searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Pekoeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ミユキノヨル
ブログURL
http://miyukinoyoru.blog.jp/
ブログ紹介文
夜、中島みゆきを聴く。
更新頻度(1年)

1回 / 16日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/12/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Pekoeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Pekoeさん
ブログタイトル
ミユキノヨル
更新頻度
1回 / 16日(平均0.4回/週)
読者になる
ミユキノヨル

Pekoeさんの新着記事

1件〜30件

  • 泣いてもいいんだよ

      「危ぶみながら見ぬふりの未来が   いつか本能を痺れさせてゆく」・ももいろクローバーZ版を先に聴きました。 初っ端の「乳飲み児」というワードに古臭さを感じつつも、セルフカバーが どんな感じかと思いを馳せながら中島みゆき版を聴いた記憶があります。 

  • Review ≪ 曲名順 一覧 ≫

      ひとこと感想 一覧 《五十音順》  【あ】  [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ]   愛される花 愛されぬ花 (★★★★ ・)   相席 (★★★★ ・)   愛と云わないラヴレター (★★ ・ ・ ・)  

  • 小春日和

      「悪気だけでは生きてゆけないものよ   親切だけで生きてはゆけないように   何も何も頼らなければ   あなたを傷つけはしなかったのに」・小春日和を嘘と言い切る捻くれが好きです。 所詮は冬だという事でしょうか。そしてそれを求めさせるという…。

  • Why & No 

      「もしかしたら世の中はそういうものかもしれないなんて   “そういうもの”なんて あるもんか」『サバイバルロード』を聴いたとき、これ以上のロックはないと確信したはずなのですが、ありましたね。良い意味で裏切られました。言葉のチョイスが巧妙ですが

  • 空がある限り

      「アゼルバイジャンの夕暮れは 女満別の夕暮れと変わらない   歩いているうちにいつのまにか 紛れ込んで続いてゆきそうだ」・「なつかしさ」に対比されるのが「わずらわしさ」というのが、妙に納得。 陰陽を問わず受容するということを、“歌い方”で表して

  • 希い

      「強く希えば叶うだなんて 子供に嘘はいけませんね   右と左の希いがあれば 強い方が叶うと教えますか」歌詞中には一言も出てきませんが、まさに愛を歌った曲。わたしの希いが届くのではなく、あの人の希いが届く事が幸せである。人を愛するということは、

  • 愛と云わないラヴレター

      「喉元に答迫るような言葉は あえて使わない   読みたい文字 他人は探して読み進む   裸な文字を探り当てるために読み進む」背徳感から来る危うさが、“白日”という言葉に集約されて、ちょっぴりハラハラします。始まると加速度的に進んでしまう感じが

  • SE・TSU・NA・KU・TE

     「人生の答だけ教えてくれる映画たち  はじめから答だけ教えてくれるドラマたち  みんなみんな嘘ね みんなみんな嘘ね  私にだけなにも教えない」曲調のクセ付けが強引な感じ。そこに“味”ではなく“違和感”を感じてしまい、どうしても好きになれません。

  • かもめはかもめ

      「青空を 渡るよりも   見たい夢は あるけれど   かもめはかもめ   ひとりで空を ゆくのがお似合い」『地上の星』における「つばめ」のチョイスは絶賛に値しますが、このコンセプトの曲で何故に「かもめ」?私にとって、かもめのイメージは取り立て

  • 氷中花 

     「誰にも甘えずに歌う潔さに憧れ  境界線の重なりが痛い街でうずくまる」仄かな希望を漂わせる入りに、これはリラックスして聴けそうだと思っていると、「ん?」となり、「はうぁっ!」となります。準備運動をしておかないと、この曲特有のそんな三層構造につい

  • Review ≪ アルバム別 一覧 ≫

     ひとこと感想 一覧 《 オリジナルアルバム別 》オリジナルアルバム未収録   傷ついた翼 (★★★ ・ ・)   空港日誌 (★★★ ・ ・)   グッバイガール (★★★ ・ ・)   幸せ (★★★★ ・)   SE・TSU・NA・KU・TE (★ ・ ・ ・ ・

カテゴリー一覧
商用