chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
カイト
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/04/30

1件〜100件

  • 22年8月17日(水)トレード方針

    ダウ+230 日経+98 ウォルマート、ホームデポ(共にダウ構成銘柄)の決算を受けて上昇。 今晩の小売売上高が上振れる期

  • 22年8月16日(火)トレード方針

    ダウ+158 日経+109 原油が直近安値を更新→インフレ改善→国債利回り低下ということで株高。 22年8月16日(火)

  • 22年8月15日(月)トレード方針

    日経+628(週+640) 金曜日のSQ値28526をザラ場終値で超えていますので、しばらく堅調に推移しそうです。 22

  • 22年8月14日(日)ダウ分析

    ダウ+351(週+980) ミシガン指数上昇で底打ち感が強化、インフレ・インフラ法案成立も後押し。 一つ覚えておくといい

  • 22年8月13日(土)ドル/円分析

    ドル/円は、米(資源有・人口増)と日(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期的には円安ドル高)。 短期的な

  • 22年8月12日(金)トレード方針

    ダウ+74 日経+21 昨晩は国債利回り上昇(来年の利下げ予測も消滅)で利食い優勢の展開でした。 個人的にはスワップ狙い

  • 22年8月11日(木)トレード方針

    ダウ+509 日経+248 消費者物価指数「前年比+8.5、前月比+0.0」と予想よりインフレ率が低かったということで上

  • 22年8月10日(水)トレード方針

    ダウ-61 日経-302 今晩のCPI発表を前に現状分析します。 予想は「前月比+0.2、前年比+8.7」です。 発表後

  • 22年8月8日(月)トレード方針

    日経+249 マーケットは誰もが「買いだ」と考えないと天井を打たないとも言えます。 現状は「消費者物価指数」待ちの人が、

  • 22年8月7日(日)NYダウ分析

    ダウ+15 結果でモノを言う後付け解説なら誰でも出来ます。 それを有難がるのは自分の頭で考えられない人だけです。 相場で

  • 22年8月6日(土)ドル/円分析

    ドル/円は、米(資源有・人口増)と日(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期目線は円安ドル高)。 短期的な

  • 22年08月03日(水)トレード方針

    ダウ-396 日経-172 市場の関心が「インフレ」から「景気後退」に移っていたところを、SF連銀総裁の「インフレ抑制は

  • 22年08月02日(火)トレード方針

    ダウ-28 日経-61 ISMは50以上でしたが「下落傾向なので景気後退が意識された」ということなのでしょう(原油はIS

  • 22年08月01日(月)トレード方針

    ダウ+356 日経+32 月替わりということで、ひとつのデータをご紹介します。 市場への資金の流入・流出には傾向がありま

  • 22年07月30日(土)NYダウ分析

    ↑12月までは堅調を示唆 投資家に必要なのは悲観でも楽観でもありません。達観です。 株価指数は、インフレを内包しており、

  • 22年07月30日(土)ドル/円分析

    ↑「ドルインデックス」は崩れていませんし、「ユーロ/ドル」も横這いトレンド継続中です。 よって「ドル/円」が崩れたのは、

  • 『世界2.0 メタバースの歩き方と創り方』佐藤航陽

    世界経済の成長は、人類に幸福をもたらします。 その証拠に、昔の権力者よりも現代の一般人の方が快適な生活を送っています。

  • 22年07月29日(金)トレード方針

    ダウ+319 日経-76 アメリカGDP悪化が「金利差縮小」を想起し、ドルが急落しました。 また「米国債2年物利回り」が

  • 22年07月28日(木)トレード方針

    ダウ+371 日経+5** アメリカの利上げ予想に変化(最大値2.75に低下)がありました。 一時的な予想かも知れません

  • 22年07月27日(水)トレード方針

    ダウ-218 日経-258 昨日も書きましたが、消費者信頼感指数が予想より悪化しましたので「底打ち感」が消え、下値を模索

  • 22年07月26日(火)トレード方針

    ダウ+123 日経+21 今晩発表の消費者信頼感指数に注目しています。 先月より悪化が予想されていますので、その通りにな

  • 22年07月25日(月)トレード方針

    日経-143 ドル/円は、5月以来の20MA割れ。 22年07月25日(月)トレード方針 日経-日足分析 ローソク足 上

  • 『 アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』『 アメリカの高校生が学んでいる経済の教室』

