chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
サンルーム https://blog.goo.ne.jp/sunroom2007

庭遊び、生け花、ドライフラワーとあおき式プランツギャザリングの紹介を写真にしています。

花束みたいな寄せ植え、プランツギャザリングのレッスンを岡山県で行っています。今までの常識とは違う斬新で魅力的なお花の楽しみ方を皆さんにご紹介したいと思っています。詳細はサンサンガーデンルームをご覧ください。http://ww9.tiki.ne.jp/~sh99/lesson/lesson.html

ミセスサニー
フォロー
住所
倉敷市
出身
倉敷市
ブログ村参加

2007/03/30

1件〜100件

  • 赤いカラジウム

    赤いダブルのペチュニア、カラジウムと植え込みました。6/217/97/20この後、ペチュニアが枯れました。たぶんカラジウムにも日当たりが強すぎたようで、勢いがなくなってます。8/7バーベナが咲き始めました。8/18赤いカラジウム

  • 赤いジニアの手付き鉢

    6/18夏向きの鉢植え赤いジニアのダブルとシングルを表と裏に使いました。斑入りノブドウやケイトウスマートルック、センニチコウネオン、など、17ポット使用。6/25一週間7/5ジニアのつぼみが咲くと、淡い色合いになってきました。7/228/8ここまでで何度も、どの花も伸びたら刈り込みしています。それでもだらしなくなりがちなので要注意。赤いジニアの手付き鉢

  • 夏のウォールバスケット

    6/18トレニア、ヒューケラ、ヒポエステス、などで夏用ウォールバスケットを作りました。7/57/207/257/28エリゲロン、スーパートレニア、ヒポエステス、リシマキアなどが伸びて形が崩れるので刈り込み続けています。一日で軽くなるほど乾燥するのですが、朝一回の水やりで過ごしています。夏のウォールバスケット

  • アンブレラ型壁掛け 

    6/18セネシオエンジェルウィングスを中心に植えました。7/4良く伸びました。この語、右側のペチュニアが弱ってきたので植え替えました。ブリキ製の鉢は、夏場は温度が上がりやすく根も傷みやすい、と考えるのが基本です。8/4バーベナ・テネラ・オーレアの淡いピンクが咲いてかわいい。ラセンイ、がんばって育ってます。なかなか左右対称にはなりません、苗が違うとこうなりますね。アンブレラ型壁掛け

  • ナミアゲハ

    7/20ヨツバヒヨドリ(?)に来たナミアゲハ黒い筋がくっきり濃い夏型、凛々しいナミアゲハ

  • ペチュニアの寄せ植え

    6/4去年のペチュニアが生きていて、咲き始めたので植えました。ペチュニア一株を入れた寄せ植え。ゲンペイコギク、リボングラス、リシマキア、ロータスクレティクス、白いカリブラコアが入っています。6/146/22・・・・その後切り戻して一か月で復活7/30やはり、スタート時点でペチュニアが十分な苗でなかったこともあって、寄せ植えにすると、モリモリに咲かせるのは難しい。他の花を加えていますが、この藤紫が強烈すぎるので目立ちません。寄せ植えでペチュニアを切り戻しながらきれいに見せるこつは、成長のゆっくりなリーフと合わせること。最初だけきれいなのでは満足できませんよね。ペチュニアの寄せ植え

  • ダリアの寄せ植え

    ダリアの大きくて幾何学的な八重の花びら、植えてみたくなりますよね。6/13お家で楽しむ用のレンタル~周囲に草花を少し加えた寄せ植えタイプ。開花を見守っていたところ、ダリヤが枯れたとのこと!水が多すぎたか、置き場所が暗すぎたか、蒸れたのかなあ?8/3枯れたダリヤを取り除いて一か月足らず。他の草花に咲いてもらいます。ダリアの寄せ植え

  • 観葉、多肉、レンタル作りました

    6/14割れないグラスに植えてます。その後もほとんど変化なく生育中。多肉ちゃんは、ちまちま植えます。ピックもちまちま、とってもかわいいのです。ガラスに植えたもの、こちらも現在まであまり変化なく育ってます。ポトスは深植えすると溶けて枯れ落ちますね、根っこをしっかり植えましょう。観葉、多肉、レンタル作りました

  • 6月レッスン ③

    6/16ガラスに植える観葉植物(二方向から見る細長い器)・・・・・3月に植えたベビーティアーズバスケットの途中経過を見せてもらいました。デージーなどが終わったので、これからは日陰でグリーンバスケットです。・・・・・・赤いジニアをシンプルに引き立てたい方の作品6月レッスン③

  • 6月レッスン ②

    6/14赤い葉のカラジュームと夏の草花ブルーファンとペンタスなど赤いジニアでかわいく手付き鉢6月レッスン②

  • 6月レッスン ①

    3/15に植えた時↓3か月後6/14に見せてもらいました。上手に管理して、まるで別物。ポリゴナムと斑入りのハゴロモジャスミンが中心になっていました。もちろん不要なところはどんどんカット。・・・・・・観葉植物、今までの観葉に新しく足して植えました。ガラスにパキラコーヒーノキとカールしたオリヅルランアジアンタムベルビアナム。大きな葉が魅力的なアジアンタムと他の観葉をガラスに植えました。赤いアグラオネマやマドカズラをガラスの器にシュガーバインをシンプルに植えたい方、筒型ガラスにベラボンで植えました。6月レッスン①

