chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • セミの一生ってどんなものなの?

    セミというと、多くの人は成虫のセミを思い浮かべるでしょうが、セミの一生は、地面の中で暮らす幼虫時代が、最も長い期間です。

  • 鳥が自由に飛ぶための翼の仕組み

    鳥は、大空を自由に飛ぶことがでいます。人は、飛行機を発明して飛ぶことができますが、大空を羽ばたくこととは大きな隔たりがあります。鳥の翼にはどんな仕組みがあるのでしょう。鳥の翼にかかる力を模擬化して、加わる力を分かりやすく紹介しています。

  • 働きアリの休憩方法

    アリは働き者として、イソップ物語にも登場しますが、アリだって生き物です。休憩もとります。記事では、コロニー内で働くアリと

  • 給水能力が優れた羽毛とハチを防ぐ特殊な羽毛

    鳥が飛ぶために、なくてはならない羽毛は、体温維持にも必須ですが、もっとすごい役目をしている羽毛もありました。この記事では、砂漠地帯に棲んでいる鳥の、特別すごい吸水率の羽毛と、スズメバチの攻撃を弱める働きをしている羽毛の事例を紹介しています。

  • ハクチョウの糞尿による水田への影響

    日本に飛来する白鳥は、河川や湖、海近辺で過ごします。午前10時ごろまでには、えさ場となる水の抜かれた水田などに移動します

  • 鳥のフィールドサイン観察に便利な道具

    鳥が、少し前まで、その場所に存在した証拠のフィールドサイン探しは、宝探しのような楽しさがあります。但し、見つけた証拠を保

  • 植物はどのようにして開花時期を決めているのでしょう

    屋さんでは、キクの花は年中あります。これは温室栽培の成果ですが、植物は適正な開花時期をどのようにして知るのでしょうか。この記事では、多くの植物が開花時期を決める方法を植物の性質とキクの開花時期の調整方法などから、分かりやすく紹介します。

  • 多くの鳥がツガイで子育てをする理由

    鳥の多くは、夫婦のツガイで子育てをすることが多いのですが、生物界全体でみると、ツガイによる子育ては稀です。この記事では、鳥類では、夫婦による子育てが多い理由を分かりやすく紹介しています。

  • 花の色を決めるものと、花の色を変化させる要因

    人が見る花が綺麗で鮮やかなのは、植物の戦略なのか、偶然なのかは不明ですが、多くの花がポリネータではない私たちも楽しませてくれるのは幸運なことです。この記事では、人が見ている花の色はどのようにして見えるのかをまとめたものです。

  • 散歩のついでに楽しめるバードウォッチングの楽しみ方

    野鳥の声を聴と、素晴らしい声量に驚きます。また、鳥の姿をじっくり観察すると、何と彩り豊かなんだろうと感じてしまいます。この記事では、気軽に楽しめるバードウオッチングを紹介しています。忙しい日常から気持ちを開放するには丁度良いでしょう。

  • 鳥の代表的な飛び方|飛行パターン名称と飛行方法

    鳥の飛行方法には、様々なパターンがありますが、羽ばたき飛行とグライダーのように滑空するグライディングの2つが基本です。鳥の飛行パターンは、この2つの組合せで作られています。この記事では、代表的な飛行パターンと名称、飛行方法を紹介しています。

  • 毎年、庭のどこかに生えて勝手に咲く花はテッポウユリではなかった

    毎年、庭に生えて来て、大きなユリの花を咲かせてくれるのは、テッポウユリだと思い込んでいましたが、タカサゴユリでした。両者は、共に鉄砲の筒のような形で、似ています。この記事では、なぜ、鉄砲のような形なのか、何故、似ているのかを紹介しています。

  • 真夏の象徴のような「ひまわり」の花と美味しい種

    私の中のヒマワリの花の橙色は、夏そのものです。このヒマワリの花について、少し調べて確認できたことを紹介しています。ヒマワ

  • アリが一直線に巣に戻れる理由

    働きアリは、餌を探してあちこち歩き回っても、餌を見つけると迷うことなく巣に持ち帰ることが出来ます。アリの匂い検知能力だけでは説明が難しいため、「太陽コンパスによる方向認知」+「経路積算の能力」の2つの能力を持っているものと推測されています。

