searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
20世紀ウラ・クラシック!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/r_o_k/
ブログ紹介文
クラシック音盤レビューを中心とするレアな情報、オンタイムの話題を長年書いています。
更新頻度(1年)

39回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2007/09/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、岡林リョウさんをフォローしませんか?

ハンドル名
岡林リョウさん
ブログタイトル
20世紀ウラ・クラシック!
更新頻度
39回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
20世紀ウラ・クラシック!

岡林リョウさんの新着記事

1件〜30件

  • 鷺沼の湯治場〜有馬療養温泉旅館(自然鉄泉)立ち寄り可能

    寒いので普通のスーパー銭湯に行こうと思っていたのですが、鷺沼駅でふと降りてみました。ここは昔の近在の人ならプールでおなじみの駅、しかしだいぶんに開発され東急田園都市線の他の駅と見分けのつかない駅前ロータリーです。バスに乗ります。徒歩だと厳しいかもしれない、停留所4つほどで降りてそのまま進行方向に大通りを歩くと左手低い舌状台地(龍宿山)の先から旅館があります。手前に八幡社があり、由来が書いてある。ここが有馬療養温泉、立ち寄りも可能なホテルになっています。歴史は古く聖武天皇の時代にはお寺付属の霊泉として湧いていたとのこと。「有馬西明寺霊泉(誠の湯)」といい、滝としてあったものを役小角が拓いたとされますが、聖武天皇の王子が湯治に来たという記録があるとのことです。のち天皇源氏北条家の名だたる大物が訪問したといいますが、...鷺沼の湯治場〜有馬療養温泉旅館(自然鉄泉)立ち寄り可能

  • 前回更新以来の銭湯…

    コロナ下です。関東は仕事以外で出歩くべきではないというのと、個人的な問題もあり外出が難しかったのでしばらくあいてしまいました。最近、テレビでもサウナ番組花盛りです。サ道(半分ドラマ)はとうとう神戸まで足を伸ばしました。今日は気分が晴れず近所の銭湯も休みで、もう全部ほったらかして川崎にきまして、丸子温泉。黒湯のぬる湯(でも熱い)につかり、少し薄くなったかなとおもいつつ芯までひびきました。ここはサウナはないですが昔ながらの熱めの湯で、白湯はいくぶんぬるいですが混みます。なんと学生の集団らしきのが集団で大声をあげていて、黙浴もなにもなく、外でも続きの学生が並んでいるという悪条件でしたが、こちらには来ない。熱い黒湯は敬遠される模様。やっぱり外の湯は気分を切り替えられます。新丸子駅構内のタリーズで休むのでした。前回更新以来の銭湯…

  • たまの温泉銭湯〜3回目のSPA&HOTEL和(なごみ)(黒湯)〜これにてしばらくお休み

    このブログの温泉銭湯シリーズはこの都会派スパから始まっています。掲載は前後していますが、年に一回訪問するペースで、3年目。例の新型コロナ渦にオリンピックや夏休み混雑もあって、いよいよ人の密な場所へ行くのははばかられるようになってきました。折しも近所のネタ切れでもあり、とりあえずここに原点の蒲田温泉郷きっての濃厚黒湯を書いて、また何かの拍子に新規のところにお邪魔することがあれば、そのときに書くかどうか考えます。早く去ってほしいですね、コロナ。なごみという名前のスーパー銭湯は関東にいくつかありますが、ここは独立系でしょうか。JR蒲田駅前に黒湯は湧くらしく、最近まで何軒も温泉銭湯や温泉ホテルがありました。今も2軒ほどありますが、どちらも成分が濃い。しかしここは特に濃いです。少し歩いた先の女塚温泉も濃いので、良質の地下...たまの温泉銭湯〜3回目のSPA&HOTEL和(なごみ)(黒湯)〜これにてしばらくお休み

