searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

まりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
tout va bien.
ブログURL
https://marigold.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
フランスでワーホリしながらコツコツ節約生活。
更新頻度(1年)

5回 / 22日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2020/11/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まりさん
ブログタイトル
tout va bien.
更新頻度
5回 / 22日(平均1.6回/週)
読者になる
tout va bien.

まりさんの新着記事

1件〜30件

  • 【実例】帰国者に対する検疫の流れ(羽田)

    11月20日にフランスから日本へ帰国しました。 その際に実際に受けた検疫の流れ(羽田空港)をご紹介します! 事前準備(機内) 書類確認 検体採取 書類審査 検査結果待ち 検査結果 最後に 事前準備(機内) 日本到着までの機内の中で到着後の流れについて記載された冊子が配られます。 (9枚ですが実際には英語と対になっているので18枚) 説明と何枚か事前記入が必要なものがありますので、 到着前に内容確認と記入を済ませておきましょう。 書類確認 到着すると今後の流れを書いた紙を渡され、 長い通路を通って会場まで移動します。 余談ですが、 途中のお手洗いは封鎖されていて使用できませんが、 会場手前で1箇…

  • 【徹底解説】FREE MOBILE、郵送での解約方法

    FREE MOBILE(フリーモバイル)の契約を、帰国にあたって解約しました! なぜ郵送で解約? 解約前に確認 レターの作成 封筒に入れる 郵便局へ 支払い 後日 余談ですが なぜ郵送で解約? 本来は店舗にいけば解約できるはずなのですが、 現在コロナの影響なのか、店員さんに「解約手続きをしたい」と伝えると、 電話で3244にかけて解約するように言われ、店舗ではできないの一点張り。 ややこしくなるのが嫌だったので フランス人の友人に代理でかけてもらったのですが、 よく聞き取れない音声の後に勝手に電話が切れてしまうの繰り返し。 free mobileのサイトからアカウントにアクセスしてみるもネット…

  • 「エミリー、パリへ行く」ロケ地へ行ってみた!

    ロックダウンの始まる少し前に 「エミリー、パリへ行く(Emily in Paris)」のロケ地に行ってきました! いろんな場所がロケ地として使われているので 全てには行けていないですが一部をご紹介します! エミリーの部屋 こちらはリュクサンブール公園近くのパリ5区の一角。 パンテオンの近くです。 知らずに通ると素通りしてしまいそうなくらい、 パリの普通の住宅街です。 目の前の小さな広場が目印ですね↓ ガブリエルの働くレストラン その目の前にガブリエルのフレンチレストランがあります! 実際にはイタリアンレストランのようです。 ここでエミリーとガブリエルのロマンスが・・・・(妄想) パンオショコラ…

  • フランス人も爆笑。「エミリー、パリへ行く」

    www.instagram.com リリー・コリンズ演じるアメリカ人のエミリーが仕事でパリに転勤。 アメリカとフランスの違いに戸惑いながら 恋に仕事に奮闘するお話。 フランス人の独特な習慣と人柄を 皮肉を交えながらも面白く描いたドラマです。 ガブリエルにメロメロ? 私の友人も含めフランス人女性は イケメンのガブリエルにメロメロらしいです 確かにイケメンだけど、私のタイプではないかな笑 彼のインスタはフォロワーが一気に増えて人気急上昇⤴︎ www.instagram.com フランスではファッションが酷評 フランス、イギリスの記事ではスタイリングがひどく酷評されているようですが、 アメリカの記事…

  • アップルすらもフランス版!?免税手続きで問題発生。

    今回iPhone12 miniを公式オンラインショップで購入しました。 購入前に事前に電話を通して免税できることを確認済み。 (本当は店舗で購入したかったのですがロックダウンのため) 免税手続きの為にアップルに電話 誰かに繋がるまで待つこと10分 ↓ フランス人A氏「名前とメールアドレスを教えてください」 教える。 フランス人A氏「英語話せる人へ繋ぎます」 ↓転送、待つこと10分 私「免税続きをしたいのですが」 B氏「免税とはなんぞや?」 私「いや、だから免税ですって」 *この問答を数回繰り返す B氏「どういうこと?ちょっと待って確認する」←なにを? *3分ほど保留 B氏「僕はテクニカルの人間…

  • ロックダウン、パリの今。

    10月末から始まったパリの2度目のロックダウン。 パリの7区にある大手百貨店ボン・マルシェも 休館でシャッターが下りてました。 (食品館の方は営業中) レストラン、カフェ、バーが閉鎖。 本屋さんも閉鎖。 前回のロックダウンと違って 電気関係は生活必需品という判断らしく アップルストアやFNAC(フナック)は引き続き営業中。 メガネ屋さんはてっきり閉まっちゃうと思ってたのですが営業中。 何がよくて何がダメなのか、判断が難しいですね(^_^;) ↓いいね!と思ったらポチッとお願いします^^

  • 男女平等って難しい

    少し前にフランス人の友人(男)に、 「料理は普段彼氏がするの?」 と聞かれ、「YES」と答えたら、 「君はラッキーだね」 と言われた。 その時は何も言わなかったけれど、 なんとなく気になって後で考えてみると、 それってつまり女性が料理をするのが普通って思ってるってことだよね。 奥さんが料理を担当している旦那さんには 誰も「あなたはラッキーだね」とはきっと言わない。 フランスは女性が管理職についたり、 当たり前に市長になったりするほど、 女性も男性と同じように働いてて当然。 専業主婦という方がかなりレアだ。 そんな社会でもやはり女性が料理をすることが 普通という感覚があるんだなあと思ってしまった…

  • 老舗カフェ レ・ドゥ・マゴ

    老舗カフェ レ・ドゥ・マゴ ーLES DEUX MAGOTS magots=マゴットじゃないのか! 慣れていない方にはびっくりのフランス語。 (語尾のtsは発音しない) かつて有名な文化人が数多く通ったという Saint-Germain-des-Prés(サン=ジェル=マン=デプレ) パリ最古の教会の目の前に位置する カフェ レ・ドゥ・マゴへふらりと入店。 コロナの影響もあり 観光ガイドブック常連で普段は観光客で賑わう老舗も 今は現地のパリジャンたちがちらほら。 店内に座るお客さんは少なめ。 私も同様にテラス席へ。 カフェは店員に聞かずに、自分が座りたい席につくのがフランス流。 気づいた店員が…

  • アベンヌウォーター使ってみた!

    少し前から使い始めたavene eau thermale (アベンヌウォーター) 日本でもみたことがあったけれど、使用経験はなし。 これ自体に化粧水としての効果などはなく、いわゆる温泉水というものだそう。 パリは水道水が硬水のため、 日本の軟水とは違うせいか、なんとなく肌がざらつくように感じてきたため試験的にトライ! 日本では化粧水の前にプレとして、というのが一般的らしいのですが、 硬水を肌からオフする目的のために、拭き取りという感覚で使ってます。 なんとなくやっぱりあるのとないのと、 ある方がお肌がいい感じ、、、、な気が!! 余談ですが、 日本では300g で2420円!(◎_◎;) パリで…

カテゴリー一覧
商用