searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Ken&Sho Handmadeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜
ブログURL
https://sleepysheep-zzz.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ナローボディのハイエースを工夫して、4人家族で楽しく快適なバンライフを送っています。車中泊の他に、日常の暮らしを楽しむ記事、手作りの記事などもUPしています。
更新頻度(1年)

89回 / 95日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2020/02/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Ken&Sho Handmadeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Ken&Sho Handmadeさん
ブログタイトル
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜
更新頻度
89回 / 95日(平均6.6回/週)
読者になる
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

Ken&Sho Handmadeさんの新着記事

1件〜30件

  • 家族で車中泊の心構えと旅のポイント

    緊急事態宣言が解除されたとはいえ、宿泊施設を利用しての旅行は、まだしばらくは自粛が続くと思われます。宿に泊まるということは、衣食住の全てをその施設に託すことになるので、感染への不安がなかなかすぐには消えないのではないかと思います。 そのせいかどうかは分かりませんが、宿泊施設を使わない車中泊への関心がこのところ高まってきているような気がします。 宣言解除後「車中泊」キーワードでの検索数が徐々に増えてきていることからもそのことがうかがえます。 さて今回は、これから車中泊を試してみようと考えている方にとって、その心構えと旅の組み立てのポイントについて考えてみたいと思います。 ひとり旅と家族旅では方向…

  • 女性からみた車中泊〜大切にしたい旅の思い出

    ハイエースのナローボディを色々と工夫したり自作して、4人家族で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 車中泊ブログを開設されている方や、うちの車中泊ブログをご覧くださっている方々は、どちらかというと男性の方が多いようです。 私たち男性にとって車中泊を楽しむということは、単に旅の宿泊手段として車で寝るということを越えた、自由な旅のあり方であり、また車中泊装備の工夫であったり、そのための自作であったり、そしてまた、快適な旅のノウハウとその実践でもある訳です。そこにはまたある種の男の隠れ家的な、少年の心をくすぐる部分も含まれているような気がします。 これはしかし、一歩間違えると男性の独断的な独りよがり…

  • コロナ対応 新行動様式による車中泊のポイント

    関西圏に続いて関東圏と北海道でも緊急事態宣言が解除され、コロナ第一波は何とか乗り越えられそうなメドが見えてきました。他国に比べ日本は、国家的な強制ではなく、あくまで国民の自主自律による行動自粛で感染を防いだという、世界に誇るべき国民性を改めて感じました。 しかし、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだコロナとの闘いは続きます。これからは、国民一人一人が「新たな生活様式」を意識し、日常生活にしっかり定着させていかなければいけないと思います。 このことは、車中泊やバンライフ、ひいては旅のあり方そのものにおいても同じです。 今日は、これから長期戦となるコロナ対応の新しい車中泊のあり方について、ポ…

  • 車中泊 美味しいお店選びのコツ

    ハイエースのナローボディを色々と工夫したり自作して、4人家族で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 皆さんは、旅先でのごはん屋さん選び、どうされていますか?うちはこれといって気にして選んでいるわけではないですが、入るお店はかなりの確率で当たります。 いや、あたるといってもお腹を壊す意味じゃありませんよ。 美味しいお店に出会うということです。ネットで下調べとかせずに、たまたま入ったお店が美味しくて、あとから調べたら口コミの店だったということが結構あります。ただの勘なんですけど、勘は勘なりに、そういうお店に共通するポイントが何かあるんじゃないか?と思い、今回は旅先で美味しいお店を探すコツについて少…

  • 車中泊におすすめ フリーズドライと常温食品

    ハイエースのナローボディを色々と工夫したり自作して、4人家族で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 車中泊やバンライフでは時々カップラーメンを食べることがありますが、あまりこればかり食べると途端に胃の具合が悪くなるので、旅ではなるべく生野菜を摂り入れるように気を付けています。若いころは毎日カップラーメンやインスタント食品を食べても平気でしたが、今は週に1回でも結構胃がもたれます。歳には勝てません。 そこで、最近よく使うようになったのが、常温保存できる麺類やフリーズドライ食品です。 これがなかなか良くて、インスタントと比べると胃への負担がほとんどありません。また、近ごろは災害対策の意識の高まりも…

