searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
20世紀ウラ・クラシック!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/r_o_k/
ブログ紹介文
クラシック音盤レビューを中心とするレアな情報、オンタイムの話題を長年書いています。
更新頻度(1年)

82回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2007/09/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、岡林リョウさんの読者になりませんか?

ハンドル名
岡林リョウさん
ブログタイトル
20世紀ウラ・クラシック!
更新頻度
82回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
20世紀ウラ・クラシック!

岡林リョウさんの新着記事

1件〜30件

  • 銭湯日記〜新生湯(炭酸泉・洞窟・半露天・歩行湯)久が原湯(黒湯、炭酸泉)松の湯、みどり湯、旭湯(白湯)草津湯(鉱石湯、打たせ半露天)ゆ~シティ蒲田(半露天黒湯)丸子温泉(黒湯)

    11/18腰をやられ汗をかいたので予定にない銭湯。新生湯も久しぶり。公衆浴場値段で入れるスーパー銭湯です(注:私はいわゆる千円クラスの豪華なスーパー銭湯はSPAと呼び、あくまで公衆浴場料金の小銭で入れるところで多彩なオプション設備のあるところをスーパー銭湯と呼んでいます)。もともと広め宮造りのところ大幅リフォームで、今回の「太陽の湯」には半露天+洞窟風呂が増設。土曜以外初めて来たが、炭酸泉にも余裕で入れるほど空いてる。夕方はいいですね。歩行湯が温度低めでのぼせを取れます。11/20久が原湯は3回め。初めて「月の湯」に入る。こっちのほうが広い感。涼ゾーンが完全に脇に部屋として独立していて、奥には四角い岩風呂風黒湯浴槽の大小。小さいほうが熱湯となっている。黒湯熱湯は内湯、温湯は外の階段隙間風通し露天湯岩風呂(扉あり...銭湯日記〜新生湯(炭酸泉・洞窟・半露天・歩行湯)久が原湯(黒湯、炭酸泉)松の湯、みどり湯、旭湯(白湯)草津湯(鉱石湯、打たせ半露天)ゆ~シティ蒲田(半露天黒湯)丸子温泉(黒湯)

  • 銭湯日記〜八幡温泉(黒湯)、八幡浴場(軟水)、旭湯(薬湯露天)

    11/9東急大井町線中延近辺では唯一の黒湯、八幡温泉へ久しぶりに来た。地下式の今は珍しい銭湯。フロントはいつも明るく親切。コロナ対策は少し緩めた感じ。この時間でも空いてるとも言えないが、お喋りも滞留もできないのでなんとなく変な雰囲気。シャンプー等完備、設備付き大浴槽全部薬湯、個室黒湯は薄めツルツル。ここは濃いという人もまれにいるので、普段は薄めているのかもしれない。黒湯だけを求めていた以前より、印象はよかったです。東急目黒線。東工大ウラにある八幡浴場。日のあるうちに行ったのは初めて。綺麗にリフォームされていて整然とした感。古くからの住民とニューファミリーが混在してる住宅地で学校関係もいますが、前者の時間帯で、空いているが途切れなく。浴槽内ライトは消えていた。コンパクトな公衆浴場は半分以上軟水泉で残り薬湯。皮膚が...銭湯日記〜八幡温泉(黒湯)、八幡浴場(軟水)、旭湯(薬湯露天)

  • 銭湯日記〜縄文天然温泉志楽の湯、光明泉、武蔵小山温泉清水湯、錦湯

    日常生活がなかなかばたばたしていてペースを決めないと支障をきたす、というので目安として銭湯週2回以下、スパは月1回以下に決めました。お金もかかりますしね。条件は温泉ないし人工温泉、もしくは露天風呂が基本で、そうでなければ何か特徴的なものがある新規の銭湯ということで。縄文の湯(正式名称はまどろっこしいのでこう呼んでます)はいいですねえ。夕方から夜は最高でした。まさに川崎矢向の秘湯。温泉銭湯の多いエリアですが、病院帰りにぜいたくに寄って正解でした。平日千円切るし宿泊する人が来るので、この時間帯はさすがに混みます。七時前をおすすめします。内湯も極端に広いのですが、野趣あふれる露天風呂特有の「落ち葉浮遊」はGoogleの評判でもちょっと書かれてしまってますが、ここは縄文の湯、敢えてそこまで神経質にしていないのでしょう。...銭湯日記〜縄文天然温泉志楽の湯、光明泉、武蔵小山温泉清水湯、錦湯

