searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ふじこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ふじこのつれづれ
ブログURL
https://ameblo.jp/tonko006
ブログ紹介文
くすっと笑える日々のエッセイ
更新頻度(1年)

44回 / 71日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2019/12/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふじこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふじこさん
ブログタイトル
ふじこのつれづれ
更新頻度
44回 / 71日(平均4.3回/週)
読者になる
ふじこのつれづれ

ふじこさんの新着記事

1件〜30件

  • 「人を惹きつける人」が動かす時代―『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』読書エッセイ

    『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』マツダミヒロ きずな出版1,500円(税抜き)  【ひとことでまとめると】 自分自身に魅力をつけてコミュニテ…

  • 政治や経済の思惑――『経済は世界史から学べ!』読書エッセイ

    『経済は世界史から学べ!』茂木誠 ダイアモンド社1,500円(税抜き)  【ひとことでまとめると】 やや古い本ではあるものの、 世界史から日本の経済で起こった…

  • 素直に求め、掴む――『成功の条件 「人」と「お金」と「選択の自由」』読書エッセイ

    『成功の条件 「人」と「お金」と「選択の自由」』永松茂久 きずな出版1,600円(税抜)   【ひとことでまとめると】 成功者はよく「心」の問題を語る。「心」…

  • 成功する人の共通の習慣!――『習慣を変えれば人生が変わる』読書エッセイ

    『習慣を変えれば人生が変わる』マーク・レクラウ ディスカヴァー・トゥエンティワン1,500円(税別)  【ひとことでまとめると】 小さなところから人生を変えて…

  • 話す前に「慮る」力――『誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール』読書エッセイ

    『誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール』野口敏 すばる舎1,400円(税別)  【ひとことでまとめると】 会話。難しいことはひとつもない! …