  • 車中泊費用と節約のポイント

    ハイエースのナローボディを色々と工夫したり自作して、4人家族で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 34都道府県で非常事態宣言が解除されましたが、いまだに車中泊を再開するタイミングを思いあぐねているわが家です。 晴々した気持ちではまだ出かけられそうにないので、せっかく出かけても楽しみが半減しそうな気がしています。 さて、今日は車中泊費用と節約について考えてみたいと思います。 皆さんは車中泊の予算、どれくらいでしょう? みんなそれぞれですので、一概に言えないとは思いますが。 大きく分けて車中泊の費用は、 1.食事代 2.燃料代、高速代(交通費) 3.現地でのレジャー費用 4.お風呂 5.お土産や…

  • ハイエースの維持費

    ハイエースのナローボディを色々と工夫したり自作して、4人家族で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 先日、ハイエースの自動車税を納めてきました。うちのハイエースは貨物車扱いの4ナンバーなので、自動車税は年額16000円です。 以前乗っていたオデッセイは2.4リッターだったので自動車税は45000円でした。 この自動車税の安さが、ハイエースにして良かったなぁと思う瞬間です。一方、ハイエースは1年車検ですので、車検費用が毎年かかります。1年車検だと割高な気がしますが、実際にはさほど変わりません。うちはトヨペットのディーラーに出しているのですが、法定費用含めて8万ほど。もちろん色々と消耗部品やメンテ…

  • 車中泊 マナー問題を考える

    家族4人で、ナローボディのハイエースを色々工夫したり自作したりして、車中泊やバンライフを楽しんでいます。 皆さんは車中泊の停泊場所選び、どうされてますか?定番は道の駅や高速のSA、あとはRVパークなどでしょうか?最近は、車中泊のマナー問題が取り沙汰されて、車中泊禁止の道の駅も出てきています。10年前には考えられなかったことですが、一部のマナーの悪い人たちの行いが、車中泊全体へのイメージダウンに繋がっていることは憂うべき現実です。 これは、サーフィンをする人にとっては実はとても似たような現実がかつてあり、サーフィンと車中泊の共通点を痛感する今日この頃です。つまり、サーファーにとって海は誰のもので…

  • プチSEO対策その2〜検索ワードと順位

    夫婦と子どもの4人家族で、ハイエースナローボディを色々とDIYしたり工夫して、車中泊やバンライフを楽しんでいます。 Googleサーチコンソールというプログラムを導入して試しに自分のサイトを調べてみたら、怪しげな外部リンクが知らない間に貼られていて怖かった、というお話しを先日書きました。 sleepysheep-zzz.hatenablog.com 私はブログ初心者で、ただの車中泊バンライフ愛好家ですが、せっかくブログをするならやっぱりアクセス数が多い方が励みになります。けれど、あくまで自分が発信する車中泊に関する情報が、これを読んでくださる皆さまにとって価値があるかないか、その評価の結果とし…

  • 車中泊 フロント用網戸自作

    ハイエースのナローボディに色々と工夫したり自作しながら、家族4人で車中泊とバンライフを楽しんでします。5月に入ったばかりなのにもう30度をこえる夏日で、おまけに1日中マスクをしないといけないので、蒸れて仕方ないですね。 さて、夏の夜の車中泊といえば、網戸の設置が定番です。一晩中エンジンかけっぱなし、エアコン回しっぱなしというのは、車中泊を楽しむものとしては避けなくてはいけないルールだと思います。またクーラーを車内に持ち込んでサブバッテリー稼働というのも、使用可能時間を考えると非現実的です。やはり、網戸をつけて窓を開けて、あとはせいぜい扇風機やサーキュレーターを回して車内に風を流す、くらいでしょ…