  • 銭湯日記〜松の湯(世田谷区奥沢)

    東京都世田谷区は銭湯の少ないエリアで、一部若者の多い繁華街のほかは、閑静な住宅街にかつて風呂のない家の多かったころの名残として、それでもかなり減ったように点在しています。東急目黒線沿線だと武蔵小山を中心として大田区エリアに踏み込むため、温泉銭湯やスーパー銭湯を含む銭湯が多い印象があります。でもそれは明確に、世田谷区、目黒区エリアは除く、と言えます。昔はともかく今は需要が減った、そういうことなのでしょう。自由が丘、奥沢、田園調布の近辺で銭湯はこことみどり湯(前掲)だけです。松の湯は奥沢商店街の中にあり、脇道の観賞魚屋の前に、週休二日でひっそり営まれています。番台式で、中はとても懐かしく、数十年前の公衆浴場のそのままです。入口で思うよりずっと広いですが、風呂屋は入り口を狭く中を広く、暖気を逃さないようになっています...銭湯日記〜松の湯(世田谷区奥沢)

  • コロナ後の温泉銭湯2020/10-1〜宮城湯、稲荷湯、千代の湯、松の湯、中延記念湯

    コロナが再び怖い動きをしていますが、世の中は必死にそれ以前の状態に戻ろうとしています。こんにちは。まだ横浜川崎方面、特に市営地下鉄沿線にスパはいくつもあるのですが、1000円以上するのでイベントとして探訪しないとつらい(あとできれば何か他と違う特色がほしい)ゆえ、手を出しかねています。白湯銭湯、サウナ、そちらが好きな方はまだまだあるでしょう、と言いそうですが、私は療養が発端でしたので温泉(人工温泉)でないと食手が伸びないんです。せめて露天風呂か特別な設備がないと厳しい。となると今年初めに一覧表作った時点で終わってるんですが・・・寒くなってくると外湯が恋しくなってきます。コロナ後、完全に閉鎖というところにはまだあたってませんが、もしそういう憂き目にあいそうならばせめて、その前にもう一度、という気分で一度体験したと...コロナ後の温泉銭湯2020/10-1〜宮城湯、稲荷湯、千代の湯、松の湯、中延記念湯

  • コロナ後の温泉銭湯2020/9〜丸子温泉、武蔵小山清水湯、はすぬま温泉、宮前平源泉湯けむりの庄、ぽかぽかランド鷹番の湯、日吉湯

    さて、コロナ感染はおさまらないまま世の中は通常営業に入らざるを得ず、まして日用に不可欠な銭湯はほぼ通常営業を続け、中には客足が遠のき苦しい戦いを強いられているところもあるようです。思い出せるかぎり、コロナ後、とくに夏あと、ここに書いていない訪問銭湯(スパ含む)について状況を一言づつ書いてみます。丸子温泉東急東横線駅そば、ほぼ唯一の天然温泉銭湯です。濃いめの黒湯で浴槽は古い銭湯サイズですが黒湯好きは満足する染め粉レベルの黒さ。それでも埋めているのでぬるぬるが過剰ではないですが、とくに右側の噴出浴槽が熱いことが多いです。これは終わり間際に行くと様々な人が埋めているようで心地よいぬるさになってますが、普通はなかなか自主的に埋められないから、開いた直後は避けて夕方のちょうど普通の銭湯がすく5時前後なら楽に入れるでしょう...コロナ後の温泉銭湯2020/9〜丸子温泉、武蔵小山清水湯、はすぬま温泉、宮前平源泉湯けむりの庄、ぽかぽかランド鷹番の湯、日吉湯

  • たまに温泉〜横須賀佐野天然温泉のぼり雲(弱塩化物泉)

