searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

MOROさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Wander Life
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yama-life
ブログ紹介文
釣り・鉄道・温泉・ビールをこよななく愛しながら、癒しを求めた放浪の旅模様を綴るブログです
更新頻度(1年)

52回 / 244日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2020/11/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、MOROさんをフォローしませんか?

ハンドル名
MOROさん
ブログタイトル
Wander Life
更新頻度
52回 / 244日(平均1.5回/週)
フォロー
Wander Life

MOROさんの新着記事

1件〜30件

  • 2021 夏の釣り旅in四国〈前期〉①【「しなの」→「のぞみ」で岡山へ】

    2021年7月22日(木)待ちに待ったイベントとなるはずだった東京オリンピック。全てがなし崩し的に進められたまま昨日のソフトボールと女子サッカーでついに開幕。政治家の皆様は日本のメダルが何個も出ればチャラ、という目論みでしょうけど、このグダグダに対する答えは選挙で出すとして、選手の皆さんには悔いの無いよう力を出し切って頂きたいと思います。そんな東京オリンピックによる7月4連休。実質夏休み前期となる今日からの4日間は四国高知での釣りロマン紀行(釣れれば)へ。早朝に大荷物抱えて出発。四国旅のスタートは「サンライズ瀬戸」といきたいですが、4日間ではうまく行程が組めず、今回は帰りのみにして行きは昼行特急乗り継ぎ。「しなの」+「のぞみ」の通称「しなのぞみ(?)」で岡山へ出て、そこから「南風」で高知を目指します。旅の始まり...2021夏の釣り旅in四国〈前期〉①【「しなの」→「のぞみ」で岡山へ】

  • 信州不動温泉 さぎり荘

    2021年7月11日(日)午後からニジマス狙いで犀川(さいがわ)へ。犀川は下流で千曲川に合流する信濃川水系の一級河川。下流の犀川殖産エリアはキャッチアンドリリース区間となっていて、半野生化したワイルドなニジマスが狙えるらしく、何度かチャレンジしてますが自分には釣れず。今日こそは犀川のワイルドレインボーをゲットへ、意気揚々と現地に着くと、おわーっ?透明なはずの水がカルピスに( ̄□ ̄)先週の大雨に加え、ここのところ不安定な天気で雨が多かったから酷い濁り。試しにルアー投げてみますが、ただでさえ難しいのに水中も見えないとあっては全く釣れる気せず。これは無理。やめ(あっさり)。ふと岸際にできた水たまりに何か泳いでるのを発見。大雨増水時に取り残されたんでしょうか?しかし見るからに、この清流に似つかわしくない色してる。これは...信州不動温泉さぎり荘

  • 白鳥の湖? 〜河口湖

    2021年7月3日(土)ETC休日割引が休止されてる為、深夜割引を利用すべく眠い目をこすり夜中にクルマを走らせる。しかし、まん延防止等重点措置(マンボー)対象外地域の行き来でも休日割引適用除外というのは何とも乱暴。お偉いさんの本音はETC休日割引廃止らしいので、マンボーにかこつけてその布石でもうっているんですかね。さらに東京にはまた緊急事態宣言が出るようで、まあもう勝手にやれば、という感じですが、ETC休日割引休止期間はさらに延長されそう。さて眠い目をこすりながら向かうのは、今年初の河口湖。しかし中央道走行中にどんどん雨が強くなる。これは水害が心配だなーと思ってたら、熱海で土石流発生。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げると共に、今や日本全国どこでも起こりうる水害。明日は我が身と捉えて備えをしておかないと。午前...白鳥の湖?〜河口湖

  • 2年振りの野尻湖

    2021年6月26日(土)・27日(日)コロナで中止続きとなっていた野尻湖のバス釣りトーナメントが再開されることになり、2年振りに野尻湖へ。明け方着いてクルマの中で仮眠してたらすっかり寝坊。既に皆さん出船後の7時過ぎにのこのこ起きて準備開始。午前7時50分、野尻湖マリーナさんから出船。明日の試合に向けて今日は練習。スモールマウスバスの聖地、野尻湖。湖はボートでいっぱい。東京在住時代は片道300km3時間30分の道のりを足繁く通った野尻湖も、長野に移って120km1時間30分に短縮されかなりの労力軽減。野尻湖遠征後の月曜は半ば廃人状態で出勤してたのが懐かしく思えます。さて野尻湖のスモールマウスは6〜7月が最盛期で、例年この時期は多くのアングラーが訪れます。しかしこのベストシーズンをもってしても以前ほど釣れなくなっ...2年振りの野尻湖

