searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

necodokusyoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
読書感想ブログ
ブログURL
http://necodokusyo.livedoor.blog
ブログ紹介文
小説、漫画、映画、ドラマの感想文です。 二匹の猫と暮らしていますので、猫の話も少々あります。
更新頻度(1年)

190回 / 296日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2019/12/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、necodokusyoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
necodokusyoさん
ブログタイトル
読書感想ブログ
更新頻度
190回 / 296日(平均4.5回/週)
読者になる
読書感想ブログ

necodokusyoさんの新着記事

1件〜30件

  • レベル7

    レベル7(セブン) (新潮文庫)みゆき, 宮部新潮社1993-09-29読む前はタイトルのイメージから何となくSF小説なのかなと思っていました。実際はサスペンス小説です。それもかなり面白いサスペンス小説でした。この小説が発表された当時、かなりヒットして売れていた記憶があり

  • 一緒に眠る子猫と老猫

    ようやくツブとテラが一緒に眠れるようになりました。これから寒くなる時期を控えてテラが寒さに耐えられるかという懸念があったのですが、ツブが暖めてくれるとなると心強いです。最近では老体にむち打ってテラの遊び相手をしていることが多くなりました。追いかけっこでは

  • とり残されて

    とり残されて (文春文庫)宮部 みゆき文藝春秋1995-12-08 にほんブログ村読書感想ランキング

  • 病院でつくば 10月

    雨の中つくばまで片道2時間弱の道のりです。台風のタイミングがずれてくれたので助かりました。先月はつくばに行ったとき恒例の献血をしなかったので、往復4時間をかけて約10分間の診察のためだけのつくばでした。今回は献血してきます。つくばまで行く意味が少しは増加した

  • 蒲生邸事件

    蒲生邸事件 (文春文庫)みs宮部 みゆき文藝春秋2000-10-06SFミステリー?ミステリーSF?でした。時間を移動できる能力者に巻き込まれた受験生が主人公です。主人公は私と同年代と言ってよく、また親の学歴が中卒で学歴にコンプレックスがあることなども同じで親近感が持てま

  • 食事する子猫と寝ているツブ

    いつもはツブにもテラにも同時に食事を与えているのですが、ツブが寝ている時にテラが食事を所望してきたので与えました。1回の食事量は20gです。テラは食が細く一度に余り多くを食べません。テラの体重の増加は緩やかながら一定のレベルで推移しています。3か月齢の子猫の体

  • PC作業を邪魔する子猫

    私がパソコンを使っているとテラが邪魔をしてきます。ネコを飼っている人のあるあるだと思います。マウスを使えばマウスの上に、キーボードを使えばキーボードの上に乗ってきます。除けても除けても乗ってきます。全力で邪魔をしてきます。そのひつこさに感服するくらいです

  • 初めてのツーショット

    テラがツブに毛布の上で寄り添っていました。最近気温が低くなって暖かさが恋しいのでしょうか。ツブとテラの仲はまだまだフレンドリーといえるレベルではなく、テラが一方的な好意を寄せている状態です。この写真を撮影した後も、ツブが目覚めた時にすぐ小競り合いになり、

  • テラの制限給餌

    テラの体重増加が鈍っています。連休中までは1日当たり約20g程度体重が増加していましたが、それ以降は体重はほぼ横ばいで推移しています。元気があり良く暴れ回り良く睡眠をとっていますが食欲が控えめです。こまめに食事を与えれば食べると思います。でも、それでは私が会

  • ツブとテラの猫団子

    同じ毛布の上で同じように猫団子になっていました。やはりツブは貫禄があるだけあって丸さが完璧です。テラはまだまだまんまるにはなれないようです。今日は一瞬だけでしたがツブとテラが一緒に寝ているところを目撃しました。今はまだソロの猫団子ですが、これから寒くなる

  • 魔術はささやく

    魔術はささやく (新潮文庫)みゆき, 宮部新潮社1993-01-28新潮社の新装版を読みました。文庫版と内容の差はありませんとのことです。無駄のない伏線や納得できるレトリックで構成されていて、あっというまに読み切ってしまいました。面白かったと思います。ツブには7歳以上用

  • ツブとテラの距離感

    ツブとテラの距離感は日に日に縮まってきています。ツブは当初余裕の顔をしていましたが、テラの暴れっぷりがひどくなってきたので、多少嫌そうな顔をするようになりました。水平方向の距離を取ることができなくなったので、垂直方向に逃げているものと思われます。テラはま

  • 龍は眠る

    龍は眠る (新潮文庫)みゆき, 宮部新潮社1995-01-30人にはない特殊な能力が自分にはあると気付いてしまったら、それを最大限に自分の望みを叶えるためにつかってしまうと思います。私ならば。そんなことを考えされられました。テラの行動範囲はこの数日で急速に拡大しました。

  • スナーク狩り

    スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)宮部 みゆき光文社2011-07-12私も以前銃の所持許可を取ろうと真剣に考えたことがあります。しかし、自分の精神状態が不安定なことを考慮して諦めました。銃が人の心を変えてしまうことは十分に考えられます。この小説のダイナミックさも

