プロフィールPROFILE

ブログタイトル
ハミアトくんの釣行記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/my-hamiato
ブログ紹介文
釣りと遊びの雑記帳です。
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2009/06/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハミアトさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハミアトさん
ブログタイトル
ハミアトくんの釣行記
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
ハミアトくんの釣行記

ハミアトさんの新着記事

1件〜30件

  • 群馬フィッシングショー

    「群馬フィッシングショー」は2月16日に開催です。今年は中止にならないようですメーカーや販売店のコマセによって釣り師が釣られる場所でもあります。昔ほどの新製品ラッシュは期待してないものの新しい道具を見るのは楽しいもので冬眠中の釣りたい虫が疼ますね。群馬フィッシングショー

  • DにあってGにない

    ブラの話ではありません。球団の話でもありません二月ですね、渓流解禁も近いので暇な時にガサガサと準備をしています。そこで気付いたのですがD社にあってもG社に無い釣り具が以外と多いのでちょっと”アンビリーバボー”なのです。クーラーボックスやナイロンウェーダーはG社には在りません。餌箱と渓流ダモもないんですね。以前はあった渓流ビクもカタログ落ちでした。竿やウェアはG社を使っていますがトータルコーディネートは無理のようです。がまんがまん渓流釣りランキングDにあってGにない

  • おみくじは中吉

    初詣は今年も水澤観音。おみくじは「中吉」ネズミ年だからまあいいか人気ブログランキングおみくじは中吉

  • タモ作り 令和版 その3 完成編

    1年前から暇つぶしにやっていた天然木の鮎タモ作り。最終段階入り正月休み返上で作業を進め昨日でほぼ完成しました。縦のひび割れとダボ穴はパテ+塗装でごまかしました。グリップの下部に節穴風のコブを作りることで握りやすさの向上と回転防止に役立つデザインにしてみました。うらしま印のうるしを7回塗り重ね濃い目の飴色に仕上げましたがちょっと刷毛むらが目立ちますね。枠径は約38cmなので39cmテクノメッシュの網を取り付ける予定です。40年前はこんな手作りのタモを使っていた釣り師が多数派でした。和竿、金属や木製の囮かん、竹や木の引き舟、竹の通い筒など多くの道具が絶滅していったなかで最後の砦といえる手作りタモ、こんな趣のある道具が消えていくのも忍びないのでもう少し使い続けます。タモ作り令和版その3完成編

  • Win7をアップグレード

    1月14日でWindows7のサポートが終了するらしい我が家のディスクトップPCは使用者と同じでかなり老朽化している。買い替えを考えたが設定やデータの引っ越しなどが面倒なので無料アップグレードに挑戦してみました。指示通り進めていけば簡単、とは言えないが悩みながら何とかインストールすることができました。途中放置した時間が多かったが通算8時間を費やしてしまった。正月から疲れた!誰か私をアップグレードしてくれ~ぃ人気ブログランキングWin7をアップグレード

  • GFG群馬支部ワカサギ釣り懇親会

    今日は朝の暗いうちから高崎市鳴沢湖に集合してのワカサギ釣り懇親会でした。毎年10月に開催していましたが今年は12月、皆さんダウンジャケット等で着膨れして参戦です。自分は腰痛のためボートは借りず桟橋に釣り座を構えて釣り始めたが予想通り釣れない。エサを変え、棚を変え、誘いを変えてもダメダメ♪工夫の数だけ強くなれるよ♪と歌ったのは誰だ。腰を伸ばす為にトイレや自販機へ歩ったり知り合いと話したり、言い換えれば戦線離脱。そんなこんなでなんとか目標のツ抜けを達成したので早あがり。検量係りを買って出たので判明したが、桟橋での釣果は0~30グラム。ボートで釣った人の釣果は100~800グラム。と大きな差がついた。1位から3位までは3人とも800グラム超えでした。おめでとうございます。完敗に乾杯GFG群馬支部ワカサギ釣り懇親会

  • タモ作り 令和版 その2

    10月28日は群馬県民の日、公立の学校は休みでしたが大人はあまり関係ないようです。タモ作りは少しだけ進展がありまして鹿の角を取付けました。10mmの丸棒で印籠継ぎ、すっぽ抜け防止に横からの竹串を打ちます。ここでも2液式エポキシ系接着剤が活躍します。接着剤が固まってから全体の余分な補強材をノコですべて切り取りサンドペーパー♯100で軽く研磨しました。ひび割れはパテで埋めて塗装で誤魔化そうかな。やっと全容が見えてきたという感じわくわくします。ワクだけにこの後はナイフやサンダーで形を整えペーパー研磨してから塗装と、まだ先が長いですがこれからがいちばん楽しい作業でもあります。たぶん来年の解禁までには完成するでしょう(続く)タモ作り令和版その2