  • 奈良井川 ヤマメQUEST

    2021年6月13日(日)今日は夕まずめ一本勝負で、ヤマメを狙いに夕暮れの奈良井川へ。16時スタートフィッシング。ポイントを変えながら、セオリー通り下流から上流に釣り上がっていきます。ポイント移動中に何か動物を発見!タヌキ?サルでした。しかも複数いる(^^)かわいいけど、結構凶暴らしいのであまり近寄らず静かに立ち去ります。しかし野生のサルがいるほどの山間部、当然クマも…(・・;)THE渓流、という感じの奈良井川。ローライトでなかなかのコンディション。さらに夕まずめパワーを借りてなんとか奈良井川初の1匹を手にしたい。なにせ先日の鎖川では初の渓流ヤマメをゲットしながら、写真を撮ろうとして見事に逃げられて記念写真を撮り逃がすという失態。完全にトラウマ。急流の脇にある流れが緩い場所をスピナーで攻めていきます。しかしバイ...奈良井川ヤマメQUEST

  • 木崎湖 夏の陣

    2021年6月5日(土)6月に入り季節は初夏。初夏の爽やかな気候を満喫しに木崎湖へ。昨日はかなりの大雨でしたが、その雨も上がり今日は晴れ予報。雨上がりの澄んだ空気ですが、道中の北アルプスは雲がかかって残念ながらチラチラ程度しか見れません。午前9時、星湖亭さんからアルミボートで出船。風がほぼ無い無風の朝。これは厳しそうな感じ。ひとまず湖北へボートを走らせます。空から何か舞い降りてきそうな感じの雲。ひとまず農具川沖ディープフラットでスタートフィッシング。今日はアフタースポーン(産卵後)のスモールマウスを狙おうと思ってましたが、やはりこのディープフラットに来るとキザキマスを狙いたくなってしまいます。最初だけキザキマス狙おうと水深10mラインへ。ガルプミニアースワームのダウンショットを投入。今日は魚探にワカサギらしき群...木崎湖夏の陣

  • 銀色の妖精を求めて〜木崎湖[その3]

    2021年5月23日(日)昨日に続き、今日も木崎湖でキザキマスを狙います。日曜の朝だというのに、長野道は松本−安曇野間が事故による通行止め。一般道への迂回を余儀なくされる。30分は余計にかかったか?くそっ、日曜の朝から何てことだ?とブツブツ言いながらも、いつもは通らない道から眺める高瀬川の景色がきれいだったりもします。午前9時前に木崎湖到着。晴天ベタ凪で釣りにはちょっと厳しそう。しかし湖面に映る空と山がきれいです。晴れてれば一日無風ということは無くそのうち風は吹き出すので、それまではこの景色を堪能します。今日は湖北狙い。湖北に1軒だけあるボート屋さん、牡丹屋さんからローボートエレキで出船し、9時30分スタートフィッシング。昨日ラストでのバラシを取り戻せるか?とは言ってもこの無風ではなかなか厳しそう。風が吹くまで...銀色の妖精を求めて〜木崎湖[その3]

  • 銀色の妖精を求めて〜木崎湖[その2]

    2021年5月22日(土)先日、塩尻駅に珍しい車両が。JR東日本の検測車、E491系EASTi-E。車両側面のレールを照らす照明がメチャメチャ明るくて印象的。JR東海383系「しなの」との並び。EASTi-E初めて見た。今度はぜひ走行シーンを撮ってみたい。今日は先週に引き続き、キザキマスを求めて木崎湖に出動。昨日は警報レベルの大雨だったので結構な増水。水もやや濁ってる。今日も星湖亭さんでアルミボートをレンタルし、午前8時45分出船。ポイントカード満了で今日は無料レンタル(^_^)強めの北風が吹き肌寒いコンディション。ローライトなのはありがたいですが。湖南エリアからスタート。大学ワンド周辺にはワカサギ狙いのボートが数艇いて、どうもここはワカサギの通り道になっているようですが、魚探には何も映らず。湖南エリアほぼ全域...銀色の妖精を求めて〜木崎湖[その2]

