searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Ken&Sho Handmadeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜
ブログURL
https://sleepysheep-zzz.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ナローボディのハイエースを工夫して、4人家族で楽しく快適なバンライフを送っています。車中泊の他に、日常の暮らしを楽しむ記事、手作りの記事などもUPしています。
更新頻度(1年)

153回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2020/02/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Ken&Sho Handmadeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Ken&Sho Handmadeさん
ブログタイトル
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜
更新頻度
153回 / 365日(平均2.9回/週)
フォロー
ハイエース4人家族で車中泊〜ナローボディでも快適なバンライフを〜

Ken&Sho Handmadeさんの新着記事

1件〜30件

  • 車中泊のご飯

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は車中泊のご飯のお話しです。 車内ご飯の頻度 皆さんは車中泊中のご飯はどうされているでしょうか? 大きく分けると「自炊」「外食」「テイクアウト」のいずれかでしょうか?全て外食する、という方もおられるかもしれません。それはそれで一つの選択肢です。 コロナ禍で、外食に対しての懸念が取り上げられていますが、家族以外の他人と距離をとり、食事中のお喋りをせず、食事の前後はマスク着用、そして手指消毒を徹底すれば、外食も決して恐れる必要は無いと思います。 うちの場合、朝ごはんはほぼ車内ご飯ですが、昼と夜は状況によ…

  • ロビンソンクルーソーとストローバスケット

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は車中泊ネタではなくリメイクに関する記事です。 古いストローバスケット 長年気に入って使っていた藁編みのバスケットがほつれてきてしまいました。 元が天然素材ですから、時間とともに土に還っていくのは仕方がないことですが、このまま捨てるのはもったいないです。 洗濯物を入れるのに使っていたカゴなんですね。 ほつれた部分を取り除くと、それ以外は損傷もなくまだまだ使えそうです。 使えるものは治して使う。というのが私の基本理念となっています。 誰かに教えられた訳ではないのですが、ずっとそうやって補修、修理、修繕…

  • 車中泊ハイエースの車内を公開 その2

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、前回に続いてハイエースの車内の様子をご紹介したいと思います。 リビングの様子 これは通常モードの時のリビングの様子です。ベッド床の上に、ニトリの5センチ厚の折りたたみマットレスを改造して常時敷いたままにして、その上に発泡ゴムの養生マットをカーペット代わりに敷いています。養生マットを敷いておくと、万一子どもがジュースなどをこぼしても床下に被害が出ずに済むんです。ファミリー車中泊では食べこぼしや飲みこぼし、オシッコがもれたりとアクシデントがつきものなので、いろいろ工夫した結果これが一番安全なことがわか…

  • 車中泊ハイエースの車内を公開 その1

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回はうちのハイエースの車内の様子を少しご紹介したいと思います。 まず前半は総論的なことからご紹介していきましょう。以前に紹介したあとに少しレイアウトを変えたところもあるかもしれませんが、その時々で使い勝手によってアレンジしたりしますので、その点はご了承ください。 収納スペースを増やして旅の道具は常備 うちはナローボディの荷室にベッドキットを自作して、床下収納や、その他いろいろな場所に収納スペースをこしらえて、よく使う荷物はなるべく積んだままにしてあります。その方が、気が向いたら着替えと食料だけ積…

  • はっさくピールでオランジェット作り

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今年もはっさくの皮を使った砂糖漬けを作りました。今回は高級洋菓子の一つ、オランジェット作りにチャレンジです。 八朔と宇和ゴールドの皮を材料に オランジェットというお菓子をご存知でしょうか? オレンジの皮を使ったオレンジピールの砂糖漬けにチョコレートをコーティングしたお菓子です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript|…

