searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

のりこさんのプロフィール

住所
西区
出身
西区

自由文未設定

ブログタイトル
のりこの山と本のボチボチ記
ブログURL
http://noripi-49.at.webry.info/
ブログ紹介文
読んだ本、観た映画、歩いた山の日記です。
更新頻度(1年)

114回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2005/12/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、のりこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
のりこさん
ブログタイトル
のりこの山と本のボチボチ記
更新頻度
114回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
のりこの山と本のボチボチ記

のりこさんの新着記事

1件〜30件

  • 【古井由吉】と【三島由紀夫】

    杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫) - 古井 由吉通常、人は亡くなることで、次第に忘れられてしまう。だが、作家や芸術家は、亡くなったことで、今更にして思い出す。故人の死を悼み、どうして、わたしは故人を深く知ろうとしなかったのかと、途方に暮れ、哀しみの底に落ち込んでしまう。そうした時に、わたしを故人へと誘ってくれる助け人がいる。ありがたいことだと感謝する。今年2月28日に82歳で亡くなった「古井由吉」さん。 2月18日に82歳で亡くなった古井由吉(よしきち)さんは、作家がこぞって敬愛する純文学のレジェンドだった。往復書簡の共著があり、親交のあった詩人で作家の松浦寿輝(ひさき)さんは寄稿で、「途..

  • 【博士と名付けた人】

    ブログを書くほどの大きな感動も、大きな出来事にも出逢えない平々凡々の毎日が過ぎていく。と先日のブログの冒頭に書いた。確かにその通りの日々なのだが、大きな変化はないが小さな変化、小さな諦め、小さな歓びなどなどは実は毎日、わたしの周辺に起きている…

  • 【go to dokusyo】&【go to sigoto】

    ブログを書くほどの大きな感動も、大きな出来事にも出逢えない平々凡々の毎日が過ぎていく。朝目覚めて、東南に向いた戸を開ける。一瞬に飛び込んでくる室内の温んだ空気へ冷気が飛び込んでくる。以前の住まいだと家から朝焼けは見ることが出来なかったが今は朝焼けが嬉しい。そしてここから見える山にいつ、雪景色が見えるのだろうか?と思ったりする…

  • 「星の子」&「こちらあみ子」

    「星の子」&「こちらあみ子」,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【0.5⇒0.28】&【0.5⇒0.3】

    11月に入り、あっという間という感覚で半月が終わる。10月12日から始まった仕事だが、10月末までは本来の仕事の調査票がまだ殆ど届いていなく、この会社本来の仕事の手伝いだった。主に、様々なデータ記入や寄せられた決算書から調査票への転記などなど。11月に入ると5、6日をピークに調査票がどっと送られてきて、私にとっての本来の仕事…

  • 【銀杏の整列】

    【銀杏の整列】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【カネを積まれても使いたくない日本語】

    【カネを積まれても使いたくない日本語】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【Fun to Share】

    10月が終わった。12日から働いて、三週間が経った。始めは難しくて、悩んだ~~~今年冬、朱鷺メッセに確定申告のPCサポートに就いた時も研修の最後に、皆さん、終える頃にはベテランになってますよ!と励ましてくれた税務署の職員さんだった。そして、現在の職場の支店長も「どう慣れた?」と時折声掛けてくれる。当初…

  • 【ショート・サーキット】

    「ショート・サーキ…

  • 【「木を接ぐ」&「雛の棲家」】

    「雛の棲家」 佐伯一麦著 …

  • 【缶詰に愛をこめて】

    10月18日記事「井の中から聴く世界」の中で「美味しい仕事人」小泉武夫さんのことを書いた。聴き逃しで再度聴いて本当に小泉…

  • 【デューク・エリントンが完成】

    10月14日に「デュークが古町に」で途中の「デューク・エリントン」の壁画に関して書いた。21日、NEXへ行く途中に立ち寄る。見事、デューク・エリントン壁画は完成していた。

  • 【市民のための仏教講座  若松 英輔】

    スーパーに併設している書店で講演会のチケットを買ったのは、まだまだ暑い盛りの頃だった。すっかり涼しくなり、夜半など寒くなった。「第12回 市民のための仏教講座」若松 英輔氏もう12回も開催しているのでした。たまたま、ポスター掲載時期にその書店に行かなければ参加はしなかった。入場券は1,000円 

  • 【82年生まれ、キム・ジヨン】

    82年生まれ、キム・ジヨ…

  • 【井の中から聴く世界】

    私にとって住まいは井戸の底のようなものだ。その井の中から世界を見上げて、耳を傾ける。 最近知った「世界」のいろいろ 10月16日「博士と狂人」の映画公開に合わせて「荻上チキ Session」で金田一秀穂さん、豊崎由美さんという辞書、本、映画に造詣の深い二人の話が面白かった。残念ながら、よくあることだが映画は新潟では上映無…

  • 【ぬるい毒】

    【ぬるい毒】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【デュークが古町に】

    短期での仕事は、自分が以前勤務していた会社で永年やってきたことだったり、派遣とか直雇用であってもその業務の為に一定数の人数が募集されて、分子は1でも、分母が多かった。だが、今回は「シルバー人材センター経由」といえども、環境が丸で異なっている。分母も分子も1である。官公署の仕事ではなく、バリバリの民間会社大手Tでの仕…

  • 【日曜日の人々(サンデーピープル)】

    【日曜日の人々(サンデーピープル)】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【異類婚姻譚】

    【異類婚姻譚】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【再読 本谷有希子】

    【再読 本谷有希子】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【月は東に、価千金】

    今夜もボケボケの満月を撮る。自分の備忘録、呆け防止の記録です。手書きのメモ日記も書いている。その他に思いついたA5のリング手帳にも読みながらの…

  • 【仕事決まる】

    先日来、シルバー人材センターを通して或る企業から「弊社が落札した仕事を手伝って欲しい」と言われていた。本日、履歴書や職務経歴書を持って、仕事の内容、時給等々、事務所内で話をしてきた。果たして、務まるのだろうか?現場を離れて、数年経つし・・・私の件は本社に稟議を上げてからなので、出社は来週か或いは12日くらいからになるという。…

  • 【トンネル鏡】

    【トンネル鏡】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【コンビニ人間】

    【コンビニ人間】,団塊世代隙間時間の読書・映画・時々トレッキング日々の日記書に倦(う)むや蜩(ひぐらし)鳴て飯遅し  正岡子規Twitter https://twitter.com/pasonori

  • 【クローズド・ノート】

    2020年9月27日(日)ラジオ…

  • 【「改良」を読む】

    前述の宇佐見りん「かか」と文藝賞同…

  • 【「かか」を読む】

    第56回 文藝賞受賞 三島由紀夫賞受賞 21歳の大学生(女性)が一気に二つの受賞を果たしたということでその才気が話題になっている。図書館の単行本は数人待ちなので、選評の載っている「文藝 2019年冬号」を借りる。

  • 【梵字碑にザリガニ】

    樋口一葉記念 第二十八回 やまなし文学賞受賞                 崎浜  慎上記文学賞に関しては、今まで全く視野にはなかった。それは、大手文芸誌は、その上の芥川賞等への登竜門となるし、受賞文芸誌に掲載…

  • 【秋冷の候】

    いろいろと待つことや、読むことに感けている内に「秋冷の候」となってしまった。10日に仕事依頼主の某企業に面接に行ってきてから、「入札が17日で、まずは落札することが先決」ということで文字通り「待つ数日」を送った。すると、17日にシルバー人材センターの担当者から連絡が入り、無事落札されたとのことで、書類を送りますとのことだ…

カテゴリー一覧
商用