  • 車中泊 寝具選びと積み下ろしの解決

    ナローボディのハイエースで、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊におけるお布団の問題について考えてみたいと思います。 まずうちの車中泊の変遷を振り返ってみると、結婚当初はオデッセイRB1に乗っていて、2人目の子どもが生まれるまでオデッセイで車中泊していました。オデッセイはハイエースほど広くなくいろいろと制約はありましたが、それでも家族3人で楽しく寝泊りできていました。その頃は車中泊に出発する前に、後部シートを格納してフラットにし、コンパネを敷き、マットレスと布団と枕を寝室から運んで車内に敷き、オデッセイの後部に棚を設置して荷物を積んで。。。と出発前の準備に1時間ほどかか…

  • 風薫る庭 5月

    ハイエースのナローボディに色々と工夫やDIYをして、4人家族で車中泊とバンライフを楽しんでいます。さて、今日はわが家の5月の庭第2段をお届けしたいと思います。5月に入り色んな花たちが咲きはじめています。sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog.com 1枚目のバラは「宴(うたげ)」という種類です。家の門扉横に植えてあるうちの1本で、今年で4年目になります。けっこう大輪のバラで、樹形も成長が旺盛なタイプなので、毎年冬に思い切って剪定して樹形を整えています。このスペースにはもう1本、ビブラマリエという白いバラがありますが、こ…

  • ハイエース リアカーテンは普通のカーテンレールでOK

    夫婦と子どもの4人家族で、ナローボディのハイエースをいろいろ自作したり工夫して、車中泊とバンライフを楽しんでいます。 さて、今回はハイエースのリアカーテン設置について書いてみたいと思います。 うちのハイエースは3型ですが、リアカーテンについては3型でも4型でも変わりはないと思います。ただし、あくまでうちのやり方なので、正規の方法がよい方は真似しない方がいいと思います。 純正のカーテンレールキットは高いので、うちは単純に家で使うカーテンレールを使っています。 レールのサイズは130センチから210センチくらいの伸縮式を使うか、長めのレールを買ってカットするかのどちらかでしょう。 うちは伸縮式を使…

  • 怪しげな外部リンクが⁉︎〜プチSEO対策

    夫婦と子どもの4人家族で、ナローボディのハイエースをいろいろ自作したり工夫して、車中泊とバンライフを楽しんでいます。 ありがたいことに、先日ブログの累計アクセス数が10000を超え、ブログ村車中泊ランキングOUTポイントで3位にランクインすることができました。皆さまにたくさんアクセスしていただいたおかげです。本当にありがとうございます。でも、どうせいっときのことだろ〜と、あまりぬか喜びせずにいたら案の定10日ほどでまた5位くらいに下がりましたが(笑)常に上位にランクインしているブログの皆さんと、ブログを始めてまだ4〜5ヶ月の駆け出しの私とでは、ブログの厚みといいますか底力が違います。うちの場合…

  • 車中泊におすすめのコンロ

    3型ハイエースのナローボディを色々と工夫して、家族4人で車中泊とバンライフを楽しんでいます。 今回は、我が家のコンロの変遷を振り返りながら、車中泊におすすめのコンロについて考察してみたいと思います。 まず、冒頭の写真。知る人ぞ知る「キャンピングガス」の携帯ストーブです。もう35年くらい前になりますが、学生時代はこのストーブと、同じくキャンピングガスのランタンをセットで使用していました。 ワンゲル部ではホエーブスが主流でしたが、予熱を含め取り扱いが面倒だったのと、オートバイで野宿しながら放浪していた時代、できるだけ荷物を減らすためにこのストーブを愛用していました。時代は移り、製造元のキャンピング…