  • 銀色の妖精を求めて〜木崎湖[その1]

    2021年5月16日長野県仁科三湖の一つ木崎湖。今日はそこに生息する神秘の魚、キザキマスをルアーで狙いにいきます。キザキマスのルーツはあの琵琶湖固有種であるビワマスと云われていて、かつては幻の魚とされた時期もあったようですが、現在は漁協の放流活動により一定数の個体がいるようです。放流魚とは言っても、写真を見る限り釣れる魚はヒレピンで半ネイティブ化した美しい魚体。その神秘的な1匹を求めて木崎湖へ出動。午前8時30分、木崎湖のボートハウス、星湖亭さんに到着。こちらに来るのは超久々。10年以上振り。久々ご対面のご主人。さすがに自分のことは覚えておられなかったようですが、こちらの変わらぬアットホームな雰囲気、懐かしい。アルミボートをレンタルし、9時出船。木崎湖でバス以外を狙うのは初めて。さて今日の天気は雨。雨男なので日...銀色の妖精を求めて〜木崎湖[その1]

  • 2021 春の糸魚川ぶらり紀行④【雨に煙る大糸線を行く】

    2021年5月5日新潟県糸魚川で迎える朝。午前6時30分起床。早朝の糸魚川駅前。まだ雨は降っていない。これならなんとか釣りできるかも。早め出発しようとさっそく朝食タイム。コロナ対策で、朝食は食堂で取り分けて部屋に持ち込んで食べる、実質部屋食スタイルに変更されてます。個人的には常にこの方がありがたい。やっぱり部屋食は優雅にくつろいで食べれます。と、朝食中に窓に水滴!早くも降り出してしまった。あ〜あ、一気にテンションダウン。ズブ濡れは勘弁。今日は釣りやめ(あっさり)。朝食後は即二度寝。これがまたたまらない(´∀`)9時50分、ホテルジオパークをチェックアウト。岬寿司さんはじめ、今回も快適な宿泊でした。朝食が常時部屋食になってくれたら言うことなし。釣りを取りやめ、今日はもう温泉入って帰るのみ。予定よりだいぶ時間が早い...2021春の糸魚川ぶらり紀行④【雨に煙る大糸線を行く】

  • 2021 春の糸魚川ぶらり紀行③【日本海をさまよう…】

    2021年5月4日〈3〉大糸線で糸魚川に到着。日本海フィッシングに向け、改札を出てレンタカーを借りにいきます。その前に海の状況確認。糸魚川駅近くの国道8号大町交差点には展望台があり、日本海を一望できます。風が弱く波も穏やか。ピーカン弱風は釣れないサイン。まあ日本海でありがちな爆風大荒れで釣り不能よりはいいですが。海と反対側に目を向けると北アルプスの山々。駅近でこんなスポットがあるのも糸魚川の魅力。ここから徒歩で約20分、Shell内にあるニコニコレンタカー糸魚川横町店に到着。こちらでマーチを24時間レンタル。ニコニコレンタカーは安いので重宝します。手続きを終えていざ出発。すぐ海に出たいところですが、いったん内陸に入りとある場所へ。その場所とは、えびす釣具店。こちらでまずはエサのオキアミを購入。明るいうちは何でも...2021春の糸魚川ぶらり紀行③【日本海をさまよう…】