  • 成羽のホタル

    6/8成羽町へ蛍の光を求めてでかけました。夜8時から9時過ぎごろまで。スマホ画像α7で次こそは、蛍を撮ったらしい写真にします。成羽のホタル

  • 高千穂峰(たかちほのみね)登山

    6/4新幹線で鹿児島へ6/5雨交じりのため、観光。お決まりの砂蒸し風呂からのマンゴー観光農園。パフェを堪能。長崎鼻(浦島太郎が竜宮へ向かったとされる)の灯台を遠目に眺める6/6待った甲斐あっての晴天宮崎県と鹿児島県の県境に位置する標高1574mの霧島連山の第二峰、高千穂の峰目指して出発コガクウツギか、ガクウツギかわかりませんでした。一面良い香り。藪の中にノイバラ発見!サクラ、ヤブ、ノイバラ、とは違う。けれど何でしょう。テリハノイバラ?コバノクロヅル?何も確かではないお花たちを横目に、グループから離れないように登りました。低木樹林が終わると、ごろ石の火山岩と砂で歩きづらい道の連続でした。ひたすら絶景を楽しみに歩きました。御鉢の斜面上の方でやっとミヤマキリシマが咲き残っていました。高千穂峰の情報はこちら・・・...高千穂峰(たかちほのみね)登山

  • シャクヤクのリース

    今年のシャクヤクをドライフラワーにしました。6/2材料・・・シャクヤク、ラークスパー、クリスマスローズ、スターチス、チューリップ・・・・・・ドライフラワーレッスンもできます。ドライフラワーは、材料によって長持ちするものしないものがはっきりしています。庭のお花を使って作ると楽しみも倍増です。お問い合わせください。シャクヤクのリース

  • 手付き鉢のペチュニア

    ペチュニア「ペッピーブルーベリーマフィン」、サルビアサリーファン、トレニアサマーミスト、などを使いました。5/27上から見ると植えたては満足なものです。5/306/8その後、トレニアが元気な一方、ペチュニアは自己主張なくなりました。7/67/20雨に当てたためもあって、ペチュニア病気です。つづく手付き鉢のペチュニア

  • マンデビラの鉢

    濃い赤色が気に入って、今年も植えました、マンデビラ。新苗と冬を越した去年の株両方を使っています。たくさん植えるとマンデビラの成長が悪かった経験から、寄せ植えにしました。5/276/187/37/20夏らしいお花なので楽しみましょう。セリフラミンゴはきれいに見える程度にカットしなくては。セントーレア・ピンクダスティーミラーの白い葉はすぐ伸びるので、この二か月の間に2回カットして低く仕立てています。肥料を与えて、西日を避けると良いそうです。マンデビラの鉢

  • マーブルストロベリーの鉢

    5/27斑入り苺”マーブルストロベリー”とペチュニア”バイプレーヤー”、ビンカ”タトゥー”、アルメリアなどを使いました。この鉢はセメント製の重い鉢なので、自宅・実験栽培用に使っています。(鉢やプランターを選ぶ時、デザイン性も大切、使いやすさも大事、倒れにくいもの、割れないもの、熱がこもらない物、軽いもの、置く場所に似合う色形・・・よく吟味しましょう)6/14美しくて気に入っていましたが・・・予想通り、トップのアルメリアが育ちませんでした。半月余りで伸びすぎたのでペチュニアを刈り込みました。6/187/6このペチュニアは特に成長が早いので、今回のように種類の違う苗を植えこむとアンバランスになってしまします。7/20肥料を少し足しながら夏を越して育てます。マーブルストロベリーの鉢

  • カリブラコアのミニリース

    カリブラコア”イチゴミルク”と”キューピッドピンク”(1ポットが3株に分かれるタイプ)とグリーンを組み合わせた30センチのリース5/265/27毎日、しかも時間によっても表情が変わります。6/87/5カリブラコアを刈り込むと次の花は1か月ほど待つことになります。グリーンリース状態。7/20カリブラコア復活。とはいえ、最初ほどのボリュームは難しい。バコパやラミウムが枯れこみがち、暑さかな?南向き外壁のリース夏越しは多難。続く!カリブラコアのミニリース

  • バラのドライフラワー花束

    バラのドライフラワーを中心に束ねました。6/2その他の材料・・・ラグラス、スターチス、ラークスパーバラのドライフラワー花束

  • サルビアとペチュニアの鉢

    初夏の定番、サルビアとペチュニア。中でもサルビアサリーファンは涼やかで丈夫なので夏の鉢の中心に植えました。5/29レンタル中サルビアとペチュニアの鉢

  • テーブル花

    3月のグループ写真展、テーブルのお花テーブル花

  • ネペンテスボール、その後

    昨年のネペンテスはこちら・・・・・・寒くなってから室内に吊っていました。するとある日、つぼみが付きました。3/164/6開花。ウツボカズラの花です!6/26実になりましたが、種ははっきりわかりませんでした。6/26ツルが長く伸びたので新芽の部分をもう一度ボール仕立てにして吊り下げています。小さい鞘?が葉の先にでき始めてました。ネペンテスボール、その後

