searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

春野公麻呂さんのプロフィール

住所
高知市
出身
高知市

全国で唯一、高知市から下関市迄の坂本龍馬の脱藩の道250キロを踏査した龍馬研究家兼郷土文筆家。他の龍馬街道も含めると往復の総踏査距離は1,000キロを軽く超える。 一寸変わった史跡も紹介。

ブログタイトル
自然、戦跡、ときどき龍馬
ブログURL
https://ameblo.jp/kochi-romp/
ブログ紹介文
四国と山口の坂本龍馬の脱藩の道や街道、戦争遺跡、無名の景勝地や山、鉄道廃線等を紹介
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2010/05/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、春野公麻呂さんをフォローしませんか?

ハンドル名
春野公麻呂さん
ブログタイトル
自然、戦跡、ときどき龍馬
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
自然、戦跡、ときどき龍馬

春野公麻呂さんの新着記事

1件〜30件

  • 巨大な椅子が四国にもあった!(観音寺市伊吹島)

    <全高3.5mのSNS映えする大きなイス>以前、福岡県豊前市の実際に座れる高さ6mの椅子(でいだらぼっちの座る椅子)を紹介したが、四国にもやや大きさは劣るもの…

  • 四国四県と岡山県のマイナー海食洞門

    <愛媛・徳島・岡山は当ブログ初公開>これまで四国四県の様々な海食洞門を紹介してきたが、今回、愛媛県と徳島県、及び岡山県のものは当ブログ初公開。他の二県は、探訪…

  • 四国四県の人気駅と周辺マイナー景勝(四国初心者向け)

    <坪尻駅付近の複数の巨大導水隧道等>四国では香川県以外の三県にロケーションが優れたJRの駅があり、内外に知られているが、その周辺の景勝地や鉄道関連遺構はあまり…

  • 四国の“外国”~四国ふしぎ発見!~

    <イタリア、スペイン、ドイツ、ブータン等>先日の「世界ふしぎ発見!」では、「逆説の世界旅行」というタイトルで、日本にある“外国”の風景が取り上げられ、四国では…

  • 戦艦大和の生残り兵基地・由良崎防備衛所の未探訪戦跡等

    <貯水池施設にもGHQの爆破跡>拙著の戦跡本等で取り上げた四国最大の海軍防備衛所(海防基地)、愛媛県愛南町由良岬(ゆらのはな)の由良崎防備衛所だが、以前も説明…

  • 大正期の土佐十景・大国山碑と加茂山のハイジのブランコ

    <飲み水適合の大国山の真清水等>2011年投稿の当ブログの記事を読んだと思われる、県外在住の市議(在地での)が、土佐十景の大国山とは、いの町の椙本神社北西背後…

  • バースデーケーキ風古墳と大麻山回遊(野田院古墳から)

    <キャンプ場に国定史跡の前方後円墳>近年、NHKでは恵俊彰司会の城のスペシャル番組を放送しているが、その番組とほぼ同じスタイル (司会者やタイトル、番組構成等…

  • 天空の鳥居・岡山玉野版&倉敷の絶景鳥居

    <令和2年建立の天空の鳥居と児島随一のパノラマ>「天空の鳥居」とは、香川、高知、愛媛県のそれらの鳥居を紹介した記事で述べたように、山や丘の上に建つ鳥居の中に絶…

  • 日本一小さい人家の島他、横浪の三島(土佐十景)

    <立目小島エンジェルロードや横浪の土佐十景碑>先日、大正期の土佐十景の内、大国山の記事を投稿する旨、記したが、ネットで紹介されていた、大正期に土陽新聞社が発行…

  • 大正期の土佐十景・吉祥寺跡からつつじの広場と風車跡へ

    <忘れ去られた土佐十景とつつじ>2011年、大正15年に高知新聞前身の土陽新聞が読者投票により選定した土佐十景について簡単に紹介したことがあったが、その中の吉…

  • 2020年至極の探訪地ベスト5

    <史上初、四国の地がランクインせず>今年も非常事態宣言期間を除き、県外に出向き、何度かGoToトラベルを利用した。が、今回、’88年以降(ネットがない時代は一…

  • 愛媛県の海中&海上鳥居四景

    <今治2、八幡浜1、宇和島1>四国では愛媛県だけではないかと思うが、海に浮かぶ鳥居が5ヶ所前後ある。これは「海に浮かぶ鳥居」の元祖、宮島の厳島神社がある広島県…

  • 天空の鳥居・南予版~権現山山高神社(宇和島市)~

    <トトロのトンネルもあり>過去、天空の鳥居は香川県、高知県のものをそれぞれ二山、愛媛県のものを一山紹介したが、愛媛県も二山目の山を紹介したい。 それは愛媛県の…

  • 隧道型海食洞を抜けると洞門が!馬島(しまなみ海道)

