「家」 生活スタイルを考える@鎌倉七里ガ浜
住所
鎌倉市
出身
灘区
ハンドル名
おちゃさん
ブログタイトル
「家」 生活スタイルを考える@鎌倉七里ガ浜
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kama_8
ブログ紹介文
鎌倉七里ガ浜での生活を語るブログ。時々八ヶ岳山麓の話題も。建築、食べ物、犬、ガーデニング等。
自由文
七里ガ浜海岸に近い丘の上での生活を楽しんでます。八ヶ岳の山荘の生活も時々アップされます。とても楽しいです。でもたいていの人にとっては退屈なブログとのウワサも・・・。
更新頻度(1年)

244回 / 274日(平均6.2回/週)

ブログ村参加:2009/04/11

おちゃさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 50,167位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,235サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 30 40 60 130 40 330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 1,476位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,124サイト
簡単料理 47位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,268サイト
住まいブログ 1,354位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,299サイト
一戸建 注文住宅(施主) 161位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,809サイト
地域生活(街) 関東ブログ 518位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,884サイト
鎌倉情報 16位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 264サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,156位 18,984位 18,575位 17,447位 17,177位 17,544位 19,707位 969,235サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 30 40 60 130 40 330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 978位 921位 918位 874位 879位 887位 987位 33,124サイト
簡単料理 29位 29位 28位 25位 22位 26位 29位 1,268サイト
住まいブログ 638位 607位 606位 559位 560位 584位 650位 23,299サイト
一戸建 注文住宅(施主) 80位 73位 71位 68位 69位 69位 80位 2,809サイト
地域生活(街) 関東ブログ 101位 94位 95位 90位 89位 91位 103位 13,884サイト
鎌倉情報 3位 3位 3位 3位 2位 3位 3位 264サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,235サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 30 40 60 130 40 330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,124サイト
簡単料理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,268サイト
住まいブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,299サイト
一戸建 注文住宅(施主) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,809サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,884サイト
鎌倉情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 264サイト

おちゃさんのブログ記事

  • 八ヶ岳西麓原村(10) 原村は毎日晴れ♪

    原村滞在シリーズも、今回が最終回。6泊7日の滞在中、原村のてっぺんはずっと好天だった。ところが信州のあちこちで、局所的に天候は極めて不安定だったらしい。短時間に豪雨になったり。氷が降ったり。そのように、天下の公共放送は伝えていた。さあ、N国党は今後どう出てくるのか?・・・そんな問題はこの際関係ない。山荘の上の空はたいていこんな状態である。こちらは山荘の敷地内でかつてヒョロヒョロしていた白樺2本。20年の間に巨木になったなあ。山荘の玄関脇のカエデのグラデーション。このカエデは20年前に幼木を購入して自分で植えたもの。こうした木を見ると、かつてのその木の姿を思い出し、その経過期間を数えて「へぇ~もう20年か!」と驚く。ここは別荘地の一番上。ここから上に別荘はない。したがって立派な道路があっても、ほとんど通るクルマが...八ヶ岳西麓原村(10)原村は毎日晴れ♪

  • 八ヶ岳西麓原村(9) 自然文化園、あるものガパオライス

    ハーバルノート・シンプルズで購入した安心の自然素材の虫よけ。以前にも購入したことがある。今回は2本購入した。本当に、建築資材にも使われるヒバの強い香りがするのだ。木々の中に入る犬の蚊やダニによる虫刺されはなるべく避けたい。加えて、弱いワンコに「フ〇キラー」とかじゃないものを使いたい。そんな方には最適。これをドガティ君にかける。するとドガティ君は外出だ!と考える。ケージを開くと、彼は勝手に入る。「ボクはおりこう?」はいはい、おりこうですよ。では出かけましょう。原村の自然文化園。ここで遊びましょう。奥様は前日ストーブハウスで買ったばかりの帽子を着用。今まで何度も来たところ。「さあ、おかーさん、遊んでください」ふんが、ふんがと鼻鳴らしながら、引っ張りっこ。おなかさすってもらう。「ボク、うれしい」自然文化園ではこのよう...八ヶ岳西麓原村(9)自然文化園、あるものガパオライス