    お金や経済に関する本は山ほど読みました(僕は経済学部マクロ経済学専攻です)。 その土台があるから、これらの本が「分かりや

  • 22年07月24日(日)ダウ分析

    ダウ-126 確かに、開場中に「PMI50割れ」を見たなら、僕も売っていたかもしれません(実際は夕方から酒を飲んで22時

  • 22年07月23日(土)ドル/円分析

    ドル/円は、米(資源有・人口増)と日(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期目線は円安ドル高)。 短期的な

  • 22年07月22日(金)トレード方針

    ダウ+166 日経+292 株価指数は名目GDPに連動しています。 つまり、インフレ(物価高)を内包しています。 日銀が

  • 22年07月21日(木)トレード方針

    ダウ+1 日経+170 12月利上げ打ち止め、1年後に利下げという予測。 株価は半年先を見ていますので、上がり始めている

  • 22年07月20日(水)トレード方針

    ダウ+745 日経+435 EUのガス懸念払拭で上昇? 米国企業にとって「ドル高は業績に対する重し」となりますので、米国

  • 22年07月19日(火)トレード方針

    ダウ-165 日経-27 「景気悪化懸念」と「利上げ打ち止め」でのシーソーゲーム(10月まで続く?)。 ダウもナスも日足

  • 【常時更新】投資コラム

    投資で稼ぐためヒントです。タイムリーな考えを書いて「見て下さる方の参考になれば」という感覚です。特に、投資経験の浅い若い人には是非読んで欲しいです。

  • 22年07月18日(祝)トレード方針

    ダウ+602(反騰) 日経+274(3日続伸) 現状では消費者物価指数指数はピークアウトと判断しています(原油価格先月平

  • 22年07月16日(土)ドル/円分析

    ドル/円は、米(資源有・人口増)と日(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期目線は円安ドル高)。 短期的な

  • 22年07月15日(金)トレード方針

    ダウ-78(4日続落) 日経+231(続伸) 仮に次回のFOMCで「1.0ポイントの利上げ」となっても、最大値は12月時

  • 22年07月14日(木)トレード方針

    ダウ-242(3日続落) 日経 次回FOMCで1.0ポイントの利上げ予想が優勢になったことが重しになりました。 22年0

  • 22年07月13日(水)トレード方針

    ダウ-221 日経-180 22年07月13日(水)トレード方針 消費者物価指数と原油価格 今晩発表の消費者物価指数も高

  • 22年07月12日(火)トレード方針

    ダウ-165 日経-203 下落理由は、水曜日発表のCPI(消費者物価指数)を織り込みにいったからです。 FRBはインフ

  • 22年07月11日(月)トレード方針

    ダウ+7 日経+175 雇用統計が良かったので素直に上を見ていきます。 「インフレ高止まり懸念」や「逆イールドによる景気

  • 22年07月10日(日)ドル/円分析

    ドル/円は、米(資源有・人口増)と日(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期目線は円安ドル高)。 短期的な