  • たまの一般銭湯〜斎藤湯(炭酸泉、シルク湯)日暮里

    上野に用事があり谷中まで来た。日暮里に降りるところに小さい銭湯あったな、と思ったら見事にアパートになっていた。そういえば、いつの話だったろう。JR日暮里駅の線路を高架で渡り、下に降りて少し歩く。5年前くらい、古い銭湯がリニューアルしていたはずだ。鶯谷と西日暮里のあいだのちょっとエアポケット感もあるエリア。周囲の建物が密集してなくて、ちょこんとしている感もある。入り口もひっそりだが綺麗。上り口もフロント形式で、家族総出で客の応対から何からやっているふう。このへん客層が荒い可能性があるな、と思っていたがこれだけ店側が丁寧なら安心。東京もついに銭湯代値上げなんだなあ、とポスターを見る。コロナ対応でビニールだらけのフロントも写真だとシックな色目のバーカウンターのようになり、その前でくつろぐこともできるようだ。男女入口は...たまの一般銭湯〜斎藤湯(炭酸泉、シルク湯)日暮里

  • 大江戸温泉物語お台場(創業地)閉店

    もともと決まっていたことのようで、豊洲市場のほうに新たに作るとか作らないとかいう話もそういえばあったように思いますが…お台場はすでに他にもスパ施設できちゃいましたね…でもここは足湯ゾーンやステージなど広々とした施設で多くの人の働き場所にもなっていた。残念ですね。「東京お台場大江戸温泉物語」閉館のお知らせ|【公式】大江戸温泉物語グループ|癒しの温泉旅館「東京お台場大江戸温泉物語」閉館のお知らせ|いい温泉とうまい料理、そして独自の多彩なエンターテイメントをとびきりリーズナブルな価格でお届けいたします。温泉は、四季折々、有名温泉地の天然温泉をお楽しみください。料理は、伝説の料理人プロデュースの和洋中創作バイキング。地元の素材をつかった各施設オリジナルスペシャルメニューも続々登場。ご夫婦、カップル、デート、お子様連れ、...大江戸温泉物語お台場(創業地)閉店

  • たまの温泉銭湯〜RAKU SPA鶴見(人工硫化物泉、人工炭酸泉、シルク湯、薬湯、多種岩盤浴)

    人気の施設ですね。広大な建物の外見は圧倒されますが、入浴施設は露天含め他のチェーン系スーパー銭湯と比べ広大でもなく、岩盤浴・休憩階及び食堂などの共用部がものすごく広いのが特徴的です。鶴見のスパ(スーパー銭湯)ということになるのでしょうが、鶴見川沿いの大型商業施設に接した良い立地なものの、徒歩の最寄り駅は尻手です。車の多く通る1.3キロを歩くよりは無料送迎バスを使ったほうがいいです。川崎、鶴見、武蔵小杉駅のそれぞれ、一時間一本くらいなのでしっかり調べていくといいです。やや高めかな、という外税料金ですが館内着とタオル大小が基本セットです。さらに岩盤浴の説明をされます、岩盤浴も基本セットです。正直サウナより岩盤浴目当てなのかな、という人のほうが多い。サウナは浴室に中くらいのがしっかりありますが、物凄く熱くてトビラに触...たまの温泉銭湯〜RAKUSPA鶴見(人工硫化物泉、人工炭酸泉、シルク湯、薬湯、多種岩盤浴)

  • そろそろお休み一般銭湯めぐり〜谷中・朝日湯(鉱石湯、薬湯)

    清水湯に戻ったところでコロナ沈静化が進まない状況をかんがみ、ふたたび止めようと思っていたのですが、たまたま久しぶりの遠出があり、上野でしたので谷中三崎町まで来ました。近くの全生庵でお盆の幽霊画展をやるときに寄る、ほぼ一年に一回のお湯朝日湯です。ちなみに上野は駅の東側はホテル付属施設やサウナ、とりわけ半露天付がわりとあります。しかし本当の銭湯や温泉となると西側で最近立て続けに廃業となっており、調べてみると日暮里駅か谷中三崎町のここしかありません。朝日湯は古臭くはない設備でリニューアルとまではいきませんが普通にきれいな一般銭湯です。谷中を知っているなら至便といってもいい、千駄木駅からもすぐです。このあたりもだいぶ変わりましたが、ここに銭湯があり続けることで風光明媚な螢沢の料亭から始まり布晒しの藍染川(別の場所で命名...そろそろお休み一般銭湯めぐり〜谷中・朝日湯(鉱石湯、薬湯)

  • たまの一般銭湯~武蔵小山温泉清水湯(塩化物泉、黒湯)

