searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kasagoriraさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
興味のあることをツラツラと。
ブログURL
https://kasagorira.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
Arduino いじってマイコン学習中
更新頻度(1年)

110回 / 292日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2020/08/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kasagoriraさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kasagoriraさん
ブログタイトル
興味のあることをツラツラと。
更新頻度
110回 / 292日(平均2.6回/週)
フォロー
興味のあることをツラツラと。

kasagoriraさんの新着記事

1件〜30件

  • I2C学習 - 4-5-4 --- 波形デバッグ設計(+コード例)

    前回の予告通り、今回は 『各種コンディション検出コード向けの波形デバッグ』 についてです。 波形デバッグのための「回路/プログラム」を書いていきます。 ■見どころ(記事内リンク) → 回路ブロック図(ざっくりと) → コード例 → 次回予告? → 開発環境...

  • I2C学習 - 4-5-3 --- リファクタ1(関数化)

    週末、思ったより時間が取れなかったです。 以前補修したバイクカバー の別の部分が破れかけてたので再度補修したのですが、次週にすべきだったでしょうか。 しかし天気予報で傘マークたくさんだったので、これは優先作業でした。 他にも色々ありましたが、 多少はマイコンいじりの時間を確保できたのでヨシとします。 さて。 少々間が空きましたが、I2C学習再開です。 これまでちょこちょこボヤいてましたが、 ...

  • 割り込み作業

    (プログラムの割込みとは関係のない話で恐縮ですが。。) 先週後半から割り込み作業が入り、 土日も費やして対応するも次の割り込み作業が入り……。 という日々もひと段落? そろそろマイコンいじりを再開できそうです。たぶんできるはず。 コードを見返しましたが、 リファクタの真っ最中 で作業を止めてたようで、 「ええっと、このあとどう手直しするつもりだったんだっけ?」 というところから再開のよう...

  • VSCode、全角記号でインデントずれ

    VSCodeでコーディングしてたら、 全角記号を使うとインデントがずれる症状を発見。...

  • 4-5-2 --- 動作確認(波形とログ)

    スタートコンディション検出 の動作確認。 前回記事 のコメントに動作速報を載せましたが、 期待通りに動きました。 波形とログを見て、各種コンディションの出現回数が一致するかどうかを確認 波形は ¥1000ロジアナ で採取 ■見どころ(記事内リンク) → 確認1 --- 1バイトを 1回送信 → 確認2 --- 1バイトを 16回送信 → 確認3 --- 1バイトを 64回送信 → 確認4 --- 32バイトを 1回送信 → 確認...

  • Arduino、開発環境2(IDEを VSCode に切替)

    2021/05/29以降 の開発環境。 ■使用ボード メイン:Maruduino UNO R3(マルツ製の互換ボード) サブ:Maruduino ではない UNO互換ボード(主に Amazonで買った格安品) ■ソフトウェア OS:Windows 7 Arduino IDE v1.8.3 … 使ってるライブラリのバージョン。統合開発環境としては未使用 Visual Studio Code(VSCode) … こちらを統合開発環境として使用 VSCode拡張機能 Japanese ...

  • I2C学習 - 4-5-1 --- スタートコンディションの検出(コード例)

    今回は、通信の起点と終点となる スタートコンディション リピートスタートコンディション ストップコンディション の検出方法を考えてみます。 ■見どころ(記事内リンク) → M→S送信時のデータの流れ → スタートコンディション(仕様とコード例) → リピートスタートコンディション(仕様とコード例) → ストップコンディション(仕様とコード例) → 開発環境...

  • 記事更新 - 「I2C目次、記事間リンク追加」

    下記記事を更新。 「 I2C学習 - 目次 」を更新 → I2C学習4 の各記事(「4-4-1」~「4-4-8」)へのリンクを追加(赤字部分参照) 「I2C学習2 の各記事」を更新 → 「2-1」~「2-13」において、 記事間リンクを追加(記事の一番下に追加)...