  • 2021 春の糸魚川ぶらり紀行②【大糸線 展望席(?)の旅】

    2021年5月4日〈2〉「あずさ5号」で南小谷に到着。ここからはJR西日本のキハ120で糸魚川に向かいます。ここでキハ120の異変に気付く。「あずさ」接続のこの便は今まで2両付いていたのに、1両になってる!しかも一応はゴールデンウィークだというのに。コロナ禍で収益が大幅悪化しているという鉄道会社。JR西日本も例外ではないようで、今年2月に地方ローカル線の廃止について言及。日によっては乗客が多かろうが、もう2両なんか付けてられない!という大糸線に対しての意思表示でしょうか。コロナが収束し鉄道に乗客が戻ってくれば風向きが変わると思いたいですが、今の施策の迷走っぷりではあと数年このままでは?コロナによって大糸線は存廃の岐路に…。定刻12時8分、1両の単行で南小谷を発車。景色はきれいですが、1両では当然着席できるはずも...2021春の糸魚川ぶらり紀行②【大糸線展望席(?)の旅】

  • 2021 春の糸魚川ぶらり紀行①【いい日…じゃない旅立ち】

    2021年5月4日コロナ禍であまりテンションは上がりませんが、一応のゴールデンウィークをささやかながら満喫しようと、1泊2日の行程で釣具を担ぎ出発。目指すは新潟県糸魚川での日本海デビュー。糸魚川に行く時は、大糸線非電化区間の乗車率向上に焼け石に水ながら貢献する為、道中は鉄道。塩尻から「あずさ5号」でまずは南小谷を目指します。その前に恒例、桔梗さんの駅そば。今回は「日本一狭い駅そば」と言われる改札内側から入店。ここから入るの?と疑ってしまう狭い入口に、中は2人入るのがやっと。本当に2人しか入れなかったらサービス面で問題ですが、改札外側は普通の駅そばのたたずまいで、こちらも利用可能。なので、これはこれで一つの名物(゚∀゚)今日はかき揚げそばをオーダー。相変わらず味は絶品。ウマーイ(๑´ڡ`๑)食べ終わってホームに降...2021春の糸魚川ぶらり紀行①【いい日…じゃない旅立ち】

  • 蕎麦のち渓流〜鎖川

    2021年4月30日仕事でよく利用するJR篠ノ井線の村井駅。昔ながらの昭和を感じさせてくれる駅舎でしたが、このほど改修工事に入ることに。駅舎の更新は喜ばしいはずですが、いつもながら寂しくもあり複雑な心境。そして駅舎と運命を共にするのが駅そば屋さんであることも常。松本近辺では信州そばの暖簾でおなじみ、イイダヤ軒さんも新駅舎への移転を控え、本日をもってしばらく休業。営業再開は令和6年。3年は長いな〜。ということで、朝から移転前の食べ納めに来ました。こちらでのお気に入り、天ぷらそば。セルフサービスのネギを大量に入れて食べるのが自分の定番。昔懐かしいホッとする美味しさ。塩尻の桔梗さんも美味いけど、イイダヤ軒さんもまた別の味わい。現店舗最後の味をかみしめて完食。最終日だからか今日は次々と来客。やはり皆さん名残惜しいんでし...蕎麦のち渓流〜鎖川

  • 金色の魚体!?〜犀川トラウト

    2021年4月24日先日の奈良井川に続く渓流トラウトで、今回は犀川(さいがわ)へ。犀川下流エリアには犀川殖産漁協管轄のキャッチ&リリース区間が設定されていて、半ネイティブ化した大型ニジマスが狙える。ヒレピンのワイルドレインボーを求めて犀川へ出陣。長野道安曇野ICから国道19号へ。途中のセブンイレブンで犀川殖産の年券購入。5000円。12月31日まで有効。寒さ対策できれば年末まで楽しめる。まあ寒がりの自分には無理でしょうけど(ーー;)本日はスタッドレスからノーマルタイヤへの履き替えでクルマを預けてきたので、代車のキューブでフィールドへ。午前10時30分頃に犀川殖産エリア到着。おお〜、川幅が広くて本格的リバートラウトの雰囲気満点。こんな景色の中でワイルドレインボー釣れたら最高。あくまで釣れたら(*_*;結構な急流。...金色の魚体!?〜犀川トラウト

