searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
マニアが本物の鉄道員になりました
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/aketetsu
ブログ紹介文
旧明知鉄道公式ブログです。今は管理人の個人的な日記のブログになってます。
更新頻度(1年)

104回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2010/06/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、煩悩の鉄さんの読者になりませんか?

ハンドル名
煩悩の鉄さん
ブログタイトル
マニアが本物の鉄道員になりました
更新頻度
104回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
マニアが本物の鉄道員になりました

煩悩の鉄さんの新着記事

1件〜30件

  • 2020.3.16 特急「やくも」14号 と 824M

    再び雪が降ってきたので、信号所に到着した時1番最初に撮影した場所で再度撮影します。これまた4両編成の特急「やくも」14号が来ました。ただし貫通扉部分と、スカートの部分に先程の381系とは違った特徴を見られる車両でした。824M新見行きその後を追いかけるように115系の黄色の普通列車が信号を通過していきました。2020.3.16特急「やくも」14号と824M

  • 2020.3.16 伯備線 827D キハ120

    827D米子行き同じく信号場で、まだまた立ち位置を変えてみました。通過するのが気動車普通列車ということで待っていたら、1両のキハ120が通過していきました381系の4両編成でも短いと思い、普通列車の2両でもかなり短いと思っていたのですが…1両の軽気動車がかなりのスピードで通過。なんかすごい田舎なんだなあと思ってしまいました2020.3.16伯備線827Dキハ120

  • 2020.3.16 特急「やくも」7号

    特急「やくも」7号信号所の別角度からの撮影をしますお昼過ぎになると山の木々に付着した雪は落ち、積もっているのは足元の平地のみになってきました。この頃になると晴れたり曇ったりと露出に苦労をするようになりました2020.3.16特急「やくも」7号

  • 2020.3.16 特急「やくも」12号

    道路から見ると信号場が見えました確か何年か前に訪れた時に知人が、信号場でも写真が撮影できるという話を思い出し、寄ってみることにしました。信号場の端に踏切があり、その脇に少し広いところがあったので車を停め列車が来るのを待ちました。来たのは特急やくも4両編成。この信号は普段一線スルーとして使われており、交換が行われる時だけ画像左側の線路が使われるようです。気持ちとしては長編成の381系を撮影したいのですが、今では貴重となっている車両です。例え4両でも撮影ができて嬉しいと思わなければもったいない2020.3.16特急「やくも」12号

  • 2020.3.16 特急「やくも」5号

    再び雪の多い県境寄りへ向かう途中、綺麗な場所があったのでクルマを停めました。晴れたり曇ったりする中ちょうど晴れ間が出てきて特急「やくも」5号この冬の季節、雪がなければ特に絵にもならないような場所ですが、たまたま訪問する日にこんな雪の中を走る列車の姿が取れるとは、本当に棚からぼたもちでラッキーでした2020.3.16特急「やくも」5号

  • 2020.3.16 942M

    特急やくもの後に普通列車の115系が来ます先ほどの特急「やくも」はアウトカーブから撮りましたが、今度は編成が短いのでインカーブから撮影しました。942M生山行きなんだか雪が目立っていて、ピンク色の花があまり目立っていないのが残念2020.3.16942M

  • 2020.3.16 特急「やくも」10号

    続いてもう少し米子寄りに向かってみました。すると何年か前に撮影をした場所の風景が現れましたこれ以上米子側に入っても雪の季節が少ないと感じたのでクルマを停め列車の通過を待ちます。たまたま梅の木でしょうか?咲き始めていたので絡む構図で取ろうと思いました、ただ残念なのは電柱がものすごく多いこと。それでも記録として取ります。特急「やくも」10号2020.3.16特急「やくも」10号

  • 2020.3.16 特急「やくも」3号

    先程の撮影場所に向かう途中、道路の脇を線路が通っている場所を見つけました山の木々に着雪があるのでここでも綺麗に撮影できるのではないか?と思い「やくも」の通過を待ちました。特急「やくも」3号来たのはパノラマ編成。ちなみにこの旅で「やくも」のパノラマ編成を撮影したのはこの1カットだけでした。最後部はいつもの高運転台の381系です。2020.3.16特急「やくも」3号

