searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Jackおじちゃんさんのプロフィール

住所
カンボジア
出身
未設定

カンボジアの経済について、お堅い数字の話から、グルメ情報といったやわらかい話まで、ビジネス関係の方にお役に立つブログです

ブログタイトル
カンボジア経済
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh
ブログ紹介文
カンボジアの経済について、ビジネス関係の方にお役に立つブログです
更新頻度(1年)

417回 / 365日(平均8.0回/週)

ブログ村参加:2008/05/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Jackおじちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Jackおじちゃんさん
ブログタイトル
カンボジア経済
更新頻度
417回 / 365日(平均8.0回/週)
読者になる
カンボジア経済

Jackおじちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • アジア開発銀行 カンボジアの第4次産業革命に向けて

    1月20日、アジア開発銀行(ADB)は、「カンボジアにおける人材スキル開発によるインダストリー4.0の利益の収穫」と題する報告書を公表しました。東南アジアでは、適切なスキルを有する人材を準備して第4次産業革命(インダストリー4.0)で変貌する雇用に対応していくことが重要な課題となっています。多くの国で自動化やIT等の新技術導入による雇用への影響が心配されています。この報告書では、第4次産業革命の影響を予測し、将来の雇用と人材を準備するための政策の方向性を検討しています。カンボジアについては、多くの雇用を支える縫製産業と観光業を中心に調査が実施されました。報告書ではまず、第4次産業革命の雇用への影響について、雇用を減少させると同時に新たな需要が生まれると分析しています。第4次産業革命により、縫製業では12%の労働...アジア開発銀行カンボジアの第4次産業革命に向けて

  • メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

    ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。配信御希望の方は、下記のアドレス、またはブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」https://www.mag2.com/m/0001154670.html↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓にほんブログ村メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

  • 新型コロナ カンボジアの状況 1月25日

    カンボジアは、新型コロナウイルスの国内感染を概ね抑え込んでいます。死者はゼロです。1月24日の保健省の発表によれば、累計陽性者数は458名(1月17日から19名増)となっています。治癒数は405名です。先週の新規陽性者のうち、13名はタイに出稼ぎに行っていて帰国したカンボジア人でした。それ以外の先週の海外帰国者の新規陽性は6名でした。国内でのクラスターとしては、11月3日にカンボジアを訪問し、その後陽性が確認されたハンガリーのシーヤールトー外務貿易大臣関係で国内感染が疑われる陽性者が11月7日以降に4名確認されました(11月3日事変と呼ばれています)。更に、11月28日市中感染事件と命名された国内感染により41名の陽性者が確認されましたが、12月29日に終息が宣言されました。また、海外帰国者の陽性者が空港での検...新型コロナカンボジアの状況1月25日

  • ハイアットホテルのラウンジレストラン Market Café

    プノンペン中心部、ハイアットリージェンシーホテルのラウンジレストラン「MarketCaféRestaurant&Lounge」です。ロビーを突き抜けたところにある明るい雰囲気のレストランです。高い天井からさんさんと降り注ぐ陽光が眩しいくらいに感じます。ゆったりとしたレイアウトで、朝食からのんびり過ごせる感じです。今回は、ランチタイムに訪問しました。メニューは、洋食系、クメール系があり、ドリンク類やデザートも豊富です。今回は、グリーンサラダやブラータチーズ、ミネストローネや貝のビスク、クラブサンドイッチ、ハンバーガー、パスタ、ラム等をお願いしました。私のお気に入りは、クラッシック・クラブサンドイッチです。デザートも色々ですが、パッションフルーツ・クレームブリュレやマカロンが美味しかったです。ランチタイムもかなりの...ハイアットホテルのラウンジレストランMarketCafé

  • 天然繊維を使った衣類 Linne Organics

    プノンペン中心部、プノンペンセンターに可愛いお店を開店した「LinneOrganics」です。ブランド名は、スウェーデン人植物学者のカール・フォン・リンネ氏の名前に由来するそうです。天然繊維のシルク、リネン、コットンを使用した肌に直接触れる衣類(就寝時のインナーウェア等)を主に生産しています。ナイトウェア、ナイトガウン、ベッドリネン、ベビー衣類、スカーフ等を作られていますが、最近のヒット商品はシルクマスクです。洗って使えるシルクマスクは色柄も豊富で、女性を中心に人気となったようです。多くの商品が1点物とのことですが、オーダーメードにも対応するとのことです。今回は、お店で「ワインボトルカバー」を購入してみました。クメール衣装をモチーフにしたもので、なかなか良い感じです。肌触りの良い製品がたくさんあって、自分用にも...天然繊維を使った衣類LinneOrganics