  • タモ作り 令和版 その1

    オフシーズンなのでボーっと過ごしてます。天気の悪い時の楽しみはタモ作り。師匠から伝授した作り方は火を使わない「型ワク成型工法」?自分の備忘録として左のカテゴリー「タモ作り」で製作過程を6回に分けてUPしてあります。昨年末にカヤの木が手に入ったので5年ぶりに挑戦しました。型ワクに縛り付けて9ヶ月経過したのでワクから外してみました。きれいな円になりましたが持手の部分にひび割れです。長くて深い割れですのでこれ以上広がらないうちに補強することにしました。ちょっと乱暴ですが4箇所に穴を開けて木ネジをねじ込み6mmのダボで埋めて隠す作戦です。どうなることやら・・・枝の部分も接続しました。補強のために竹串3本打ち込み接着剤が固まってから出ている部分を切り落とす予定。今日はここまで(続く)タモ作り令和版その1

  • グッドアイデアと思ったのに

    ワカサギの電動リールですが、穂先のガイドが下向きのほうが感度も良さそうだし糸の出がスムーズのような気がするので作ってみました。材料は桐材と5mmのジョイント金具と工具箱にあったパイプ1個30分で完成(塗装別)穂先の角度調整が出来ないので改良の余地あり。何かヒントが欲しくて釣具屋へ行くと・・・S社からすごいのが出てましたトホホグッドアイデアと思ったのに

  • 釣り考

    生き物を捕るという行為は本能的なものらしい。子どものころから残忍性と征服欲を持って蝶やトンボを捕っていたが釣り人はその原始的本能を趣味という形で楽しんでいるにすぎないのだろう。高価な道具を揃え高い交通費をかけて手に入れた魚は一匹いくらに値するのか怖くて計算ができないが、釣りの楽しさを考えれば絶対に損はない。釣りは健全な趣味として社会が認めており、「亭主元気で留守がいい」を現実化しているのだから女房殿にも文句は言わせない。ただし時々家庭サービスをしないと「うちはシングルマザー」と嫌味を言われるので気をつけなければいけない。魚の習性を学び道具や仕掛けに試行錯誤をしながら水中に垂れた一本の糸に夢とロマンを託すという楽しみを多くの人に知ってもらいたいが自分の漁獲量に影響するので普及活動はやめておこう。釣り考

  • アユ終了(たぶん)

    近頃はBLOGの更新がおざなりになっていますが釣りは楽しんでいます早いものでもう10月ですね。約4ヶ月楽しんだアユ釣りも年貢の納め時のようです。今年お世話になった愛竿はしばらくお蔵入りです。感謝してきれいに磨き上げました。小物にも感謝を忘れません。アユ供養と針供養のようなことをしてみました。来年はどんな鮎釣りが出来るでしょう。来シーズンももよろしくお願いします。アユ終了(たぶん)

  • 懇親会IN渡良瀬川

    今日はGFG群馬支部大鮎釣り懇親会でした。群馬県太田市と栃木県足利市の間を流れる渡良瀬川が会場です。好調とは言えない渡良瀬川は引き水でまったく釣れる気がしないのでのんびりと大会本部の前で腰まで水に浸かりフロロ0.25号で泳がせます。開始5分で23cmの真っ黒にサビの出たオスをキープしてなんとかオデコを免れる。その後も我慢の釣りで3匹キープ。5匹目に掛けたアユは尺にも達する巨大な大アユ(に見えた)が目の前で親子どんぶり「逃がした魚は大きい」とは言い得て妙。それからは無反応の沈黙が続く。足元には石を食むアユがいるのに苦しいときのオトリ頼みも効果なし、ハリ、仕掛け、場所。何を変えても好転しない地獄の連鎖。ケラレは何度かあったがハリ掛かりしないイカリ針に怒り心頭追加のないまま終了時間を迎える。20匹以上釣った人もいたよ...懇親会IN渡良瀬川