  • アフター5に下諏訪〜菅野温泉

    2021年4月16日最近マイブームのアフター5温泉。主に金曜の退社後、会社から直行する温泉がなかなかたまりません。行く先は下諏訪温泉。上諏訪温泉はどちらかと言うと旅行客向けの感じですが、下諏訪は地元民向け。源泉掛け流しで低料金という温泉好きにはたまらないエリア。週末金曜の本日もウキウキ気分で退社し下諏訪へ。意気揚々と退社するも、篠ノ井線・中央線は踏切安全確認の影響でダイヤが大幅乱れ。自分が通勤で乗る篠ノ井線は最近毎日のように踏切で緊急停車するし、強行突破の常習者でもいるのか?結局30分くらい遅れて到着しややゲンナリ(ー_ー)御柱祭の柱と縄がホームに鎮座する下諏訪駅の改札を出ます。駅から徒歩5分ほどでやって来たのは菅野(すげの)温泉。下諏訪温泉はこれまで何軒か入りましたが、こちらは初めて。暖簾をくぐり奥へ進むと入...アフター5に下諏訪〜菅野温泉

  • 渓流デビュー 〜奈良井川

    2021年4月11日移住後の楽しみでもあった渓流トラウト。解禁から1ヶ月経ってしまいましたが、すっかり暖かくなったところで遅ればせながら個人的シーズンイン。ということで自宅から比較的近い奈良井川へ午後から初出動。奈良井川は場所により鉄道でもアクセス可能。ということなら飲みながら行ける鉄道でと、中央西線で向かいます。塩尻駅付近の桜は既に散りモード。本来ならまだツボミシーズンのはずですが。例により塩尻駅構内の桔梗さんで安曇野葉わさびそばを頂きます。何度食べてもまた食べたくなる逸品。中央西線の普通中津川行きに乗車。JR東海313系の2両編成。転換クロスシートなのがありがたい。缶チューハイで昼飲み。転換クロスならでは。211系のロングシートだとこうはいきません。だいぶ雪が少なくなった北アルプス。白馬辺りはまだまだ真っ白...渓流デビュー〜奈良井川

  • 暦だけ早春〜高滝湖

    2021年4月3日塩尻の桜は早くも満開。3月後半が妙に暖かかったせいか、桜も中信地方としては異例の早咲き。しかもツボミから満開まで異様に早かった。今後は長野でも3月に満開を迎えることになってしまうのでしょうか…。そんな今日は夜中に家を出て、千葉県の高滝湖へ今年初釣行。明日4月4日に開催されるバス釣りの試合に出場する為、今日は前日練習。長引くコロナ禍で試合の開催も危ぶまれたものの、緊急事態宣言が解除されたことでなんとか開催の運びに。しかしこの緊急事態宣言解除、額面通りには受け取れませんが。千葉県の桜開花も異例の早さだったようで、湖畔の桜は既に散りの真っ最中。今後はこの開花時期が異例でなくなりスタンダードとなりそう。10年後にはどれだけ早まっているのか、考えると怖くなります。高滝ガーガーは今年も元気。自分は10年前...暦だけ早春〜高滝湖

  • 麻績村福祉センター みたらしの湯

    2021年3月13日3月半ば、塩尻の朝は雪景色。夜中の雨がいつの間にか雪に変わっていたようです。移住して初めて過ごした長野の冬。中信地方は北信ほどではないにしてもそれなりに雪が降るのかと思ったらあまり降らなかった。昨シーズンも暖冬で雪は皆無だったというし、今シーズンも2月以降は異様に暖かい日が多かった。温暖化で、もう寒い冬なんていうのは来なくなってしまうのかも。今シーズンの雪景色もこれが最後でしょうか?そんな土曜の朝、週末近場温泉探訪で今週は麻績(おみ)村へ。長野道下り線に入り麻績ICを目指します。雪景色の中を走れるかと思いきや、塩尻を離れると雪は全く無くちょっと拍子抜け。さて麻績へ行く前に少々寄り道。麻績ICを通り過ぎ更埴ICまで行き高速を出ます。近ごろ蕎麦ばかり食べてたせいか無性にラーメンが食べたくなり、や...麻績村福祉センターみたらしの湯

