searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

じゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には 「美味いか不味いか?」 が大きな判断基準を占める。 素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。 2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

ブログタイトル
食料捕獲作戦!
ブログURL
http://capturefood.blog83.fc2.com/
ブログ紹介文
食べることと命をいただくことについて考えます。 狩猟、素潜り、釣り等々…
更新頻度(1年)

107回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2010/10/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、じゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
じゃんさん
ブログタイトル
食料捕獲作戦!
更新頻度
107回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
食料捕獲作戦!

じゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 灼熱のコロナ禍アジ釣り!

    「退屈しない程度にアジが釣れてるよ。来る?」と、漁師をしている兄貴から連絡。「行く行くっ!」二つ返事で誘いに乗ります。「とにかく海の上は暑いからな。飲み物たっぷり用意して熱中症対策はしっかりとな!気温が上がると魚も死ぬし、早めに釣って早めに上がろう」夜中に家を出て車を走らせ、明け方には船の上。まずは漁協に寄り、船底にたっぷりと氷を積み込みます。船の生け簀に入れて水温を冷やさないと、すぐに魚が死んで...

  • 経験者講習受講。そしてそこには超驚きの人物がっ!!

    本日は銃砲所持許可証更新のための経験者講習の受講。講習は県内の各警察署の持ち回りで、毎月一回開催されます。13時半~16時半の3時間の予定です。少し早めに警察署に到着し、歩道からパチリ。しかし署内に入ると迷います(笑)。「あれ?どこで開催されるのだろう」初めての警察署で勝手がわからない上に、いつもなら「銃砲所持許可験者講習は〇階」という感じで案内が出ているのに見付けられません。しかたがないので交通関係...

  • ああ、恥ずかしい勘違い…

    「むっ!!」車を走らせていた私は、道路脇の地面の異変を感じてUターンします。「ああ、イヤだイヤだ。こんなものが見えない普通の人間に本当に戻りたい!」そんな事をブツブツ呟きながら車を旋回。ここは通勤で毎日通っている道。確かに昨日は無かった、道路際の土を掘り返した痕跡が見られます。「やっぱり真新しい…。タケノコの季節も終わり、山の中に餌が乏しくなってイノシシが餌のミミズを求めて出てきたな。それにしてもた...

  • 新時代の銃砲等一斉検査

    ある日郵便ポストを開けると一通の封筒が届いていました。差出人は所轄の警察署。内容は新型コロナウイルスの流行により、延び延びになっていた銃砲等一斉検査(通称:銃検)の案内でした。銃砲等一斉検査は例年春に行われ、銃砲所持者が所持銃を紛失していないか・違法改造などをしていないかを確認するためのものです。検査対象には、鋲打銃・救命索発射銃・許可刀剣なども含まれます。(鋲打銃・救命索発射銃がどんなものかは見...

  • セミの抜け殻はエビの味!?

    雨上がりはニワトリゾーン以外の草抜きのチャンス!(ニワトリゾーンはニワトリに任せています)土が柔らかくなってオオバコやドクダミなどの根が深い雑草も引き抜きやすいのです。引き抜いた雑草はニワトリゾーンに放り込むと、育ち盛りの若鶏たちが群がって食べてくれます。「いや~、雑草を美味しそうに食べてくれて、しかもニワトリの栄養になって美味しい卵の素になるんだからありがたいよね♪」雑草の処理が終わったら、ある...

  • 梅雨の合間を縫って…

    私は苛立っていました…。この豪雨で被災された方々には非常に申し訳ないのですが、連日の雨でずっと釣りにも潜りにも行けなかったからです。しかも始まったばかりのこの4連休もずっと雨の予報…。「うう、もう我慢の限界だ! 梅雨の合間を縫ってちょっとだけでも釣りか潜りに行きたいぞっ!!」というわけでGo To Sea!!海へ着くと同じように思っていたのか分かりませんが、今にも降り出しそうな空模様なのに結構な釣り人。いつも...

  • チョコレートコーティングドッグ!

    勤務する会社の敷地内でバビューンとワンコ達を走らせてきました。例年春のタケノコが終わると出没するイノシシ除けの効果を期待してのものです。ワンコ達を放つと広い場所が嬉しいのか、まあ気持ちよさそうに走り回ること♪ここは完全にフェンスで囲われているので安心。毎年フェンス下を掘ってイノシシが侵入していたのですが、結構な費用をかけて現在は鉄杭や補修フェンスなどで塞いでいます。しかしまぁ、例年新しい穴を掘って...