  • 2020.3.16 822M と 特急「やくも」8号

    駅撮りを止めてどこか撮影できる場所はないか?と近くの線路沿いを探しました駐車にも困らず交通量も多くないところを選びました。かなりの急カーブだったのでここは結構面白いのではないか?と思い撮影してみます822M新見行きよくぞここまで雪が降ったと言いたいぐらい山に雪がたくさん残っています。たまたま連休を取った日に、なんとなく伯備線訪れこのような風景に出会えるのは非常に嬉しく思いました。特急「やくも」8号本命の「やくも」は完全に失敗しましたまさかこんな長い編成が来ると思わずに最後尾が建物に隠れてしまいました。先ほど撮ったのは4両編成の「やくも」だったので、まさかこんなに長い編成が来るとは思いませんでした。撮影場所にはもう少し勉強が必要です。2020.3.16822Mと特急「やくも」8号

  • 2020.3.16 特急「やくも」1号

    「サンライズ出雲」を追いかけるように走ってきた特急「やくも」1号僕が物心ついたとき特急「しなの」は既に6両編成が基本でした。こんなに短くなっている4両編成の381系を見ると、なんだか…ちょっと面白いです2020.3.16特急「やくも」1号

  • 2020.3.16 寝台特急「サンライズ出雲」

    次に撮影したのは寝台特急「サンライズ出雲」ですここの駅は岡山県と鳥取県の県境の鳥取県寄りにあります。峠を下ってくる「サンライズ出雲」そもそも雪の中を走るサンライズエクスプレスを撮影できるとは思っていなかったので、これはかなりラッキーではないか?と思っています見ていただくと分かるのですが、風向きの影響で雪の付着に向きがあり、電柱などの柱の撮影している側が全部真っ白になっています。逆に反対側は雪の付着が無くが柱の色が見えています。サンライズ出雲入線です前面の貫通扉の部分にも雪が付着し、「サンライズエクスプレス」の前面エンブレムの辺りにも雪が付着しています。この駅では特急「やくも」6号との交換が行われます。交換が終わってから目的地の出雲市駅へ向かう寝台特急「サンライズ出雲」285系が綺麗な雪の世界の中を走り去る姿がか...2020.3.16寝台特急「サンライズ出雲」

  • 2020.3.16 特急「やくも」4号

    次に撮影に訪れたのは、自分がこの旅の伯備線の基準となっている駅です実はこの駅は何年か前に撮影に訪れている、懐かしい思い出のある駅なのです。積雪の多さでクルマの運転も結構危険だと思い、まずはこの駅で撮影をしてみます。来たのは特急「やくも」4号です。まさか雪の中を走る381系を撮れるとは思わなかったのでちょっと興奮気味に撮影しました家を出る前にブーツと長靴を持ってきて正解でした。長靴までは必要ありませんでしたが、もしブーツがなかったらと思うとちょっと危なかったです。駅を通過して行く特急「やくも」辺り一面銀世界というのでしょうか?昔よく見た381系の特急列車が走る姿が今も見られるという光景に、なんと言ったら良いか…高揚感を覚えました2020.3.16特急「やくも」4号

  • 2020.3.16 伯備線 846M 823M

    3月はダイヤ改正があるため、上旬から中旬にかけては忙しかったですしかし改正の後には休みが集中するため今回は長い連休が取ることができましたせっかくの連休なのでどこか撮影に行こうと思ったのですが、前回若桜鉄道に行った時に撮影の候補になっていた伯備線に行くことにしました。もちろん伯備線の目的は、中央西線特急「しなの」で活躍していたのと同型の381系特急「やくも」です。深夜の高速道路を走り、新見の手前には午前2時頃には到着しました。サービスエリアで車中泊、雪予報でしたが本当に雪が降ってきましたこれなら雪の中を走る列車が撮影できると思って喜んだのですが、予定よりも多い量の雪が積もってしまいびっくりしました今年は暖冬のためタイヤもスタッドレスをそろそろ夏タイヤに履き替えようか?などという話をしていましたが、スタッドレスのま...2020.3.16伯備線846M823M

