searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜 https://sleepysheep-zzz.hatenablog.com/

ナローボディのハイエースを工夫して、4人家族で楽しく快適なバンライフを送っています。車中泊の他に、日常の暮らしを楽しむ記事、手作りの記事などもUPしています。

Ken&Sho Handmade
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/02/21

1件〜100件

  • 車中泊 100均タープフックの実力

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、最近100均ショップで見つけたタープフックについて、その使い勝手や活用法を検証してみたいと思います。 クリップタイプのシンプルな作り ダイソーで見つけたタープフックはご覧のようなシンプルな作りになっています。材質はプラスチック製で、バネ状になったV字型の本体と、本体を締め付けるためのプラスチックのボルトからなります。 V字の部分で車のキャリアレールなどの出っ張り部分をはさみ、ネジを手で締め付ければ取り付け完了です。はさむ部分の反対側にはタープをひっかける丸い穴が開いていて、そこにタープのフックを…

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ⑧最終日

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は5泊6日の九州車中泊旅の最終回です。本当にあっという間の6日間でした。 静かな神戸の朝 九州の宮崎港を出港したフェリーは翌朝8時半に神戸港に到着しました。 行きのフェリーは瀬戸内海を行く航路でしたが、帰りの宮崎発は四国の外側、つまり外洋を進む航路でした。 そのせいか、天候は穏やかだったわりに船の揺れが少し大きく感じました。大きなうねりというんでしょうか? ゆっくりしたペースで船の上下動があって、酔い止めを飲んでいなかったら酔っていたかもしれません。 翌朝、8時半にフェリーは神戸港に到着しました。 …

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ⑦

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日で九州旅も最後。今夜の宮崎フェリーで九州をあとにする予定なのです。あっという間の九州キャラバンでした。 2つの砂蒸し風呂を入りくらべ 昨夜は夕食時間ギリギリにチェックインして晩ごはんをいただいたあと、ホテルの中にある砂蒸し風呂に行ってきました。 ここのホテルはお風呂の豪華さが有名らしく、ホテル内に砂蒸し風呂があるのが売りの一つになっていました。ただ、ホテルの中といっても砂蒸し風呂は別料金だそうで、私たちも大人1100円、子ども600円の別料金を支払って砂風呂に入りました。 ホテルの砂蒸し風呂は少し温…

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ⑥

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。前回に続いて、九州車中泊旅4日目の続きをお届けします。天草地方を走っていて目についたのが、パチンコ店の多さでした。 天草に限らず、地方を車で走っているとその土地の雰囲気にそぐわないような大きなパチンコ店をよく目にします。 そして、昼間から結構駐車場が車で埋まっていて、わりと賑わっているようです。農業や漁業、第一次産業が中心の地方都市では、働き手の人々の気軽な娯楽としてパチンコをする人が多いのかもしれません。 農業や漁業で苦労して稼いだお金がギャンブルに流れていく。 風光明媚な景色の中にある巨大なパチンコ店…

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ⑤

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 九州車中泊の旅、今日は天草から鹿児島を目指す予定です。天草地方に来るのは今回が初めて。 とても楽しみです。 道の駅リップルランド有明 昨日は、蒸気機関車のあと熊本駅から天草まで夕闇の中を走り、受付終了間際の温泉に滑り込みで浸かることができました。そして石炭の汚れを落としてサッパリした私たちは、道の駅で翌朝まで静かな一夜を過ごしました。 昨夜は暗くて見えなかった道の駅の様子です。ここは、国道から一段上がった高台に道の駅があり、さらにもう一段上がったところに温泉施設が併設されています。 温泉の名は「有明温泉…

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ④

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は熊本駅から蒸気機関車に乗る予定です。 道の駅阿蘇の朝 いつもの習慣で、5時半に目が覚めてしまいました。しばらくまどろんだあと、6時すぎに外へ出てみることにしました。昨晩はとても静かな夜だったので気づきませんでしたが、駐車場はほぼ満車だったようです。車中泊の車やキャンピングカーが目立ちます。 他府県もあれば、九州内の福岡ナンバーや宮崎ナンバーなどもちらほら。ここは九州に住まれる人にとってもおすすめの車中泊ポイントのようです。敷地内いたるところに木が植えられていて、それが緩衝帯になり、うまく視線や音が…

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ③

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は九州車中泊ブログ2日目の続きです。 熊本地震の遺構、数鹿流崩れから阿蘇の火口を目指します。 大渋滞の草千里浜 数鹿流崩れの追悼碑から草千里浜までは20kmほどの距離です。ハイエースの走行距離計は385kmを示していました。まだ燃料計は1/4ほど残っていますが、このまま阿蘇を目指すと明日までに燃料が切れてしまう可能性があるので、このあたりで一度給油しておくことにしましょう。地元のスタンドで39リッター補給。軽油価格は144.5円/Lでした。燃費はリッター10km弱です。ここまでは大半が高速道路だった…

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ②

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 九州車中泊ブログ2日目。 いよいよ九州上陸です。どんな楽しい旅が待っているでしょうか。 今回の旅の全行程 まずは、今回の5泊6日九州車中泊旅の全行程を地図でざっと見てみましょう。5泊6日といっても、往復のフェリーでそれぞれ1泊ずつかかりますから、正味、九州での現地滞在期間は3泊4日。しかもそのうち1日は「SL人吉号」で熊本から佐賀県の鳥栖まで1日かけて往復する予定なので、実質的に九州を回れるのはわずか3日だけという、かなり厳しい行程を強いられてしまいます。 もっと時間に余裕のある旅なら、いろいろな場所を…

  • 5泊6日九州車中泊の旅ブログ①

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 待ちに待った九州への旅が始まりました。 子どもたちはもう何日も前から、「ヘリーたのしみ!」(フェリーのことです笑)「ひとよしごうたのしみ!」(蒸気機関車のことです)と口ぐせのように繰り返しています。 奥さんも今回の旅をかなり前から楽しみにしているようです。そんな風に旅を待ち望んでいる家族の様子を見ているだけでも、この旅を計画してよかったなと思います。 約半年ぶりの車中泊旅 ほとんど不眠だった当直からそのまま怒涛のような忙しさで長い2日間が終わった出発前夜。 さすがにぐったり疲れきってしまい、ろくに旅の支…

  • iwatani「炉ばた大将」使用レビュー

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、先日わが家に仲間入りしたiwataniのカセット炉ばた焼き器の使用レビューをお届けしたいと思います。 名前は違っても基本構造は変わらず iwataniがカセットボンベ式の炉ばた焼き器を発売したのは2016年のことです。 「炉ばた大将」という名前はキャンプや車中泊愛好者の間でよく耳にするので、ご存知の方も多いかもしれませんが、あらためてこの炉ばた大将はよくできた製品だと思います。実はこのiwataniの炉ばた焼き器には3つ商品名があって、機種ごとに本体カラー(グレー、ベージュ、ブラウン)が異なりま…

  • 滋賀のパワースポット~藤が崎龍神社

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。今日は滋賀の隠れたパワースポットをご紹介したいと思います。 その名も「藤ヶ崎 龍神社」 二つの龍を奉る水辺の社 琵琶湖は太古の昔から日本列島に存在していたわけですから、いにしえの人々はこの海のごとき大きな湖に神秘や畏怖の念を抱いたことに違いありません。 琵琶湖の湖西側には和爾(わに)氏、小野氏など大和の礎に影響を及ぼしたであろう著名な家名が今も地名として残っており、琵琶湖の存在は遠く朝鮮半島と日本の内陸をつなぎ、奈良盆地(大和朝廷)へ続く重要なルートであったことは想像に難くありません。つまり、陸路とともに…

  • 保存版~車中泊おすすめスポット

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、これまでにアップした車中泊のおすすめスポットを検索しやすいようにまとめてお届けしたいと思います。 エリア別に分類してみましたので、皆さんの旅のおともに役立てていただければ幸いです。 信州~飛騨エリア sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog…

  • 車中泊装備リストで楽チン準備

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊の出発準備に役立つ準備カードについてご紹介したいと思います。 旅の忘れ物を減らすのに役立つおすすめの方法です。 持ち出す物をリストアップ 旅の準備カードというのは、要するに車中泊に持っていく物を書き出した装備リストのことです。毎回必ずと言っていいほど何か忘れてくるのがわが家です。家族4人になると荷物もそれなりに多いので、どうしても忘れ物が出てしまいます。下の子のパンツだけ積んでなかった!なんていう悲しい出来事は、なるべく避けたいものです。 毎回、荷物の支度をするたびに悩むのを解消するために、…

  • 車検証のながめ方

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、普段あまりじっくり見ることの少ない車検証について、少し考えてみたいと思います。 今さらかもしれませんが、意外と車検証にはいろいろな情報が詰まっているのです。 「車両重量」と「車両総重量」の違い まず、車検証に記載されている車両の大きさや重さなどの項目を見てみましょう。車検証には、「車両重量」と「車両総重量」の2つの記載があることに気づきます。この2つの違い、分かるでしょうか?うちのハイエースは2800ccの4WDディーゼルで6人乗りです。この場合、車検証によると車両重量は2020kg、車両総重量…

  • 5年落ちの中古Surfaceはどこまで使えるのか?