    <来島海峡の渦潮を間近に>しまなみ海道の島の中には、小型バイク、自転車、徒歩でしか海道から上陸できない(島民を除く)島が二つある。無人島の見近島と有人島の馬島…

  • 高知県スーパー巨木列伝(幹周10m以上)

    何年か前、四国四県の胸高周囲が10m以上の超巨木を各県一本ずつ紹介し、四国最大の幹周の巨木も後年紹介したが、改めて高知県の五つのスーパー巨木を簡単に紹介したい…

  • 熊本県民よ、海に続く海床路は長部田だけじゃない

    <岱明海床路等、舗装されたものがフォトジェニック>以前、熊本県内の有明海沿いには、「海に続く道」海床路(干潮時に現れる海底の造成道)が15ヶ所以上あり、圧倒的…

  • 熊本県民よ、山上洞門は熊野座神社だけじゃない・後編

    <標高500m以上の洞門は海食洞門?>前回紹介した上色見熊野座神社の穿戸岩と男風穴&女風穴は、洞門の反対側はあまり足場がなく、反対側から洞門の岩全体を見渡すこ…

  • 「天空の鳥居」土佐嶺北版・奥神賀山への林道は復旧?+高板山情報

    <軽四のみ通れる未公表の簡易復旧か?>香川県の高屋神社の鳥居をネットで初めて「天空の鳥居」と称した2016年12月時の記事で、高知県香美市と大豊町界に跨る奥神…

  • 日本のオルメカ人頭像?大釈迦座像(熊本県玉名市)

    <『熊本のアンコールワット』釈迦説法座像>熊本県玉名市に「熊本のアンコールワット」と呼ばれる巨大仏がある。正式名を「釈迦説法座像」と言うが、通称の「大釈迦座像…

  • 熊本県民よ、山上洞門は熊野座神社だけじゃない・前編

    <男風穴と女風穴>「熊本県民よ、○○は××だけじゃない」シリーズ第一弾と二弾は過去、大分や福岡のものを投稿した山上の浸食洞門について。熊本県ではこれを「風穴」…

  • 熊本県の海に続く海床路を14ヶ所発見(机上)

    <熊本のウユニ塩湖が長部田以外にも?>熊本県にも先日触れた山上の浸食洞門が数ヶ所あるが、海岸部の景勝の一つ、海床路に於いては最低14ヶ所(長部田海床路を除く)…

  • 私が行くと必ず九州は晴れる(21日間の実績)

    <9/20~9/22も必ず晴れる>当方は去年以降、九州、主に愛媛県を結ぶフェリーが発着する大分県とその近隣県に7回以上、21日間行っているが、一度も雨に降られ…

  • 裏見の滝の岩屋が崩落して普通の滝に(愛媛県・赤滝)

    <裏見でなくなっても見応えあり>以前、四国の裏見の滝の探索を再開した旨、述べたが、それは新たに四つの裏見の滝を机上で見つけたため。内、二つの滝は当ブログで公開…

  • 福岡県の山上洞門(1)針の耳(みやこ町)

    <尾根上に大小洞門>当方は四国に於いてはこれまで、裏見の滝や本土のエンジェルロード等、特異な自然景観の地を探訪・探索してきたが、今年から九州に於いては、「山上…

  • 「岳人」10月号の特集~寄稿によせて~

    <マイナー峰登山論者の当方がメジャー山・三嶺を>今月発売される「岳人」10月号の特集記事「全国紅葉名山」の四国エリアに於いて、当方が高知県最高峰「三嶺」のコメ…

  • 徳島神山・雨乞の滝がまさかの裏見の滝

    <三ヶ所の鎖場を経て最上段の滝へ>先日、徳島市の象の滝がまさかの裏見の滝だったことを紹介したが、その滝よりはるかに知名度が高く、徳島県屈指の名瀑、落差45m(…

  • 自然の中にあるハート(九州と四国)

    <山中や海岸で偶然見かけたハート>山中や海岸の景勝地を探勝している時、たまたま岩等にハートの形を発見することがある。これまで大分、福岡、香川、高知で偶然発見し…

  • 徳島市の象の滝がまさかの裏見の滝

    《視覚マジック?裏見の滝には見えない》徳島県のハイカーなら全員知っている中津峰山北面の登山道沿い、徳島市の八多川の本・支流に懸かる五つの滝群「八多五滝」だが、…

  • 大分県の三大裏見の滝&四国の裏見開拓再開

    《慈恩の滝・福貴野の滝・黄金の滝》猛暑日には滝で涼みたいものだが、滝の中で最も涼感を得られるのは裏見の滝ではないだろうか。と、いうことで去年冬に探訪した大分県…

  • しまなみ海道・八幡山の絶景は、今は昔

    <登山道は踏み跡として残存しているが>コロナ時代、登山界は当方が20年以上前に提唱したマイナー峰時代が到来しつつあるかも知れない。自然後退が進むメジャー峰を登…

カテゴリー一覧
商用