    ここにきて原点に立ち返ります。混雑で有名で、コロナ後急に行かなくなってしまいましたが、昼からやっているため時間の隙をみると余裕で楽しめます。スナックやビールもある共用部にたむろする人は目に見えて減っていますが・・・縁台で狭い和風庭園を見ていると風呂屋は夏もいい、と改めて思います。(二階に広いスペースや女性用のマッサージ?みたいなスペースもありますがコロナ状況では不明)ここがもともと旧来の公共浴場とは信じられない充実した設備の一般銭湯ビルで、平面積は広くないですが浴槽を内外に立体的に配置して壁面に緑をはわせ、全面的に最新デザイナーズ銭湯として生まれ変わっています。ただとにかく人が風呂に入る時間帯は混みます。近所の人に加え学生が多く、最近はタワマン住民も遠くからのファンも来るので(駐車場有)設備劣化が早い。ロッカー...たまの一般銭湯~武蔵小山温泉清水湯(塩化物泉、黒湯)

  • たまの一般銭湯~新生湯(屋内露天、部分露天テラス、洞窟風呂、人工炭酸泉、薬湯)ほか東急大井町線沿線の銭湯

    東急大井町線荏原町(もしくは旗の台)駅から少し歩くと特徴的な二つの銭湯が近接してあります。ひとつがここでもよく取り上げるジャングル露天の中延記念湯、もう一つが宮造り銭湯と最新設備の融合したユニークな新生湯になります。最近聞いたのですが、最新のエヴァンゲリオン「シン・エヴァ」で生存者の生活する村に湧いた湯を電車に貯めて露天風呂にしている、それが記念湯と新生湯なんだそうです。荏原=エヴァなんですね。新生湯の名前はまさに新しく生まれ変わったということでしょうので、記念湯は古い名前ですが、ちょっと関係はあるのでしょうか。もともと決して広くない普通の宮造り銭湯だったのを設計に工夫を重ね、浴室部を脇に拡げることも含めて最大限に拡げ、他にない機能を盛り込んだ健康増進湯になっています(喫煙室は議論があるかも・・・)。ご主人一家...たまの一般銭湯~新生湯(屋内露天、部分露天テラス、洞窟風呂、人工炭酸泉、薬湯)ほか東急大井町線沿線の銭湯

  • たまの一般銭湯~旭湯(二種薬湯、露天風呂)ほか東急東横線沿線の銭湯たち

    何度か書いています日吉駅から近い旭湯さんです。一般的なレトロ公衆浴場の天井が高くもコンパクトなサイズですが浴室の脇に一般銭湯としては広めの赤外線サウナ(有料)と水風呂があり、ここが人気です。人数制限を設けてコロナ下も稼働しているので神奈川の方はいいですね。私はその先の屋外、岩風呂風露天風呂が好きです。竹塀が高めですが一階なのでスタンダードでしょう、ベンチスペースも含めるとそれなりのゆったり感。浴槽自体は2,3人でいっぱいですが、露天には珍しく(といっても神奈川に多い気がする)高温なので滞留はしない感じ。ここは屋内全浴槽と屋外露天が違う薬湯というぜいたくさで(これも神奈川にある気がする)薬湯ゆえの温度以上の刺激もあります。でも昼も夜もすいているときはたっぷり空が見えて最高です。屋内浴槽も狭くはなく、カプセル式の例...たまの一般銭湯~旭湯(二種薬湯、露天風呂)ほか東急東横線沿線の銭湯たち

  • たまの一般銭湯~新田浴場(黒湯、薬湯)と東急多摩川線沿線の銭湯たち

    新田浴場(武蔵新田)新田神社前を通る雰囲気のいい商店街の先にあります。下町ですが多摩川のほうに巨大マンションがたくさんできて、その通路になるので若い人で活気があります。新田浴場自体、80年代か90年代のスーパー一般銭湯という風情で鷹番の湯の外装に似ていますが、規模は一般銭湯です。二つの浴室は男女入れ替えですが手前の「ローマ風」のほうが脱衣所の構造的にも浴槽の空間的にもかなり広く感じます。浴室の天井が高く和風は日本家屋屋根、ローマ風はオブジェがかぶさっている中央部の浴槽。細かく分かれているのですが、一つ一つが狭いという評をつける人は立ち寄っただけの感想で、あまり同じ浴槽にみんなでつかりたくないという場合はいいです。浴槽の広さはそもそも浴室により違いますが、左の脱衣所が広いほうは浴槽が壁に接していて黒湯が広かったと...たまの一般銭湯~新田浴場(黒湯、薬湯)と東急多摩川線沿線の銭湯たち

