searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

よしなさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

DAWソフトに詳しい方、是非お友達になってください。 オンラインで一緒にジャンル問わず何でもありのバンド演奏も如何ですか? 私はアコギ、エレキ、ベース、クラシック・ギターは演奏可能です。 自作品への参加も、お手伝いしてくださると助かります。

ブログタイトル
よしなの音楽帖
ブログURL
https://yoshina447.fc2.net/
ブログ紹介文
クラシック音楽を自分の心が感じたそのままに記す事をモットーにしています。 クラシック・ギターのアナリーゼの考察実践の練習風景や、作品演奏動画、自作品をアップしています。 お知らせ下さればフォローいたします。
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/12/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、よしなさんをフォローしませんか?

ハンドル名
よしなさん
ブログタイトル
よしなの音楽帖
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
よしなの音楽帖

よしなさんの新着記事

1件〜30件

  • フランス組曲 d'après Claude Gervaise FP80の3つの形/F.プーランク

    F.プーランクの「フランス組曲」はC.ジェルヴェーズの作品を最初に管弦楽版として編曲し、それをピアノ用、室内楽用(辞典には記されていない)へとさらに編曲したようです。彼が1963年というかなり最近?まで活動していた事から、その足跡は曖昧さをほぼ残さず記され、編曲も含め全作品が完璧に近い形でBOXとなって発売されるのは嬉しいものです。その作風が現代的であり、普段着のような魅力を持つ事からピアノ作品ではピアニストに...

  • ファウスト交響曲(3人の人物描写による)/メフィスト・ワルツ(管弦楽版/ピアノ版)/F.リスト

    リストはたちどころに心に焼き付いてしまう旋律や情景を描いてしまう作曲家だと思います。それは交響詩「前奏曲」の金管の煌めきであり、「マゼッパ」の金管の行進の雰囲気、「ハンガリー狂詩曲 第2番」開始のそれなどは誰もが一度は心を騒がせられた部分なのではないでしょうか。ピアノのヴィルトゥオーゾであったリストが、同時に交響詩など管弦楽作品にも多大な影響をもたらした事が分かります。実は、子供の頃はリストの交響詩...

  • 合奏協奏曲 op.2(全曲)/op.3 op.5 op.7(抜粋)/F.S.ジェミニアーニ

    ここで示したジェミニアーニのアルバムは、全曲のop.2は6つの協奏曲からなり、抜粋版も1つの協奏曲として完成された形で収録されています。この合奏協奏曲は作品番号の全てを通して聴く大宴会にも、その中から単一の協奏曲として取り出しても、実用音楽(その中には季節や風景に溢れる)の持つ娯楽というものを楽しめるものだと信じます。Francesco Savero Geminiani (1687-1762 伊)A.コレッリ、A.スカルラッティに学び、のちロンド...

  • F.J.ハイドン : サルヴェ・レジナ/テ・デウム/モテット

    古典派様式全体でハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンを3つの巨峰とするならば、モーツァルトやベートーヴェンに比べると活躍期間の長かったハイドンは私の中では後期交響曲から接したせいか老齢の落ち着きを感じたのですが、3人の中で最もエレガントなチャーミングさを音楽から感じるのもハイドンなのでした。それは宗教曲に於いても、例えばサルヴェ・レジナのオルガンの短くピロピロとした刻みに非常に親しみ易さを感じた...

  • F.J.ハイドン/オペラ・アリア集

    このアルバムは、ハイドンの歌劇とカンタータから美味しい所どりのような楽しさを持つものですが、意外にも私はこの演奏を通してハイドンの別の顔が見えた事が嬉しく、また驚いたものでした。ハイドンの歌劇はあまり聴かれないように思うのですが、ここに聴くそれは何れも非常に明快な(大衆にも分かり易く且つ洒落た)娯楽があり、それは優雅で、ベートーヴェンの「フィデリオ」に見るような強いメッセージを潜ませない事による気軽...

  • ハルモニームジーク集(ドイツのシンプルなウインド楽器合奏)

    ウインド楽器のみによる小編成で繰り広げられる響きはとても不思議です。それは音の流れが息による自然なしなやかさを持ちながらも、その発音に於いてはタンギングというたった一つの舌が運動性に於いて4本の左指(ヴァイオリン属やギター)には少々不利な事による高速パッセージのしどろもどろさや、楽器の温まり具合やブレスの強弱で音程が変わるものが集まった時の若干の不安定さをかえって魅惑だと感じる事によります。しかし、...