  • 自由に生きている人ってどんな人?――『「いい人」をやめれば人生はうまくいく』読書エッセイ

    『「いい人」をやめれば人生はうまくいく』午堂登紀雄 日本実業出版社1,400円(税別)  【ひとことでまとめると】 人は最悪、ひとりでも生きていける。 誰しも…

  • 仕事の成果は少々の勇気から

    『できる人は必ず持っている 一流の気くばり力』安田正三笠書房1,400円(税抜き)  【ひとことでまとめると】 「こんなことも気くばりなんだ!」 という要素が…

  • 片付けの心得

     時々、部屋の片付けをする。断捨離だ。  東京のひとり暮らしの部屋ではできていた「余計な物を捨てる」という行為が、実家の自室ではうまくいかない。  実家にはま…

  • あなたの心と体を動かす! 「ノー」を「イエス」に変える伝え方の技術

    『伝え方が9割』佐々木圭一ダイアモンド社1,400円(税別)  【ひとことでまとめると】 「ノー」を「イエス」に変える伝え方。 情報の溢れる社会で際立つ「強い…

  • 結果からの逆算 圧倒的な経験値から生まれた企画術

    『逆境を「アイデア」に変える企画術 崖っぷちからV字回復するための40の公式』河西智彦1,800円(税別)  【ひとことでまとめると】 結果を生む企画・PR術…

  • 速読を突き詰めた「高速読書」

    『死ぬほど読めて忘れない高速読書』上岡正明1,400円(税抜)  【ひとことでまとめると】 脳科学に基づいて高速、かつ記憶定着する読書術の提案。 『死ぬほど』…

  • ゼロカロリーのポイント

     そういえば、2020年である。  2020年と言えば、オリンピックイヤー。今年は東京で開催されるんだなあ。毎日テレビでは何かしらオリンピックのことが取り上げ…

  • 熱いハートから注ぐ

     なぜこういう作りなのだろうというモノが、たまにある。  納豆パックのフィルムしかり。信玄餅のきな粉の量しかり。   先日、地元での数少ない友達と駅前に遊びに…

  • ふくろうの気苦労

     再び「自転車で行ける距離の動物カフェ」ブームがわたしに訪れた。  そこは、ブックマークしているまとめサイトの地元の動物カフェの中で、唯一ふくろうのみのカフェ…

  • 不自由な体調

     かぜを引いた。鼻かぜだ。  わたしの愛する猫のアレルギーじゃないかと家族に言われるが、断じてこれは鼻かぜである。仮に猫のアレルギーだったとするなら、一生鼻た…

  • はなしのたね

    「ネタが切れた!」  ブログにエッセイを載せるようになってから、何度そう思ったことか。  書き続けているのなら、ブロガーでもエッセイストでも小説家でも、それが…

  • 髪型別性格診断

     昨年、その年最後のヘアカットをしてもらいに美容室へ行った。  相変わらずのショートカット。唯一、前髪だけは伸ばすように我慢している。  たとえ伸びた分を切る…

  • 短気な指先

     近頃、マニュキアを塗るようにしている。  バリエーションは6色くらいだが、だいたい2日に1回は新しく色を塗り替えている。  塗っていて思うのだが、わたし、短…

  • 化粧のお面

     昔、何かの古典の講義で、化粧の社会性について聞いたことがある。  古典の中で、泣いている女性が夜に自分に化粧を施す場面があるのだけど、その理由が社会性にある…

  • ポップコーンパーティー

     ポップコーンに目がない。  一番好きなお菓子はと聞かれれば、チョコレートとポップコーンがわたしの中でギリギリの勝負を始める。  将来、自宅にあのポップコーン…

  • 凍えるマネキン

     スーパーマーケットへ行くと、「寒さ」という記憶が思い出される。  どうしてかというと、売り場でアルバイトをしていたことがあるからだ。  それはとにかく「寒か…

  • スパイシーな夜

    「世の中にカレーライスが嫌いな人っているのかな」  小学生の時、食べ終わった給食の食器を戻しながら、わたしはふと呟いた。  その日の給食が、まさにカレーライス…

  • 「完訳7つの習慣 人格主義の回復」スティーブン・R・コヴィー

     これは実践の本である。  『7つの習慣』は文字通り習慣だ。日常に落とし込む行動。自分自身、そして他者と過ごす上でよりよい関係を築き具体的成果を上げていく方法…

  • ご機嫌な鼻歌

     自分の趣味は鼻歌と言えるのかもしれない。  いつでもどこでもできる。いつ何時でもできる。そういう特技や趣味に憧れていたけれど、鼻歌こそそれの最たるものじゃな…

  • うそだと言ってくれ

     福島の飯坂温泉というところにある高畑天満宮で、毎年「うそかえ祭」というものをやっている。  七日堂参りに行ったのでは飽き足らず、先日、母と木彫りの「鷽(うそ…

  • 七日堂参り

     お正月も終わり日常が落ち着き始めたころ、わたしの住む福島県郡山市では「七日堂参り」という風物詩が行われる。  「馬が駆けるように早く願い事が叶う」ように、馬…

  • 本のえにし

     生涯を通じて出会える本には限りがある。  人の縁と同じだ。すれ違うだけの人が大半。そしてほとんどの人とは出会うべくもなく一生を終えてしまう。   一人で書店…

  • 奇跡の果物

     先日ツイッターを読んでいたら、みかんに関するツイートがあった。 「ミカンって奇跡だと思う。」というツイートだ。(@cynanyc)  その食べやすさ、保存や…

  • ショートヘアの歴史

     この髪型になって長い。  もう9年近くショートヘア。そして5年近くおでこを出している。   今日は2カ月ぶりに髪を切りに行った。とくに美容院で指名などしない…

  • 猫暮らし

     猫が、パソコン画面の角に頬をこすりつけてくる。  これはフェロモンをつける、つまりマーキングの一種らしいが、そのせいでずずず、とノートパソコンが傾いていって…

カテゴリー一覧
商用