  • たまの一般銭湯〜学芸大学駅(鷹番)の銭湯 千代の湯(軟水、高濃度炭酸泉)、鷹番の湯(メタケイ酸泉、壺状露天風呂)

    いずれも昨年までよく行ったあたりですが、運動コースが変わりちょっと足が遠のいていました。東急東横線学芸大学駅そばには珍しく2つの一般銭湯があり、いずれも(おそらく何度か)リニューアルしたビル銭湯です。駅そばの千代の湯は昭和50年代のビル銭湯の最近のリニューアルで、デザイナーズ銭湯です。Suicaで払える入浴券自動販売機、木を効果的に使った脱衣場、わりとレトロな青タイルで埋め尽くされた浴場に目玉の精緻な赤富士の壁絵、平面積や天井は正直さほど大きくなく、若い人や中年も多いゆえ混雑が気になることはあります。サウナはありません。サウナの跡地と思われる暗い囲みの中が高濃度炭酸泉となっています。小さな青タイルが天井まで嵌め込まれライトが雰囲気を出しています。1000以上の高性能な人工炭酸設備で、三人が限界で、段差のある不思...たまの一般銭湯〜学芸大学駅(鷹番)の銭湯千代の湯(軟水、高濃度炭酸泉)、鷹番の湯(メタケイ酸泉、壺状露天風呂)

  • たまの一般銭湯〜清水湯以外の武蔵小山の湯 目黒本町入間湯、月光泉(無料サウナはコロナ中止)

    目黒線沿線の銭湯を挙げたので、今まで紹介していないところも載せねば、と。武蔵小山駅から徒歩範囲のレトロモダン公衆浴場ふたつをどうぞ。タワマンのある清水湯側とは逆方向になります。すこし歩きます。地区的には共に目黒区の目黒本町というところです。目黒駅近辺は改築や高級住宅化が激しく自然教育園手前の銭湯くらいしか残っていないと思いますが、こちらは小山台高校裏から下町情緒の残る商店街が断続的に続き雰囲気は銭湯向きで、残るのもわかる。風景に溶け込んでいます。お客さんも実に銭湯的。年齢層はやや高い。けっこう混むことがあります。武蔵小山駅に近いほうが入間湯。道もわかりやすい。共用部の壁画にも驚きますが、広々とした脱衣場にびっくり。半リニューアルといったところで特に天井は星型の木造デザイン、外壁側に巨大な宇宙の絵(子供は喜ぶでし...たまの一般銭湯〜清水湯以外の武蔵小山の湯目黒本町入間湯、月光泉(無料サウナはコロナ中止)

  • たまの一般銭湯〜東急目黒線沿線の銭湯:松の湯(奥沢駅)八幡浴場(大岡山駅)

    前に都心周辺の東急沿線はほぼ一駅に一つしか銭湯が残っていないと書きました。大井町線は旗の台に集中していますが、目黒線はやや歩く清水湯のある武蔵小山を除くと一駅に一つもないところがあります。田園調布はもとから無いとは思いますが、その残ったところも完全に新しく作り変え工夫を加えてもはや銭湯とも言い難い業態になっていたりする。学生や家族の住む住宅街もかつて風呂がない家(アパート)が多かったので、70年代まで駅すら関係なく町に一つはありました。温泉でもなく薬湯すらなく無論サウナもなく、ただ大きい風呂桶がある浴洗機能だけの公衆浴場です。薪で炊くためスペースもとり、高い煙突のメンテも必要で、大変です。狭い商店街ともなると火が出る危険性もあって、お金をかけてガスに切り替えないと現代では厳しいかもしれない。奥沢駅チカ商店街すぐ...たまの一般銭湯〜東急目黒線沿線の銭湯:松の湯(奥沢駅)八幡浴場(大岡山駅)

