searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ビカビの家を建てました!!
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/bikabi/
ブログ紹介文
建てようと思っていなかった家を建てました。「設計者と夫」と言う二つの立場。周りを巻き込む大事業!!
更新頻度(1年)

242回 / 365日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2009/05/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ビカビさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ビカビさん
ブログタイトル
ビカビの家を建てました!!
更新頻度
242回 / 365日(平均4.6回/週)
読者になる
ビカビの家を建てました!!

ビカビさんの新着記事

1件〜30件

  • 強いフォースを感じます!!(て、事は他はダメって事ですね??)

    見学会などで家の説明とかしていると、突然、「て、事は他はダメって事ですね??」なんて言う人が居ます。短時間の中、色々な情報を分析して行き最終的には他には本質が無いという結論に達した瞬間です。ここまで到達する人はそんなに多くは無いです。大抵は人の話を聞いて

  • 強いフォースを感じます!!(うわぁぁぁー!!)

    もみの木の家の見学会などで玄関に入って来た人が上げる声が、「うわぁぁぁー!!」です。この声を上げる人は強いフォースの持ち主と言えます。まあ、なかなか居ません。たいていはもみの木の家の空間に入っても何も感じない人の方が圧倒的に多い。フォースの弱い人。あるい

  • 家づくりの常識(イメージと違う)

    家を建てていて、一番厄介なのが「イメージと違う」という声です。一番多いのが「色」になります。特に小さな見本で決めた場合は「イメージと違う」事が多いですね。最近はほとんどありませんが、昔は外壁の塗装などが「イメージと違う」となっていました。そう言われるとど

  • 家づくりの常識(現場の確認)

    住宅雑誌とか見ると良く書いてある。「現場に行って打合せ通りになっているかをチェックしましょう!!」みたいな事。そんな事をするという事は「信頼関係に無い」って事です。相手を信用していないという事になる。だから確認に行く。もみの木ハウスの場合はそんな事をする

  • 家づくりの常識(お茶出し)

    最近はあまり話に出て来なくなった「現場へのお茶出し」です。昔は大手の量産メーカーの営業マンは必ずこう言っていた。「この辺りの工務店に家を頼むとお茶出しが大変ですよ。下手すればお昼ご飯とかも準備が要るって聞きますからね!!」なんてね。それで工務店は負けてい

  • 家づくりの常識(地鎮祭と竣工祭)

    地鎮祭はするけど竣工祭はしない。これも家づくりの常識になっています。本来は地鎮祭と竣工祭はやって当たり前の事です。でも、住宅会社は終った事には手を出そうとしません。地鎮祭はこれから始まる工事の事があるからやるわけですね。言ってみたら工事を始めるよ!!って

  • 家づくりの常識(打合せ)

    家を建てるとなると周りが色々な事を言い始めます。いわゆる「家づくりの常識」って感じの事ですね。その中でも一番大変と言われているのが「打合せ」という作業だと言われています。一般的な住宅会社ではこの作業をしないと何も始まりません。打合せして物事を決めてしまわ

  • もみの木の家を建てる人達(行動力がある)

    色々な情報を得て、それをどうするか??それで人生が決まると言えます。多くの場合、頭で考えて結論を出します。出た結論は頭の中だけの事で、行動は伴わない事になります。頭の中だけで完結する。「もみの木の家は良いですよ」 という情報を得た人のほとんどは「そんなに良

  • もみの木を建てる人達(素直な心)

    素直な心も大事ですね。屁理屈ややらない理由ばかり並べる人にはもみの木の家は難しいです。大体もみの木の花言葉が拒否するからです。「永遠」「誠実」「高尚「正直」ですからね。こんな花言葉を持つ期の家にはそんな心の人しか受け入れられません。なので、すぐに見分けが

  • もみの木の家を建てる人達(守護する何かが居る)

    たまに出て来るフォースの強い人。なにかに守られているのが分かる人とも言えます。自分はその辺りははっきり見ることは出来ませんが、何かがいる事は分かります。そんな人は自分の意のままなのか、こちらの都合を強引に変えてまで予定の中に入り込んでくるのですぐに分かり

  • もみの木の家を建てる人達(信仰心が強い)

    自分は最初の段階で「両家のお墓に行って家を建てる計画がある」と言う事を報告してください。とお願いする事がほとんどです。大抵の場合は素直にお墓に行く人が多いわけです。そうした人はもみの木の家を建てる事になります。中には「なんでそんな事をする必要があるのか?

  • もみの木の家を建てる人達(友達が少ない)

    もみの木の家を建てる人達はなにか特徴があります。最近では初対面でなんとなく分かるようになってきています。なので、第一印象で判断する事もできます。でも、そこであからさまな事を言ったりすると不気味がられる。なので時間をかけて遠回しに色々と調べて、最後に確信を

  • ブログ書いてます!!(なぜか資料請求??)

    突然、目の前に出てくる人ともう一つのパターンはなぜか遠い位置に出てくるパターンです。それは色々な資料請求枠からの登場です。これは普通の資料請求とは全く違うのですぐに分かるパターンです。一番多いのが「イノスのホームページからの資料請求」です。これが不思議な

  • ブログ書いてます(突然の登場!!)

