searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

cyuusannさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
浮浪雲の野鳥便り
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/lxm102
ブログ紹介文
趣味の野鳥写真を掲載 撮影エリアは近隣の公園がメインです マイフィールドの四季折々の野鳥観察がテーマです
更新頻度(1年)

36回 / 362日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/12/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、cyuusannさんの読者になりませんか?

ハンドル名
cyuusannさん
ブログタイトル
浮浪雲の野鳥便り
更新頻度
36回 / 362日(平均0.7回/週)
読者になる
浮浪雲の野鳥便り

cyuusannさんの新着記事

1件〜30件

  • 晩秋のフィールド便り

    2020.11.27フィールド便り毎日状況を見に行きますが、留鳥とツグミ類しか姿が有りません。時々、アトリが2~3羽姿を見せますが直ぐいなくなります。ウソの鳴き声も時々聞きますが撮影出来ません。何時になったら変化が有るのでしょう?晩秋のフィールド便り

  • イスカ飛来

    2020.11.6今日のフィールド今シーズン、イスカ飛来がこれまでに3回有りましたが撮影チャンスに巡り合えませんでした。そのチャンスが今日めぐって来ました。昨日は秋空全開でしたが、今日は曇天でスッキリとは行きませんでした。探索中、道路に面した松に鳴き声。ターゲットが見える位置に移動して確認すると居ましたイスカ!私の位置からは3羽確認できました。飛び出さないうちに何とか撮影出来ました。飛び出した数おおよそ20羽位でした。10分位後、いつも来るポイントに飛んできましたが止まりませんでした。イスカ飛来

  • 秋冬鳥

    2020.10.31今週のフィールド便り今週は、変化が余り有りませんでした。マヒワ10~15羽位で時々姿を見せに来ました。アオバトはまだ居ますがなかなか撮影出来ません。ジョウビタキは、雌雄姿が有りますが動き周っているので撮影するのに体力が必要です。ヒガラが、2012年以来8年振りに姿を見せてくれていますが1羽です。他には、アカハラ・シロハラ・トラツグミが確認されていますが、撮影は困難です。秋冬鳥

  • アオバト

    2020.10.26今日のフィールド天候回復後から今日までのフィールドは、野鳥の姿を見つけるのが大変な位少ないです。それでも、昨日もアオバトを見つけましたが撮影出来ませんでした。今日は、雄1羽と雌2羽のアオバトが椋木などの木の実を食べにやって来ました。アオバト

  • 奥日光

    2020.10.18ムギマキ探索の追記ですマユミは、不思議な魅力を感じます。桃色に小鳥が来ると、本当に可愛く見えます。奥日光

  • ムギマキ

    2020.10.18再びムギマキを求めて出かけてきました。天候も回復し、早朝から紅葉を求めて大勢のCMを横目にポイントへ向かいました。今日は日曜日、思った通りこちらも大勢のCMが来て居ました。そんな中、ムギマキ雌雄を捕らえる事が出来ました。ムギマキ

  • ムギマキ

    2020.10.16ムギマキを求めてプチ遠征遠出を自粛していあましたが、初の県外脱出をして栃木県へ行って来ました。ポイントに着いたらCMは15人程いましたが9時過ぎには30人超になって居ました。肝心のムギマキは姿を見せてくれません。心残りは有りましたがポイント移動。表側のポイントでムギマキ雌を何とか撮影出来ました。11時頃、最初のポイントから戻ったCMに状況を尋ねると「ムギマキ雄が1度だけ出ました」との言葉に愕然。お昼頃、少し離れたポイントへ移動。ここは、マユミの葉が茂って撮影チャンスが厳しい環境でした。今回は、チャンスに恵まれませんでしたが、姿は見る事が出来ました。ムギマキ

  • 秋鳥エゾビタキ

    2020.10.13今日のフィールド便り朝は気持ちいい天候でした。鳥達は、寂しい限りで昨日より静かでした。エゾビタキが1羽で何か所かにちらほらと居る状況で、キビタキは確認出来ませんでした。他には、カケス数羽泣き叫んでいましたが撮影出来ませんでした。秋鳥エゾビタキ

  • キビタキ

    2020.10.12今日のフィールド便り昨日、今日と状況はかんばしく有りません。キビタキ雌雄・エゾビタキ1羽・見えないカケス数羽といった感じでした。10/1110/12キビタキ

  • カケス

    2020.10.07今日のフィールド便り先週から気になっていたカケス。毎日の様にやって来ますが、林に入ってしまうと鳴き声は有るが姿は見えず。チャンスを伺っていましたが、やっとスッキリ撮影出来ました。キビタキは雌雄が2ヶ所で確認撮影できました。エゾビタキは3日振りに姿を見せましたが1羽だけでした。カケス