  • ヒヨコ達、2カ月経過

    ヒヨコ達が産まれて2ヵ月が経過しました。もうチャボくらいの大きさはありますね。卵から産まれたばかりの時を知っているだけに、感慨深いものがあります。そろそろ雄鶏は「クォケーっ!! ォケーっ!!」と雄叫びを上げる練習をするようになりました。「いいか、近所迷惑になるから今回ばかりは本当に食べる! だから雄叫びを上げるのを少しでも遅らせるんだ…」そんなことを雄鶏たちに話しながら、気になることがあってスマホで...

  • 魚料理の後の新兵器!

    最近買った便利グッズ。巨大な金魚すくいの様な金属メッシュのネット。ホームセンターで見つけた時には「こんなもの何に使うんだろう?」と、正直思いました。これは何かと言いますと「油跳ね防止ネット」です。しかし、これが使ってみると超便利!我が家ではアジやキスなどの小さな魚の頭や中骨なんかは、カリッと揚げてワンコのおやつにしているし、イカなどの油跳ねする食材を揚げることも多いからです。今までは大きな鍋のフタ...

  • 再びキス釣りっ!

    熊本豪雨で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~「だいぶん降り続いたから、濁りが入って潜りは無理だな…」布団に入って、そんな感じで翌日何をして遊ぶかを考えていたら朝になっていました(笑)。というわけで再びキス釣りにGO!「う~ん、こうやって見ると綺麗なんだけど、水深の深い場所に泥水が溜まって視界が確保できないんだよね」チョイっと投げてボチボチキスを...

  • 新時代の狩猟免許更新

    猟友会の理事会があり、狩猟免許の更新書類をもらってきました。今年は新型コロナウイルスの感染予防のため、密になることが予想される講習会は中止。その代わり狩猟読本を読んで「セルフチェックシート」なるものに記入し、講習会受講の代わりにそれを回収するとのこと。これは初めての試みだなぁ。ちょっとセルフチェックシートを見てみると、狩猟読本を読まないと回答できないようになっているものではなく、「読みました」のチ...

  • 砂の中から出現っ!!

    キス釣りをしていた時に撮れた一枚。2匹のキスが釣れたのでちょっと写真撮影をしていたら、砂の中から何かが出てきました。「お!キンセンガニだな」(別の時に撮った写真です)波打ち際を見ていると、時々ヒラヒラと泳いでいるのが分かります。目の前に大きなご馳走がやって来たので、取り逃がすまいと必死な感じ。こうやって砂の中に潜んで、エサがやってくるのを待っているんでしょうね。何もない砂の中からかなりの速さで出て...

  • 梅雨の間のキス釣り。そして謎の魚が釣れる…♪

    梅雨の雨の上がった間にキス釣りに行ってきました。かなり降り続いたから濁って釣りにならないかも、と心配していましたが問題なさそう。針にエサを付けてチョイ投げ!すぐに17~18センチほどの中型キスが上がって来ます。「やっぱサーフからの海面が近い釣りも気持ちいいね」時々ピンギスと呼ばれる小型のものも上がって来ますが、中型サイズが中心で良い感じ。「今日は天ぷらだな」と、早くも晩ご飯のことを思い浮かべます。この...

  • 真夜中の大合唱

    我が家の敷地の隣は稲作と麦を作っている田んぼで、少し前に麦が収穫され今年も田に水が引かれました。そして水が引かれると洩れなくセットで付いてくるカエルの声。グエエエェェ~~~!!グェ、グェ、グェ、グェ!クエェ、クェクェ…ケロケロケロ…カエルの鳴き声自体は好きですし、もう慣れっこになっているのでうるさいとは思いません。普段は夜も普通に眠れます。しかしいきなり夜中に爆音が鳴り響くことがあります。「序章なし...

  • 川を見る少年

    事故渋滞に巻き込まれてイライラしていると、ふと車道横の自転車の少年二人に目が止まりました。そこはちょうど川に架かる橋の上で、少年達は自転車を停めて一生懸命に川面を覗いています。興奮して時々何かを指差す様子。ここには大きな鯉やナマズやカルガモなど、たくさんの生物がいるのです。「ああ、懐かしいな。こんな光景を久しぶりに見た…」それは私の少年時代の姿そのものでした。(そしてそれは今もあまり変わっていない...