  • 八ヶ岳西麓原村(8)ハーバルノート・シンプルズ、康耀堂美術館、ハルピン味噌ラーメン雷蔵、ストーブハウス

    今回はかなり長い投稿です。これは富士見のカントリー・キッチン・ベーカリーで購入したくるみレーズンパン。これで朝ごはん。終わったらまた洗濯ものいっぱい持って出発!原村から北へ向かって北隣の茅野市の森の中。高原をどんどん行きます。鹿島リゾートが開発したチェルトの森。鹿島だから、土木はお手の物。私の両親は一時この別荘地に住んでいた。そこは父にとって最後の家になった。そこを通り過ぎて、さらに北へ向かった。蓼科高原三井の森へ向かっているのだ。同じ三井の森でも、原村の八ヶ岳中央高原三井の森は弟分。蓼科高原三井の森が兄貴分。蓼科高原三井の森の周辺には三井の森が経営するゴルフ場が2つもある。ゴルフボールが飛んで来たら怖い。ネットのトンネルの中をそそくさと通り抜ける。ほら、ゴルフ場が2つ。ついに私も久々のゴルフ。31年ぶりかな・...八ヶ岳西麓原村(8)ハーバルノート・シンプルズ、康耀堂美術館、ハルピン味噌ラーメン雷蔵、ストーブハウス

  • 八ヶ岳西麓原村(7) 再び軒や庇の問題

    我が山荘は平面図的には単純な長方形をした建物である。南側北側の壁が水平方向で長さ8m、東側西側のそれが6mというコンパクトなものだ、南側と北側の壁面では、窓の直上から45度の角度で軒が垂れ下がり、外壁から70-80cmほど外に突き出している(この点に関しては、鎌倉の自宅も同様である)。最初の画像(↓)の通りだ。山荘も自宅も掃き出しの窓は設けていない。この軒と窓の位置や方角の関係が確保できれば、夏の暑い盛りに南からの日光が屋内に直接射しこんでその壁や床を温めることはない。したがって屋内の気温がどんどん上昇することもない。降雨時もこの窓を開けていられるので、通風も確保できる。ところが、最近の日本の住宅は軒や庇がほとんどないものが多くなった。地球温暖化で夏の外気温は危険なほど高くなって来たというのに、屋内を自らどんど...八ヶ岳西麓原村(7)再び軒や庇の問題

  • 八ヶ岳西麓原村(6)カントリー・キッチン・ベーカリーでパンを買って、ドガティ君は富士見高原リゾートで遊ぶ

    「さて、今日はどこに連れてってもらえるのか?毎日楽しいわんわんわん」八ヶ岳中央高原三井の森の中をゆっくりクルマで降りる。ガソリンを燃焼させることなく、ブレーキを踏むだけで何kmも走れそうだ。そして鉢巻道路を南下。原村の隣、富士見町へ向かう。到着。カントリー・キッチン・ベーカリー。このあたりでは人気もあって歴史もあるレストラン、カントリー・キッチンのパン部門。パンが予約してあるのですよ。こんにちはぁ~!おちゃです、パン予約してます!朝電話して夕方に受け取りに行くと言ったら、「午後1時に焼いたのを取り置きしておく」とのことだった。おぉ、このベーカリーもインスタ始めたって。カントリー・キッチンの看板。昔から目立つところにある。こちらがレストランだ。このあたりのランドマーク的存在。お買い物はこれだけだ。次の目的地へ行き...八ヶ岳西麓原村(6)カントリー・キッチン・ベーカリーでパンを買って、ドガティ君は富士見高原リゾートで遊ぶ

  • 八ヶ岳西麓原村(5)山荘でも食べまくるが簡単にしたいので豚肉のソテーとCookDoの麻婆茄子

    山荘でもいつも食べまくりだ。豚肉のソテーを作りたい。本当に我が家は豚肉をよく食べる。先日覚えたばかりの梅酒に浸ける調理法。梅酒、ニンニク、醤油を使おう。それをジップロックに入れて、冷蔵庫で一晩寝かせる。これは夕方に撮影された画像だ。梅酒に浸けた豚肉は翌日のランチになるのだ。この日の晩飯には、この豚肉はまだ食べられない。で、晩飯にはCookDoの麻婆茄子。味の素が生んだベストセラー商品。「3-4人前」と書いてあるが、嘘だろぉ?よほど食が細い家族を想定したんだろなあ。これを若いお父さん、お母さん、高校生と中学生のお兄ちゃんの4人家族が分けたら、3倍つくれってことになると思うよ。・・・という意見は多そう。実際、私の友人のひとりもそうぼやいていた。茄子にピーマン。CookDoのパッケージにはニンジンを入れろとあるが、そ...八ヶ岳西麓原村(5)山荘でも食べまくるが簡単にしたいので豚肉のソテーとCookDoの麻婆茄子