  • 2019.4.20 EF64-1026 81レ

    こちらも4月になり、陽が長くなってきたので撮影ができた一枚です。木曽路は山の中です、すぐに山陰に隠れてしまうのでなかなか陽の当たった姿を撮影することは難しいです。それでもこのEF64-1026が活躍している姿を撮影しようと思い立ち寄ったのを覚えています。こちらも確か原色だから撮ろうと思ったような記憶もあります、今では更新色の方が希少となりつつあるこの状況、世の中色々なことがありますね2019.4.20EF64-102681レ

  • 2019.4.12 EF64-1036 81レ

    4月になったので桜のきれいな場所で撮影しようと駅に訪れましたが、全くつぼみも大きくなっておらず、花が全く咲いていなかったのを覚えています冬のような写真ですが本当に4月に撮影しました。2019.4.12EF64-103681レ

  • 2019.2.27 EF64-1023 8084レ?

    最近中央西線の貨物列車も撮影していないのでよく分かりませんが、この写真を撮影した当時は国鉄色に戻されたEF64の重連が珍しかったような記憶です今では随時原色に戻されているようで、このような写真は結構取れる頻度が高くなってきているのではないでしょうか?今度は今のうちにEF64更新色を撮影しておくべきですね2019.2.27EF64-10238084レ?

  • 2019.2.21 信楽高原鐵道 SKR501+SKR401

    貴生川で折り返してくる列車も撮影してみました。よくよく見ると前部標識だけで6灯あるということがわかりましたきっとすごく明るいのでしょうね羨ましいの一言に尽きます2019.2.21信楽高原鐵道SKR501+SKR401

  • 2019.2.21 信楽高原鐵道 SKR401+SKR501

    1往復乗った後に、ちょうど新型車両が2両連結されているのであればと写真が撮れるところを探しました結局マイカーが気楽に停車できる元信号場の近くに来ました。信楽高原鉄道の車両の羨ましい部分は、前部標識が下部に2つあるところです。アケチ100型は上部2灯式なので速度が低いい山間部の路線では、上部だけではイマイチ足らないです安全面についてよく考えられている車両だと思いました。2019.2.21信楽高原鐵道SKR401+SKR501

  • 2019.2.21 信楽高原鐵道 SKR501 貴生川

    まだ記事にしていない画像の写真画像はないか?と思いを見返していたところ、ちょうど約1年前信楽高原鐵道に訪れた時の写真が出てきましたどうして記事にしていなかったのだろう?と考えたのですが酒蔵開きで忙しかったのかな?と思ったところです。この時の信楽高原鐵道への訪問は、新型車両が導入されてから初めての訪問となりました。新型車両には乗ったことがなかったので、信楽駅から貴生川まで乗りました。画像は貴生川駅での一コマですちょうど113系も到着し緑色の車両と緑色の車両がホームを挟んで並んだところが撮れました2019.2.21信楽高原鐵道SKR501貴生川

  • 2019.11.13 富山地方鉄道 14774

    駅での行き違いが終わると、先ほどまで停まっていた普通列車が発車してきます青空だったのでしゃがみながら撮影してみました。次回も晴れた時に来てみたいものです。富山地方鉄道は色々な鉄道会社の一線を退いた車両が運用されている面白い路線です次回来る時にはゆっくり各線路をそれぞれを撮影してみたいと思います2019.11.13富山地方鉄道14774

  • 2019.11.13 富山地方鉄道 10036

    時刻表を見ると宇奈月温泉駅行きの普通列車とすれ違いをするようだったので少し離れたところで待ってみました。来たのはグリーンとイエローのデザインの10030形電車というのでしょうか?元々京阪3000系という電車であったようです。せっかくの背景の白く雪化粧した山々が架線で隠れてしまい残念なことをしてしまいましたもう少し撮影場所に工夫がいるのと勉強してから訪問するようにします2019.11.13富山地方鉄道10036

  • 2019.11.13 富山地方鉄道 舌山駅

    能登に行く途中に地方富山地方鉄道も撮影しましたおそらく初めてではないと思いますが、ここまで近寄っての撮影は初めてだと思います撮影場所を知らないため、新黒部駅の隣の舌山駅の近くで撮影しました。駅に着くと列車が止まっていました、あまり詳しく車両のことについてはわかりませんがこれは14760形でしょうか?車体に14774とあります。2019.11.13富山地方鉄道舌山駅

