プロフィールPROFILE

garahebiさんのプロフィール

住所
東京都
出身
世田谷区

気軽にお越しください。古いエントリーへのコメントも大歓迎ですよー。

ブログタイトル
雑音・雑食・雑記帳
ブログURL
http://canikickit.jugem.jp/
ブログ紹介文
R&B, Hip Hopなどの濃い目の情報、レビューとアーセナルのユルめのネタ中心の二本ぐらい立て。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2009/03/14

garahebiさんのプロフィール
読者になる

garahebiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,106サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,022サイト
プレミアリーグ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 273サイト
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,060サイト
CDレビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,212サイト
ブラックミュージック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,106サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,022サイト
プレミアリーグ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 273サイト
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,060サイト
CDレビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,212サイト
ブラックミュージック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,106サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,022サイト
プレミアリーグ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 273サイト
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,060サイト
CDレビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,212サイト
ブラックミュージック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、garahebiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
garahebiさん
ブログタイトル
雑音・雑食・雑記帳
更新頻度
集計中
読者になる
雑音・雑食・雑記帳

garahebiさんの新着記事

1件〜30件

  • ライブ雑感: Jorja Smith @ Summer Sonic Tokyo 2018

    赤が眩しい衣装に長髪を後ろでまとめて颯爽と登場。歌い出し1音目からもう音源のイメージ通りの声で歌えるタイプであることがわかりまず安心。それにしても初めから歓声がすごかった。特に同性からの支持の高さを感じました。見た目のきれいさ、MCでがんば

  • ライブ雑感: Flying Lotus @ Sonic Mania 2018

    初めて観たフライング・ロータスのパフォーマンス。今日はサマソニなので別のショーを観てあの時感じたことが薄れないうちにポストしておきます。 以下、SNSにポストしたもののまとめ。あとで加筆したりもするかも。備忘録的な。 F

  • Jose James @ Billboard Live Tokyo (Feb. 22, 2018, 2nd)

    関連記事:Jose James @ Billboard Live Tokyo (Feb. 21, 2018)よく考えると同じアーティストのショーを1日2回ではなく2日で2回行くというのはAdrian YoungeがVenice Dawnを率

  • Jose James @ Billboard Live Tokyo (Feb. 21, 2018)

    The Dreamerを本来リリースしたかった形でという意図で、曲の並びを変更した上で、以前Soundcloudで公開したりBrownswoodのBandcampでデジタル販売していたコルトレーン夫妻に捧げる楽曲を複数追加し、全曲のミックス

  • ホゼ・ジェイムズ公演前の期待(メモ)

    今夜と明日、José Jamesの公演を計2回観に行く予定ですが、期待していることの中で敢えて一つだけ挙げるとすれば、Rahsaan Roland KirkのカバーでもあるSpirits Up Aboveが観たい!に尽きます。ホゼ自身の多重

  • Soul Camp 2017 初日(2) Roy Ayers

    そういえば今年新木場で観たMary J. BligeはMy Lifeの前にサンプリング元のEverybody Loves The Sunshineを2分近くバンドに演奏させてたなぁ、とか2年前のSoul Campで観たLord Finess

  • Soul Camp 2017 初日(1) Showbiz & A.G. & Brand Nubian

    昨年の日程、参加アーティストの縮小っぷりとそれでも解消できなかった客入りの悪さから今年は開催すら心配していたMTV presents Soul Campだったが、一昨年の初回と同じ二日間開催に戻り、開催場所も豊洲Pitに戻された。やはりこち

  • Soul Camp 2017 初日の感想一言メモ

    Soul CampでのErykahのショーを観てからMobb DeepのShook Ones pt. IIのオケが頭で鳴り止まない。生まれ変わった...& Onで大観衆が揺れる光景。あれこそ非ラップ・アクトもちゃんとどこかヒップホップと繋が

  • Bilal @ Billboard Live Tokyo (2017/01/23、2nd)

    昔の作品の延長のようなものを出すだけになっている様なベテランを除けば、目の前のマイク一本で勝負する専業型の歌い手の中で、自由自在に声を操れるという点でLalah Hathawayに最も近い存在と言えるのはBilalだろう。何度も共演している

  • Loren Oden、2017年に待望のsolo album発売!

    Adrian Youngeの諸作品で常に熱い歌唱を聞かせてくれてきた一方で、そのAdrian Younge率いるVenice Dawnの一員としての来日公演(@Cotton Club)では、Bilalの歌唱で知られるSiren IIやオリジ

  • 今年度観たライブのリスト

    実は他にもいろいろと観たんですが、とりあえずメジャーどころだけに絞りました。年間アルバム○選、もそうですが12月の分は忙しくて年内に振り返れたもんじゃない、と翌年度としています。この中で複数回見たのはインストアライブとブルーノートでのKan

  • 今年行った音楽フェスティバルについて、チケットの種別や印象等の覚書

    音楽フェスといえばロックフェス!…とも限らないよということで、今年行ったフェスの開催時期やチケットの種別や代金、それに簡単な印象などを来年の自分用にということで、書き留めておくことにしました。ま、僕もそうですが、ロック・ファン

  • Ms. Lauryn Hill @ One Live (2016/10/29, 横浜赤レンガ倉庫)

    Ms. Lauryn Hillのライブ・パフォーマンスがあのSoul Campから1年後という比較的短いインターバルでまた観られるとは!昨年の終演直後の笑顔を見て、そのうち来てくれるかもしれないなとは思ったものの、これほどの間隔の短さは予想

  • TLC @ One Live (2016/10/29, 横浜赤レンガ倉庫)

    2009年のSpringrooveで見たとき以来なので自分が思っていたよりもブランクがあったんですが、ひさびさに見たTLCはさすがに2人体制での見せ方が成熟していました。まあさすがに7年ぶりということでこっちも向こうも同じ分だけ年はとってい

  • どのアーティストのライブに行ってみたい?