  • I2C学習 - 4-5-0 --- SDAの検出(予告)

    前回 で、クロックストレッチ機能はひと段落した、としておきます。 お次は 『データ(SDA)信号の変化』 を検出する機能の作成に着手します。 信号の変化を検出すること自体は SCLの検出 と同様にすれば良いはずなので、特に問題ないはず。 ポイントは 『信号の変化から意味のあるデータを抽出すること』 まずは、通信の開始/終了を示す 『スタートコンディション や ストップコンディション』 ...

  • Arduino、コード補完(IntelliSense)の設定方法(VSCode)

    ■「VSCode」でコード補完(IntelliSense)を設定する方法 ◆使ってる拡張機能の情報 C/C++ IntelliSense, debugging, and code browsing. v1.4.0-insiders2 Microsoft ◆設定等 ステータスバーの [C/C++ 構成]を 「Win32」→「Arduino」へ変更 ↓  ↓  ↓ ...

  • Arduino、コンパイルオプションの指定方法(VSCode)

    ■「VSCode」でコンパイルオプションを指定する方法

  • Arduino、開発環境お試し(VSCode)

    VSCodeを使った Arduino開発をお試し中 (導入例)。 (VSCodeは今回初使用) ■現時点の所感 「VS2017 + vMicro」より動作が軽い ビルドは成功 ビルドの出力先フォルダは変更可能 指定したフォルダ以下にあるソースがビルド対象になる (「プロジェクトファイルを作る」という概念ではない) VSCodeの設定からコンパイルオプションを指定する方法がわからない 「*.ino」ファイルがアクティブの時 →...

  • I2C学習 - 4-4-8 --- CS信号観察→一部改善

    修正版のプログラム を使って波形採取(¥1000ロジアナを使用)。 改善状況を確認します。 ■見どころ(記事内リンク) → 波形と改善状況 → おかしな点1 - CS信号にLOWノイズ → おかしな点2 - CS終了前にSCLがHIGHに変化 → おかしな点3 - CS中にDCycleの変化 → おかしな点4 - CS後のSCLのHIGH期間 → 開発環境...

  • I2C学習 - 4-4-7 --- プログラム修正→一部改善

    前回観測した 信号のおかしな点 ですが、 プログラム修正により一部改善できました。 調べ事は直感の赴くままに調べ始めることが多いですが、 そこで得た知識から調査対象が流動的に変わることも多く、 欲する情報にたどり着くまでそれを繰り返すわけです。 その過程で今すぐ必要ではないけど行く行くは必要になりそうな情報を見つけることもあったりと。 そんなこんなで、試行錯誤経過を文章としてまとめるのは毎度...

  • 記事更新 - 「気になるもの - 激安16chロジアナ」

    2個目が届いたので動作確認。 下記記事を更新。 「気になるもの - 激安16chロジアナ」を更新 → 「所感/雑感/覚書」に 2個目の感想を追記 → 「参考URL」に VID/PID(8ch/16ch) へのリンクを追記 (赤字部分参照)...

  • 記事更新 - 「I2C学習 - 4-4-6、他」

    下記記事を更新。 「I2C学習 - 4-4-6」を更新 → 「おかしな点3 - CS中にDCycleの変化」を追記 → 「おかしな点4 - CS後のSCLのHIGH期間」を追記 (赤字部分参照) 「Arduino、Tips関連」を更新 → 「UNOマイコン(ATmega328P)データシート情報」を更新 (赤字部分参照)...

  • 記事更新 - 「I2C学習 - 4-4-6」

    下記記事を更新。 「I2C学習 - 4-4-6」を更新 → 「おかしな点2 - CS終了前にSCLがHIGHに変化」を追記 (赤字部分参照)...

  • I2C学習 - 4-4-6 --- CS信号観察→異常あり(問題提起)

    前回のざっくり設計 に沿って「回路/プログラム」を変更。 ループ開始タイミングも併せて見たいので、 『DetectCycle信号』(以降「DCycle信号」と省略) の機能もON。 ¥1000ロジアナ で波形採取して確認したところ、 期待と異なる波形が見受けられました。 (まだ記事の作成途中ですが一旦アップします。完成までもうちょい時間がかかりそうなので。。) ■見どころ(記事内リンク) → 波形全体図 → お...

