searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

団彦一郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
定年前にして惑い未だ天命を知らない
ブログURL
https://danhikoichiro.hatenablog.com/
ブログ紹介文
定年前のおやじが考えていることを綴っている 今どきの若者に激を飛ばすことも 政府批判することもない
更新頻度(1年)

73回 / 78日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2020/10/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、団彦一郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
団彦一郎さん
ブログタイトル
定年前にして惑い未だ天命を知らない
更新頻度
73回 / 78日(平均6.6回/週)
読者になる
定年前にして惑い未だ天命を知らない

団彦一郎さんの新着記事

1件〜30件

  • LINEの「ふるふる」がなくなった件

    「ふるふる」って知ってる? 「ふるふる」とはモバイルメッセンジャーアプリ「LINE」に「友だち追加」する方法の一つで、IDを交換したい人たちが、お互いにLINEの「友だち追加」の「ふるふる」をタップして、携帯を近くで振りあうと、双方の携帯に相手のIDが出てきて友だちになれるという機能だ。 ふるふるとは 「ふるふる、ですか?」 つい先日、職場の中でLINEのグループを作ることになった。 そこで年配の男性・墨田さんをグループに誘うために、まずは友達になろうとしたときのこと、墨田さんが 「ふるふるですか?」 と言ってきた。 でもQRコードの方が確実なので 「いや、ふるふるは中々つながらなかったりする…

  • 常備薬だけではもったいない。俺はメンターム派。メンソレータムとの違いは?

    メンタームという薬がある。 ロート製薬が販売しているメンソレータムと酷似した薬で、メンソレータムのリトルナース(小さな看護婦)の絵の代わりに、メンタームキッド(医術の神アポロン)の絵が書かれている。 メンタームの大瓶と携帯用のハンディタイプ ちなみにアポロンはオリンポス12神のうちの一人で、詩歌、音楽、予言、弓術、医術を司る神だ。調べるまでは子供のインディアンの絵かと思っていた。 アポロンと人間との娘との間に出来た子供アスクレピオスは医神と呼ばれている。 WHOのロゴマークに使われている蛇が巻きついた杖は、医神アスクレピオスが使っていた杖とのことだ。 WHOのロゴマーク メンタームとメンソレー…

  • 修羅の国・北九州市の成人式開催! 市役所担当者の心意気に感心した!

    いつの頃からか、ド派手な成人式の代名詞になった北九州市の成人式。 絶対にハズレがないからと、全国ネットのキー局も系列のテレビ局に頼むことなく、東京からキャスターを連れて必ずやって来ていた。 アクセス数を稼げるド派手な映像が撮れるからと、全国のYouTuberたちも遠くから貸切バスで会場に乗り込み、「北九州市の成人式」の知名度アップに拍車をかける。 そして「北九州市の成人式」の代名詞になったタイトルが「修羅の国」だ。 ↑ Rocket NEWS24 【修羅の国2021】砂子間正貫より画像リンク コロナ禍の中で、成人式の中止や延期のニュースが流れ、福岡県の感染者数も増えているので北九州市の成人式も…

  • 福岡県庁の新型コロナ感染者情報の漏洩問題。謝るのは県庁職員だけなのか?

    福岡県が管理していた県内の新型コロナウイルス感染者に関する情報が、1ヶ月以上にわたって、ネット上に公開されていたことが判明したというニュースが流れた。 そこで今回の経緯と、本当に県庁だけが悪いのかという点について、素人ながら考えてみた。 福岡県庁ホームページの告知画面 経緯を整理してみる 令和2年4月 福岡県が、県内の新型コロナ陽性者の入院調整のため、調整本部が作成した陽性者のデータを医療関係者間においてクラウド上で共有を開始 クラウドは、調整本部から送られた特定のURL指定によりフォルダに直接アクセスするか、又は調整本部からアクセス権を付与された者しか利用できないように設定 去年11月30日…