  • 八ヶ岳西麓原村(4) 富士見町(長野県諏訪郡)内をウロウロし台湾ラーメンなんて食べてみたりする

    滞在も3日目くらいになると洗濯ものがたまってくる。山荘には洗濯機はない。設置してないのだ。ということで、原村の隣の富士見のコインランドリーへ。2番の機械を使いましょう。まずは無料で、2分間の洗濯ドラム内の洗浄。真ん中の赤いボタンを押せばいい。すると水が大量に出てきてドラムを洗ってくれる。それが終われば洗濯と乾燥だ。全部で70分くらいのプロセスだよ。洗濯は機械に任せて、その間にJマート富士見店に行っちゃおう!・・・と思ったら3か月前にはあったJマートの看板が取り外され、綿半になってしまっている。Jマートは経営が思わしくなくなり、綿半の傘下に入ったのがもう何年前だったかな。徐々にJマートらしい楽しさがなくなり、綿半らしいちょっとつまんないイメージが強くなってはいたが、看板はJマートのままだった。そしてついに看板も変...八ヶ岳西麓原村(4)富士見町(長野県諏訪郡)内をウロウロし台湾ラーメンなんて食べてみたりする

  • 八ヶ岳西麓原村(3) ドガティ君は原村に来ると農場の広場で遊ぶことを楽しみにしている

    これ、ボクのお尻です。おとーさんが寝転んだ時に、いっしょに寝るのが好きです。おかーさんがケージを出して来たら、ボクはすぐそれに飛び込みます。どこか楽しいところに行けるからです。たいていは農場(原村の八ヶ岳中央農業実践大学校)の広場なんですけどね。ほら、やっぱり。ボクはここが好きです。さあ、おかーさん、早くおもちゃを投げてください。おかーさんがおもちゃを投げた!ボクは速いよ。飛ぶよ。俊足なのです。コングのおもちゃを取って帰ってきます。ドーナツ状のおもちゃで、でこぼこがついていて噛みやすく、音もなります。コングなので結構頑丈です。でもボクはつぶしちゃうんですけど。おかーさんと引っ張りっこ。この引っ張りっこがたまらないのです。おかーさんの横を歩きます。おかーさんがいきなり「まわれ!」と言っておもちゃを持った腕で弧を描...八ヶ岳西麓原村(3)ドガティ君は原村に来ると農場の広場で遊ぶことを楽しみにしている

  • 八ヶ岳西麓原村(2) 原村の夏、そして八ヶ岳西麓風に夏の野菜カレー・ライス

    原村の夏。みなさん、原村に来てね。長野県諏訪郡原村は必ずやあなたの期待に応えますよ。夏の原村は、とにかく明るいのです。用水路の水はゴーゴーと流れる。いつもかなりの水量。八ヶ岳西麓を流れ、田畑を満たす水。のどかな風景も見ごたえありますよ。夏の原村は花がいっぱい。あちこちで花が咲く。ここまで見て、原村に来たくなりましたか?八ヶ岳山麓は広い。原村だけじゃなく、市町村はいっぱいだ。でもね、私のおすすめは原村。お越しやすぅ~、原村へ。下りて上って。これも原村。ほら、どないや、これ。トウモロコシ畑どす。なかなか見られまへんでぇ。どんどん見せます。これ、どうや!多くは飼料用のトウモロコシ。ええ風景でっしゃろ。原村は田舎やけど、神さんがいっぱいや。「虫」っていっぱい書いてありますやろ。かいこさんですわ。前日は夕方に到着しました...八ヶ岳西麓原村(2)原村の夏、そして八ヶ岳西麓風に夏の野菜カレー・ライス

  • 八ヶ岳西麓原村(1) 暑すぎるので原村へ

    暑さを避けて原村へ行ってきた。8月3日(土)から本日8月9日(金)までの6泊7日だ。神奈川県は湘南から北上して内陸に入るほど、夏の日の最高気温は高くなる。8月3日の午後も鎌倉を出て圏央道を北上して行くと、屋外気温計が示す温度は32度から40度へ上昇して行った。道路上はアスファルトからの照り返しや、排気ガスの影響もあるからだろう。東京都八王子から山梨県甲府にかけてはすばらしく暑かった。滞在期間の最終日である本日は早朝に原村を出たので、原村にいた時間はわずか。そして今、私は鎌倉にいる。↓の画像は8月3日(土)の夕方のもの。現地到着の瞬間だ。直前まで雨が降っていたらしい。でも夕方に到着した時には、すでに雨は止んでいた。気温はこの程度。21度だ。滞在期間中の昼間は雨が降ることがなく、朝は17度、昼間はそこから10度ほど...八ヶ岳西麓原村(1)暑すぎるので原村へ