  • F.J.ハイドン : ミサ曲集(5)/ミサ 第10番 変ロ長調 「テレジア・ミサ」 Hob. XXII:12

    静かに静かに浮かび上がるように開始される「テレジア・ミサ」は慈悲と憐れみが同居するような導入部と、その後に待つ大きな喜びを予見するようなキリエが特徴です。ここでもう一度通常文によるミサの構成*を確認すると、この第10番の、そしてハイドンのミサ曲の各典礼文の捉え方が浮かび上がるように思います。作曲家各自のミサ典礼文への微妙に違う捉え方が全体像の違いを生み、

  • F.J.ハイドン : ミサ曲集(4)/ミサ 第9番 ニ短調 「困苦の時のミサ」(ネルソン・ミサ) Hob. XXII:11

    長い校長の演説が、ある日予想外に短く終わった時に巻き起こった歓喜の拍手・・ぁ時代が人々の考え方の変化、生活の変化と共に移り変わって行く中で、ミサもそれまでの複雑なものが一般的ではなくなったとあります。(下記引用参照)それとほぼ同じくして音楽も新しい古典派様式へと変化して行ったのは必然であり、音楽だけ音楽史として別の流れに存在するのではなく、それは歴史と共にある事を知るのでした。ハイドンのミサ 第9番は...

  • F.J.ハイドン : ミサ曲集(3)/ミサ 第8番 変ロ長調 「オフィダの聖ベルナルドの讃美のミサ」(ハイリッヒ・ミサ) Hob. XXII:10

    ハイドンの後期6大ミサの1曲である第8番は辞典によると第7番と同じ年に作曲されています。その創作意欲に驚くばかりで、しかもジャンルの違う作品も同時に進めていた事を思うと(1曲集中型のシングル・スレッド脳の私には・・あぅ)異世界の人のように思えてしまうのでした。それにしてもハイドンのミサ曲には呼び名が多くて迷いそう。~~~~~~~唐突ですが、今日は会社で社長と同僚との気まずい一瞬に遭遇してしまい、居合わせた私に...

  • F.J.ハイドン : ミサ曲集(2)/ミサ 第7番 ハ長調 「よき四月斎日のミサ」(戦時のミサ/太鼓ミサ) Hob.XXII:9

    キリエの明るさが麗しい第7番はやがてその趣が段々と変わって行き、通奏低音を持ちながらも例えばクレドの途中で劇的に切り替わる物語性にバロック時代とは確かに違ったミサの姿を感じ、同時にそれが大きな魅力となっています。それは、バーンスタインがこの作品に思い入れを持っていた事からも伝わると思われるのですが、ここでもハイドンの音楽がいかに多様性を秘めたものであるかが窺われます。古典派様式という最もフォーマッ...

  • F.J.ハイドン : ミサ曲集(1)/ミサ曲 第2番 変ホ長調 Hob.22-4「大オルガン・ミサ」

    シューベルトのミサ曲を記していた頃、同時に古典派のハイドンの宗教作品も記したいと思っていました。それは、ルネサンスやバロックの膨大な作品で知る多旋律ミサと、それらが色濃く残ったり、和声感が変わったり、モノディの集合体のようになったりと、姿を変えて行った古典派以降の作品たちの葛藤を感じたからなのかも知れません。モーツァルトやベートーヴェン、ブラームスやブルックナーと、ミサは西欧音楽で様式感を変えなが...

  • 交響曲 第6番 ホ短調/R.ヴォーン=ウィリアムズ

    標題が付いていてもおかしくないような第6番は*オネゲルと近い感覚を持ちますが、新古典主義に感じる無情さ・無機質なものにロマン派がまだ燻ぶるような情緒も含まれ、これが第4番との趣の似て非なる特徴だと思います。それは続く「南極交響曲」の予兆の様でもあり、ヴォーン=ウィリアムズの交響曲がベートーヴェンに見るような巨大な山ではなく、全体で少し捉えどころのないと感じられる遠景の連峰のように感じています。*今回の...

  • 南フランスに君臨したガストン3世の宮廷音楽集(14世紀後半)

    ガストン3世Gaston Fébus(フォワ伯) (1331-1391 仏)オルテスという街を調べてみるとフランスとスペインを隔てるピレネー山脈の大西洋に近い側にあるようです。その地では演奏家たちが競って自分をアピール(フォワ伯の嗜好もおおいに影響を与えたと思われる)していたのだろうと伝わるアルバムです。音楽史に於いて、大きな様式の括りの中に独立するように点在する地方色、それらは現在よりも多彩であり、しかもその独自性は強烈であ...