  • GFG懇親会IN那珂川

    「GFG上信越地区・東北地区・栃木支部合同懇親アユ釣り大会」という長い名の大会が栃木県の那珂川で開かれました。親睦会と懇親会の違いは解りませんがとにかく気楽で楽しい鮎釣り大会なのです。場所は那珂川でも最上流部の黒磯地区。私はMさんとTさんとの3人で5時前に到着。他人の竿をフリフリするには良い機会ですね。60名ほどの参加で開会式群馬からは22名が参加、競技時間は約6時間の長丁場なので気力と体力が持つのか心配です。やっぱり朝は水温が低く追いが悪い。長谷川テスターのアドバイスに従い対岸のヘチにオトリをもって行くと強烈なアタリで竿は逆しの字。デカイ、抜きにかかるとロケット発射。ポイントを変えるとすぐに2匹目を掛けるがキャッチミス。その後1時間以上沈黙が続き気力が失せてゆく、石に座るのは我慢したがアクビをしながら釣ってい...GFG懇親会IN那珂川

  • GFG杯争奪アユ釣り選手権 上信越地区予選

    GFG杯争奪アユ釣り選手権上信越地区予選は新潟県道の駅「雪あかり」裏で行われました。今年の魚野川はあまり良い状況ではないので予選なしで5時間1回勝負です。選手39名で集合写真、女性3名が花を添えます。挨拶。競技説明オトリ配布ぶらぶらと下流に歩き石色のいい浅いトロ瀬に落ち着く。名手のTさんとMさんに挟まれ居心地悪いがひと流しするとすぐ掛かる・・・が、バレ。アユがいることは解ったのでテンションUP。糸をナイロンに張り替えてオトリを泳がせるもしばらく沈黙が続く・・・・釣れないので場所移動を考えていると下流のMさんが釣る、それを見て移動をやめる。そんなことが何度かあり時間まで居座ってしまった。最終的にヒキフネの中は11匹。釣れたアユは13~18cmで穴のあいた個体もおり天候の影響か追星のきれいなアユはいなかった。恒例の...GFG杯争奪アユ釣り選手権上信越地区予選

  • 魚野川解禁日のようす

    7月10日魚野川解禁試し釣りの結果は良好とは言えないがこの目で見ないと納得できないので関越道を北上、湯沢ICで降り上流部からリサーチしてみた。AM9時湯沢地区、立柄橋から大源太川合流を見ると激混みの中、ちらほらと竿を立てる姿が見えるがアユがチッチェー!。花水木前も満員、石色はいいが魚の姿は見えない。五十嵐橋から姥島橋の間も人でビッシリ剣道の練習場か?すきがあれば入ろうという人達が橋の上から見学。ここは行列のできる釣り場らしい。道の駅(今泉記念館)の裏も車でいっぱい。休憩中の6人の釣果は0~2匹(9:40)で少々キレぎみのご様子。見切りをつけ車移動するという2人組もいましたが行き先が気になってしまうD社マスターズはどうなることやら・・・中之島橋まで下ると釣り人は少ない。坂戸橋にいたっては下流に3人のみ(10:10...魚野川解禁日のようす

  • 昨日は神流川清流鮎釣り大会でした

    南甘漁協主催の神流川清流鮎釣り大会。毎年参加しているが皆勤賞はないらしい水位もほとんど平水に戻り清流神流川にふさわしいきれいな水が流れている。週末には大会やそのプレで名人達に抜かるので小型のアユが多くエリア外より魚影が薄い感じは否めない。参加は約80名、オトリ配布順は43番、相変わらずくじ運がイマイチ。徒歩5分のコイコイ橋下流に永住の地をみつけ深トロでオトリを散歩させるがまったく反応なし。1時間で痺れを切らし上流へ放浪の旅に・・・やはりプレは必要だね。町営プール前も人が多かったが右岸からおかっぱりのヘチ狙いでなんとか小さいアユに出会う。オトリが変わったのでスパートをかけるが終了時間まで1時間。スローペースながら3匹を追加してオトリ込み6匹で検量場所へ。昼食中に予選通過のボーダーは6匹との発表でぎりぎり決勝へ進出...昨日は神流川清流鮎釣り大会でした