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。今回は先日買った中古パソコンSurfaceに関する記事です。 surface pro(第5世代)2017モデル わが家は長年パソコンを持たなかったのですが、今年は自治会の役が回ってきたりして、家にパソコンがないといろいろ不便だなぁということで、この機会にパソコンを買うことにしました。 新品はとても手が出ないので程度のいい中古を探していたのですが、職場の知人のつてでちょうど出物のサーフェスがあるということで、ひとつそれをお願いすることにしました。 当初の話しではSurfacePro3が40000円ということ…

  • 車中泊おすすめスポット 白川郷編

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回は世界遺産にも登録されている岐阜県の白川郷での車中泊についてお届けしたいと思います。 白川郷は、飛騨高山や白山ホワイトロードなど、周辺観光も含めて見どころの多い場所なので、まだ訪れたことのない方は是非一度行ってみてください。 白川郷へのアクセス まず、白川郷へのアクセス方法ですが、東海北陸自動車道の白川郷ICで降りると、合掌造りの集落がある場所まではすぐです。 白川郷はかなり山深い秘境にありますが、東海北陸自動車道が全線開通したことで、名古屋方面から白川郷までは高速道路で一気にアクセス可能にな…

  • 滋賀のパワースポット〜河内風穴

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 滋賀県のパワースポットをご紹介するシリーズ。今回は多賀にある「河内風穴」をご紹介したいと思います。 秋芳洞に並ぶ壮大な洞窟 多賀というと名神高速の多賀SAでご存じの方も多いと思います。たいていは高速でちょっとSAに寄るくらいで、ほとんどの人は素通りしてしまうかもしれませんが、実はこの多賀地方、いろいろと面白い場所があり、じっくり足を運んでみる価値があるおすすめ場所の一つです。今回ご紹介する河内風穴もその一つ。河内風穴と書いて「かわちのかざあな」と読むのだそうです。 ナビでこの場所を探すときは「かわちふう…

  • 3年ぶりのペンキ塗り~気分はトムソーヤ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。今日はわが家の庭のペンキ塗りに関する記事です。 ウッドフェンスは定期的なペンキ塗りが不可欠 2015年に滋賀に移住した当時、家の周りにぐるっとこしらえた木の柵。2×4のパイン材は高い割に水に弱く腐りやすいので、杉の野地板を大量に買ってきて、電気カンナを使ってプレーナーがけして使ったのでした。 中古の電気カンナをその時たしか5000円くらいで買ったのですが、ホームセンターでプレーナーがけを頼むより、自分で電気カンナで削れば野地板ならとても安く買えますから、その材料費だけで電気カンナを買うお金が十分浮きました…

  • 九州車中泊に向けて~フェリー選び

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊で九州を回る際の九州までのアクセス方法について考えてみたいと思います。フェリーの選び方一つでずいぶん旅のアレンジが変わってくるのが面白いところです。これから九州旅を考えられる際の参考になれば幸いです。 九州へのアクセス 普段、本州に暮らす私たちにとって、九州や北海道など、遠く離れた土地を車中泊で巡るロングキャラバンは大きな憧れです。 ただ、現地までの距離が遠い分、往復の日数が必要です。新幹線や飛行機に車を積んでいけないので、ずっと陸路でいくか、船で現地までアクセスするかのどちらかになります…

  • ハイエース壁面収納リニューアル第2弾

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。前回、ハイエース右側の壁面収納をリニューアルしたことについてお話ししましたので、今回は引き続き、リビング左側の壁面収納について書いてみたいと思います。 洗面コーナーをリアゲート左に移動 元々、後席後ろに設置していた洗面(簡易ギャレー)を、今回のリニューアルでリアゲート左側に移動しました。水タンクはベッドキットの床下に置きます。 以前は水タンクの置き場所がベッドキットの一番奥だったので出し入れが結構重労働でしたが、今回はリアゲートを開けてすぐのところにタンクを置くため、この方が出し入れは断然楽になります。ま…

  • ハイエース 壁面収納をリニューアル

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日ハイエースのベッドキットを高さ4センチアップしたのに伴って、今回は壁面の板壁や収納を一からレイアウトしなおすことにしましたので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。 壁面を3つのブロックに分けてレイアウト (旧)レイアウト (新)レイアウト 以前のレイアウトでは収納棚が壁面の上半分を横長に占めていたのですが、限られた壁面を少しでも有効活用するため、壁面を縦に3つのスペースに分けてレイアウトを考えることにしました。 今回のレイアウト変更の要点は 1.テレビをリアゲート横から後席後ろへ移動 2…

  • ハイエースベッドキット4センチ高さアップ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日お話ししたわが家のハイエース車中泊仕様のマイナーチェンジ計画、少しずつ実現に向けて行動を起こしていこうと思っています。 まだ細部まで詰められていないため、多少見切り発車になりますが、やっているうちにだんだん見えてくるでしょう。 人生とは大抵そんなもんなのです。 久々にすべての荷物を車から下す 作業を進めるにあたって、まずは車に積んでいる装備をすべて下すことにしました。 ベッドキット自体の高さを上げるため、結構大掛かりな作業になりそうだったのと、この機会に装備やレイアウトも一から見直すつもりなので、と…

  • 九州車中泊〜SL人吉号の予約方法

    ※熊本県観光振興課ホームページより引用ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、熊本県を走る人気の蒸気機関車、「SL人吉号」の予約に関して書いてみたいと思います。 現存する日本最古の蒸気機関車 今度の5月の連休に九州への車中泊旅を計画しているわが家。往復フェリーを使って九州に上陸し、ハイエースで車中泊しながら各地を回る予定です。子どもたちや奥さんはこの一大イベントを今か今かと心待ちにしています。中でも今回の旅の目玉の一つが、熊本県を走る蒸気機関車「SL人吉号」に乗ることです。 元々、SL人吉号は熊本から人吉まで阿蘇山の南麓を2時間半ほど…

  • 雨、桜、バンライフ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先週末は雨のバンライフで桜を楽しんできました。今日はその様子をお届けしたいと思います。 琵琶湖の島で雨のお花見 3月末〜4月にかけて2週続けて冷たい雨となりました。桜は今まさに見ごろだというのに、公園の芝生はしっとり濡れて、シートを広げて座ることもできません。 おそらく、次の週末くらいには桜は散っていることでしょうから、桜を愛でるなら今しかありません。土曜の夕方から一人でうちに泊まりにきている親戚の女の子も含めて、今回は5人家族でバンライフに行ってきました。 親戚の女の子はまだ5歳だというのに、うちにち…

  • ハイエースボディ補修DIY奮闘記その2

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。ガードレールにガリガリとぶつけてしまったハイエースのボディ補修DIYの続きです。 補修剤によるパテ埋め作業までできましたので、このあとパテの研磨と塗装作業に入っていきます。 サンダーで成形、最後は手作業 まとまった休みが取れないため、作業はなかなか進みません。 補修途中の恥ずかしい姿のままで次の休みまで過ごさなくてはいけないハイエースさん。ごめんなさい。 パテ埋めから丸1週間。パテがしっかり固まってから、次はパテの研磨作業に入っていきます。手で削ると大変なパテ部分も、ディスクグラインダーだと簡単に削れすぎ…

  • ハイエースボディ補修DIY奮闘記

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日ガードレールにぶつけてしまったわが家のハイエース。今日は前回に引き続き、ハイエースのボディ補修DIY奮闘記をお届けしたいと思います。 古い塗装を落として下地を出す 傷とへこみ部分に補修パテを盛り付ける前に、まずはディスクグラインダーを使ってボディの古い塗装を落としていくことにします。 #240番くらいの、塗装剥がし用のディスクを使って塗装を落とし、ボディの下地を出していきます。補修範囲が広く、手でヤスリがけするととても時間がかかる作業ですが、グラインダーを使えばあっという間です。 ボディにグラインダ…

  • ハイエースをぶつけちゃった!