  • フクロウ

    2020.10.06今日のフィールド便り10年振りにフクロウと出会いました。キビタキを探していたら、なんとフクロウを見つけました。いつも見ている光景に違和感を感じて、レンズを向けると何とフクロウでした。ここでは2010年以来の参上?発見です。撮影中、カラスが近づいて来たので不安が過りましたが攻撃は有りませんでした。じっとしていて、時々首を振るか目を半開にする位で変化は有りませんでした。フクロウ

  • 秋鳥達

    2020.10.02フィールド便り今日のフィールドは、前半はエゾビタキとキビタキ雌が殆どでした。帰りまじかに、キビタキ雄が姿を見せてくれました。こんな感じが1ヶ月位続くと思います。それでも、毎日季節の野鳥が撮影出来るのは幸せです。秋鳥達

  • 秋鳥

    2020.09.30フィールド便り今日は、キビタキ・エゾビタキ・コサメビタキが撮影出来ました。例年の秋に戻った感じがします。秋鳥

  • 秋の渡り

    2020.09.28マイフィールドにて今朝は、今シーズン初の秋晴れで気持ちいい朝でした。時間と共に気温が上がり日差しが当たると真夏のようでした。好天に誘われ鳥達も集まって来ました、キビタキ雌雄・エゾビタキ・オオルリ若・コサメビタキ等々公園の秋鳥勢ぞろいかな?先週はサンコウチョウ若もいたそうです。秋の渡り

  • 秋鳥がやって来た!!

    2020.09.243ヶ月振りのフィールド便り例年より4週間遅れでようやく姿を見せてくれました。雨の隙間1時間位でしたが確認できました。数日前から、混軍に混じっていたエゾビタキは確認していました。今日は、混軍とは別行動で、キビタキ雌とエゾビタキ4羽が同じポイントにいました。来週からは、天候も落ち着きそうな予報ですので楽しみにしています。秋鳥がやって来た!!

  • サンコウチョウ

    2020.5.27マイフィールドにて散歩がてらフィールドにでかけました。マミジロキビタキが最後の渡りと思っていましたが、なんとサンコウチョウの鳴き声が微かに聞き取れました。こんなに遅くサンコウチョウしかも雌が立ち寄ることは初めての事です。なかなか姿を見せてくれませんでしたが、何とか確認出来ました。サンコウチョウ

  • マミジロキビタキ

    2020.5.14マイフィールドにてマミジロキビタキが初めてやって来ました。撮影中は、キビタキと思って撮って居ました。改めて、写真を確認するとビックリ!なんとマミジロキビタキでした。朝方のフィールドで、下手くそな鳴き声のキビタキだなと思いながら撮影していました。近くに姿を見せてくれたのでラッキーでした。マミジロキビタキ

  • サンコウチョウ

    2020.05.07フィールド便り今日は、待望のサンコウチョウが入ってくれました。2時間位は鳴き声だけで姿を確認出来ませんでした。それでも、諦めずに探索して居たらついに姿を確認出来ました。それからは、順調に撮影が出来ました。このフィールドで、春のサンコウチョウとしては一番良い感じで撮影出来ました。サンコウチョウ

  • キビタキ

    2020.5.5フィールド便り今日は、留鳥以外見ることが出来ませんでした。渡り初日以降は、芳しくありません。これから楽しい時間が来るのか不安です。5/25/35/4キビタキ

  • キビタキ

    2020.4.29フィールド便り今日は、新しい個体のキビタキ若雄が入りました。昨日居た3羽の姿は確認出来ませんでした。ほかには、センダイムシクイ・オオルリ雌が撮影出来ました。昨日は、キビタキとコサメビタキが撮影出来ました。4.284.29キビタキ

  • キビタキ

    2020.04.27マイフィールドにて4/22以降は、芳しくありません。キビタキが2日間滞在して抜けました。26日に、オオルリ雌が姿を見せましたが直ぐに確認出来なくなりました。今日は、キビタキが1羽入りましたがかなり警戒心が強い感じでした。何とか追跡して居たら、キビタキの直ぐ上にオオタカが入り状況が一変しキビタキ行方不明です。オオタカは、公園の鳩に襲い掛かりましたが失敗。その後、同じ場所に再び姿を見せましたがカラスに追い出されました。4/22キビタキ4/264/27キビタキ

