chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Hibi
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/09/14

1件〜100件

  • ラインの上下に補助線を引いてゾーン表示させるツール(アラート機能もあり)

    トレンドラインや水平ラインはピッタリそのラインで反発することは少ないので、幅を持たせてゾーン表示させたいという方もおられると思います。 インジケーター「LineZone」は、ツールを乗せたラインに幅指定するだけでゾーン上限、ゾーン下限の補助線を引くことができる便利ツールです。さらに、ゾーンの内側にレートが来た時にアラートする機能もあります。 表示イメージ(クリックで拡大) ゾーン内に到達=ラインの少し手前でアラートを出すということなので、反転のチャンスだったが、僅かにラインに届かず、アラートが鳴らなかったため取り逃した。という残念な事態にはもうなりません。 水平ラインとトレンドラインで使用可能

  • ラインを別時間足の必要なチャートにコピーする便利ツール

    インジケーター「LineCopyTHV」の紹介ページです。 ライン追加時、同じ通貨ペアのほかの時間足のチャートに簡単にラインをコピーできます。対象のラインは水平ライン、トレンドライン、垂直ラインです。コピーしたラインは移動、削除操作を同期します。ホットキーを押しながら対象のラインクリックで非同期削除ができます。「この時間足のラインだけ消したい」ができます。 他ツールとの違い 同様のラインコピー系インジケーターは他にもありますが、基本的には全時間足にコピーするのがほとんどです。その結果下のD1のような明らかに不要なラインが引かれてしまいます。また、削除操作も同期されるため不要なラインだけ削除する

  • シンプルな注文ツール(mt5)

    mt5の注文、決済位置(利確と損切)の指定をキーボードによる価格入力なしで、チャート上のドラッグ操作のみで行えるようにする便利ツールを開発しました。操作方法も非常にシンプルで使いやすいです。 mt4版はこちら mt5の標準注文ツールとの違い mt4で指値、逆指値位置および決済位置を指定するためにはmt5の注文画面からそれぞれの価格を入力しないといけないといけません。なかなか面倒くさく、しかも入力ミスも多発しやすい(注文価格に損切価格を入力したり…)ので困っている方多いのではないでしょうか。発注後はチャート上にラインが表示され、ドラッグ操作で動かすことができますが… それならもう、最初から全てド

  • シンプルな注文ツール(mt5)

    mt5の注文、決済位置(利確と損切)の指定をキーボードによる価格入力なしで、チャート上のドラッグ操作のみで行えるようにする便利ツールを開発しました。操作方法も非常にシンプルで使いやすいです。 mt4版はこちら mt5の標準注文ツールとの違い mt4で指値、逆指値位置および決済位置を指定するためにはmt5の注文画面からそれぞれの価格を入力しないといけないといけません。なかなか面倒くさく、しかも入力ミスも多発しやすい(注文価格に損切価格を入力したり…)ので困っている方多いのではないでしょうか。発注後はチャート上にラインが表示され、ドラッグ操作で動かすことができますが… それならもう、最初から全てド

  • タグ設定の例

    日々トレ FXではユーザーが自由にタグをつけることができます。工夫次第で様々な使い方ができる反面、自由すぎて逆に困るという方もいるかと思います。そんな方のためにタグ設定の例をいくつかあげたいと思います。参考にしてください。 タグ設定の例 通貨ペア 1つの通貨ペアしか監視しない人は不要ですが、基本的には設定した方が良いです。通貨ペアのタグを設定することで、インポート機能で自動入力することもできます。 売買方向 チャート画像だけでは売買方向ばわかりにくい場合があるので、設定してもよいかと。スワップポイント等の影響により売り買いに成績差が出る場合も考えられます。 トレード手法 複数のトレード手法を持

  • インポート機能でトレード履歴を活用しよう

    分析データが少ないならば、昔のトレードを有効活用 日々トレ FXを使い始めて間もない方、トレードデータが少なくて分析できないとお困りではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、トレードしていたけど、記録を取っていなかった時期のトレードを記録すること。昔のトレードを振り返ることができ、自分のトレードの現状把握もできます。トレード歴の無い方なら仕方ないですが、ある程度トレード歴がある方ならば昔のトレードも有効活用しないともったいないです。日々トレ FXの「インポート」機能を使います。(Ver 2.0以降の機能) トレード記録ツール 日々トレ FX インポート機能 mt4のトレード履歴を自動で記録し