  • 夏の由比ヶ浜でドガティ君が遊ぶには、ビーチハウスの営業が始まる前に行かないといけない

    ビーチ・ボーイズの名曲です♪ボクはおでかけ。クルマで由比ヶ浜に連れて行ってもらえるらしいんだ。おとーさんが、コインパーキングに駐車した。ここからは由比ヶ浜まで、ニンゲンののろい歩き方でもわずか1分ほどだ。以前七里ヶ浜にあったリュミエール・デュ・べー(パン店)はここに移転したんだって。残念だな。由比ヶ浜は広いから、ボクはうれしいのだ。こっちは稲村ケ崎(↓)。こっちは逗子、葉山方面(↓)らしいよ。でもね、ボクはここがどこだか、実はよくわかってないんだ。ボクが地理をわかっているのは自分の家から、せいぜい坂ノ下あたりまでなんだ。ボクが遊んでいる相手は小学生の小僧・・・いや、おかーさんだった。さあ、ボール遊びはいつ始まるのか?あ、おかーさんがボールを出した。うれしくって跳ねてしまう。ぴょんぴょん。投げたぁ~!波にボールが...夏の由比ヶ浜でドガティ君が遊ぶには、ビーチハウスの営業が始まる前に行かないといけない

  • ガツン!と辛い麻婆茄子定食@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

    麻婆茄子が好きな人、集まれ!たぶん日本人の78%くらいが集まってくる?おいしいもんなぁ、麻婆茄子。麻婆豆腐よりしっかり食べてる感があるし。本日は休肝日。こんなんで我慢。飲み慣れると不味いと思わなくなる。最初飲んだ時「うへぇ~」と顔をしかめたが。本日の主演スターであるところの茄子。本日の助演俳優はピーマン。脇役で長ネギ(のみじん切り)。大量のショウガとニンニク。香りをつけようね。そして今回はスターの地位を茄子に譲りながらも、重要な役割を果たす豚挽き肉。これが大事だ。焦がすように焼きましょう。麻婆豆腐や麻婆茄子の標準的レシピを見ると、やたらと豚挽き肉の量が少ない。なんでだろう?私は肉をたくさん使ってつくるのだ好きだ。おそらく普通のレシピの3~4倍かな。中華鍋の中で挽き肉の間に見える油が透明になってきたら、終了。ニン...ガツン!と辛い麻婆茄子定食@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

  • サンヨー(サッポロ一番)オタフクお好みソース味焼そばvs. カップヌードル・カレー@鎌倉七里ガ浜

    乃木坂のCMで有名、サンヨー食品の和ラー。これが食べたい。現時点でこの和ラーがカップ麺の最高峰であると、ある方に勧められたのだ。しかし張り切って買いに行ったら、売っていなかった。西友七里ヶ浜店にも、ココカラファイン七里ヶ浜店にもなし。でも一旦カップ麺が食べたいとなると、止められない。そこでこんなのを買って来た。和ラーと同じくサンヨー食品の製品。あの広島のオタフクソースとのコラボ。カップ麺の焼そばはたいていおいしい。さて、こちらはどんなもんだろう?これだけじゃ、食事としては足りないのだ。そこで、わたしは定番のこれも買ってみた。最大手、日清のカップヌードルCURRY味だ。思い出深いカップ麺だ。私が最初に就職したのは銀行だったが、そのビルの中にお湯も出る自動販売機があり、そこでこれも売っていたなぁ。残業しながら食った...サンヨー(サッポロ一番)オタフクお好みソース味焼そばvs.カップヌードル・カレー@鎌倉七里ガ浜

  • ガツ炒めそば@鎌倉七里ガ浜

    ガツとは胃袋。今回使うのは冷凍された豚の胃だ。それをタレにつけて焼いて食べるとすごくおいしい。しかし今回はそういう食べ方はしない。焼きそばにするのだ。麺はマルちゃん。でも麺だけを使い、あのすばらしい粉末ソースは使わない。焼きそばと言う表現は正しくないかも。煮詰めそばとでも言うべき状況だ。スープを煮詰めて、それをソースのように見立てて、炒めた焼きそば。ニラ、ニンジン、キャベツを用意。ガツはそのままでは焼きそばにはキツイので、細く切ろう。作業終了!油を入れ加熱した中華鍋へ!コチュジャン、中華だし、水を入れる。そしてさらに加熱。いい風景でしょう、これ?(←そう思ってるのは私だけ?)ガツが十分加熱された状態。そして水分が適度な量にまで煮詰められたら、野菜を投入。この状態。この状態で、すでに完全にほぐされたやきそば麺を投...ガツ炒めそば@鎌倉七里ガ浜

