全開だぜっ!!

    鹿が9頭も獲れた日のこと。解体は皆で手分けして3時間半ほどで終了。そして残滓の処分の段階になって大量の骨が出ました。通常ならば、野菜と一緒に煮込みにしたり、犬を飼っている人がワンコのおやつとして持ち帰るのですが、大量のお肉も有ったし、全ての骨を処理するのはさすがに無理そう。さすがに処理できないので、「燃えるゴミとして処分するか深く穴を掘って埋めよう」という事になりかけました。「せっかくいただいた命を...

  • モリのお見合い大作戦♡!!

    モリ(右)と一緒に写っているのはリキくん。リキくんは屋久島からやって来た純血の屋久犬です。飼主さんが近くに来られるというので、リキ君を連れてわざわざお越しいただきました。「おお、リキくんは毛色も濃い赤茶色で良い色だ。スリムな体型も屋久犬らしいね♪」ふじが子宮蓄膿症で子宮・卵巣の摘出手術を行い、実は私に一気に焦りが出てきたのです。モリと姉妹犬のカヤは最初のケガで産道近くを牙で突かれて深い傷を負ってい...

  • 大猟記2022.03

    本日は猟隊のレギュラーメンバーの他に、ゲスト参加のハンターさんを招いての大規模な巻き狩り。ふじもカヤもケガで戦線離脱中なので、単身山を駆け回る予定のモリさん♪一昔前のグループ猟では猟場や猟法については絶対的な秘密事項でした。それは先輩方が長年かけて開発してきた獲物の生息場所や寝屋や逃げ方という、汗水たらして脹脛が攣りそうになるような角度の斜面を昇り降りしなければ分からないことでしたし、その秘密を守...

  • 春の日に大猟!!

    空蒼く、美しく春を告げる梅が咲き誇っています。「ああ、もうすぐ猟期も終わりだねぇ」そんな事を話しながら山を囲み…。鹿がたくさん獲れました。取り急ぎのご報告…。今日も自然の恵みに感謝です。↓獲り過ぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪にほんブログ村にほんブログ村狩猟の魅力まるわかりフォーラム...

  • キンカン鹿♪

    先日の猟行で仕留めた1頭の鹿。立派な三段角の巨大な鹿でした。解体後の毎回の事ですが、私は解体が終わってワンコ達に与えるために胃袋を切り裂いて持ち帰ります。「グリーントライプ」と言って、犬の健康食として結構な値段でネット上で販売されています。まあ、青汁付きの天然生ホルモンという感じでしょうか。野生の肉食獣などは、捕食した草食獣の内臓から食べ始めますからね。生態維持に必要な成分だと本能にインプットされ...

  • パニック大作戦で大猟だぜっ!!

    カヤがケガをする前の話になります。~~~~~~~~~~~~~~~~「う~ん、どうしよう…」朝の見切り後のミーティングで集合し、頭を悩ませる猟隊のメンバー。各地に散って見切りをしても、目ぼしい痕跡が全く見つからなかったからです。猟期終盤にいつも起こることなのですが、狩猟圧が強くなり、獣たちが高い山に集合して身を潜めるようになります。「じゃあ高い山を攻めればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、...

  • カヤの受傷2022

    モリとカヤのコンビで出猟したら、カヤがイノシシの牙に突かれて受傷。(手前モリさん、奥カヤさん。涼しい顔をしていますがこの時には傷を負っています)受傷部位は左足の腿後部。後ろから突かれたのでしょう。受傷部の見た目は小さいのですが、イノシシの牙はナイフで刺したように深く入ります。(しかも汚れた牙で突かれるので感染症の危険が大きい)最初に子イノシシが走り、それを追いかけて行きました。それからすぐに別の大...

  • ふじのその後

    23日(祭日)はふじの術後経過を獣医さんに見せる日でした。「前日でも翌日でも良いですよ」と言われていたので、休みの日は山へ行こうと思って自分の衣類やモリとカヤのワンコベストの用意もしていました。山行きの時間に起きたのですが、しかしどうしても山へ行く気にならずお断りの連絡をすることに…。おそらくふじが餌を食べなくなってずっと気が張り詰めていて、それから手術・入院。原因が分かり、対処をしてもらって「もう...