  • 22年07月08日(金)トレード方針

    ダウ+287 日経+368 ドル高は、アメリカにとっては「輸入物価の下落=インフレ緩和」で良いことです。 円安は、日本に

  • 22年07月07日(木)トレード方針

    ダウ+133 日経+40 ISM非製造業で景気はまだ底堅いと判断され、FOMC議事要旨で0.5~0.75ポイントの利上げ

  • 22年07月06日(水)トレード方針

    ダウ-57 日経-16(5日続落) 昨晩の原油急落を受けて、今後ドル/円は円高に動くかもしれません。 22年07月06日

  • 22年07月05日(火)トレード方針

    ダウ-75(現物市場休場) 日経-83 22年07月05日(火)トレード方針 ダウ-日足分析 ローソク足 下ヒゲ陰線(動

  • 22年07月04日(月)トレード方針

    日経-46 今週8日(金)はSQ、そしてファンド分配金絡みの売りが出ることをを頭に入れてのトレードとなります(約8000

  • 考察(ISM・消費者物価指数)とダウ分析

    ダウ+345 基本的に、経済指標の内容を当日だけで織り込んだとは判断しません。 金曜日は7月相場入りでもありましたし、3

  • 22年07月02日(土)ドル/円分析

    ドル/円は、米(資源有・人口増)と日(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期的には円安ドル高)。 短期的な

  • 22年07月1日(金)トレード方針

    ダウ-288 日経-355 上半期下落率「ダウ1962年以来最大、ナス過去最大」 [chat face="kite.jp

  • 22年06月30日(木)トレード方針

    ダウ+52 日経-48 実質本日からQT開始。 22年06月30日(木)トレード方針 ダウ-日足分析 ローソク足 駒陽線

  • 22年06月29日(水)トレード方針

    ダウ-505 日経+73 住宅指数が高い(金利を上げたからといってすぐには下がらない性質) 消費者信頼感指数が悪化(既に

  • 22年06月28日(火)トレード方針

    ダウ+15(CFDは辛うじてプラス) 日経-143 金曜日の上昇は単なる配当金再投資? 22年06月28日(火)トレード

  • 22年06月27日(月)トレード方針

    日経+696 7月は「ファンドの分配金絡みの売り」がありますし、「消費者物価指数高止まりによるFOMC1.0ポイントの利

  • 22年06月26日(日)ダウ分析

    ダウ+837 ミシガン大学消費者信頼感指数確報値は過去最低の「50」。 [chat face="Octo.jpg" na

  • 22年06月25日(土)ドル/円分析

    ドル/円は、米(資源有・人口増)と日(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期的には必ず円安ドル高)。 短期