  • 記事更新 - 「I2C学習 - 4-3-7」

    下記記事を更新。 「I2C学習 - 4-3-7」を更新 → 「PulseViewの使い勝手(波形保存/読み込みについて)」を追記 (赤字部分参照)...

  • I2C学習 - 4-4-5 --- CS信号の詳細観察準備(ざっくり設計)

    前回 で「クロックストレッチ(以降

  • I2C学習 - 4-4-3b --- 閑話?波形保存、実はできていた

    PulseViewの波形保存の件、 実はできていたようです。 お騒がせいたしました。m(_ _)m 次回からクロスストレッチ実装に復帰予定です。 ■見どころ(記事内リンク) → 波形保存、実はできていた? → ビルドの覚書 → 所感/雑感...

  • I2C学習 - 4-4-3 --- 閑話?PulseViewの波形保存で悪戦苦闘(未だ未解決)

    ちょっと更新間隔が開きました。 開発は牛歩、です。 クロックストレッチ機能、 ざっくり設計 に沿ってちょろちょろ進めてます。 いやぁ、すぐに終わると思ってたのですが、予想外にも苦戦中。 ロジアナ(PulseView)で波形確認したところ、予想外な波形を観測したりして悪戦苦闘中。 そんな訳で採取した波形はちゃんと保存したいのですが、 このPulseView、波形保存が期待した動作をしない という困った点がありまし...

  • 記事更新 - 「気になるもの - 激安16chロジアナ」

    予定より約2週間早く届いたので、早速動作確認。 下記記事を更新。 「気になるもの - 激安16chロジアナ」を更新 → 「所感/雑感/覚書」を追記 (赤字部分参照)...

  • I2C学習 - 4-4-2 --- ざっくり設計(回路ブロック図/プログラム)

    クロックストレッチ機能、ざっくり設計しました↓。 ■見どころ(記事内リンク) → 回路ブロック図(ざっくりと) → 信号イメージ → プログラム設計(ざっくりと) → 開発環境...

  • I2C学習 - 4-4-1 --- クロックストレッチ機能を付ける

    SCLの検出 の実装と動作確認がひと区切りついたので、次へ進みます。 次は 『クロックストレッチ機能』 を追加します。 本来は「スレーブ から マスター に対して行う」ものですが、 これを「I2Cモニタ から マスター に対して行おう」というもの。 SDAの検出処理で使うことになりそうなので、SDA検出より先にこの機能をつけます。 ……という予告です。 まずは設計資料を作ります(鋭意準備中)。 クロックス...

  • 記事更新 - 「I2C目次、記事間リンク追加」

    下記記事を更新。 「 I2C学習 - 目次 」を更新 → I2C学習4 の各記事(「4-3-5」~「4-3-9」)へのリンクを追加(赤字部分参照) 「I2C学習3 の各記事」を更新 → 「3-0」~「3-8」において、 記事間リンクを追加(記事の一番下に追加)...

  • I2C学習 - 4-3-9 --- AnalogDiscovery2で波形計測

    予告画像 の正体(今回の主役)をお披露目↓。 今回は死蔵していた AnalogDiscovery2を使って波形計測してみます。 計測するのは DSO150 や ¥1000ロジアナ の時と同じく、 『H→L の信号変化は29回発生してるのか?』 です。 ■見どころ(記事内リンク) → 「AnalogDiscovery2+α」を紹介 → 「オシロ機能」で計測した波形 → 「ロジアナ機能」で計測した波...

  • I2C学習 - 4-3-9 --- 予告(画像)

    次回予告画像。主役はコイツ↓……何奴だ? 白々しくて申し訳ないです(わかる人にはわかる?)。 やりたいことは終わったのですが記事まで手が回らなかったので、 それっぽい画像でお茶にごす。。。...

  • 気になるもの - 「Raspberry Pi Pico」(マイコンボード)

    なんたる不覚! でしょうか。 こんなステキなものが発売されてることに気づかなかったとは。。 組込み向け(?) Raspberry Pi、 『Raspberry Pi Pico(ラズベリーパイ・ピコ)』 というマイコンボードが販売されてるようです。 ■見どころ(記事内リンク) → Raspberry Pi Pico(ラズベリーパイ・ピコ) → スペック概要 → 参考URL...

カテゴリー一覧
商用