searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

自然大好きさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
白鳥と昆虫と花等の自然観察
ブログURL
https://naturally-land.com
ブログ紹介文
野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
更新頻度(1年)

9回 / 9日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2021/09/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、自然大好きさんをフォローしませんか?

ハンドル名
自然大好きさん
ブログタイトル
白鳥と昆虫と花等の自然観察
更新頻度
9回 / 9日(平均7.0回/週)
フォロー
白鳥と昆虫と花等の自然観察

自然大好きさんの新着記事

1件〜30件

  • 河川敷に作るコチドリの巣|シロチドリとイカルチドリの特徴

    コチドリという鳥は、木の上ではなくて、河川敷などの地面に巣を作って子育てをします。コチドリが木の上に巣を作らない理由や、捕食者から卵を守る方法をまとめました。また、コチドリの仲間の、シロチドリやイカルチドリの特徴なども紹介しています。

  • 80メートル超の巨木を支える樹木構造とは?

    地球上で最大の生命体は樹木です。樹木の中でも樹高が80メートルを超えるような巨大な樹は、北米カリフォルニア州のシエラネバダ山脈などのジャイアント・セコイアという針葉樹です。この記事では、巨木を支える仕組みを分かりやすくを紹介しています。 

  • アカトンボの色はどうして赤なのだろう

    アカトンボは、秋になると赤色に染まるトンボの総称ですが、何故、赤い体をしているのか判っていませんでした。新しい発見では、

  • 小さな昆虫が巨大化しない理由

    多くの昆虫は、小さいけれど力持ちで、空も飛べるし、硬い体を持っています。昆虫たちが人と同じ大きさになったら、モンスターでしょう。昆虫は地球上に最も多くの種がいると言われていますが、皆、小さいままです。何故、巨大化しないのでしょうか? この記事では納得できる理由を、分かりやすく紹介しています。

  • クリシギゾウムシが、栗のイガを避けて実に産卵する方法

    栗の実を食べる主要な害虫はクリシギゾウムシという昆虫ですが、栗の実は痛いトゲと固い皮、それに実の周囲を渋くて食べられない

  • 鳥の排泄物はどうして白色なの?

    一般的な鳥の排泄物は白色です。鳥の種類は違っても同じようなものです。何故、白いのでしょう。この記事では、鳥と哺乳類の内蔵

  • 日本のカブトムシとクワガタムシが樹液場で戦うとどっちが勝つの?

    日本のカブトムシの角の魅力とクワガタムシの大アゴについて紹介しています。その上で、両者が樹液場で遭遇した時に、どちらに軍

  • トゲナシトゲトゲと呼ばれる昆虫の正体

    奇妙な名前のおかげで有名になった「トゲナシトゲトゲ」と呼ばれる昆虫がいます。気に成ったので調べました。この記事では、確認

  • 鳥の顔が無表情の理由

    鳥は頭脳明晰と言われています。しかし、犬のように笑っている表情で飼い主をよろこばせることはしません。鳥類は、特別な事情の

  • パフィンと呼ばれて欧米で大人気のニシツノメドリとは?

    正面から見た顔は、ピエロのように見えることから海のピエロとも呼ばれるニシツノメドリは、小さなペンギンのような姿をしています。欧米ではパフィンと呼ばれて大人気の鳥です。この記事では、ニシツノメドリの特徴や生態などを分かりやすく紹介しています。

  • コスモスの花の構造と役割

    コスモスは、「秋桜」と書かれるほど日本の秋に定着しています。コスモスの花には、清楚で調和のとれた美しい魅力があるためでし

  • シロアリの天敵は日本原産のオオハリアリだった

    シロアリの天敵のオオハリアリは、シロアリの近くに棲んで、シロアリを食べますが、一度に全滅させることはしません。養殖するように少しずつ食料にしています。オオハリアリは日本の原産ですが、北アメリカに侵入してエサへの順応をしながら外来種問題をひき起こしたアリです。

  • メスだけでも子孫を残せる昆虫の不思議

    進化した動物では、卵子と精子を受精させて繁殖していますが、多くの昆虫では、メスの遺伝子だけを引き継いで繁殖する単為生殖も可能でした。単為生殖で爆発的に増殖するアブラムシや、自分で単為生殖を選べるシロアリについて紹介しています。

  • 植物の葉が、強烈な直射日光を受けても平気な理由

    植物の葉は、光合成のため、真夏でも直射日光を受けています。植物は、有害な紫外線の色素によるカットや、太陽光線からの熱量を、人が汗をかくのと同じ仕組みでコントロールしていました。この記事では、葉が行っている熱量制御の仕組みを紹介しています。

  • 見ただけで人を惹きつけるフジバカマの魅力

    フジバカマの映像を見ただけで、魅力に引き込まれてしまいました。フジバカマは、万葉の昔から日本人の心を捉えた植物ですが、現在は自生環境が減って準絶滅危惧種に指定されています。フジバカマは枯れると、桜の葉の香りがして匂い袋などにも使われてきました。そんなフジバカマの魅力を紹介しています。

  • ウエストのくびれたハチは怖い!

    ハチの体形は、腰のくびれの有無で分けられます。腰にくびれがあると、刺されるかもしれないという怖さを感じてしまいます。この記事では、ハチの腰のくびれが出来た理由や、くびれのせいで流動食しか食べられなくなったスズメバチの事例を紹介しています。

  • 日本のスズメの種類と祖先の歴史

    日本では、スズメが最も身近な鳥です。昔から人里で生活する小さくて可愛い鳥だからでしょう。でも、多くの日本人は、スズメの歴

  • ロマンの世界に連れて行ってくれる、古生代の巨大トンボ

    巨大トンボの研究報道に触れると、心がウキウキします。古生代の生物は、現実には見ることはできませんが、過去の時代に存在した恐竜や巨大昆虫のことを空想すると、夢の中にいるようです。地球の長い歴史は、忙しい現実の世界を忘れさせてくれます。

  • 哀愁を呼ぶ秋に咲く花の仲間たち

    暑い日が続きますが夏が終わると、足早に秋がやってきます。秋という季節は、年齢を経る度に大切な季節だと感じさせてくれるよう

カテゴリー一覧
商用