searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ミセスサニーさんのプロフィール

住所
倉敷市
出身
倉敷市

花束みたいな寄せ植え、プランツギャザリングのレッスンを岡山県で行っています。今までの常識とは違う斬新で魅力的なお花の楽しみ方を皆さんにご紹介したいと思っています。詳細はサンサンガーデンルームをご覧ください。http://ww9.tiki.ne.jp/~sh99/lesson/lesson.html

ブログタイトル
サンルーム
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sunroom2007
ブログ紹介文
庭遊び、生け花、ドライフラワーとあおき式プランツギャザリングの紹介を写真にしています。
更新頻度(1年)

219回 / 365日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2007/03/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ミセスサニーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ミセスサニーさん
ブログタイトル
サンルーム
更新頻度
219回 / 365日(平均4.2回/週)
フォロー
サンルーム

ミセスサニーさんの新着記事

1件〜30件

  • 縦長のワンスリット鉢

    6/5前面にスリットがあるので立体的に植えることのできる鉢。ペチュニアとトレニアを入れました。ペチュニア・シンデレラガール、ペチュニア・流れ星、スーパーチュニア・ラズベリーチーズ、オレガノ・ミルフィーユリーフ、トレニア・サマーミスト、ゴムホスティグマ、黄金ツルニチニチソウ、キンギョソウ・スカンピードラゴン、ラミウム6/106/19ペチュニアがダラダラするので切り戻しました。気が早すぎたかな。6/26切り戻して一週間7/7切り戻して18日、ペチュニアが咲き始めました。ゴムホスティグマは短くしました。7/19切り戻して一か月。梅雨が明けて、暑さ全開。ペチュニアは、三種類まあまあ咲いてきました。トレニアは心配なく強い。7/29キンギョソウも咲いています。つづく縦長のワンスリット鉢

  • ストレチア・レギネ、植え替え

    世話ができていなかったストレチア、やっと植え替えました。開花したのは2015年。6/6鉢から出して葉や根を整理して植えました。6/127/22新芽が出ていました背が高い植物なので、鉢と合わせれば当然大きくて運びづらい観葉植物になります。ずっと軒下屋外ですが、夏の間目立つ場所に出してやってもよさそうです。ストレチア・レギネ、植え替え

  • 5月の作品など

    5/17この鉢に植えたいとのことで、作らせていただきました。マンデビラは向かないので、ペチュニアやダイヤモンドフロストで。・・・・・こちらは別の方にお作りしました。最初はかわいいけれど、あとのことが気になります。・・・・・・5/20、お一人のレッスン。ワイヤーのバスケットに植えたいとのこと。6/96/30植えてから40日いい感じですが、この後全体にザックリ刈り込みました(写真撮り忘れ、スミマセン)7/11少しずつ咲いてきている様子がんばってくださいね。5月の作品など

  • 5月のマンデビラ、オーダー鉢

    5/17マンデビラを入れたオーダー品・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6/26一か月後の夜・・・・・・刈り込んだり、肥料やったり、してくださいね。ドキドキしながら次の写真を待っています。実は生徒さん、ブログやフェイスブック、インスタ、ラインも、マメに使う人が少ないです😆5月のマンデビラ、オーダー鉢

  • マンデビラの鉢、5月の自主レッスンとその後

    集まるレッスンお休みのために、苗を持ち帰ってそれぞれに植えてもらいました。寄せ植えタイプ、5月と一か月後の様子です。・・・・・伸びるタイプのマンデビラとユーフォルビアアスコットレインボーを使った方5/216/22ミリオンベルが良く咲いてます・・・・・5/20ユーフォルビアダイヤモンドフロストとダブルのペチュニアタイプ6/18・・・・・ミリオンベル、ユーフォルビア、キンギョソウ、メカルドニアなども入れてまとめてくれました。5/216/18・・・・・・5月に植えてから6/25の様子を送ってもらいました・・・・・・みなさんその後のお手入れお伝えしましたがどうなってるでしょう~マンデビラの鉢、5月の自主レッスンとその後

  • ノコギリカミキリ

    6/5ノコギリカミキリがチコリの枝にいました。一見ゴキブリのような色と形ですが、動きが鈍くて不器用です。触角がギザギザとつながっていて立派でした。ノコギリカミキリ