  • 一つテンヤ釣法で真鯛釣りに初挑戦!!

    久しぶりに船釣りに行ってきました。狙いは真鯛。釣り方は今回初挑戦の「一つテンヤ」という仕掛けを使ったものです。これが一つテンヤ仕掛け。(ちょっとエビが曲がっていますね。真っ直ぐになるようにセットしないといけません)エビを取り付けたテンヤをゆっくりと水底に落としていき、少し誘いを掛けて鯛を狙うものです。タイラバに比べて軽い錘なので、まるでエビが生きているようにユラユラと落ちて行き、落とし込んでいる途...

  • ご近所動物園♪

    週末は天気が悪く、釣りにも潜りにも行けずにほぼ自宅待機。ストレスが溜まります。しょうがないので猫の額ほどの広さの家庭菜園に植えている野菜の手入れ。それからヒヨコ達を庭に放します。だいぶん走り回ったり飛び回れるようになりました。気温が上がって伸びてきた雑草の除草のためにも放しっぱなしにしておきたいところですが、まだまだ油断が出来ないサイズ。日頃はあまり見かけないハシブトガラスが、ヒヨコを狙って少し離...

  • 経験者講習の申し込み2020

    少し前の話になります。猟銃所持者の経験者講習の受講申し込みに所轄の警察署に行ってきました。(これは申し込み手続きをして配布される経験者講習会のテキスト。3年前の受講時と見た目は変わっていませんね)私は今年、所持する猟銃の更新手続きがあるのですが、更新手続きには経験者講習を受け「受講済み証」が必要になるから受講の申し込み手続きです。経験者講習は猟銃を所持するにあたり必要な学科講習という感じのもので、...

  • ヒヨコ達1ヵ月経過

    誕生から1ヵ月が過ぎ、ハトくらいの大きさに成長したヒヨコ達。「中ビナ」と呼ばれるサイズです。しかしまあ、「ピヨピヨ」と鳴き声はヒヨコのままで、可愛いものですね。ヒナ達の羽毛も生え、外気温も上がってきたので、ようやく外にある鶏小屋で1日中寝泊まりが出来るようになりました。ふじは相変わらず保母さん状態。モリとカヤは相変わらずヒナ達にロックオン!!(ヒナが近くに来ると、興奮してプルプル震えています。笑)そ...

  • 蛍を見に行ってくたびれ果てる…(笑)♪

    今年も蛍が舞う季節になったので、夕涼みを兼ねて蛍を見に行きました。明るいうちに現地へ着き、ふじと少し散歩。「さ、そろそろ暗くなってきたし蛍を見るために川辺に移動しようか?」しかし田んぼの横の用水路にへばり付いて離れなくなるふじ。「この執着心は普通じゃない。用水路の中に何かいる…。アナグマかタヌキだろうなぁ…」ふじを引っぺがし、静かにして耳を澄ますと「ブルルルルゥ…」と、何度も聞いたことのあるアナグマ...

  • 今年の初潜り♪

    先日きれいな海を見てしまったから、そろそろ海の中も見たいなぁ~。と思って海へ!潜る前までは晴れていましたが、急に曇りだします。とりあえず入水。浅い場所にはカタクチイワシがキラキラと群れています。小魚を捕食する大きな魚との出会いが期待できそうです♪「うう、しかしまだ水は冷たいな。でも気持ちいい」すぐに45センチほどのヒラメを見つけましたが、このヒラメには逃げられました。今年初めての獲物で力が入り過ぎた...

  • ヒヨコ達の鳥小屋デビュー!

    気温も高くなってきたし、そろそろ産まれて1ヵ月が経つのでヒヨコ達が鶏小屋デビューしました。庭に話すのはもう少し後。気温が上がる昼間だけ、鶏小屋限定の仮ホームステイと言った感じです。鶏小屋の床面には剪定して落とした槇の木の枯葉を敷いています。「ピヨピヨピヨピヨ(ここはどこ!?)」といった感じで大合唱のヒヨコ達。心配そうなふじさん。「大丈夫だよ、ふじ。ヒヨコ達もすぐに慣れるよ」しかし「キュ~ン、キュ~...