  • 我が家に馴染んでいくテラ

    テラの行動範囲が広くなってきています。寝室から居間方面に出て行くこともありました。早く家中を自由に歩き回れるようになると良いのですが・・・ツブとの関係性にははかばかしい進展がないのでもう少し時間がかかりそうです。また、身体能力も一日ごとに上がっている状態です

  • ツブとテラの対立構造

    我が家の中では、寝室はテラの縄張り、それ以外はツブの縄張りになっているようです。テラが寝室から出ることはほとんどありません。ツブは元々自分(正確にはトト)の縄張りであった寝室に 時々侵入してはテラとガンの飛ばしあいをしています。身体の大きさが6〜7倍あるツ

  • 子猫の寝床

    テラの寝床はどうやら毛布の上に決まったようです。段ボール箱にタオルを敷き詰めた寝床も用意したのですが気に入らなかったようです。この毛布は元々トトの冬用の寝床でした。ツブも冬場はここで寝ている事が多くありました。代々の猫が愛用してきた由緒ある毛布です。 こ

  • 子猫の名前

    子猫の名前はテラにしました。メガ、ギガ、テラのテラです。大きく育ってくれるとよいです。エサや水を飲むのに邪魔そうだったのでエリザベスカラーは外しました。特に問題は無さそうです。 ツブは相変わらず遠くで固まっています。二匹の距離が徐々にで良いので近づいてい

  • 子猫をもらってきました

    車で片道3時間半かけてアニマルシェルターに行ってきました。10数頭の中から選んで譲り受けました。推定生後3か月のオスです。体重は約1キロです。名前はまだつけていません。考え中です。猫風邪のため左眼が腫れ癒着を起こしていたため切開手術をうけています。エリザベ

  • クロスファイア 下

    クロスファイア〈下〉 (光文社文庫プレミアム)宮部 みゆき光文社2011-07-12 にほんブログ村読書感想ランキング

  • クロスファイア 上

    クロスファイア〈上〉 (光文社文庫プレミアム)宮部 みゆき光文社2011-07-12SF作品です。主人公は人を殺しまくっています。話のラストでそれがどう酬われてくるのか興味があります。明るいラストは期待できないのではないでしょうか。そんな気がします。できれば主人公の魂が

  • つくばへ通院9月

    つくばへ行く時は病院とセットで献血ルームにも行く事にしています。献血はいつも成分献血をしているのですが、前回はO型の全血が不足しているとのことだったので、400mlの全血献血をしました。献血と献血の間隔は、成分献血であれば2週間ですが、全血献血では8週間あけなく

  • 鳩笛草

    鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで (光文社文庫プレミアム)宮部 みゆき光文社2011-07-12図書館から同じ宮部みゆき作の「クロスファイア」上下巻を借りてきて読もうとしたら、扉の裏書きに「鳩笛草」に収録されている「燔祭」を先に読んだ方が「クロスファイア」を楽しめるという作

  • ブレイブ・ストーリー 下

    ブレイブ・ストーリー愛蔵版宮部 みゆき角川書店2003-04Tファンタジーですね。ラストで当初の願いは叶わず、別の切実な願いが叶えられ、旅の過程で主人公は強くなり、自分の力で問題を解決するべく立ち上がる。ハッピーエンドです。トトが死んでまだ日が浅いのですが、新しい

  • ブレイブ・ストーリー 上

    ブレイブ・ストーリー愛蔵版宮部 みゆき角川書店2003-04T本書がファンタジーであることを知らずに手に取りました。初めからファンタジーであると知っていたら手に取ったかどうか怪しいところです。なぜなら私はファンタジー小説が苦手だからです。マンガのファンタジーは結構

  • 鬼滅の刃 20巻

    鬼滅の刃 20 (ジャンプコミックスDIGITAL)吾峠呼世晴集英社2020-05-13吾峠呼世晴の読み方がいつもわかりません。この「鬼滅の刃 20巻」もかなり前に読んだものなので、今頃は21巻が出ていると思います。「鬼滅の刃」の連載は完結したという噂を聞いたので、次の21巻で終了な

  • ノラガミ 22巻

    ノラガミ(22) (月刊少年マガジンコミックス)あだちとか講談社2020-06-17日本には八百万の神様がいるそうです。その中にはきっと野良犬のような神様もいるのでしょう。コメディータッチであった作品がしばらく読んでいないうちに結構深刻な話になっていました。もうそろそ

  • テニスの王子様 12巻

    テニスの王子様 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)許斐剛集英社2012-10-12つくばの献血ルームに全巻が揃っていたので読むことにしました。取り敢えず12巻まで読みました。今回の献血は全血だったので、次の献血までに間をとらなくてはならず、次回つくばに行く時には献血ができ

  • チェンソーマン 7巻

    チェンソーマン 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)藤本タツキ集英社2020-06-04私が「チェンソーマン 7巻」を読んだのはかなり前になるので、今頃はもう8巻が刊行されているかもしれません。少年誌のためか主人公の年齢が若いです。私の年齢的な問題で段々と少年マンガに感情移入

  • カラマーゾフの兄弟 下巻

    カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)ドストエフスキー新潮社1978-07-20ゴールデンウィークの時に外出自粛で時間を持て余してしまう事への対策として「カラマーゾフの兄弟」を買いそろえました。8月中旬に読み終わったと言うことは約3ヶ月半かけて読んだことになります。帯の

カテゴリー一覧
商用