chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
臨床工学技士の備忘録 https://benridayo.net

臨床工学技士の気ままなブログです。血液透析がメインテーマになりますが、気になったことはどんどん記事にしていこうと思っています(^-^)

maru
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/02/14

1件〜100件

  • 節電ポイント

    節電ポイント。どんな感じで開始されるのか?気になるところです。高齢の方はエアコンをつけないんです。この暑さ・・・本当に大変な事態になりますからね。エアコンなしでは。節電ポイントが悪い方向に向かないことを願います。

  • ダーブロックの基礎知識

    近々、ダーブロックの勉強会があるのですが・・・全く知りません。なので、前知識としてちょっとダーブロックの基礎知識をカンニングしておきます。

  • 血液透析ろ過の原理

    血液透析ろ過の原理やメリット・デメリットをご紹介。

  • 歯科検診が義務化

    年に1回の歯科検診が義務化されるかもしれませんね。歯周病で歯が無くなるのはもちろんですが、歯周病が原因で肺や心臓・脳まで疾患を患うリスクが高くなるそうです。

  • 褥瘡も課題になります

    褥瘡もこれからの課題になりそうです。透析室で働いていて、今まで褥瘡なんて気にしていませんでしたが、これからの透析患者の高齢化により、褥瘡対策も行う必要がありそうです。透析中、4時間以上同じ体位で寝ていることが多いですからね。いいベッドを使っていても、体位変換が重要になりますね。

  • 人工血管の静的静脈圧の測定は必要なの?

    ループ型の人工血管を使っている人の、シャント管理に静的静脈圧の測定があります。ガイドラインにも明記されているので、流れ作業的に測定はしているのですが・・・

  • 透析患者の下痢

    透析患者さんの多くが便秘症に悩むことはよく言われますが、実は、それと同じくらい下痢で悩んでいる人も多いです。便秘に関してはこちらでも紹介しているので参考になればと思いますここでは透析患者さんの下痢に関してまとめています。透析患者さんの下痢の

  • 赤血球沈降速度

    赤血球沈降速度っていったい何だろうか?昔からある指標の一つですが、たまたま患者さんが測定することになったので、まとめてみました。

  • ドライウェイトを考える

    透析患者さんのとても大事な数字。ドライウェイトですね。ドライウェイトの指標や決め方に関して書いている記事もあるのですが、やはり、そう簡単にはいかないです。私が感じているドライウェイトについて考えてみました。

  • 透析用の問診票

    透析患者専用の問診票を作りましたよ。作ったら、後は改善していくだけになります。これだけで、新規患者さんが来た時に手間が格段に減ることは間違いありません!!

  • 新患の問診票を作ろう

    新患者さんが来た時の問診票を作ろうと決心しました!!今まではベッドサイドで聴取していたのですが、患者数が増えてきた現在、なかなか難しくなってきました。これからは、患者さんに問診票を書いてもらい、補填する方式に移行です!!

  • 突然の「今日は透析行きません」

    ある日、突然やってきます。透析患者さんからの電話。その電話で「今日は透析にはいきません」と・・・。こんな時、どう対応するべきなのか?難しい問題です。

  • プロトロンビン時間

    プロトロンビン時間ワルファリンを内服している透析患者さんで測定している場合がありますよね検査結果の紙には「PT-INR」と表記されていて、INRだけで読んでいることが多いのではないでしょうか?そもそも、プロトロンビン時間とは何?ということを

  • 血液ろ過の原理

    血液ろ過の原理と書いていますが、そもそも血液ろ過とは???から、原理、適応、血液透析との違いに関してまとめています。ほとんど患者さんがいない血液ろ過ですが、多くの患者さんが行っている血液ろ過透析を理解するには血液ろ過を知る必要があると思います。

  • 血液透析の原理

    血液透析の原理。原理自体はそれほど難しくない。だって、小学生や中学生で習うような原理です。血液透析の原理から大きな回路の流れや透析に必要なものをご紹介します。

  • 透析患者のかゆみ

    透析患者さんの体のかゆみは永遠の課題なのかもしれません。加齢による乾燥も重なり、かゆみによりQOLが下がってしまいます。たかがかゆみと言っても、程度も人それぞれ。透析患者さんごとの原因を見極め、対策をしていく必要があります。