  • たまの一般銭湯〜今井湯(高濃度炭酸泉)

    丸子から武蔵小杉元住吉のあたりは大きな工場など労働空間があったせいで川崎市らしい下町風情があって、商店街には安くて庶民的な店が多くあり銭湯もそこそこ多かったように思います。やっと武蔵小杉の広大な施設跡地を中心とした再開発が入り今のようなタワーマンションと総合施設ビルの林立する人工的な清潔感のある土地になりました。庶民的な店もなくはないですがはるかに大手チェーンの傘下の店が増え、昔から買い物に来る身にはここならではの手に入れたいものがなくなった気もします。しかし商店街は賑わっています。新しい店に学生たち、年若いファミリーが土日ともなると多く、昔とは違うけれど、これはこれで程よく活気づいています。余所者の口出すところではないですね。東急東横線は各駅一つずつくらいに銭湯が残りました。川崎のあたりもまったく減りました。...たまの一般銭湯〜今井湯(高濃度炭酸泉)

  • たまの温泉銭湯〜溝口温泉 喜楽里(黒湯、露天風呂)

    スーパー銭湯でも規格化されたチェーン的な設備の温泉で、大通り沿いの平地の大きな建物ですが、内部はこのてのものにしてはややコンパクトです。食堂は広いですがリクライニング休憩室は狭め、浴室もやや狭めかもしれません。この湯楽の里・喜楽里チェーンは横須賀や幕張など関東に展開しています。場所によりスペースや設備やサービスが変わる部分もありますが、逆に宮前平などの最新スーパー銭湯と近似した構成のところもあります。露天部分については温泉掛け流しと循環の2つの大きめの岩風呂、寝湯、ベンチに植え込みという、どこかで見たような最低条件のものは備えています。屋内大浴槽は白湯の各種ジェット、黒湯高濃度炭酸泉(黒湯の高濃度炭酸泉は綱島のスーパー銭湯にありますが蒲田など一般銭湯にもなくもない)、シルク湯(マイクロバブル)とシンプル、シャワ...たまの温泉銭湯〜溝口温泉喜楽里(黒湯、露天風呂)

  • たまの一般銭湯〜中延記念湯(露天風呂・薬湯)

    昨年はよく行ってましたので過去記事もありますが、ホームページをふと見たら記憶と違うことが書いてあったので急に行きました。ここは男女(入れ替えあり)浴室構造が大きく違いますが、公衆浴場スタイルでは珍しく平屋で空の見える広い露天風呂を備えています。昨年前半にリフォームして一部ではスーパー銭湯並みとの声も。行ってみたらばホームページが古かっただけでした。ホームページでは男女入れ替えなしの記述がありましたが、現地にはリフォーム後の入れ替えありのままとなっています。この入れ替えの有無は重要で、本日男湯は小さい方の露天風呂でしたが、入れ替えなしの頃女湯固定だった右側は高い滝と池と亀のいる広々とした露天風呂で、建物外見の地味さに反する姿に驚かされます。どちらの更衣室・浴室も一般銭湯ではかなり大きく、近所のサイボーグ化した宮造...たまの一般銭湯〜中延記念湯(露天風呂・薬湯)

  • たまの温泉銭湯〜泉天空の湯 有明ガーデン(塩化物泉)

    またたくまにコロナ第4波が来てゴールデンウィークは今年もなくなり、それどころか越境も自粛ムード。都内でも感染が濃厚そうな繁華街へは行きづらく、テレビで見ていてたまたま新しくできたスパということでここが紹介されていたので、今月の銭湯探訪(平日タオル込1650円だけど)に急遽行きました。都心から案外遠い国際展示場駅。ゆりかもめでも来れます。場所的には色々イベントごとのあるたびに寄れるので良いかな。駅から600メートル以上離れるのでちょっと遠いかも。なんとなく人工的な風の吹きすさぶ複合施設の奥に、無印良品と一体化したスパ施設があります。ホテルとも共用のようです。昼下がりから混んできた。二階に渡っていて、下の階は玄関と共用部、上の階が女湯男湯とほかマッサージ施設かな(使っていない)。わりと広いですが、階をつなぐ階段が長...たまの温泉銭湯〜泉天空の湯有明ガーデン(塩化物泉)

