searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hkaihoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
若葉区

心について考えるブログです

ブログタイトル
認知的体験
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hkaiho
ブログ紹介文
心のあれこれについて考えるブログです
更新頻度(1年)

1464回 / 365日(平均28.1回/週)

ブログ村参加:2009/06/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、hkaihoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hkaihoさん
ブログタイトル
認知的体験
更新頻度
1464回 / 365日(平均28.1回/週)
フォロー
認知的体験

hkaihoさんの新着記事

1件〜30件

  • 入院しました

    いつも当ブログを訪問いただき、ありがとうございます。現在、海保博之は体調を崩し入院しています。入院から数週間が経過しましたが、徐々に回復しています。現在は院内を歩き回れるほどになり、好きなものも食べられるようになりました。ご心配をおかけしましたが、また近々、このブログでお目にかかれることを本人も楽しみにしております。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします(家族代筆)。入院しました

  • 安全カウンセリング

    安全カウンセリング———被害者も加害者もケアが必要「安全・安心の心理学」新曜社●心のケア日本でもようやく心のカウンセリングが定着してきた。そして、その実践もいろいろの場所でみることができるようになってきた。臨床心理士の資格制度の発足や、1995年から、最初はいじめ問題への対処のため、以後は心のケア全般にかかわる問題に対処するために、学校現場にスクール・カウンセラーが、非常勤ではあるが、配置されたのが大きい。学校や地域で何か事件、事故が起こると、「児童生徒、住民の心のケアのためにカウンセラーの派遣を」が今では定番になっているほどである。これらを安全、安心カウンセリングと呼んでおく。安全、安心カウンセリングには、被害者の心のケアだけでなく、加害者の心のケアもある。交通事故を考えてみればわかるように、被害者も加害者も...安全カウンセリング

  • 危険情報活用力

    05/12/16「安全・安心の心理学」新曜社危険情報活用力———知は力なり●大学ハザードマップの悲惨昔在籍した大学は、理念的にも物理的にも外に開かれている。したがって、誰もが簡単にキャンパス内に入れるようになっている。ということは、必然的に犯罪も多くなる。そこで、ある時、大学当局が詳細なハザードマップを作り、HPや印刷物で公表して注意を喚起した。ヒューマンエラーの授業で早速、ハザードマップ公表のことを話してみた。なんと9割の学生が公表の事実を知らなかった。残りの学生も公表のことは知っているが内容は知らないと答えた。内容までチェックした学生はわずか2名であった。せっかくの危険情報がこれではまったく意味がない。もっとも、あまり危険を強調し過ぎて、若者の冒険心、挑戦心の旺盛さを殺ぐようになってしまっても困るが。●まず...危険情報活用力

  • 安心、安全の心

    05/11/24安心、安全の心———安全も安心も心の問題としてみると●安全、安心は人の基本的な欲求図に示すマズロー*の5段階の欲求階層説はよく知られている。人は自己実現を目ざして成長していく存在ととらえ、その過程で、4つの欲求満足の段階を踏むとするものである。この2段階目に、「安全(safety)と安心(stability)」の欲求満足がある。これが満たされた上での、自己実現へ向けてのさらなる成長ができるというのである。「安全と安心」は、このように、人にとっての基本的な欲求の一つなのである。それが今、脅かされつつある(満たされない)日本社会は、このままほっておけば、自己実現が脅かされることにもなりかねない。●安全と安心を保証するもの「安全と安心」の欲求に限らないが、およそどんな欲求も、すぐれて人の内部の心の問題...安心、安全の心

  • 挨拶

    ①挨拶の意義・社会の安全な一員であることの宣言・心のファーストタッチ、そして、ボティタッチへ②挨拶が面倒なのはなぜ・TPOが難しい近隣の聴覚障害者との出会い・相手が挨拶返しをしてくれない不安③あいさつの仕方・TPOを心得る・先にあいさつ・親しい人には目をみて・見知らぬ人には目礼で挨拶