  • インポート機能でトレード履歴を活用しよう

    分析データが少ないならば、昔のトレードを有効活用 日々トレ FXを使い始めて間もない方、トレードデータが少なくて分析できないとお困りではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、トレードしていたけど、記録を取っていなかった時期のトレードを記録すること。昔のトレードを振り返ることができ、自分のトレードの現状把握もできます。トレード歴の無い方なら仕方ないですが、ある程度トレード歴がある方ならば昔のトレードも有効活用しないともったいないです。日々トレ FXの「インポート」機能を使います。(Ver 2.0以降の機能) インポート機能 mt4のトレード履歴を自動で記録してくれる 昔のトレードを記録するとい

  • インポート機能でトレード履歴を活用しよう

    分析データが少ないならば、昔のトレードを有効活用 日々トレ FXを使い始めて間もない方、トレードデータが少なくて分析できないとお困りではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、トレードしていたけど、記録を取っていなかった時期のトレードを記録すること。昔のトレードを振り返ることができ、自分のトレードの現状把握もできます。トレード歴の無い方なら仕方ないですが、ある程度トレード歴がある方ならば昔のトレードも有効活用しないともったいないです。日々トレ FXの「インポート」機能を使います。(Ver 2.0以降の機能) インポート機能 mt4のトレード履歴を自動で記録してくれる 昔のトレードを記録するとい

  • mt4以外の独自取引ツールでも使えます

    日々トレFXをお使いの際、取引ツールとして基本的にmt4(またはmt5)を推奨しています。では国内業者の独自ツール(DMM FX、LION FXなど)やTrading Viewでは全く使えないのかというとそうではありません。日々トレ FXを使うメリットは十分にあります。検索機能や分析機能は問題なく使えます。ただ、トレードを記録する際に若干手間がかかってしまいます。 国内業者の独自ツールを使用する際の注意点をお伝えしていきます。 自動入力ができない 補助インジケーター、スクリプトが使えないので、日付、pipsなどの自動入力機能が使えません。キーボードからの手入力になります。 日付や損益は取引履歴

  • 日々トレ FXの補助インジケーターがmt5に対応しました

    mt5ユーザーでも補助インジケーターによる自動記録機能が使えるようになりました。基本的にはmt4版と使い方はほぼ変わりません。(下記事を参照) 注意点 mt5版は、インジケーター「HistoryLine_Shortcut」がありません。mt5ではポジション決済時に取引履歴のラインが自動表示される機能があるので必要ありません。このラインをダブルクリックでトレード情報がコピーされます。 ソフトウェア、エクセルテンプレートはmt4版と同じものを使用します。使い分ける必要はありません。 トレード記録ツール日々トレ FXのダウンロードはこちら。 トレード記録ツール 日々トレ FXのダウンロード

  • 日々トレ FXの補助インジケーターがmt5に対応しました

    mt5ユーザーでも補助インジケーターによる自動記録機能が使えるようになりました。基本的にはmt4版と使い方はほぼ変わりません。(下記事を参照) 注意点 mt5版は、インジケーター「HistoryLine_Shortcut」がありません。mt5ではポジション決済時に取引履歴のラインが自動表示される機能があるので必要ありません。このラインをダブルクリックでトレード情報がコピーされます。 ソフトウェア、エクセルテンプレートはmt4版と同じものを使用します。使い分ける必要はありません。 トレード記録ツール日々トレ FXのダウンロードはこちら。 ダウンロード

  • 新機能:トレード記録の印刷【Ver3.0】

    日々トレ FXをVer 3.0にアップデートしました。今回は、トレード記録を印刷する機能の追加です。ライセンス購入者限定の機能です。 各トレードに印刷ボタン トレードの詳細画面に印刷ボタンを追加しました。クリックすると印刷ダイアログが開きますので、プリンターを選択後、OKをクリックしてください。現在表示中のトレードが印刷されます。 トレード記録のPDF化も可能 プリンター名選択で、「Microsoft Print to PDF」を選択した状態で印刷すると、トレード記録をPDFファイルとして保存できます。 PDF化したトレード記録のサンプルです。トレード詳細画面とほぼ同じレイアウトで印刷されます