  • お久しぶりのカルボナーラ@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

    いつも使っているディチェコのno.11。しかし本日はちょっと違う使い方。私としてはものすごぉ~~く久しぶりにつくるカルボナーラだ。カルボナーラは好きだ。しかし自分で作るのは久しぶり。こってりクリーミーで、塩と胡椒がきいたところが大好きです。しかし最初につくるのはサラダ。しなびかけたパセリを使おう。あれこれあれこれ、サラダ製作中。用意したのは冷凍して刻まれたベーコン。タマネギ。ニンニク。これですよ、これ。胡椒とクリーム。これをきかせて、あとは塩。バシッとね。途中でピンポン!黒猫さん。これはガツだ。豚の胃袋。冷凍されて届いた。宅急便が届くと、自分のおもちゃが入っているかもしれないと考えるヘンな癖がついた犬。ドガティ君、残念だが、それは違うよ。オリーブオイルとニンニク。もうイタリアン。卵黄。卵黄をクリームで溶く。中華...お久しぶりのカルボナーラ@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

  • 破壊大魔王ドガティ君@鎌倉七里ガ浜

    ぼろぼろのクマさん。我が家ではなぜかミミガーと呼ばれている。これがすぐにこのあとで、完全崩壊してしまったので、廃棄。そして新しいミミガー、今度は象さんが登場だ。色や形、どちらもドガティ君が喜ぶこと間違いなしだ。「あ、それほしい」「そ・そ・それ、ボクのですよね?」「おとーさん、それボクに投げて」やったーーー。かみつく。引っ張る。顔をうずめてにおいをかぐ。「噛んでやる、噛んでやる」「どうだまいったか?」「あ、おとーさん、とっちゃだめ」「でもうれしい。ひっぱって」「おとーさんが、ミミガーをなげた」「取りにゆきます」「おとーさん、もってきたよーー」ありゃりゃ、もう裂けてきた。このあと、中の化繊の詰め物が出て来て、危ないので、廃棄。あたらしいおもちゃが登場。アヒル型ミミガー。「それ、ください」と、かなりうれしそうな顔。気...破壊大魔王ドガティ君@鎌倉七里ガ浜

  • 中国風炒め麺を再作成@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

    またつくろう。中国風炒麺。前回やったのとほぼ同じやり方で。麺がなかったので、東洋水産の味噌ラーメンの麺を使う。具は簡単なものだ。ネギ、ニラ、もやしを、麺と一緒にしんなりと味付けて食べる。これがスムーズだ。多くの現地ウェブサイトのレシピと同様、野菜だけで行こう。繰り返し作って食べてみて思うのだが、どうも具としての肉やエビは、全体の中で邪魔者になるように思う。こちらが今回の麺。積極的理由があって、この麺を選んだのではない。他に適当なのが売られていなかったからだ。調味料はこちら。●老抽●醤油●砂糖●五香粉●胡椒●甜麵醬●オイスターソース●ニンニクをすりつぶしたもの●ごま油(ごま油は最後に炒める時に使う)全部ブレンド。お湯をわかす。麺を茹でて、水洗いする。その麺をボウルに入れて、サラダ油を麺の表面につける。その麺をフラ...中国風炒め麺を再作成@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

  • 「家」@鎌倉七里ガ浜 + 時々八ヶ岳、つまり当ブログへの本年7月のアクセスについて

    7月31日。7月も今日で終わりだ。毎日暑いね。庭の芝生もカラッカラ。7月の当ブログを振り返ろう。なんですか、突然?いや、ちょっと不思議なことがあったのだ。このブログの画面の右端、ちょっと下の方に「アクセス状況」ってコーナーがある。Gooブログは280万強ほどの会員数を誇る。7月28日のこのブログへのアクセスは、以下の通り「閲覧数6,196、訪問者数1,845・・・日別100位」と表示された。閲覧数とは、このブログをその日に見た延べ人数とも言うべき数字だ。ある人がある日にこのブログに来て、加えてクリック2回してあちこち見たら、閲覧数は3になる。ある人がある日にこのブログに2回来て、加えてそれぞれの訪問においてクリックを2回して異なったページを見たら、閲覧数は2×3で6になる。一方、訪問者数とは本来の訪問者数を指し...「家」@鎌倉七里ガ浜+時々八ヶ岳、つまり当ブログへの本年7月のアクセスについて