  • 新型コロナ対策に対する昨今の考え方の変化 解決策は医療体制にあり

    既に周知の事実であるが、新型コロナウイルス感染症は誰でもかかる可能性があり、市中感染が広がっている中で、飲食店だけを閉鎖しても感染を抑制することはできない。 昨年末、山猫総合研究所代表で、国際政治学者の三浦瑠麗の発言から、世間の論調が変わりだした。 東京都医師会らの「医療制度が風前のともしびになりかけている」という発言に対して異議を唱えたのだ。 三浦瑠麗の主張は以下のとおりだ コロナ患者の受け入れを拒否している方々(医師会、民間病院)が、なぜか「医療崩壊の危機」を投げかけている ごく少数の病院だけにコロナ患者を集中させた結果、そこが悲鳴を上げている コロナ対応が始まって半年たっているのに、医療…

  • 雪の日に長靴で通勤すると注目を集める件

    私の住んでいる地域は、年に数回ほど雪が積もるエリアで、積もった日は完全に交通機関が麻痺してしまう。 車用のチェーンやスタッドレスタイヤを持っている人はスキーやスノボーをやっている人ぐらいで、雪の日は車が立ち往生している姿をよく目にする。 実際、ツルツルになっていないタイヤであれば、FFの車だと、ある程度の雪は大丈夫なのだが、なんせ住んでいる人が雪道を運転した経験に乏しいため、いつも通りに急ブレーキを踏んだり、ギアチェンした時にタイヤを取られたりして、スタックするのだ。 そんな地域だから、子どもには長靴を買ってやるが、大人の人で長靴を持っている人はとても少ない。 たまたま私は洗車用として買ってい…

  • 栗きんとん+ホイップクリーム=モンブラン

    正月はおせち料理だ。 最近は、手作りしない人も多く、以前、通信販売でおせち料理を頼んだら、スカスカのお重が送られてきたなどとニュースになったりしたこともある。 しかし私は正月にはおせち料理を一部作っている。 担当は、栗きんとんだ。 結婚したての若かった頃、甘党の私は、腹いっぱい栗きんとんを食べたいと思い、栗きんとん作りに立候補した。 料理本を見ると、実は作り方は意外と単純なのだ。 サツマイモの皮を厚めに剥き、水に一晩漬ける。(ここで色の悪い部分は捨てる) 途中1時間つけたくらいで、アクで濁った水を入れ替える。 翌日、水を入れ替え、色付けのくちなしの実(これで黄色になる)を入れて、芋が軽くつぶせ…

  • 美のオリンピック ミス・インターナショナルで大活躍?した件

    ミス・ユニバースとともに「美のオリンピック」とも言われる「ミス・インターナショナル・コンテスト」(正式名Miss International Beauty Pageant)というミスコンをご存じだろうか。 1960年に米国カリフォルニア州ロングビーチで誕生 1968年~1970年に大阪万国博覧会を記念して日本で開催され、 2004年、2006年は中国・北京、 2008年はマカオ、2009~2011年は四川省成都で開催、 そして2013年以降は、ずっと東京で開催されている。 実は独身時代、この大会に関連した仕事をしたことがある。 まずはミスたちを受入れる会場をセッティングした。 私の身長は176…

  • ミュージシャンを目指していた彼

    昔のビデオとの再会 家の整理をしていたら、古いVHSのビデオテープが出てきた。 男の字で「DEAR ダンさん」と書かれている。 そういえば、昔の営業先で、 「俺、バンド組んでいるんです。是非、聞いてください」 と、言われてビデオテープをもらったことを思い出した。 かなり自信を持っていた若者で、就職先に満足していなかったので、もし歌が売れたら、その時の仕事から脱出したかったのだろう。 野心を持った奴だったので、大化けしてメジャーデビューしたら値打ちが出るかもと捨てずに取っていたが、あれから30年経ち、テレビやネットで彼を見たこともないので、多くの若いミュージシャンと同じように夢敗れたのだろう。 …

  • 再び緊急事態宣言? 何か別の手はないのか?