    ブログファンで家を建てる事を決めた人は突然に登場します。「もしもし、家を建てたいのですがどうすれば良いでしょうか??」「すみませんが、どちら様でしょう??」みたいにです。向こうは自分の事をよく知っています。なのでしゃべりやすい。でもこっちは誰なのか??ど

  • ブログ書いてます!!(遠方からのお客様-2)

    奈良と大阪を遠隔操作でこなしたことで自信が付いた。その後、なぜか遠方の人が続きます。沖縄、東京、神奈川、和歌山です。県内でも離島が出て来ます。奄美大島、徳之島、沖永良部島、種子島、屋久島ですね。ブログを書いていたことがここで大きな武器になりました。言いた

  • ブログ書いてます!!(遠方からのお客様)

    「奈良に鹿児島で家を建てたい人が居るから奈良に来れますか??」なんて電話が来ました。当時のイノスの担当からです。奈良の代理店のイベントでの相談会に来られたらしく、そこで鹿児島だったので紹介してくれたらしいです。しかも、「この会社は面白いブルグ書いているか

  • ブログ書いてます!!(受注第一号)

    ブログを書き始めて1年半がたったある日の事でした。「すみません。会社のパンフレットとか頂けますか??」なんて言う男の人がいきなり会社に来られました。パンフレットをもらいに来た人は生まれて初めてです。「家の計画とかありますか??」なんて聞いたと思います。で

  • 安全な家(近所)

    土地の話でも書きましたが土地の周辺がどういった感じなのか??も大事です。新しい造成地だったらあまり気にする事は無いでしょう。ただし、その造成地の価格でも変わって来るので要注意です。自分が気にするのはあまりにも安い造成地です。土地の価格が安いという事は総額

  • 安全な家(土地)

    家は土地の上に建てます。なので土地の安全は家の安全と言えます。今では行政からハザードマップとか出ているので地図で情報を得ることもできます。歴史からもその周辺がどういった場所だったのかは分かる。あからさまに分かるのは地名でしょう。それが全てを物語ります。軟

  • 安全な家(台風)

    鹿児島は「台風銀座」とか言われていました(昭和の話)今は地球規模の環境の変化で鹿児島への台風の直撃は減りました。だけど接近は多いです。昔は年に数個の直撃を受けて大変な思いをしていましたからね!!台風被害の多くは風と雨になります。風が吹くと屋根材が吹き飛ば

  • 安全な家(空気)

    家の空気はどうなんだ??空気の事を考えている住宅会社は少ないでしょう。あっても「自然素材で空気が綺麗!!」とか「換気システムで新鮮な空気を取り込みます!!」とかですね。この場合は「で、どういう事でしょうか??」と質問した方が良いですね。その先には答えが無

  • 安全な家(地震)

    「安全な家」とはいかなるものか??色々な要因があると思いますが、今回はその辺りを解説してみましょう。家の強度。それが一番問われるのは「地震」の時でしょう。最近では大きな地震が頻繁に起こります。直近では熊本地震ですね。この時は震度7が二度来ました。そして二

  • もみの木

    そして全ての転換期を終えた後に出会ったのが「もみの木」でした。48歳の時です。中身はこのブログのカテゴリー「もみの木との 出会い」に詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。この時の自分はある意味完成に向かって行っていたと言えます。仕事もそうですがブログ

  • カメラ

    ネットの世界で情報を流すとなると重要になって来るのが「写真」になります。でも一眼レフは高い。よってコンデジを探す事になります。仕事柄「広角レンズ」が欲しいわけです。そこで手に入れたのがコダックのV570というコンデジです。23ミリ広角レンズを搭載している

  • パソコン

    個人用にパソコンを買ったのは35歳の頃だっただろうか??当時は積算をパソコンにやるようになっていて、自宅でも作業ができるようにと思って買ったわけです。当時は30万円近くしたような気がします。普通の電話回線でネットを繋ぎ、インターネットをやっていました。写

  • 伊達政宗

    日曜日の20時といえば「天才たけしの元気が出るテレビ」でした。24歳ごろです。ところがたけしがフライディー事件で逮捕されてしまいます。たけしのいない元気が出るテレビは普通のバラエティーになる。面白くない。ちょうどその時にNHKの大河ドラマの視聴率が50%

  • 七瀬ふたたび

    18歳の時に読んだ小説「七瀬ふたたび」は強烈な印象があります。本を読む面白さと不思議な世界を教えてくれた。原作は筒井康隆という人で、しばらくその人の小説を読み続けることになります。七瀬ふたたびは七瀬三部作となっており「家族八景」と「七瀬ふたたび」と「エデ

  • 建築の常識??(天井は高い方が良い??)

    「天井は高くしてほしいです!!」これも良く聞くフレーズです。量産メーカーのCMで洗脳された人ですね。意味もなく言っているって言うやつです。なのでもみの木の家は難しい人と言えます。もみの木ハウスでこのれを言う人が居たら必ず自分は、「なぜ高い天井が良いんです

  • 建築の常識??(エアコンは何帖用を買えば良いですか??)

    エアコンを買う時は電気屋に行き「とか木造で10帖用」とか 書いてある帖数で判断する事が多いと思います。でも、もみの木ハウスの家は「長期優良住宅」です。なので「外皮計算」なる計算がされているわけです。外皮計算とは家の外皮(屋根や壁などの総面積)から1時間当た

  • 建築の常識??(浄水器は必用だ!!)

    キッチンの水栓に取り付ける浄水器。あれは要るのか??「カルキ臭いので浄水器を付けたいです」なんてたまに言われます。色々な人に聞いたり調べたりしていますが、自分の中ではよっぽどでない限り不要ではないかと思っています。まず、日本の水道水 世界でも綺麗だという事

カテゴリー一覧
商用