searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

電子うさぎさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
電子うさぎの記憶
ブログURL
https://aisusagi.blogspot.com/
ブログ紹介文
穏やかな生活を目指しているのにダメです。本の虫。映画も好き。被虐待後遺症ですが、トボトボ暮らしています。ぼうりょくはんたいです。
更新頻度(1年)

15回 / 22日(平均4.8回/週)

ブログ村参加:2020/07/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、電子うさぎさんの読者になりませんか?

ハンドル名
電子うさぎさん
ブログタイトル
電子うさぎの記憶
更新頻度
15回 / 22日(平均4.8回/週)
読者になる
電子うさぎの記憶

電子うさぎさんの新着記事

1件〜30件

  • 本 「発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療」(目次・引用)

    ちょっと気になった本があったので、読んでみました。 題名:発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療 著者:杉山登志郎 (1951生) 発行:誠信書房 初版:2019年1月 頁:117P 価格:1800円+tax ---目次引用 ココから--- ...

  • 恐怖感が噴出している更年期

    更年期らしきものが本格的に始まったのは、2014年ごろでした。 ずっと、自律神経を失調してたので「いやいや、マイッタマイッタ・・・もっと酷くなった。ココを乗り越えなくちゃどうすんの~・・・」と、頑張ったのですが、頑張りすぎて諦めかけた頃・・・ 「は?もしや、これは世間...

  • 26日

    26 日。 いつの間にか、雨が振ってね。 いつの間にか、雷が鳴ってね。 いつも通りに、気が付かずにロウソクの炎を見ていたよ。 いつも来る猫さんと、話をしていたでしょう。 そんでもって、カシコちゃんも連れてきたでしょう。 あんたねえ・・・^^; ...

  • 流行ってるんすかね・・・

    精神科にかかったのは、ひょんな事からでした。 体中の自律神経が失調してしまって、更年期障害のひどい感じになってしまった・・・というのが、そもそものきっかけです。 あれは22ぐらいでしたか。かなり遠い過去のような、昨日のことのような気がします。 内科・眼科・泌尿器科・婦...

  • TOP GUN ANTHEM(映画/トップ・ガン/1986)

    最近、と言っても、今は 2020.06ですが・・・ 映画「TOP GUN」(1986)を見たいなあと強烈に思って「予告編でも見て、TOP GUN ANTHEM でも聴こうかな」と、YouTubeの検索をしたのです。 TOP GUN:MAVERICK が、2020.6頃に公...

  • AKIRA (1988・日本)/映画・感想

    いつ、初めて観たのか分からないほど、何度も何度も観ています。 そういえば・・・ 映画の舞台の設定の年を失念していました。 最近チョット気になって観てみたのですが・・・ というのは、DVDを買って、保存しておこうと思っていまして(どうやら私はDVDのコレク...

  • 気がついたら、5年位引き篭ってました。そして外出してみました

    ほんとに、その位の年月が経っていたんです。 まじです。 年月を追えないという悩みはありましたけれども、記録はあっても記憶がない感じです。 気分はこんな感じです 夫が困った人なのですが、私の方が困った人でした。 庭やこの辺りは、お散歩をしている...

  • 言わなきゃ分かんないっ(でしょっ)

    モラルハラスメント・・・ モラルハラスメントを遥かに超えて、暴行・傷害・性的暴力・精神的暴力・経済的暴力を重ねた前夫から逃げましたが・・・ モラルハラスメントの、精神的暴力は「命に関わる暴力」であると思っております。 「逃げる」で正解なのですが、逃げられない事情...

  • 本 「モモ」ミヒャエル・エンデ/著

    ミヒャエル・エンデ/著 「モモ」 1973年の作品 初めて読んだのが、1990年+α年。 今から、約30年前後になりますか・・・。さん昔ぐらい昔です。 再読した理由は「なんか、読む本の中に入っていたような気がする」と気になったからでした。 「読む本」とい...

  • 月と海と

    便利になりました。 コンデジで撮った動画をYouTubeにUPしなくても良くなり申した。 2年ほど前の海と月です。 ▶を押すと再生できます。 音は消してあります。(消音処理済み) なんか、海に月の道が出来ているって、静止画ではチョット分...