  • 朝鍋鷲ヶ山の自然観察会

    5/28倉敷市立自然史博物館の観察会に参加しました。蒜山盆地の西端にある朝鍋鷲ヶ山(ワシガセン、標高1074m)。穴ヶ乢(アナガタワ)登山口標高740m。植林地の木も雪のためにこんな姿。登りは急でした。オオイタヤメイゲツもぐるぐるオオイワカガミツクバネソウツルシキミブナの芽吹きヤブデマリ虫のゆりかご、かな?レンゲツツジウラジロハナヒリノキ・・・・・・帰りはひたすら階段を下りました。道路に出ると、新緑の木々を見ることができました。タニウツギトチノキ~大きいオオヤマザクラの実コアジサイ・・・・・蒜山高原のヤドリギ風景朝鍋鷲ヶ山の自然観察会

  • 今年のノイバラ

    4/30ノイバラ5/7・・・・・5/10サンショウバラ5/26・・・・・5/26ミヤコイバラ・・・・・赤いノイバラ今年のノイバラ

  • グレーの綱木紋鉢、夏の草花

    5/30夏のお花でお作りしました。植えやすい鉢です。グレーの綱木紋鉢、夏の草花

  • 岩屋寺(総社市奥坂)

    平安時代に始まって、最盛期には38もの僧房があったという岩屋寺。巨岩と山道に置かれた石仏群が信仰の跡を思わせてくれます。平日でもちらほら歩く人がいるスポット。5/24鬼の差し上げ「みどりのきれいなきせつですこと」とにっこりしている・・・・・岩屋寺(総社市奥坂)

  • バラのドライリース

    5/11丹精込めた立派なバラ庭を拝見して、切り花もたくさんいただきました。・・・・・そのバラのドライフラワーをリースにしました。バラに添えたのは、クリスマスローズ、スターチス、ベニバナ、花オレガノ、ラークスパー、チューリップ。バラのドライリース

  • シラタマミズキの鉢

    白い斑入り葉がきれいなシラタマミズキを中心にした夏の鉢植えです。5/225/276/8シラタマミズキを中心に全体がモリモリ茂ってきました。シラタマミズキの鉢

  • 5月レッスン ②

    ・・・・・・・・・・・・・・・3/15↓5/19・・・・・3/15↓5/19この後、ベビーにダンゴムシ大量発生&真っ黒事件発生、経過観察中💦とのこと・・・・5/27アジサイを植えた後留守にしたため枯れてしまい、青いサルビアに植え替えた方。対処が素早く他の苗が生かされました。5月レッスン②

  • 5月レッスン ①

    5/17アジサイ10日後・・・・・・・・・・・・・・・・・・サルビアミラージュの鉢10日後5月レッスン①

  • 四季なりイチゴ ”ルビーアン” のバスケット

    赤い花と実のいちごを入れたベビーティアーズバスケット。イチゴの仲間は何といっても葉がかわいい。しかもこの苺は一年中花を付けます。4/254/30期待していたセラスチウムが咲き始めました5/7少し上からのぞきこんだ写真。カリブラコアもよく咲いています5/30赤い実6/15いろいろな苗の葉が茂ったのでカリブラコアが控えめになりました2か月ほど、南向きの壁にかけています。日当たり強く、風通しが良いようにバスケットと壁の間に隙間を作って設置しています。ほとんど毎日薄い液肥入りの水にドボンと漬けています。時々葉っぱは整理、イチゴは花を重視して、実はかなり間引いています。ベビーティアーズは2~3センチに伸びていたので、6/25カットしました。(インスタではsunsungarenにアップしました)回復するかどうか、また...四季なりイチゴ”ルビーアン”のバスケット

  • ナカグロクチバというガ

    5/2ヤガ科、南方系のガ、目立つ模様、温暖化で北上。イヌタデ、コミカンソウなどが食草。ナカグロクチバというガ

  • 春までのランたち

    ミニカトレア2/27春蘭3/17ミニ胡蝶蘭5/20マイクロ胡蝶蘭、これも支柱を立てればもっと見栄えがするはず。。。。。。以上、花が終わったら、また来年目指して育てようと思っています。大型種がまた増えてます💦春までのランたち

  • ミニバラの鉢

    ミニバラと斑入りコデマリの鉢、オーダー4/18・・・・・6/13二か月たって、またバラが咲き始めたそうです。リシマキアも咲いていました。ミニバラの鉢

  • ベビーティアーズバスケット

    レンタルもあります。・・・・・ブルーデージー、エリゲロン、イソトマ、など4/275/7・・・・・アルメリア、イソトマなど4/275/186/8吊るとベビーティアーズには良いけれど、水が切れやすいので要注意。ベビーティアーズバスケット

  • ベビーティアーズバスケット オーダー

    ①4/14カリブラコアなどで可憐なタイプ6/15お花が一通り終わったのでカットして養生中、これもかわいい。・・・・・・こちらは少し大きめバスケット4/144/26ベビーティアーズバスケットオーダー

