searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

s.y.uさんのプロフィール

住所
東京都
出身
埼玉県

旅行記をメインに、テーマパークや遊園地についても語っています。

ブログタイトル
まち・たび・あそび
ブログURL
http://matitabiasobi.fc2.net/blog-entry-1.html
ブログ紹介文
旅について、観光について、遊園地について、テーマパークについて、鉄道について、語ります。 #旅行記 #テーマパーク研究 #遊園地訪問 #鉄道旅
更新頻度(1年)

130回 / 47日(平均19.4回/週)

ブログ村参加:2020/04/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、s.y.uさんの読者になりませんか?

ハンドル名
s.y.uさん
ブログタイトル
まち・たび・あそび
更新頻度
130回 / 47日(平均19.4回/週)
読者になる
まち・たび・あそび

s.y.uさんの新着記事

1件〜30件

  • 7 中央本線の旅 諏訪湖・甲府城跡

     大学の先輩と、3人で行く青春18切符の旅。最終日は、中央本線経由で関東へ帰ります。奈良井駅 中山道の宿場、奈良井宿を楽しんだ一行は、最寄りの奈良井駅に戻りました。 次の列車まで、少し待ちます。 開業当時からの木造駅舎は、宿場の雰囲気にぴったりです。青空の下で、映えます。  かつての奈良井宿は、中山道の難所である鳥居峠の間近であることから、多くの旅人が立ち寄りました。 現在は、鉄道も道路もトンネルで...

  • 6 奈良井宿の旅

     大学の先輩と、3人で行く青春18切符の旅。関西をいろいろ周り、最終夜は名古屋まで戻ってきました。奈良井へ 4日目、最終日です。 名古屋から関東まで帰るのですが、同行者Aの「同じルート(東海道本線経由)で帰りたくない」との要望ことから、中央本線経由で帰ることになりました。丸1日掛けられるので、ルートもそれなりに融通が聞きます。 朝早くから、中央西線に乗って名古屋を後にしました。 途中で乗り換えつつも、ゆ...

  • 5 長浜・敦賀の旅

     大学の先輩と、3人で行く青春18切符の旅。3日目は、大阪→奈良→三重とやってきました。 伊賀上野を楽しんだ後は、関西本線で柘植駅まで行きます。 柘植駅からは、草津線に乗ります。三重県から滋賀県に入り、もう1つの忍者の里、甲賀を通り過ぎます。やがて、滋賀県のベッドタウン、草津に着きました。 草津からは新快速に乗って、終点の長浜まで行きます。 伊賀上野から、東に行って、西に行って、また東へと、ジグザクなル...

  • 4 奈良公園・伊賀上野城

     大学の先輩と、3人で行く青春18切符の旅。2日目に大阪までやってきて、いよいよ3日目になりました。 旅行も3日目、明日は最終日の4日目です。無計画に赴くままに行く今回の旅、さて今日はどこに行こう。 話し合った結果、とりあえず奈良公園でしかと戯れて、琵琶湖を見て、日本海に行こうということになりました。奈良公園 ひとまず、奈良に行きます。目的は鹿です。 奈良公園へは近鉄奈良駅がアクセスが良いですが、18きっ...

  • 3 明石海峡大橋

     大学の先輩と、3人で行く青春18切符の旅。2日目は関西までやってきました。 伏見稲荷大社を訪れた後は、新快速に乗って大阪駅へ。大阪・お好み焼き   大阪駅にやってきました。 以前訪れたときは、巨大な大阪ステーションシティを色々と歩き回りました。立体的な構造と開放的な大屋根、天へ続くエスカレーターと何層にもなる広場、歩いて楽しい駅ですが、今回はすぐに駅の外へ出ました。 お目当ては、 お好み焼きです!大...

  • 2 伏見稲荷大社

     大学の先輩と、3人で行く青春18切符の旅。1日目は名古屋までやってきました。そうだ、京都へ行こう。 名古屋駅前のネカフェに泊まり、2日目の朝を迎えました。今日も青春18切符で西を目指します。 東海道本線に乗って米原までやってきました。いよいよここから、西日本に突入です。 西を目指すわけですが、とりあえず京都に行くことになりました。やはり、関西に来たら京都は寄っておきたいですよね。 新快速で、あっという...