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、ハイエースをガードレールにぶつけてしまいました。 寝不足ぎみの休日の朝、ぼーっとした頭で奥さんを美容室へ送っていく途中、細く曲がりくねった川を渡り、狭い橋を鋭角に切り替えそうとした瞬間、ガリガリガリ…! 子どもたちも乗っていたので、ぶつかった瞬間、子どもたちのびっくりした顔と奥さんの叫び声と…。 やれやれ…。全くの私の不注意ですから誰にも文句は言えません。 そんなわけで、今日は、ぶつけてしまったハイエースの板金塗装の顛末記です。 想像以上の修理費用に愕然 気が動転したまま、とりあえず奥さんを美容室…

  • 車検と定期点検の違い

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は車の車検と定期点検の違いについて少し考えてみたいと思います。よく知っている方にすれば今さらのお話しかも知れませんが、私自身知らなかったところもあるので、頭の整理のつもりで少し書いてみたいと思います。 知ってるようで知らない車検と定期点検 今まで何回も車検や定期点検を受けてきましたが、ある意味人任せにしている車の法定点検について、その違いというものをあまり意識したことすらなかったのが正直なところです。 車検と定期点検の違い、分かりますか? 何となく、定期点検というのは車検のついでに受ける車の各部のチ…

  • キャンピングカーという幻想

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、ショッピングモールへ買い物に出かけると、ハイエースのキャンピングカーが展示されていました。 わが家と同じ4ナンバー標準サイズのハイエースの内装をアレンジした新車キャンピングカーの展示販売です。 主催しているのはキャンピングカー専門店ではなく、トヨタ系列の正規ディーラーが製作販売しているキャンピングカーでした。 さて本日は、最近のバンコンキャンピングカー市場というものについて改めて考えてみたいと思います。 正規ディーラーが車中泊市場に参入する時代 車に寝泊まりしながら各地を旅するキャンピングカーや車…

  • 旅の景色の中に

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 旅への想い しばらく車中泊に出かけられていません。 コロナのこともありますが、町内会の役が回ってきたり、上の子の小学校入学に向けた準備とか、週末に習い事が入り始めたこと等…。 家族でまとめて休みをとれる機会が減ってきているのが理由です。 今それがたまたま重なっているだけなのか、それとも家族の成長に伴ってだんだんこういう風にすれ違いが増えて旅に出かけにくくなってしまうものなのでしょうか? そうだとしたら少し寂しいですが、いつも一緒に行動するのが当たり前と思っていた子どもたちもだんだん自分の時間ができて親か…

  • ハイエース車中泊マイナーチェンジ計画

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は、次の車中泊シーズンに備えてわが家で計画している、ハイエース車中泊仕様のマイナーチェンジ計画についてお話ししてみようと思います。 車内のレイアウト変更で使い勝手向上を 数あるハイエースのグレードの中では最もベーシックかつ小さなボディのうちのハイエース。4ナンバーの小型貨物バンで家族4人が快適に過ごすためには、いろいろな涙ぐましい努力が必要です。 中でも、車中泊中の車内での「人の移動」「物の移動」「空間の分離」の3つが、レイアウトを考える上で一番頭を悩ませる部分となります。今まで、小規模なレイアウト…

  • 無臭ニンニクの自家栽培に挑戦!

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊からはなれて、無臭ニンニクに関する話題です。 無臭ニンニク、想像以上にすごいぞ! わが家が無臭ニンニクと初めて出会ったのは、浜松へイチゴ狩りと浜松餃子を食べに車中泊の旅に行った時のことでした。 浜松に「かさご餃子」という知る人ぞ知る餃子の名店があり、そこで食べた「平日餃子」という名前の餃子に衝撃的に魅せられてしまった私たち家族。 浜松に行くときは必ずかさご餃子に寄り、平日餃子を大量にリピート買いするようになりました。 このかさご餃子さんの平日餃子に使われているのが通常のニンニクではなくいわゆ…

  • 折りたたみチェア→リメイク→簡易テーブル&収納ラック

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は、キャンプ用の折りたたみチェアをリメイクして車中泊に便利な簡易テーブルと収納ラックを作ってみましたのでご紹介したいと思います。 高さと大きさがベストマッチ 先日、リサイクルショップでミニサイズの折りたたみチェアを見つけました。500円。 ある目的があって、実はこのサイズのチェアを探していたので早速ゲットしてきました。 このままチェアとして使うつもりではありません。バラして部品どりする予定です。 リサイクルショップに並ぶ中古品たちは、別の角度からみれば、何かを制作するための素材の宝庫といえます。DI…

  • 私がブログを書くときに気をつけていること

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊に関する事ではなく、「ブログの書き方」といいますか、「私が普段ブログを書く上で気をつけるようにしていること」について少し書いてみたいと思います。 ブログは誰のために書くのか? 「自分のブログなんだから、自分の好きなことを書けばいいんだ」と思う反面、読んで下さる皆様がいて初めて成り立つものなので、やはり「ブログとは結局、読者のためにある」と感じる部分の方が、最近は大きい気がします。 日記風ブログの、徒然なる独白が魅力のブロガーとその固定ファン層というのはほんの一握りの世界で、私たちのブログは、…

  • ハイエースのナンバー変更(構造変更)の注意点

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車の構造変更をする場合の注意点などについて考えてみたいと思います。 構造変更の目的とメリット もともと定められている乗車定員や積載量、あるいは車の外観的なサイズの変更、用途区分の変更など、車検証に記載されている内容を変更することを「構造変更」といいます。 構造変更=車検証を書き換えることになるので、構造変更をするタイミングとしては、「新たに車を購入する際に、もとの乗車定員などを変更し、その内容で車検証を受ける」、あるいは、今乗っている車を構造変更する場合は、「次の車検の時期に合わせて車に改造を加…

  • 車中泊キャンプのすすめ〜オートキャンプとは似て非なる

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊キャンプとオートキャンプの違いを少し考えながら、車中泊キャンプの魅力についてお話ししたいと思います。 車中泊キャンプとは? まず最初に、車中泊キャンプという言葉について耳なれない方もおられるかもしれませんので、少し触れておきます。車中泊キャンプというのは、車をテント(就寝スペース)にみたてて、そこをベースにしながら、タープを張ったり野外で調理したり焚き火を楽しんだりするスタイルのことを指します。 カーキャンプという言い方をする人もいるみたいですが、カーキャンプと言うと、「オートキャンプとど…

  • 子どもの自転車選びとコマなしデビューのコツ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は、わが家の二人のわんぱくキッズの自転車デビューを振り返りながら、子どもが早く補助輪なしで自転車に乗れるようになるためのちょっとしたコツや、上手な自転車選びについて少し考えてみたいと思います。 3~4歳で自転車デビューは可能 うちの子は2人とも自転車が大好きです。上の子は4歳の時、下の子は3歳の終わりには補助輪なしで自転車に乗れるようになりました。 それほど特訓したというわけではなく、子どもたちの「自転車に乗りたい!」という気持ちさえあれば、あとはちょっとしたコツとタイミングさえつかめば、割とすんな…

  • 運転中横断歩道に歩行者がいたら止まりますか?