  • 新機能:トレード記録の印刷【Ver3.0】

    日々トレ FXをVer 3.0にアップデートしました。今回は、トレード記録を印刷する機能の追加です。ライセンス購入者限定の機能です。 各トレードに印刷ボタン トレードの詳細画面に印刷ボタンを追加しました。クリックすると印刷ダイアログが開きますので、プリンターを選択後、OKをクリックしてください。現在表示中のトレードが印刷されます。 トレード記録のPDF化も可能 プリンター名選択で、「Microsoft Print to PDF」を選択した状態で印刷すると、トレード記録をPDFファイルとして保存できます。 PDF化したトレード記録のサンプルです。トレード詳細画面とほぼ同じレイアウトで印刷されます

  • 水平線、トレンドラインを違う時間足のチャートにコピーするインジケーター

    インジケーター「LineCopyTrendHline」は、同じ通貨ペアのほかの時間足のチャートに簡単にラインをコピーできます。 裁量判断でコピー先の時間足が選べる マルチタイムフレーム分析に必須のツール。同様のインジケーターは他にもありますが、自動同期ではなく裁量判断(手動)でコピー先の時間足を選べるのが特徴です。5分足のラインが勝手に週足にもコピーされて邪魔になるようなことはありません。必要な時間足のみコピーできます。長期足から短期足まで幅広い時間足を見られる方にオススメです。 また、コピーされたラインはドラッグ、削除操作が同期されます。 使い方 手動ですが、操作はとても簡単。トリプルクリッ

  • 日々トレ FXは過去検証の記録、分析もできるツールです。

    トレード記録ツール 日々トレ FXはトレードの記録だけではなく、過去検証の記録にも便利です。 過去検証は記録に残すべき 書籍やトレード塾などでトレード手法を習った際、まず行うのが過去検証です。その手法通りにエントリー、決済を繰り返した結果本当に勝てるのか?を過去チャートから検証する作業です。過去検証のやり方は各人各様ありますが、どんなやり方にも共通して言える重要なことは 検証した各トレードを振り返りしやすい形で記録に残しておくこと です。過去検証はやりっぱなしで終わりではいけません。せっかく手間をかけて検証するのですから、その記録データをもっと有効活用しましょう。 記録を取るメリット 1.検証

  • 日々トレ FXをVer2.0にアップデートしました。

    お知らせ。 日々トレ FX Ver 2.0を公開しました。便利機能を追加し、さらに使いやすくなりました。 トレードの一気見がラクに トレードを一気見したいときの操作性が不便だったので、トレード閲覧画面に前後移動ボタンを追加しました。 検索画面から選択ボタンを押す作業を何回も繰り返さないといけなかったのでこれでかなり振り返りが楽になりました。 mt4のトレード履歴からインポート mt4トレード履歴内の各トレードを日々トレ FXに自動記録する機能を追加しました。 添付のスクリプトファイル「HibitoreHistory.ex4」を実行するとトレード履歴を記録したcsvファイルが作成されます。 あと

  • mt4(mt5)にEAを追加する方法

    mt4、mt5にEA(エキスパートアドバイサー)を追加する方法です。一部を除いて基本的にはインジケーターを追加する方法と同じです。 mt4の場合 mt4の左上「ファイル」→「データフォルダ」をクリック 「MQL4」→「Experts」に移動し、ex4ファイルを貼り付け mt4に戻り、「ナビゲーター」の「エキスパートアドバイザ」を右クリックから更新 追加されたインジケーターをチャート上にドラッグ インジケーターの設定画面が出ますので、「全般」タブの「自動売買を許可する」にチェック 「ツール」→「オプション」→「タブ:エキスパートアドバイザー」の「自動売買を許可する」にチェック チャートの右上にス