  • ハイエース3型 網戸DIY

    夫婦と子どもの4人家族で、ナローボディのハイエースをいろいろ自作したり工夫して、車中泊とバンライフを楽しんでいます。 さて、今回はこれからの夏シーズンに向け、ハイエースのサイドウィンドウに取り付ける網戸の自作についてご紹介します。 そもそもですが、ハイエースのスライドドアの小窓は手動ドア専用のようです。電動スライドドアの場合、万一窓から頭を出したままドアが開閉すると首が挟まってしまう恐れがあるからでしょう。うちのハイエースはもちろん手動です。サイドウィンドウが欲しかったので、あえて手動を選びました。車中泊やバンライフにおいて、夏場はとにかく少しでも開口部を開けて風を通したいので、スライド窓は必…

  • 琵琶湖 湖西のおすすめスポット

    夫婦と子どもの4人家族で、ナローボディのハイエースをいろいろ自作したり工夫して、車中泊とバンライフを楽しんでいます。 ネットで「ハイエース、車中泊」と検索しても、なかなかほしい記事が見つからず、既製品の広告や、ヒットしてもナローボディじゃなくワイドが中心。また、夫婦2人旅はあるけれど、4人家族の車中泊ブログはなかなか無い。 そんなこんなで、自分たちの体験をブログにしてみようと思って始めたのがきっかけです。 さて、コロナでしばらく遠出はできそうにないので、今日は私たちが住んでいる琵琶湖の湖西側にある、地元のおすすめスポットをご紹介したいと思います。まずは家から10分ほどの道の駅「妹子の郷」から。…

  • 車中泊バンライフ 車載冷蔵庫の威力

    カラっといいお天気ですね。 風がさわやかに吹き抜けていきます。1年で一番気持ちいい季節がやってきました。これからの時期は、車載冷蔵庫が威力を発揮します。 コロナで遠出はできなくても、近場でバンライフ。 冷蔵庫があれば、バンライフがさらに豊かなものになります。 冷蔵庫導入のメリット 1.外で思いっきり遊んで汗をかいた時、乾いた喉を冷たい飲み物でうるおすことができます。 2.ごはんを食べたあと、ヨーグルトやゼリーなどの冷たいスイーツを楽しむことができます。 3.車で通勤している方なら、夏場はお弁当が傷みやすいですが、冷蔵庫の中に入れておけば安心です。 4.買い物の際、要冷蔵や要冷凍の食材を家まで安…

  • 庭にロープスライダーを作ってみた

    ゴールデンウィークの作ってみたシリーズ第2弾。 廃材のロープを利用して自宅の庭にロープスライダーを作りました。全長3メートルほどですが、大人も子どもも楽しめるスリルあるアトラクションができました。作り方はそれほど難しくないので、庭に太めの木が2本あるお宅(普通はないか?) は是非お試しください。 買ってきた材料は、16mmのシャックル、同じく16mmのワイヤーグリップ。二つで約1000円でした。あとは家にあった古いボールベアリング、太さ3センチくらいのロープ5m。以上です。ロープは前回の車中泊旅で、越前の浜辺で拾った古いロープの再利用です。 こんなロープ何に使うの?と、奥さんにはいつもあきれら…

  • ウォークインクローゼットを作ってみた

    うちの寝室にあるウォークインクローゼットはドアがついていません。先日、そろそろ衣替えしなきゃなぁとスーツやスラックスなどウール製品を点検していたところ、虫食い発見! 大切なスーツが4着もやられていました。ショックです。完全に油断していました。これは防虫剤を吊さねば。しかし、広さ1坪もあるウォークインクローゼットで、しかもドアがついていないので、防虫剤を吊るしてもあまり効果は期待できません。 そこで、クローゼットをすっぽり覆えるように木で枠を作り、スライドドアで開け閉めできるようにすることにしました。 クローゼットの間口は高さ240センチ、横幅が170センチほどありますので、横幅60センチのスラ…

  • 今年の家庭菜園はいかに?