  • 鴨肉ステーキオレンジソース♪

    「最後に鳥撃ちに行って冷蔵庫の中で熟成中の鴨があるけど、何にして食べようかなぁ…」そんな事を日々思っていると、友人(ハンターさん)から「柑橘類たくさんあるけど取りに来ない?」という連絡をいただきました。「やっほ~っい!これはオレンジソースを作って鴨肉のステーキにして食べろという天からの啓示に違いない♪」と、喜んで友人宅に伺います。そして雑談の中で鴨肉ステーキをオレンジソースで食べようと思っていること...

  • 絶品の橙(ダイダイ)ポン酢作り♪ そして身体に異変が!!

    ハンターの友人から「ポン酢用に使って」とたくさんの橙(ダイダイ)をいただきました。橙(ダイダイ)や金柑や夏ミカンの様な柑橘類は、一昔前はどこの庭先にも生っていました。学校の行き帰りにオレンジ色のふくよかな丸い蜜柑が生っている様を見ると、それだけで幸せな気持ちになれました。食い意地の張った小学生の私は、とある空腹の日にダイダイを取って齧り付き、口がひん曲がるほど酸っぱい思いをした経験があります(実話...

  • ケツコダマを抜かれる…

    空は蒼く、梅も咲き…。「平和だなぁ…」そんな事を思ったとある一日。平和じゃない出来事が…。このメスイノシシはグループの方が仕留めたイノシシなのですが、倒した後にモリとカヤがガブリ付いていたとのこと。「ムキーッ!散々逃げ回って手こずらせてくれたわね!!」倒した獲物に猟犬が噛み付くのは本能的なもので、ある程度しょうがないものです。しかし我が家の猟犬の場合、ちょっと普通とは違っていました。(その異変が分か...

  • ふじが帰って来て思ったこと…

    子宮蓄膿症で子宮と卵巣摘出の緊急手術を受け、しばらく動物病院に入院するはずだったのですが、あまりにも家を恋しがって鳴いて強制送還となったふじ(笑)。で、その後はどうなったかと言うとですね…、1日は愁傷に病犬らしく寝ていたのですが、すぐにご飯も食べるようになり元気いっぱいです。(初日は心配だったので、夜は寝室にエアコンを入れて眠らせました)思えばふじが我が家にやって来て約8年。交配のために何度が外泊し...

  • 動物病院からの緊急電話

    ふじが子宮蓄膿症によって子宮と卵巣の緊急摘出手術を受け、入院中の日の事の話です。仕事を始めると同時にスマホの着信音。相手のディスプレイを見て冷や汗。表示されているのは、ふじが入院している動物病院からだったからです。初日(月曜日)の夜に緊急手術を受け、翌日(火曜日)は覗き窓から寝ている様子を少し見ただけ。冷え込んでいるのと、昼間に面倒を見てやれる人がいないので、手術から5日後の週末(金曜日)までの入...

  • ふじの術後経過

    【閲覧注意!】摘出した内臓の画像が出てきます。苦手な方はスルーお願いします。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~前日に子宮蓄膿症で子宮と卵巣の緊急摘出手術となったふじ。手術の説明と経過を聞くために獣医さんを訪れると、「シ~!」というジェスチャーをされます。「ふじちゃんは大丈夫です。朝は痛みと知らない場所の不安から鳴いていましたが、少量ですがご飯も食べて今は寝ていますよ。ご主人さんの...

  • ふじの緊急入院

    11日の祭日は山へ行き、グループで鹿を2頭ゲット。山を走った後に、大好きな親方(若き勢子)からスペシャルマッサージを受けて恍惚の表情のふじ(笑)♪ふじは親方(若き勢子)の家で産まれ、我が家へやって来たのです。ふじは発情期が来ていたので、実はこの日はふじにとって4週間ぶりの猟行でした。久しぶりに山を思いっきり走り、皆に可愛がられて大満足の一日。そして翌日からは筋肉痛でヘロヘロ。まあこれは、久しぶりに山を走っ...