  • mt4にEAを追加する方法

    mt4にEA(エキスパートアドバイサー)を追加する方法です。一部を除いて基本的にはインジケーターを追加する方法と同じです。 mt4の左上「ファイル」→「データフォルダ」をクリック 「MQL4」→「Experts」に移動し、ex4ファイルを貼り付け mt4に戻り、「ナビゲーター」の「エキスパートアドバイザ」を右クリックから更新 追加されたインジケーターをチャート上にドラッグ インジケーターの設定画面が出ますので、「全般」タブの「自動売買を許可する」にチェック 「ツール」→「オプション」→「タブ:エキスパートアドバイザー」の「自動売買を許可する」にチェック チャートの右上にスマイルマークが表示され

  • シンプルな注文ツール

    mt4の注文、決済位置(利確と損切)の指定をキーボードによる価格入力なしで、チャート上のドラッグ操作のみで行えるようにする便利ツールを開発しました。操作方法も非常にシンプルで使いやすいです。 mt4の標準注文ツールとの違い mt4で指値、逆指値位置および決済位置を指定するためにはmt4の注文画面からそれぞれの価格を入力しないといけないといけません。なかなか面倒くさく、しかも入力ミスも多発しやすい(注文価格に損切価格を入力したり…)ので困っている方多いのではないでしょうか。発注後はチャート上にラインが表示され、ドラッグ操作で動かすことができますが… それならもう、最初から全てドラッグ操作で位置決

  • ラインの反発部分に印をつけるインジケーター「LineReturnMark」の紹介

    水平ライン、トレンドラインの反発箇所がぱっと見で分かるので、ライン分析にかける時間を短縮できます。強いライン、弱いライン、不要なラインを瞬時に判定できます。 例えば下の画像だと、「上から3番目のラインは5回も反発しており、サポレジも切り替わっているのでかなり強いラインである」という感じです。 たくさんラインが引いてあると、混乱してどのラインに注目したらよいのか分からなくなることが多い方にお勧めです。 左側:インジケーター非適用 右側:インジケータ適用 さらに、設定したラインで反発すると、メール送信する機能も。ラインでの反発を確認してからエントリーする、トレード戦略を立てるという方にお勧めです。

  • 水平線をカットするインジケーター「HLineCut」

    水平線の左側の不要な部分をカットすることでチャートの見た目を整えることができます。使い方も簡単。インジケーター追加時にはさみオブジェクトが表示されるので、これをラインのカットしたい部分までドラッグするだけ。 ラインの色、スタイルなどのプロパティ情報は切断前のものを引き継ぎます。 オブジェクトとローソク足がかぶって邪魔な場合はラベルを移動させてください。ラベルの動きに合わせてはさみオブジェクトも移動します。 パラメーター gogojungleで販売しております。(税込み800円) https://www.gogojungle.co.jp/tools/indicators/35921 無料で使える

  • ショートカットキーでトレード履歴を表示させるインジケーター「HistoryLine_Shortcut」【無料】

    指定されたショートカットキーを押すだけでチャート上にトレード履歴を表示/削除することができるインジケーター「HistoryLine_Shortcut」のご紹介。

  • ライン付近で反発したらアラートするmt4インジケーター

    ライン付近で反発を確認してからアラートを出すインジケーター「LineReturn」を開発しました。ラインタッチではなく、反発を待ってからエントリー、決済する方向けです。使い方もとても簡単なので、ぜひ使ってみてください。 特徴…レジサポ逆転にも使える ・水平ライン、トレンドライン近辺で山、谷を形成したらアラートを出します。(点線の間の領域) ラインちょうどで反転することはほぼなく、多少上下にずれることを考慮しています。 ・以下の6つの値動きパターンを想定した使い方ができます。 ②、⑤のようにラインを抜けてからのレジサポ逆転を狙いたい場合にも使えますし、 ③、⑥のように抜けなかった場合と抜けてから

  • FX過去検証の記録方法

    新しいトレードルールを過去検証する際、成績の確認だけでなく。分析用に1つ1つのトレードを記録として残しておくのが大事です。分析によってトレードルールが通用する場面と通用しない場面を見極める状況判断力を養いましょう。例によって、「日々トレ FX」を使った過去検証の記録の取り方と分析方法をお伝えします。 過去検証をルール通りに行っても勝てない? FXの書籍や商材などでトレードルールを習った際、多くの人がまず最初に行うのは過去検証でしょう。トレードルールに当てはまる場面を探し、何pips取れたかをエクセルに記録。全期間分取り終わって勝率や期待値を計算すると… 大して勝てなかった。 このような経験をさ