  • ほンわか、1日10回運動「ポジティブ心理術トレーニング

    ほンわか、1日10回運動「ポジティブ心理術トレーニング2011-06-18|ポジティブ心理学ほンわかあ」1日40回運動――ポジティブコミュニケーションで自分も周りも元気にーーー第1「ほ」める①何をほめる・すばらしいと思ったこと・感心したこと②どのようにほめる・具体的に「あなたはすてき」より「あなたの笑顔がすてき」・結果よりプロセスを「がんばった」「精一杯やった」③ほめるにあたり、注意すること・ほめすぎないお世辞になってしまうほめられすぎると、舞い上がってしまい、学びが甘くなるほめる時は、森を見る叱るときは、木を見る・7つほめて、3つ叱れ正解=>ほめる>こうればよいという学びができる誤解=>叱る>それはだめはわかるしかし、ではどうすればよいかはわからない正解は一つ誤答は無数みんなが同じように間違うのは、カンニング...ほンわか、1日10回運動「ポジティブ心理術トレーニング

  • 投げ込み広告禁止

    とうとう決断した。毎日、5枚以上配布される。先日、広告と広告の間にはがきがあったのを見逃してゴミ箱に捨てそうになった。身を守るためです。よろしくお願いします。投げ込み広告禁止

  • 「いい加減」な援助でいいの

    「いい加減」な援助でいいのだ。がんばりすぎると、つい自分のやり方をおしつけて相手のンーズを置き去りにしてしまう。しんどくなって長続きしないことも多い。それに、やってあげすぎると、援助を受ける人たちの生きる力を弱めてしまう。(鎌田實「いいかげんがいい」集英社)「いい加減」な援助でいいの

  • 援助 ———助け助けられは当然なのだが

    「安全・安心の心理学」新曜社より良い援助———助け助けられは当然なのだが●都会の不思議最近、立て続けに、マンションで、姉妹が殺され、さらに女子高校生が殺害されるニュース報道をみた。例によって、近隣の人々の顔を隠したインタビューがある。そして、「どさどさというような大きな物音が聞こえた」「きゃー助けて、という叫び声や争う音が30分くらいにわたり聞こえた」などなどという。不思議なのは、自らがその時に積極的に何かをした形跡がないことである。「助けてー」の悲鳴が聞こえた時に、近隣の方々が一斉に表に出てみるだけでも、状況はかなり違った展開になるかもしれないのにと思うのだが。●傍観者効果そうは言っても、実は、援助行動も援助要請行動もそれほど単純にはいかないことが知られている。たとえば、傍観者効果。衆人のいるところで、突然、...援助———助け助けられは当然なのだが

  • 私たちは交友のために生きているのではない」名言の心理学

    交友関係私たちは交友のために生きているのではない。人間として生きてゆくうちに自然と生じるのが交友であり、これにいちいち気をとられているのはばかげています。その意味で職場の人間関係でくよくよ悩むのは私はあまり同情できない。仕事を愛してさえいれば充分です。[出典]高橋揆一郎[たかはし・きいちろう](小説家、1928~2007)名言ナビサイトより@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@「お仕事クリニック」というサイトで、仕事上の悩みの相談スタッフをしていた。実にさまざまな悩みが持ち込まれるが、圧倒的に多いのは、会社での対人関係、ここで言う交友関係である。仲間と、上司と、部下との対人関係。人が社会的動物である限り、対人関係なしというわけにはいかない。ましてや職場となれば、その重要性ははかり...私たちは交友のために生きているのではない」名言の心理学

  • ●表情」心理学基本用語

    ●表情(facialexpression)表情は気持ち(情動)のあらわれであると同時に、他者への無言のメッセージ、たとえば、嫌悪の表情は他者を遠ざけるし、喜びの表情は他者の喜びを誘導する機能を果たす。表情には、幸福、悲しみ、怒り、嫌悪、驚き、恐怖の6つの基本表情があり、その組合せで他の微妙な表情が作り出される。6つの基本感情は、どの文化圏でも存在するが、その表出の仕方や強弱には微妙な文化差がある。ふ●表情」心理学基本用語

  • 朝8時。排便コントロール不安のため、デイケアおやすみ。うっすら晴天。野菜スープを流し込む

    朝8時。排便コントロール不安のため、デイケアおやすみ。うっすら晴天。野菜スープを流し込む

  • 食事「心を元気にするもの

    食事「心を元気にするもの「腹が減っては戦はできぬ」食事は心身に強く影響する日本の食事は、栄養的にも、味覚的にも世界に冠たるところがあるようです。日本食そのもののすばらしさに加えて、世界の料理の一流どころを取り込んでいるのですから、それはそうだろうという思いは、日本人なら誰しもが持っているのではないかと思います。自分の限られた海外生活でも、日本の食事そのものも、食事文化は飛びぬけているように思います。それは、さておき、食事からだにも心にも強く影響します。その影響の仕方は、医学的にかなり広く深く解明されています。ここでは、その話は脇において、食事と心の元気について、心理学の観点から少し考えてみたいと思います。心を元気にするコツ気持ちと食事を連動させておくだいたい食事の大枠は習慣化されています。自分の場合は、朝はバン...食事「心を元気にするもの