  • 2019.11.13 えちごトキめき鉄道 3/3

    手前に引きつけて広角でも撮影してみました昔学校だった建物が今はまた別の施設として活躍していること、実はこの時の訪問で初めて知りました昔この近くのホテルで働いていたことを懐かしく思い、なぜ当時この場所に撮影に来なかったのか?この場所をお知らなかったのか?と少し残念に思いましたが、今は来れるうちに沢山来ようと思った次第でした2019.11.13えちごトキめき鉄道3/3

  • 2019.11.13 えちごトキめき鉄道 2/3

    たまにはいつも取らない構図で取ってみようと、D500に300mmをつけて奥の方を撮影してみました。黒姫山が背景になるのでしょうか?4両編成の電車がこちらに向かって走ってきます。田んぼの形が段々になっており、非常に面白い写真が撮れました2019.11.13えちごトキめき鉄道2/3

  • 2019.11.13 えちごトキめき鉄道 1/3

    しなの鉄道の次は「えちごトキめき鉄道」妙高はねうまラインの撮影ですと言っても撮影をする場所はいつもお気に入りはこの場所になりますこの妙高はねうまラインでは、ET127系と呼ばれる電車が使われています。妙高山の麓を走る2両の電車、数年前まではこの場所はJR信越本線で189系や115系が走っていました。それよりも前は特急「あさま」が走る線路でもありました。私はこの場所に初めて来た時にはまだEF64-0番台の貨物列車が走っていました、懐かしい思い出です2019.11.13えちごトキめき鉄道1/3

  • 2019.11.13 しなの鉄道 旧長野色

    運良く旧長野色が来てくれました、少し残念なのは薄い雲が山裾に出てきていたことです、こんなこともあるんですね2019.11.13しなの鉄道旧長野色

  • 2019.11.13 しなの鉄道 2/2

    この撮影に訪れた時は確かしなの鉄道は南側で台風による災害が発生していました、そのため列車運用は分からず何時の列車にどの編成が入るのかはわからないまま現場を訪れました。しなの鉄道では115系の置き換えの話もあるようで、どの列車がどの編成が来ても撮影しようと思っていましたこの風景も何回撮れるか?また、私が何回訪れることができるのか?チャンスがあれば数多く来てみたいと思います2019.11.13しなの鉄道2/2

  • 2019.11.13 しなの鉄道 1/2

    石川県の「のと鉄道」、第三セクター鉄道関係の検修係のちょっとした集まりがあるため、私は北上するならついでにと思い、その日の朝しなの鉄道の撮影に向かいました紅葉もそろそろなのではないか?と思って向かったのですがすでに妙高辺りでは終わりかけていたようですまだ暗いうちに現地に着いたのですが、始発列車前の霜取り列車のパンタグラフから出るスパークが夜空を照らしていたのが非常に印象的でした。写真はそれから少し明るくなって線路に光が当たり始めた時にちょうど来た列車の写真です。朝日が木々の隙間から車両に当たっていて、朝の清々しさを見るかのようでした2019.11.13しなの鉄道1/2

  • 2019.9.12 大型モーターカー 明智にて

    こちらの写真も記事にアップしていなかったので紹介します。明知鉄道の大型モーターカーが明智駅にいるところです。岩村駅に常備となっているためなかなか他の駅で見ることはないかと思いますが、時折他の駅に姿を現します。普段本線上を走行するのは終電から始発までの間の夜間ということですが、稀に昼間走ることもあるようです2019.9.12大型モーターカー明智にて

  • 2019.8.25 逆の季節

    昨年は福島山形新潟と旅行記を書くことがありました、その後は月1の更新も無い時もあるぐらい忙しかったのは事実ですそれでも実は記事にはしていないものの、わずかに写真を撮影しに出歩いていることがありました今回たまたま自分がインフルエンザにかかるという事態になり、熱も下がったものの他の社員がお客様に移してはいけないということで、まだ出社できない自分がいましたここぞとばかりにブログを更新してみようと思い文章を書いているとこですちなみにタイプするわけでもなくスマホに向かって喋りかけるだけで文章が作られるこの今の世の中、大変ありがたいものです。ワープロ検定を持っている私としては大変ありがたい時代になりました画像は昨年の夏撮影したものです、いつも冬の暗い写真ばかりでは少し寂しいので季節が反対の夏の写真を上げてみました。今年の冬...2019.8.25逆の季節

カテゴリー一覧
商用