    JR衣笠駅から徒歩可能。しかし横須賀中央駅からバスのほうが行きやすいでしょう。佐野町は古い山間の農村でしたが今は普通に住宅地で、ただ、この「のぼり雲」には文化財の長屋門が残されそのまま門となっており、横のゴルフ打ちっぱなしと含めて大きな谷戸に名主の家でもあったのでしょうか。(館内に明治時代の佐野村の地割り地図が貼ってあります)基本的にスパで、施設は立体的にデザインされており大きめです。規格化された都心部のスパと異なり、いわゆる古い「スーパー銭湯」に近く、腕輪決済も伝票にサインし最後の精算に持っていくなどアナログで人力感があります。温泉は天然で加温しているものの30度は上回り、ナトリウム-塩化物泉で黄色味がかった透明ですが塩気はありません。弱アルカリ性で何度か浸かると急に肌が緩くなってつるつるしてきます。炭酸水素...たまに温泉〜横須賀佐野天然温泉のぼり雲(弱塩化物泉)

  • たまに温泉(番外編)〜京都

    番外編です。京都は温泉はおろかスーパー銭湯も少ない感があります(大阪は多いイメージ)。駅そばの市街地で人工温泉付ホテルとなると、ほぼここが唯一だったのでとまりました。アルモントホテル京都。駅自体が大きくバスのりばの逆側なので、少し歩きます。7分。そのぶん静かで、設備も整っております。そもそもスーパー銭湯並みの大浴場があるホテルがここだけなのですが、一般個室の風呂もユニットではあれ広めでシャワー等の設備も新しく大きく(このホテル自体あたらしい)、大浴場苦手でもいける。2時までやってますので遅くても大浴場おすすめですけど。混んでるときはわかりませんが、今は空いてますので綺麗でゆっくり広い浴槽にひたれます。光明石温泉は医薬部外品指定の人工温泉で薬湯の形を変えたようなものですが天然由来ミネラルを再現しており、以前もどこ...たまに温泉(番外編)〜京都

  • たまに温泉〜横須賀温泉湯楽の里(馬堀海岸)

    海水浴に行けない夏は病気のとき以来でした。東京神奈川は海開きはなく、沖縄は行くのは気が引けます(昨年の海の状態で南の島はおしまいと思ってましたが)。ということで「浜辺で塩化物泉なので事実上海水浴」と自分を納得させました。但し膝下は海に入ったんですが、風向きで見たことない泥海だったり、そもそも流れが早いことで神話の時代から有名ですぐ止められたりで、海感はゼロでした。入ってる人も近所しかいない模様。ものすごい暑い日だったので、正直外湯は一つ水風呂でもよかった。。多い学生以外わりと紳士でソーシャルディスタンスを意識はしてるのですが、なにせ見たとおり建物の二階部の海側一列に浴槽があるので景色を見るためには手すりで2人ふんぐらいずつ区切られていたとて、2人ずつ詰めてしまう。とくに屋根がかぶってるほうは掛け流し温湯だから人...たまに温泉〜横須賀温泉湯楽の里(馬堀海岸)

  • たまに銭湯~谷中三崎坂・朝日湯(鉱石湯・薬湯)

    お久しぶりです。環境的に都心から離れることができず地元からすら離れるのが憚られる状況ですが、たまに外出しようと盆に谷中の全生庵幽霊画展に行きました。三遊亭圓朝コレクションというやつです(没後増えたものも散逸したものもあるようですが)。毎年2、3幅はかけかえがあり、図録にも載っていないので風情込みで行きます(昔は盆だけだったと思いますが今は8月いっぱい、今年もあまり制約なく見られます)。平日にしてはまあまあ人が来てました。全生庵の墓地には山岡鉄舟・三遊亭圓朝の立派な墓があります。さて三崎坂(さんさきさか)に面しているのですが下っていくと左手に銭湯が見えてきます。朝日湯さんです。存在を意識したことすらなくて、でもたぶん昔からあって、少しリニューアルしたというかんじです。番台ではなくフロントで若い方でした。若い方は応...たまに銭湯~谷中三崎坂・朝日湯(鉱石湯・薬湯)

  • コロナ後の温泉銭湯~コロナ終わらなかったのでひとまずSPAで巡礼完了(5)