  • 古生代の巨大トンボ

    巨大トンボの研究報道に触れると、心がウキウキします。古生代の生物は、現実には見ることはできませんが、過去の時代に存在した恐竜や巨大昆虫のことを空想すると、夢の中にいるようです。地球の長い歴史は、忙しい現実の世界を忘れさせてくれます。

  • 清楚で魅惑的なカタクリの花

    カタクリの花は、「春の妖精」と呼ばれて、万葉の時代から多くの人から慕われている花です。現在では多くの市町村から町の花に指定していますが、生存域が減少しています。カタクリの種子の散布は、アリとの共生関係を利用していました。

  • ヒガンバナが、日本中に広がった理由

    少し前の日本では、秋になるとヒガンバナは群生していました。そんなヒガンバナは、種子を持っていないため、独力で分布を広げることはできません。この記事では、どのようにして日本中に分布を広げたのかなどを分かりやすく紹介しています。

  • 昆虫の不思議な能力とメカニズム解明への期待

    小さな昆虫には不思議な能力があふれています。考えると、不思議です。ハエやゴキブリの素早い動きはどのようにして実現しているのでしょうか? まだ、分かっていないことが多いですが、これらのメカニズムが分かれば、人の技術に応用されるでしょう。

  • アカトンボと呼ばれるアキアカネの生涯

    何故か、郷愁を感じさせられるアカトンボを、紹介します。日本はトンボの種類が多いため、古くからトンボ王国と言われてきました。この記事では、アカトンボの代表と言われるアキアカネに焦点を当てて、生涯の概要をまとめています。

  • ハチミツの構成成分と加工方法

    この記事では、虫から受粉してもらう虫媒花と、その仲立ちをするミツバチとの関係や、ミツバチによる花の蜜や花粉の運び方、ブドウ糖と果糖で構成されるハチミツへの加工方法、さらにミツバチのエネルギー源などをシンプルにまとめ紹介しています。

  • 鳥が群れて行動する意味と利点

    鳥の種類によって異なりますが、群れで行動する鳥は多いように感じられます。恐らく、弱い鳥が単独で行動するよりも、群で行動する方が厳しい自然界で生き残れるからでしょう。この記事では、鳥が群れで行動する利点を分かりやすく紹介しています。

  • 昆虫は、地球上で最も多様性に富んでいる生物|昆虫の分類

    <p>地球上の全生物は、170万種ですが、昆虫だけで100万種もいます。4億年間も地球上で繁栄していたので当然ですが、多様性に富んでいます。これ程、種類の多い昆虫を分類するのは大変ですが、研究者の努力で、体形的に分類できるようになってきました。</p>

  • ウエストのくびれたハチは怖い!

    ハチの体形は、腰のくびれの有無で分けられます。腰にくびれがあると、刺されるかもしれないという怖さを感じてしまいます。この記事では、ハチの腰のくびれが出来た理由や、くびれのせいで流動食しか食べられなくなったスズメバチの事例を紹介しています。

  • 獰猛で宝石のようなハンミョウ

    ハンミョウと呼ばれる昆虫は。、子供のころから知っていましたがあまり人気はありませんでした。とても綺麗な姿ですが、何となく

  • 蚊が減ったのは何故だろう

    蚊が減ったのは何故だろう 地球の温暖化で気温が高くなったと言われています。そのせいでしょうか、テレビのアナウンサー等から

  • カッコウが托卵する理由

    カッコウの鳴き声には癒されますが、自分のたまごを他の鳥の巣に生んで育てさせる托卵をする鳥としても知られています。この記事

  • クサアリというちょっと変わったアリ

    日本の雑木林では、クサアリというちょっと変わった習性のアリがいます。クサアリの見た目は、普通の黒いアリです。変わっている

  • 植物の葉っぱも汗をかいているの?