  • 格付け機関ムーディーズ カンボジアの債務分析 リスク低いと結論

    1月12日、国際的格付機関のムーディーズは、アジア太平洋地域の2021年見通しを発表しました。2020年に、ムーディーズはアジア太平洋地域の25カ国のうち11か国の格付けを下方修正しました。新型コロナの影響による対外債務の問題が、格付けの引下げに繋がっており、重債務にあえぐラオス(Caa2)、モンゴル(B3)、スリランカ(Caa1)等が引き下げとなりました。こうした中で、カンボジアが、格付け「B2(安定的)」を維持していることは注目されます。多くの国にとって、歳入の減少と新型コロナ対策のための財政支出拡大による財政状況の悪化とそれを埋め合わせる債務の増大が課題となっています。カンボジアも対外債務が増大していますが、大半が政府開発援助や国際機関の譲許的借款に支えられており、利子負担や毎年の返済額が限定的なため、債...格付け機関ムーディーズカンボジアの債務分析リスク低いと結論

  • 中央銀行 2021年マクロ経済予測 成長率は4%

    カンボジアの中央銀行であるカンボジア国立銀行(NBC)は、年初にあたり、「マクロ経済及び銀行部門の2020年実績と2021年見込み」報告書を発表しました。カンボジア経済は、開放的で海外への依存度が高いため、新型コロナの影響を大きく受けたとしています。2020年のGDP成長率は、政府予測のマイナス1.9%を下回る可能性が高いと予測しています。特に、観光セクターへの打撃と、縫製品輸出の落ち込みが影響しています。これに対し、農業と金融セクターへの影響は大きくなかったと見ています。また、輸出のうち、自動車部品、電気部品、自転車等は、金額はまだ大きくないものの健闘しているとしています。2020年の物価上昇率は2.9%と落ち着いています。また、リエルの対ドル為替レートも、NBCの介入もあって前年とほぼ同じレベルで安定的です...中央銀行2021年マクロ経済予測成長率は4%

  • JBICアンケート調査2020 投資有望国 カンボジアは23位に

    国際協力銀行(JBIC)では、毎年、海外で事業を行っている日本の製造業企業に「わが国製造業企業の海外事業展開の動向」に関するアンケート調査を実施しています。今年は530社から回答を得ています。今回の調査では、「基礎データと事業実績評価」、「今後の事業展開と有望国」のランキングといった定例テーマに加え、個別テーマとして「コロナ禍のサプライチェーンへの影響」、「SDGsの取り組みと今後の見通し」についても調査が行われています。調査の結果として、「2020年度は、昨年から継続している米中摩擦に加え、新型コロナの影響を大きく受ける中での調査となった。各国で実施された行動規制等により国内外で同時多発的にサプライチェーンが寸断され、その影響は短期的な在庫調整の範囲を超えた模様。今回の調査では、海外生産比率は33%台と、10...JBICアンケート調査2020投資有望国カンボジアは23位に

  • カンボジア 2020年12月の物価上昇率

    国家統計庁から発表された2020年12月の物価上昇率(対前年同月比)は、2.9%の上昇となりました。物価上昇率は、2012年以降、安定的に推移しています。細かくみると、2013年後半から若干の上昇が続いた後、2014年後半から下降し、2015年終盤から若干の上昇に転じています。その後、2017年初頭に4%台まで上昇しましたが、2017年5月以降は3%未満で安定していました。2018年10月は久しぶりに3%を超えてきましたが、11月は2%台に戻り、12月以降はさらに低下しました。しかし、2019年8月以降3%台となる月が出てきています(2015年1月0.4%、2月1.6%、3月1.1%、4月1.2%、5月1.0%、6月0.7%、7月0.8%、8月1.0%、9月0.9%、10月1.3%、11月1.9%、12月2.8...カンボジア2020年12月の物価上昇率

  • メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

    ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。配信御希望の方は、下記のアドレス、またはブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」https://www.mag2.com/m/0001154670.html↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓にほんブログ村メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