    今年の梅雨は暴風雨率が高く、出歩きづらいですね。先週でほとんどめぼしい温泉銭湯はまわったので、東京都はコロナ感染者がふたたび急増していることもあり、もういいかな、と思ったのですが、銭湯と違いこのコロナ自粛営業の対象となったSPA(1000円以上スーパー銭湯)はまだ行っていなかった。そこであと少しだけ書いて、今度は本当のコロナ後が訪れるまでふたたび待つことにします。*千代の湯、東急東横線学芸大学駅。近年マンション化したデザイナーズ銭湯ですが小ぶりなりの手軽さがある。浴室は休むようにはできてなくて脱衣所込み平面積は狭め。ただ清潔感と赤富士の迫力が新しさを強調しています。炭酸泉ブースを独占できたら時を支配したも同然。主浴槽は熱いですが全部軟水化しており、初入時のヌルヌルはたまらんですね。黒湯粒子のヌルヌルや重曹泉・メ...コロナ後の温泉銭湯~コロナ終わらなかったのでひとまずSPAで巡礼完了(5)

  • コロナ後の温泉銭湯~有名なおおかたは大丈夫みたい(4)

    草津湯さん。無料サウナや休憩室が広々として人が絶えない。蒲田周縁部の薄黒湯エリアで鉱泉とだけある。小濁り透明で成分も一般黒湯やメタケイ酸泉より少ない混合なのに温まると評判。白湯浴槽空いてるのに鉱泉浴槽と冷水だけ混む。。外の打たせ湯が好きで、窓より直接道路が見えるのがいい。下町の贅沢。久が原湯にきた。熱・温(結構広い風通し露天)黒湯に炭酸泉各種白湯シャワー冷水天井に字幕テレビ、無料スチームサウナ(男女入れ替えで有料サウナも)と盛りだくさんの浴室で印象的でしたが、平面積はさほどないため割と混む。炭酸泉は長く入りたい。。黒湯は透明度あるがヌルヌル。脱衣場は広いー。新生湯の「大地の湯」に初めて入る。ここは混んでますが立体的だったり広いので、どこかでは休めます。こちらはバルコニーのある広々とした半露天(目隠し屋根を外せた...コロナ後の温泉銭湯~有名なおおかたは大丈夫みたい(4)

  • コロナ後(?)温泉銭湯巡礼リバイバル〜不安になって再訪中(3)意外と銭湯大丈夫じゃないか説

    もう少しコロナ後銭湯の現状を見て回ろうとしています。(Twitterから)西品川温泉宮城湯。夜混んでる印象だったけど昼間のしかも雨とあってガラガラでびっくり。とはいえ人はいるにはいる。都心部銭湯屈指の天空露天岩風呂をしばらく独占できてよかった(男女週入替えですがHPで確認可能)。窓閉まってたけどあとで聞いたら自分で開けていいそうです。ここは目隠しも低くて開放感がありますねー。湯も黄味がかりメタケイ酸を実感。案外広い内湯のほうが湯がツルツル。清澄白河に用事があったので白湯のみ半露天ありの辰巳湯さん。レトロな風呂屋風の入口番台から浴室、とても広くタイル絵も味があり、設備は付加されてるが依然レトロ風の広大な浴槽は伸び伸び。窓も大きく天井高く、空間が広い。サウナなどもあるが半露天部分はデザイナーズ銭湯です。面白い構造で...コロナ後(?)温泉銭湯巡礼リバイバル〜不安になって再訪中(3)意外と銭湯大丈夫じゃないか説

  • コロナ後(?)温泉銭湯巡礼リバイバル〜不安になって再訪中(2)

    先のエントリ中でしのぶ湯さんのリアルな声を聞いて不安になり、再訪にはなりますが手近なところから都心温泉銭湯をまわることにしました。就業時間の関係で昼間が多く、高齢者で混雑することも多いため、印象が多少ぶれるかもしれませんが、とにかく、流石に表立って不安な状況を見せている閑古鳥銭湯は今はなさげです。以下基本的にTwitterから。。戸越銀座温泉すごく久しぶりに戸越銀座温泉。現代的なマンション銭湯で設備も新しく人も老若絶えず、ここが傾くことはなさそうです。黒湯半露天(テレビつき)のある太陽の湯は今日も外れ。白湯半露天は木枠ですが、日がてっていると影に集まってしまう。雰囲気はいいのですが老人時間帯は混みます。そのためマナーも…。ここは私と同じような浅い時間帯に来る壮年が特に多いし、親子も多いです。黒湯透明度20cmで...コロナ後(?)温泉銭湯巡礼リバイバル〜不安になって再訪中(2)