  • 暑い日に鎌倉小町通りの天ぷら店ひろみで豪華に海老丼食べちゃおう

    この音楽でスタート♪夏っぽいね。七里ヶ浜周辺にはやたらこういう小さな穴があいた石が落ちている。オカリナみたいに見えるね。「鎌倉孔石」なんて名前で小町通りで売りだしたら、インバウンドの方々におみやげとして爆発的人気が出るのではないかしら。ひとつ380円。この日は朝からすごく強い日差し。庭も影の部分と日に照らされた部分がくっきり分かれた。暑いですねぇ。クルマでおでかけ。滑川(鎌倉の中心部を流れ海にそそぐ川)の河口部分にあたる滑川交差点でクルマが渋滞。由比ガ浜沿いを停まって動いてを繰り返して運転。平和な由比ガ浜です。波は静か。鎌倉東急ストアの駐車場に駐車。歩き始める。暑い!!パタゴニア鎌倉店。包装簡略化を訴えるお店の看板。製品を購入したら、そのまま自分のカバンに入れて持ち帰ろう。レンバイ前通過。鎌倉野菜はいかが?ドコ...暑い日に鎌倉小町通りの天ぷら店ひろみで豪華に海老丼食べちゃおう

  • 新たな麻婆豆腐@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

    タイトルの新たな麻婆豆腐の「新たな」って何?私にとっては「新たな」なんだなー。麻婆豆腐を初めて自分で作ったのは何年前か?その時のレシピがオイスターソースを使うものだったのだ。それ以来私は麻婆豆腐にオイスターソースを使ってきた。しかし・・・大きな疑問が。それって正統派なのだろうか?海岸線から何千キロもの内陸部にあたる四川省。それと比べれば海なし県の長野県なんて沿岸部みたいなもんだ。ということで、オイスターソースを使わないで作ってみよう!醤・醤・醤トリオ。これで行きましょう。豆板醤、豆鼓醤、甜麵醬。よくぞここまで考えたな!という調味料。なめてみて驚く。長ねぎをみじん切り。細ネギとパクチーをブレンドした。これは最後にかけるだけ。ニンニクとショウガをすりつぶした。お箸と蓮華のセット。最近ひそかにマイ・ブームな自撮り。本...新たな麻婆豆腐@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

  • 暑い鎌倉七里ガ浜、ランチはシラス、たらこ、大葉のパスタと冷えた白ワイン

    朝から暑い。日差しが強い。どないなってまんねん?そろそろビーチ・ボーイズの季節。YouTubeでどうぞ♪まあなんと!雲がまったくない晴天。みなさん、この空、どうします?すごいわー。雲一つない空・・・って喜んでいたら。。。。。あ、雲があった。でも空を見渡すと、雲がない所がほとんど。朝から気温が上がる。私はビールが飲みたい。それもあっさりした、バドワイザーみたいなのが。なんて暑いんでしょう。浅尾さんは、このあたりで大人気。所得を、増やそう。増やしてくださいよ。増やしてくださるなら、誰もが投票する。そのまま南下。眺めがいいよ。太平洋はもうすぐだ。重力に従い、下がるだけ。楽なもんだ。どんどん下がろう。海に突き刺さる坂とはこのこと。数々の映画、テレビドラマ、CMに登場したのはこの坂。鎌倉プリンスホテル前。あ、ボルボのワゴ...暑い鎌倉七里ガ浜、ランチはシラス、たらこ、大葉のパスタと冷えた白ワイン

  • にしかまマルシェへ行ってみよ@レ・シュー(西鎌倉)

    本日朝のことだ。プリンと言えばこのあたりでは2つ。西鎌倉のにしかまプリン。葉山のマーロウ。本日は西鎌倉へ行くよ。七里ヶ浜の行合橋交差点。江ノ電腰越駅前を通過。新しいパン屋さんも盛況。西鎌倉はモノレールが頻繁にみられる。住宅ぎりぎりにモノレールが走る。江ノ電といい、モノレールといい、どちらもぎりぎりが好きなのだ。朝早くから、にしかまマルシェに到着。西鎌倉の洋菓子店レ・シューで2カ月に1度開催されるにしかまマルシェ。真ん中に陣取るのは大鹿村(長野県)の里山市場。野菜と野菜に付けて食べるとおいしい唐辛子味噌を、大鹿村で生産。鎌倉ビールも発見。主催者レ・シューのロイヤル・ソイ・ミルクティ(豆乳で煮だしたティってこと?)をもらう。冷たくておいしい。香りの強い紅茶だ。アール・グレイなのかな?レ・シュー店内へ。昔、六本木ある...にしかまマルシェへ行ってみよ@レ・シュー(西鎌倉)

