searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

miyumiyu3502さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

アメリカ・カリフォルニア州在住。旦那、息子と3人暮らし。全て自分が正しいと思い込む父、言いたいことも言えず重たいオーラを放つ母の元で育ち、意思を抑え込まれ、いつしか生きることに不安を抱くように。2019年に第一子を出産後、産後うつを発症。病を通し、自分の気持ちを整理したいと思い、ブログを始めました。よろしくお願いします。

ブログタイトル
毒親育ちと産後うつ
ブログURL
http://miyumiyu3502.work/
ブログ紹介文
毒親に育てられ、コミュ障、人間不信、自己肯定感底辺のアラサー主婦。結婚を機にアメリカへ移住。その後、妊娠・出産。産後うつになるも、現在子育て真っ最中。日々感じたことや毒親のことなど気ままに更新しています。
更新頻度(1年)

25回 / 25日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/11/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、miyumiyu3502さんの読者になりませんか?

ハンドル名
miyumiyu3502さん
ブログタイトル
毒親育ちと産後うつ
更新頻度
25回 / 25日(平均7.0回/週)
読者になる
毒親育ちと産後うつ

miyumiyu3502さんの新着記事

1件〜30件

  • 家族が亡くなったら悲しまなきゃダメですか?

     先日、祖父が亡くなりました。少し前から、体調が芳しくないと聞いていたので心配していたのですが、安らかに息を引き取ったそうです。最後に会ったのは2年前に一時帰国したとき。そのときはまだ幾分元気で、施設に入所していて、会いに行くと、「夜中に隣の人がゴゾゴゾ

  • 日本に一時帰国することになったきっかけ

     今回は私が日本に一時帰国したときのことをお話したいと思います。 アメリカに住み始めて3年経ったときのこと。そのときの私は今までの親との関係に行き詰まりを感じており、「今まで積もり積もったうっぷんを晴らしてやりたい」と思っていました。普段は疎遠な母に意を

  • 【赤ちゃんが寝てくれる!】生後3週間から使える!おすすめのバウンサー

     アメリカで第1子を出産した私。妊娠8ヶ月前に日本からアメリカに渡り、バタバタしながら必要なものを揃えていきました。こちらでは、私が買ってよかったものをご紹介していきたいと思います。 今回はバウンサー編です。私たちが初めてバウンサーを買ったのは息子が生後

  • 【コロナ後のDMV】手続き方法やオフィスの様子などをお伝えします

     そろそろ免許が切れるので、3年ぶりにDMVへ。実は1ヶ月前に、旦那に頼んで近くのDMVに書類をドロップオフしてもらっていたのですが、全くチェックが引かれていないので、「こりゃダメだな」と思い、しぶしぶ行くことにしました。 ちなみに今、免許の更新はオンラ

  • オススメの赤ちゃんグッズ(5)【お風呂編】

     アメリカで第1子を出産した私。妊娠8ヶ月前に日本からアメリカに渡り、バタバタしながら必要なものを揃えていきました。こちらでは、私が買ってよかったものをご紹介していきたいと思います。 アメリカでは出産後の入院期間は2泊3日(自然分娩の場合)。その間に看護

  • 子どもに読ませたい!オススメの絵本(2)

     現在、1歳の男の子を子育て中。子どもが生まれてからというもの、新しい習慣ができました。それは早起き、ベビーカーでの散歩、絵本の読み聞かせ。 息子が生後半年くらいまでは膝の上に座って絵本を聞いていてくれたのですが、ハイハイ、寝返り、つかまり立ちができるよ

  • 【11月30日までの限定!】アマゾンのお得情報!(2)

    にほんブログ村  ロサンゼルスのコロナの感染者数が右肩上がりで増え続けています。実は11月21日~22日にかけてラスベガスに行く予定でした。しかし、11月19日の夜に日本国総領事館から届いた1通のメールがきっかけでやむなく断念することに。 「午後10時から午前5時まで

  • 【12月1日まで!】【ブラックフライデー&サイバーマンデー】アマゾンのお得情報!