  • 本/「バカの壁」 感想 & 出版・販売関係の皆様へ

    ふるっ 独善的 余裕が無い(遊びがない) 過去の文献を引用しただけの「ネットで私が書いてるみたいな下らなさ」を自覚していない 視野が狭い・知ろうとしていない あれ?この本自体が「バカの壁」の壁になっている・・・という、メビウスの輪。 2003年 「バ...

  • HSPみたいな感じになってます

    便利な言葉と概念を見つけて「やっと説明するのが楽になった!」と喜んでしまうことがあります。 Highly Sensitive Person という概念を提唱した博士に感謝したいぐらいです。 ちなみにHSPの研究をしている博士のサイトはコチラです↓↓↓ The Hi...

  • 更年期って「とりとめもない変容の時」の事?

    流れというものがある。 大きなうねりのような。 いつから、目に見えるものや物質だけが絶対になったのだろう。 私は、やはり、オカシイノダロウカ?と思う時が多くある。 2014年ごろから、更年期と呼ばれる大きな転換期に入ったのだと思うが、それにしても、これまでの自律...

  • 数か月前に画材を揃えてから、やっとこらせで、絵を描き始めました。 え?というような感じの絵が出来上がった時、ゾッとしました。 あ、絵と言っても、水彩絵の具(100均の絵の具って変な色だなあと思ったので、サクラクレパス絵の具に変更しました。でも、いいの。100均...

  • コモチマンネングサ/野の花(黄)

    春~夏に開花します。 葉は肉厚です。 葉っぱの根元に丸い形の球体が付いています。 花は黄色で、1センチぐらいですが、「咲きそうもない感じ」がします。 地面を這うように群生していることが多いので、見落とすことも多いかも。 葉も茎も、とても柔らかいです。 ...

  • 「更年期の真実」/本・感想

    更年期を病気や障害だとしたのは、どうやら西洋のお医者さんだったようです。 「更年期の真実」は、図書館にも置いていないし、新刊でも売っていないので、いつもの通り古書店でさがして、この本を読みました↓↓ 「更年期の真実」 ジャーメイン・グリア/著 2005年/発行 ...

  • 感情を失わない為の苦肉の策

    「なんで、日本語がうまく話せなくなっちゃったのかなあ?」 「なんで、英語で話したり考えるほうが楽になったのかなあ?」 気が付いた時には母国語を失っていました。 今書いている文章は、国語の先生に食らいついて教えて貰ったり、良い子が読んでも良い図書館の本や、漫画や...

  • 落語「唐茄子屋政談」

    寝る時に落語を聞きながらなのは、幼い時からの習慣です。 なにしろ、物心つく前から全く寝付けませんで、苦肉の策でした。 おんぼろのラジカセ(ラジオとカセットテープの再生・録音が一体型になっているアナログ式の器械です)をお下がりで貰ってから、落語好きが加速致しました。 ...

  • 26日

    26日 数日前から、何かが覚えているように、思い出した。 思い出したというのは、嘘だ。 ふと、見えるようになっていた。 どうしたのかと、毎回考える。 ああ、26日だった。 何かが覚えているんだろうなと思う。 ふと、足元にいるのをよけた...

  • 「アバウト・シュミット」(映画・2002・アメリカ)

    「アバウト・シュミット」(About Schmidt/2002) 男性にも更年期がある・・のか? 仕事一筋に生きてきて、それしかない男性が、メデタク退職し、一緒に暮らしてきた女性や子供のことさえ忘れてたのに・・・ それがオレのタダシイ人生だったのに~...

  • 待つ天才、待たない天才

    待つ天才は、もしかしたら、待たない天才なのかもしれません。 私は口癖のように「待つのが苦手」と言って生きてきました。 幼いころから「待つことが当たり前」だったからこその感覚だったのかもしれません。 両親の怒号が響き渡る喧嘩が納まるのを待つ。 母親からの尽...

  • 被害者でいるのは辛く厳しいことでした

    虐待という言葉も、様々な所で目にするようになりました。 私が「精神的・情緒的な虐待を受けていた」と気が付いた時は、いつだったでしょう。 30年近く前になりますでしょうか・・・ その頃、心理学を専攻していた、何も知らない学生でした。 気が付いた時に「なぜ、私の...

カテゴリー一覧
商用