  • サンショウクイ

    2020.04.21マイフィールドにて春の渡りが始まりました。先週末、センダイムシクイが入って来ました。そして、待ちに待った本命達が今日姿を見せてくれました。朝1番キビタキ撮影していると、なんと「ピリピリ」とサンショウクイの鳴き声が聞こえましたが姿を確認できませんでした。再度キビタキを探索していると、再びサンショウクイの鳴き声が聞こえました。今度は近くで鳴いているので探索すると直ぐに発見。2時間近くの滞在でしたので色々な場面を撮影出来ました。例年より10日位早い飛来で、ペアでの飛来は初めての出来事でした。サンショウクイの鳴き声が消えると、オオルリが姿を見せてくれました。今日は、曇り空のため映り込みはイマイチでした。サンショウクイ

  • ヤツガシラ

    2020.04.03国木田独歩ゆかりの地へヤツガシラを求めてプチ遠征9時頃現着。CM数十人がレンズを向けていましたのでポイントが直ぐに分かりました。撮影準備をしてポイントへ向かいました。知り合いに挨拶をして、ついでに今朝の状況を確認。餌を食べ終えて植え込みの中に居るそうです。15分程で2度目のお出ましとなりました。3度目は10時半位でした。2時間程の滞在で帰路につきました。前日の強風と違い、快晴の様な天候にも恵まれ大変ラッキーな時間でした。ヤツガシラ

  • レンジャク

    2020.3.25常陸の国へレンジャクを求めてプチ遠征出会ってビックリ!黄連雀・緋連雀の大群、此処は餌場のようです。ポイントで撮影するも、数が多くて何を撮ればいいのか。結局、満足のいく撮影は出来ませんでした。それでも、レンジャクの大群を目の前で見れた事が最大の収穫でした。レンジャク

  • キクイタダキ

    2020.3.17フィールド便り今日も、キクイタダキに出会いに行って来ました。最近は、餌の関係でしょうか行動範囲が狭くなっています。ほぼ同じポイントで過ごして居る感じがします。ただし、距離が有り過ぎで使えません、接近してくれるのを待ちましょう。他には、エナガの営巣行動が増えて来ました。今日も、1か所見つけましたがカラスが心配なポイントです。13日に撮影した写真です。11日と同じ松に降りてくれました。キクイタダキ

  • キクイタダキ

    2020.3.11今日のフィールド気持ちいい天候の中、キクイタダキを求めてフィールドへ出かけました。いつものポイントでいつもの3羽が居てくれました。高いポイントから低木の松に入ってくれました。手入れした松だが松葉密集してなかなか撮影出来ませんでした。目線で5m程、何とか撮影出来ないかと探っていると後ろが抜けた枝に出てくれました。キクイタダキ

  • オオカラモズ

    2020.03.06久しぶりにフィールドを離れ、オオカラモズを求め彩の国まで行ってきました。現着すると、車がズラリと並んでいまいた。オオカラモズは、既にCMの前に姿を見せて居ましたので撮影開始です。風が強く細いポールに止まると煽られて大変そうでした。畦道に降りたり、菜花に降りたりと楽しませてくれました。贅沢を言えばもう少し日差しが弱いと最高でした。オオカラモズ

  • キクイタダキ

    2020.02.28マイフィールドにて今日も、フィールドに足を運びキクイタダキ探索です。何時まで、滞在してくれるのかと考えながら探索。今シーズンは、雄キクイタダキの冠(菊全開)は見る事無く立ち去ってしまうのでしょうと考えながらの撮影です。冬と春が行ったり来たりの気温、エナガの営巣行動を確認しましたし、作成中の巣も確認出来ました。産卵する頃、キクイタダキの姿が見えなくなるのでしょうか?キクイタダキ

  • キクイタダキ

    2020.02.15今日のフィールド週初めはまとまって居たキクイタダキでしたが、週末は群れが分散して行動しているようです。ポイントへ訪れるのも午前中に2回程です。今シーズンはまだ菊全開が撮影出来ません。多分、後1か月程で帰ってしまいますのでチャンス来てほしいです。キクイタダキ

  • キクイタダキ

    2020.02.10今日のフィールドキクイタダキは、早い時間は分散していましたが昼前にまとまって撮影ポイントへ来てくれました。日差しが強くて綺麗に発色しないため満足な写真がありませんでした。朝一番は、神経質なアカハラを撮影出来ました。他には、今朝も鳴き声を追って行くも姿無のウソがキクイタダキポイントへ来てくれました。シーズン初めは綺麗な雄ウソが1羽居ましたが、現在は雌2羽になってしまいました。キクイタダキ

カテゴリー一覧
商用