  • 警戒心の無いキジ

    猟期のほぼ終わりになって(本来なら2月15日。増えすぎたイノシシと鹿は3月15日まで。地域によって異なります)、初の鳥猟に行って来ました。その時の猟行記はまた書きたいと思います。で、その日の15時過ぎになって、無警戒のキジが田んぼをのんびりと歩いていました。「体型はそれなりに立派だけど、人間に対する警戒心がまるでない。年若いキジだな…」発見した時の距離は20メートルほど。一旦やり過ごして車をUターン。「獲るか...

  • ワンコさんのオヤツ作り♪

    我が家には3頭のシシイヌ(イノシシ猟犬)がいます。なので時々ホームセンターのペットフードコーナーに立ち寄ることもあります。「ウチのワンコ達にもオヤツ買ってあげよう」などと思ってのことなのですが、そこに置いている商品はほとんどが家庭犬用の極小サイズ。我が家のワンコ達だと秒で無くなりそう…。しかも高い…。「大型犬用」と書かれた牛の蹄を干したものは、1つが800円ほどもします。爪に火を点す様な貧乏な生活をして...

  • お犬様のご飯作り♪

    イノシシや鹿を獲って解体すると、残滓(毛や内臓や骨などの不要な部分)が出ます。自分たちで奪った命なので、なるべく無駄にしたくありません。鹿の胃袋はワンコ達のエサになるし、内臓でも簡単な処理で食べられるもの(心臓や肝臓など)は美味しくいただいています。骨は炊き出してスープベースを作ったりするのですが、しかし量的な限界もあります。茹でた骨は我が家の猟犬たちにもおやつとして与えますが、完全にキャパオーバ...

  • 足跡一つ

    「獲物(イノシシ)の痕跡が消えた…」メンバーの皆で各地を見切りますが、カセギ(エサを食べた痕跡)もヌタ浴び(ダニなどの寄生虫を落とすための泥浴び。イノシシのお風呂)した跡も生足(前日に移動した生々しい足跡)もほとんど発見できず。「獲りやすい山の獲物は獲り尽くしちゃって、見上げるような大きな山奥まで避難しているんだろうなぁ」例年のことですが、この時期は獲物の痕跡が薄れてそんなことを考えます。「場所を...

  • ビックリ逃走経路!!

    とある猟行の日の話です。この日は参加メンバーが少なかったので、必然的に小さな山を見て獲物の動向を探って行きました。イノシシの痕跡は少なかったのですが、小さな山に50kgくらいのメスイノシシが1頭入っていると見切り。しかし鹿もたくさんいる感じ。「ま、贅沢言わなきゃ何か出るでしょ(本当はこんないい加減な事ではダメ)!」ということでモリとカヤの若犬コンビを放ちます。(写真は特に関係ありません)モリとカヤが...

  • 旨味深いぞ! イノシシカツ最高♪

    「美味いトンカツが食べたいなぁ…」仕事中に何気なくそんな事を思います。というのも、少し前に外食した時にトンカツを食べたのですが、肉の味がしなかったのです。いや、きちんと味はしたのですが、肉の味が極端に薄いというかソースの味だけという感じ。これは毎年のことで、猟期に野生鳥獣のしっかりした旨味のある肉を食べていると起こります。某フライドチキンは塩とスパイスの味しか感じないし、焼き肉屋で食べる牛肉も飼料...

  • 詩吟に完敗っ!!

    「おっ!!派手に山芋(自然薯)を掘り上げているな。腹いっぱい食べてこの近くで寝ているハズだ…」イノシシの餌が乏しくなったこの時期に食べているのは、葛の根っこ(でん粉が蓄えられる)や山芋や早生のタケノコです。見切りの時に、生足やヌタうちよりも信頼性が高いカセギ(餌を食べた痕跡)を見付け、それから足跡がどちらに向かったのか、そして山入りした時の様子でその山の中にイノシシの寝屋となるブッシュがあるのかを...