  • たまの温泉銭湯〜丸子温泉(黒湯)

    昨年前半は通っていたけど時間がなくてあまり来れなかった。武蔵小杉のとなり新丸子駅そば丸子温泉。露天やサウナのない伝統的な公衆浴場スタイルで、普段使いとしている中高年の多い日常の湯。銭湯としては比較的広めの黒湯浴槽と白湯浴槽がある。黒湯は岩から沸かし湯が噴出するほうと冷たい源泉蛇口のあるほうの2ブロックに仕切られているが、基本的に熱い(蛇口は勝手には回せない)。薄めている旨表記があるものの、綱島近辺と比べても遜色ない黒さで、日によって時間によって異なるが、肌に残る色で、ザラザラするときすらある。匂いはないとあるがモール臭とまでは言えないが鉛筆のような、わずかな匂いもある。ヌルヌルはないので肌への効果はわからない。温度が高いせいでもあるけど、芯まで響く温熱効果を感じます。浴槽から床に溢れる黒湯はしっかり黒い跡がつく...たまの温泉銭湯〜丸子温泉(黒湯)

  • たまの温泉銭湯〜大手町温泉(塩化物泉)

    本格自然温泉というと黒湯を外して考える人もいるかもしれない。黒湯の効能はあまりはっきりしない。全国に湧くといわれるが、冷泉であること、多くはすぐ枯渇したり薄めてもたせていることも評価のわかれるところだ。成分的に温泉であるだけの透明な沸かし湯は正直気分の問題で、やっぱり硫黄泉や塩化物泉が身体に響きやすい温泉として好まれる。でも都内って難しい。一部の温泉銭湯は硫黄泉が少し混ざるように言われているが、少し混ざる程度では期待に応えられない。塩化物泉はわりとある。1000メートル前後掘ると古代の海水と称する琥珀色の湯が出て、平和島のような潤沢なスパ設備が出来上がる。しかしこれがまた、微妙に都心から離れる。一番都心に近いのが平和島だろう。例外的に武蔵小山の清水湯の濁り塩化物泉があげられるが、ここも都心と言うには半端だし、銭...たまの温泉銭湯〜大手町温泉(塩化物泉)

  • たまの温泉銭湯〜雑色 ヌーランドさがみ湯(黒湯露天)

    緊急事態宣言解除といっても東京はいい年した大人が遊びに動ける雰囲気ではなく、個人的事情もあり銭湯自粛していましたが、通院日は外出するので銭湯に寄って帰ることにしています。ここもお久しぶりのヌーランドさがみ湯。構成はオーソドックスですがそれぞれの浴槽が凄く広く、階段下の和風半露天風呂は温泉ホテルを彷彿とさせる風情ある木造で、ここは少し日の入る夕方が最高。高齢者の多い銭湯では階段は忌避されがちなので、夕方は地元感が強くなるのですが、露天は空きがち。最近黒湯枯渇で閉めてしまう温泉銭湯が多いのでまったく構わないと思ってますがここも循環であるらしく、屋内の広い黒湯浴槽はちょっと臭ったのですが、夕刻の地元高齢者集団が溜まっていたせいでしょう、それでも露天は掛け流しのようにすっきりしていましたのでおすすめです(夜は混む)。ロ...たまの温泉銭湯〜雑色ヌーランドさがみ湯(黒湯露天)

  • たまの温泉銭湯〜日吉本町 日吉湯(黒湯露天)

    記憶にないほど娯楽的な外出をしてなかったので、昨日横浜の展覧会にでかけて疲れました。帰りにかつて常連(今は都外の銭湯は控えている)日吉本町の日吉湯に寄りました。立派なスーパー銭湯ですが飾らない気取らない、フロント塩対応でも券売機壊れててもくたびれて汚れているように見える脱衣場やコンクリ壁や床タイルが一部あっても、それよりこの広さと設備の多彩さ、さらには休憩室の和洋それぞれの広さは一般銭湯価格では申し訳ないくらい。わりと面白いラインナップの自販機が2個あるのも楽しみ。さらにここは洋風和風の男女入れ替え浴室がありますが、ともに露天風呂がある。和風は内風呂は洋風で広くて打たせ湯もあり(黒湯は広めの岩風呂風露天)、洋風は内風呂は黒湯もあるのでやや狭く設備も限られるものの、露天は和風より空に近いライト付きの白湯ジャグジー...たまの温泉銭湯〜日吉本町日吉湯(黒湯露天)

  • コロナ対策中たまに銭湯〜黒湯の温泉 ゆ〜シティー蒲田は駅チカゆったり!