    どのアーティストのライブに行ってみたい?更新頻度の低すぎることに対しての危機感より、普段あまりやらないこともしてみようと思っています。と、いうことでJUGEMさんの出してるお題に乗っかってみる。 観に行ったことないアーティストとい

  • TペインとA・パークがコラボレーション!…するかもしれない。

    2年ほど前、NPR Musicの人気企画Tiny Desk Concertで生歌でもイケることを世に再認識させたT-Painが、先週の来日公演も素晴らしかったAnderson .Paakの同企画でのパフォーマンスをtwitter上でべた褒め

  • Andra Day @ Blue Note Jazz Festival (2016/09/17)

    Andra Day劇場日本公演第一弾。単独公演も控えた彼女の最初の日本での舞台となったのは今年のBlue Note Jazz Festival 2016だった。若手中心のDiz Stage側の最後を飾った彼女のパフォーマンスは、思わず劇場と

  • 大林武司 feat. 黒田卓也 @ Weekend Music Salon 〜Jazzy Weekend〜 (2016/09/10)

    まず会場に驚いた。情報としては「赤坂bizタワー 2F アトリウム ピアノエリア」と書いてあったのだけど…エスカレーターを上った先にちょっと奥まったスペースがあり、そこにピアノが置いてある。その手前に20脚ほどのイスが用意して

  • Soul Camp 2015 (@豊洲PIT, 2015/09/23) - 4. Ms. Lauryn Hill

    期待と不安。使い古された組み合わせではあるのだけど、僕が体感したことのある中で、ライブ前の気持ちを表すのに、これほどまでにこの言葉がしっくりくるアーティストがいただろうか。…いや、もう一人だけいた。 D'An

  • Soul Camp 2015 (@豊洲PIT, 2015/09/23) - 3. Talib Kweli

    Mos Def(めんどくさいので今の名前は無視)の出演キャンセルさえなければ、この日のラインナップで一番のお目当てはBlack Starであった。自分の中での期待値はLauryn Hillよりもはるかに上だった。現時点で唯一のアルバムはヒッ

  • Soul Camp 2015 (@豊洲PIT, 2015/09/23) - 2. The Beatnuts

    Lord Finesseの後、この日の2番手として登場したのがThe Beatnutsだった。CommonやLaurynなど2日間でビッグネームも多く登場したこのイベントの中でも、個人的に一番楽しみにしていたのが彼らだった。まずはプロデュー

  • Soul Camp 2015 (@豊洲PIT, 2015/09/23) - 1. Lord Finesse

    Soul Camp 2016の前に前回を振り返っておこう、ということで記憶と記事の蔵出しを。当時の下書きをそのまま流用しているので例によって1年前の気分で書いています。 ---------Soul Camp2日目、鑑賞記シリーズ1

  • Summer Sonic 2016 Tokyo (2016/08/21) - 6. Larry Graham & Graham Central Station

    よく考えたらNik WestとかDerrick Hodgeといった後輩ベーシストたちの単独公演は見たことがあってもLarry Graham(以下、ラリー)の公演を一度も見たことがなかった。…ということで今年のSummer So

  • Mayer Hawthorne @Billboard Live Tokyo (2016/8/15, 2nd)

    Mayer Hawthorne。ソロ名義としては2011年以来、通算3度目の来日公演となったステージを見てきました。もちろんその間にJake Oneとのユニット、Tuxedoとしてのステージは2015年のSummer Sonicと今年1月の

  • Kandace Springs sings Frank Ocean

    来月のBlue Note Tokyoでの公演も待ち遠しいキャンディスがなんとフランク・オーシャンの名曲のカバーを公開。彼女はファルセットもいいんですよね。これもライブで聞けちゃったりするのかな?先日ジェシー・ハリスの参加もアナウンスされたば

  • Mayer Hawthorne @Billboard Live Tokyo (2011/11/16, 2nd)

    ※こちらは書きかけだった過去のライブ感想文を、今頃になって仕上げてアップした蔵出し記事です。内容も当時の気分のものですし、情報の鮮度もかなり落ちていますがご了承ください。  --------2度目となったMayer Ha

  • Kandace Springs @蔦屋書店 (2016/07/18)

    Kandace Springs。またもDon Was時代のBlue Note Recordsを象徴することになるであろうアーティストが日本にやってきた。代官山の蔦屋書店で行われた、アルバム購入者向けインストアライブでその生歌を堪能してきまし

  • Will Sessions, Amp Fiddlerとのタッグで新作発売へ。

    Will Sessions、Mix Takesの発売以降、どういう方向に行くのかと思っていましたがこれは歓迎。あのAmp Fiddlerとの合作となるアルバムを自ら興したレコードレーベルSessions Soundsから2017年に発売する

  • CASIO Sound Tradition feat. Jose James - All My Life

    Jose Jamesが参加している日本のCST Laboratory作品の、いわゆるプロモ盤というやつがtwitter上でのTower Recordsさんのキャンペーンへの応募の結果、当選しました。まあ自分で聞くだけ聞いてそのままというのも

カテゴリー一覧
商用