searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

どろろさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ドローン
ブログURL
https://airstage.seesaa.net/
ブログ紹介文
ドローンに関するあれこれ
更新頻度(1年)

62回 / 92日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2020/03/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、どろろさんの読者になりませんか?

ハンドル名
どろろさん
ブログタイトル
ドローン
更新頻度
62回 / 92日(平均4.7回/週)
読者になる
ドローン

どろろさんの新着記事

1件〜30件

  • ドローン 資格 大阪

    あ、資格を取ろう。 そう思った大阪在住のあなた。 大阪でドローンの資格を取るにはどうしたらよいでしょう? 答えはシンプルです。 以下のようなスクールへ通うことですね。 ・ドローンスクール8 ・日本ドローンアカデミー ・ドローンスクール&コミュニティ 空ごこち ・ドローン航空学校 ・関西ドローン安全協議会 などなど。 やっぱりスクールに通えば情報も集まりますし、モチベーションも維持できます。

  • ドローン 価格 dji

    DJIのドローンは、価格が高いのでしょうか? DJIからは、ピンからキリまで様々なドローンが発売されています。 こんなに安いの?と思うようなドローンも売られているので、一概に「高いものばかり」とは言えません。 とはいえ、安物じゃ満足できないというガチ勢が集まるのがDJI、という部分もあるので、やはり価格高めのハイスペックモデルが中心にはなりますね。

  • ドローン 規制 法律

    ドローンを規制する法律ってどんな感じなのでしょう? メインとなるのは「航空法」。 飛行禁止空域(国土交通省への許可申請が必要な空域) ・空港周辺 ・150m以上の上空 ・人家の集中地域 飛行のルール ・日中での飛行 ・目視の範囲内 ・距離の確保 ・催し場所での飛行禁止 ・危険物輸送の禁止 ・物件投下の禁止 「航空法」は200グラム未満のドローンは規制の対象外となります。 他にもたくさんの法律…

  • ドローン 免許 名古屋

    名古屋でドローンの免許(資格)をとるには? ドローンスクールジャパン名古屋校、というのが有名ですね。 業界最大手と言われるDSJ(ドローンスクールジャパン)が運営しています。 他にも近隣の市区町村でも探せばたくさん見つかると思います。 どんなスクールでも、ある程度資格を取るには不自由しないと思います。

  • ドローン dji 修理

    DJIのドローンは修理サービスとかあるんでしょうか? ありますね。 ・修理の受付はオンライン申込み。 ・ドローンを送って修理してもらう。 ・修理済みドローンを返送してもらう。 という流れ。 進捗状況もオンラインで確認できます。 修理費用は銀行振込になります。

  • ドローン検定 1級

    ドローン検定の1級って、どんなレベルなんでしょうか? まず受験資格は 「ドローン検定協会主催 ドローン検定2級取得者」 です。 出題範囲は 「基礎知識」 ・用語 ・動作 ・組織 ・制度・国際情勢 ・単位 ・三角関数 「物理学」 ・力学 ・熱力学 ・流体力学 ・電磁気学 「工学 航空工学」 ・材料工学 ・流体工学 ・電気電子工学 ・無線工学 「気象」 ・気象学基礎 ・航空気象学 「専門知識 機体…

  • ドローン カメラ付 高画質

    カメラ付きのドローンは数多くえりますが、高画質にこだわったドローンというのはあるんでしょうか? もちろんあります。 撮影を主目的としたドローンというのもありますからね。 その場合、画質がショボいと話になりません。 最近は4K動画が撮影できるドローンも増えているそうです。

  • ドローン 仕事 大阪

    大阪でドローン関係の仕事をするなら、どんな仕事が考えられるでしょう? 営業系、エンジニアなどの求人は、けっこう見かけますね。 探せば色々見つかるものですね。 ドローン好きな人には、ドローン関係の仕事に就ければ最高でしょう。

  • ドローン 許可 公園

    ドローンを公園で飛ばして遊ぶには、許可が必要なんでしょうか? 場合によっては必要ですね。 公園の管理者が「ドローン禁止」を宣言してることもあるので、まず問い合わせは必要になります。 法律によって規制対象となるシチュエーションや条件もあるので、その場合は国土交通省へ許可申請が必要です。