  • ◆ヒューマン・エラー」名言の心理学

    ◆ヒューマン・エラー(humanerror)〔心理学〕人は必ずエラーを犯す。エラーは人であることの証であるかのようである。機械・システムの設計は、このことを前提にしないと事故が発生してしまう。事故につながるような行為は努力しないとできないようにするフール・プルーフ(fool-proof)、仮にエラー(故障)をしても、すぐには事故につながらないようにするフェイル・セーフ(fail-safe)といった工夫が必要である。ヒューマン・エラーには、大きく二つのタイプがある。ひとつはミステイク(mistake)。思い込みや誤解によるエラーである。もうひとつはスリップ(slip)。うっかりミスやしそこないによるエラーである。◆ヒューマン・エラー」名言の心理学

  • 朝7時。薄曇り。心身共に薄曇り。朝食、食べたくないなー

    朝7時。薄曇り。心身共に薄曇り。朝食、食べたくないなー

  • 民主主義では、相対的多数支持者、議員がいれば、どんな悪法でも作れてしまう怖さがある

    民主主義では、相対的多数支持者、議員がいれば、どんな悪法でも作れてしまう怖さがある

  • ◆ヒューリスティックス」心理学基本用語

    ◆ヒューリスティックス(発見的方法)(heuristics)〔心理学〕問題を解くときにはアルゴリズムに従って、理詰めで1歩1歩解決に近づく方法と、失敗するかもしれないが、直観的に解に到達する方法がある。後者のような解き方をヒューリスティックスによるという。人は、このヒューリスティックスな解決を得意とする。ここには、制約された認知機能を有効に活用する知恵が反映されているものと思われる。しかし、ヒューリスティックスも、推論ミスに導く一定の認知的なバイアスの存在が知られている。◆ヒューリスティックス」心理学基本用語

  • ◆パターン認識]心理学基本用語

    ◆パターン認識(patternrecognition)〔1991年版心理学〕文字や図形、音声など空間的、時間的な広がりを示す対象が何であるかを認識すること。コンピュータによるパターン認識の性能が向上してくるにつれて、逆に、人間のパターン認識能力の優れている点が注目されるようになった。機械でも人間でも、認識のモデルには二つある。特徴抽出モデルでは、あるパターンをそのパターンであると同定するのに十分な少数個の特徴との照合が強調される。鋳型照合モデルでは、パターンの定型的な鋳型との全体的な照合が強調される。◆パターン認識]心理学基本用語

  • 朝6時半。晴れそうな曇天。可燃ごみ3個、ごみ捨て場まで。重労働。ここ1月ぐらい、心身の状況、最悪。明日で抗がん剤、1週間休みにちょっぴり期待。

    朝6時半。晴れそうな曇天。可燃ごみ3個、ごみ捨て場まで。重労働。ここ1月ぐらい、心身の状況、最悪。明日で抗がん剤、1週間休みにちょっぴり期待。

  • 気持ち動転時に人はどうする」

    気持ち動転時に人はどうする、気持ち動転時に人はどうする気持ちが動転しているときには、我々はどのような思考と行動をするのであろうか。第1次評価とは、気持ちが動転したその瞬間に頭の中で自動的に発生する最小かつ高速の情報処理(評価)である。ここで注目されるのは、その情報処理が、自分の利害関心に関係しているかどうかを主な目的にしているところである。そして、この評価は、おおむね妥当なものである。第2次評価とは、気持ちがやや落ち着いてきた後におこなわれる情報処理である。ここで、状況改善の可能性、責任の所在、将来どうなるかが慎重に判断される。相手に大怪我をさせてしまった交通事故を例にとれば、状況改善の見通しがなく、責任が脇見運転による自分にあることは明白で、もしかすると職を失う可能性もある、というような評価を下し、それに対応...気持ち動転時に人はどうする」