  • 大輪胡蝶蘭、開花への道 ⑤

    4/29株D5/20・・・・・5/17株E・・・・・5/20株F5/24・・・・・4/29株G胡蝶蘭育てるなら、中型品種にしたいです。大輪胡蝶蘭、開花への道⑤

  • 大輪胡蝶蘭、開花への道 ④

    4/29まだまだたくさんひかえていました。どの鉢も、正面と側面で全くイメージが異なります。株C4/295/205/30同じ株とは思えない変化。花の支柱次第で見え方が変わりました。大輪胡蝶蘭、開花への道④

  • 大輪胡蝶蘭、開花への道 ③

    枝分かれが多すぎて大変だった株B4/295/206/26/8この株も脇枝5本。花数27でした。大輪胡蝶蘭、開花への道③

  • 大輪胡蝶蘭、開花への道 ②

    花茎の枝分かれが多い鉢Aこれは大変、支柱が難しい3/29横から見るとこんな長い茎です主軸のほかに、点線の部分5本の脇枝につぼみが付いています4/29この壊れそうな鉢カバーの取っ手を使ってたくさんの軸を支えることにしました。5/17豪華な花かごになりました以後、開花株を順に、育てたい方に差し上げました。みなさんがんばってくださいね。(場所をとるし、難しそうなので、経験のない方はなかなかもらってくれませんでした)大輪胡蝶蘭、開花への道②

  • 大輪胡蝶蘭、開花への道 ①

    2021年1月前後にいただいた胡蝶蘭、一年後の今年3月からの開花の様子です。・・・・・2021年の花が終わって4~5月ごろ、花茎を根元から切りました。水苔を取り除いて根の様子をチェック、黒くなっているものはカット。贈答用の胡蝶蘭はビニールポットに入ったものが3株ほど陶器鉢に詰め込まれていて、ポットの中はたいへん風通しが悪く、花が終わるころには根が傷んでいます。元気な根がない株も多いようです。そこで、水苔を取り除いてきれいにした後の株を軒下などの明るい日陰に逆さにつるして乾燥させます。元気な根幹が見えてきたら水苔で植え込んで風通しの良い屋外に吊るすなどして夏越し。水はコケが乾いてから。10月、朝晩涼しくなったら、屋内で管理します。葉焼けしない程度の明るい場所に置いて、寒くなると水やりをかなり控えます。室温は...大輪胡蝶蘭、開花への道①

  • ブーゲンビリアの鉢

    まだまだ冬から春の画像が続きそうなので、今の季節の鉢もはさんでおきます。新しいのも植えてますよ。7月のレッスン募集中!ブーゲンビリアの鉢

  • 昨年からのビオラのリース ②

    直径30センチのリース、大きめの花びらのビオラ(ももか)やアジュガなどを使っています。2021/12/202022/02/083/13時々平らに置いてみたり・・・3/234/184/25ビオラの部分をしっかり刈り込みました。アジュガが咲きてました。4/265/22コンパクトにまた咲いてきました。6/96/14こちらも、連休前に切り戻すともう少し見ごろが続きました。気温が高くなるとアジュガやシロタエギクがぐんぐん伸びてリースには向きません。形が崩れて直らないのでここまでで解体します。昨年からのビオラのリース②

  • 昨年のビオラリース、その後

    40センチ、首が長く小さい花のビオラを使ったリースです2021/11/23年を越して春2022/03/133/234/184/25ゴールデンウィーク前にビオラをカット5/75/19ビオラが盛り返してきました6/1811月から半年以上がんばれるリース、いろいろな顔を見せてくれました。花がら摘み、肥料、カット、水やり、日差し、などに気を付けて、秋から4月までは楽しんでいただきたいリースです。昨年のビオラリース、その後

  • ビオラのバスケット、プリムラバスケット、その後

    ビオラのバスケット2021/12/202022/01/253/163/28・・・・・・プリムラのバスケット2/143/163/28扱いやすいように軽い鉢やワイヤーバスケットがご希望です。春までレンタルさせていただきました。冬の鉢は、花がら摘みが一番大切です。ビオラのバスケット、プリムラバスケット、その後

  • ビオラのウォールバスケット

    昨年末レンタルで出掛けたままのウォールバスケット・・・・・もう半年経つのですが、まだかわいいから返せない~とのこと。ほんとですか、見せてもらいました。6/17枯れたものをどんどん取り除いて現在こうなっていて、ビオラがぽつぽつと咲いているところが捨てがたい味があるそうです。リボングラスやプラチーナの白がいい仕事をしていました。かわいがってくれてありがとう!!プランツギャザリングの鉢、こうなる人も多いと思います。ビオラのウォールバスケット

  • 4月レッスン ③ 

    ベビーティアーズバスケットにオステオスペルマムを植えたタイプ①一週間後ところが、その後水枯れや明るさの加減でとてもいたんだそうで、現在養生中とのこと。がんばれ~・・・・・・こちらも同じ材料6/17刈り込んで肥料を追加ちょっと水が少ないかな~毎回でも肥料を入れたバケツの水につけた方が良さそうです。もうすこし直射日光が差した方がカリブラコアの花が咲くと思います。よろしくね。4月レッスン③