  • 筑北村健康館 草湯温泉冠着荘

    2021年2月28日週末近場温泉探訪、今回は筑北村へ。クルマで自宅を出て長野道下り線に入ります。梓川SAに寄り道。ここからは北アルプスが眺められる。晴れると特にきれいな北アルプス。やはり雪で白くなる冬がいっそうきれい。常念岳に横通岳、そして燕岳。安曇野から見えるこの時期特有の冬山景色。そして白馬連峰の山々。長野道からだとここ梓川SAが一番のビュースポットでしょうか。再びクルマを走らせ、麻績ICで高速を出て国道403号から県道55号、さらに県道12号へと進むこと約10分。ここで「さかい」といういい感じの蕎麦屋さん発見。迷うことなく即入店。まずはノンアルビール。クルマの時はこれがあるとありがたい。そして自分の定番、ざるそば大盛り。いっしょに付いてくる野沢菜から頂くと、これがまた美味い。これだけでノンアルビールが進む...筑北村健康館草湯温泉冠着荘

  • 2021 フォッサマグナ温泉紀行④【白銀の白馬連峰〜大糸線「あずさ46号」】

    2021年2月14日〈2〉道の駅小谷にある深山の湯をあとにして北小谷駅に向かいます。小谷橋のたもとには大きな「⇐大町白馬」の標識があり、かつて国道148号がこちらだったことを伺わせます。現在はこの上を通る新道がメインルートになってますが。徒歩15分で北小谷駅に到着。長野県内で見られるJR西日本の駅名標はここ北小谷と隣の中土のみ。Wikipediaによると、両駅とも1日の乗車人数はなんと1〜2人!今日は自分がいるので3人位でしょうか?ここ北小谷も時間が止まったかのような静けさと昭和の雰囲気漂う駅舎。たまらない(´∀`)しかしここから早くも帰路へ。雪原にジョイント音が響き、小谷橋の向こうにオレンジラインのキハ120が現れる。ディーゼル音を響かせてキハ120が入線。やはりローカル線の風景は絵になる。そして、おっ、2両...2021フォッサマグナ温泉紀行④【白銀の白馬連峰〜大糸線「あずさ46号」】

  • 2021 フォッサマグナ温泉紀行③【姫川峡谷に佇む温泉〜深山の湯】

    2021年2月14日〈1〉新潟県の糸魚川で迎える朝。午前6時30分起床。とは言っても、昨夜の地震が気になってほぼ眠れませんでしたが。テレビを見ると、常磐道で土砂崩れ発生とのこと。しかし巻き込まれたクルマは無さそうで一安心。さらにその後、東北新幹線で架線柱が折れるなどの被害が判明。常磐道・東北新幹線共にすぐには復旧できず数日を要する事態に。地震の威力は恐ろしい((;゚Д゚))8時30分、ホテルの軽朝食を頂きます。アツアツのトーストにゆで卵。ホッとする味。10時ちょうど、ホテルジオパークをチェックアウト。地震はビビりましたが、今回も快適な宿泊でした。今日も大糸線に乗り、温泉入って帰ります。その前にちょっと寄り道。駅に併設のジオパルへ。ジオラマも楽しめる鉄の方向けスポット。大糸線で活躍していたキハ52がピカピカ状態で...2021フォッサマグナ温泉紀行③【姫川峡谷に佇む温泉〜深山の湯】

  • 2021 フォッサマグナ温泉紀行②【大地の恵み〜糸魚川温泉ひすいの湯】

    2021年2月13日〈2〉「あずさ5号」で南小谷に到着。ここからはJR西日本のキハ120に乗り換えて大糸線非電化区間を北へ行きます。12時7分発の糸魚川行き。キハ120の2両編成。先頭車のBOX席が空いてたのでこれ幸いと着席。その後「あずさ5号」からの乗り換え客が続々と乗車してきて、BOX・ロングシート共にほぼ埋まった状態で南小谷を発車。南小谷までより一段と秘境感を増す車窓。南小谷−糸魚川間の列車は2〜3時間に1本で1日7本。平岩−糸魚川間を入れて9本。編成は1〜2両。輸送密度的にはJR西日本ワースト3に入るスーパーローカル線。コロナで鉄道会社の収益が悪化する中、この行程の5日後2月18日にJR西日本がローカル線見直しを表明。場所的にもJR西の飛び地となってしまった大糸線が対象になることは必至と思われ、2010...2021フォッサマグナ温泉紀行②【大地の恵み〜糸魚川温泉ひすいの湯】