    毎月通院しているので、外出自粛中も一度は電車に乗らなければなりません。金曜定休が銭湯には意外と多く、通院日だけ行くことに決めているスーパー銭湯もやってないところが多い。たまの銭湯なので普通の銭湯はいまいち行く気にならず、、、とすると限られてしまう。蒲田の黒湯もよそに比べれば残ってる方ではあれ、けっこうなくなっていますが、ここは安泰でしょう。設備も清掃も完璧、半露天の黒湯もゆったり強いモール臭、蒲田に出張宿泊するならここです。王様ジャグジーが凄く熱いですが、白湯好きもバリエーションを楽しめる。打たせ湯、有料サウナに水風呂。天井高ければもっとよかったですがビルなので仕方ない。休憩室に長時間溜まれないのはコロナ下どこも同じですが、3階にはイベント広場があり稼働してます。まあ、立ち寄りだけなら駅チカは何よりの長所です。...コロナ対策中たまに銭湯〜黒湯の温泉ゆ〜シティー蒲田は駅チカゆったり!

  • 六龍鉱泉閉店(上野)2020/8/15

    ネット情報です。Twitterで2020/8/15付で閉店、理由は黒湯が出なくなったとのこと(!)とすると鴎外ホテルのほうと間をおかず、ということですか。濃さに問題はないように見えたんですが、色々やりくりして頑張っていたのでしょうか。。建物も立派で、残念ですね。この並びには銭湯はなくなってしまいました。六龍鉱泉閉店(上野)2020/8/15

  • アピールチャンス来ないし来ても表示されない点

    バグってるのかもしれません。ちょっとこもっていますのでネタはありませんが。アピールチャンス来ないし来ても表示されない点

  • 銭湯日記〜中延記念湯、中延松の湯、ココフロますの湯(黒湯、炭酸泉)、丸子温泉(黒湯)

    12/29今日は絶対ココ!という時がある。完全露天の中延記念湯。都心近くで平屋の公衆浴場でしっかり空が見えるのは珍しい。わりと若者も多い。露天が小さい方の浴場は久しぶり。リフォームが終わっててピカピカ、巨大な脱衣場はそのまま無料スチームサウナ(熱)も連峰の湯(鉱石薬湯かな?)ももうひとつの浴場と同等に入り、古い設備は悉く入替え。シャンプー等常備に。露天が白く明るくて驚く。サッシも新しくなっている。隣のビルからの目隠し屋根が大きくなり、半露天化していたが、かろうじて軒先の満月を楽しんだ!テレビはちゃんと見られます。12/30近くの新生湯と迷ったがこの日は新生湯は薬湯がないので中延松の湯。風強夜空を楽しみたく露天へ。浴槽は和風屋根で覆われているが、屋根際に空が見え◎。ここは面積が広いうえ設計が巧みで雰囲気がよい。全...銭湯日記〜中延記念湯、中延松の湯、ココフロますの湯(黒湯、炭酸泉)、丸子温泉(黒湯)

  • 銭湯日記~ぽかぽかランド鷹番の湯(メタケイ酸)、天然温泉平和島(塩化物)、松の湯(世田谷区)、武蔵小山清水湯(塩化物ヨウ素、黒湯)

    前回の更新に対してまったくアピールチャンスが来なかったのでアクセスが散々。有料会員です。ひどく意欲を削がれました!!!!が、一応更新します。12/23ぽかぽかランド鷹番の湯。一般浴場としてはかなり大きな、470円のスーパー銭湯と言うべき設備で、コロナ前はウォーキングやランニングの終点で重宝させていただいてました。メタケイ酸泉(井戸水)は肌がくきくきいいます。男女深さが違いますがまさに壺状露天風呂はゆっくり。都内最強と思うジェット湯。人多い。12/25品川の海水湯が去年閉店していた!昔は海水で沸かしていたという海辺の宿場町だった名残の名前・・・慌てて探し回りたまたま今日は月イチ通院日なのでご褒美スパ。二度目の天然温泉平和島。競艇をやらないので笹川背負像に今更気づいた。広大だが結構混むとこで羽田の客もいたら大変だろ...銭湯日記~ぽかぽかランド鷹番の湯(メタケイ酸)、天然温泉平和島(塩化物)、松の湯(世田谷区)、武蔵小山清水湯(塩化物ヨウ素、黒湯)