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車の安全運転に関するお話しです。 横断歩道で止まる率全国1位は? 先日、仕事の関係で事業者安全運転管理者講習というのを受講してきました。 車を一定台数以上保有する事業者は、毎年必ず受けなければならないと義務付けられています。2022年の道交法改正の目玉の一つに、事業者へのアルコールチェックの義務付けがあります。 業務運転中に飲酒運転で死傷者を出す痛ましい事故の割合が増えているそうで、それを取り締まるため、毎日朝夕にアルコールチェックを義務付けるというものです。 前の夜に深酒をしての二日酔いも、これ…

  • 革素材で車中泊をおしゃれに

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は革素材を活用したDIYについて少しご紹介したいと思います。 革素材は車中泊DIYにもとてもおすすめの方法ですから、皆さんも是非試してみていただきたいと思います。 革の魅力 DIY素材には木材、鉄、アルミ、プラスチック、布地や革素材などさまざまありますが、中でも革はその質感が1枚1枚違っていてとても面白いと思います。 個人的に私は革が好きです。 好きと言っても、身の回りのあらゆるものを革素材で埋めているという訳ではなく、生活のところどころにアクセントとして革が取り入れられているような感じでしょうか。…

  • 暮らしの風景〜アラジンストーブ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 滋賀に移住してから早いもので7年が経ちました。越してから徐々に手を加え、家も庭も少しずつ落ち着きを見せ始めています。 一方、暮らしの道具についても、シンプルにいい物をなるべく長く使い続けたいと願うわが家の暮らしを陰から支えてくれていて、とても大切な、愛着の湧く道具たちに囲まれて暮らす喜びを噛みしめるこの頃です。 今回は、私たちが普段使っているおすすめの道具たちを少しずつご紹介してみたいと思います。 第一回目は冬の定番、アラジンストーブについてです。 無骨で可愛らしいやつ アラジンストーブというと名前だけ…

  • 車中泊におすすめ簡易座椅子DIY

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。本日は、車中泊やバンライフにおすすめの自作簡易座椅子についてご紹介したいと思います。車中泊に座椅子がある暮らし ハイエースの後部にベッドキットを設置することで、家族4人でご飯を食べたりくつろいだりできるようになりますが、それはキャンピングカーのようにシートに腰掛けて座るダイニングスタイルではなく、あくまで後部をフラットな状態にした、いわゆるお座敷スタイルとなります。お座敷スタイルの難点の一つに、長く座っているとだんだん足が痛くなってくることと、背中がもたれる場所がなくてだんだん疲れてくることが挙げられます…

  • ハイエースおすすめスタッドレスタイヤ選び

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日はハイエースのスタッドレスタイヤ選びについての記事です。 ちょっと時期外れ? いやいや今こそ 12月の冬シーズン前ならスタッドレスタイヤの話題も旬ですが、そろそろ冬シーズン終盤にさしかかる2月にスタッドレスタイヤの話題はちょっと時期外れな感じがします。でも、実は今がスタッドレスタイヤをお得にゲットするチャンスなのですよ。 2月~3月は程度のいいスタッドレスタイヤの中古が出回り始める時期なのです。この時期に、来シーズンに備えて程度のいい中古スタッドレスを早めにゲットしておくのが賢い方法です。 私は、雪…

  • 子ども手袋を防水仕様にリメイク

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、子どもたちの雪遊び用の手袋の防水加工についての記事です。 子どもの防水手袋があればなぁ…。 滋賀県には手軽に雪遊びが楽しめるスキー場がいくつかあります。 4歳と6歳の2人の子どもは最近とてもスキーに興味があって、「早くあのリフトに乗ってみたい!」と夢を描いていますが、スキー板をつけて歩くのもままならないので、まだリフトは当分先になりそうです。 なので家族でスキー場にいくと、初めの1時間ほどスキーで歩く練習をしたあとは、もっぱら麓で雪遊びとなります。 家の周りではたまに雪が積もってもたかが知れてい…

  • 手作りのアルミスコップ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は、子どもの雪遊びや土遊びに重宝するアルミスコップのDIYに関する記事です。 1作目はあえなく玉砕。。。 実は以前に一度、アルミスコップを自作したことがあったのです。 調理道具のアルミバット(アルミでできた四角いトレイ)を中古ショップで安く手に入れ、ディスクグラインダーを使ってアルミをくり抜いてスコップ部分を作り、それを木の棒にビス留めするだけのシンプルな構造でした。 ところが結果は一瞬で玉砕…。 切り出したアルミ板は、それ自体の強度はそこそこあるのですが、子どもが力任せに雪をほじると、ビス止めした…

  • 折りたたみキャリーカート選びのポイント

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、最近ちょいちょい見かける折りたたみ式の大型キャリーカートの使い勝手や選ぶ際のポイントについて考えてみたいと思います。 積載量100kg越えのキャパシティ 昔、折りたたみ式のキャリーカートといえば、こういうやつのことをさしました。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.…

  • 2月極寒のデイキャンプ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、冬の極寒の中、家族でデイキャンプをしてきましたので、今日は様子をお届けしたいと思います。 JPCZによる猛烈寒波 シベリアから吹き下ろす寒気が朝鮮半島の山脈にぶつかっていったん二手に分かれ、それが日本海上空で再び合流して日本に吹き込んでくる現象をJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)というのだそうです。この現象によって活発な上昇気流が生じ、大きな雪雲となって日本海側に大雪を降らせるというのがJPCZのメカニズム。今年はこの現場がたびたび発生して、北陸や信越地方に大雪を降らせていますね。 先週末もこの猛烈…

  • 冬車中泊におすすめ テムレス防寒手袋

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は冬の車中泊や屋外作業におすすめの防寒手袋についてご紹介したいと思います。長年愛用のオーバーミトンが 先日、家族で近くのスキー場へ雪遊びに行った時のこと、今まで長年愛用してきたロイッシュのオーバーミトンがとうとうダメになってしまいました。 指先がほつれて、中から何やら白い粉のようなものがポロポロ出てきました。 いや、白い粉って末端価格何千万もするやつじゃないですよ。 中のゴアテックス素材が経年劣化で粉々になってしまったみたいです。これでは使い物になりません。 オーバーミトンというのは、スキー手袋の上…

  • ブログをamp仕様にしてみた結果…

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。本日は、うちのブログをamp仕様にしてみた結果について少し書いてみたいと思います。 ampとは何ぞや? そもそも、ampって一体何?というところからしてよく分かっていなかった私ですが、ブログの表示速度がけた違いに早くなるらしい、という噂だけは以前から聞いていて、少し気にはなっていました。 ampというのはGoogle社が開発した「Accelerated Mobile Pages」というプログラムの略だそうです。ampと書いて「アンプ」と読むそうです。 通常のブログは、書かれている文章の裏側には、膨大なht…

  • ハイエース ワンタッチルーフテントを刷新

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日取り付けたハイエースのリアラダーに合わせて、ルーフテントを新しく作り直しましたので、今日はそのご紹介です。 リアラダー設置で屋根へのアクセスが楽に 2021年の秋に、アイバワークス製のリアラダーをヤフオクでゲットしました。 リアラダーを取り付けたことで、屋根への登り降りがとても楽にできるようになりました。それまでは屋根に積んだ梯子をいったん下して登り降りする必要があったのですが、リアラダーの便利さは想像以上です。こんなことなら、もっと早く設置すれば良かったです。気軽に車の屋根に上がって、そこが自由に…

  • 車中泊DIYおすすめ素材 アルミ複合板

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、さまざまなDIYに活用できるアルミ複合板についてご紹介したいと思います。 私はこの素材と出会ってから、また一つDIYの幅が広がりました。 屋外看板作りのスタンダード アルミ複合板という素材のことを、私自身最近まで知りませんでした。 知らなかったけれど、知ってみれば「あー、ああいうやつね」と、どんなものかはすぐにピンときました。 要は、屋外看板によく用いられているアルミの板のことです。 厚さ3mmほどで薄いアルミの板2枚で、樹脂の板をサンドイッチした構造になっています。 (function(b,c…