  • セントーレア開花

    白い葉物として利用するセントーレア・ピンクダスティーミラー。セントーレアはキク科ヤグルマギク(セントーレア)属で、よく見る一年草のヤグルマギクとはタイプが違い宿根草です。冬は枯れていますが、春になるときれいな灰白色で切れ込みの深い葉をぐんぐん伸ばします。5/25/19アザミかなという姿です。かなり大きく育ち、挿し木で簡単に増えます。セントーレア開花

  • 白いペチュニアとセントーレアの鉢

    ペチュニアギュギュ・ピュアホワイト、ダブルペチュニアアメジストベイン、灰白色の葉が美しいセントーレアを使いました。5/23その他の苗、ニチニチソウ・フェアリースター、ロータス・コットンキャンディ、バーベナテネラ・オーレア、ヘデラ、アカエナ6/236/28かわいいフェアリースターが咲かなくなりました。7/7大きく育つのは、ペチュニア二種とセントレーア、コットンキャンディ。その他の苗は押され気味。7/9刈り込みました。切ってから、根元を見ると、枯れた葉がたくさん付いています。きれいに取り除きましょう。とても細かい作業です。茂ったために、陰になって育たなかったアカエナやバーベナは初めから入れなくても良かったかも。こうした手入れをするのが鉢植え園芸かなと思うので、手入れができないほどたくさんの鉢を持つのは考え物です。手...白いペチュニアとセントーレアの鉢

  • マンデビラとサンビタリアの鉢

    今年のマンデビラシリーズ。黄色いサンビタリア・グレートイエローと合わせた鉢です。5/23その他の素材・・・アルテルナンテラ・エンジェルレース、ゴールデンアレキサンドリア、フォックスリータイム、キンギョソウ・シルバードラゴン、ロニセラ、ミスキャンサス、ヘデラ、コクリュウ、アスパラガス・スプレンゲリー7/5レンタル中サンビタリアが茂っていたので刈り込んで肥料を足しました。つづくマンデビラとサンビタリアの鉢

  • マンデビラの寄せ植え

    マンデビラ・リップギャルを使った寄せ植えです。ツルが伸びない品種のマンデビラですが、花は次々咲きます。マンデビラを中心に植えて、周囲にミリオンベルやワイルドストロベリー、ヘデラ、フォックスリータイムを入れました。5/226/56/116/196/257/16よく咲いているのですが、ミリオンベルが薄く広がるので一度切ることにしました。花のために、ワイルドストロベリーやタイムはなるべく小さくしました。ヘデラは下に伸ばして使うことにしました。つづくマンデビラの寄せ植え

  • マンデビラ”サンパラソル”

    ツルが伸びるタイプのマンデビラ、サントリーのサンパラソルビューティー・ルビーピンクを入れた鉢です。トウガラシ(パープルフラッシュ)、ワイルドストロベリー、斑入りペチュニア(サンサキフレッドパープル)、ロータスクレティクス、フォックスリータイム、ヘデラ、カレックス5/235/316/66/8二週間で花が増えてきました6/20ペチュニアがモリモリ、でもダラダラマンデビラ以外を刈り込みました。ペチュニアが咲くように、リーフ類を整理して日当たり良く。液肥を与えました。7/13梅雨の雨に当たる場所に置いているのでペチュニアの根元は、病気や蒸れで弱っているようです。お手入れして枯れ葉を取り除いたり組み替えたりして、風通し良く。木酢液や、虫と病気のスプレーなどを時々かけています。いよいよ夏本番、どこまで咲くでしょう。主役のマ...マンデビラ”サンパラソル”

  • 雨上がり

    7/2朝雨上がりでも、雨粒がきれいな日はめったにありません雨上がり

  • アンブレラ型壁掛け 

    5/20ニチニチソウとペチュニアの壁掛けを植えました5/306/26/116/227/12あまり変わらないように見えますがペチュニアの花芽が減って元気がないので刈り込みましたペチュニアの根元、元気がない。バコパやフォックスリータイムがペチュニアの邪魔をしないように刈り込みました。ニチニチソウも切ってみました。カレックスも枯れたところをカットコンパクトになりました。液肥を与えました。がその後激しい雨でした。つづくアンブレラ型壁掛け