  • 同じ演奏家が同一作品のピッチを変えて再録音した意味を探る/A.ロボ:「わがハープは悲しみの音に変わり」・他

    ピッチが変わると、同じ定旋律、典礼文を持ちながらも、その祈りの意味・状況が違って聴こえる不思議があり、この事によって祈りというものにも個人により、また、時によりその濃淡を変えて行く事があるのだと感じたものでした。同時に、こう言った宗教曲で祈りに優劣がある筈がなく、その真摯で敬虔な祈りのムラこそ人間なのだと思った次第です。[収録作品]・「わがハープは悲しみの音に変わり」 Versa est in luctum (℗1987) (℗1...

  • フランス・バロックのリュート歌

    ここに演奏されている作品、作曲家はギターを通してまだ1度も接していなかった事を知りました。鍵盤楽器にその座を譲るまで宮廷でもステータスであったリュートが、こうして歌とリュートという現在の弾き語りと似た形式で聴くと、当時の暮らしや世相をありのままに感じられるような錯覚を持ちます。そんな中で、フランスのものに絞られたこのアルバムは、当時の人々の様子や嗜好が歌われ、地方色として感じられる事が魅力なのだと...

  • バロック・トランペットのための音楽

    テレマン、バッハ、ヘンデル、ビーバーたちお馴染みの音楽家の作品だけでなく、このアルバムで初めて触れる事が出来た作品の作風というものにバロックの別の顔を感じたように思います。トランペットという派手で存在感の強い楽器と、それを活かす組み合わせニ長調とハ長調という当時のフォーマットのような金管が活躍する調で繰り広げられるバロックの雅さはまさにこの時代の響きを感じます。このオムニバス・アルバムは、「水上の...

  • レクイエム・他/M.カルドーゾ

    「REQUIEM(邦題:タリススコラーズ~レクイエムを歌う)」という2枚組のアルバムにはイベリア半島の3人の作曲家によるレクイエム・その他が収録されています。そして、そこには共通するもの、即ちパレストリーナの書法への関連、また、彼ら3人がお互いに影響し合った事が窺えます。私が推測している事は、時の宮廷の要求が極力重なった音に濁りのない明快さを求めたという場所的・時代的風潮があるのではという事です。それは土地柄...

  • 弦楽四重奏曲 第6番 ト長調 op.101/D.D.ショスタコーヴィチ

    ショスタコーヴィチにとってト長調はもはや真っ当なものではなく、その軽やかで明るいという特性を利用して何かやってやろうとしているとさえ思えます。彼はまるで悪知恵というものが働くように、ただひたすらそれを探し出して来るのだと思うのでした。弦楽四重奏曲 第6番 ト長調 op.101作曲 : 1956年初演 : 1956年 レニングラード(引用:クラシック音楽作品名辞典/三省堂)スコアの自筆楽譜では、第1楽章を1956年8月7日に、第2楽章...

  • レクイエム(6声)/D.ローボ

    古楽の世界は、多分この数十年(少なくとも2-30年以内)に新しい発見・研究が急速に進んだのではないでしょうか。それは私の持つ辞典には掲載されていない作曲家たちに多く出会うようになり、幸いにも彼らの事は演奏という形で、また、検索すれば(全てではありませんが)誰でも知る事が出来るという凄い時代なのだと感じます。イベリア半島のルネサンスからバロックの作曲家達ではT.L.deヴィクトリア、M.カルドーゾ、A.ロボ、D.ローボ...

  • グリーンスリーヴズという1枚のアルバム/心の日曜日(5)

    仮眠で何とかしのいだ3日間、やっと1日だけとれた今日はゴロゴロと転がる事に決めました。という事で、リフレッシュを兼ねて今日届いたばかりのアルバムを

  • 日本歌曲集/三善晃

    三善晃さんは、私の中ではギター曲「エピターズ」、「プロターズ」という現代作品の作曲家というイメージがあります。ブローウェルの現代音楽とキューバの風が混ざったような作品達を弾くのが好きな私は、ギターの深い余韻の無機質感が創り上げる世界に魅せられています。そのイメージで最初接した三善晃さんの歌曲は、何と、紗(しゃ・うすぎぬ・さ)の繊細な抒情と日本の暮らしに息づいてきた独特の感性が心に染み込むものであった...

  • ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44/R.シューマン

    シューマンはピアノ五重奏曲をこの1曲だけ作曲しています。シューマンの音楽が外へと向かった時の華やかさもまた特筆されるべきものではないでしょうか。コンサート用の伸びやかで華々しい感覚は、ブラームスが渋く表したのと好対照の、いえ、ヴィルトゥオーゾがノッタ時の実力+α+α・・の神懸った瞬間を(もしかしてクララの或る日のそれを)彼は知っているのではないかと思うのです。そして、もう一つシューマン独自のものが存在し...

  • ピアノ三重奏曲 第1・2番/R.シューマン

    シューマンにとって、ある決まった楽器や同ジャンルで描きたかったものは、彼自身の心が最も反応する固定されたイメージが存在したのではないかと思うようになって来ました。2つの三重奏曲でシューマンが選んだ調はニ短調とヘ長調、裏返せばどちらも同じ響きが移旋によって現れる関係となり、三重奏曲に於いてシューマンが描いた世界が見えて来ると思えました。それは家庭・家族であったと感じます。ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 o...

  • アダージョとアレグロ 変イ長調 op.70/ロマンス op.94-1/R.シューマン

    9月に入るとあっという間に暮れになると感じるのは私だけでしょうか。もう少しするとブラームスが恋しくなるのもいつもの事なのですが・・、私は少しでも音楽への理解が増したのかというと、ますます混迷するばかりのような気がします。アダージョとアレグロ 変イ長調 op.70編成 : Hrn(またはVc)/P作曲 : 1849年☆原題は「ロマンスとアレグロ」(引用:クラシック音楽作品名辞典/三省堂)ホルンまたはチェロでの演奏のために作曲された...

  • 幻想小曲集 op.73/おとぎの絵本 op.113/R.シューマン

    最初の曲の秋の風*の寂しさがいきなり大好きな作品集です。8月最後の今日は、まだ残暑は厳しいのですが、吹く風に、そして雑木林の木々の黄色くなりかけた葉っぱに秋の足音を感じてこの作品を記そうと思い立ちました。*シューマンは

  • 5つの民謡風の小品集 op.102(2)/R.シューマン/[ピリオド]ビルスマ(1992)

    第1回ではこの作品の姿を記しました。この作品がシューマンのチェロ作品にとって唯一の調、イ短調で綴られた5つの散文に思えたと記しました。そこに記した3人のチェロは全てモダンによる響きでもあり、演奏家の表現を楽しむ、またロシアとスペインのチェリストたちの根幹を成す民謡への感じ方を楽しむ手段でもありました。これらはテクニック云々を越えて、演奏家の個性の形成に於いて実に深い関わりとなるものだと信じます。この...

  • F.シューベルト/ミサ曲(5)/ドイツ・ミサ曲 D.872

    ドイツ語によるミサは一本の大木、それは信仰であり教会であるのかも知れません。シューベルトはそれを歌曲集「冬の旅」に存在する想い出の一杯詰まった

  • F.シューベルト/ミサ曲(4)/第6番/ヴァイル

    ミサ曲 第6番には特別な想いがあり、同時にシューベルト(だけの)音楽に存在する何かを信じる事となった作品でもあります。シューベルトの白鳥の歌とも言えるミサ・ソレムニスに分類される第6番をずっと好きな理由、私なりに理解した事、それを記したいと思います。ミサ曲 第6番 変ホ長調 D.950編成 : Sop/Alt/Ten/Bas/Cho/Orch作曲 : 1828年(引用:クラシック音楽作品名辞典/三省堂)ヤーコプ・メルヒオール・リーター=ビーダーマン...

  • F.シューベルト/ミサ曲(3)/第5番/ヴァイル

    変イ長調はショパンが「華麗なる円舞曲」や「別れ」と名の付くワルツ(4曲)、「英雄」や「幻想」といったポロネーズ、バラード、即興曲等々かなり多く使用している調です。シューベルトはこの調をミサ・ソレムニスに使用しました。変ホ長調と共にA,Eという煌めく調が、僅か半音下がる事で落ち着きと高雅さを帯びるのを見てしまうと、もしかすると人に対する印象もその半音の違いでガラリと変わって見えるのかも知れませんね。ミサ(-...

  • F.シューベルト/ミサ曲(2)/第3番・第4番/ヴァイル

    第6番まであるシューベルトのミサ曲は、その全てが長調である事にも特徴があり、バッハのロ短調やベートーヴェンの荘厳なニ長調、そして

カテゴリー一覧
商用