  • 新型コロナ カンボジアの状況 1月18日

    カンボジアは、新型コロナウイルスの国内感染を概ね抑え込んでいます。死者はゼロです。1月17日の保健省の発表によれば、累計陽性者数は439名(1月10日から48名増)となっています。治癒数は385名です。先週の新規陽性者のうち、43名はタイに出稼ぎに行っていて帰国したカンボジア人でした。それ以外の先週の海外帰国者の新規陽性は5名でした。国内でのクラスターとしては、11月3日にカンボジアを訪問し、その後陽性が確認されたハンガリーのシーヤールトー外務貿易大臣関係で国内感染が疑われる陽性者が11月7日以降に4名確認されました(11月3日事変と呼ばれています)。更に、11月28日市中感染事件と命名された国内感染により41名の陽性者が確認されましたが、12月29日に終息が宣言されました。また、海外帰国者の陽性者が空港での検...新型コロナカンボジアの状況1月18日

  • ハイアットの高級バー The Attic

    プノンペン中心部、ハイアット・リージェンシーホテルのメインバー「TheAttic」です。ハイアット・リージェンシー・ホテル正面のフレンチ・コロニアル風の建物の2階にあります。螺旋階段を登っていくと、高い天井の大きな空間となっていて、シックな雰囲気を出しています。店名の「Attic」は屋根裏という意味ですが、正に文字通りの造りです。中央には円形のカウンターがあり、本棚で区切られたテーブル席も素敵です。お酒のメニューは豊富で、インスタ映えするカクテルも揃っています。グラスのスパーリングワインもあります(12ドル)。おつまみは。高級感のある品ぞろえですが、お値段はリースナブルです。今回は、イベリコ・ハム(15ドル)と5種類のチーズの盛り合わせ(12ドル)を頼んでみました。チーズは、目の前でカットしてもらえます。マカロ...ハイアットの高級バーTheAttic

  • 安定の味のビストロ Pepe Bistro

    プノンペン東部、リバーサイドにほど近いところ、元フランス大使公邸料理人の方が差配されているビストロ「PepeBistro」です。場所は、国立博物館の北、フレンズレストランの並びです。内装はシックで、センスの良さを感じます。料理は、安定の味のフレンチで、お酒のつまみとしても良い感じです。約1年ぶりの今回は、前菜にフォアグラプラター・トリュフ添えと牛骨髄、イカとチョリソ、チーズプレート等、メインはラムのコートレットやツナのたたき(写真上)等を頼みました。シェフは元公邸料理人なので、日本等フレンチ以外のテーストも盛り込んでいて、いい感じです。今回のお料理もどれも美味しく、プレゼンも素敵でした。食器は和風のものもあり、いい雰囲気を出しています。ワインは、リーズナブルなものも各種揃っています。お値段は、大変リーズナブルで...安定の味のビストロPepeBistro

  • カンボジアでも5Gネットワークの準備進む

    カンボジアでは、大手携帯会社であるマレーシア系スマート、地場セルカード、ベトナム系メットフォンの3社に加え、中国系のキングテルやシンガポール系のシーテル等合計5社が、5Gの試験的運用を開始済であり、2020年中の開始を目指していました。新型コロナの影響等で、遅れているようですが、各社は、プノンペン等の主要5都市での5Gインフラの整備を進めてきました。インフラ整備が完成しつつある中で、カンボジア政府の対応が遅れていることを指摘する声も出ています。特に、コスト削減に繋がる地方部でのアンテナやタワーの共有政策や、利用者のプライバシー保護政策等が早急に必要と見られます。カンボジアは、固定電話を飛び越えて、最先端の光ファイバー、ワイヤレス、インターネットプロトコール(IP)で、低コストで全土に通信網を構築し、農村部にまで...カンボジアでも5Gネットワークの準備進む