  • 身体「心を元気にする文化」

    身体「心を元気にする文化」「身体あってのものだね」心と身体心身問題にまともに立ち向かおうとすると、大変なことになります。心の哲学の解決不能問題の一つだからです。それでも、心を研究する者は、心身問題には、それなりに見識が求められますから、自分なりの答え、立場はしっかりとしておく必要はあります。自分の立場は簡潔に言うなら、「心は脳を超える」となります。脳がなければ、心は存在しませんが、脳をとことん研究しつくしても、なお、脳では説明できない心の世界は残る、という立場です。この立場でないと、心理学の研究者としてのアイデンティティがなくなってしまうからです。いずれにしても、心身問題、これくらいにします。心の元気という観点から身体のことを考えてみたいと思います。その前にちょっぴり寄り道します。身体の役割は多彩身体には、心と...身体「心を元気にする文化」

  • 「パチンコ」 2011-06-14 | 心の体験的日記

    今日のうーん「パチンコ」2011-06-14|心の体験的日記電力不足が懸念される夏場を前に、消費電力が多いパチンコ業界への風当たりが厳しい。インターネット調査でも「減らしていい」項目のトップになった。(gooニュースより)@@@@@パチンコ業界にはいろいろうわさがあるそれにしても、繁盛しているお店は平日でも広い広い駐車場がいつも満車和田秀樹氏ならずともうーんであるパチンコ中毒者の数馬鹿にならないらしいギャンブルは手軽にできてはいけないのかもラスベガスにわざわざ出かけてとなれば中毒にはならないしかも、最近のパチンコはギャンブル性がひどいらしいあの換金システムは一体なんなんだ!「パチンコ」2011-06-14|心の体験的日記

  • 雑誌「指導と評価」特集「アセスメントの必要性」

    雑誌「指導と評価」特集「アセスメントの必要性」

  • 朝6時。小雨。体力、気力、食欲、最低。スチバーガ―減薬効果なし。

    朝6時。小雨。体力、気力、食欲、最低。スチバーガ―減薬効果なし。

  • ◆パニック神話(panic myth)」心理学基本用語

    ◆パニック神話(panicmyth)災害発生の警報や予知が一般住民にパニックを引き起こすとする、もっぱらマスコミの世界での通説のこと。しかし、パニックの発生はむしろ稀で、危険からの脱出可能性に関するきちんとした情報が提供されれば、整然とした対応ができることが、いくつかの事例で確認されている。◆パニック神話(panicmyth)」心理学基本用語

  • オーディオブックで、「漱石」「サピエンス全史」を聞く

    Iさんのおすすめで挑戦してみた。最初は、漱石の「吾輩は猫である」。快テンポでこれはいける。保存して、次は、以前買いそびれた「ホモサピエンス全史」。内容が詰まっていて、耳からだけではきつい。でも、久々に、アカデミックな内容に触れて、少し興奮。当面、この2冊とともに、ベッド・ソファーで横になることにする。オーディオブックで、「漱石」「サピエンス全史」を聞く

  • アメリカは、民主主義の戦場だ

    アメリカは、民主主義の戦場だ

  • やりたいことは、やらなければならないことの 向こう側にある」名言の心理学

    やりたいことは、やらなければならないことの向こう側にある(蔭山英男)@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@教育は、やらねばならないことを無理にでもやらせねばならない。それをのりこえてくれないと、子どもがやりたいことができないからである。そのことを、しかし、子どもにわからせることは、むすかしいし、むなしい努力である。子どもは、教育を受けている期間中、なんで、こんな勉強をしなければならないの?という疑問を抱えながら、勉強のつらさに耐えている。耐えられない子どもは脱落していくか、力がある子どもは、自力でやりたいことにはやばやと挑戦する。教育は何を教えるかより、つらさ耐性の選抜機能のほうが大きいのかもしれない。やりたいことは、やらなければならないことの向こう側にある」名言の心理学

  • 朝7時半。晴。ぐっすり寝た感があり、気持ちよし。

    朝7時半。晴。ぐっすり寝た感があり、気持ちよし。

  • デイケアは、人助け、それとも、ビジネス?

    今日は、来所者6名。スタッフ10名。至れり尽くせりのサービス。介護保険内の事業ではあるが、ビジネス要素もある。どうかこのままがんばってほしいもの。デイケアは、人助け、それとも、ビジネス?

カテゴリー一覧
商用