    昨日は野菜の苗を植えたり、タネをまいたりと、畑仕事に精を出しました。ようやく何年かして土がそれなりにフカフカになってきたので、今年は収穫が期待できる かな?このあたりの土地は粘土質で水はけが悪く、かつ、がれ場というか無機質な土壌のため、土づくりには苦労します。移住してきてから5年たちました。最初の年は土をおこし、大きなふるいを手作りしてひたすら土を振るいわけました。それと同時に、庭の隅にコンポストがわりに枯れ草や落ち葉を集めて堆肥を作り、牛糞や鶏糞、バーク堆肥、燻炭などを混ぜました。このあたりは関東ローム層の黒い細かい土がないため、ホームセンターで黒土を買ってきてそれも混ぜました。ズッキーニ、…

  • 春の庭 5月

    今年のゴールデンウィークはいいお天気に恵まれました。 車中泊の旅を自粛し、徹底的に家で過ごすことに決めたわが家。おかげで上の子は自転車をマスターすることができ、庭にはロープスライダーが完成しました。思えば、こんなにのんびりと家で過ごす機会はほとんどなかったかもしれません。 思わぬコロナの副産物。 コロナも悪いことばかりではありません。 少し寒かった4月が終わり、季節は着実に進んで、庭の様子も少し変わってきました。 作業小屋の壁づたいに伸びるバラが赤い花を咲かせ始めました。毎年、ここのつるバラがまず最初に咲きはじめ、これから他のバラたちもだんだんと開花していきます。アガパンサスもゴージャスな紫色…

  • ハイエース車中泊 壁面収納で快適度アップ

    昨日は近くの公園で上の子の自転車の練習をしました。 1時間ほどで、なんとかコマ無しで乗れるようになり、本人も私も達成感と疲れで、午後はソファで爆睡です。 さて、今回のテーマである壁面収納のお話し。 うちのハイエースは、リビングの壁面にウッドラックを作りつけて壁面収納しています。 これまで、いくつもの収納パターンを試してみました。 天井に吊り棚を設けてみたり、壁から棚を出してみたり。あるいは棚を可動式にしてみたり。 でも結局、リビングに物があること自体に変わりなく、頭をぶつけたり、いちいち物をどけたり、というのが車中泊のストレスでした。そして最終的に、快適な車中泊のためには「リビングにできるだけ…

  • 車中泊の旅 また見たい景色ランキングその②

    前回は、また見たい景色ランキング10位から6位までをお届けしました。今回は5位から1位までをご紹介したいと思います。ブログの中だけでも旅の気分を味わっていただけると幸いです。 6位は信州、車山高原からの景色です。 標高1800メートルほどの高原にあるスキー場で、夏場もリフトを動かしてくれていて、気軽に山頂付近まで足を運ぶことができます。 以前はビーナスラインが有料だったのですが、今は全線無料になっていて、美ヶ原高原美術館まで無料でアクセスできるようになりました。この車山高原からの景色、本当は360度のパノラマなのですが、写真に写っているのは南方向にある蓼科から八ヶ岳連峰と、その向こうに遠く富士…

  • 車中泊の旅 また見たい景色ランキング

    皆さんゴールデンウィークどうお過ごしでしょうか? うちは自粛要請に従い、県境をまたぐ移動はせずに家や近場で過ごしています。今日は、午前中は先日切った庭の木の枝と葉っぱを片づけ、畑を耕し、午後から畑に植える苗やタネを買いに行きました。 払い落とした枝と葉っぱは45L袋9袋になりました。 お昼ごはんはウッドテラスで流し素麺です。乾電池式の流し素麺マシンですが、子どもたちはこれを使うといつもの2倍は食べます。 流れる素麺を自ら追いかけてゲットするというところに狩猟の本能がかきたてられるのでしょうか?ごはんのあと、子どもたちはしばし木登りに夢中です。 さて、しばらく車中泊に行けないので、これまで訪れた…