    植物の葉っぱは、夏の強烈な日射しの中でも、光合成をするために必死で太陽に向かって広げられます。でも、温暖化で、じりじりと

  • 日本一背の高いひまわりの育て方

    黄色くて華やかなヒマワリの花は、暑い夏の象徴です。ヒマワリを近くで見ると、3メートルもあって見上げる程です。但し、もっと

  • テントウムシの本当の姿|ゆっくり動作とカラフル体形の秘密

    テントウムシは、虫嫌いな人たちからも愛される貴重な昆虫ですが、テントウムシたちにとっては、ゆっくりした動きやカラフルで可愛い外形にも弱肉強食の自然界で生き残るための秘策でした。この記事では、そんなテントウムシの本当の姿を紹介しています。

  • タネなしの果物の作り方

    近年、スーパーマーケット売り場でも、タネなしの果物は普通です。果物を食べる消費者にとっては食べやすいからでしょう。でも、タネなしの果物はどのように作られるのでしょうか? この記事では、誰にも分かるように、タネなし果物の作り方を紹介しています。

  • ユーモラスで可愛いオケラは子ども達の仲間のような昆虫

    子どもの頃、小さくてパワーのあるオケラは子供たちの遊び友達でした。近年、田んぼを覗いても、オケラはいません。考えてみれば、オケラのことは何も知りませんでした。この記事では、オケラのことを分かりやすく紹介しています。

  • 水耕栽培で世界一に育つトマト

    トマトを好きな人は多いでしょうが、野菜なのか・果物なのか? と言われても考えてしまいそうです。また、トマトは水分の少ないアンデスが自生地のため、水分は少ない方が良いと考えられています。この記事では、トマトについて分かりやすく紹介しています。

  • 恐竜の血を吸っていたダニ

    植物のヤニが固まってできた琥珀(こはく)の中に大きく膨らんだダニが発見されました。琥珀内には、動物の血を吸って膨れあがっ

  • 琥珀に閉じ込められていた古代鳥

    琥珀(こはく)内の古代の鳥(エナンティオルニス)が発見され、多くの分析が行われました。琥珀(こはく)は、粘着性のある樹液が化石化したもので、標本の劣化進行を抑えてくれます。この記事では、琥珀の保存効果や古代鳥の解析結果を紹介しています。

  • 昆虫が脱皮をする理由と脱皮をする時のリスク

    昆虫は、定期的に脱皮を繰り返して成長します。この記事では、昆虫が脱皮をする理由と、脱皮をする時のリスクを分かりやすくまとめて紹介しています。進化の過程で、昆虫が大型化しなかった理由も、うなずけることでしょう。

  • 夏に出会った偉そうな鳥はゴイサギでした!

    数年前の夏に河川敷を散歩していた時に出会ったイカルに似た鳥のことが忘れられません。以来、その鳥には出会っていませんが、鳥

  • 人間と昆虫などの節足動物は共通の祖先から進化した可能性大

    昆虫は、地球上で最も多い生物です。昆虫の祖先と、人間の祖先は共通だった可能性が出てきました。内容は、東京大学の研究チーム

  • アリを食べて生活している恐ろしいヒメサスライアリとは?

    ヒメサスライアリは、他のアリを襲って食べて壊滅させてしまいます。他のアリにとっては嫌な存在でしょうが、熱帯雨林地域のアリは、数100m四方に500種ものアリが生息していることもあって、アリ達の多様性維持に必要と言われています。

  • セミは、何故枯れ木に卵を産むのでしょうか?

    夏になると、セミの幼虫が土の中から出てきた穴が、地面のあちこちに、あけられます。セミの幼虫は数年間に亘って地面の中で生活

  • キイロスズメバチが市街地に進出する理由

    キイロスズメバチが市街地に進出してきた理由を、キイロスズメバチの体長や性質、天敵との関係から分かりやすく紹介しています。また、女王バチの生涯などから、スズメバチの巣の寿命について、説明しています。きっと納得できるでしょう。

  • 北極圏のライチョウが日本のアルプスにいる理由

    日本のライチョウは、本来なら北極圏の鳥です。登山者がライチョウに出合うのは稀ですが、ライチョウが出て来てくれると、ほっとします。ライチョウが、どのようにして日本に来て、何故、日本で生息しているのかの理由や、名前の由来について言及しています。

  • サシバの省エネ飛行方法

    サシバは、タカの仲間の猛禽類ですが、夏鳥として渡りもする鳥でした。長距離飛行は出来ないとだろうと考えていましたが、私の考え違いでした。この記事では、省エネ飛行のタカ柱と呼ばれる飛び方やサシバがどんな鳥なのかを紹介しています。