  • 古い脚立をリメイクして車中泊に活用

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、家にあった古いミニ脚立を車中泊用にリメイクしてみましたので、そのことについて書いてみたいと思います。 高さ60センチ錆だらけの古い脚立 嫁が実家から持ってきていた古い脚立は錆だらけで動きも固く、高さ60センチしかないので外作業で使うには背が足りず、かといって家の中で使うには錆だらけと、中途半端な存在であまり使われることなく家の隅っこに放置されていました。 去年の秋、ハイエースの屋根にルーフテントのためのスペースをDIYしたのですが、屋根に上がるための梯子は屋根の上にベルトで固定してあり、その梯子…

  • 車中泊収納術で快適度アップ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は車中泊の収納術アップのポイントについて考えてみたいと思います。車中泊の悩みの一つに、どうしても車内に荷物が溢れてしまうという問題があります。 うちのように家族4人での車中泊となると、いくら居住空間の広いハイエースであっても、収納に関してはよほど工夫しないかぎり、荷物の山にうずもれて、下手すると車中泊難民に陥るおそれがあります。これは一般車での車中泊ならなおさらでしょう。以前オデッセイで車中泊をしていた時がまさにそうでした。 収納を考える前に行動パターンをまず考える 車中泊の居住性をアップして快適化…

  • 使わなくなったACアダプターの活用

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回は家にあるACアダプターの活用方法について考えてみたいと思います。 身近なACアダプター 家の中をちょっと見渡してみると、結構たくさんのACアダプターがあることに気づきます。 ACアダプターというのは、あえて説明するまでもないと思いますが、電化製品を使うときにコンセントに挿すコードの先が小さな箱型になっているやつのことですね。 そもそも電化製品のコンセントは、ただのコードだけのやつがあったり、箱型のアダプターがあったりと色々ですが、これはその電化製品の回路が交流なのか直流なのかによって異なりま…

  • 車中泊 寝袋?or布団?

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今日は車中泊における寝具について考えてみたいと思います。 ずばり、寝袋がいいのか布団がいいのか? 寝具に求める機能性 まずは車中泊のことを少し脇に置いて、寝具に求める機能について考えてみたいと思います。一般的な寝具の条件としてまず、寝心地が良いこと。適度に暖かいこと。 それから、もう一つ大事なポイントは「使い慣れていること」こればかりは普段の生活習慣に直結していますので、他人が基準を決めるわけにはいきません。よく、使い慣れたマクラがないと眠れないといいますが、マクラだけでなく布団も同じで、布団環境…

  • 小型ポータブル電源で広がる車中泊の可能性~Anypro OD500Nレビューその2

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、前回にひきつづき、軽量小型のポータブル電源、Anypro社のOD500Nについてご紹介していきます。 現在amazonで33600円ですが、2000円引きのクーポンがついているので、実質31600円で購入できます。 500Wクラスのポータブル電源が実質3万円ちょっとで買えるとは、かなりお買い得だと思いませんか? これ1台あると、様々なシーンで活躍してくれると思います。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||fu…

  • 小型ポータブル電源で広がる車中泊の可能性~Anypro OD500Nレビューその1

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回は車中泊やバンライフの可能性を広げてくれる小型ポータブル電源の活用法について考えてみたいと思います。 驚くほどの小型軽量化 リチウムイオンバッテリーの小型軽量化が近ごろますます進んできています。少し前まで重量10kg以上、価格も数万円以上していたリチウムイオンバッテリーが、今では5kgを切る軽さで、しかも容量もハイスペックになり、使いやすさと手軽さが両立されたコンパクトなポータブル電源が登場して、価格的にも求めやすくなってきています。 車中泊に電源があるといろいろ便利だろうけれど、サブバッテリ…

  • 刈谷ハイウェイオアシス車中泊体験ブログその2

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 前回は刈谷ハイウェイオアシスの施設をご紹介しましたので、今回は「刈谷ハイウェイオアシスに泊まる」というテーマで1泊2日を過ごしてみた実際の様子をお届けしたいと思います。 刈谷ハイウェイオアシスでの車中泊 土日の昼間のハイウェイオアシス駐車場は常に満車に近い状態でした。お昼時のタイミングだとメイン駐車場には停められず、第二駐車場に回されてしまう可能性が高いと思います。私たちは幸いお昼前に到着したので何とかメインエリアに停めることができましたが、第二駐車場からだと遊園地ゾーンまで結構歩かなければいけないので…