  • 加齢黄斑変性症とは

    加齢黄斑変性症とはどんな病気?原因や治療法、予防方法等をまとめました。

  • 透析患者のカルシウム

    透析患者さんにとって高リン血症がサイレントキラーですが、実はカルシウムの値も深くかかわっているんです。リンとカルシウムはとても仲が良く、悪さをするのもいつも一緒です。透析患者さんのカルシウム値の正常値や与える影響等をまとめています。

  • 透析患者の高リン血症

    透析患者の高リン血症。カリウムよりもそれほど気にしていない患者さんが多い印象ですが、高リン血症には要注意。なんでもサイレントキラーなんて言われているみたいですよ。 このネーミング通り、知らず知らずのうちに、体の中を蝕んでいきます。

  • グリコアルブミン

    グリコアルブミンの基準値やHba1cとの違い等のまとめ。

  • 透析時運動指導等加算

    2022年の診療報酬改正。人工透析も安定の下げですね・・・。そんな中、透析時運動指導等加算が新設されることになりました。その概要になります。

  • Cペプチド

    Cペプチドとはなんだ???と思ったので調べてみました。Cペプチドの基準値や検査方法、糖尿病患者との関係、1型糖尿病。高値になる場合、低値になる場合等についてです。

  • エポジン

    エポジンとは中外製薬から販売されている、遺伝子組み換えヒトエリスロポエチン製剤のこと。

  • 透析効率

    透析効率の話。一般的に透析効率を上げると、死亡率は下がるといわれているが、透析効率だけを見ていてもあまり意味がないみたいですね。患者の年齢や活動状況。分子量の大きさにも関わってくるみたいです。

  • 鎮痛剤による血圧低下

    透析患者に限らず、鎮痛剤(アセトアミノフェン・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))を内服したり、坐剤を使用すると、血圧が下がると言われていますが・・・調べたことがありませんでした。実際に血圧が下がるというデータはあるのか?それとも、経験的に言われていることなのか?調べてみました。

  • 血糖値スパイク

    血糖値スパイクを予防して、病気になるリスクを防ぎましょう!!糖尿病でなくても、糖尿病のような病気になることがあって、突然死のリスクも高くなる!!それが血糖値スパイクの恐ろしいところです。予防できるなら要望して損はないと思います。

  • 臨床工学技士の将来性

    臨床工学技士の将来性、臨床工学技士はいる?いらない?

  • 臨床工学技士の年収

    臨床工学技士の年収についてです。平均年収から、年齢別の平均は?臨床工学技士で年収1000万円は可能か?と言ったところです。

  • 透析患者のばね指

    透析患者さんの透析アミロイドーシス。長年透析をされている人には大きな悩みの種ですね。今から20年と今ですでに20年の人では透析の質が変わっているので、これから透析アミロイドーシスの人も減ってくるかもですが、まだまだ悩んでいる人も多いのが現状。その中でも、『ばね指』今回はこれに焦点を当てたいと思います。

  • N95マスクってなに?効果や付け方、使用期限等のまとめ

    N95マスクってありますが、サージカルマスクとどう違うのか?いったいどんな時に使うのか?効果はいかほど?付け方は?使用期限は?使いまわしても大丈夫なの?と、いろいろ調べてまとめてみました。

  • コロナウイルスワクチンの3回目接種

    コロナウイルスワクチンの3回目の接種が終わりました!!

  • 骨塩定量検査

    骨塩定量検査というのがあるのですが・・・測定方法にDIP法やQUS法、X線の吸収率を見る方法なんてのもありますし、そもそも、測定値も解りにくい。 なので、骨塩定量に関して簡単にまとめていこうと思います。

  • 人工血管の静止静脈圧

    透析患者さんの人工血管の内シャント。静的静脈圧を測定する必要があるのか?個人的な意見と、測定が推奨されているガイドラインの紹介、静的静脈圧の測定方法をまとめました。

  • 透析患者の下剤

    透析患者さんの永遠の悩み、便秘。長年透析をしているとどうしても出てくる症状ですね。その救世主となるのが下剤なのですが、種類がたくさんあり、選択に困ります。透析患者にあった下剤を選択してあげることが重要ですね。下剤に頼らずに排便をする方法もありますよ。

  • 透析患者のシャント

    透析患者さんのシャントに関して簡単にまとめています。シャントの種類や管理方法、合併症などについて

ブログリーダー」を活用して、maruさんをフォローしませんか?

ハンドル名
maruさん
ブログタイトル
臨床工学技士の備忘録
フォロー
臨床工学技士の備忘録

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用