  • 車中泊の夜を演出するアイテム

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊の夜の過ごし方というテーマで、いつもの旅の装備にプラスアルファすることで、車中泊の夜をより素敵に演出してくれるおすすめグッズについて考えてみたいと思います。 秋冬の車中泊こそ夜を楽しもう 私たちにとっての車中泊は、移動と宿泊場所を兼ねた旅の手段であるとともに、食事やくつろぎの場所でもあり、そこで1日の半分以上を過ごすまさに家のような存在になります。 また、車中泊の車内はキャンプでいうテントのような、子どものころの秘密基地のような、隠れ家的な存在でもあります。 つまり、家でまったり過ごすよう…

  • 家族で雪遊びおすすめスキー場

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は、家族で気軽に雪遊びのできるスキー場をいくつかご紹介したいと思います。 車中泊のノウハウを活用すれば、車をベース基地にして雪山バンライフを満喫することができるのでおすすめです。 車をベース基地にするという発想 雪遊びにおすすめのスキー場をご紹介する前に、雪遊びにおける車の活用について少し考えておきましょう。それはつまり「車をベースキャンプにする」という発想です。 車中泊というとつい「車に寝泊まりする」ことを連想しますが、別に寝泊まりすることだけが車中泊ではありません。車中泊の装備や車中泊のノウハウ…

  • ミニギター×リメイク=ミニギブソン

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は車中泊のお話しではなく、先日中古で手に入れたミニギターに関するDIYのお話しです。 表面板にビスドメされていたピックガード メルカリで4500円でゲットしたasama artisanという古いミニギター。サドルやナットを交換して弦を張りなおしたら、まあまあいい音色を奏でてくれるようになりました。 リビングでちょっと爪弾くのにちょうどいいサイズで、車中泊用意キャンプにも連れて行けそうな気がしています。 実はこのギター、買ったときに付いていたピックガードが表面板に4ヶ所ビスドメされていたのでした。 ギ…

  • 車中泊おすすめ入浴施設〜おごと温泉(足湯)

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 地元滋賀にあるおすすめ入浴施設をご紹介するシリーズ。今回は、おごと温泉にある足湯施設をご紹介したいと思います。 超有名な一大歓楽街「雄琴」 琵琶湖の西岸、延暦寺で有名な比叡山の麓におごと温泉があります。その歴史は1200年前に遡るそうですから、最澄をはじめ延暦寺のお坊さんたちも足繁くこの温泉に通ったことでしょう。雄琴といえば男性の方々にとっては一大歓楽街というイメージが強いと思います。 今でも国道を走ると歓楽街のネオンサインが煌々と夜を照らす様は昔から変わりません。かつては雄琴温泉と漢字で表されていまし…

  • 子連れバンライフ雪遊びを楽しむコツ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は、冬シーズン小さな子どもたちと雪山バンライフを満喫するためのポイントについて少しお話ししてみたいと思います。 雪山の魅力 スキーやスノボをやっている(あるいは昔やっていた)お父さんやお母さんにとっては、できれば自分の子どもたちにもスキーやスノボの楽しさを教えて、家族で一緒に楽しみたいと思うことでしょう。 スキーが大流行していたころと比べれば、今やスキーはすっかりスノボにおされて、一部のマニアの人だけのスポーツのようになってしまった感がありますが、時代が変わっても、そして、スキーにせよスノボにせよ雪…

  • 雑学 いろんな趣味を覗いてみよう

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊から少し離れて、最近少し興味をもって新たに覗いてみた趣味の世界についてのお話しです。 趣味にもいろいろありまして そう、趣味にも実にいろいろあります。収集の趣味。アクティブな趣味。工作やDIY系の趣味など。 どの趣味にも奥深い世界があり、中には趣味が高じてその道の専門家になってしまったり、趣味を商売にしてしまったり、あるいは多額をつぎ込んでその世界に人生の全てをかけてしまうほどのめりこむ場合もあるかもしれません。 それくらい、趣味は「自分そのもの」というか、時に自分の人生をかけてしまうほど、…

  • 車中泊 実用性の高いDIY その2

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。今回は、前回に引き続き実用性の高い車中泊DIYについてご紹介したいと思います。 実用性の高い車中泊DIY(続き) 3.エンジンルームカバー ハイエースのシートの後ろ、つまり後席シートの目の前にあるエンジンの出っ張りの部分を木の板を使ってカバーを作るというDIYです。 うちがこれをやった理由は見た目の問題よりも、エンジンの熱対策と収納スペース、それとカバーの天板を小さなテーブル代わりに使おうと思ったからです。 天板は2×4材2枚約18センチの幅で作りました。この天板がちょっとしたテーブル代わりになり、また蓋…

  • 車中泊 実用性の高いDIYその1

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、過去に製作した車中泊DIYの中で、結局使わなくなってしまったものと、実用性が高くやって良かったと思えるものをご紹介したいと思います。 車中泊DIYはトライ&エラー トライ&エラーというか、スクラップ&ビルトといいますか。とにかく車中泊DIYはそうイメージ通りにはいかないものです。はじめからメーカー製のバンコンキャンピングカーを買えばそうではないのかもしれませんが、自分でコツコツと週末を使ってDIYしていくわけですから、苦労と失敗はつきものです。狭い車内スペースをできるかぎり有効に活用したいと思っ…

  • はてなブログ活用術~写真の保管場所として

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、はてなブログ活用術の一つである、「画像の保管場所としての活用法」について書いてみたいと思います。 その名は「はてなフォトライフ」 はてなブログは無料で始められるのが大きなメリットの一つです。とりあえずブログをやってみたいけど、いつまで続けるかわからないのでなるべく安いほうがいい、という人には、はてなブログはとてもおすすめです。実際、私も無料版からブログを始めて、Googleアドセンスの承認が降りるまでずっと無料版でブログを作成していました。無料版のままでもGoogleアドセンスは承認されますから…

  • SEOに負けるな〜頑張れ車中泊ブロガー!

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 これまで車中泊ブログを書いてきて、私が最近思うことについて今日はつらつらと書いてみたいと思います。 indeedから学んだこと 以前、仕事の関係でindeedの有料広告を利用していたことがありました。 名前だけはすっかり定着した「indeed」ですが、どんなものなの?といざ言葉にしようと思うとなかなか一言では説明しにくいものです。端的に言うと、企業の求人広告や自社のホームページの求人掲載を、できるだけ多くの人の目に留まるよう、SEOの技術を使って人々にクリックしてもらうよう促す有料サービスといえばいいで…

  • 冬のファミリースキーと車中泊

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は、子ども連れでの冬のファミリースキーと車中泊について考えてみたいと思います。 冬のスキー場の厳しさをなめてはいけない 昔、信州の標高1800mほどの高原に暮らしていたことがありました。よく晴れた雪山の輝く美しさや、朝日に輝くダイヤモンドダストなど、冬の高原の魅力は一言では語り切れない素晴らしいものがあります。 その一方で、目まぐるしく変化する冬山の自然環境、最も寒い時期には氷点下25℃まで下がる極寒での暮らしは、それなりの備えや知恵と経験が必要です。住む場所があってさえそうなのですから、極寒の車内…

  • カーナビの地図を最新版に更新

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、うちのハイエースのカーナビの地図更新に関する記事です。 Wifiによる更新が終わってしまった。。。 うちのナビはデンソーテン(旧富士通テン)のイクリプスAVN-R9Wという2019年モデルの機種です。 発売から2年間はWIFI経由で最新地図データが無料でダウンロードできるというのがイクリプスの売りだったんですが、その2年の期限が今年の10月末で終わってしまいました。しばらくの間は、今の地図データを使い続けても、普段の走行には何の問題もありません。 でもこれが1年経ち、2年経ちすると、次第に地図が…

  • 冬車中泊の寝具選び

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は冬の車中泊における寝具について書いてみたいと思います。 万一雪道で大渋滞したら 猛烈な寒波にすっぽり覆われた日本列島は、各地で道路が凍結したり大雪で通行に支障がでたりしているようです。 普段あまり雪の降らない地方でたまに大雪が降ると、車が立ち往生して渋滞が発生し、周りの車も巻き込まれて雪の車内で一晩中閉じ込められるような事態が起こりえます。 万一の災害時と同じように、車の中に生活維持のための装備がある程度備えてあれば、いつ何どき大渋滞に遭遇しても安心していられます。 車を停泊場所として利用する車中…

  • 年末大掃除〜浴室の垢に高圧洗浄機は勝てるか?