  • 4月レッスン ②

    ベビーティアーズバスケット、小花を寄せるレッスン・・・・・苗を持ち帰って母の日用に植えた方このあとのお手入れが難しいところです。どんどん切って、下に垂れ下がらないように・・・など、お伝えしています。4月レッスン②

  • 4月レッスン ①

    4/12の週ミニバラを使ったかぐや鉢・・・・・・手付き鉢にミニバラ・・・・・レモン色のオステオスペルマム、散り斑のコデマリなど初夏のお花を植えて、3月のベビーティアーズバスケットのお手入れもしてもらいました。その時の変化はこちら。刈り込んだり、ベビーが広がりやすいように。肥料も忘れずに足してください。4月レッスン①

  • チューリップのリース

    5/2生けた後のチューリップをドライフラワーにするとまた、一味違った姿に変身します。オレンジ系、紫系の色が残りやすいようです。このリースは紫系を使いました。色が残るとはいえ、チューリップは湿気を含みやすい素材なので、乾燥した場所で2か月程度持つでしょうか。材料・・・チューリップ、クリスマスローズ、スターチス、ノブドウのツルチューリップのリース

  • チューリップアレンジ

    4月、毎年数百のチューリップを植えているお庭から摘ませていただいています。・・・・・(この八重紫の花はあとでドライフラワーにしてみると個性的でした)・・・・・倉敷市立自然史博物館友の会35周年祝賀会にも使わせてもらいました。たくさんいただいて、ありがとうございました。チューリップアレンジ

  • 室生寺・大野寺

    4/11吉野から宇陀市へ室生寺、とうとう来ることができました。山深い場所にひっそり、けれど格調高い空気が漂っていました。平安時代以来の建物や仏像群。女人高野と呼ばれるようになったのは江戸時代以後だそうです。鎧坂桜が終わりかけ、有名なシャクナゲは少しだけ咲き始めていました。金堂なぜか、赤い金魚本堂の檜皮葺五重塔・・・・同じく宇陀市の大野寺有名な桜は養生中対岸の弥勒磨崖仏(写ってませんが💦近づけば見えます)は日本一境内の桜園には可憐な枝垂桜がたくさん育っていました。まだまだ、たくさんの名所があって回りきれない宇陀市でした。室生寺・大野寺

  • 吉野山・・・・生活編

    桜と蔵王権現、吉野山の暮らし・・・・金峯山寺・・・・・観光の表通り夕暮れ開店前・・・・・崖に沿った街並み下千本駐車場(広い駐車場はここまで)(宿をとると駐車場の便宜をはかってもらえます。一方通行や通行止めに注意が必要です。奥千本までの観光にはバスで移動できます。吉野本葛について熱く語る実演販売、楽しめます。)吉野山・・・・生活編

  • 吉野山・・・桜編

    今年こそは、奈良県吉野山の桜を眺めようとでかけました。4/3吉水神社けれど今年の第一週はまだ咲き始め、曇天・・・・・・気を取り直して次の週4/105:30花矢倉展望台近く5:506:10上千本でも早朝からずらり、この観光客この山の桜は、金峯山寺の蔵王権現にお供えするために植えられているので、桜の木からもお寺がよく見えます。桜一本首一つ、枝一本指一つ・・・・というくらい大切にされてきたとのこと如意輪寺の枝垂れ桜は先週満開でした。吉野水分神社4/11吉野山・・・桜編

  • クリスマスローズの陰影

    クリスマスローズの魅力、脈(みゃく、すじ)クリスマスローズの陰影

  • シンビジウム

    今年は一鉢だけたくさん咲きました。2/142/223/23シンビジウム

  • 雪の予報、吉備中央町

    2/6雪ということで、日の出を目指して出かけました。が、期待したほどの雪景色ではありませんでした。記録用にアップします。今年の加茂大祭はどうなるでしょうか。雪の予報、吉備中央町

  • 今年のデンドロビウムたち

    1/302/243/103/284/14これは一か月後の今日も咲いていますが、そろそろ花を切った方がよさそうです。5月になって、植え替えたり、肥料を置いたり、屋外の置き場所を選んだりしています。今年のデンドロビウムたち

  • タラの芽栽培キット

    1/27タラの芽栽培キットを見かけたので試してみました。キッチンで、1~2日に一度水を替えて1か月2/24見事に、一本の枝から一個の芽が出ました。けれど、期待したほどふっくら大きな芽にはならず。そうですよね、切り枝と水だけでそんな立派な芽になるはずがないのでした。もちろん、天ぷらでおいしくいただきました。タラの芽栽培キット

  • カラーを使った冬の観葉鉢とその後

    2/9赤い鉢にカラー・ザズーとデンドロ・グリーン愛で華やかに植えました。寒いので室内鑑賞・・・・・・・3/6カラーは終わりました。葉ボタンの花が伸びています・・・・・・4/7屋外(軒下、午前の日当たり)に出して管理をはじめました。・・・・・・・・4/27葉ボタンの花鑑賞・・・・・この後、カラーは地面に植えてみます。ホヤとデンドロはそれぞれ単独で育てます。元気なリーフ類も、屋外用の苗としてポットで育てます。カラーを使った冬の観葉鉢とその後

  • ジョウビタキ、ポーズが決まる!