  • コロナ後の温活・・・

    お久しぶりです。自粛終了後すぐ、頻度は落ちてますが温泉銭湯通いを始めました。すこしずつ範囲を広げる予定です。今のところ、ルーティンだった温泉銭湯ですね。まず。東急東横線新丸子駅すぐそばにある丸子温泉へ。最初は夜でしたが、さすがにガラすきでした。丁寧に応対していただき、広い昔ながらの銭湯形式(フロントでなく番台)の浴室で久しぶりの黒湯。風通しはないですが広さでカバー。時間が遅いせいか(時短でしたが)熱いお湯もちょうどよく、ここははっきり湯を足していると明記しているのですけれど、風呂桶から床に流れ落ちる黒湯はおもっきり黒い軌跡を残しますので、普通の黒湯のような、うっすら褐色だけでほとんどメタケイ酸泉と変わらないツルツル効果オンリー、というとことはなさそうです。ざらざらやぬるぬるは、たとえ何も効果なくても欲しいところ...コロナ後の温活・・・

  • 道端にて(純粋銭湯)

    東急東横線都立大学旭湯知らなかった基本的に銭湯はやっているところが多いですねわたしは温泉銭湯にこだわるので、今日は通過ですコロナ自粛下、書くことがなくて。。道端にて(純粋銭湯)

  • 温泉思い出ランキング+++ 指宿温泉と砂風呂についてなど

    アピールタイムが全然来ません。砂風呂は海浜に湧く温泉によって温められた砂に身を埋め軟らかい温浴効果を得るもので、身体を湯に浸さないまま蒸されるという点でサウナに似ていると思います。歴史はそんなに古くなく、たぶん指宿が自然砂風呂として最初に観光化したのではないかなあ。屋根をつけて日差しを避けるようにしたのは最近かなと思ったら古い写真にすでにありますね。私は豪雨の中、港から歩いて行きましたが、ものすごい目隠し的な屋根が海岸をびっしり埋め尽くしていて、建物から浴衣に着替えてその下へ向かうと、アルバイトの屈強な若者がベルトコンベアー式に掘り起こしては埋めを繰り返していました。こういうものなので衛生が気になりますが、わりと短時間でギブとなりますので浴衣から汗が滲み出るのも少ないでしょうし、かなり気を使ってます。現在では別...温泉思い出ランキング+++指宿温泉と砂風呂についてなど

  • 温泉おもいでランキング++

    久しぶりに更新したのに驚くほどアクセスがないです。仕方がないので、載せるつもりのなかった温泉をまた書きます。・岩蔵温泉都内唯一の温泉郷といわれる岩倉鉱泉(沸かし)ですね。エッセイストらに隠れ里的な紹介をされますが、そこまで秘境ではなく、車があれば行くのは造作もない青梅近郊のちいさな旅館群です。徒歩だと東青梅ハイキングの最終地点として設定されるところで、この時期なら塩船観音寺の躑躅が見事ですが、今年は仕方ないです。通常であれば2軒、日帰り入浴ができるそうですが、昔はもっと多かったですし、また今後この2軒も続けるのか…すでに4軒くらいの旅館しかなかったと思うし、調べたら最近閉館したとこもありなかなかきついです。庭園とかホタルの湧く川とか頑張ってたんですが。成分は「ふっ素イオン、メタ硼酸、重炭酸ソーダ」と書いてあるサ...温泉おもいでランキング++