  • 1 東海道本線 静岡・名古屋編

    <旅のプロローグ> 大学2年の夏休み、大学の先輩2人と、青春18切符でどっか行こうということになりました。 今回は一人旅ではなく、3人で行く賑やかな旅です。同行者A、同行者B、ということにしましょう。 どっか行くと言っても、とりあえず西に行きたいということだけは一致していました。4日間で、どこまで行けるか、どこに行けるか・・・。(実際には、遠くに行くというよりかは、関西をぐるぐる周る旅でした)。 名付けて...

  • 8 魚沼市まちなか散策 小出駅・越後湯沢駅

     只見線に乗って、福島県の会津若松駅から新潟県の小出駅までやってきました。小出駅 只見線は、終点の小出駅にゆっくりと到着しました。  駅の外に出てみます。シンプルな、比較的新しい駅舎です。 閑散とした駅前です。 すぐ近くまで山が迫り、駅前には僅かな平地しかありません。 橋の上から、小出駅を眺めます。右側を魚野川が流れ、川と山に挟まれた狭い土地に、駅と建物が密集しています。 上越線、只見線の乗換駅で...

  • 7 只見線乗車記 只見駅と雪景色

     2017年のお正月、日本1の秘境ローカル線の只見線に乗りました。只見駅 不通区間の代行バスに揺られること50分、只見駅に到着しました。 この区間を列車で通ることはできませんでしたが、逆に言えば、代行バスでこの区間を通り抜けるのも今しかできない経験です。 只見駅には、次の小出行きの列車を待つ人が多くいました。お正月ということもあり、意外と乗る人が多いみたいです。 ホームに入ると、列車が待っていました。さ...

  • 6 只見線乗車記 会津宮下駅・会津川口駅

     2017年のお正月の旅です。1月1日は会津を観光し、2日はいよいよ只見線に乗ります。早朝の会津若松駅 会津インター近くのネカフェに泊まり、翌朝5時過ぎに店を出ました。 これから、只見線の始発列車に乗ります。ネカフェから駅まで2km近くあるため、少し早めの出発です。昨日は歩くことが多かったですが、今日は座ることが多い旅になりそうです。 会津若松駅に近づいてきました。磐越西線の列車が見えます。 もちろん、6...

  • 5 会津の旅 野口英世青春通りと東山温泉

     終夜運転の列車に乗って、元旦の会津若松にやってきました。いろいろと観光してたら、すっかりあたりが暗くなりました。野口英世青春通り 前回は、会津若松市のメインストリートである神明通りを歩きました。中心市街地には、他にも魅力的な通りがあります。 その1つが、神明通りの西側に並行する、野口英世青春通りです。 野口英世ゆかりの地が多いことから、この通りの名前が付けられました。 道路はレンガ敷きで、看板も...

  • 4 会津の旅 鶴ヶ城と中心市街地

     年末年始の終夜運転の列車に乗って、元旦の会津若松にやってきました。 さざえ堂と飯盛山を訪れた後は、周遊バスに乗って鶴ヶ城へとやってきました。若松城・鶴ヶ城 お堀の中に入ります。 石垣を抜けると、そこには お城の天守閣が見えました。 結構大きいです。 鶴ヶ城という名前ですが、全国各地に同名の城があることから、若松城、会津若松城、会津城などと呼ばれることが多いです。 鶴ヶ城は、鉄筋コンクリート造で復...

  • 3 会津の旅 さざえ堂と飯盛山

     年末年始の終夜運転に乗って、元旦の会津若松にやってきました。 お昼過ぎに、ようやく会津若松駅に降り立ちました。 ここからは、観光地を循環するまちなか周遊バスに乗って、会津若松の観光地を巡ります。飯盛山下 まず、最初に訪れた場所は、飯盛山下停留所です。 明治時代の戊辰戦争で、会津藩の白虎隊が自決した場所として知られている、飯盛山の入口です。 今では観光地になっており、参道には多くのお土産屋が並びま...

  • 2 磐越西線の旅 喜多方駅・会津若町駅

     1月1日の元旦、終夜運転の鈍行列車を乗り継いで、福島県の会津地方へとやってきました。 猪苗代駅から、磐越西線の会津若町駅の列車に乗り込みました。 列車は猪苗代盆地から、ちょっとした山岳地帯を通り、会津盆地へとやってきました。そして、会津地方の中心、会津若町駅に到着です。 磐越西線は、会津若町駅ではスイッチバックするように進み、喜多方や新潟方面へ至ります。 ということで、そのまま喜多方行きの列車に乗...