    年末年始のコロナ陽性患者数の動き 新型コロナウイルスの感染状況が大変なことになっている。 これまでの週末等の動きを見ていると、土曜、日曜と段々と陽性者の発生数が減少し、一般診療所が日曜休みということもあり、月曜が一番陽性者数が少なくなるというのが定番の流れであった。 このため、年末年始は一般診療所等が休みのため、新規陽性者はかなり少なくなるだろうと思っていたら、とんでもない状況になった。 大晦日の12月31日に、東京は過去最多の1331人の新規陽性者が出たのだ。 その後も、1月1日は783人、2日は814人、3日は816人と、感染者の発生が高止まりしている。 1月3日現在の東京都のコロナの状況…

  • 老後をホテルで過ごすという選択肢

    【目次】 ある女性の死 元俳優・矢崎滋さんの隠遁生活 ちょっとホテル事情を調べてみる ホテルの部屋の広さは15㎡(4.5坪=9畳) 朝食 6:30〜9:30(最終入店 9:00) 大浴場付き 夜食 夜鳴きそばのサービスがある(無料) 部屋の仕様 総合評価 高齢者施設という選択肢は ホテルでの終活総評 ある女性の死 昨年末、ホテルに5年4か月滞在していた、1935年生まれの高齢の女性(84歳)の死がニュースになった。 女性は、大分県別府市のビジネスホテルで2014年11月から5年4か月間滞在していたという。 遺品は現金750万円のほか、指輪やバッグなど。 女性は「親族はいない」とも話しており、健…

  • 2020年中のブログのまとめ(開設~2020年中)

    【 目 次 】 2020年ブログのまとめ(概要) ブログのデータ解析 どこからこのブログにアクセスしているのか Twitterからのアクセス Bingからのアクセス Googleからのアクセス はてなブックマーク からのアクセス 収益面の2020年総括 2020年ブログのまとめ(概要) 2020年10月19日のブログ開始から、約1か月後の11月23日にGoogle AdSenseの審査を通過し、なんとか年末までブログを続けることができた。 開設から12月末までのアクセス件数は、2175件になった。 12月には月間のアクセス件数が1000件を超えたと「はてな事務局」からメールがあり、この節目節目…

  • 映画「鬼滅の刃」興行収入 国内歴代第1位獲得

    現在公開中の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が12月27日までに、約324億7900万円と、国内興行収入ランキングで、「千と千尋の神隠し」を抜いて、歴代1位となった。(東宝とアニプレックス発表) この間、第二位となった「千と千尋の神隠し」が抜かれる寸前に、これまでの興行収入308億円に再上映分の興行収入を加えて316億円にしたことが、「鬼滅の刃」の記録を阻止するための悪あがきではないかということもニュースになった。 「千と千尋」が、興行収入を上積みした理由は、コロナ禍の中で映画の撮影中止、新作公開の中止・延期が相次ぎ、旧作である「千と千尋の神隠し」をはじめとする多くのジブリ作品が…

  • 先見の明、ピエール・カルダンってどんな人

    フランスのファッションデザイナー、ピエール・カルダン(Pierre Cardin)氏(98歳)が亡くなったとの報が話題になっている。 そこでピエール・カルダンの経歴等についておさらいしてみたい。 (ピエール・カルダンと他のデザイナーに関する年表を下部に記載) ピエール・カルダンは、これまでデザイナーズブランドの服の売り方として定番だったオートクチュール(オーダーメイド一点物の高級服)から、プレタポルテ(既製服)へと転換。ファッションデザインの普及を重視し、デザイナーズブランドを大衆化したことで一世を風靡した。 また自らの名を冠したライセンスビジネスを生み出し、その後に続くデザイナーズブランドの…

  • えなこの年収が5千万を超えてたらしい件

    コスプレイヤーのえなこが自身のTwitterで、今年の自身の年収について言及した。 その額、な・なんと5,000万円越えとのこと。 しかも、その書きぶりが以上に軽い。 よきゅーんさん(事務所の社長)と今年の反省会をやっていて今年の年収見たら5000万円超えてたー!*\(^o^)/* — えなこ (@enako_cos) 2020年12月27日 ちまたでは、若者がワーキングプアで結婚できないなどと言われ、一生懸命働いても年収300万円に満たないことなどがニュースになったりしているが、自分の持つ資質や「売りどころ」に磨きをかけ、戦略を練り、政府のクールジャパン・アンバサダーにまで取り上げられた「え…