  • 春の気配♪

    朝からずっと雨で猟行はお休みのある日。溜まりまくっていた家の用事を片付けても、まだ雨は激しく降り続けています。「ふう、しょうがない。今日はジッとしておくか…」そんな事を思いますが、気になることが一つ。「もうそろそろフキノトウが出ている季節なんだよね」そう思うといてもたってもいられず(笑)。濡れてもいい格好をしてフキノトウポイントへ向かいました。「うっ!今年はかなり寒い冬だからフキの成長が遅い…」この...

  • 隠れているつもりの人…(笑)♪

    「ふじ~っ! 父ちゃん外出するからふじもお外に出なさいな~!!」外出するために、家の中で寛いでいるふじに声をかけます。それから着替えたり、外出の為の準備。いよいよふじを外に出そうとする時になって、ふじの姿が見えない事に気付きます。「あれ?どこに行ったんだろう!?」そう思って探すと、こんな場所にいました。カーテンの向こうに隠れてジッとしているふじさん(笑)。思わず笑ってしまいました♪うんうん、外が雨...

  • 鹿の爪の奇形(情報求む!)

    先日捕獲した鹿の1頭の爪。通常の物よりも爪が長く、明らかに不自然です。通常の鹿の爪はこんな感じ。蹄(ひづめ)を持った動物は、人間の爪の様に常に伸び続けますが、自然の中で歩くことで削れていきます。土や岩肌に喰い込んで、天然のスパイクの役目を果たしているのです。しかもこの鹿は4本の足の内、3本がこの様な爪の形状でした。撃った射手に聞くと「普通に走ってきた」という事だったので、生活する上で特に困っていたと...

  • 欲深い猟師たち(笑)♪

    「う~ん、自信ないなぁ…」今年の冬はかなり寒い気がします。そんな中、出猟したある日のこと。見切りのために各地を見て回りますが、ガチガチに霜柱が立ち、ヌタ場の表面も凍っています。足跡もヌタ浴びした跡の新旧が分からず、見切りに苦戦。そうして獲物が潜んでいそうな山を攻めますが、2ラウンド終了して何も獲れません。それなりに獲物は出ましたが、全員での発砲数も1発のみ。この様な状況は私の所属する猟隊ではかなり珍...

  • 極寒の船上でミラクルが…

    「寒みぃ…」猟期ではありますが、私は釣り船の上にいました。先日釣り友達からいただいたブリの美味しさが忘れられず、その友人と一緒に釣船を予約して天候にも恵まれたという訳です。まあ、この時期は時化ることが多いので欠航になることが多いのですけどね。誘ってもらって同船したのは友人の腹口くん(仮名)。釣果の状況を話していると「青物(ヒラマサやブリなど)がよく釣れているよ!!」という事で、我慢できなくなって付...

  • ガスバーナーは必需品!!

    20~30年ほど前のこと、『美味しんぼ』というマンガで、主人公の山岡士郎がこう言い放っていたのです。「鴨は目玉が腐り落ちるくらいまで熟成させるのが美味い!!」今の様にネットなどが無い環境で、『美味しんぼ』というマンガは数々の伝説的に勉強となるような料理(調理)事実を世に出してくれた革新的なマンガでした。(胡散臭いものや、完全に間違ったものはありましたが、そこはまあご愛嬌という事で…)しかしこのセリフを...

  • 鹿の早立ち

    「入っているな…」朝の見切りで真新しいカセギ(餌を食べた痕跡)やヌタ浴びの痕跡と踏み締めたばかりの足跡を発見し、その山に70kgほどのイノシシが入っていることを確信します。見切り(獲物の痕跡からどこの山に獲物がいるかの探索)では、やはり餌を食べた痕跡がある場所が一番確実です。お腹一杯になるまで食べてお風呂に入ると、近くの山で寝ている確率がかなり高くなる感じです。そうは言っても予想が外れたり、山の奥深...

  • ウオッ!! かなりビックリしましたっ!!