  • 1 東北本線終夜運転の旅 黒磯駅・猪苗代駅

    <旅のプロローグ> 只見線をご存知でしょうか?会津の山奥を走る、日本1の秘境路線と呼ばれるローカル線です。沿線には様々な絶景スポットが展開する、鉄道旅行好きにとっては、まさに憧れの路線です。 しかしながらこの只見線、運転本数が非常に少なく、また全線を走破するのにおよそ5時間かかります。また西側の起点である小出駅までは、本数の少ない上越線の上越国境を超える必要があるため、青春18きっぷで只見線をどう攻略...

  • 小田原 小旅行

     これは、就職活動を旅行と捉えて、移動や宿泊を楽しむことにしたある1人の男の、半年間に及ぶ旅行記です。 今回はいよいよ最終回です! 就職活動も佳境に入った5月頃、面接で小田原に行きました。 翌日も神奈川県内で面接があったため、その日は小田原に泊まることに。格安かつ惹かれるような宿泊施設がなかったため、駅前のネカフェに泊まることにしました。夜の小田原散策 面接を終えて、カフェで色々と作業を済ませ、外に...

  • 新倉富士浅間神社 小旅行

    これは、就職活動を旅行と捉えて、移動や宿泊を楽しむことにしたある1人の男の、半年間に及ぶ旅行記です。 再び、富士山エリアへやってきました。もちろん、就活関連です。 前回は高速バスと富士急行線を使いましたが、今回は車で下道でやってきました。奥多摩のさらに奥、小菅村を通り抜けてたどり着いた大月は、めちゃくちゃ都会に感じました。ここまでかなり時間がかかったので、大月から富士吉田市までは一瞬です。昼の新倉...

  • 富士河口湖 小旅行 

    これは、就職活動を旅行と捉えて、移動や宿泊を楽しむことにしたある1人の男の、半年間に及ぶ旅行記です。 その日は都内で面接を終えて、高速バスに乗り込みました。 行き先は河口湖駅。富士山の麓の観光地です。河口湖駅 すっかりあたりも暗くなったころ、終点の河口湖駅に到着しました。 富士急行線の終着駅ですが、高速バスのターミナルでもあるようです。  駅舎には、観光案内所やバスの待合室も併設されています。富士...

  • トレインホステル北斗星 宿泊記

    これは、就職活動を旅行と捉えて、移動や宿泊を楽しむことにしたある1人の男の、半年間に及ぶ旅行記です。  寝台特急北斗星。かつて上野と札幌を結んだ、ブルートレインです。 豪華な設備から人気を博しましたが、車両の老朽化や北海道新幹線の開業により、惜しまれつつも廃止されました。 そんな北斗星が、都内に復活したのです。トレインホステル北斗星 この日も面接を終えて、総武快速線の馬喰町駅に向かいました。 地下...

  • 9h ナインアワーズ宿泊記

     これは、就職活動を旅行と捉えて、移動や宿泊を楽しむことにしたある1人の男の、半年間に及ぶ旅行記です。「おしゃれなカプセルホテル」に、泊まる 自宅から都内までの往復の電車賃>格安宿の宿泊費 だったことから、ネカフェやカプセルホテルなどの都内の安く泊まれる場所に泊まることが多かった私。しかし、せっかく泊まるのだから、ただ安いだけじゃなく、安くて面白いところに泊まりたい、こう考えるようになりました。 ...

  • 小田原城址公園こども遊園地

     難攻不落の小田原城。 かつて関東一帯を支配した北条氏の拠点として、有名なお城です。 そんな小田原城も、現在は ”小田原城址公園”として整備されています。天守閣を中心に多くの観光客が訪れる、小田原市随一の人気のスポットです。 そんな小田原城址公園の一角に、小さな遊園地があります。 その名も、“こども遊園地”です。  この遊園地のシンボルが、豆汽車です。 名前の通り、小さな列車が園内をぐるりと周ります。...