    1/29パトロール中のジョウビタキ(メス)、ポーズが決まった瞬間ジョウビタキ、ポーズが決まる!

  • アネモネの吊りバスケット 2/14~4/27

    2/14アネモネ・アンアリスを中心に10種類の苗を使いました。2/23優雅な姿と深みのあるピンク。白いクモマグサやアリッサムが咲いています。3/63/16白いムスカリ「ホワイトマジック」4/1アネモネは終わってもまたつぼみが出てきます。4/7ラグラスが咲いています。4月のアネモネは終わるのが早くなりました。4/184/27最後はネモフィラ「マキュラータ」2か月間、次々に種類を変えて咲いた鉢でした。アネモネの吊りバスケット2/14~4/27

  • 3月レッスン ③

    やかんの形ワイヤーバスケット四角タイプ・・・・・丸型やかんワイヤーバスケット・・・・・鳥かご(小)・・・・・・鳥かご(小)・・・・・横に長いバスケットもかわいいですね・・・・・昨年も植えたバッグ型、濃い赤のオステオ5/91か月半過ぎました。オステオは休憩中。3月レッスン③

  • 3月レッスン ②

    長年使っているワイヤーバスケットに、マーガレットやデイジーを入れたベビーティアーズバスケット4/291か月以上・・・・・・ボロニア、デージーなどのバスケット・・・・・・姫オダマキを使いたい方~3/315/13ルメックスが茂ってきました・・・・・ローダンセマムやヒナソウなどを使って3/315/111か月以上を経ちました3月レッスン②

  • 3月レッスン ①

    2か月前のレッスン、やっとblogにアップご参加ありがとうございました。3/15・・・・・・3/154/21壁際に置いてたら裏側のベビーが枯れてしまったとのこと、養生中・・・・・3/154/12・・・・・3/153/254/12・・・・・3/154/12・・・・・3/15・・・・・3/153/24・・・・・3/15以前のワイヤーバスケットに、緑色のシュロ繊維を敷いて植えています。3/24・・・・・・続編にもご期待ください。3月レッスン①

  • 早咲きデンドロビウム

    Aタイプ①1/30咲き始めました。②2/28③3/31二か月以上の時間差で、たぶん同じ種類が咲きました。・・・・・・①2/26苔玉風、咲き始め。赤ずきんちゃん。3/10②2/142/24赤ずきんちゃんにも色々な咲き方があるのかな?3号プラポットでも咲きました。このあと別の種類が咲きそうです。たくさんの花芽をつけるのは難しいです。狭いスペースに置いていると、向きが不自由なので花が目立つように支柱が立てられず、結果、咲いた花が目立たない向きに咲いてしまいました。数を減らすしかないです。早咲きデンドロビウム

  • 2月、3月の瓶花

    あり合わせで生けました。2/10紅梅3/11ボケ2月、3月の瓶花

  • 2月のプランツギャザリングレッスン

    室内観葉など・・・・・・・外植えワンユニット鉢、かわいいプリムラ・・・・・・夏のグラス、見せてもらいました。丁寧に世話してくださいました。とはいえ、そのままだと乱れますね。2月は植え替えに向いていない季節なので、暖かくなって植え替えましょう~!2月のプランツギャザリングレッスン

  • ヒヤシンスの球根、水栽培進化系

    1月から2月にかけて、ヒヤシンスの水栽培で春気分を先取り。植え方も進化!コニフャーや切り花を加えてアレンジ風レッスンで、カラフルなギャザリング水苔で遊んでもらいました。香りがよい、育つ様子を見るのが楽しい。注意*室内だと間延びして倒れがちなので、切り花にしましょう。温度が高い場所では咲き進むのが早い。咲いた後は、地面に植え込みましょう。来年も咲きます。ヒヤシンスの球根、水栽培進化系

  • シクラメン フローエル

    群馬県林園芸さんの新品種フローエル、12月上旬入荷フリルの大きな花が垂れ下がるように咲きます。・・・・・・その後、冬の風や朝の寒さを避けながら管理して3か月以上となりました。室内用の大鉢のシクラメンも同じですが、日中は日当たりよく、温度が上がりすぎない。夜は暖房が当たらない室内。葉がしおれかけるまで水やりをがまん。時々液肥を与える。という管理すると長持ちします。でも、みなさんのお家の都合もあるので、それぞれポイントを押さえてお世話してみてください。(弱るのは、温度が上がりすぎる、水をやりすぎる、暗すぎる場合)とお伝えしてみなさん豪華なお花がたくさん咲いているようです。いつまでこの調子で咲くか、お楽しみに!シクラメンフローエル

  • USJお出かけ記録

    1/9ホテルのお花は、アーティフィシャルの新春風・・・・・テーマパークは、まあまあ混雑していました。オミクロンが広がる直前。ジェラシックパーク周辺は雰囲気のある大型シダや南方系針葉樹の植栽通路のお花もよく手入れされてました。ホグワーツ城周辺は、きれいな針葉樹で鬱蒼とした雰囲気。お城の中はロッカールームで密接になるしかない構造です。効率よく回るのはお金次第という世界。ジェットコースターに乗ったらマスクしていてもキャーキャー叫ぶから、潔癖症の人は下を歩けませんね。・・・・・・翌日行った大阪城ホールのセカオワライブ、みんな行儀よく声を立てないで聞いてました、ご立派!!その後、感染することなく過ごしました。USJお出かけ記録