  • エキゾチックで哀愁を感じさせるザクロという植物

    もう秋が偲びよってきたのでしょうか。誰かの庭のザクロを見ると、遠い過去や異国のことを偲(しの)ぶ、または哀しいような不思

  • ツムギアリは、樹上に巣を作る不思議なアリ

    木の上にサッカーボール大の丸い巣を作って、樹上コロニーで生活するツムギアリは、東南アジア等ではポピュラーなアリです。ツム

  • 植物の葉っぱが、強烈な直射日光を受けても平気な理由

    植物の葉は、光合成のため、真夏でも直射日光を受けています。植物は、有害な紫外線の色素によるカットや、太陽光線からの熱量を、人が汗をかくのと同じ仕組みでコントロールしていました。この記事では、葉が行っている熱量制御の仕組みを紹介しています。

  • 風変わりなクロナガアリ

    アリは、肉も食べる雑食性です。他の虫からは、アリは恐ろしくて凶暴な生き物でしょう。但し、クロナガアリは、肉を食べません。また、クロナガアリは、暑い時期を避けて活動します。この記事では、アリの変わり者と言われるクロナガアリを紹介しています。

  • チバニアンは、なぜ地磁気反転していることが判ったのだろう

    チバニアンと呼ばれる地層は、77万年も前のものです。これほど古い地層なのに、どのようにして地球の磁気が反転したことが分かるのでしょう。この記事では、チバニアンという地層がどのようにして出来たのか? 誰にでも分かるように内容を紹介しています。

  • ミツバチの飛翔制御の方法

    人は、動きを、視覚情報、皮膚感覚、手足の運動位置等を伝える様々な情報を大きな脳で処理しています。昆虫は、小さな脳しか持っ

  • ヘッピリムシってどんな虫?

    ヘッピリムシと呼ばれる昆虫は、オナラのようなガスを噴射させて逃げるため、子どもたちの人気者です。このオナラは、100℃もの高温のガスだと知らされ、調べてみました。ヘッピリムシと呼ばれる昆虫の種類やオナラの作られ方などを紹介しています。

  • 小さな昆虫が巨大化しない理由

    多くの昆虫は、小さいけれど力持ちで、空も飛べるし、硬い体を持っています。昆虫たちが人と同じ大きさになったら、モンスターでしょう。昆虫は地球上に最も多くの種がいると言われていますが、皆、小さいままです。何故、巨大化しないのでしょうか? この記事では納得できる理由を、分かりやすく紹介しています。

  • ノコギリクワガタの生態

    カブトムシは、気軽に育てられるため、概ね、どんな暮らしをしているか知っている人は多いでしょう。但し、カブトムシと同様に人

  • 自家受粉を防ぐホタルブクロの特別な工夫

    自分のオシベで受粉する自家受粉は、正常な子孫を残せなくなる可能性が高くなるため、様々な方法で避けようとします。ホタルブクロは、とても可愛らしい花ですが、複雑な方法で自家受粉を避けています。この記事では、ホタルブクロの手法を簡潔に紹介します。

  • アリとアリ植物の共生生活

    アリは、外敵から襲われにくい狭い空間を好みます。植物の中には、このようなアリの性質を利用して共生しているものがあります。この記事では、共生する植物とアリとの生活や、植物がアリを引きとめるために提供しているもの等を、紹介しています。

  • 大砲の発射音にも驚かないセミには、耳がないの?

    昆虫学者のファーブルも勘違いしてしまった、セミの耳等を紹介しています。セミの耳がある場所は、人間とは異なっていました。フ

  • 刺されると激痛のアリ ワースト3

    近年、刺されると酷い激痛を伴う、ヒアリのようなアリが話題です。日本に生息するアリは、噛みつくことや、刺すアリもますが、滅

  • 古代蓮とは?

    数10年前に、1000年以上も前の蓮(はす)の種子が見つかりました。以来、古代蓮として有名になってピンク色の鮮やかな花を

  • 鳥の羽繕いの意味

    野鳥は、常に羽繕いをしています。この記事では、野鳥は何のために羽繕いをしているのか、水浴びや砂浴びとの関係はあるのか等をまとめています。野鳥のちょっとした仕草について知ることができます。バードウォッチングのきっかけになるかもしれません。

  • 昆虫の分類と体の特徴

    昆虫は、名前が付けられたものだけで、100万種を超えるため、地球上の全生物の半数以上を占めます。未発見の昆虫は、さらに2〜5倍程度もいると言われています。この記事では、数の多い、昆虫の分類と特徴をどのように分類しているのかをまとめています。

  • セミの寿命|北アメリカのセミはなぜ特別長寿命なの?