  • 2020年カンボジアからの輸出 160億ドル

    カンボジアのフン・セン首相は、12月29日の国民向け演説で、2020年のカンボジアからの輸出額は、対前年比14%増の160億ドル(約1兆6500億円)となると述べました。12月時点の数字のため、概算と見られます。カンボジアの中央銀行であるカンボジア国立銀行(NBC)の予測では、2020年の輸出額は、対前年比12.7%増の145億3000万ドル、輸入額は対前年比18.6%増の221億9000万ドルとなっています。フン・セン首相は、特に農産物の輸出が増えたと述べ、輸出額合計は38億8100万ドル(約4000億円)に達したとしています。主要品目では、精米5億4100万ドル、キャッサバ約10億ドル、バナナ5億5100万ドル、マンゴー4億7300万ドル、カシューナッツ2億8800万ドル、ロンガン5700万ドル、胡椒250...2020年カンボジアからの輸出160億ドル

  • 2020年交通事故数・死亡者数は大幅に減少

    国家交通安全委員会によりますと、2020年の交通事故件数は2019年の4121件から23%減の3179件、死亡者は2019年の1981人から17%減の1646人、負傷者は2019年の6141人から24%減の4686人となりました。なお、届出されていない事故や負傷も多数あると見られます。新型コロナの影響で交通量が減ったことと、2020年5月から交通違反罰則金を大幅に引き上げる等の交通法規の厳格化がなされたこと等が減少の要因と見られます。交通事故の主な原因としては、スピード違反、飲酒運転、無免許による未熟運転、無謀運転、不注意運転等が挙げられています。また、オートバイの死亡事故、特にヘルメット不着用の死亡事故が目立つとしています。日本国内における2020年中の交通事故による死者数は過去最低の2839人です。車の台数...2020年交通事故数・死亡者数は大幅に減少

  • カンボジアの電力事情2020 発電設備の整備進む

    カンボジア電力庁(ElectricityAuthorityofCambodia:EAC)は、2020年年次報告書「カンボジア電力開発の概要」を発表しています。2020年末の設備容量は、2019年末の2372MWから22.9%増の2916MWに増加しました。年間電力供給量(近隣国からの輸入電力含む)は、前年の1万1738GWhから6.5%増加して1万2499GWhに達しました。2020年は新型コロナの影響で伸び率が落ち着きましたが、過去15年間で、設備容量は12倍に、発電量は10倍に急増しています。2021年の発電量の予測は、前年比12.0%増の1万3997GWhに達する見込みです。2020年の電力供給の内訳は、国内での発電量が68.1%、ベトナム、タイ、ラオスからの輸入電力が31.9%となっています。国内の内訳...カンボジアの電力事情2020発電設備の整備進む

  • メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

    ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。配信御希望の方は、下記のアドレス、またはブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」https://www.mag2.com/m/0001154670.html↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓にほんブログ村メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

  • 新型コロナ カンボジアの状況 1月11日

    カンボジアは、新型コロナウイルスの国内感染を概ね抑え込んでいます。死者はゼロです。1月10日の保健省の発表によれば、累計陽性者数は391名(1月3日から10名増)となっています。治癒数は371名です。先週の新規陽性者のうち、10名はタイに出稼ぎに行っていて帰国したカンボジア人でした。それ以外の先週の海外帰国者の新規陽性はゼロでした。国内でのクラスターとしては、11月3日にカンボジアを訪問し、その後陽性が確認されたハンガリーのシーヤールトー外務貿易大臣関係で国内感染が疑われる陽性者が11月7日以降に4名確認されました(11月3日事変と呼ばれています)。更に、11月28日市中感染事件と命名された国内感染により41名の陽性者が確認されましたが、12月29日に終息が宣言されました。また、海外帰国者の陽性者が空港での検査...新型コロナカンボジアの状況1月11日

  • プノンペンのハイアット・リージェンシー・ホテル 開業

    1月6日、米系5つ星ホテルの「ハイアット・リージェンシー・プノンペン」が開業しました。ハイアット・リージェンシーとしては、初のカンボジア進出となります。場所は、王宮の北側にある国立博物館の向かい側です。経営権は地場中堅財閥のチップモン・グループが持っているそうです。客室数は247室で、そのうち43室はロイヤル・スイートを含むスイートルームとなっています。9つの会議室や宴会場、レストラン、バー、カフェ、スポーツジム、屋外プール、スパ等を備えています。正面にフロント等が入るフレンチ・コロニアル様式の建物、後方に高さ50メートルの近代的な建物というデザインです。プノンペンの高級ホテルは、ラッフルズやソフィテル、ローズウッド等があります。しかし、インターコンチネンタルが撤退した後は、新たな高級ホテルの開業が待たれていま...プノンペンのハイアット・リージェンシー・ホテル開業

