searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

sakiloさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
きょう、花が咲いた。もしかすると、昨日かもしれないが僕にはわからない。
ブログURL
https://hanai6hanai6.exblog.jp/
ブログ紹介文
何もしていないように見える花屋の弟の日常。
更新頻度(1年)

56回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/02/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、sakiloさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sakiloさん
ブログタイトル
きょう、花が咲いた。もしかすると、昨日かもしれないが僕にはわからない。
更新頻度
56回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
きょう、花が咲いた。もしかすると、昨日かもしれないが僕にはわからない。

sakiloさんの新着記事

1件〜30件

  • 夕暮れ、スーパーマーケットにて。

    ある日の夕暮れ、スーパーマーケットにて。僕はいつものようにトマト〜きゅうり〜納豆までの最短ルートをまるで太陽運行のように規則正しく回っては買い物かごの中へ...

  • 文体練習ー遡行ー

    「札束で払えますか?」と2人の女のうち、背の低い方の女が言った。それは僕が花を束ねた後のことだったが、それよりも前に彼女は自分が裕福であることを示唆するよ...

  • 永遠の扱い方④

    「インセプション」では、現実世界の10時間が、夢の第一階層では1週間となり、第二階層では6ヶ月、第三階層では10年近くなる。無意識領域に足を踏み入れるにつ...

  • 永遠の扱い方③

    身近に「永遠」と似たような状況を作り出す装置が出来るとしたら、(身近にと言っても、マグカップみたいなことを言ってるわけではなく、あくまでフィジカル的に、体...

  • 永遠の扱い方②

    前回の続きです、松たか子さんの「明日、春が来たら」の話から、アダムとイブの話になって、追放される可能性のある楽園を果たして楽園と呼んでもいいの?っていう流...

  • 永遠の扱い方

    花色からの帰り道、姉とテキトーな会話をしていたら、松たか子さんの「明日、春が来たら」って良い曲だよねって、話になった。その中でも「永遠の前の日」って歌詞が...

  • 蛙空な文章。

    ここ二、三日、みんなに言おうか言わないか迷ってたことがあって、今はその時機じゃないかもしれないし、それを言ってどうなるってことでもない。でも言うよ、頭を鳥...

  • 『微笑む馬子』について③

    前回の続きです。ちょっと長いけど、分けるの面倒だから、時間がある時に読んでください。まあそんな感じの子供時代で、『ヨルシカ』さんの歌詞を借りると「化け物み...

  • 『微笑む馬子』について②

    前回の続きですね、小学生の頃に校外学習で明日香村へ行って、短歌を作ったハナシ。僕は亀石について詠んだのだけど、亀石ってのは、文字通り亀の形をした高さ2メー...

  • 『微笑む馬子』について①

    前回の続き「ヨルシカ」さんを聴いていると、思い出すこと。小学2,3年生の時に、校外学習で明日香村へ行って、その時に見たことや、感じたことを後日プレゼンテー...

  • キノコと平家物語と愛媛のヤンキーの話②

    前回の続きね、車の合宿免許で出会った愛媛のヤンキー3人組の話。愛媛のヤンキーたちは、免許を取る前から実地で車の運転をしちゃってるから、車の操作に関しては初...

  • キノコと平家物語と愛媛のヤンキーの話。

    最近ね、ブログが長すぎて読む気がなくなるって、母親に言われて、悲しいたけ。反対に父親が熱心に読んでくれるようになって、嬉しいたけ。祇園精舎のエノキダケ諸行...

  • 『ヨルシカ』について。

    なんだか最近、音楽についてかくことが多いんだけど、引き続き音楽の話。ここのところ暇さえあれば聴くのが『ヨルシカ』さん。コンポーザーのn-bunaとボーカル...

  • 最高の贈り物③

    前回の続きですね、最高の贈り物は父から貰った「才起人」という名前である、というハナシ。正直貰った瞬間の喜びなんて覚えちゃいないし、正直産まれてすらいない。...

