searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

しちゅーさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
log walk
ブログURL
https://www.logwalk.com
ブログ紹介文
有給で長期休暇を作って、海外に一人旅に行く生活を続けてます。 行った場所は隅々まで観光して、情報をブログに書いています。 またカメラも好きなので、写真も綺麗だと思います。 26歳会社員です。
更新頻度(1年)

13回 / 13日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しちゅーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しちゅーさん
ブログタイトル
log walk
更新頻度
13回 / 13日(平均7.0回/週)
読者になる
log walk

しちゅーさんの新着記事

1件〜30件

  • ロシア旅のベストショット集

    2日間だけの短いロシア旅でしたが、よく撮れた写真を集めてみました。 写真はイルクーツクとリストビャンカ・バイカル湖周辺です。 実は。。 普段はリアルな観光地を紹介したいので、明るい写真を投稿していますが、実はちょっと暗い、光の入り具合を楽しむような写真や少し濁した色の写真も好きなんです。 今回はそういうのも混ぜちゃってます。 イルクーツクの街中 イルクーツクの教会群 リストビャンカ・バイカル湖 シベリア鉄道 シベリアの魅力 うーん。やっぱりシベリアは建造物も人も魅力的ですね。 ただもう少し時間があったら、もっと色々撮れたと思うと悔しいですが、 その分、モンゴルで魅力的な写真が何枚も撮れたのでよ…

  • イルクーツクのおすすめ観光地3+1選

    シベリアで大都市のイルクーツクには、素晴らしい建築物や楽しめるスポットがいくつもあります。今回はその中で、私がぜひオススメしたい観光地を3ヶ所と、イルクーツクに来たら必ず行って欲しいスポットを1つをまとめました。 1.カザン教会 まず1つ目は、やはりロシアらしい教会のカザン教会を選びました。 カザン教会は1892年に赤レンガで造られたロシア正教の教会です。「カザン教会」と検索するとサンクトペテルブルグにあるカザン聖堂が出てきますが、全くの別物です。 この教会、実は地球の歩き方などの日本のガイドブックには全く載っていません。地球の歩き方にはキーロフ広場周辺の教会ばかりピックアップされて書いてあり…

  • イルクーツクホテルのレビュー

    イルクーツクホテルのレビュー 私は今回イルクーツクホテルに宿泊しました。 せっかくなので、宿泊した感想を書きます。 まず私はこのホテルに泊まりたくて泊まったんじゃない!! ということを第一に書かせてください。(このホテルが悪いとは言ってません) まずこのホテルは、一般的に中級ホテルと言われるもので、決して安宿ではありません。 私はできればドミトリーのあるゲストハウスに宿泊したかったのですが、バウチャーを発行する都合上、どうしても「ホテル」に泊まらなければなりませんでした。 バウチャーについては、以前書いた下の記事を見てください。 www.logwalk.com 日本からバウチャーを発行できるホ…

  • リストビャンカの観光地まとめ【地図あり】

    リストビャンカの説明 2つ前の記事で書きましたが、リストビャンカについての情報が、ネットやガイドブックにあまり出てないので、この記事で地図を踏まえて説明を足します。 リストビャンカへのアクセス リストビャンカはバイカル湖の湖畔にあります。 一般的にはイルクーツクから陸路で1時間ほどです。 黄色い道を通って着きますが、ほぼ一本道で行くだけでも楽しめると思います。 黄色の道一本道 リストビャンカ周辺 次にリストビャンカの場所ですが、主に東側の岸辺全体を指します。 appleのアプリのmapではリストビャンカという地名がかなり南部に表示されているので注意です。 そしてリストビャンカで一番栄えているの…

  • シベリア鉄道に乗り込み、モンゴルへ

    イルクーツクホテル → イルクーツク駅 朝起きて、ホテルのビュッフェへ。 ビュッフェのあるホテルに泊まるなんて久々すぎてテンション上がります。 朝からガッツリ食べすぎました。 北国なのでフルーツはイマイチでした。 電車は3時すぎの出発でしたが、時間が大きく前後することもあると聞いていたので、11時ごろチェックアウトして駅に向かいます。 国際便に乗り遅れたら致命的ですからね。というか発車が大きく前にズレるってこと本当にあるんでしょうか笑 余裕があったので、バイカル湖の水をホテルで購入。 バイカルアザラシのマーク可愛いです。 ホテルを出てアンゴラ川を渡り向こう岸のイルクーツク駅へ 距離は3kmくら…