  • 2022年新年のお花

    お正月のお花の記録2022年新年のお花

  • バラの壁掛け(アーティフィシャルフラワー編)

    枝の長いバラの造花を箱に詰めて壁掛けにラメのタイプは最近の製品。昭和の造花とミックス作品でした。バラの壁掛け(アーティフィシャルフラワー編)

  • 最上稲荷

    2022/01/25最上稲荷の仁王像文明と戦うような・・・別の角度からは石棺の中で目覚めを待つ、巨神兵みたいな姿、に見えました。最上稲荷

  • 第二十八番 成相山 成相寺

    2022/01/24赤れんが博物館(明治時代の赤れんが倉庫を利用して、世界のれんが建造物が紹介されています)舞鶴赤れんがパーク明治以後のれんが倉庫群が複合施設として整備されていました。海軍カレー、海上自衛隊グッズ、などショップも楽しめます。天然の良港舞鶴湾を眺めながら、西へ・・・・・京都府宮津市第二十八番成相山成相寺(なりあいじ)「撞かずの鐘」シャクナゲの木がたくさん見えました。花の季節は豪華なことでしょう。成相山パノラマ展望台天橋立を見下ろす展望、冬景色を見ることができました。第二十八番成相山成相寺

  • 西国三十三所 第29番札所の青葉山松尾寺

    2022/01/23雪景色の西国札所を目指してでかけました。京都府舞鶴市の松尾寺(まつのおでら)。雪のある細い山道の先にあるお寺ですが、そんな日にも御朱印を求めてお参りする人がちょこちょこある様子でした。建物も馬もお地蔵さんも雪に耐えていました。タラヨウに実がたくさんついて目立っていました。・・・・・その後舞鶴湾を見下ろす「引揚記念館」へ西国三十三所第29番札所の青葉山松尾寺

  • ドライフラワー壁掛け

    リボンの上に、小さなパーツをつないで縦長の壁掛けにしました。シャクヤク、スターチス、ミレット、スモークツリー、センニチコウ、エリンジウム、ヒオウギ、アメジストセージ、ケイトウ、ニゲラドライフラワー壁掛け

  • 下津井漁港

    2021/12/28瀬戸大橋の見える漁港、下津井たこ漁、不漁の今年今は昔、木製トロ箱古民家解体旧道港を見守っているお寺下津井漁港

  • 書寫山圓教寺 西国二十七番札所

    2021/12/05兵庫県たつの市の道の駅みつで、播磨湾の日の出・・・・・姫路市書寫山円教寺にはロープウェイで登ります。仁王門までの道に沿って、西国三十三所の観音像が並んでいました。姫路方面の展望仁王門舞台造りの摩尼殿から、紅葉が華やかでした。そして、広場が印象的な三之堂。ラストサムライのロケに使われたそうです。食堂の建物内、寒い中書写をする人たち二階には宝物が展示されていました。書寫山圓教寺西国二十七番札所

  • ノシランの実

    2021/12/25斑入りノシランに実が付きました。いただいてからもう10年?この藍色の実をやっと見ることができました。次の目標は、たわわに実る姿!たまには肥料を与えてみます。そういえば、普通のノシランも実はなかなか付きません。ノシランの実

  • 冬のウラナミシジミ

    新しいPCへの引っ越しが長引いて、写真の取り込みも停滞したまま3月になってしまいました。いつも見てくださってありがとうございます!2021/12/25南方系のチョウかと思っていたのに、12月の下旬に見かけて驚いた記録です。天気の良い昼下がり、ビオラの香りに誘われて・・・ぼろぼろの羽根で飛んできました。冬のウラナミシジミ

  • アレンジプレゼント

    2021年12月落ち着いたピンクのトルコキキョウが気に入って、クリスマス風のテーブルアレンジを作りました。黄色いスイートピーがアクセント。アレンジプレゼント

  • 長谷寺 西国三十三観音霊場第八番札所

    2021年11月29日奈良県桜井市初瀬の長谷寺仁王門長い登り廊下、手入れの行き届いた広い庭、大伽藍のお寺でした。本堂小初瀬山中腹、断崖絶壁の懸造り(舞台造)からの眺め四季折々の花で有名なお寺。牡丹園もきれいに整備されていました。本坊大講堂には日本最大を誇る大観音大画軸が展示され、縁起絵巻もゆっくり眺めました。長谷寺西国三十三観音霊場第八番札所

  • 榧の実

    法起院から長谷寺に向かう参道沿いにはお店が並んでいました。前日は日曜だったのでここまでの道路が大渋滞、人気の観光地でした。そこで見つけた榧の実・・・・炒った榧(カヤ)の実!近くの山に大木があってそこから仕入れているとのこと(長野の善光寺の床を磨く油として使われているとも)。一度食べてみたかった!日本の自生種で、木材になって油を採る実ができる、役に立つ木だと聞いてはいましたが。・・・・・その後、割るのが大変でくるみ割器使用。かなり強く炒ってありましたが、独特の風味を味わうことができました。榧の写真はこちら銀杏やクルミほど一般的ではありませんが、野生種の木の実として古代の日本では重要だっただろうと思います。榧の実