  • 温泉おもいでランキング+

    写真がいくつか出てきましたので。1.上諏訪駅露天風呂2002年になくなったそうです(手湯のところが入り口だった)それなりにゆっくりできたかなあ。今日みたいなシトシト雨の寒い日で他に人もおらず、まったく印象に残ってません。。単純泉で硫酸泉。2.TermeVILLAちゅらーゆ沖縄本島はあまり詳しくなく、15年前くらいに何度かシーカヤックに参加したとき、夜はここの温泉に入りに行ってました。美浜アメリカンビレッジそば、今はとてもわかりやすいところにあります。外に自由な足湯もあり。透明で1400メートル掘削のナトリウム-炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)になりますので、内地によくあるやつと変わらないといえば変わらない。。リゾート開発の延長上で、沖縄にも温泉が増えたということかと。瀬長島がホットかな。ここはスパです...温泉おもいでランキング+

  • 温泉おもいでランキング10(自粛状態のつらつら)

    おひさしぶりです。温泉銭湯ブログにしてからいきなりコロナ外出自粛になり、書くことがない日々です。以下は思いつくまま、これまで入ってきた温泉について。1.三宅島公衆浴場(噴火前)地図を見てないので特定しないですが端っこにありました。黄金の湯というか錆の湯にものすごい湯の華が湧いていて、あー、80年代に噴火して黒々と溶岩が山肌に貼りついているだけあるなあ、と刺激的かつとても体から落ちない泥のようなものに温泉を実感しました。すごくあたたまったのを覚えています。直後に噴火し島は立ち入り禁止になりました。ここがNo.1でした。2.恐山温泉境内に小屋が三つ(外にも一つ)あって中に温泉が湧いています。ここも恐山らしく硫黄泉なので濁りがついてかなり温まります。こういう何もない原野にさくっと立ち寄り湯があるのは気分的にいいです。...温泉おもいでランキング10(自粛状態のつらつら)

  • きょうから完全温活停止します

    ついに身近にやってきたコロナウイルス。浴室はウイルスが滞留しにくいという説に従いいくつか温泉銭湯に通い続けてきたのですが、自粛します。昨晩、テレビによく取り上げられる湯どんぶり栄湯のご主人がやむなく営業中止と言っていたので、右へ倣えが増えると思われます。武蔵小山温泉清水湯のような、人と人の間に湯があるような超人気店では安全と言われても気が引けまくります。丸子温泉は駅チカで程よい銭湯ですけども、比較的休みを取る銭湯の印象があるので休むと見ました。神奈川の先の元住吉〜日吉〜綱島〜大倉山エリアはちょっと遠いのもありやめておきます。しばらく行水ですごします。早くおさまらんことを。きょうから完全温活停止します

  • 上野水月ホテル鴎外荘(鴎外温泉)5月末で閉館?

    Twitterで流れてきた情報で公式では出ていないようですが、コロナウイルスの影響で営業が不規則になっていた鴎外温泉がホテルとして営業を終了するとのことです。場所がしずかでよく宿泊者も立ち寄りも多かったように見えましたが、見学だけの人が多かったようにも見えたか。いずれここが畳むというのは上野の深刻な観光状況を象徴するようでこわいです。古い東京温泉なので、おそらく黒湯としては疲弊はしてるかもしれませんが、浴槽はふたついずれもゴージャスでもあり、浅草の江戸からの蛇骨湯のように二度と入れなくなる可能性も高いので、ぜひどうぞ。できれば森鴎外旧宅で食事あるいは宿泊がいいかもしれないです。↓記事上野エリアに残る最後の黒湯温泉(天然温泉)、東京都で初の温泉認定された水月荘の鴎外温泉に行きました。そばの黒湯が黒湯じゃなくなった...上野水月ホテル鴎外荘(鴎外温泉)5月末で閉館?

  • <温泉日々>稲城天然温泉季乃彩 ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性弱アルカリ性温泉)

    おひさしぶりです。ひさしぶりに新規開拓しました。多摩丘陵にスーパー銭湯はなくはないのですが、いずれもおそらくチェーン系の深層採掘の温泉で、エリア的に稲城となるとよみうりランド周辺には確か昔から温泉はなくはないと聞いているので、ゆらんに掲載されているここも墓参りの機会があれば行こうと思っていました。春の彼岸ですね。南武線南多摩駅が最寄り駅となりますが、距離はさほどないもののいきなり坂を登る形になります。ちょっときついな。多摩ニュータウンを造成するときほぼ原型を失った中世の大丸城跡の南下に威容を示しているのがこのスーパー銭湯です(対面に城山公園がありますが城址ではない模様)。見た目や入り口は仰々しいですが中は比較的簡素です。コロナ対策で自動体温測定したあとタオルなしプランと言えば(平日800円台)靴箱の鍵とひきかえ...<温泉日々>稲城天然温泉季乃彩ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性弱アルカリ性温泉)