  • 岡田美里さんのレシピでピビンパ丼@鎌倉七里ガ浜

    10年前、NTVの番組でえなりかずきさんが岡田美里さんの自宅を訪ね、いっしょにごはんを作るという企画があった。それ以来毎年1~2回は我が家も作っているかな。今回もそのレシピ。ただし「あっさりめがいい」という妻のリクエストで、鶏ひき肉を使った。簡単なところから行こう。もやしだ。軽く茹でて放置。味の決め手はこの2つ。ごま油とコチュジャン。もやし以外に要る野菜はこの3種。ミョウガ、ナス、キュウリ。こちらが10年前に最初にこれを作った時の記録で、このブログの記事を印刷したもの。レシピを忘れたら、自分のブログをGoogleで検索するということをよくやっている。ミョウガを刻んだ。キュウリにナスも切る。こちらはひき肉でそぼろをつくる時の調味料。簡単だ。酒と醤油と砂糖。鶏のひき肉。これを煮込む。煮込んだ時のおつゆを最後に少し残...岡田美里さんのレシピでピビンパ丼@鎌倉七里ガ浜

  • 梅酒 + 豚肩ロース再び!トマト煮もやってみる@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

    梅酒に豚肩ロースを漬けると、やたら柔らかくなるということを経験したので、再度挑戦してみる。豚肩ロースを適度に切ろう。塩、胡椒する。ニンニク、梅酒、醤油。パセリと一緒に豚肩ロースを入れて混ぜる。ジップロックMサイズを用意。密封して冷蔵庫へ。2時間くらい放置。ボールをくわえては、私のところへ来て「遊んでぇ~♪」と要求するドガティ君。遠くへ投げてやると、くわえてまた走ってくる。「また、投げてぇ~♪」相手するのが大変。タマネギ。セロリとニンジン。トマト。トマトが足りないので、紙パックのトマトも加えよう。メークインを使う。あとはニンニクを刻んでおこう。休憩。残りの梅酒を飲んじゃう。バター。加熱して2時間梅酒に漬けた豚肉を入れよう。よく焼くのだ。しっかり焦げ目がつくまでね。タマネギを入れて軽く炒める。さらに香味野菜とニンニ...梅酒+豚肩ロース再び!トマト煮もやってみる@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

  • 梅酒と黒ゴマがきいて柔らかさが最高のポーク・カレー@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

    本日はシナトラのデュエットをお楽しみください。お相手は、歌いだしからゾクゾクしちゃうよ、上手過ぎて最高なアレサ・フランクリン。聴いてくださいね。カレーづくりも楽しくなりますよ。今回のカレーは梅酒と黒ゴマをきかせたもの。インドのバスマティ・ライスもなし。タイのジャスミン・ライスもなし。ジャポニカの米を使いましょう。クミンやターメリックやクローブやカルダモンやコリアンダー・・・などもなし。一般的なカレー・ルゥを使いましょう。CHOYAの梅酒と西友の黒ゴマを買って来た。これがまずかなりの部分を決定する。ニンニクとショウガをするのです。大量にすりつぶす。今回はスパイスの天才、水野先生のレシピを使わせてもらう。途中はちょっと違うが、ほぼレシピそのままだ。水野先生は豚バラ肉のブロックを指定なさっている。しかし西友七里ヶ浜店...梅酒と黒ゴマがきいて柔らかさが最高のポーク・カレー@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

  • 鶏の照り焼き丼 + 温泉卵@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

    長ネギと鶏肉の相性は抜群。細ネギはわかめとともに、おつゆに入れる。おつゆは簡単。ほんだしと醤油だけ(笑)。こちらは鶏モモ肉。照り焼きのたれだ。醤油、みりん、砂糖。それだけ。海苔をほそく切った。しかし湿度が高い。食べるまでに時間があり、海苔も湿りそうなので、ラップして冷蔵庫に入れておこう。鶏モモ肉に塩。焼く直前に片栗粉をつけよう。こちらは温泉卵作成器。ダイソーで100円で買ったんだよ。たまごを割りいれる。そして水をひたひたになるまで入れる。ふたをして、我が家の電子レンジで40秒。するとこうなる。ふたをして水を切る。まあこんなもんだが、もうちょっとかっこよくしたい。また別の卵で、さきほどより10秒多く50秒のチンでこんな感じ。ナイス!ふえるわかめをおつゆに入れましょう。ドガティ君は何かもらえるかもしれないと、キッチ...鶏の照り焼き丼+温泉卵@鎌倉七里ガ浜自宅厨房