  • 22年06月24日(金)トレード方針

    ダウ+73 日経-36 ドル/円 資源安による日本の貿易収支改善期待で円買い 昨晩のアメリカ経常収支悪化でドル売り よっ

  • 22年06月23日(木)トレード方針

    ダウ-5 日経-304 本日は原油が下落トレンド入りとなるかに注目です。 原油下落→円高&日経安となる可能性があります。

  • 22年06月22日(水)トレード方針

    ダウ+372 日経+507 22年06月22日(水)トレード方針 ダウ-日足分析 ローソク足 下ヒゲ三連発からの陽線(一

  • 22年06月21日(火)トレード方針

    ダウ+239(CFD・現物は休み) 日経+13 22年06月21日(火)トレード方針 ダウ-日足分析 ローソク足 下ヒゲ

  • 22年06月20日(月)トレード方針

    日経+286 ドル建て日経平均は、2017年年末の価格にまで下落しています。 22年06月20日(月)トレード方針 結局

  • 22年06月19日(日)ダウ分析

    ダウ-62(CFDは20日もトレード可能) ダウは一旦底打ちしたとみます。 理由は下記参照。 22年06月19日(日)ダ

  • 22年06月18日(土)ドル/円分析

    ドル/円は、アメリカと日本の「国力の相対的評価」で変動します。 主な要因は「金利差」と「貿易収支」です。 「金利差」--

  • 22年06月17日(金)トレード方針

    ダウ-671 日経-838 日銀金融政策決定会合に注目です。 22年06月17日(金)トレード方針 ダウ-日足分析 ロー

  • 22年06月16日(木)トレード方針

    ダウ+332(6日ぶりに反発) 日経+91 昨晩のNYは、開場からハイテク株が買われていたので相場の転換点になると見てい

  • 22年06月15日(水)トレード方針

    ダウ-196(5日続落) 日経+14 ここ最近は優良銘柄が売られているのでファンドの決算売りが出ていそうです。 「バイデ

  • 日経平均【ギャップダウンを埋める確率は? 埋めない時は翌日以降どうなる?】

    日経平均が前日のザラ場高値より、ギャップダウンして始まった時、 「窓埋め狙いで買いッ!」 なんてトレードをしていませんか

  • 日経平均【ギャップアップを埋める確率は? 埋めない時は翌日以降どうなる?】

    日経平均が前日のザラ場高値より、ギャップアップして始まった時、 「窓埋め狙いで売りッ!」 なんてトレードをしていませんか

  • 22年06月14日(火)トレード方針

    ダウ-963 日経-949 現物を売買するなら「安く買って高く売る」必要があります。 「〇日続落した日・前回安値割れした

  • 【ダウと日経平均、上昇しやすい曜日・下落しやすい曜日は?】

    週末に何か悪材料が出たら困るので、金曜日は手仕舞い売りが出やすい? [chat face="Octo.jpg" name

  • 【日経は〇日続落後に買うと勝率?%】

    「守破離」「PDCA」などでも語られていますように、人が何かしら成長するためには、ステップを踏まなければなりません。 ト

  • 【ダウは〇日続落後に買うと勝率?%】

    誰でも簡単に実践できるトレード手法をご紹介します。 [chat face="Octo.jpg" name="オクト" a

  • 「諺(ことわざ)」を分類-帰納法的アプローチ 人類編

    日本人がパソコンで文字を打つ際は「A」か「あ」の切り替えが必要です。 生涯どれだけ英語圏の人より時間を無駄にするでしょう

  • 「諺(ことわざ)」を分類-帰納法的アプローチ 世界編

    最初に約1500個の諺を収集し、知らない諺を捨てました。 次に教戒の諺を残し、風刺の諺を捨てました。 ここでは、似たよう

  • 22年06月13日(月)トレード方針

    ダウ-835 日経-630 ↓買い時の方針は変更無しです。原油も天然ガスも先月より高いです。 https://youtu

  • 22年06月11日(土)ドル/円分析

    黒田総裁が発言する度に円安に。 急激な円安が良くないということなら喋らない方が・・・。 22年06月11日(土)ドル/円

  • 22年06月10日(金)トレード方針

    ダウ-613 日経-157 ECBのタカ派姿勢で下落とのこと。 その割にはユーロ/円は円高に振れていますので、 消費者物

  • 22年06月09日(木)トレード方針

    ダウ-222 日経-14 22年06月09日(木)トレード方針 ダウ-日足分析 ローソク足 駒陰線 チャートパターン 孕

  • 「諺(ことわざ)」を分類-演繹法的アプローチ

    諺を分類する過程で、諺の意味に「真理」が含まれているものを見つけました。 真理を知り、楽に生きることがテーマですので、ま

  • 22年06月08日(水)トレード方針

    ダウ+246 日経+110 週末10日(金)の消費者物価指数の発表待ちです。 インフレのピークアウト感が出たら出たで、消

  • 「諺(ことわざ)」を収集し、必要・不要で分別