  • 車中泊で刈谷ハイウェイオアシスを遊び倒す

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回は新東名高速のサービスエリア、愛知県にある刈谷ハイウェイオアシスでの車中泊についてお届けしたいと思います。 広大な敷地の大型複合施設 刈谷ハイウェイオアシスは新東名高速のサービスエリアの一つです。とても広大なこの複合施設は高速道路のサービスエリアというだけでなく一般道からもアクセスできるようになっていて、それがこの施設の大きな特徴になっています。 つまり、私たちのように高速を使って旅の途中訪れる人に加えて、地元の人々が気軽に遊びに訪れることができる人気のレジャースポットでもあるわけです。一般道…

  • スマホからブログに地図を埋め込む方法

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日はブログに地図の埋め込みをスマートフォンから貼り付ける方法について書いてみます。 案外厄介なスマホからの地図埋め込み 私はブログのほとんどをiPhoneで書いています。 大半はスマホのはてなブログ用のアプリから書きますが、時々、必要に応じてsafariからデスクトップ画面でブログを開いて作業する場合があり、その2通りを使い分けています。ヘッダーやフッターの編集とか、文中の見出しタイトルを設定する作業、過去記事の貼り付けなど、PC版でないとできない作業があるので、そういう時だけスマホからデスクトップ画…

  • カシオネームランドの電源ボタン修理

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日はちょっと車中泊ネタから離れますが、家でも簡単にできる家電製品の修理に関するDIYの記事です。 電源ボタンが押せなくなったテプラ―のジャンク品 電源が入らなくなってしまったということで廃棄処分が決まったカシオネームランドのジャンク品を譲り受けました。電源ボタンが押せなくなった以外は正常に動作していたということなので、これはもしかしたら治せるかもしれないと思い、少しいじってみることにします。 ネームランドはAC-DCのアダプター以外に単三乾電池8本でも動くようになっていますので、まずは試しに単三乾電池…

  • 自然の中で車中泊&バンライフを楽しむ秘訣

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊やバンライフを家族で楽しむ秘訣について少し考えてみたいと思います。 家族の一人一人がそれぞれくるま旅を楽しめることが、車中泊を続けていく上でとても大切なことです。 コロナ禍でにぎわう場所を旅することがはばかられますが、自然の中で家族で過ごす時間は、また違った魅力があります。 ストーリーテラーになろう 子どもも大人も物語りが大好きです。 特にワクワクするような冒険の物語りは、自分自身がその主人公になったような気持ちになり、どんどん物語りの中に入り込んでいきます。 人はそうやってイマジネーション…

  • 雨のバンライフ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 3月〜4月3週連続の週末雨 ここのところ毎週末のように雨。子どもたちは車中泊に行きたくてしようがない様子です。 子どもたちのリクエストに応え、せめて多少でも車中泊気分を味わうため、ハイエースで日帰りのお出かけバンライフに行ってきました。 お昼ご飯とおやつ、それに飲み物などを積んで出発します。 ポットにお湯を沸かして持っていくのも忘れずに。 ご飯は現地についてから羽釜で炊くことにします。 行き先のあては特にないのですが、何となく今回は守山方面を目指し、途中、地元生産者の直売マーケットに寄って、野菜の苗をい…

  • ソーラーパネルの並列と直列

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。今回は車載ソーラーパネルにおける直列と並列について考えてみたいと思います。 直列と並列の違い うちはハイエースの屋根に100Wのソーラーパネルを2枚載せています。ケーブルの接続は直列にしています。 ソーラーパネルを複数枚設置する場合、パネルのつなぎ方は直列がいいのか並列がいいのか?という質問をたまにお聞きします。車載ソーラーパネルは一般の家庭に設置する場合とは少し状況が異なりますので、あくまで車載用として考える方がいいように思います。 車載ソーラーパネルにおける直列と並列のメリット、デメリットを考える前に…