    とある朝、ワンコさんズを犬部屋から庭に放します。「ヴァンッ!ヴァンッ!ヴァンッ!!」するとすぐに何かに向かって吠えたてる声。「なんだ?隣の田んぼの中を野良猫でも横切っているのか!? ま、すぐに鳴きやむでしょう…」そう思って放置していたけれど鳴きやむ気配なし。あまり放置してご近所迷惑になってもいけないので、家の中から犬の鳴いている方向を覗きます。「ウオッ!!なんじゃこりゃ!?」軽自動車が田んぼ(二毛...

  • ワンコ達の熱烈お出迎え♪

    「あ、父ちゃん帰ってきた~っ!! ヒャッホ~ッイ!!」帰宅すると、いつもの如くワンコさんズに熱烈歓迎を受けます。これはカヤさん。そして問題はモリさん。何時まで経っても子供と言うか、自分の身体の大きさも分からないでド~ンとぶつかってきたり、時にはヘッドバットをぶちかましてきます(笑)。ヘッドバットがまともに鼻に入った時には、涙が出てしばらくうずくまる羽目になります…。いや、モリはじゃれただけのつもり...

  • スズメの亡骸

    「あれ!?」ある日、庭を見てみると何か違和感。中央部分にスズメが死んでいるのが分かりますか?庭に出て、触らないように木切れでひっくり返してみますが無傷。直接触らなかったのは細菌やウイルスの感染症予防のためです。「ふ~ん、猛禽類や野良猫にやられた感じではないな…。ガラスにぶつかって死ぬ場合もあるけど、この場所ではその可能性は低い」「鳥インフルエンザ」と言う言葉が自然に浮かんできます。でもなぁ、役場に...

  • 2022年、正月ブリ事変!!

    「ふぅ~、狩猟道具も片付け終ったし、獲って来た鹿肉も冷蔵庫に収めたし、後はお風呂に入って寝るだけだ♪」と思っていた正月3ヶ日のこと。スマホに着信。「ブリ釣ってきたんだよ~。もらってくれない?」お友達の腹口くん(仮名)からの電話。「え!?マジでいいの? くださいっ!!」「じゃ、今から持って行くよ」実はこの日は腹口くん(仮名)から船釣りに誘われていたのですが、グループの皆さんの初猟の日だったし、お断りを...

  • 年明けの初猟!

    年が明けての初猟は3日でした。狩猟を始めた頃は大晦日も元旦も山へ行っていたのに、我ながらヘナチョコになったな…。その頃が異常なくらいだったのでしょうが、その頃の私にとってはそれが当たり前でした。まあしかし、無理をし過ぎないことが大切なことだと最近は思います。初日は放射冷却で朝はかなり冷え込みました。「お!鹿の角発見。もう鹿の角が落ちる季節なんだ…」(鹿の角は毎年生え変わります)見切りで地面を見て回り...

  • 明けましておめでとうございます!そして久しぶりのレオ♪

    明けましておめでとうございます!!今年も細々と更新できる範囲でアップしていきたいと思います。年が明けて、久しぶりにふじを連れて実家に帰ってきました。最初はワンコ達を連れて行くのは大変なので皆さんお留守番の予定でしたが、ミックが死んで独りぼっちでいるレオ(ブリタニースパニエル)のことを考えて、ふじだけ連れて行くことにしました。「久しぶりだね、レオ♪ 元気にしてたかい?」短い尻尾をチョロチョロと振って...

  • 今年一年をふり返って2021

    今年ももう終わりですね。毎年この場を借りて一年をふり返っているのですが、新型コロナウイルスの流行で今年の年末もマスクをして過ごしているとは思いませんでした。私も2回のワクチン接種を受けましたが、デルタ株の流行後「治まるのかなぁ…」と思っていたら、次いで世界的にオミクロン株の流行の兆しが見られます。「一つのことが解決したら、また新たに別の問題が浮上する」色々な事がそうなのでしょうが、人生や世界情勢の縮...

  • 寒かったけど山へ!!