  • 最高の贈り物②

    前回の続きです、「最高の贈り物」は父からもらった名前であると言うハナシ。僕の名前は「才起人」と書いて、「さきと」と読む。才を起こす人。父はF-1が好きで、...

  • 最高の贈り物。

    ラジオのトークテーマで「今までにもらった1番嬉しかった贈り物」っていうのをやっていた。実用的なモノを挙げる人から、花束や手紙、形見のようなものを挙げる人ま...

  • 必殺仕事人2021

    千里丘の道を歩いていたらですね、白髪の似合う上品なおばちゃまに、突然声をかけられまして、道案内を頼まれて、まあ時間にも余裕があったし、場所がすぐそこだった...

  • 花に触れり②

    前回の続き、はじめて花に触れた時のハナシ。おそらく安部公房さんがそこで言っていたのは、美というものが破壊された時の「元に戻らなさ」のことを言っていたんだと...

  • ③エド・シーランが例えばこんなことを歌っていたならーどうせ沼なら、首元までー

    前回の続きですね、エド・シーランの「sing」を妄想翻訳。いちおう解説しときたいと思います。父親がアイルランド系のハーフで、自身もクォーターであるエドの家...

  • 花に触れり。

    最近は初めて花と触れ合った時の気持ちのことをよく思い出す。僕は20歳で花屋を始めるまでは、花に思いを馳せたりとか、季節の訪れをそこに感じることもなかったの...

  • 万引き兄弟。

    ネメシア「アロマンス」バニラシトロンこの子は香りがとても豊かです、武くらい豊か。ジョッキーー!!(なんか千鳥のノブさんが使いそうな文脈だな)でもね、本当に...

  • ②エド・シーランが例えばこんなことを歌っていたならーどうせ沼なら、首元までー

    前回の続き、「エド・シーランが例えばこんなことを歌っていたなら」ってやつですね。あくまで妄想翻訳なので、原文には全く忠実ではありません、あしからず。それで...

  • 要するに、僕はもののけ姫と出会いたい。

    千里丘独身三銃士っていうのがあって、いい歳して結婚できていない千里丘の自営業者3人を、僕ら姉弟が勝手に指定して、勝手にそう呼んでいるのね。そのメンバーのう...

  • マカロニえんぴつさんの話。

    ここんところ、洋楽の話が多かったような気がしたから今日は邦楽の話。ぼくはマカロニえんぴつさんが最近好きですね。一昨年の今頃だったかな、ノラ・ジョーンズさん...

  • エド・シーランが例えばこんなことを歌っていたならーどうせ沼なら、首元までー

    最近エド・シーランの『×』ってアルバムをよく聴いてて、わざわざこれを聴くために散歩に出ることもあるくらい。スガシカオさんのちょっとした混沌みたいなのを聴く...

  • ねこときゅうりと芥川龍之介の話。 

    ねこって、人間の食べ物にひどく執着することがあるんだけど、最近のにゃんちは、きゅうりに並々ならぬ意欲を湧かせる。僕がお弁当を作ってると、「あ"お""〜あ"...

  • トイレットペーパーが憎たらしい。 

    世の中に、憎たらしいものって星の数ほどあれど、回りを逆さまに取り付けてしまったトイレットペーパーくらい憎たらしいものって、そうない。ちょっと人を小馬鹿にし...

  • 風に吹かれて、レシートはどこへ向かうのか。

    アリッサム「シェリ」シェリ     シェリ    シェリシェリ     シェリ   ...

  • 隣人を愛せよ、という教えは眉唾もの②

    前回の続きです。アパートの隣人が不要なチラシを僕のポストにぶち込んでくる人で、3年目に僕が怒ったっていう話。まぁとにかく三年越しにポンッとなって、短い手紙...

  • 美しきものは、とこしえに喜びであるって話。

    この前ね、誕生日のお祝いで、息子夫婦からお母さんに贈るっていう花束を配達したんだけど、玄関先で、そのお母さんが花束を見た瞬間に、言葉をなくして感動しはって...

カテゴリー一覧
商用