  • これから車中泊&バンライフをする方に

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。コロナ騒ぎで丸1年経ちましたが、この1年のドタバタはもしかするとプロローグ(序章)にすぎないのかもしれません。 今後、変異種が主流となって猛威を振るい、ワクチンも免疫も効かない、むしろこれからが本番なのかもしれません。さて、そうなると私たちの大好きな「旅」も今後長期にわたり自粛が求められることになるでしょう。 そんな中で、「車中泊」に再び注目が集まっているようです。 コロナ禍における車中泊&バンライフ 宿泊施設を利用しない、人との接触を避けられる、公共交通機関で長時間密室にいなくて済む、外食せず車内でご飯…

  • ハイエースドライブレコーダー取付

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 少し前に義父から古いドライブレコーダーを譲り受けたまま、忙しくてなかなか取り付けできずにいたのですが、先週末ようやく取り付けに至りました。今日はそのことについて書いてみます。 ちょっと古いけどコンパクトなドラレコ 後期高齢者となり、車に乗らなくなった義父が、良かったら使わないか?と譲ってくれたのは「KEIYO mini DR AN-R011」というドライブレコーダーでした。 手のひらに乗るほどコンパクトで、四角いアルミボディがなかなかオシャレです。 とてもコンパクトな本体ですが、カメラは200万画素あっ…

  • ブログ記事とアクセス数の因果関係

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は久しぶりにブログ関連の記事になります。 ブログアクセスの推移 先週末でブログの累計アクセス数が20万件になりました。 ひとえに記事を読んでくださった皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。 引き続き精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ブログを書き始めたのが去年の冬からなので、冬から始まり春夏秋冬を一巡りしました。日々のアクセスの変化をみると、車中泊ブログにとって冬はアクセス数があまり伸びない季節のように思えます。 10月〜11月秋の観光シーズンを境にガクンとアクセスが…

  • 羽釜vsメスティン 車中泊ごはん炊き比べ

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、今回は車中泊における白ごはんについて、最近新しく手に入れた「ダイソーメスティン」と、わが家の定番「羽釜炊きミニかまど」、一体どちらが美味しくご飯が炊けるか?ということで比較検討してみたいと思います。 どちらも自動炊飯で車中泊にはおすすめ まずは、それぞれの炊飯道具について少しおさらいしておきましょう。 ダイソーメスティンは、その名の通りダイソーが500円で販売しているメスティンです。 メスティンというのは英語のmesstin「兵士の缶」つまり元々は兵士が戦場で使う缶の食器を意味していて、これを火に…

  • Windows10が謎のブルースクリーン⁈

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今日は車中泊ネタではなくてWindows10に関するプチ情報です。 パソコンが突如真っ青に。。。 最近、職場のパソコンを使っていたら、突然画面が真っ青になり、勝手に再起動が始まってしまいました。 こちらで何か操作をする間もなく、突然の出来事でした。そして、再起動のあと再びパソコンを使い始めるとまたもや同じ現象。。。この繰り返しです。どうやら何かデータを印刷しようとするとこの現象が起こるようです。 うーん、これでは仕事になりません。 幸い、印刷をしなければネットとかは使えるようなので、同様の症状がないか検…

  • 車中泊における三方よし

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 本日は、車中泊における三方よしについて考えてみたいと思います。 近江商人の三方よし 「三方よし(さんぽうよし)」というのは、近江商人の間で昔から言われている商いに関する教えのことばで、簡単に言うと 「売り手よし、買い手よし、世間よし」という3つを指します。 商売においては何より信頼関係が大切で、売り手と買い手がともに満足し、またそのことが社会貢献につながっていくということが商売が長続きするコツだという教えです。ちなみに近江商人の十訓というのがあり①商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬な…