    セミの寿命は、昆虫の中では長寿でした。この記事では、北米で大量発生する13年周期ゼミや、17年周期ゼミについて、長寿命化した原因と、他の周期ゼミが絶滅したのに、彼らだけが生き残った要因について推測しています。

  • 昆虫の不思議な器官とちょっと変わった暑さ対策

    普段見慣れた昆虫ですが、体の器官の多くは、人とは違っていました。この記事では、昆虫の体の不思議な器官や、暑さ対策をする昆虫の変わった行動などの一部を紹介しています。きっと、昆虫の違った面に触れることが出来るでしょう。

  • 鳥類にさまざまな羽色がある理由

    鳥類の羽色は、カラフルです。全身真っ白なハクチョウや真っ黒なカラスもいます。鳥の羽色の違いは、天敵からのカモフラージュや、子孫繁栄などで役立ちます。この記事では、変わった実験や、面白い言い伝えなどを紹介しています。きっと、楽しめるでしょう。

  • 江戸時代にアオサギを妖怪と認識するようになった背景

    江戸時代のアオサギは、妖怪として扱われています。太古の日本では、穀霊として崇められていましたが、なぜ妖怪として見られるよ

  • カブトムシとクワガタムシが樹液場で戦うとどっちが勝つの?

    記事では、日本のカブトムシの角の魅力とクワガタムシの大アゴについて紹介しています。そして、両者が樹液場で遭遇した時に、ど

  • ヒマワリの花の不思議

    ヒマワリは、大きな黄色の花です。まさに、夏を象徴するような花ですが、ヒマワリの花は、太陽の動きと共に花の向きを変えること

  • 暑い夏の日にも涼しげに咲くヒルガオの花

    近年の暑い夏の日は、暑過ぎて外を出歩く気持ちになれません。でも、道端でヒルガオの花を見かけると、頑張ろうという気持ちにな

  • アリにタネを運んでもらう植物のしたたかさ

    植物は、自分で移動できないため、タネにアリの好きな食べ物を付けて巣まで運んでもらう方法を考えました。アリによる種子分散共生と言われる手法です。この記事では、具体的な事例と変な理屈をつけますが、面白くて、内容の理解の助けになるでしょう。

  • ユリの王様と言われるヤマユリの花

    ユリの花は、欧米では、特別扱いされています。その中でも、ヤマユリは、日本で産まれたユリです。ヤマユリは、大きくてゴージャ

  • うんこを食べてくれる糞コロガシ昆虫

    コガネムシが逆立ちして一生懸命、丸い糞を転がしている様子は、目に焼き付いています。この記事では、糞虫と言われるコガネムシの種類による巣作り方法と、日本のダイコクコガネの巣作りと子育てについて紹介しています。コガネムシの巣作りも大変です。

  • 日本の怖い虫

    日本には、スズメバチがいて多くの方が、被害をうけています。人に危害を加える主な種を紹介していますが、他にも猛毒虫はいるので、むやみに触らないようにしましょう。また、日本のゴキブリは、嫌われていますが、人に特別な危害を加えることはありません。

  • ツカツクリは巨大な塚を作って卵をかえす、変わった鳥

    ツカツクリは、暖かい砂や、火山の地熱、落ち葉が腐る時の発酵熱等を利用して雛を孵(かえ)す鳥です。ちょっと独特な名前は、発酵熱を使う時に巨大な塚を作ることから命名されました。この記事では、日本にはいない不思議なツカツクリを、紹介しています。

  • 渡り鳥の方向認識力|代表的な3つの説

    渡り鳥の多くは、繁殖の時期に北に、厳寒期には南に旅立ちます。その距離は、数千キロにもおよびますが、まだどのようにして正確な方向が分かるのかは究明されていません。この記事では、古くから言われてきた、代表的な学説のポイントを紹介しています。

  • 昆虫の優れた環境適応能力の秘密

    昆虫は深海を除いた地球上のあらゆる場所で生息しています。環境への適応能力が優れているからでしょう。この記事では、極寒地や乾燥地域に棲んでいる昆虫が、どんな方法で生きているのかを紹介しています。優れた環境適応能力の秘密の一旦が分かるでしょう。