     去年、日本に一時滞在していた私。そのときにアメリカに戻っても日本の本が読みたいと思っていたので、日本でキンドルを購入。それを使い、アマゾンのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)に加入していました。しかし、妊娠・出産、子育てに追われ、しばらくキンド

  • 【知って得する!】アメリカの図書館の便利なサービス

     LA County LibraryのキャッチフレーズはCuriosity welocomed(好奇心大歓迎)! もともと本を読むのが好きな私。LAに住み始めてからも近くの図書館に行き、数少ない日本語コーナーへ行き、小説やノンフィクションものをよく読んでいました。 子どもが生まれてからという

  • 【おすすめ!】生後6ヶ月から使える!アメリカのハイチェア

    妊娠中のエピソードはこちら。出産後のエピソードはこちら。赤ちゃんグッズ 買ってよかったもの(1)【寝具編】赤ちゃんグッズ 買ってよかったもの(2)【抱っこ紐編】赤ちゃんグッズ 買ってよかったもの(3)【ベビーカー&チャイルドシート編】 アメリカで第1

  • 家族と仲良くできなきゃダメですか?(その後)

      今回は、少し前に記事にしたことの事後報告です。 公園で感情的になってケンカしたあの後、夫婦で冷静に話をしました。話したトピックスについては3つ。 「子どもと義理の親の関係」「仕事のこと」「家庭のこと」。 子どものことについては、私が「義理親との連絡

  • 買ってよかった!オススメの読み聞かせ絵本(1)

     現在、1歳の男の子を子育て中。子どもが生まれてからというもの、新しい習慣ができました。それは早起き、ベビーカーでの散歩、絵本の読み聞かせ。 息子が生後半年くらいまでは膝の上に座って絵本を聞いていてくれたのですが、ハイハイ、寝返り、つかまり立ちができるよ

  • アメリカで託児所に子どもを預けるということ

      前回のエピソードはこちら。  治療を始め、段々と回復していった私。完全に不安がなくなったわけではなかったのですが、精神的にだいぶ楽になっていました。しかし、「旦那と子どもは大丈夫だろうか?」「旦那は寝不足で事故にあっていないだろうか?(旦那の仕事は建

  • 家族と仲良くできなきゃダメですか?(2)

     たわいない会話から旦那と大ゲンカに発展。前回の続きです。 他州に移住予定の私たちですが、引っ越したばかりは旦那の仕事が不安定になる可能性があるため、私が働きに出てほしいという旦那。それを聞いて軽くパニックになる私。そこから家族の問題へと発展していきます

  • 家族と仲良くできなきゃダメですか?

     土曜日の昼下がりの公園にて、旦那と大ゲンカ。事の始まりは「最近ちょっと疲れてきたなあ。昔の産後うつで子育てがしんどくなる感じとちょっと似てる。なんでだろ?」「久しぶりに水族館(詳細はこちら)に行って、人混みに揉まれたから疲れたのかな?」という何気ない会

  • 産後うつ、いざ治療へ!

     妊娠中のエピソードはこちら。 出産後のエピソードはこちら。 前回のエピソードはこちら。  1人、テキサスへ旅立った私。「ちょっと良くなるまでの滞在にしよう」と思っていたのですが、旦那が「病院を見つけて、そっちでゆっくり治療したほうがいい」と言ってくれ

  • 子育ての不安から産後うつへ(3)

     前回のエピソードはこちら。  どうやったら泣き止んでくれるか分からなくて、ただただ茫然と我が子を抱きかかえ続けるのに疲弊した私。ひたすら聞こえる子どもの泣き声やおもちゃの音楽、バウンサーについている、ぐるぐる回るぬいぐるみ。音はもちろん、家にあるものす

  • Aquarium of the Pacificに行ってきた。

     11月11日はベテランズデーで、数少ないアメリカの祝日でした。  ベテランズデーとは?復員軍人記念日、もしくは退役軍人記念日と訳されます。そもそもは第一次世界大戦の休戦条約が締結されたことを記念する休戦記念日でしたが、現在は、戦時や平時に兵役に服した存命中