  • 気をつけろ!ゲレンデの恋

    いよいよスキーシーズンである。 ここ数年は暖冬が続き、多くのスキー場が雪不足に悩んでいたが、今年はそんなことはなさそうだ。 しかしコロナ禍の中で、スキー場の営業がどうなるのかは不明である。 リフトで山頂に上る場合はいいのだろうが、ゴンドラ系や、ロープウェイ系は密室になるので、意外と三密対策が難しいのかもしれない。 ところで「ゲレンデの恋」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 「ゲレンデ・マジック」という言葉でも表現される通り、雪の反射で顔がきれいに見えるとか、ボーゲンで一生懸命滑っている姿がかわいらしいとか、いろいろな演出要素の中で恋が生まれるということだ。 往々にして、スキー場を離れた後は…

  • 2030年代半ばまでにガソリン車から電動車にするのは大丈夫?

    政府は「2030年代半ばまでに純ガソリン車の新車販売をやめ電動車にする目標」を出している。 しかし、12月16日から18日まで続いた関越自動車道の立ち往生を受けて、全自動車の電動車化に少し疑問を感じてしまった。 なぜなら電気自動車は、前から冬に弱いということが言われているからだ。 2015年、電気自動車・日産リーフは、冬の航続距離が通常よりも41%も減少するという調査データが発表されている。これは寒さによってバッテリーが弱まることと、暖房によるものと考えられる。 冬に懐中電灯が切れた時、電池を温めると再度明かりがつくことがある。 誰もが多かれ少なかれ体験としてご存じだと思うが、どのような方式の…

  • コロナ禍の中で凧が流行っているらしい

    コロナ禍の中で、昔の外遊びが流行っているという記事を見た。 中でも、昔ながらの正月遊びである「凧」に注目が集まっているらしい。 例年の数倍の売り上げを記録しているおもちゃメーカーもあるようで、常に流行に着目して人気キャラクターがプリントされた「キャラクターカイト」などを地道に販売している努力の結果なのかもしれない。 当然、今年は「鬼滅の刃」がプリントされた凧も販売されたようだ。 私の小さい頃は、冬になると駄菓子屋で奴凧を買って、新聞紙を切って凧の「しっぽ」として糊付けして飛ばしていた。 絵柄は兜をかぶった武士のような絵柄など、今のように子どもが喜びそうな絵柄ではない。 売っているままではうまく…

  • すごいわ半沢、銀行の頭取になった話。池井戸潤さんと同期とは

    ネット上では、「半沢が本当に頭取になった」といった話題がホッとである。 Yahooのリアルタイムやニュースでも上位に入っており、注目度合いがわかる。 今年の「半沢直樹」は、定番ともいえる「倍返し」に加えて、 「詫びろ、詫びろ、詫びろ~」 「お・ね・が・い・し・ま・す」 「おしまいDEATH!」 など、アドリブで生まれたという多くの決まり文句を生み、新しいドラマの楽しみ方を提案したチャレンジングなドラマであった。 またコロナ禍で撮影が予定通りにいかず、途中1回を、ドラマのキャスト・スタッフによる生放送トークバラエティー『生放送!!半沢直樹の恩返し』に変更するなど、画期的な取り組みもあった。 ドラ…

  • 我が校のソフィーマルソー

    疾風怒濤のような高校時代の思い出話を少し。 1980年、映画「ラ・ブーム」の主演女優ソフィーマルソーが話題になった。 屈託のない親近感の湧く笑顔、日本人にも好まれる可愛らしさ、我々若者は虜になった。 ソフィーマルソーの笑顔 すると、誰からともなく 「2年2組の伊坂さんがソフィーマルソーにそっくりなんよ」 という話が湧いて出てきた。 「すぐ見に行こうや」 即断即決で部室を出て、ソフィーマルソーが待つ2年2組に向かった。 髪型はソフィーマルソーとは違って、女学生らしい段カットなのだが、顔立ちはソフィーマルソーだ。 みな、えらく感動して部室に戻る。 しかし誰も声をかける勇気はなく、なぜか、みんなで「…

