ハンドル名
corsaさん
ブログタイトル
イタリア徒然
ブログURL
https://blogs.yahoo.co.jp/notaitalia
ブログ紹介文
イタリアに暮らしつつ、寄り道をしながら中世ロマネスクを歩きます。
自由文
メインはロマネスク美術ですが、全然関係のないモトGPについても語っちゃいます。
更新頻度(1年)

43回 / 101日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2009/01/11

corsaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 全参加数
総合ランキング(IN) 36,155位 36,232位 36,034位 36,011位 35,913位 39,743位 53,741位 957,464サイト
INポイント 0 0 0 10 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 30 10 0 20 30 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 406位 410位 405位 400位 398位 428位 555位 8,328サイト
美術鑑賞・評論 19位 20位 20位 20位 19位 20位 27位 436サイト
海外生活ブログ 1,558位 1,605位 1,622位 1,615位 1,599位 1,764位 2,192位 35,010サイト
イタリア情報 33位 33位 30位 30位 31位 32位 38位 537サイト
今日 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 44,613位 38,456位 31,734位 32,914位 32,005位 31,971位 33,950位 957,464サイト
INポイント 0 0 0 10 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 30 10 0 20 30 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 376位 316位 239位 258位 239位 237位 264位 8,328サイト
美術鑑賞・評論 13位 12位 5位 6位 6位 6位 6位 436サイト
海外生活ブログ 2,617位 2,352位 2,024位 2,056位 2,031位 2,032位 2,123位 35,010サイト
イタリア情報 49位 43位 34位 36位 34位 34位 36位 537サイト
今日 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,464サイト
INポイント 0 0 0 10 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 30 10 0 20 30 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,328サイト
美術鑑賞・評論 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 436サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,010サイト
イタリア情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 537サイト

corsaさんのブログ記事

  • 伝統工芸と電子のコラボ、再び(Venturaその2)

    フオリサローネFUORISALONE 2019 その4 季節ものなので、なるべく早めに、サクサクとアップしたい記事なのですが、どうも最近、仕事が忙しかったり、住居の年次総会があったり、と時間は取られるし、エネルギーも萎えることが多くて、思う...

  • チェロと添い寝、初体験(Venturaその1)

    フオリサローネFUORISALONE 2019 その3 パリの真ん中で、ノートルダム教会が燃えています。なんということが、ある日突然、起こることだろうと、おののくような気持ちでいっぱい。世界遺産である前に、やはり町のシンボルであり、パリに暮...

  • 行列も、結果オーライ(ブレラ2)

    フオリサローネFUORISALONE 2019 その2 年々、ブレラ地区の比重が増して、今回は、イベントの数では、元来フオリサローネの中心地であったトルトーナ地区を超えたようです。 自分にとっても、ブレラからガリバルディの辺りは、立ち寄りや...

  • いつに増して賑わっています(ブレラ1)

    フオリサローネ2019 その1 しばらく開いてしまいましたが、もしかしておなじみさんだと、あ、例の季節だな、とか思われたりしたかもしれません。 そうなんです。おなじみの、ミラノ最大の家具インテリア見本市であるサローネに関連するフオリサローネ...

  • キラキラなフレスコに囲まれる教会(ジェザ)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その98 この辺り、車で10分程度の範囲に、もう数珠つなぎのように、教会があって、びっくりします。事前に、結構調べていたのですが、ネット中心の情報収集では、引っ掛からない場所も多いのに、地域に在住している...

  • 給油所とスーパー(の)ランチの思い出(シャロ―)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その97 今回は、本当に小さい教会なんで、さらりと行きます。 シャロ—Charrouxのサン・ジャン・バプティスト教会(洗礼者ヨハネ教会)Eglise Saint-Jean-Baptiste。 小さな美し...

  • ヒグチユウコさんって、ロマネスク的なのかも~!(ヴォース)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その96 次はこちらです。久しぶりに、記憶がはっきりしている場所、笑。 ヴォースVeauceの、サン・クロワ教会Eglise Sainte-Croix。 村はずれのちょっとした丘の上にあって、美しいたたず...

  • ドラゴンは、どっから来たのかなぁ(ベルナーヴ)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その95 次に訪ねたのは、こちらです。 ベルナーヴBellenavesのサン・マルタン教会Eglise Saint-Martin。 村の中心部にあり、教会まで、車でアクセスできます。と言っても、ああ、情け...

  • 肉体労働者を励ますホワイトカラー的な(シャンテル)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その94 次に訪ねたのは、修道院の中の教会です。 シャンテルChantellにある修道院教会、サン・ヴァンサンEglise Saint-Vincentです。 いかにもいかにも、という長い塀が続き、周辺は美...

  • まさかサント・ドミンゴのにわとりが(フルリエル)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その93 何ですかねぇ。人に連れて行ってもらっているし、事前にきちんとチェックしているわけでもないし、ということなんでしょうかねぇ。なんだか、いつも以上に記憶が薄くて、アワアワしております、笑。 でも、自...

  • やるせない表情満載(ブロ・ヴェルネ)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その92 友人宅滞在二日目も、友人の運転プラスガイド付きという、私にとっては大いなる大名ツアーです。丸一日、と言っても、自分でがむしゃらに走り回るときと違って、友人宅滞在なので、ゆったりと起きて、おしゃべ...

  • 未知との遭遇およびカフカのフィギュア(ラ・ベニッソン・デユ)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その91 大名ツアーの一日の最後は、友人宅へと帰路に就いた道沿いにあるこちらへの訪問でした。 ラ・ベニッソン・デユLa Benisson Dieuの修道院Abbayです。 ここは、教会そのものへの興味とい...