  • USPSの便利なサービス

     サマータイムが終わり、夕方に一気に暗くなる感じが少し寂しい今日この頃。ロサンゼルスの朝と夜は冷え込んできました。しかし、日中は太陽が出て暖かく、11月といえども、半袖で気楽に過ごせる快適さがとても好きです。   さて、アメリカの郵便局といえば、USPS。毎日

  • 妊婦vs妊婦

     私たちがまだ日本にいて、私が妊娠8週目だったころの話をしたいと思います。 当時、旦那は週に1日休みがあるかないか、サービス残業はほぼ毎日ある会社に就職し、心も体もヘトヘト状態。そんな中、もっと良い待遇の会社へ転職したいと思い、あちこちに面接へ行っていまし

  • 海外からプライムビデオを見る方法

    にほんブログ村前回、アマゾンプライム会員限定のプライムビデオをご紹介しました。 実はこのプライムビデオ、日本国内でしか視聴できないのです。そこで今回は海外からでも視聴できるようにする方法があるんです!それはVPNソフトを利用すること。VPNとは?VPN(Virtu

  • 「バチェロレッテ・ジャパン」を観て、思ったこと

    ※今回の記事にはネタバレが含まれます。ご注意ください。 私たち夫婦の密かな楽しみは、息子が寝た後に見るリアリティ番組。ちなみに今、観ているのはアマゾンプライム会員限定のプライムビデオで配信されている「バチェラー・ジャパン」です。 ちなみに「バチェラー」

  • 妊活にはホットヨガ。

     今回は私が妊娠したときの話をしようと思います。  妊娠中のエピソードはこちら。 出産のエピソードはこちら。 実は妊娠するのが怖かった私。そもそも、子どもを産むことにも迷いがありました。幼い頃から意思があっても、親や周りの人から押し付けられてきたため、

  • 子育ての不安から産後うつへ(2)

     前回のエピソードはこちら。 自分がどうやって子どもを泣き止ませるのか分からず、やがて、子どもの泣き声を聞くのが苦痛になった私。そこで旦那がある提案をしてきます。 「俺の育休も残り少ないし、せっかくだから、実家へ何日か行ってみないか」。 旦那の実家はテキサ

  • 子育ての不安から産後うつへ(1)

     前回のエピソードはこちら。 「今日の夜はぐっすり寝てくれるかな」「ごはんが作れない」「ベビーシッターの人が帰ったら、旦那が帰ってくるまで、私は1人で子どもの面倒を見れるのだろうか?」「この子が泣いたらどうやって泣き止ませたらいいのだろう」など、いろんな

  • ブログを始めようと思ったきっかけ

     私は人にどう思われるか、人の顔色をとても気にするタイプだ。そんな人間が不特定多数の人たちに発信するブログをやろうとはそうそう思わない。でも、ある本がきっかけで、「ブログをやってみようかな」と思うようになった。 本のタイトルは「英語の多動力」(堀江貴文氏

  • 焦る気持ち

     何をやるにしても全否定から入る私。「本当に私ができるの?」「お金や労力の無駄にならない?」「やっぱり、やらなきゃよかったって思わない?」「そして、その後で、あ~自分はなんてバカなことをしでかしたんだ、恥ずかしい」と思ってしまうなど、心の中では常に心配事

  • 子育ての不安(2)

     前回のエピソードはこちら。 食事管理やまだなっていもいない、母乳トラブルのことで悩み、精神的に参っていた日々。住み込みのお手伝いさんがいなくなってから、週に2・3回ほど、ベビーシッター※の人に4時間ほどお願いしていました。アメリカに住んでいた日本人の方

  • 子育ての不安(1)

     前回のエピソードはこちら。 夫婦で話し合った結果、母乳を直で与えることを諦め、哺乳瓶でミルクを与えることに決めた私たち。「母乳を与えられる!」という嬉しさの反面、暗雲が立ち込めます。 私は常に先々の不安を感じてしまう人間、プラス「なるべく人に迷惑をかけ

  • プライバシーポリシー

    個人情報の保護について「miyumiyu3502.work」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。個人情報の収集について利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメー

カテゴリー一覧
商用