    全国的に冷え込んでいますが、私の所属する猟隊の誰からも「寒いから今日の猟は中止にしよう」などという軟弱な声は上がらず、軟弱な私は寒さに震えながら山行きの準備を整えます。もちろん我が家のワンコさん達もヤル気満々!!「うう、寒い…。平地でも2℃~3℃くらいだから、山の中は氷点下になっている感じ。今日は勢子役で山を駆け回るから暖まるけれど、待ち(ジッと待機する狙撃手)は大変だろうなぁ」作戦会議が終わり、かろ...

  • 悲惨な光景…

    全国的に冷え込んだ本日は、景気付けに大きな山を掻き回して来ました。最近、出山(麓の小さな山)に獲物の痕跡が薄くなったので、獣たちが「大きな山の高い場所に避難して固まっている」と読んだのです。そうやって時々乱場(狩猟する場所)を計画的に撹乱します。(こんなことが一昔前の狩猟圧と言われていたのでしょう。今は圧をかけるだけの狩猟人口がいないんですよね…)「さあ、いっちょ景気よくやりましょうか!!」4人の勢...

  • 猟師の忘年会♪

    夜からジョボジョボと雨が降り続きますが、朝には降り止んで晴れる予報。「ん~、どうしよう?」メンバーの皆さんと連絡を取り合いながら、「とりあえず猟をする前提で集まるだけ集まろう」という事になって、かなり遅めのスタートをかけます。集合しても降り続く雨。こんな時は「時間つぶしに近くの池周りをして鴨撃ちでもしようか」という塩梅になります。(写真はカルガモ2羽)鴨を獲って来た頃には雨が止んでいたのですが、「...

  • リキの負傷

    少し前の話になります。その時は私がお休みした時でした。ふじの子で、親方(若き勢子)に飼われている猟犬リキ(モリやカヤのきょうだい犬)が負傷しました。親方(若き勢子)が犬を放つとすぐに、寝屋でもなんでもない草原で寝ていたイノシシと鉢合わせ、格闘になってリキが牙で負傷。(大きなイノシシは時にそんな横着な事をします)左腿から腹部にかけて受けた傷は長く深く、獣医に連れて行く間にも「ダメかもしれない」と思ったほ...

  • 瞬時の判断!!

    全国的に冷え込んだこの週末、凝りもせず山にいる私。「いや、メンバーの方はご高齢の方が多いのに、皆さん好きですねぇ♪」所属させてもらっておいてなんですが、毎週末のほとんどの土日に山へ欠かさず山へ行く皆さんに感心します。「これだけ冷え込んだら少しは休ませてほしいかも。でも皆さんがいるからオレも山へ行く気持ちになれるんだよなぁ」そんな事を思います。この日の我が家のワンコさんズ。(左よりふじさん、カヤさん...

  • 謎の激臭っ!!

    出猟して帰宅する軽トラの車中でのことです。プゥ~ンと仄かに匂ってくる刺激臭。近頃は毎週土日出猟しているので、原因物質は最近の物に違いありません。これが釣りにしか使っていない時期だと「クーラーボックスから魚が一匹落ちていた」とか「磯ガニが紛れ込んで原形をとどめないくらい腐敗していた」なんて言うことになり、悲惨過ぎて目も当てられない状況なのですが、今回はそこまで酷くはありません。「はて、一体どこから匂...

  • 寒い日にはこれ!! イノシシ肉の生姜焼き♪

    「うう~、冷え込んできた。こんな日は何食べよう…」帰路に就きながらそんな事を考えますが、冷蔵庫の中にはたっぷりのお肉たちが熟成され、食べられる時を待っているのでそれ以外に選択肢はありません(笑)。「イノシシ肉か鹿肉を使ったお鍋」安易にそんな選択肢が浮かびますが、冷蔵庫の中に生姜があったことを思い出します。「よし、今日はイノシシ肉の生姜焼きに決まり♪」ヨダレを垂らしながら背ロース肉の一番良い部分をスラ...