  • シャクヤクとラークスパーの壁掛け

    6/2きれいに色が残るシャクヤクとラークスパー(千鳥草)をシンプルに束ねました素材・・・・桜の枝、シャクヤク、千鳥草、エノコログサ、スモークグラス、シダ・シースターシャクヤクとラークスパーの壁掛け

  • 鳥かごに植える ③

    小さめ鳥かごタイプ、5種類の苗入り、メインはサフィニア”江戸しぼり”5/215/306/23鳥かごに植える③

  • バーベナとペチュニアの鉢

    5/1宿根バーベナ”紫姫しぼり”が気に入って植えました。でも、バーベナが宿根して育った経験がないので、それでも仕方ないと思って植えました。特にこの絞り咲きのバーベナ、面白いですね。ついつい購入。5/65/12バーベナのお花は休憩中5/25バーベナにつぼみがたくさん付いたので、出張に出しました。7/5一か月と10日で帰宅7/7ペチュニアギュギュ”ピュアホワイト”を刈り込み、全体のお手入れしたところカットして肥料を与え、日当たりの良い場所に置きます。日照不足だった様子なので、この後どこまで回復するでしょうつづくバーベナとペチュニアの鉢

  • アジサイ”茜雲”のバスケット、その後

    続き希望、というお声がありましたので、取り急ぎ続きです。アジサイ2株、アジアンタム二種、ヘデラ二種、それぞれを鉢に植えました。アジサイは来年の開花のために花芽のできそうな部分の上で切りました。葉の付け根に芽が出ているところがあればそれを残すように。けれど、小さな株なのでこの新芽がすべて育って葉が茂るとたいへん混み合う気がするので、かなり切りました。そして、園芸土とベラボンだけの用土に分けて成長を比べてみることにしました。アジアンタムは徒長していました。根付いたら少し切ろうかと思います。ヘデラは短くしてポットに植えました。崩したヘデラをポットに植えて育てると、枝が太くなってかわいくなくなるので、大鉢用に使うことが多いです。きれいな新芽のヘデラは、挿し芽の新苗を買うことをお勧めします。今回使ったバスケットは、表面の...アジサイ”茜雲”のバスケット、その後

  • クリスマスローズの楕円リース

    5/11春に刈り取ったクリスマスローズの花をドライフラワーにして使いました。材料・・・クリスマスローズ、晒しヤマシダ、スターチス、カスミソウ、ハマエノコロ、スモークグラス、ノブドウのツルクリスマスローズの楕円リース

  • 鳥かごに植える②

    鳥かごタイプのワイヤーバスケットを使ったプレゼント用の作品5/85/105/17カリブラコア”セレブレーションスター”。ブラキカム”スープリームホワイト”がずっと咲くお花。ハゴロモジャスミンはちょうどつぼみの時期、その後はツル姿がかわいい。シュロ繊維の土台部分にタイム、ラミウム、ベビーティアーズ、ヘデラなどのグリーンが広がって、お花との調和を楽しんでもらいたいです。鳥かごに植える②

  • アジサイ”茜雲”のバスケット

    ハイドランジア「茜雲」とアジアンタムやヘデラをバスケットに植えました。5/17/5明るい室内に出張して2か月、上手にお世話してもらいました。お花がほとんど終わって帰宅来年用に剪定して、鉢に植え替えて育てます。アジサイ”茜雲”のバスケット

  • シレネ・シェルピンクの鉢

    5/4制作ペチュニアギュギュダブルベリー、シレネシェルピンク、マトリカリア・ゴールデンモスなどで初夏の一鉢6/23植えてから7週間、大切に水やりしてもらってましたが、さすがに同じ状態ではいられません葉物が元気に茂っているので、もっと刈り込んでお花優先にお手入れすると良さそうです。そうなると難しそう、どうなるかな。つづくシレネ・シェルピンクの鉢