  • 法起院(ほうきいん)西国番外札所

    2021年11月29日8:40奈良県桜井市の法起院こじんまりしたお寺でしたが、手入れの行き届いた境内が印象的でした。立派なタラヨウ(はがきの木)。願い事がたくさん書いてありました。ここから長谷寺へ向かいます。法起院(ほうきいん)西国番外札所

  • ビデンスの鉢

    ビデンスは黄色い花がたくさん咲いて目立つ苗が夏から冬に出回っています。別名ウィンターコスモス、アメリカセンダングサの仲間です。2021/10/14まだ気温が高いのでトレニアといっしょに植え込みました。11/302022/01/20年を越して、トレニアは枯れこみましたがビデンスは咲き続けています。ガラス越しの半屋外です。リボングラスとプラチーナが調和しています。花ガラ摘みが大切。ビデンスの鉢

  • 西国三十三所巡り 6番、7番

    西国三十三所巡りを始めました。三十三ヶ所の観音巡礼です。順不同。・・・・・まず、吉野山から近い6番壷阪寺(つぼさかでら・南法華寺)2021/11/289:00眼病封じの御利益もあるとのこと。境内には、インドから運んだ膨大な石仏群が配置されていました。・・・・・・7番龍蓋寺(りゅうがいじ・岡寺)どこの神社もお寺も、手水鉢装飾に凝っている昨今です大木の紅葉が美しいお寺でした。・・・・・寄り道吉野神宮8:00吉野山から下る途中西国三十三所巡り6番、7番

  • 吉野山の秋

    2021年11月28日吉野の桜、一目千本の下見花矢倉展望台にて6:40日の出とは反対方向が桜の名所なので、秋の早朝はこんな様子。桜の紅葉はもう終わっていました。6:55近くの吉野水分神社に歩いて行ってみましたが、まだ門は閉まっていました。7:06太陽に照らされ始めたところ金峯山寺(きんぷせんじ)の国宝仁王門や蔵王堂は修復中今年の開花はいつになるか、気になります。吉野山の秋

  • 小花のリース

    ドライフラワーリースレモンリーフ、センニチコウ、エリンジウム、スターチス、ハマエノコロなどをノブドウのツルのリースにしました。小花のリース

  • ストックの大鉢

    ストックの大鉢

  • 2022年 謹賀新年

    ひっそりと実をつけていたヤブコウジ。シンプルで美しい。・・・・・・アスパラガススプレンゲリーの実どちらもプランツギャザリングのあとで地面に植えていたものです。・・・・・皆様の健康とご多幸をお祈りいたします2022年謹賀新年

  • 手付き白鉢

    綱木紋鉢に白いキンギョソウやビオラ、球根などを植えました。春までが楽しみな12月の鉢です。みなさん、良いお年をお迎えくださいね。手付き白鉢

  • ビオラのウォールバスケット

    5スリットのウォールバスケット11種類27ポット使用。レンタルでお出かけ中。ビオラのウォールバスケット

  • 12月レッスン ②

    マウントタイプ、スタイリッシュに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こちらはチューリップ入り寄せ植え・・・・・フリル咲きパンジー・シェルブリエも入れてます今年もありがとうございました。12月レッスン②

  • 12月レッスン ①リース

    今年もあとわずか、せめて12月のプランツギャザリングだけでもアップしたい・・・あせっています。チャレンジありがとう12月レッスン①リース

  • グリーンリース、スワッグ

    12月になる前に作ったグリーンリース・・・・・・束ねた枝のスワッグ一年間の感謝を込めて・・・今年は少しおとなしめに。材料、モミ、ヒメスギ、ブルーアイス、キンポウジュ、ノイバラの実、シルバーブルニアグリーンリース、スワッグ

  • ビオラのリース、11月

    11/23小さなビオラメインの40センチリースビオラのリース、11月

  • 11月プランツギャザリング

    ガーデンシクラメンと白いカルーナ、みんな大好きな組み合わせ・・・・・・立型綱木紋鉢・・・・・ミニミニ吊りバスケット・・・・・唐草鉢チューリップ「ハウステンボス」入りワイルドストロベリーの花や実がかわいい!・・・・・・濃い赤のストックと矮性カスミソウ11月プランツギャザリング

  • 11月プランツギャザリングオーダー ②

    大型綱木紋鉢。ビオラやリナリアなどの小花を使いました。・・・・・・大型、縦長の鉢の植え替えでした。チューリップの球根を入れました。春まで頑張って咲かせてください。11月プランツギャザリングオーダー②

  • 11月プランツギャザリングオーダー ①

    屋外用苗をカゴに植えました。裏と表で違う顔です。・・・・・豪華な花束風寄せ植え・・・・・手付き綱木紋鉢、丸鉢タイプ。ビオラ・華あられやゲブラの3株ミックスビオラを使っています。・・・・11月プランツギャザリングオーダー①

ブログリーダー」を活用して、ミセスサニーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ミセスサニーさん
ブログタイトル
サンルーム
フォロー
サンルーム

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用