プロフィールPROFILE

卜然さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
卜然山房
ブログURL
http://svnthv.blog.jp/
ブログ紹介文
陰陽五行説(断易、子平)、易経(周易)、読書感想文など。
更新頻度(1年)

7回 / 24日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2019/11/17

読者になる

卜然さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,318サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,041サイト
現代小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 808サイト
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,019サイト
占い 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,220サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,144サイト
東洋思想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 129サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(OUT) 78,379位 80,554位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,318サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 741位 753位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,041サイト
現代小説 34位 34位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 808サイト
その他趣味ブログ 1,640位 1,707位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,019サイト
占い 128位 132位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,220サイト
哲学・思想ブログ 1,404位 1,452位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,144サイト
東洋思想 8位 9位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 129サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,318サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,041サイト
現代小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 808サイト
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,019サイト
占い 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,220サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,144サイト
東洋思想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 129サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、卜然さんの読者になりませんか?

ハンドル名
卜然さん
ブログタイトル
卜然山房
更新頻度
7回 / 24日(平均2.0回/週)
読者になる
卜然山房

卜然さんの新着記事

1件〜30件

  • 卜占のお勧め書籍を挙げてみる

    ★六壬神課  大六壬占術(中井瑛祐・著) 僕はこれを読んで大六壬の要領を掴んだ。元々は自費出版らしく、ところどころ日本語がおかしいところがあり、賊(下剋上)が剋(上剋下)に優先するという原則が書かれていないけれど、それらを他にすればじつに分かりやすく、大

  • 卜と神託

     一般的に卜占と言われるものは東西に色々あるけれども、大別してふたつのタイプがあると思う。①どうなるか、に答えるもの(或いは物事の関係性を示すもの)。②どうすべきか、に答えるもの(或いは価値判断を示すもの)。①を狭義の卜、②を神託、と言うことができそうだ

  • 「風姿花伝」を読んで

     室町時代の猿楽師、世阿弥によって著され、演劇関係者に読み継がれてきたという芸術論の書。岩波の版には現代語訳がついておらず、読むのに難儀した。幸い、ネットで現代語訳を見つけてなんとか理解することができた。(ありがとうございました)  日本古典文学摘集  h

  • 占機

      卜は以て疑いを決す。疑わざれば何ぞ卜せん。(左伝) 春秋戦国の頃には、諸侯は易占を専門にする役人を抱えていた。この頃に行われた易占の実例は左伝や国語などに収録されており、僕もいくつかその逸話を読んだが、レベルはそうとうに高いと感じた。恐らく、易占の水

  • 破滅願望

     司馬遼太郎の短編に「割って、城を」というのがある。古田織部の晩年を家来の視点から描いた作品で、これがなかなか味わい深い。織部は人柄が円満で、茶道に造詣が深く、茶器の鑑定などもよくしたという。それで豊臣秀吉や徳川家康に重宝され、大名に取り立てられたが、晩

  • 増刪卜易

     卜筮正宗と増刪卜易は、断易の二大古典とされている。僕はいちおう卜筮正宗のほうは読了していたが、先日ようやく増刪卜易を手に入れて、十日かけてゆっくり読んでみた。 卜筮正宗と増刪卜易は、大部分において重なっているけれども、部分部分では異なるところもある。そ

  • 太陰太陽暦

     日本は明治時代に西暦に改まったが、それ以前は陰暦すなわち太陰太陽暦が用いられていた。これは毎月のはじまりと新月を揃えるもので、正月朔日は雨水直前の新月の日ということになる。中国の春節(正月)はこれである。 春分を含む月を二月、夏至を含む月を五月、秋分を

  • 周易:香港のデモを占う

      平和なデモは無意味 破壊に走る香港「勇武派」  https://news.yahoo.co.jp/pickup/6341454 香港のデモが長引いている。犯罪人の引き渡し条約から端を発したこのデモは、香港政府が条約の撤回を表明してからも収束する様子がない。他方、香港は観光などに悪影響が及ん

カテゴリー一覧
商用