  • お洒落なカフェ Enso Cafe

    プノンペン中心部、240通りにあるお洒落なカフェ「EnsoCafe」です。店名は「円相」という意味で、禅における書画のひとつで、図形の丸を一筆で描いたもののことです。店内は、ポップな感じです。テラス席もあります。メニューは健康志向のものが多い感じです。今回は、アメリカン・パンケーキをお願いしました。ホットケーキ3枚に目玉焼きも乗っています。ホットケーキの間にはカリカリベーコンが挟まれていて、ボリュームたっぷりです。朝からやっていて朝食メニューも人気だそうです。お客さんは、西洋系の方がほとんどでしたが、日本のマダム方にも人気だと伺っています。お試しください。EnsoCaféhttps://www.facebook.com/ensocafe240/分厚いホットケーキ3枚のアメリカン・パンケーキ(6.7ドル:約700...お洒落なカフェEnsoCafe

  • 緊急火力発電所完成 電力需給は一息

    カンボジアでは、2019年4月~5月に電力不足となり、計画停電を行うほどに追い詰められました。このため、2019年6月11日、カンボジア電力公社(EDC)は、カンダール州に400MWの石油・天然ガス火力発電所を建設する緊急計画を実施することとしました。2020年12月28日現在鉱業エネルギー省は、この緊急火力発電所が完成し、連結送電線も完成したので、いつでも稼働できるとしています。今後、乾季の水力発電所の稼働率低下時に、稼働するものと考えられます。完成した発電所は、石油と天然ガスのどちらでも使えるタイプで、200MWを2基設置しています。1基は、中国能源建設(CEEC)系の葛洲坝能源重工(CGGC-UN)が施工し、発電機はフィンランドのバルチラ社(Wartsila)から調達しました。もう1基は、中国重型機械(C...緊急火力発電所完成電力需給は一息

  • JETRO日系企業実態調査2020

    12月23日、日本貿易振興機構(JETRO)は、「2020年度海外進出日系企業実態調査(アジア・オセアニア編)」を公表しました。2020年8~9月、北東アジア5カ国・地域、東南アジア9カ国、南西アジア4カ国、オセアニア2カ国の計20カ国・地域に進出する日系企業に対する現地での活動実態に関するアンケート調査の結果となります。有効回答は5676社でした。調査結果は、営業利益見通し、今後の事業展開、新型コロナウイルス感染拡大の影響、経営上の問題点、原材料・部品の調達、輸出入の状況、通商環境の変化の影響、生産性・イノベーション・デジタル、賃金の9点にまとめられています。全体的には、アジア・オセアニアのすべての国・地域の景況感が調査開始以来、初めてマイナスとなりました。景況感を表すDI値は全体でマイナス40.7ポイントと...JETRO日系企業実態調査2020

  • プノンペン新空港までの高速道路を建設へ

    カンボジアの建設業大手OverseasCambodiaInvestmentCorp(OCIC)は、現在建設中のプノンペン新空港とプノンペン市街を結ぶ高速道路の建設構想をConstructionandProperty紙のインタビューで発表しました。合計21キロメートルの高速道路は、2つのフェーズで建設される計画で、第1フェーズは、フン・セン大通りと271通りとの交差点付近からフン・セン大通り上に高架道路約10キロメートルを建設します。第2フェーズでは、経路は不明確ですが、国道2号線と新空港を結ぶ約11キロメートルとなるとしています。総工費は約4億ドル(約412億円)の見込みです。第1フェーズは、今年中にも着工し、新空港の開港直後の2023年には完成させたいとしています。OCICは、カンボジア民間航空局(SSCA)...プノンペン新空港までの高速道路を建設へ

  • 海上油田 ついに商業生産開始

    12月29日、シアヌークビル沖の上油田鉱区ブロックAで油田開発を進めているクリスエナジーは、商業生産を開始したと発表しました。フン・セン首相も同日の国民向け演説で本件に触れ、「石油生産開始はカンボジアを祝福するものだ」と称賛しました。また、シハモニ国王陛下も、初の石油生産をお祝いするとのコメントを発表されました。海上油田ブロックAについては、当初はシェブロンや日本の三井石油開発等も権益を有していましたが、税金問題などでカンボジア政府と折り合いがつかなかったこと等から、現在は、クリスエナジー95%、カンボジア政府5%となっています。開発のフェーズ1Aは、ブロックAのうち3083平方キロメートルで、水深50~80メートル程度と見られます。フェーズ1Aでクリスエナジーは、海上プラットフォーム1基(24井)と浮体式生産...海上油田ついに商業生産開始

  • メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

    ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。配信御希望の方は、下記のアドレス、またはブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」https://www.mag2.com/m/0001154670.html↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓にほんブログ村メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

  • 新型コロナ カンボジアの状況 1月4日

    カンボジアは、新型コロナウイルスの国内感染を概ね抑え込んでいます。死者はゼロです。1月3日の保健省の発表によれば、累計陽性者数は381名(12月27日から17名増)となっています。治癒数は362名です。先週の新規陽性者のうち、16名はタイに出稼ぎに行っていて帰国したカンボジア人でした。それ以外の先週の海外帰国者の新規陽性は1名です。米国から台湾経由で帰国したカンボジア・米国人1名とのことです。国内でのクラスターとしては、11月3日にカンボジアを訪問し、その後陽性が確認されたハンガリーのシーヤールトー外務貿易大臣関係で国内感染が疑われる陽性者が11月7日以降に4名確認されました(11月3日事変と呼ばれています)。更に、11月28日市中感染事件と命名された国内感染により41名の陽性者が確認されましたが、12月29日...新型コロナカンボジアの状況1月4日

  • カンボジアのお正月2021

    カンボジアにはお正月が3回あると言われています、1月1日はインターナショナルニューイヤーと言われます。旧正月(今年は2月12日)も華僑系の人たちを中心に大いに祝うので、中華正月とも言われます。最大のお祭りは4月中旬のクメール正月です。このときは、プノンペンに働きに出てきている人たちも皆故郷に戻ってお祝いします。1月1日はカンボジアでも祝日ですが、1日だけのお休みです。12月31日のカウントダウンパーティはカンボジアでも盛り上がりを見せてきていましたが、今年はちょっと静かなようです。元旦も営業している日本料理店もあります。プノンペンでも日本のお正月が楽しめるようになっていて、ちょっと嬉しいお正月です。(写真は、小料理屋「縁」のお節料理)くずし割烹安達のお節料理。「福」の下は大粒の黒豆です。↓にほんブログ村のランキ...カンボジアのお正月2021

  • 久しぶりのプノンペン駅 鉄道ファン

    トレインコーヒーに行くついでに、プノンペン駅を訪問しました。日曜の午後、駅構内はすっかり出入り自由となっていて、留置線路内も人があふれていました。私も指差し確認しながら、留置線内に入って写真を撮りまくりました。構内には、タイから贈与された日立製の新車のディーゼルカー4連が留置されていました(よく見ると、先頭車に落書きされていて、遺憾です)。また、昨年、空港線用に導入されたメキシコ製のディーゼルカーは、いつの間にかロイヤル鉄道色(黒と赤のツートン)に塗り替えられていました。駅の周りには高層ビルが次々と建設されており、背景としては絵になります。余剰の客車を活用した「ロイヤル・トレイン・コーヒー」もできて、プノンペンの新名所という感じです。地元の若いカップルやグループがたくさん来ていて、列車を背景にアジア風のポーズを...久しぶりのプノンペン駅鉄道ファン

  • 2021年 あけましておめでとうございます!

    2021年、あけましておめでとうございます。このブログも15年目を迎えました。皆様のご愛顧に深く感謝申し上げます。今年もプノンペンから皆様にお役に立つ情報を発信してまいりたいと思います。2020年は新型コロナの影響で大きな打撃を受けましたが、今年のカンボジア経済は、回復傾向に転じるものと予想されています。日系企業の進出意欲も感じられ、カンボジア経済の発展と日系企業のWin-Win関係がさらに深まっていくことも期待されます。本年も引き続き、カンボジア総合研究所とブログ「カンボジア経済」をご愛読賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(写真はアンコールワットです)なお、毎週月曜日の朝一番に配信されるメールマガジン「週間カンボジア経済ニュース」もございます。無料です。ぜひ下記のサイトにてアドレスをご登録ください。h...2021年あけましておめでとうございます!

カテゴリー一覧
商用