  • 子供の頃の思い出(マクドナルドのピクルス)

    小中学校のとき、ハンバーガーといえばマクドナルドだった。 どこの誰が言い出したかしらないが、マクドナルドのハンバーガーのパティはミミズの肉でできているという都市伝説が広がったりしていた。 うまいラーメン屋が評判になったときに 「あそこのラーメン屋は猫を煮てスープを取っている」 という噂が広がるのに似たようなことだろうか。 友達は 「俺はミミズバーガー1つ、と注文した」 などと威張って言っていた。 子どもながら、 「そんなにミミズがショックだったら食べなければいいのに」 と思っていた。が、小心者の私は 「そうなん、すごいね」 などと、合いの手を入れていた。 だいたいチーズバーガーを食べていたよう…

  • 関越自動車道の立往生 その原因は亀?

    コロナ禍の令和2年12月16日から18日まで続いた記録的な大雪により、まだ車両通行止めが続いている関越自動車道の渋滞は、最大時、約15キロ、約2100台の車両が立往生した。 ニュースを見る限り、原因について詳しく述べていないが、私が思うに先頭がスリップ等で道をふさいで立ち往生したか、もしくは「亀」になっている車がいるのではないかと推察している。 → 後にノーマルタイヤの車両やトラックなどによる複数台のスタックが原因のよう。 「亀」とは、車両のお腹に雪がつかえて前にも後ろにも行けない状態で、雪道を走るときに時折遭遇する現象である。 ハマってすぐにバックできれば脱出できることもあるのだが、後続車両…

  • 年賀状 出すの?出さないの?

    年賀状は、旧友や親戚との年1回の情報共有の手段として定着していた日本古来?からの風習だが、年賀状の発行枚数は年々減少している。 ピーク時に44億6千万枚(2003年)だったものが、2021年用は半減以下の約20億枚程度になっているとのことだ。 若者の新年の挨拶は、年賀状から「あけおめ」の電子メール、LINEへと手段が変わり、今はインスタグラムなどが多いのだろうか? この慣習を個人的にやめることは簡単なのだが、年1回のやり取りくらいはしてもいいのではという話もある。 このようなやり取りがなくなれば、完全に音信不通になってしまう親戚、友人も出てくるだろう。 子どもの頃は、サツマイモでイモ判を作り、…

  • 子供の頃の思い出(マーブルチョコレートとキャベジン)

    ♪マーブル マーブル マーブル マーブル マーブルチョコレート♬という歌をご存じだろうか。 1961年(昭和36年)に発売された明治マーブルチョコレートのテレビCMで流される歌だ。 7色そろった、かわいいチョコレートで、賞状や卒業証書を入れる紙の筒のような容器に7色の糖衣でくるまれたチョコレートが入っている。 夏でも溶けないように、糖衣で包む手法は画期的で、その後、お菓子メーカーのフルタも糖衣で包んだメガネチョコレートを販売していて、今でもちびっ子には人気のお菓子だ。 実は、このマーブルチョコレートには、ひとつ嫌な思い出がある。 キャベジンというキャベツの汁から抽出したビタミンUを含む胃腸薬が…

  • 俺たちの憧れ スタン・ハンセン

    ネットニュースを見ていたら、新日本プロレスの内藤哲也が「2020年度プロレス大賞」最優秀選手賞(MVP)を受賞した(3年ぶり3度目)、という記事が目に入ってきた。 しかし、私たちの世代のヒーローは、プロレスラー「スタン・ハンセン」だ。 「不沈艦」「ブレーキの壊れたダンプカー」と呼ばれたアメリカ・テキサスの暴れん坊だ。 人差し指と小指を天井に向かって突き上げ、「ウィーッ」と雄叫びをあげるロングホーンは、強きものを目指す男たちの憧れであった。 190cmを超える身長に、アメフトで鍛えた身体、かなりゴツいのにエルボードロップなど、一つ一つの技のスピードが早く、華奢な日本人レスラーを吹っ飛ばす迫力に、…