  • ドローン 資格不要

    ドローンは資格がいるのでしょうか? ズバリ不要です。 ドローンを飛ばすのに資格は要らない。 ただし、ドローンを飛ばすことに関して、それにまつわるあらゆる規制が存在します。 必要なのは資格よりも規制に関する知識ですね。 規制に関する知識は資格の勉強過程でもある程度分かってくるとは思います。

  • ドローン 価格 農薬散布

    ドローンは農薬散布に使われることもあるそうですが、そういう業務用ドローンの価格は一体どれくらいなんでしょう? 容量10リットル程度でも100万円くらいしますね。 規模が大きくなると、やっぱり400万円以上は考える必要がありそうです。

  • ドローン 規制 200g以上

    ドローン規制と言えば200g。 200gを境にして規制の厳しさがガラリと変わります。 ですから、なるべく200g未満でハイスペックドローンを作ろうという勢力も業界には存在しているとかいないとか。 長くドローン歴を重ねていけば、必然的に200g以上の世界へ足を踏み入れることにはなると思うので、規制については少しずつ勉強するしかないですね。

  • ドローン 免許 大阪

    大阪でドローンの免許を取るには? 大坂にもドローンスクールはたくさんありますから、免許を取るのは比較的難しくないです。 免許というか、たんなる民間資格ですけどね。ドローンには国家資格や免許は存在しません。 大阪は大きな街ですからね。 コツコツ勉強するイメージはないかもしれないけど、見せないだけで意外とみんな勉強家です。

  • ドローン dji 新型

    DJIのドローンの新型は今、どんな感じなんでしょう? 4月28日、個人向け新型ドローン「Mavic Air 2」を発表されましたね。 ベーシックモデルが税込10万5600円。 ショルダーバックやバッテリー3個、充電ハブなどをセットにした「Fly Moreコンボ」は税込13万2000円。 重量は570gです。 改正航空法が適用範囲内ですね。

  • ドローン検定協会

    ドローン検定協会とは、どんな組織なんでしょう? ドローンに関しては、国家資格や免許は存在しません。 なのでドローン検定協会は、あくまでも民間の団体です。 ドローンには良からぬイメージを持っている人も世間には少なくありません。 ドローンを適切に普及させ、世間から認めてもらうようにしていくためにも、無人航空従事者試験(ドローン検定)の実施をし、ドローン操縦者のリテラシーを上げていくことを目指…

  • ドローン カメラ付 小型

    カメラ付きドローンって、小型もあるんでしょうか? もちろんあります。小型化の技術はかなり進歩してますからね。 トイドローンのようなおもちゃレベルのドローンでもカメラ付きはあります。 もちろん解像度や電池などのレベルはピンからキリまでありますね。

  • ドローン 仕事 収入

    ドローン関係の仕事って、どの程度の収入になるのでしょう? ドローン関係の仕事とは言っても、本当に多種多様なので一概には言い難いです。 とくに雇われるタイプの働き方である限り、高収入は望めないでしょうね。 フリーランスでうまく自己プロデュースして仕事を獲得していくタイプなら、リスクはあるけど夢もあると思います。

  • ドローン 許可 不要

    ドローンを飛ばすには許可が必要な場合があります。 その条件をひとつひとつチェックして、どれにも当てはまらない場合だけ、許可不要で飛ばすことができます。 まず、自宅の室内で飛ばすだけであれば、かなり高確率で無許可で大丈夫でしょう。 また、固体の重量が200g未満の場合も、かなり高確率で規制を免れることができます。 それでも完全に大丈夫とは言えないので、不安な場合は国土交通省や地方航空局へ、いち…

  • ドローン 資格 仕事

    ドローンの資格さえ取れば、なんらかの仕事に就くことができるのでしょうか? 残念ながらそういうものではありません。 運転免許ですら、持ってるだけで仕事にありつけるわけではありませんからね。 結局、仕事は自分で取りに行かないと得られるものじゃないです。 その際、何を武器にして戦うかとなった時に、頼もしい武器となる可能性を秘めているのが資格ですね。 アピールの材料になるかもしれませんが、それ…