  • 日本に飛来するハクチョウの南限地と古い呼び名

    ハクチョウが日本に飛来する南限地と、古い呼び名について紹介しています。南限地は、突発的な事象は避けて、定期的に飛来する地域で考えています。また、ハクチョウの古い呼び名には、どこかで見たような親しみが感じられます。

  • 飛んで火に飛び込んでしまう、夏の虫の行動理由

    夏の夜、火に飛び込む昆虫や、街頭に向かってラセン状に飛んで行く昆虫を見たことのある人は多いでしょう。この記事では、夜行性

  • ハンミョウは昆虫界の猛獣

    金属光沢の青・緑・白・朱色のまだら模様をしたハンミョウの姿には魅了されますが、あまり知られていない昆虫です。又、その獰猛

  • 鳥は脳の進化よりも空を飛ぶことを選んだ

    鳥は、クチバシを使って様々なことができる。クチバシは人の手に相当するため、使えば使う程、脳を肥大化させて進化させるが、鳥が望んだのは空を飛ぶことだった。

  • カラスの鼻毛と耳穴

    散歩コースでカラスとは頻繁に出会いますが、顔を見つめたことはありません。近くで出会っても見つめるのは怖いからです。そんなカラスには鼻毛があると聞いたことがあります。カラスの耳の形も気になります。分かったことを紹介します。

  • 始祖鳥の翼の色と飛行能力

    古代生物の化石だけでは、生物の色は分かりませんが、始祖鳥の羽の標本分析で発見された器官の分析と鳥にある同器官の比較で、翼の色が特定されました。また、化石の骨格分析などから、どの程度の飛行能力なのかも判明しました。結果を紹介しています。

  • 鳥のお風呂の種類と入浴方法

    鳥のお風呂には、水浴び、砂浴び、蟻浴(ぎよく)の3つの方法があるそうです。これらの目的は、体に付いている寄生虫や虫等を取り去るためです。この記事では、それぞれの方法を分かりやすく紹介しています。鳥の気持ちになってひと時を楽しめるでしょう。

  • カエルを木に刺すモズの習性

    モズは、肉食の鳥ですが、風変わりな習性をしています。獲った獲物を木の枝に刺して、暫くしてから食べる、早贄(はやにえ)です。この記事では、様々な説を紹介しています。きっと、多忙な日常を忘れて、楽しいひと時を過ごせるでしょう。

  • アリの巣に棲んでアリを食べる怖い昆虫

    統制がとれたアリは、他の昆虫をエサにするため、相当怖れられていますが、アリの巣内や付近に棲んで、アリを食べる恐ろしい昆虫もいます。彼らは好犠牲昆虫と呼ばれていて、多くの種類がいます。記事では、好犠牲昆虫の種と、食生活の一部を紹介しています。

  • 地球は昆虫の惑星

    昆虫は、4億年前に出現して以来、地球環境の変化にも順応してきました。この記事では、昆虫の進化と分類を大まかに整理しています。動物界最大の「節足動物」のグループは、110万種を超えますが、大部分は昆虫です。地球は昆虫の惑星と言っても良いでしょう。

  • 昆虫の飛び方は鳥とは違う仕組みだった

    鳥は、恐竜の子孫と言われていますが、恐竜が空を飛ぶには、さまざまな変化をしなければなりません。昆虫には、鳥のような強力な筋肉や、気嚢のような呼吸器官もありませんが、自由に飛んでいます。この記事では、昆虫の飛ぶ仕組みを簡潔に紹介しています。

  • 化学昆虫と言われるアリの代表的な化学物質

    アリから分泌される化学物質は、様々な形でアリの生活に役立っていました。この記事では、具体例を交えて様々なシーンで登場するアリが用いる化学物質について紹介しています。アリと化学物質の関わりが分かると、アリの生活も分かるようになります。

  • ウツボカズラの消化液内で平泳ぎをするシュミッツィと呼ばれるアリ

    ウツボカズラの一種の「ペネンテス・ビカルカラタ」は、袋状の捕虫器をツルの先に持つ食中植物です。捕虫器内には、弱酸性の消化液ですが、この中を泳いでエサを捕まえるシュミッツィヒラヅオオアリとは、共生の関係です。この不思議なアリを紹介しています。

  • 6ヶ月以上も飛び続けるツバメの記録はどのように取得したの?