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日はわが家の年末大掃除について、少し書いてみたいと思います。 大寒波到来の年末大掃除 29日で仕事納めのわが家は30日ようやく本格的に大掃除。 先週末に窓拭きと網戸の掃除、それから作業小屋の掃除だけは終わらせていたのですが、それでも、まだあと浴室と、キッチンのシンクと、レンジフードが残っています。例年にも増しての寒さの中ですから、上下に雨ガッパを着込んで、まずは浴室掃除にとりかかることにしました。バスマジックリンとブラシを使って、浴室の床や壁にこびりついた垢をこすり洗いしていきます。 ガンコにこびりつ…

  • バッテリー交換でiPhone復活

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、iPhoneのバッテリーを新しく交換してもらいました。 バッテリーを交換したことで、思った以上にiPhoneがリフレッシュできましたので、今日はそのことについて少しお話ししたいと思います。 バッテリーの減り方が加速しはじめた 今私が使っているのはiPhone7です。2019年12月にジーンズのポケットに入れたまま洗濯機の中からあの世に旅立たれた先代のiPhone6Sに代わって、現在の私の暮らしのほぼ全てを把握している強力な相棒です。ある意味、奥さんよりも自分自身よりも、私のことをよく知っている存在…

  • 2021年ポイント獲得総額は?

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、本日は、今年1年間に買い物や支払いで貯まったり使ったりした各種ポイントがいったいどれくらいになったのか? 少し振り返ってみたいと思います。 ポイントを賢く利用すればかなりお得 現在、世の中は空前のポイントブームといってもよいと思います。 様々なショップのポイントカード、クレジットカード系のポイント、それからマイナポイントのように行政が新たな取り組みに対して利益誘導するようなポイント還元もありますね。皆さんは、普段いったいどれくらいポイントを利用しておられるでしょうか? 私自身、今まではポイントのこ…

  • 冬の車中泊の結露対策

    窓ガラスの結露 ※インターネットから引用ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、冬場の車中泊における結露の問題に焦点を当ててみたいと思います。 人間の呼気に含まれる水分量 冬に限らず、夏場でも車中泊をすると窓の内側がどうしても結露してしまいます。 これは、人間の身体から出る水蒸気が、窓の冷気で冷やされて水滴になるためですが、冬は、特に外気と車内の温度差が大きいのでとても結露しやすい状況になります。人間の身体から出る水蒸気は、主に不感蒸泄(体の表面から知らない間に放散される水分)と、呼気(人の吐く息)に含まれる水分の二つですが、中でも呼…

  • 車中泊DIYあると便利な道具たち

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は、自分でいろいろと車中泊の装備をDIYするにあたって、あると便利な道具や工具類について考えてみたいと思います。 年末年始、子どもたちがお年玉でおもちゃを買うように、お父さん方も車中泊DIYの道具をコツコツ揃えて、来シーズンの車中泊DIYの幅を広げましょう! まずは電動工具から 電ノコ インパクトドライバー サンダー(グライダー)今まで色んなものをDIYしてきた経験からいうと、とりあえずこの3つだけは、何をするにも持っておいた方がいいと思います。 逆に言えば、それ以外の電動工具は、無いならないで何と…

  • 車中泊するだけでマイルがたまる?アプリ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は、移動するだけでマイルが貯まるという、その名も「Miles(マイルズ)」というアプリについて、実際に使ってみた印象をお伝えしようと思います。 車、電車、バス、徒歩…動けば貯まる このMilesというアプリは、スマホにアプリを入れておけば、自分が移動した距離と移動手段に応じて、自動的にマイルが貯まっていき、貯まったマイルを使って商品を安く買うことができたり、サービスを受けられるという仕組みです。 商品はいろいろなジャンルのさまざまなものがあり、毎月新しい商品が追加されたり、季節に合わせた商品なども提…

  • 車中泊の前の日の準備

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊に出かける前の日の夜の、わが家の出発準備について少し書いてみたいと思います。 当日と前日に分けて準備 最近のうちのパターンは、出発する前の夜に、ある程度できるところを準備しておいて、出発当日は残りを用意して、最後にザッと点検してから出発する、という形が多いです。特に大きな理由があるわけではないのですが、当日の朝というのは、何かと気ぜわしく動くので、結構忘れ物が多いんですよね。頭でイメージすることと、行動とが噛み合わないというのか、一度にアレもこれもと浮かんでくるので、動きが追いつかず、積ん…

  • 車中泊と自転車の素敵な関係

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は車中泊における自転車の活用について考えてみたいと思います。 車+自転車は旅の幅を広げてくれる 私は特に自転車が趣味というわけではありません。自転車で車道を高速ツーリングしているサイクリストの方を見かけると、車との接触が危ないなあといつもヒヤヒヤしてみてしまいます。 そんな私ですが、車中泊の旅先でちょっと自転車があるといいなあ、と思うことはよくあります。車中泊に自転車を持っていけたら今よりもっと旅が面白くなるだろうなあと想像したりします。 特に子どもたちがそれぞれ自転車に乗れるようになってくると、家…

  • 大豆と麹で自家製味噌づくり

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。暖かめの秋が続いていたと思ったら、急に寒さがやってきましたね。比良山系も初冠雪して、いよいよ冬シーズンの到来です。 先週末は冬の寒い季節に仕込む自家製の手作り味噌にチャレンジしてみましたので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。 はじめての味噌づくり わが家は家族そろって味噌好きです。 車中泊の旅先で美味しい味噌を買うと、上の子は「早く帰って美味しいお味噌汁が飲みたい」と、まるで大人みたいなことを言います(笑) 全国各地、味噌にもいろいろありますが、米麹(こうじ)をたっぷり使ったお味噌ほど、大豆…

  • ピンタレストが突然アカウント停止⁉︎

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、普段お世話になっているピンタレストのアカウントが突然停止になってしまった件について書いてみたいと思います。 ピンタレストにアクセスできない ピンタレストというのは、自分のお気に入りや気になる画像を、ボードといわれる自分の保存場所に貼りつけて保管していくアプリで、一種のSNSのようなものです。 自分が保存したお気に入り画像の指向性から、似たような関連画像が次々提示されていくので、欲しい情報を労せず手にすることができることと、ブログを書く側からすると、自分のブログがピンタレストを通じて人々の目に留ま…

  • 車中泊の調理

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊における調理について考えてみたいと思います。 調理道具選びのポイント 昔、オートバイに乗って、ソロで全国を旅していたときは、キャンピングガスのカセットコンロと、小さなコッヘルが2つもあれば足りました。コッヘル1つで米を炊き、もう一つが調理と食器を兼ねていました。重ねたコッヘルの中にバーナーをしまえばコンパクトに収まりますし、ボンベはランタンと流用できましたから、荷物は最小限で寝袋1つでどこでも野宿していたのでした。 今はソロと違って家族4人での車中泊旅ですから、毎回の食事も4人分になり、調…

  • 車中泊にトラベルギター

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊に連れて行けるミニギターのお話しをしたいと思います。 ミニギター購入のきっかけ ギターの話しもせずにいきなりミニギターの話しをするのも何ですが、私は趣味で少しばかり音楽をやっていまして、家にはいろいろな楽器が置いてあります。ここ何年かドラムが中心になっているせいでギターは少し遠のいていますが、前はギターばかり弾いていました。 友人とギターユニットを組んでセッションしたり、たまにライブで弾いたり。 DEPAPEPEとか山弦とかご存知でしょうか? そういうギターデュオのコピーが中心です。 コロナ…