  • 温活中断・はやくコロナウイルスが消えてくれるといいですね

    少し休んでいましたが、もうほぼ東京銭湯(温泉)は行きたいところ行き尽くして、絞り込んで常連になる段階になっていますので、やっぱりいったん宣言した「完結」は「完結」ということにします。わずか数店舗まだ行きたいな、と思っていたのですがコロナウイルスこちらの感染領域が拡大してしまい、その最も重篤化しやすい高年齢層に接する機会が多く特に警戒しなければならない状況にありますもので、横浜方面に行きづらくなってしまったこと、自宅勤務になっているので職場を起点に東京都北西方向へ動けなくなったこと、またゴールデンウィークを含めて遠方への移動も控えるような風潮下で、番外編の温泉旅行もできなくなったということで、今日は連日温泉銭湯入湯記録を断つ日として、記念に記録しておきます。昨日の太平館(大倉山)が一応ラスト。黒湯は柔らかいから好...温活中断・はやくコロナウイルスが消えてくれるといいですね

  • <銭湯日記>三越湯(白金) 白湯銭湯 露天風呂(室内・隔週)

    もうあと2つくらい周ろう、というところでコロナ騒ぎとなってしまいました(^_^;)たまたま行けたので、以下、いきなり行った印象で。鶺鴒の湯という浴室。広くはない。脱衣室はやや狭いかな。岩風呂風の熱風呂、3種ジェット・電気付大浴槽、水風呂、座り湯(足湯)、瓦屋根サウナ(別料金)以上の設備に洗い場が多くも少なくもなくあります。男女浴室が週入れ替え(土曜〜)で、もう一方の浴室に屋内露天風呂があるとのことで、今回はわかりません(白湯のようです)。各浴室独立し、天井がつながらない。清潔リニューアル銭湯、古い設備を流用している部分にはくたびれたところも(滝行かと)個人的には気持ちよくサッと入れた。岩風呂風のとこに薬湯があれば露天風呂を欠く埋め合わせになるのにな。この日は寒く、駅遠(白金高輪から1k)の湯はきびしかった。熱つ...<銭湯日記>三越湯(白金)白湯銭湯露天風呂(室内・隔週)

  • <銭湯日記>アジュール竹芝天空の湯 スパ<人工>光明石温泉

    竹芝桟橋そばのビルホテルの上にあります。知らなかったが今朝知ったので行ってきました。値段的にはスパ。ホテル風呂なので仕方ありませんが立ち寄り1050円はちょっと高いかな。でも、ここは湯ゾーンはほんとに広くないですが、共用部は東京湾注ぎ口、お台場レインボーブリッジを俯瞰できる素晴らしい、文字通り「天空の湯の休憩室」です(浴室からは窓の上半分にちょっと覗けるくらいで段が高いジャグジーからも見えない)。男女週替り(月曜入れ替え、ホームページ予定掲示)。15時からと始まりが銭湯時間なので、早く行ってホテル宿泊者に先に占拠されることなく入れました(窓側は3席しかない!)。睡眠禁止ですがみんな静かに寝てますね。浜松町かいわいで休める穴場だと思います。景色は素直に良い。湯はジャグジーは白湯、驚異的な狭さの2つの冷水はともかく...<銭湯日記>アジュール竹芝天空の湯スパ<人工>光明石温泉