  • 2021 フォッサマグナ温泉紀行①【「あずさ5号」で大糸線を北へ】

    2021年2月13日〈1〉週末近場温泉探訪、今回は1泊2日。大糸線で北上し新潟県の糸魚川を目指します。午前10時、塩尻駅到着。まずは駅構内にある立ち食いそばの桔梗さんで蕎麦を頂きます。個人的定番の安曇野葉わさびそば。ツーンと鼻に抜けるわさびの風味と蕎麦がマッチして、美味い。460円。松本駅の山野草さんと同じ味。同系列でしょうか。こちらの桔梗さん、自分が行った中ではトップレベルの美味しい駅そば。ちなみに改札内から入る場合は、あの有名な日本一狭い駅そばを体験できます(^.^;これから乗るのは10時28分発の「あずさ5号」。1日1往復残されている大糸線直通の南小谷行き。昨年の今頃はまだ千葉始発の「あずさ3号」として運転されていましたが、2020年3月ダイヤ改正で新宿始発の「あずさ5号」となり、千葉から南小谷までの5時...2021フォッサマグナ温泉紀行①【「あずさ5号」で大糸線を北へ】

  • 信州原村八ヶ岳温泉 ふれあいセンターもみの湯

    2021年2月6日週末近場温泉探訪、今回は八ヶ岳へ。天気は快晴。気温もやや高め。そろそろ釣りも、なんて思ってしまう気候ですが、釣りするにはまだ寒い。そして新型コロナ感染症が発生し早1年、依然として収束の兆しは見えないまま。特効薬開発には相当の時間がかかると思われ、まずはワクチンに期待でしょうか。長野道から中央道へ入り、諏訪湖SAでトイレがてら諏訪湖を眺めます。奥に見える白い山は美ヶ原。あそこから一度は雲海を眺めてみたい。よく見ると湖面にボートが浮いてます。ワカサギ釣りでしょうか。見たらやりたくなってきた。以前は結氷して氷上ワカサギ釣りが楽しめたそうですが、近年は結氷するのも稀で、結氷したとしても薄くて氷上釣りはできないようです。こちらは八ヶ岳。この角度だと山梨側からとはまた違った趣。クルマを走らせ、昼食に蕎麦を...信州原村八ヶ岳温泉ふれあいセンターもみの湯

  • 白馬塩の道温泉 倉下の湯

    2021年1月17日社会復帰して半月。ようやくサラリーマンの生活感覚が戻ってきたような今日この頃。そんな中、週末近場温泉探訪で白馬へ。長野道安曇野ICを降りてオリンピック道路を走ること約30分、大町に到着。この辺りから急激に雪国と化します。路面にもシャーベットが残る。高瀬川の橋から見える景色がきれいだったのでちょっと休憩。やっぱり冬の長野は雪景色が似合います。昨年は異様な暖冬で雪は無くスキー場もお手上げだったそうなので、今年は雪があってなにより。こちらは北アルプス側。晴れていれば雪を頂いた山々が連なる絶景が見れそうですが、今日はあいにく曇り空。時刻は13時。ここで昼食タイム。もちろん蕎麦を頂きます。県道45号の西原交差点近くにある野の花さん。過去に何度か来ていてこちらのリピーター。まずはサービスの漬け物。くう〜...白馬塩の道温泉倉下の湯

  • 2020-2021 冬の釣り旅in四国⑨【8時ちょうどの「あずさ5号」で…】

    2021年1月2日昨晩乗車した「サンライズ瀬戸」。午前5時50分、この時刻にセットした個室のアラームで目が覚める。トンネル入ったり出たりして、しばらくすると湯河原を通過。定刻通り運行中のようです。やがて車窓に夜明けの相模湾。この時期まだ夜明けが遅いので黒い部分が主体ですが、2月頃になるとちょうど日の出時刻と重なり、天気が良ければ「サンライズエクスプレス」から見る相模湾サンライズが見れるかも。早川の辺りで空がきれいに色付いてきましたが、雲がかかってて水平線見えず。昨晩は明石海峡大橋見れなかったし、新年からついてないな。まあ運が悪いのは年中ですが(*_*;小田原付近で国道1号と交差。今日は正月恒例の箱根駅伝往路デー。昼頃にはこの辺りを5区山登りランナー達が駆け抜けていくと思われます。コロナ禍で箱根駅伝も開催が危ぶま...2020-2021冬の釣り旅in四国⑨【8時ちょうどの「あずさ5号」で…】