  • 銭湯日記〜稲荷湯(大田区、黒湯)、みどり湯(目黒区)

    12/21稲荷湯はこちらからは少々歩くので、忙しい時や寒い時は足が遠のいてしまう。中原街道から呑川沿いに石川台方面に行くと左手商店街との間にすぐ。この日は冬至でゆず湯だ。ヤクルトもらった。やっぱり混んでいる。白湯は袋入りゆずだが、黒湯にはたくさんゆずがうかんでいる。香りが飛んでしまわないように加温を控えめにしているようでぬるめ。混んでなければゆっくりしたかった。天井の高い稲荷湯は、パーティション分けされた洗い場がコロナ対策になるので良いですよ。今日少し黒湯薄かったかな。有料サウナあり。12/22学生が来る湯は波がある。徒党を組んで来るので。自由ヶ丘(緑ヶ丘)みどり湯が結構混んでいて、ここは壁の富士山が新しくなって混むようになったのかな、と思っていたら空いた。空いてる銭湯はいい。有料サウナ使ってもいいけど時間がな...銭湯日記〜稲荷湯(大田区、黒湯)、みどり湯(目黒区)

  • 銭湯日記~都湯、第二栗の湯、東京浴場(西小山)(大井)、末広湯

    12/15多摩川線沿線の銭湯はしご。年始めまで一日最高5湯(しかもSPAも)はしごしていたが、意外な体力消耗に注意しようと思った。都湯。比較的新しいコンクリタイプのやや大きな宮造り銭湯。鄙びた光景のなか意外と言ったら何だが雰囲気も良く天井の高さもあって無料サウナも狭いものの新しく手軽に入れる。スタンダードな配置の浴槽右端の薬湯は漢方系でこれがなかなかきいた。薬湯の半分が電気なので電気苦手だと注意。全般、内装は綺麗に新しくしている。シャンプー等あり。フロント丁寧。下丸子駅からやや歩く。初第二栗の湯。鵜の木駅に近い。レトロアート系公衆浴場で郊外ホテル入口のような水槽付きの玄関に驚くが、中には時期がバラバラと思われる大きな絵や細工、ステンドグラス。天井のベニヤアートは補修隠しにも見えるが、脱衣所に突き出したサウナの瓦...銭湯日記~都湯、第二栗の湯、東京浴場(西小山)(大井)、末広湯

  • 銭湯日記~松の湯、ピース湯(軟水化)、SPA&hotel和(黒湯)、効明泉(麦飯石湯)、丸子温泉(黒湯)

    ★:また来る率高め初:初めて12/7また松の湯。よい湯加減。若者が多い。なぞの女子集団が駅に向かった。左の浴槽の湯がくたびれがち。いつも赤色灯つきジェットを独占している爺さんがいる。12/8ピース湯(西大井)は全軟水化しており、広く天井の高い岩風呂風半露天が魅力(外湯のからんが全部冷水だったのが残念)。軟水というとヌルヌルしてあとツルツル、からんも軟水だとシャンプーと軟水効果の区別がつかないというのがよく聞く話だが、ここ以外でそこまでの効果のある銭湯は知らない。ここは力を入れて軟水化しています。荏原台駅から少し歩くしわりと混んでるけどフロントの人も優しく庶民的です。12/9SPA&HOTEL和ーなごみー蒲田駅前の繁華街にあり手狭感と割高感は否めない。でも黒湯は透明度5センチ以下、循環だが風通し露天は泡、内湯はザ...銭湯日記~松の湯、ピース湯(軟水化)、SPA&hotel和(黒湯)、効明泉(麦飯石湯)、丸子温泉(黒湯)

カテゴリー一覧
商用