  • <銭湯日記>文化浴泉(中目黒・池尻大橋) 白湯銭湯 シルク湯

    ロケーションが便利なのと名前が特徴的なので、デザイナーズ銭湯という点も加えて有名になったであろう銭湯です。とはいえ土地勘がないと便利かどうかはよくわからず、高級住宅街がまだ庶民的だった時代の銭湯が残り続けているとおぼしきマンション銭湯、十年前くらいに内装リニューアルしてダークな色合いのウッドを基調に絵画や調度を配し高級感を出した銭湯、ただ狭い、ということで言い尽くせてしまいます。共用部など手はこんでますが、浴室はサウナにきっちりスペースをさいていることもあり極端に狭く感じました。浴槽は狭い水風呂は別として2つ、ナノ湯(この名前は後付けのようで、ごくたまに見かけますが仕掛け的には白湯に泡をまぜたシルク湯なのでシルク湯としておきます)と白湯。やや熱く、広さはそれなりにありますし、白湯にはジェットもありますが、もとも...<銭湯日記>文化浴泉(中目黒・池尻大橋)白湯銭湯シルク湯

  • <銭湯日記>隆の湯(蒲田以東)<人工>草津の湯、備長炭風呂

    銭湯激戦区の雑色六郷エリアでガッチリ常連のハートを掴みまくっている。雑色商店街のそばなので高齢者も来やすいのだろう、早く開くとはいえ30分前にすでにいるのはちょっと他では見ない。といっても中は広いので早い時間であれば混む感じはあまりない。バタバタしてるがバタバタ音がするだけでからんも浴槽も比較的すいている。実際浴槽は広い。洗い場もそれなりに広いが天井も高くマンション銭湯とは思えない。50年近く前に先見の明でリフォームしたマンション銭湯で、今のようなせせこましい容積にはしなかったのだろう。そのてん古びた色はあるが湯は良い。まず、草津の湯である。運び湯なのか湯の華溶解なのか、入ってすらわからなかったが、薬湯という呼び名からも後者とのこと。しかし、これは「わからない」。運び湯と思って入っとけばいいのだ。硫黄臭と白い澱...<銭湯日記>隆の湯(蒲田以東)<人工>草津の湯、備長炭風呂

  • <銭湯日記>新呑川湯(京急蒲田)白湯銭湯 <人工>炭酸泉、シルク湯、ラドン湯

    北糀谷・大森南エリアはJR蒲田側の住民からすると行きにくいです。一度羽田手前まで歩いたコースを載せていますが、JR蒲田からキネマ通りを過ぎたあたりになってくると、町工場エリアで黒湯もいくつかあり活気は認めますものの、他のエリアからわざわざ来て憩う要素は少ない。新呑川湯は温泉はありませんし、名前は通っていますが最近リニューアルするまではモチベーション的にもちょっと行きづらいところでした。今回行ってみると地元感が強く、しかしそれだけじゃなくて余所行きのビジネスマンがいます。空港からここまで来ているのでしょうか、工場の関係でしょうか。客層が独特だなあと思いました。このへんは怖い人もくるけど特に干渉はない。呑川新橋たもとにあったからの名前でしょうか。今はマンション銭湯です。玄関・共用部と脱衣所はピカピカのリニューアル銭...<銭湯日記>新呑川湯(京急蒲田)白湯銭湯<人工>炭酸泉、シルク湯、ラドン湯

  • <銭湯日記>改良湯(渋谷) 白湯銭湯 <人工>炭酸泉、軟水

    壁のクジラでおなじみ、都会のなかの庶民エリアに出現した現代銭湯。渋谷といっても東側の、渋谷川近く代官山恵比寿に寄ったところにあり、國學院大學のちょうど下あたりとあって早くから学生で混む。古くからのアパート銭湯を最近リニューアルしたピカピカのデザイナーズ銭湯、若い人が来やすいモノトーンでアートな異空間となっている。もちろん元からの高齢者も来ている。空いてる時間帯でも、浴室が狭目なので混むのは仕方ない。洗い場が少ないようだ。そのぶん浴槽の広さはがんばっている。遠赤外線サウナはわたしはどうでもいい。これはクジラの裏側の入り口で、表側に無いという点も何やら割烹みたい。だが中はデザインこそ凝っているが下駄箱、券売機、自動ドア内にフロントと普通の銭湯だ。こういうとこなので公式グッズも売ってるけど、コンクリ打ちっぱなしの共用...<銭湯日記>改良湯(渋谷)白湯銭湯<人工>炭酸泉、軟水

カテゴリー一覧
商用