  • 夏のフラワーアレンジメント / 挽き肉入り激辛麺@鎌倉七里ガ浜

    毎度公開しております、妻の作品。夏のフラワーアレンジメント。先生から与えられたテーマは「南の島のリゾートホテルのテーブルに置かれたアレンジメントをイメージして」だそうです。「タヒチやモルジブやプーケットのハイセンスなホテルを想像すればいい」らしい。でもタヒチなんて行ったことがない人はどうすればいいのか?タヒチもモルジブもプーケットも行ったことなんてない妻も、トロピカルなものを連想しながら、つくったらしい。たしかにトロピカルな素材だ。全体の形も普段のものとはちょっと違うねえ。たしかに、横にパイナップルやナシゴレンやパパイヤ・ジュースでも置いてあっても不思議はなさそうなアレンジメントだ。よくこれだけ季節ごとに新しいものを思いつくものだね。一方、この箱。見慣れた箱が、南の島とは真逆のイメージの島から発送され、我が家に...夏のフラワーアレンジメント/挽き肉入り激辛麺@鎌倉七里ガ浜

  • 七里ヶ浜のハワイ、Teddy's Bigger Burgersで楽しくランチ

    ビーチ・ボーイズのハワイ♪いい歌だよ。聴いてくださいね。本日のお昼前のこと。アロハにショート・パンツにギョサンという、七里ヶ浜スタイルでおでかけ。投票を済ませたあと、そのまま海辺に向かった。海岸近くの七里ガ浜1丁目を通過。このあたりのお宅では、植えられた花までトロピカル。七里ガ浜ウィークエンド・アレイ。今日もビルズ(ビル・グレンシャーのレストラン)では、ランチの行列。大人気だね。ここはハワイかカリフォルニアか。ここにハワイから来たTeddy'sBiggerBurgers七里ヶ浜店がある。おいしいって話だ。初めてやって来た。18年間ハワイのベスト・バーガーという記録を更新中だそうだよ。何事も経験。ハワイのベスト・バーガーを食べてみよう。本日午前の七里ヶ浜は、なんだかめいっぱい空気が水分を含んだような天気だった。曇...七里ヶ浜のハワイ、Teddy'sBiggerBurgersで楽しくランチ

  • ふみふみと江の島遠足(3) 鎌倉市の海辺の絶景不動産物件ご案内ツアー

    前回の続きで、これが江の島特集の最終回。江の島から陸地へ向かう橋の上から、こんなのが見えた。ものすごい騒音とともに、かなりのスピードで水上を走る。何も力仕事していないのに、それなりにやり終えた感と爽快感のある、マリン・スポーツ。いいなぁ、これ。かっこいい。さようなら、江の島。また逢う日まで、逢えるぅ~時まで♪古い歌だ。かなり古い。片瀬の海岸もすっかり夏モード。しかし連日の雨続きのあと、7月17日は朝遅くから急に晴れたので、人々はまだ夏モードになっていなかった。がらーーんとしている。人がいない。ビーチハウスもかわいそうだ。ペヤングのお店。いかにもペヤングにぴったりなタレントさんたち。しかしペヤングをここで買うのと、コンビニで買うのとどっちが安いのか?ここでペヤングを買えば、お湯もついてくるし、簡単だ。若いおにーさ...ふみふみと江の島遠足(3)鎌倉市の海辺の絶景不動産物件ご案内ツアー

  • ふみふみと江の島遠足(2)江ノ島を一気に稚児ヶ淵へ下るがまた一気に上りしかし一気に下ってビール

    前回の話のつづき。江の島の一番奥、かなり高いところに到着した二人、ふみふみ(お仕事上の先輩)と私。ところが、ここから一気に海面近くの岩場(稚児ヶ淵)まで下るのだ。「もったいない」という言葉が出てしまう。だって下ったら、またそれだけ上がらないと江の島の頂上付近には戻れない。そしてそこまで上がったらまた同じだけ下らないと、内陸部と江の島をつなぐ橋には戻れない。これ(↓)が面白い。「本所」とか「深川」とか寄進した団体の名前、住所が書いてある。昔から、ここはお参りの場所なんだね。もうすでに足がガタガタ。腰もちょっとヘン。絶壁に張り付く絶景レストラン。見えて来た。ここが稚児ヶ淵。ここに解説があるよ。以前読んだが忘れてしまった。ここまで磯釣りに来る人がいる。釣り人もここまで来るのはたいへんだ。メジナくらいは釣れるかな?こち...ふみふみと江の島遠足(2)江ノ島を一気に稚児ヶ淵へ下るがまた一気に上りしかし一気に下ってビール