  • お神酒

    山へ行く時の私の荷物にいつも入っているもの。厄除けの為のお神酒(日本酒)です。山入りする前に勢子役の皆さんの車や山の神様に少し降りかけて、猟隊の皆さんや猟犬達の安全を祈願します。昨年の猟期にカヤが切られてからは欠かしたことが無いかな。神頼みするほど神仏を信じてはいませんし、霊感があるわけでもありません。しかしどんなに人間が頑張ってもどうにもならない現実があることを経験したりしました。お神酒を振りか...

  • 105kgの大物イノシシゲットだぜっ!!

    本日も山行き!!左カヤさん、右モリさん。ふじは前日走り過ぎてヘロヘロになっていたのでお休み。「通し(けもの道)に入り足がある」との見切りの結果。霧が山を包むように猟銃を手にした待ち役(射手)がシワシワと包囲網を張り巡らせます。「さあ行け!」よほど匂いが強いのか、リードを解き放つと矢のように走り去って行くモリとカヤ。「あれれ?いつもと様子が違う…」我が家のワンコさんズは適度な感覚で私の近くに連絡に戻...

  • いやはや、超人だっ!!

    さて、本日も山へと出発!!1ラウンド目は私と御年85歳の長老勢子が犬を放ちます。そして結果、長老勢子が50kgほどのイノシシを立て撃ち(猟犬が啼き止めた獲物を撃つこと)。啼いている猟犬に気を取られてるとは言え、獲物に忍び寄る相当な技術と脚力がないと出来ない芸当です。「いや~、こんなことは年に一度あるかないかだよ」と謙遜されていますが、11月1日からの今猟期だけですでに3回目の立て撃ち。「あの~、あなたより3...

  • 初めてのスロージギング♪

    猟期真っ最中ですが、お魚が食べたくて釣りに行って来ました。狩猟を始めた頃は、猟期に釣りに行くハンターさんを見て「猟期に魚釣りに行くなんて信じられない!!ニセモノhンターめ!!」と思っていたものですが、私も年を取ったものだと思います(笑)。漁場へ着くと、すでに漁師さんたちの船が来ていました。釣り方は相変わらずのエビラバ(タイラバにエビを付けたもの)と、新たに「スロージギング」という釣法に初挑戦!スロ...

  • 勇者ヤマ!!

    このワンコは親方(若き勢子)の飼っている猟犬「ヤマ」。ふじと同じ両親を親に持つ、先腹のお兄さん犬です。もう10歳を超えました。このワンコが超フレンドリーで、「よ!また来たのか? ま、ちょっと撫でてくれ♪」てな感じでいつも甘えて来るのです。本当に性格的に可愛いヤツなのです(笑)。私達の猟隊は猟期の間のほとんどすべての土日祝日に出猟し、時にはイノシシにケガを負わされ戦線離脱することもあったけれど、ヤマはい...

  • 腹ペコ軍団…

    「さあ、ワンコさん達。今日も頑張ろうか!」(写真は特に関係ありません)毎週山を走っているので少しは体が締まってきた我が家のワンコさんズ。寒くなってきたせいもあって、暑さに喘ぐこともなりつつあります。今回攻める山は、30分も掻き回せば勝負が付く小さめの場所。見切りの結果、50kgほどのイノシシと複数の鹿が入っている感じ。静かに待ち役(射手)が包囲網を張り巡らせます。準備オッケイの連絡。「さ、行くか!!」...

  • 鹿のロースト和風ソース♪

    「肉だっ!!肉を食べろと言っている…」猟犬を引いて山を昇り降りしたせいで、筋肉痛で苦しんでいる私の小さな脳みそが指令を出しているのが分かります。という訳で、タンパク質をたっぷり食べるために鹿肉を焼きました。これはモモ肉。擦りおろしたニンニクを表面に塗り付け、塩コショウのみのシンプルな味付けです。焼き方はお好みなのですが、これくらい厚みのある肉だと表面が少し焦げるくらいでも良い感じ。私はレアくらいの...

  • 長老勢子の奮闘!!