  • プレより楽しさ優先

    次の日曜日は「神流川鮎釣り大会」です。エントリーしているので大会のプレでもしておくか・・・と思ったが無駄な抵抗ということでオトリを買って大会エリアを通り過ぎ上流のお好みポイントに直行釣れない所で釣るより楽しい釣りが優先です。水位は解禁時の渇水とは一変して30cmほど高く2日前の濁りはほとんど回復していた。11時スタート、大石の残りアカ狙いでポツリポツリ掛かるがサイズはまばら。2本ヤナギのハリにダブルで掛かるダブルヒットもありテンションが上がる。上流に下流にと釣り歩ったが空腹に耐え切れず3時で終了。約4時間オトリ含まず26匹でした。最大19cm最小13cm鮎釣りランキングプレより楽しさ優先

  • 神流川のようす

    6月1日に解禁した神流川南甘地区。解禁日は沢山の釣り人が入ったらしい、中流~上流は川幅が狭いうえに超渇水なので隙間のないほどの混雑だったとか・・・釣れるアユは13~18cmのおチビちゃんで2日間で150匹釣った人も・・・自分は混雑を避けて解禁4日目にKさんが釣っている16番に合流。6月4日は真夏日、顔のシミを気にするお年頃なので月光仮面のコスプレで釣りました。午前中は追いが悪くオトリにならないような小型も含めて7匹。上流で釣っていたKさんも同じ様な状況らしい。爆釣の噂は本当だったのか疑ってしまう。午後は駐車場前に陣取る。活性が上がり飽きない程度に掛かるが空中でのバレが多発。3時半までなんとか22匹を捕獲。6月5日も懲りずに同じ川原へ行き下流に向って釣り歩く。前日のバレ対策として柔らかい穂先に変えてみた。バレは解...神流川のようす

  • 十石蕎麦と川見

    たかが蕎麦、されど蕎麦。前回は売り切れで泣いて帰ったので今日は早い時間に再挑戦。道の駅「上野」の前で店を構えている上野村直営のそば処「十石そば福寿庵」。石臼で挽いた手打ち蕎麦が味わえる。左は「天もりそば¥1200」揚げた手のてんぷらと歯ごたえのある蕎麦は癖になる美味しさ。まんまとはまり癖になってしまった。右はそれに五目御飯が付いた「福寿定食¥1350」美味さ満点、ボリューム満点。自分的には車で1時間半走っても「食べる価値あり」のランチであったがついでに神流川の様子も気になったのでリサーチ。午後には気温30℃超えの真夏日になってしまいカワウも呆然としていた。雪解け水が入らない神流川は渇水気味で濁りはなかったがアユの群れは確認できなかった。これは偏光レンズが無かったのと視力の低下が大きく影響していると思われるので安...十石蕎麦と川見

  • 初ハコスチ

    利根川(群馬漁協)でハコスチの放流があったので出撃しました。ハコスチとは群馬県が釣りのために改良した遊漁用ニジマスです。興味ある方はこちらの「グンマHP」で・・・放流二日目、日曜日なのに釣り人は数人、フライ×1ルアー×3エサ釣り×1川は少しの濁りと少しの雑炊7m竿のエサ釣りで臨むがしばらくはアタリが無いのがアタリまえ。場所を変えて流心から手前の渦を探ると小さなアタリ、アワセると強烈な引きで上流に上る上る。0.6号のハリスを庇いながらトロに寄せ、直径26cmタモに無理やり入れる。40cm前後のハコスチでハリが口の皮一枚に刺さった状態、強引に寄せなくてよかった。その後少し小さいハコスチが掛かったが前回ほど慌てずにキャッチ。2匹ともきれいで評判どおりパワーであったが尻尾が丸くて見るからに養殖魚。リリースしたので次回釣...初ハコスチ

  • 仕込み中

    天気が良いので庭先でアユの仕掛け作りハナミズキも咲き始めました。道具も手入れして・・・備えあればおでこなし。仕込み中

  • がまかつ新製品展示発表会in群馬

    改元まで1ヶ月ですが世間ではなんでもかんでも平成最後の〇〇と言ってますね。平成最後の釣具展示会かどうかわかりませんが「がまかつ」の新製品展示発表会が高崎サンピアで開かれました。全国?からたくさんの釣りキチが集まり、たくさんの友人知人にも会うことができました。竿を買いもしないのに見たり触ったり、そして褒めたり貶したりテスターさんのお話で学んだり、笑ったりたいへん有意義な時間を過ごすことができました。一番の喜びはジャンケン大会で偏光サングラスをゲットしたことでしょうかこれで平成の運を使い切ったようです。最近ブログ村のマイページにアクセスできなくなりました。なのでリンクバナーも貼れませんがまかつ新製品展示発表会in群馬