  • 車中泊 そろそろ暑さ対策

    つい先日まで、朝晩は10度を下回るほどだったのに、一気に汗ばむ陽気になりました。いつもは窓を閉め切っているJR列車が、窓を開け放って琵琶湖沿いを快走していきます。コロナ対策なのでしょう。 昨夜、ハイエースのリアゲートを開けて車内で作業をしていると、耳元で誰か囁く声がするではありませんか。そうです、早くも蚊が車内に入りこんできました。それにしてもちょっと早くないですか?せめて5月くらいは、気持ちよく窓全開でバンライフを楽しみたかったですが、もう出てきてしまったものはしょうがありません。 これから9月いっぱいくらいまで蚊との闘いが始まります。 去年の冬は暖冬だったせいもあり、冬場の車中泊でもほとん…

  • 手作りキッズチェア&バギー

    1つ目の子どもいすを作ったのが2016年のことです。子どもがハイハイをし出して、そろそろ椅子がいるなぁ、ということで作ったやつです。 座面までの高さは16センチです。 材料は家のリノベーションの時に出たツーバイエイトの古材と、飛騨高山の家具工房で買ったタモの丸棒のアウトレット材。なので、原価的には200円くらいでしょうか。 丸棒がはまる穴を同じ角度で開けないといけないところが、いすを作る時のポイントというか、そこさえクリアすればあとはそれほど難しい作業はないです。 いすの脚を同じ角度にすることを四方転びといって、大工さんや家具職人さんは四方転びのための治具を工夫されたり、いろいろ独自のノウハウ…

  • 車中泊おすすめスポット 静岡〜伊豆編その③

    車中泊おすすめスポット~静岡・伊豆編その①で浜松編、その②で静岡と精進湖をご紹介してきました。その③ではいよいよ伊豆半島に入っていきたいと思います。 今回は、関西から2〜3泊でコンパクトに巡る伊豆の旅をご紹介します。浜松編はこちら sleepysheep-zzz.hatenablog.com 静岡〜精進湖編はこちら sleepysheep-zzz.hatenablog.comあらためて、静岡は魅力たっぷりのエリアだなと感じます。 コロナが収束したら、またいっぱい静岡に車中泊の旅に出かけたいと思います。 まず、伊豆半島への入り口として有名なのが修善寺です。昔は沼津から修善寺までけっこう時間がかか…

  • 車中泊おすすめスポット~静岡・伊豆編その③

    車中泊おすすめスポット~静岡・伊豆編その①で浜松編、その②で静岡と精進湖をご紹介してきました。その③ではいよいよ伊豆半島に入っていきたいと思います。 今回は、関西から2〜3泊でコンパクトに巡る伊豆の旅をご紹介します。浜松編はこちら sleepysheep-zzz.hatenablog.com 静岡〜精進湖編はこちら sleepysheep-zzz.hatenablog.comあらためて、静岡は魅力たっぷりのエリアだなと感じます。 コロナが収束したら、またいっぱい静岡に車中泊の旅に出かけたいと思います。 まず、伊豆半島への入り口として有名なのが修善寺です。昔は沼津から修善寺までけっこう時間がかか…

  • 車中泊 収納一体型コンロ 自作

    車中泊やバンライフを快適に過ごすためのポイントについて、先日お話ししました。sleepysheep-zzz.hatenablog.com 快適化のポイントは、どれだけ家での生活に近づけることができるか?ということだと思います。水道をひねればすぐに水が出る。 電気をつければパッと明るくなる。 ガスをひねればすぐにお湯が沸かせる。 そうです。 簡易ギャレーと車内照明はすでにありますので、残るはコンロです。sleepysheep-zzz.hatenablog.com sleepysheep-zzz.hatenablog.com というわけで、今回は収納ケース一体型のコンパクトなガスコンロをDIYしま…

カテゴリー一覧
商用