  • ドローン 価格 安い

    ドローンの価格はピンキリですが、安いドローンとはどんなクオリティなんでしょうか? 本当に安いのはトイドローンという小型のおもちゃで、電池も長持ちはしませんが、それでもカメラ付きで3000円程度のものが売られています。 クオリティと安さを両立させたいのであれば、中古という選択肢もアリでしょうね。

  • ドローン 規制 国土交通省

    ドローンは国土交通省による規制があるのでしょうか? 国土交通省のサイトでは、「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」というものがアナウンスされています。 許可が必要となる空域についてはチェックしておいたほうが良いと思います。 場合によっては、許可申請が必要となる場合もありますね。

  • ドローン 免許不要

    ドローンで遊ぶことに関して、公的な免許は不要です。 ただし、ドローンは禁止されている区域や条件が法律で定められていて、許可申請などの手続きが必要な場合があります。 ですから、本格的に遊ぶのであれば法令などを勉強する必要があるので、民間資格の取得を目指して勉強してみると良さそうです。

  • ドローン dji 価格

    dji のドローンは、どれくらいの価格なんでしょう? dji はあらゆるグレードのドローンを取り揃えています。 安いものはそれなりのグレードですし、高いものは高いなりの、ハイスペックなドローンとなっています。 安いものは数万円程度ですね。

  • ドローン検定 2級

    ドローン検定の2級って、どの程度の価値があるものなのでしょう? 無人航空従事者試験(ドローン検定)という民間団体の設立した試験資格で、1級を最高難度とした時に、それに準じる難易度にあたるのが2級ですね。 1級と比べると試験範囲などは狭くなってます。 2級資格を持っていることをホームページに掲載すれば、発信する情報に説得力が増しますし、政府への許可申請をする際もある程度の信用となります。

  • ドローン カメラ付 初心者

    カメラ付きのドローンって、初心者でも扱えるものなのでしょうか。 現在、ドローンは非常に発達していますので、初心者でも簡単に操作できるものが多いです。 ですからカメラ付きドローンで空撮することは初心者であっても比較的早く使いこなせるようになると思います。

  • ドローン 仕事 将来性

    ドローンの仕事は将来性があるのでしょうか? 一般的にはこれからの世の中でドローンの需要はどんどん高まると言われています。 ある意味では将来性のある分野と言えますね。 ただ、「これから来る」と言われる業界は、人がドッと押し寄せて、あっという間にレッドオーシャン化しますから、競争が激しいだけで、旨味のない仕事ばかりになってしまうかもしれません。

  • ドローン 許可不要

    ドローンを許可不要で飛ばすなら、どんな条件を満たせば良いでしょうか? 200グラム以上のドローンで許可が必要なケースは次のような感じ ・空港等の周辺の上空の空域 ・150m以上の高さの空域 ・人口集中地区の上空 ・日没後の飛行 ・目視外飛行 ・縁日など人が集まる催しの上空 ・第三者または第三者の建物や自動車などから30m以内の飛行 ・危険物を輸送する ・物件を落下させる これらを満たさないような条件であ…

  • ドローン 資格 費用

    ドローン資格を取るにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか? どの資格をとるかによって様々ですが、ひとまず20万円ぐらいだと思っておけばなんとかなると思います。 実際に取り組んでみたら、5万円もかからなかったということもありえます。 より高度な資格になれば、20万円よりもっと必要かもしれません。 ピンキリなのでなんとも言えませんが、強いて目安にするなら20万円ぐらいだと考えれば良いと思います。

  • ドローン 価格 業務用

    業務用のドローンって、どれくらいの価格なんでしょう? そもそも業務用ってなんでしょう? ・農業 ・物流 ・インフラ点検 ・救援 ・測量 などなど。 ドローンはあらゆる業界で活躍しています。 業務用となれば、電池の持ちが長くないといけませんし、積載量が多く必要な場合もあります。 ホビードローンより高価格になるのは当然ですね。 それでもやっぱりピンキリなので一概には言えません。

  • ドローン 規制区域

    ドローンを飛ばすうえで、規制区域とされているのはどのような場所でしょうか? 「人口集中地区」「空港、ヘリポート、自衛隊基地」「小型無人機等飛行禁止法による規制場所」などが飛行禁止エリアとされています。 調べるのは大変ですが、一発でわかるアプリなどもありますね。

カテゴリー一覧
商用