  • 子供の頃の思い出(親父のシャンプー)

    中学生だった頃のある晩、親父が風呂上がりに頭をタオルで拭きながら、顔を紅潮させて話し出した。 「最近のシャンプーはなかなかシャレとるなぁ」 居間にいた家族は、皆キョトンとして、あまり反応しない。 「泡立ちやすいように霧吹きみたいになっとる。あれは新製品かね」 皆、そんなシャンプーあったかなぁという感じで顔を見合わせる。 「んんっ?もしかして、それ黄色いヤツ?」 もしやと親父に思い尋ねてみる。 親父は、みんなの反応の悪さに気付いて、少し不安そうになって 「確か黄色やったと思う」と答えた。 「それシャンプーじゃなくて、バスピカやないん?お風呂洗剤よ」 親父は驚いた様子で頭を拭きながら 「誰がシャン…

  • はてなブログ 目次(見出し)の作り方

    長い文章を書く場合、各章ごとに目次(見出し)を作りたいと思うことがある。 ページトップに目次のボタンができると、見たい項目に飛べると大変ありがたい。 今回、このブログの中で、「サイトマップ」(ただのタイトルの一覧)を作るに当たって、各月ごとの目次を作りたいと思ったことから、復習を兼ねて、目次の作り方について解説したい。 はてなブログでは、目次(見出し)を作るためのボタンが初めからあるので作るのはすごく簡単である。 「見出し」と書かれているところの右側の三角ボタンを押すと、プルダウンメニューで 大見出し、中見出し、小見出し、標準 が選べるようになっているのだ。 「見出し」にしたいテキストを選択(…

  • 電線音頭、しらけ鳥の小松政夫さんが亡くなった件

    「電線音頭」や「しらけ鳥音頭」などのネタや歌で人気を集めた小松政夫さんが亡くなったというニュースが流れた。最近は、すっかりテレビで見なくなっていたが、昔はキャンディーズや伊東四朗さんとともに、当時流行っていた「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」を家族で楽しく見ていた。 思い返してみると、昔は新人のアイドルなどが即興でやるコントの番組多かったなぁと感じる。また公会堂や体育館などで収録する番組も多かった。 アイドルが大人の芸人たちの笑いに取り込まれて、はしゃぐといった感じのものが多かったのかなとも思う。 今で言えば「嵐にしやがれ」のような番組なのだろう。 今は、アイドルの形が昔とは違うので、なかなか成…

  • 四コマ漫画 秘儀 手作りマスクの術 by 団彦一郎

    緊急事態宣言がはじまる少し前の3月15日、メルカリなどでマスクの転売禁止の規制が出るほどマスクが市場からすっかりなくなってしまった。 コンビニ、ドラッグストア、どこを探してもマスクが手に入らない。 それなのに街ではマスクを取り締まる「自粛警察」「マスク警察」と言われる狂信的な人たちが現れ、周りに誰もいない外であってもマスクをしないと歩きにくい世の中になりました。 しばらくすると、何故か街の靴屋や服屋 が、怪しげな日本語が書いているような中国製のマスクを50枚5000円くらいで販売しだした。 以前の10倍以上の値段である。 そんなコロナ禍の状況を4コマ漫画にしてみました。 こんなことも、あとで振…

  • 四コマ漫画 秘儀 ソーシャルディスタンス by 団彦一郎

    コロナ禍の中で、緊急事態宣言、不要不急の外出自粛、リモートと、これまでと違った社会が始まった。 ソーシャルディスタンス、三密、スーパースプレッダー、エピセンターなど、新しい言葉を聞く機会が増えた。 「濃厚接触者」「経路不明者」という言葉も、コロナの時代でなければ、なんとも意味深な言葉だ。 そんな中で、四コマ漫画の応募作品として描いた漫画。 残念ながら、受賞ならず。 妻曰く「ぜんぜんヒネッてないやん」 審査員の批評以上に厳しい言葉だった。 にほんブログ村

カテゴリー一覧
商用