  • コロナ禍のゴールデンウィーク

    倉敷美観地区は人の流れが止まったり、混み合ったり、2年目もまだ先が見えなかったゴールデンウィーク倉敷民芸館コロナ禍のゴールデンウィーク

  • 新緑を歩く

    ちょうど二ヶ月前5/4吉備中央町新緑風景藤、藤、桐、と紫がいっぱいの山の中に、初見のカザグルマに感激した日新緑を歩く

  • カリブラコア、角鉢に二段植え

    5/1カリブラコア”カメレオン”ピンク、ペチュニアギュギュピュアホワイト、バコパスコーピア、フォックスリータイム、リボングラス、リッピア”フリップフロップ”など14ポットで制作。マウントタイプ。5/30伸びてきたので、一か月でカット6/19花付きは回復してません6/26蒸れを恐れて、少ないユニットで植え、早めに刈り込んでいましたが、虫と病気が発生してました。6/30花数もかなり回復して、リーフも繁ってきましたが、根元をそうじしたり、殺菌剤をスプレーしたり。つづくカリブラコア、角鉢に二段植え

  • チューリップのクレセントリース

    5月の初めに作った、チューリップのドライフラワーメインの壁掛け材料・・・・八重のオレンジチューリップ、ピンクのチューリップ、クリスマスローズ、スターチス、エリンジウム、晒しヤマシダ、麦、スモークグラス、ノブドウのツル、などチューリップのクレセントリース

  • インパチェンス「カンタービレ」の鉢

    バラ咲きのインパチェンスです。フウチソウとロニセラを入れてアクセントに。5/1朝日が当たる場所に置いたまま、水やり以外放任気味時々向きを変えていました。インパチェンスは、花がボロボロ落ちるのでこまめに花ガラを取り除きましょう。6/19切り戻してさっぱり7/1切ってから12日目インパチェンス「カンタービレ」の鉢

  • 四季なりいちごのワンユニット

    赤いイチゴの花をワンユニットで植えました。4/204/28この紅色が鮮やか5/14実もできますが、食べてません5/256/20セントーレア・ギムノカルパのシルバーリーフが育ち過ぎました。花は今年咲きませんでした。6/30雨の当たる屋外に置いている間に、アオバハゴロモのような綿毛に包まれた虫発生。密に茂っているわけではありませんが、イチゴやセントーレアが狙われやすいのかも。セントーレアとロータスブリムストンは夏に弱いようです。切り戻しました。イチゴの葉も間引きました。薬剤散布。雨と強い日差しを避けた場所に移動します。四季なりいちごのワンユニット

  • カリブラコアのウォールバスケット二ヶ月

    5/1カリブラコア、ミリオンベル、ユーフォルビア・アスコットレインボー、バコパ・スコーピオ、セラスチューム、ヘデラ・ヘリックス、ペチュニア「まさき」、全21ポット。夏に向かって、南向きの壁に飾るためにこの形の植え付けにしては、あえて少ない苗数で丸い形を目指しました。5スリットの綱木紋ウォールバスケット5/65/235/306/26/116/226/23かなり伸びていたので二ヶ月を前に刈り込みました。セラスチュームはこちらも咲かなかったため、シルバーリーフとして短くしました。液肥、虫病気用のスプレー、木酢液、活力剤、を順に与えて雨に当てないで養生中つづくカリブラコアのウォールバスケット二ヶ月

  • カリブラコアのリース

    5/240センチリース制作カリブラコア「カメレオン」オレンジ、セラスチューム、ベロニカミッフィーブルートを組んでいます。5/45/75/105/236/19大きくなりすぎたので刈り込みました。期待していたセラスチュームとベロニカは咲かなかったのでかなり短くしました。6/25もう一度咲いてほしいですつづくカリブラコアのリース

  • アフリカンマリーゴールドの鉢

    アフリカンマリーゴールド「ホワイトバニラ」。マリーゴールドは茎が固くて直立、表情に乏しいイメージなので敬遠していましたが、この色なら何とかなるかも、と使うことにしました。4/295/66/7花が減って、葉物が茂りました葉物やバコパをカットして全体の形を整え、肥料を与えました6/20中央のペチュニアがしっかり咲いています。後ろのマトリカリア「ゴールデンモス」も大きく育って、アフリカンマリーゴールドの高さにも負けないように咲いています。右側のピンクの小花・リナリア。左と中央の濃い葉は赤い花のキンギョソウ。つづくアフリカンマリーゴールドの鉢

カテゴリー一覧
商用