  • イセエビの丸焼き♪

    少し前の話になりますが、新型コロナウイルス流行による外出自粛のため野外に何も獲りに行けず、美味しいものに飢えていました。そこで漁師をしている兄貴から魚を送ってもらいました。この石鯛は54センチの立派なもの。「おお、こんな大きな石鯛はしばらく見てないな~」石鯛は美味い魚です。料理レシピのサイトを見てみると「磯臭い」とか「身が硬い」などと書いているものもあり、「無茶苦茶ビックリだ!! 味なんて個人の感じ...

  • モリとカヤ、初めてのご対面♪

    日々大きくなるヒヨコ達。今日はモリさんとカヤさんとの初対面。ガラス越しとかではいつも見ているのですが、直接近付けるのは初めてです。(左モリさん、右カヤさん)ピヨピヨと鳴くヒヨコ達を眺めながら、興味津々のカヤとモリ。猟犬だからそりゃそうだよねぇ…。ふじはヒヨコ達を完全に家族と思っていて安心できますが、いつも2頭で遊び回っているモリとカヤは「一羽くらいなら大丈夫だよね?」「ちょっとお口に入れてみようか...

  • 今年の初釣り!

    キス釣りをするために久しぶりに海に来ました。ヒヨコの世話に追われていたのと、新型コロナウイルス流行に伴う外出自粛で来ていなかったのですが、海を見ると心が洗われます。やっぱり海はいい!海の状況はというと、水も澄んでいるし風もなくベタ凪。私は比較的海が近い場所で育ったので、海は自分の中の羅針盤になっています。「海がこっちで太陽の方角がこっちだから今は東に向かっているはずだ」なんて感じで、方向感覚の基盤...

  • ニワトリの種類

    孵化するにあたって、ニワトリの種類の選択も大いに悩みました。まあちょっと調べると、物凄い種類のニワトリがいることに唖然とします。色々と悩んで、私が選んだのは岡崎おうはんと後藤もみじ。(だいぶん大きくなって動きも活発! おっかなびっくりのふじです♪)黒いヒヨコが岡崎おうはん。黄色のヒヨコが後藤もみじです。どちらも肉卵兼用種のニワトリです。種類に関しては特にこだわりはなく、たまたまご縁があったゼブラ系...

  • 検卵

    ピヨピヨピヨピヨと大きくなるヒヨコ達。本当に半日見ないと一回り大きくなっています。エサを食べる量が多くなってきたので、ペットボトルで作ったエサ入れを大きなサイズのものへと変更しました。少し前の事になりますが、今回初めてのチャレンジで検卵をしなかったので、孵化が終わった後に検卵を行ってみました。購入した孵卵器には検卵器装備のものだったので、卵を置く場所にセット。スイッチを入れると下から強い光が当たり...

  • ヒヨコ達のお外デビューと寄り添う影♪

    たくさんのコメントをいただいていますが、返信できていないことをお詫び申し上げます。ボチボチ返信したいと思っていますのでボチボチのご訪問をよろしくお願いします。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~朝晩の気温差が激しいので温度管理には気を付けていますが、ヒヨコちゃん達はスクスクと大きく育っています。そして育雛箱のダンボールの隣には、いつもそっと寄...

  • 再びスイッチがっ!!

    ヒヨコが産まれてから変わったことと言えば、ふじの反応がとてもおもしろかったです。もともと母性本能が強かったふじは、子猫を一晩預かった時にもとても気にしていました。そして一度出産を経験した今はと言うと…。ヒヨコの誕生の時にもずっと立ち合い…産まれたヒヨコに興味津々。保温するためにダンボールごとコタツに入れていたのですが、コタツの中を這い進んで無事を確かめます。ヒヨコのお世話をする時も気になって傍を離れ...

  • 誕生っ!

    実はニワトリの孵化を試みて卵を温めている間に、2羽いるホシノさんの1羽がお亡くなりになりました。いつもピンと足を伸ばしてお尻を上げて歩いているのですが、腰が落ちトボトボと歩くようになり「もう長くないな…」と悟ります。そしてヒヨコの誕生予定日の1週間程前に柘植の木の下で死んでいました。「ニワニハイチワシカニワトリガイナイ」埋葬を終え、一羽だけになったホシノさんを眺めながらそんなことを呟きます。~~~~...

カテゴリー一覧
商用