  • 車中泊ポータブル電源の持続性と電力収支

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊でポータブル電源を使う場合の持続性と電力収支について考えてみたいと思います。 入力と出力のバランスを考える まず初めに、うちの電源環境をざっとおさらいしておきますと、メインで使用しているポータブル電源はECOFLOW社のEFDELTA。 電力量1260Wh、定格出力1600Wという製品です。 これにソーラーパネル100W2枚を直列で繋いでEFDELTAに充電しています。 以前は電力量500Wのポータブル電源をメインに使っていて、主な使い道は冷蔵庫だけだったのですが、車中泊で電子レンジやケト…

  • 秋の実りをいただく干柿づくり

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 ホームセンターなどにいくと、漬け物用の樽や保存ビンが沢山並んでいます。これから初冬に向けて皆さん保存食作りに精を出されるのでしょう。わが家では、今年初めて干柿作りと、それからお味噌を自分で作ろうと思っています。 手始めに、まずは干柿作りから。 今津 深清水の柿 柿の産地は各地にありますが、滋賀では今津の深清水の柿が美味しいことで有名です。 全国的にみると、滋賀の柿は決して生産量は多くはありませんが、実の大きさや甘さでは京都の大枝の柿にも負けない良質な柿の産地であることにまちがいはありません。 果物の中で…

  • 車中泊の安眠を支える簡易ギャッジ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊の安眠に欠かせない「床の安定」ということについて考えてみたいと思います。 停止中の車って案外揺れる 車中泊を何回も経験した方はお分かりだと思いますが、車のショックアブソーバーって結構揺れるんですよね。 大人が車に乗り込んだだけでも車は結構沈みます。リーフスプリングのハイエースでさえそうなのですから、一般の乗用車や軽自動車なら相当揺れると思います。 普通に運転する分には何も問題ないですし、そもそも車というのはスプリングがあるからこそ路面の振動をうまく吸収してくれているわけです。ただ、これが停…

  • そうだ、太陽の塔を見に行こう

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 皆さんは大阪にある太陽の塔は見に行かれたことはありますか? まだ見たことないという方は、是非一度、生の太陽の塔を見に行ってほしいと思います。 あれは世界に誇る日本の宝といえるのではないかと、私は思います。今日はそんな太陽の塔のお話しです。 3つの顔を持つ太陽の塔 太陽の塔といえば空に向かって金色に輝く丸い顔と、お腹の部分に創られたどこか意味ありげな顔、この2つの顔が有名ですが、実は、太陽の塔の背中にはもう一つ別の顔が描かれています。 この第三の顔のことは案外知らない人もいるようですね。 ブログのトップに…

  • 車中泊 休日滋賀の渋滞事情

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回は滋賀県内の渋滞事情について少し考えてみたいと思います。 渋滞とスイスイが混在する湖西バイパス 琵琶湖の西岸には湖西バイパスという自動車道が走っています。湖西バイパスはかつては有料道路でしたが、現在は無料の自動車専用道路となっています。国道1号線、ちょうど名神東インターの先からバイパスが分岐して、琵琶湖の西側、山沿いを抜けて湖北の方までバイパスは続いており、そのまま国道を行けば、やがて敦賀までつながっていきます。 湖西バイパスは自動車専用道路で、制限速度は時速60kmですが、実際には高速道路と…

  • 最近の車はバッテリーが酷使されるというお話し

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、ハイエースのバッテリーを交換したお話しをしましたが、今日は最近の車のバッテリー事情について少し書いてみたいと思います。 バッテリー表記と実際の容量 うちのハイエース(200系3型前期というカテゴリーになります)に適合する純正バッテリーは 「85D26R」というサイズになります。 これに対して、今回私が交換したバッテリーはカオスの「125D26R」です。 後半のD26Rの部分はバッテリーの外形や端子の向きを表しますから、単純に電力の大きさを表すのは最初の数字の部分になります。 アイドリングストップ車…

  • 由良川の源流で秋の日を過ごす

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、京都府の北部にある由良川の源流で秋の1日を過ごしてきましたので、その様子をお届けしたいと思います。 由良川は日本の原風景 京都福知山を経て日本海の丹後舞鶴に注ぐ由良川ですが、その源流は京都と滋賀の県境にあります。行政区的には京都市左京区に位置するその場所は芦生(あしう)という名の深い森が広がっていて、京都大学の演習林となっています。大学演習林ということで、知らない人だと中に入っていくことを少しためらうかもしれませんが、一般の人でも立ち入ることができます。 ハイカー用の駐車場があり、そこに車を停め…

  • ハイエース バッテリー交換DIY

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、ハイエースのバッテリーをDIYで交換しましたので、そのことについて書いてみたいと思います。 バッテリー換えるならカオス 以前から、次にバッテリー交換するならPanasonicのカオスにしようと決めてました。 カオスはここ数年、バッテリー部門では売れ行きダントツNo1ですし、レビューを見ていてもカオス以外のバッテリーにする理由が見つかりません。 いわゆるブランドイメージだけの問題ではなく、やはり売れるにはそれなりの理由があるということなんでしょうね。 少し前までは結構高いイメージだったカオスですが…

  • 秋深い信濃路〜白川郷 車中泊の旅 ③

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、秋深い信濃路から白川郷をめぐる車中泊旅、本日が最終日です。 今日は白川郷から白山ホワイトロードで石川県へ出て、小松にある航空プラザという飛行機のテーマパークに寄ってから帰る予定です。 道の駅白川郷で合掌造りに触れる 昨日停泊した道の駅白川郷を改めて少しご紹介しましょう。 この道の駅、建物の屋根が合掌造りになっているのが特徴です。 そして、建物の中に入ると、売店コーナーの奥に資料館があり、合掌造りの内部の様子が実物大で展示されていました。 茅をふく様子が等身大の大工さんたちの人形で再現されていて面白…

  • 秋深い信濃路〜白川郷 車中泊の旅 ②

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、前回に引き続き、信濃路〜白川郷の車中泊旅をお届けします。 諏訪湖で迎える朝 初日を諏訪湖畔で停泊した私たちは、翌朝、車内でゆっくりと朝食を食べたあと、お待ちかねの蒸気機関車D51で遊びました。うちの子たちはここの機関車が本当に大好きです。親が止めなければ彼らはたぶん1日中、機関車のそばにいることでしょう。 D51は今回の旅の目的の一つなので、気長に子どもたちを遊ばせてやることにします。 機関車のあと、奥さんの希望により足漕ぎボートに乗ることにしました。前から一度乗ってみたかったそうです。 観光地に…

  • 秋深い信濃路〜白川郷 車中泊の旅 ①

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、諏訪湖から白川郷、そして白山を抜けて石川に抜けるルートで2泊3日の車中泊の旅に行ってきました。子どもたちのリクエストに応えた結果の苦肉のルート、果たしてどうなりましたやら。 初日は土曜の午後出発 11月は町内会のゴミ当番だということをすっかり忘れていました。 本当なら金曜日の夜発で、3泊4日にする計画だったのですが、うちの町内は土曜日は燃えるゴミの日なので、ゴミ当番はネットを出したり、ゴミ回収のあと片付けをしなくてはいけません。 やれやれ。 ゴミ回収車がくるのはだいたいお昼過ぎです。 丸々午前中…

  • 車中泊ハイエースにリアラダーを取付

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、ハイエースのリアゲートにラダー(はしご)を取り付けましたので、今回はそのことについてご紹介したいと思います。 ルーフテントとセットで威力を発揮 去年の秋に、ハイエースの屋根にルーフテント用のキャリアを自作しました。 sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog.com ルーフテントをDIYした時に余ったアルミフレームではしごも自作して、今まではそれを使ってたんです。 …

  • Mountain Dewと22口径ライフル

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、ふと見かけた自販機に、Mountain Dew(マウンテンデュー)の懐かしい緑色のパッケージを見つけました。Mountain Dewって最近あんまり見ないですね。カフェインが結構含まれているので健康にあまり良くないとか、いろいろ情報が飛び交っているようですが、私にとってMountain Dewは、懐かしく、とても思い出のある缶ジュースなんです。 若い頃に訪れたアメリカで、その当時流行っていたのがMountain Dewでした。 日本にMountain Dewが入ってきたのはそれよりもう少し後のこと…