  • とにかく踊ってます(シャリリュー その2)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その90 シャリリューCharlieuの修道院Abbaye de Charlieu続きとなります。 前回の記事は、このナルテックスの二階部分まででした。 そこから、このような狭苦しいらせん階段を下ります。...

  • 素晴らしくデザイン的な太陽と月に感動(イグランド その1)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その89 チョイと足を延ばしたブルゴーニュから、再びオーベルニュに戻り、ロワール県に入ります。 シャリリューCharlieuの修道院Abbaye de Charlieuです。今は博物館となっています。 本...

  • 妖怪系満載(イグランド)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その88 ブルゴーニュ散歩が続きます。前回に続き、今回も、二度目の訪問となる土地です。 イグランドIguerandeのサン・アンドレ教会Eglise Saint-Andreです。 二度目なので、本ブログの...

  • ありえない見落としをリカバー(アンジー・ル・ドュック)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その87 さて、ロマネスクの素晴らしい浮彫を眺めながらの至福のランチの後は、ちょっと州を超えて、ブルゴーニュに入ります。 前回のシャスナールを20分ほど、南下するドライブですが、これが美しい道でした。 ア...

  • 至福のロゼ・ランチ(シャスナール)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その86 外観がつまらない教会が続きます、笑。 シャスナールChassenardのサン・ジョルジョ教会Eglise Saint-Georgesです。 ここは、まさに、建物は全部やり直し状態なんで、見るべき...

  • 足元もお忘れなく(サン・レジェ・シュル・ヴザンス)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その85 ヌイイ・アン・ドンジョンから、さらにもう少し北上した村が、次に目指した目的地。と言っても、私は、黙って連れていかれるままでした。なんという大名旅行! 旅行社主催のロマネスク・ツアーに参加したら、...

  • 旅する職人さんの人生(ヌイイ・アン・ドンジョン)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その84 前回訪ねたドロワテュリエから、北東方面に半時間足らず走った先が、次の目的地です。このとき拠点としているオーヴェルニュはアリエ県の東端、もうすぐブルゴーニュ州という土地となります。 ヌイイ・アン・...

  • 間男されたドラゴンって、笑(サン・プリとドロワテュリエ)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その83 前回のシャテル・モンターニュから北上して、次の目的地に向かう途中、立ち寄った小さな村の小さな教会。 サン・プリSaint Prix村の、名もなき教会です。Wikipediaによれば、サン・ジェル...

  • ピカソを超えたダニエル?(シャテル・モンターニュ)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その82 この前夜から、オーベルニュ在の友人宅にお世話になり、2日間に渡り、近在ロマネスクを案内いただくという大変ありがたくも貴重な体験をさせていただきました。 インターネット万歳!そして、サイトやブログ...

  • 2019年1月2月に読んだ本、備忘録

    Yahooを利用していたホームページのサービス廃止に続いて、なんとブログも廃止、ということで、若干途方に暮れております。ホームページは、正直、とてもアップデートしていける状況ではないので、廃止とともにお休みとして、いつか再開を期したいものだ...

  • アリエの谷を独り占め(シャテル・ド・ヌーブル)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その81 この、長かった一日も終わりに近づいてきました。最後に、と思って向かったのは、前回のベッソンBessonから、南東方向に15分弱走った、こちらです。 シャテル・ド・ヌーブルChatel-de-Ne...

  • ロマネスクの不思議を感じつつ(ベッソンその2)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その80 ずいぶんと間が開いてしまいましたが、ベッソンBessonのサン・マルタン教会Eglise Saint-Martin、続きです。 前回は、外側を紹介したので、今回は、中に入ってみます。こんなシンプ...

  • 町角のお稲荷さんのご利益(東京滞在その2)

    今回の一時帰国の目的の一つは、墓参り。 父親の二十七回忌?三十回忌?なんか、もうこれで最後にしよう、ということで、私の一時帰国に合わせて法事をしたときに訪ねた以来、3年ぶりのお寺さんでした。 市川にある日蓮宗のお寺なのですが、本当に素敵なロ...

  • 再開のご挨拶(東京滞在その1)

    ご無沙汰です。 2週間弱の東京滞在を終えて、先日ミラノに戻ってきたのですが、すぐに仕事再開、お休み前の状況がさらにひどくなっている、というありさまで忙しく、ブログ再開は、予想通り週末となってしまいました。 出発のときは、連日零下にまで冷え込...

  • 二つ扉の謎(ベッソンその1)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その79 前回記事のイエウールYzeureを、20キロほど南下したところが次の目的地、ベッソンBessonです。この日も終わりに近づきつつあり、じわじわと宿泊地を目指し始めた頃です。 サン・マルタン教会E...

  • 逆走もまた思い出のよすがに(イェウール)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その78 建築的な見た目はともかく、意外にも柱頭を楽しめたスーヴィニーから、15キロほど東に移動して、次の目的地に到着です。 イェウールYzeure(これは読めません!フランスの地名は、相変わらずハードル...

  • 隠微な楽しさと対極の白々塗り(スーヴィニー)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その77 この辺りの集積ぶり、本当にすごいですね。こうやって、訪ねた行程をたどりながら、狭い地域に重なるようにある事実、改めて認識させられています。 前回のオートリー・イサールから、南方向に、たった6キロ...

  • 深読みしようとしても見当もつかず、またまた謎の柱頭(オートリー・イサールその2)

    2016.08.オーヴェルニュの旅 その76 オートリー・イサールAutry-Issardsの三位一体(トリニテ)教会Eglise de la Trinite、続きです。ミカ坊ラファ坊に見下ろされながら、本堂に入ります。 シンプルですが、石...