  • バイカル湖博物館と市場

    解散して ツアー仲間との弓遊びも終わり、また1人になりました。 かなり意気投合したので寂しいですが、元々の旅行に戻っただけです。 なぜシベリアってこんなにも淡白な雰囲気なんでしょうか。解散と重なってとても寂しい雰囲気にさせられます。 ただ幸運にも彼らから、色々と情報を仕入れることが出来ました。 手に入れた情報は、大まかに言うと、 腹ごしらえと土産物は、リストビャンカのマーケットで。 物好きな人は、リストビャンカの奥地まで探検に行く人もいる。 ここに来たからはやっぱりバイカルアザラシ博物館に行かないと絶対に損! ということ。 「物好きな人は」と言われて、まさに自分だと感じたし、リストビャンカの奥…

  • リストビャンカでツアー仲間と弓矢で遊ぶ

    バイカル湖ツアー後 バイカル湖ツアーも無事終わり、予想以上に意気投合したツアーメンバー。 すると、ツアーに参加していたロシア人家族から、英語で「これからどうするつもりなんだ」と質問が。 (ロシア人で英語が話せるの珍しい!!) 特に何がしたい!といった目的はなかったのですが、来るときに見かけた市場とバイカル湖博物館には行こうと思っていると伝えると、「じゃあそれは後にして、弓矢で遊ぼうぜ!」と言われました。 . . . 弓矢!? 一瞬、自分が聞き取り間違えたのかと思ったのですが、確かに弓矢と言っている。。 しかもジェスチャーで念押しまでされ、めちゃくちゃ楽しんだぞと言わんばかりの表情しているのを見…

  • バイカル湖ボードツアー参加したみた

    バイカル湖といえば冬に湖が凍ったときの景色が有名ですが、実はそれ以外にも魅了的なものがあります。それはこのバイカル湖の固有種のバイカルアザラシが生息していることと、バイカル湖岸鉄道という観光列車が走っていることです。 どちらも普通は現地ツアーを利用するものなので、リストビャンカのツアー会社を探します。 リストビャンカというのは、イルクーツクから一番近いバイカル湖に接している町をいいます。バイカル湖観光は基本的にリストビャンカが起点になると思います。 ツアー会社は湖沿いに小さな小屋のような建物の中に入っています。パッと見でも2箇所ありました。 ツアー会社なのに看板がロシア語で一見分かりにくいです…

  • イルクールクからバイカル湖へ

    イルクーツクでの教会や繁華街などの観光も一通りできたので、観光をひとまず終え、ロシア旅のメイン、バイカル湖岸の村リストビャンカへ向かいます。 移動手段は安くバスで行きたいので、イルクーツクのバスステーションへ。 バスステーションの近くにあった公園の滑り台。よく見たら木製ですよ。 バスステーションはイルクーツクの街の北側のヴォルコンスキーの家の近くにあります。 バスステーションでチケットの購入を試みる 受付の女性は英語が話せませんでしたが、 普段から同じような客を相手にしているからか、身振り手振りでスムーズに話が進みました。 イルクーツク→バイカル湖(リストビャンカ) のバスは100p(約160…

  • 閑散とした130地区とトラム

    朝から川沿いを散歩し、教会を見てまわり、すでにクタクタですが、 まだまだ行きたいところがあるので、観光を続けます。 130地区 場所は前の記事で紹介した、クレストヴォズドヴィジェンスカヤ教会の目の前にあります。 130地区というのは、イルクーツクの昔の街並みを再現した商店街のようです。 日中は人がたくさん来て、賑わっているらしいですが、、 まず入り口にはイルクーツクのシンボルのバーブルと呼ばれる像。 バーブルって架空の生物なのでしょうか。 虎のような、猫のような。口にくわえているのは狐? それにしても大きい。 130地区はこんな感じ。私が行ったときは人が全然いなくて、 ここが本当に人気の観光地…

  • イルクーツクの美しい教会と家巡り

    教会巡り イルクーツクには美しい教会が点在しています。 この日は午後からバイカル湖に行きたかったので、午前中のうちに見てまわれるだけ、まわってみました。 スパスカヤ教会 18世紀に建てられた、深緑の屋根と白璧との配色が美しいロシア正教の教会。 この教会の周りには背の高い針葉樹が植えられています。 そのせいで写真の2枚目のように教会の全貌を見るには大通りの裏側から見るしかありませんが、あまり下がれないようになっているので、かなりの広角レンズが必要になります。 ちなみに写真2枚目はAPS-Cの18mmで撮影。 できるなら16mmより広角である方が望ましいと思います。 場所はキーロフ広場の近くで、遠…