  • 桜が満開でした

    通りすがりに寄った高崎市の慈眼寺(じげんじ)の枝垂桜(シダレザクラ)が満開でした。1250年の歴史を持つ高野山真言宗のお寺です。境内には数本のシダレザクラがあり、今を盛りと咲き誇っています。手が届く高さなのではなさか爺さんになった気分です。桜が満開でした

  • 利根の川風は強すぎた

    群馬漁協管内の利根川、ヤマメの成魚放流から4日すぎた3月13日。釣り人は意外と少なく、フライ1名、ルアー2名、エサ釣り1名(自分)これはチャンスと思いきや時間とともに風が強くなり仕掛けが吹流し状態、竿を折る前に撤収。釣り時間1時間弱、アタリ1回、釣果なし。状況+運+腕しだいでハコスチやニジマスも釣れるらしい。また出直して来よう。利根の川風は強すぎた

  • ど派手なガン玉

    釣具屋の渓流コーナーの中で目印でもないのにひときわ色彩が目立っていたガン玉おもりセット。株式会社フジワラの製品ゴムコートの強力グリップで糸にやさしいというキャッチコピーに釣る前に釣られてしまった。この派手なガン玉、アユ釣りではその便利さを理解しているが臆病なヤマメやイワナに警戒されないのか?それともルアーと間違って寄ってくるのか?解禁が楽しみです。ど派手なガン玉

  • ウェーダーのずれ落ち防止に

    グンマの渓流解禁に向けて着々と準備を・・・していませんが・・・すこしサイズが大きいスリムウェーダー、釣りをしてると下がってくるので何とかしたい。昨年はサスペンダーを取り付けてみたが、着たり脱いだりに邪魔になり、肩ベルトがはずれたり、長時間着ると肩がこる。なのでシーズン前に何とかしたいと思い・・・ホームセンターで「ストレッチワークベスト」なるものをイチキュッパで購入。ベストの裏に3箇所、ウェーダーに1箇所マジックテープを縫い付ける。手縫いなので結構な時間がかかったがこれで完成。ウェーダーを履いてからこのベストを着てマジックテープどうしを押さえつければずれ落ちが防止できる予定。伸縮性があるので肩こりも防げる予定。あくまで・・・・予定。ウェーダーのずれ落ち防止に

  • 鮎にまた試練 いやな藻が繁殖

    群馬県農林水産業関係機関成果発表会に参加してきました。農林水産関係の公的研究機関が日ごろの研究成果を発表するもので、水産分科会のアユに関するものを中心に勉強?しました。〇カワウの食害〇コクチバスなど外来魚の食害〇冷水病〇魚道や水質などの河川環境の悪化などアユを取りまく問題は山積みです。近年それに追い討ちをかけるような問題が浮上してきました。ミズワタクチビルケイソウの大増殖により川中の石を覆いアユの定着に悪影響を及ぼすというものです。山梨県水産技術センターの発表データ昨年koizumiさんのブログ「かわ遊び・やま遊び雑記」でも取り上げていました。記事現在群馬県内でもほとんどの河川で繁茂が確認されているようで5月、6月の稚アユ放流時期の影響が懸念されます。漁協や釣り人にとっては深刻な問題です、水温が上昇する夏季にか...鮎にまた試練いやな藻が繁殖

  • 川はほんのり桜色?

    横浜フィッシングショーは連日盛り上がっているようですね。今年は自宅待機ですが・・・がまかつサイトでは桜色の新製品が目立っていたようです。女性に好評らしいのですがサクラエディションに8mや8.5mの竿がないのは何故?N・RさんからのFB画像です、今までに無かった色ですね。今年は川に桜並木ができるのかな?川はほんのり桜色?

  • 凶とでた

    初詣は恒例の水沢神社へ。お参りしてから今年の運勢を占います。おみくじを引くと・・・「凶」。一般的に大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・と位置づけされているので最悪の運勢か。このままだと運勢に殺される。ということで神社がだめならお寺へ。観音山の慈眼院に移動して勢い込んでおみくじをツモ!・・・「末吉」。凶よりは良いがどちらも喜べない、これ以上悪くならないから、と慰められてもね。2019年は耐え忍ぶ年か・・・なら、いつもと同じか。凶とでた

  • 明けましておめでとうございます

    本年もよろしくお願い致します明けましておめでとうございます

カテゴリー一覧
商用