  • ハイエース車中泊 前〜後席フラット化の改良

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 以前製作したハイエースの助手席〜後席のフラット化を大幅に改良しましたので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。 車中泊における使い勝手の向上 こちらが以前ご紹介した記事です。sleepysheep-zzz.hatenablog.comハイエースの前席〜後席シートをフラット化することによって、ハイエースの前側スペースに1人(幼児までなら1.5人)就寝できるようになります。うちのように家族4人で車中泊するにはとても重宝する方法なんですが、実際使っていくうちに、色々と改善すべき点が見えてきました。1…

  • ハイエース キャリア風防DIY

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回はキャリア前部の風切り(風防)のDIYについてのお話です。 高速走行の風圧でソーラーパネル接続部が 先月行ってきた浜松車中泊の際、往復の高速道路を走っている最中に、屋根の上で何やらカタカタと音がするのに気付きました。サービスエリアで確かめてみると、ソーラーパネルのケーブル接続部を収めてあるプラスチックの箱(100均の粘土ケース)が、高速時の風圧でカタカタ踊っていたようです。 プラスチックケースは屋根とソーラーパネルの間、5センチほどの空間に挟まれる格好になっていて、隙間は1センチほどしかないので外れ…

  • ハイエースオイルフィルター交換でエンジンカバーを外す

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 3月に入りうちのハイエースはそろそろオイル交換の時期になりました。今回はオイル交換に合わせてオイルフィルターも交換します。 久しぶりにエンジンカバーを外す オイルフィルターを交換する場合、ディーラーに持って行く前にエンジンカバーを外しておく必要があります。 ハイエースのオイルフィルターは助手席のシート後ろ側にあるんですね。 通常のオイル交換だけなら助手席シートを持ち上げるだけでアクセスできるのですが、オイルフィルターも交換する場合は助手席後ろ側からアクセスする必要があり、エンジンカバーがついていると作業…

  • ★車中泊おすすめポータブル電源〜suaokiG500とjackery1000 徹底比較

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は車中泊におすすめのポータブル電源2機種について、私なりに大切なポイントを整理しながら比較検討してみたいと思います。これからポータブル電源をお考えの方は是非参考にしていただければと思います。 まずは基本性能の比較 ポータブル電源を選ぶにあたっては、各社からいろんな製品が出ていて何を基準に選べばよいかよくわからないところもあると思います。単に容量の大きさだけでなく変換効率の良さや充電時間の短さなどカタログからでは分からないポイントもあります。また、サイズのコンパクトさやバッテリー形状についても、デザイ…

  • 車中泊と味噌と醤油

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 さて、車中泊で各地を旅する中での楽しみの一つに、地方で売られている様々なお土産を買って帰ることがあります。その中でも最近うちがハマっているのが、各地のお味噌やお醤油を楽しむことです。 今日は味噌と醤油の魅力について書いてみたいと思います。 日本の歴史とほぼ同じ歴史をもつ味噌、醤油 大豆と塩と麹を原料にした発酵食品である味噌と醤油。使う材料と作り方に違いがありますが、どちらも大豆や麹を使うという意味では味噌と醤油は兄弟みたいなものですね。その歴史は紀元前まで遡り、古代、大陸から人々が渡ってきた時に一緒に持…

  • 車中泊おすすめスポット〜飛騨高山編

    ナローボディのハイエースをいろいろ工夫して、家族4人で車中泊やバンライフを楽しんでいます。 今回は、飛騨高山の車中泊おすすめスポットをご紹介したいと思います。 感性を呼び覚ます町 飛騨高山 飛騨高山という場所は行政的な区割りでいうと岐阜県に属しますが、地理的な感覚としては岐阜の中心部からはかなり距離があり、あまり愛知や岐阜つまり中京圏という感じはしません。 どちらかと言うと直接距離ではむしろ富山、金沢、松本の方が近く、アルプスの山々のお膝元に位置する、ヨーロッパでいえばスイス地方のような、情緒ある町というイメージがあります。 学生の頃、バイクで信州をツーリングする時にはよく飛騨高山に前泊しまし…

カテゴリー一覧
商用