  • 2020-2021 冬の釣り旅in四国⑧【痛恨の3分(*>_<*) 〜「サンライズ瀬戸」東京行き】

    2021年1月1日明けましておめでとうございます。愛媛県の八幡浜で迎える2021年元旦。午前7時30分起床。曇っていて初日の出は微妙ですが、東の空だけ絶妙に雲が途切れている。7時52分、山から太陽が姿を現し2021年の初日の出。なんとか見れた。ご来光を拝んで、今日も健康朝食を頂きます。お正月らしく一部おせちメニュー。またしても食べすぎた(^_^;)食後は八幡浜産みかん。これを食べたらチェックアウト。名残り惜しい〜。10時ちょうど、5泊したスーパーホテル八幡浜をチェックアウト。スーパーホテルらしい上質空間で快適な5泊でした。八幡浜に来る時はリピート確定。しかし普段は予約取りにくいのが難点。今日はこれから帰路に着きます。午後の列車で高松に向かい「サンライズ瀬戸」に乗り継ぎます。「サンライズ」は「瀬戸」が強風、「出雲...2020-2021冬の釣り旅in四国⑧【痛恨の3分(*>_<*)〜「サンライズ瀬戸」東京行き】

  • 2020-2021 冬の釣り旅in四国⑦【伊方港4日目最終日〜雪の宇和海でラスト勝負】

    2020年12月31日愛媛県の八幡浜で迎える大晦日の朝。午前7時30分起床。まだ強めの風が吹いてますが、昨日よりはだいぶマシ。今日の17時にレンタカーを返却するので、釣りは今日で終わり。なんとか竿を出せるといいですが。10時にホテルを出てきくち釣具でオキアミを購入。そして伊方港に向かいます。今日もきれいな宇和海。まだ白波が立っていて風は強いですが、なんとかなりそうな感じ。伊方港に到着。ベイトはいなく生命感無しですが、どうにか釣りはできそう。雪がチラつく中、あまり期待せずオキアミを投入してスタートフィッシング。すぐにベラがヒット。次にフグ。漁港定番の方々が相手してくれますが、自分には小さいのしか釣れず。釣っても釣ってもこのサイズ。ここで移動決意。やってきたのは一昨日メジナが釣れたセカンドポイント。風は昨日よりはい...2020-2021冬の釣り旅in四国⑦【伊方港4日目最終日〜雪の宇和海でラスト勝負】

  • 2020-2021 冬の釣り旅in四国⑥【伊方港3日目〜最強寒波襲来で…】

    2020年12月30日愛媛県八幡浜で迎える3日目の朝。午前7時30分起床。既に外は風ビュービュー。柳の木が大きく揺れてる。これは釣り無理っぽいな。ひとまず今日もスーパーホテル健康朝食を頂きます。だいぶ量を減らしたつもりも、普段朝食を食べない自分にはまだ多かった。でも美味しいので完食。10時にホテルを出て昨日のセカンドポイントに向かいます。釣りできる見込みがあまりないので、オキアミ購入は見合わせ。途中に風裏ポイントがないか見てまわりますが、どこも風ビュービュー。風速10mは余裕で超えてる。気温も3℃ほどなので体感は完全に氷点下。寒々とした宇和海。まだ晴れ間が出てますが、このあとは雪が降る予報。トホホ…。あまりの寒さに、ここは何処ぞの北国の海か?と錯覚してしまいますが、みかんを見てやっぱり愛媛だと実感。それくらい四...2020-2021冬の釣り旅in四国⑥【伊方港3日目〜最強寒波襲来で…】

カテゴリー一覧
商用