    シロハラアマツバメは、200日間以上も飛び続けることが確認されました。そればかりか、ヨーロッパアマツバメは、10ヶ月も飛び続けることが実証されています。これ程、長期間に亘るデータはどのようにして取られたのでしょうか?

  • 渡り鳥の多くが繁殖期に北を目指す理由

    多くの渡り鳥は南極ではなくて、北極方面が故郷です。北極は、南極に比べて繁殖や子育てに適しているからです。この記事では、北極と南極地域の天候や地形の違いなどに着目して推論します。できるだけ分かりやすい表現で紹介しているので、納得するでしょう。

  • ハクチョウの寿命

    ハクチョウの寿命には色々な説があります。実際に自然界のハクチョウの寿命を実測データで示すことは困難のため、さまざまな方法で推測されています。その中の一つの仮説に、心拍数との関係で求めたものがありました。ちょっと面白いので、算出結果を紹介します。

  • カラスの知能の高さは霊長類並み

    近年になって分かってきたことですが、鳥類の頭脳は発達しています。特にカラスは知能が発達していると言われています。この記事では、カラスの知的行動や、動物学者の研究などで確認された内容を分かりやすく整理しています。

  • 鳥の編隊飛行は合理的な飛び方だった

    <p>渡り鳥などのV字編隊飛行は、長距離を飛ぶためのエネルギーを節約するための無くてはならない手法と言われています。この記事では、この実態を調査したロンドン大学の獣医学博士のSteven Portugal氏による確認結果を、分かりやすく紹介しています。</p>

  • 鳥の気嚢と脈管系の働き

    この記事では、鳥が飛ぶための羽ばたきを生みだす特別な呼吸器システムや、筋肉の種類と筋肉へのエネルギー供給方法、および鳥の飛行運動で生じる体温上昇や排気ガスの排出をサポートするための気嚢の働き等を分かりやすく紹介しています。

  • 飛行に必要な鳥の身体構造と、空を飛ぶためにしていること

    鳥は、大空を自由に羽ばたくことが出来ます。但し、鳥は飛ぶことを最優先にしているのでしょう。鳥の体の特徴は、全て飛ぶために必要な条件を満たすために作られているように見えます。この記事では、鳥の体の特徴を分かりやすく紹介しています。

  • スズメバチの危険信号と刺された時の応急処置

    日本では、スズメバチによる死者が毎年のように発生しています。スズメバチはとても危険な野生生物という認識をもつことが大切で

  • アリの不思議なしぐさの意味

    アリを見ていると、時々不思議なしぐさをします。記事では、アリのちょっと変わった仕草が何を意味しているのかを調べてまとめて

  • 鳥の羽の種類と役割

    鳥が飛ぶ時に使う羽の役割を紹介しています。鳥の羽は、初列風切羽・次列風切羽・三列風切羽・小翼羽・尾羽の5種類に分かれて、それぞれ大切な役目があります。空を飛ぶには、羽だけでも、さまざまな種類を必要としていることが分かるでしょう。

  • 渡り鳥の区分

    「渡り」とは鳥の季節的移動のことで、季節的移動をする鳥を「渡り鳥」と呼びます。代表的な渡り鳥の区分には、夏鳥と冬鳥ですが、他にもさまざまな区分があります。この記事では、渡り鳥の区分を、分かりやすく整理しています。

  • ハキリアリの体の大きさの決め方

    ハキリアリ属の分業制度は特別です。彼らは、個体の大きさや、経験の違いなどから適した作業担当を分けしています。この記事では、ハキリアリの作業分けの内容や、どのようにして、体の大きさまで変える働きアリが出現するのか等を紹介しています。

  • コクチョウは、家族思いのやさしいスワン

    コクチョウの体色は黒いけど、とっても家族思いの性格です。

  • 日本神話の英雄と白鳥伝説

    日本最古の歴史書と言われる古事記には、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の白鳥伝説というものがあります。実際に書かれている内容は、複雑で難しいのですが、この記事では、内容を独断的に簡略化して紹介しています。固執しないで、気軽に読んで下さい。

ブログリーダー」を活用して、自然大好きさんをフォローしませんか?

ハンドル名
自然大好きさん
ブログタイトル
白鳥と昆虫と花等の自然観察
フォロー
白鳥と昆虫と花等の自然観察

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用