    平仮名だと読みにくいので「諺(ことわざ)」と漢字で表記します。 ひとまず、「諺辞典」や「諺に関する書籍」と「受験用の問題

  • 22年06月07日(火)トレード方針

    ダウ-36(CFDでは下落) 日経+470 円が20年ぶりの安値を更新。 日銀も国も「生活防衛のためには株を買え」と言い

  • 【シンプル・ライフ】~コスパ最強の生き方~

    本音を言うと、早くジャービス(アイアンマンのAI)※が欲しいです。 ※JARVIS(Just A Rather Very

  • 【源流思考】-真理を知り、楽に生きる-

    私は真理の大海の前で数個の貝殻を拾ったに過ぎない アイザック・ニュートン 数々の法則を発見したニュートンにこう言われてし

  • 22年06月06日(月)トレード方針

    ダウ-256 日経-169 22年06月06日(月)トレード方針 ダウ-日足分析 ローソク足 被せ陰線→売り圧力上昇 チ

  • 22年06月04日(土)ドル/円分析

    ドル/円は「金利差」と「貿易収支」の両輪で動いています。 FRB理事たちのタカ派発言連発で(インフレ抑制が数字で表れるま

  • 22年06月03日(金)トレード方針

    ダウ+389 日経+286 前例の無い規模の金融引締めが、今後どのような影響をもたらすのかは誰にも分かりません(FRB理

  • 22年06月02日(木)トレード方針

    ダウ-199 日経+239 株価が上昇するとタカ派発言、下落するとハト派発言が出てきます。 資産縮小は15日と30日に行

  • 22年06月01日(火)トレード方針

    ダウ-251 日経-131 月替わりは相場付きが変わることがありますし、今月からQT開始ですので、いつもより更に傍観気味

  • 22年05月31日(火)トレード方針

    ダウ+60(6日続伸) 日経+196(4日続伸) 5月も終わり。 ウォーラー理事のタカ派発言を市場はどう受け止める? 2

  • 22年05月30日(月)トレード方針

    日経+224(日) +409(週) アメリカ休場(CFDは取引可能)のため値動きは期待できず? 22年05月30日(月)

  • 22年05月29日(日)ドル/円分析

    ドル/円は「金利差」と「貿易収支」の両輪で動いています。 FRB理事たちの発言から「金利差拡大」は終了、むしろ金利差縮小

  • リーマンショック時との比較から考える今後の相場について【5/28】

    消費者物価指数が前年同月比5%超え、原油価格が1バレル130ドル超え。 これらは、いずれも「リーマンショック」以来です。

  • 【ダウ投資】2022年運用実績(保有銘柄配当公表)

    月5万円の配当収入を目標に運用中です。 資産推移 【ダウ投資】2022年運用実績(保有銘柄配当公表) 運用ルール ビジネ

  • 22年05月28日(土)ダウ分析

    ダウ+632(日) +1997(週)  「90年ぶりの8週連続下落」とアナウンスされたせいか、今週は強い上昇となりました

  • 22年05月27日(金)トレード方針

    ダウ+506(続伸中) 日経+175 株価下落でFRB理事が「9月利上げ停止も」や「来年利下げも」とハト派発言をしたこと

  • 22年05月26日(木)トレード方針

    ダウ+115(続伸中) 日経+70 ダウの9週連続の値下がりは回避されそう?(現在は先週の孕み足)。 22年05月26日

  • 22年05月25日(水)トレード方針

    ダウ+85(続伸) 日経-426 ダウはボス総裁が9月の利上げ停止をほのめかして上昇。 ナスはSNS関連の会社の業績悪化

  • 22年05月24日(火)トレード方針

    ダウ+659 日経+366(3日続伸) ブラード理事の「インフレが収まったら来年は利下げも可能」的な発言で戻し相場になっ

  • 22年05月23日(月)ダウ分析

    ダウ-9 高値36830から安値30588まで20.4%下落で弱気相場入りです。 「金融引締め=現金の価値上昇」なのに、

  • リーマンショック時との類似点・相違点から考える今後の相場について②

    前回は、リーマンショックの時と、今回の下落相場の類似点と相違点について分析しました。 今回は、今後の展望について書いてみ

  • 22年05月22日(日)ドル/円分析

    ドル/円は「金利差」と「貿易収支」の両輪で動いています。 FRB理事たちの発言から「金利差拡大」は終了とみます。 片輪が

  • 22年05月21日(土)日経平均分析

    日経+362(週+121) ザラ場は「中国の金融緩和」発表で上昇、ナイトセッションは「アメリカに連れ安」と主体性が全くあ

  • 22年05月19日(金)トレード方針

    ダウ-145 日経+107 数あるアメリカの経済指標の中で唯一株価の先行きを予測出来る(と個人的にみている)のが「ISM

ブログリーダー」を活用して、カイトさんをフォローしませんか?

ハンドル名
カイトさん
ブログタイトル
シンプル・トレード
フォロー
シンプル・トレード

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用