  • 六 東北新幹線&東北本線乗車記

     9年前の2011年に、今はなき寝台特急あけぼの号に乗って青森まで行きました。今回は、青森からの帰路をご紹介します。八戸駅 青い森鉄道に乗って、八戸までやってきました。 ここから鈍行列車だけで関東まで帰るのはきついので、途中の仙台まで、新幹線に乗ります。 新幹線改札をくぐると、ホームを見渡せるスペースが。 広いドーム状の屋根に覆われた、近未来な八戸駅です。 ホームに降りました。 やがてやってきた、東北...

  • 五 青森駅と青い森鉄道乗車記

    今から9年前の、2011年の旅行記です。今はなきブルートレイン、寝台特急あけぼの号に乗って青森までやってきました。青森駅は雪の中 昨晩の22時頃に上野駅を出発して、青森駅に着いたのは翌朝の10時頃。12時間に渡る長旅を終えました。 せっかく青森駅までやってきたので、いろいろ写真を撮ります。 右に止まっているのは、特急スーパー白鳥です。青函トンネルを通って本州と北海道を結んでいましたが、北海道新幹線の開業によ...

  • 四 寝台特急あけぼの乗車記 雪景色とブルートレイン

     9年前の2011年冬、今はなき寝台特急あけぼの号に乗りました。 秋田では、半分近い乗客が降りていきました。それと同時に、何人かの乗客が乗り込みます。あけぼのは、朝の秋田→青森間の輸送も兼ねていたのですね。 だいぶ身軽な状態になって、秋田駅を出発しました。ここから終点の青森までは、奥羽本線を走ります。 秋田の市街地を進みます。 八郎潟と白神山地~ブルートレインの車窓から~ 八郎潟駅で、普通列車と行き違い...

  • 三 寝台特急あけぼの 深夜早朝の車窓

    9年前の、2011年冬、今はなき寝台特急あけぼの号に乗りました。 高崎駅を出発しました。ここが関東の最後の停車駅で、新潟県の村上駅までノンストップです。とは言っても、実際には、運転時間の調整や機関車の付け替え等で、客扱いのない運転停車をするのですが。  今回は、開放型B寝台を格安で利用できる、ゴロンとシートに乗っています。 横になり、しばらくすると寝てしまいました。起きたら雪景色 ふと、目が冷めました。...

  • 二 寝台特急あけぼの 車内探検と夜の関東

     9年前の2011年冬、上野駅13番線ホームで、その時を待っていました。 車外で一通り写真を撮って、いよいよ乗車します。 指定の席(ゴロンとシート)に座り、まもなく、列車が動き出しました。 ちなみに、今回の旅行記では、夜間での撮影なのと撮影技術が未熟なため、ぶれている写真が多くあります。何卒ご了承ください。首都圏の夜を走るブルトレ 寝台特急あけぼの号は、夜の都心を走ります。 上野から高崎までは、高崎線を...

  • 一 上野駅13番線とブルートレイン

    <旅のプロローグ> 2011年、当時中学2年生だった私は、幸運にも最初で最後のブルートレインの乗車を体験することができました。 今回お届けするのは、かつて上野と青森を結び、6年前の2014年に廃止された、寝台特急あけぼの号の乗車記です。 9年も前の旅行ですが、あけぼのに乗ったときの記憶は、鮮明に覚えています。あけぼのに乗ったことのある方、見たことのある方は、懐かしく見てもらえればと思います。北斗星がいた上野...

  • 07 珠洲・能登の旅

     2日目3日目は、飛騨や金沢を観光しました。4日目は、輪島市から国道249号で、能登半島を一周します。 白米千枚田を出発し、再び東へ向けて海沿いの道を走ります。 珠洲市内に入り、大谷地区で進路を南に変えてます。ループ橋を通って、今度は山の中を走ります。相変わらず道は整備されていました。道の駅すずなり しばらく進むと、珠洲市の市街地に入りました。珠洲市の中心街も建物が多く、思ったより発展しています。 道の...

  • 06 輪島の旅

     飛騨高山、白川郷、金沢と周ってきて、能登半島の穴水町にまでやってきました。格安宿に一泊して、いよいよ能登半島の旅へ!輪島朝市 朝早く起きて、能登半島に北側にある輪島市へ向かいます。 山越えとなりますが、道はかなり整備されており、交通量も少なくあっという間に到着しました。 輪島市の市街地は、建物が立ち並び、思いの外発展しています。かつてはのと鉄道が輪島まで繋がっていましたが、現在は廃線となっており...

カテゴリー一覧
商用