  • シベリアのパリと呼ばれるアンガラ川沿いを朝散歩

    シベリアのパリ 「シベリアのパリ」の異名をもつイルクーツク。 なぜそう言われているのか知りたくなり、朝から散歩に出かけました。 アンガラ川沿いを北上していく 昨夜、ホテルの前から撮った場所。イルクーツクホテルは川沿いにあります。 このアンガラ川は「シベリアの美女」と呼ばれ、世界一の透明度を誇るバイカル湖の水が流れていて、水も空気もとても澄んでいます。 少し進むと小さな広場があります。 写真では分かりづらいですが、ロシアの国旗の配色に花を飾っているようです。 犬を連れて散歩しているお婆さんが、この段のところでゆっくり座っているのがなんだか印象的でした。 対岸のイルクーツク駅側へ伸びるグラスコフス…

  • ついにロシアへ出発! S7航空で成田→イルクーツク

    ウラジオストク行きの飛行機に乗り込み出発 <フライト内容> 【 往路】 ●7/29 15:40 成田 ↓ ●7/29 19:10 ウラジオストク (フライト時間 2時間30分:S7航空566便) (トランジット 1時間15分) ●7/29 20:25 ウラジオストク ↓ ●7/29 22:45 イルクーツク (フライト時間 4時間20分:S7航空3215便) 合計 8時間5分 荷物をバックパックに詰め込んで、ウキウキで出発。 今回はウラジオストクで乗り換えがありますが、その時間が1時間15分しかなくて、飛行機が遅れたらどうしようと不安でしたが、 案の定、45分出発が遅れました。 そもそも成田空…

  • ロシアビザ・バウチャーの取得方法まとめ【決定版】

    「ロシアに入国するのは、大変だよ」 バックパッカーなら1度は聞いたことがあるであろう、この言葉。 その言葉の真意について、詳しく書いていきたいと思います。 ロシアへ観光で入国するのに必要なもの バウチャー そもそもバウチャーとは バウチャーの取得方法 ツーリストビザ ツーリストビザの申請に必要なもの ツーリストビザの申請方法 シベリアに行く場合のみオンラインビザが可能!? 私の場合 空バウチャーは、やめておいたほうが良いのでは? 追記 ひとこと ロシアへ観光で入国するのに必要なもの 必要なものはバウチャーとツーリストビザ です。 ただ「バウチャー取るのがホント面倒臭い」 そう他の旅行者たちが口…

  • 航空券を購入し、ロシア・モンゴル・中国のシベリア鉄道旅へ!

    モンゴルに行きたい! そう思ったのがきっかけでした。 あの大草原の土地で過ごしてみたい。 とりあえず航空券を調べてみようと思い、 モンゴルの首都、ウランバートルまでの往復航空券をSkyscanner見てみると、 10万円近い額の表示が。。。 地図上では近いのに、この距離で10万円は払いたくない。 この金額ならヨーロッパだって普通に行けますね。 うーーん、どうしよう。 パッケージツアーは性に合わないし。。 モンゴルを地図で確認 地図で確認するとモンゴルは、ロシアと中国に挟まれている形。 だったら、ロシア→モンゴル→中国って行けるかな? どうなんだろう。 調べてみると、、 バスは1日に何台も出てい…

  • ABOUT

    著者について このブログ、logwalk.com を書いていくしちゅーといいます。 現在26歳、都内在住。 以前、他のブログサイトで旅行ブログを運営していましたが、気分一新、こちらに移ってきました。はてなブログ初心者です。 移ってきたといっても記事は引き継がずに、また0からのんびり書いていこうと思います。 趣味は、旅行とカメラ。 本当は毎月でも旅行に行きたいのですが、普段は休みもお金もないので、長期休暇のときだけ、バックパックを背負って海外へ少し長めの旅に出ます。 普段はカメラを片手に写真を撮り歩いてます。 カメラは特にFUJIFILMが好きで、新しいボティーやレンズが出るたびに羨ましがってい…

  • プライバシーポリシー

    個人情報の保護について 「https://www.logwalk.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 広告の配信について(予定) 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信に…

カテゴリー一覧
商用