  • 1日、1週間、1か月あたりのトレード回数を簡単に調べる方法。

    トレード回数を分析することで、自分のトレードの改善ポイントがわかることがあります。トレード回数の推移データ、平均値などの統計データを簡単に作成する方法をお伝えします。

  • mt4でワンクリックで通貨ペアを切り替える便利ワザ

    mt4で複数通貨ペアを監視しているトレーダーは多いと思いますが、 切り替え作業をもっと効率よく、ストレスなく行いたい方に向けた便利ワザを紹介します。

  • FXトレード記録から自分の負けパターンを見つけ出す方法

    トレード記録から自分の負けパターンを見つける方法をお伝えします。「○○が原因でよく負ける」を思い込みやイメージではなく数値データで示すことができます。

  • FXトレード記録データをエクセルテンプレートで分析する

    トレード記録を続けていくと、自分のトレードの傾向がある程度分かります。専用のエクセルテンプレートによる分析を行えば、をれを客観的なデータ(勝率、資産曲線など)で検証することができます。

  • FXトレード記録データをエクセルテンプレートで分析する

    トレード記録を続けていくと、自分のトレードの傾向がある程度分かります。専用のエクセルテンプレートによる分析を行えば、をれを客観的なデータ(勝率、資産曲線など)で検証することができます。

  • FXトレード記録データをエクセルテンプレートで分析する

    トレード記録を続けていくと、自分のトレードの傾向がある程度分かります。専用のエクセルテンプレートによる分析を行えば、それを客観的なデータ(勝率、資産曲線など)で検証することができます。

  • mt4でチャート上にトレード履歴を表示させる方法

    トレードを振り返る際に便利な、トレード履歴(エントリーポイントと決済ポイント)をチャートに表示させる方法をお伝えします。

  • 日々トレ FXのダウンロード、購入ページ

    大変便利なFXトレード記録ツール 日々トレ FXはこちらのページからダウンロードできます。記録数100までは無料ですので、まずはお試しで使ってみてください。

  • トレード記録補助インジケーター「tradeinfo_copy」の紹介

    FXトレード記録を補助するインジケーターです。このインジケーターを追加しておくことで、日々トレ FXのトレード記録作成時に日付、収益情報などをトレード履歴からコピーできるようになります 。

  • FXチャート画像を記録する方法

    トレード履歴や過去検証チャートを画像として残して、後々の振り返りに役立てることができます。チャート画像を簡単に記録する方法をお伝えします。ツールを使う方法とショートカットキーを使う方法があります。

  • FXチャート画像を記録する方法

    トレード履歴や過去検証チャートを画像として残して、後々の振り返りに役立てることができます。チャート画像を簡単に記録する方法をお伝えします。ツールを使う方法とショートカットキーを使う方法があります。

  • mt4でチャートにインジケーターを追加する方法

    外部から入手したmt4インジケーター(ex4ファイル)をチャートに追加する方法をお伝えします。

  • mt4でチャートにインジケーターを追加する方法

    外部から入手したmt4インジケーター(ex4ファイル)をチャートに追加する方法をお伝えします。

  • トレード記録の便利ツール 「日々トレ FX」

    「記録、振り返りがラクで続けやすい」「トレードの改善ポイントが見つけやすい」FXトレード記録ツールです。忙しい兼業トレーダーにオススメ。

  • トレード記録の便利ツール 「日々トレ FX」

    面倒なFXトレード記録を簡単に継続化させるツールです。簡単操作と便利な振り返り機能が特徴。補助ツールとしてExcelテンプレートもご用意しています。

  • トレード記録の便利ツール 「日々トレ FX」

    面倒なFXトレード記録を簡単に継続化させるツールです。簡単操作と便利な振り返り機能が特徴。補助ツールとしてExcelテンプレートもご用意しています。

ブログリーダー」を活用して、Hibiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Hibiさん
ブログタイトル
日々トレ FX 面倒なトレード記録を簡単に
フォロー
日々トレ FX 面倒なトレード記録を簡単に

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用