  • 雑感 旅と手帳と万年筆

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回は旅の道具というテーマで、少し思いついたことを書いてみたいと思います。 昔の旅道具 日本の民族学博物館などには、古い時代の生活や昔の旅道具が展示されていたりしてとても興味深いです。 交通機関も発達していなかった昔は、旅に出るのも大変だったろうと思います。 もちろん車のない時代ですから、旅の持ち物もいろいろと工夫をして、できるだけコンパクトに収まるような旅道具がいろいろと編み出されたようです。そんな、工夫された旅道具の数々を見ていると、単なる道具という概念を越えて、それを手にする愛着や、仕掛けの…

  • 車中泊 おすすめ入浴施設〜長命寺温泉

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、地元滋賀にあるおすすめ入浴施設をご紹介するシリーズで、琵琶湖岸の東側、近江八幡にある長命寺温泉「天葉の湯」をご紹介したいと思います。 長命寺温泉「天葉の湯」 今回ご紹介する「長命寺温泉 天葉の湯」は琵琶湖の東岸、近江八幡に位置します。天葉の湯と書いて「あまはのゆ」と読みます。住所上は近江八幡となっていますが、位置的にはどちらかというと守山に近く、琵琶湖大橋から湖岸沿いを15分ほど走った場所にあります。 名前の一部にもなっている長命寺というお寺が近くにあり、湖岸沿いの道から案内看板に沿って細い道に…

  • 車中泊人数で選ぶハイエースのグレード

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、ハイエースの車種やグレードによる車中泊可能人数について考えてみたいと思います。 案外ややこしいハイエースの車種選び どれも同じ形に見えるハイエース(少なくとも私には最初そう見えていました笑)ですが、車種やグレードによってかなりの数の種類があることを後になって知るようになり、ハイエースは奥が深いなあと改めて感じています。昔、デリカに乗っていた時は、ハイルーフか標準ルーフ、2WDと4WDの違いがあるくらいで、基本的にはどれもおなじ乗用ワゴンでしたが、ハイエースの場合は乗車定員(バンとワゴンの違い)に…

  • 嵐の夜に湖畔でキャンプ〜強風でテントが!?

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、強風吹き荒れる嵐の夜に湖畔でキャンプをしてきた様子をお届けしたいと思います。 週末は小雨の天気予報 コロナ緊急事態宣言でいったん予約が取り消されていたキャンプが、宣言解除で別日に予約がとれ、先週末は琵琶湖畔へキャンプに行ってきました。 土曜日は晴れ〜曇りで、夜から朝方にかけて小雨という予報だったので、まあ大したことはないだろうとたかをくくっていたのでしたが、蓋を開けてみると。。。 今回キャンプしたのは髙島市にある琵琶湖こどもの国というところでした。琵琶湖沿いにあり、たくさんの遊具と広々した緑が広…

  • 車中泊ブログの需要性と広告収入

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、当ブログを含めた車中泊関連のブログの需要性について、最近の動向を踏まえて考えてみたいと思います。 アクセス件数はほぼ横ばい この図は、googleサーチコンソールを使ってブログのアクセス状況を分析するようになった2020年5月からの期間におけるアクセス数の推移です。 2020年の11月中旬にピークがあり、その後、冬の間はアクセスがいったん落ち込み、2021年の春から秋にかけてまた少しずつ増えてはいますが、全体的なアクセス数はほぼ横ばいといってもいいと思います。 一方、こちらはGoogle Dis…

  • 車中泊おすすめ〜滋賀県の道の駅事情

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は私たちの地元、滋賀県の道の駅や車中泊の停泊場所についてご紹介したいと思います。 琵琶湖を取り巻くように道の駅が点在 2021年10月現在、滋賀県内には全部で20ヶ所の道の駅があります。 そのうち琵琶湖沿岸にある道の駅が5か所、琵琶湖からそう遠くない近接した道の駅も含めると20か所ある滋賀の道の駅の約半分が琵琶湖周辺に点在しています。 それだけ、やはり滋賀=琵琶湖を訪れる方が多いということなのでしょう。平日でも割と他府県ナンバーを見かけますし、休日や連休ともなると、各道の駅はかなりの人出となり、当然…

  • 短い秋を車中泊で楽しもう

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は秋シーズンの車中泊情報についてお届けします。 気づけば冬はそこまで つい先週まで、日中30℃を超える日が続いていたと思ったら、今週は一気に気温が下がり、そろそろストーブが欲しくなってきました。 どうせまた暖かくなるんじゃないの? なんて、呑気に構えていてはいけません。季節の移ろいは確実に進んでいきます。 太陽の高度はすこしずつ低く、日照時間は短くなり、やがて地温は下がっていくのです。 そして、秋はあっという間に過ぎ去ってしまいます。 「季節感」という言葉通り、季節というのは人々が身体や頭で感じるも…

  • バンライフおすすめスポット~奥びわスポーツの森

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、日帰りで奥琵琶湖方面へ少し遠出のバンライフに出かけてきました。 とっても気持ちのいい場所でしたので、ぜひ皆さんにもご紹介したいと思います。 子どもの自転車練習に格好の場所 10月というのにまだ日中30℃を越える日差しで、夏と秋の境目が分からない今日この頃です。 自転車を走らせていると汗ばむほどの陽気でした。そう、今回は下の子の自転車練習をかねて、奥びわスポーツの森までバンライフにやってきたのでした。 ストライダーはすでに10秒近く足をあげて走らせることができるようになってきた下の子でしたが、お兄ち…

  • 車中泊電源と災害時の備え

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、車中泊電源と災害時への備えについて考えてみたいと思います。 自動車メーカーが本気で取り組み始めている トヨタや日産など、日本の大手自動車メーカーが相次いで、災害時に自動車からAC電源が取れる仕組みを導入し始めています。 車にACコンセントを備えている車は以前からありましたが、車のバッテリーとACインバーターを組み合わせたシガーソケットの延長のような存在でした。昨今の車載電源は、容量的にはかつてと比べ物にならないくらいの発電機能を備えている車種があります。 先日、仕事の関係でBCP対策(万一の災害…

  • 車中泊おすすめスポット〜琵琶湖地球市民の森

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、私たち家族がよく利用する地元滋賀のおすすめスポットをご紹介したいと思います。 その名は「びわこ地球市民の森公園」 びわこ地球市民の森の生い立ち 鈴鹿山脈に水源を持つ滋賀県最大の河川、野洲川。 かつて野洲川は守山市内で2本の流れ(南流と北流)に分かれてそれぞれ琵琶湖に注いでいましたが、下流域でたびたび洪水があり大災害をもたらしてきました。そこで、南流と北流の間に新たに放水路が作られ、その結果、もとあった南流と北流は廃川となり、その跡地に平地化事業として植樹が行われ、公園が整備され、人々が安らげる場…

  • 車中泊ハイエース リアゲートにLEDライトを設置

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回はハイエースのリアゲートに新たにLED照明を設置しましたのでご紹介したいと思います。 リサイクルショップで見つけたミニライト 先日、リサイクルショップで見つけた丸型のLEDライト。「サザンポート」という名前は、たしかホームセンター「コーナン」のオリジナル商品ブランドです。 300円という値段につられて、つい買ってしまいました。 何となく、リアゲートに取り付けたらちょうど良さそうな感じがしたんです。「クイックアップタープ用ライト」という名前からして、もとは簡易タープのフレームに取りつけるライトとして販…

  • わが家のレモン初収穫

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は最近のわが家の様子を少しご紹介したいと思います。 キンモクセイ香る季節の到来 朝夕涼しくなりましたが、日中はまだ30℃を超えることもあり、服装選びに迷うこの頃です。 近年では太平洋高気圧の勢力が長く続くため、なかなか北から冷たい空気が日本列島に入り込みにくくなっているようですね。 キンモクセイが香るようになりました。 いつもなら、もう少しひんやりした空気の中にあるキンモクセイの香りですが、この陽気のせいで、キンモクセイのオレンジ色の小花が落ちるのが早い気がします。 1年で1度だけ、この時期にしか香…

ブログリーダー」を活用して、Ken&Sho Handmadeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Ken&Sho Handmadeさん
ブログタイトル
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜
フォロー
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用