    冷え込みましたが天気の良い出猟日。1ラウンド目は年若いオス鹿をゲット!そして2ラウンド目。イノシシの寝屋に辿り着くまでの道が急峻な山を攻めます。一緒に山入りするのは長老勢子。御年85歳!!(ちなみに今でも歯は全て自分のもので義歯や入れ歯は無いそう。当然ながら脚は達者)この年齢で2頭の猟犬を引き連れ、「いやぁ、ワシも脚が弱くなった」と言いながら山を駆け回っています。いやいやいや、充分異常なほどに健脚です...

  • イノシシ骨スープラーメン鍋♪

    「ううぅ~、寒くなってきた!!」本格的な寒さになって来て、晩ご飯を何にしようか考えていると「鍋一択♪」という結論になります。そして何鍋にしようかと考えていると、イノシシの骨をたっぷりともらっていることに気付きます。「よし、これはイノシシ骨スープ鍋+〆はラーメンしかないでしょ!!」という自分の脳内会議で議決されます(もちろん仕事中の出来事です。笑)。犬用にもらってきたイノシシの骨(+少しだけ鹿骨)の分...

  • 学びに来た者を迎えて

    本日は私の知合いのゲストハンターさんが参加されました。装薬銃での狩猟は今年が初めてですが、11月1日からの単独猟ですでにイノシシと鹿を1頭ずつ仕留めています。これだけでも只物はないことが分かりますが、なにより「巻狩りを勉強させてください。なんでもやります!!」という熱意と謙虚さに打たれました。待ち合わせて一緒に見切りの方法や、獲物の習性などをレクチャー。目ぼしい獲物の痕跡は見つからなかったのですが、麓...

  • イノシシステーキを頬張りながらの反省会

    前の日に頑張って走り過ぎたふじさんは本日はお休み。モリとカヤを車に積む時に試しに聞いてみます。「どうする?今日はふじは疲れ過ぎているみたいだからお留守番しとこうか?」「うん、わかった…」素直に言う事を聞くふじ(笑)。そうして山へ出発すると、見慣れぬものを発見!!「あれ?なにこれ!?」山裾近くの農道を走っていると、周囲の畑に張り巡らされたワイヤーメッシュが激しく道路に落ちています。「この畑は大豆畑だ...

  • ヘロヘロふじさん(笑)♪

    「お!カセギ(エサを食べた跡)もあるし、ヌタ場(イノシシのお風呂場)を使ってるな…」見切りをしていると、昨晩の真新しい痕跡。(手前の泥水が濁っているのが分かりますか?)今日は久しぶりにふじも参戦!!(手前よりふじさん、モリさん、カヤさん)「最近太り気味でポテポテしているし大丈夫かな…」そんな心配をしますが、かなり広範囲に走り回って獲物を追っかけています。2ラウンド走り回って終了。(謎の大型キノコ。キ...

  • 鹿から謎の玉が出てきましたっ!!

    先日獲った鹿の胃袋の中からこんなものが出てきました。大きさはウズラの卵を一回り大きくした感じ。表面はカチカチとした石みたいな硬さ。鹿は牛などと同じ「反芻動物」で、この石が出てきたのは第4胃と呼ばれる、腸に一番近い場所。ワンコ達のエサとして利用するため鹿の胃袋を取り出している時に、硬い感触があったので取り出してみたのがこれです。「なんだこりゃ!?」結構たくさんの鹿を解体してきたけれど、こんなものを見...

  • 今年はちょっと遅れて開幕! 2021年初猟♪

    仕事が忙しく山へ行けない日が続いていましたが、ようやく出猟できました。左モリさん、右カヤさん。今回はふじはお休みです。仕事の時よりも1時間以上早く起床し、ガチャガチャと山へ行く道具を軽トラへ積み込みます。猟犬と一緒に山へ行くと荷物が相当に増えて大変なのも事実なのですが、もう猟犬のいない狩猟は出来ない体になっています。やっぱりワンコ達の楽しそうな顔を見るとこちらも嬉しくなりますしね。ワンコ達を解き放...

ブログリーダー」を活用して、じゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
じゃんさん
ブログタイトル
食料捕獲作戦!
フォロー
食料捕獲作戦!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用