プロフィールPROFILE

Hobbyfullさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
趣味全開見聞録
ブログURL
https://hobbyfulkenbunroku.review/
ブログ紹介文
見て、聞いて、感じた……ことをそのままに綴る感想ブログ。 ゲームにアニメに漫画、映画から小説まで触れた物語について語ります。 趣味に全開な見聞録。
更新頻度(1年)

23回 / 113日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/10/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Hobbyfullさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Hobbyfullさん
ブログタイトル
趣味全開見聞録
更新頻度
23回 / 113日(平均1.4回/週)
読者になる
趣味全開見聞録

Hobbyfullさんの新着記事

1件〜30件

  • 『SPY×FAMILY』パパに夫にスパイと悪戦苦闘!ロイド・フォージャーの魅力

    「このマンガがすごい!2020」で堂々の1位に選ばれた『SPY×FAMILY』の主人公も伝説級のスパイですごかった!無理難題を押し付けられてパパに夫にスパイと悪戦苦闘のロイドですが、裏と表の顔でのギャップに魅力があります。そんなロイドの魅力を紹介する記事です。

  • 『SPY×FAMILY』秘密を知るのは超かわいい超能力少女!アーニャ・フォージャーの魅力

    ちちがスパイでははが殺し屋。そんなわくわくする家族の娘『SPY×FAMILY』のアーニャ・フォージャーは他人の心が読める超能力者でした。偽りの家族を演じるフォージャー家は慣れない家族ごっこにてんやわんやしながら、硬い絆を結んでいきます。中でもわくわくに落ち着きがない養女アーニャのかわいい魅力を紹介します。

  • 趣味全開テレビアニメ見聞録:『pet』第2話潰し屋のお仕事ぜんぶ見せます

    スキャナーズのファンシー版アニメ『pet』の感想を綴ります。

  • 趣味全開テレビアニメ見聞録:『ドロヘドロ』第1話カオスな世界へようこそ

    噛み応えのある混沌アニメ『ドロヘドロ』の感想を綴っていきます。

  • 趣味全開テレビアニメ見聞録:『魔術師オーフェンはぐれ旅』1話古いノリがちゃんとして見える!?

    懐かしい90年代ライトノベルの新たなアニメ化。『魔術師オーフェンはぐれ旅』の感想を綴っていきます。

  • 『SPY×FAMILY』のゆかいなフォージャー家と登場キャラクターを紹介するぜ!

    知らないうちに「このマンガがすごい!2020」で1位を獲得していた漫画『SPY×FAMILY』。1話読んだときから趣味全開で推していた漫画だけに嬉しいできごとです。なのでアニメ化への希望も込めつつ、『SPY×FAMILY』のキャラクターやあらすじなど簡単な情報を紹介するぜ!

  • 『イース9』Part.9仮面舞踏会は悪事のチャンス

    『イース9』のプレイ感想記事。

  • 趣味全開テレビアニメ見聞録:『pet』第1話スタイリッシュなスキャナーズ

    精神世界がテーマなのがたまらない冒頭 物語の冒頭では自閉症の子供に苦しむ母親から始まります。どうやらこの子は母親の感情を読み取ってしまい、心を閉ざしてしまっているようです。それを助ける謎の男。彼が少年の脳内に入り込むと、不気味な世界観が広がっています。 まあ、この世界観がたまらなく良い。精神世界を題材にした『スキャナーズ』みたい。そして精神世界の谷は淀んでいて不気味だけど、山の部分は綺麗な絶景なんだね。そのコントラストも好き。 潰し屋の仕事はやっぱり『スキャナーズ』っぽい!? 健治がやばいアルバイトの秘密を知ってしまったため、記憶を消されて従順な人間仕立て上げられてしまうという内容。この記憶改ざんのために差し向けらえたのが潰し屋と呼ばれる存在でした。 この潰し屋というのが、人の記憶に入り込んで、記憶を奪ったり嘘の記憶を植え付けてしまうという恐ろしい能力者。『スキャナーズ』のように頭の中に潜り込むんですね。今後はスキャナー同士の戦いが展開されるのでしょうか。楽しみです。 何が現実で嘘の記憶なのかわからないのも物語最大の魅力でしょうか。あと1話ですべてを語らず、謎を残しているのも良い作品と言える点ですね。あと額に傷跡のある金髪は冒頭で謎の男に救われた自閉症の子供でしょうね。

  • 趣味全開的ちょこっと見聞録:ライオンキング

    『ライオンキング』実写化ということで観たけど、予告から察していた通りフルCGだった。実写とは…… 実写版『ライオンキング』の脚本はアニメ映画版とまったく同じなのかな? 記憶とほぼパーフェクトに一致してたけど。なんかカットの構図まで同じに作ってそう。

  • 趣味全開的ちょこっと見聞録:スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

    『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の正直な感想は前作の方が良かったということかな。というかあの敵が出てくる意味がわからないし、前作『最後のジェダイ』がクライマックスで、3部作として終わらせるための蛇足としか観られなかった。 とはいえ、レイとレンの物語をちゃんと完結させてくれたのは良かったかな。ただダース・プレイガスについては謎のままで終わってしまった感じが残念。あいつ出さずにこっち出した方がよかったのでは?

  • 『イース9』Part.8

    猛牛の正体がユファちゃんであることがわかった前回の『イース9』。シャトラールの企みもわかってきて、いよいよ物語が大きく動きだすのだろうか。そして「背教者の秘密」とはいかに? まずは物語の冒頭をプレイしていきます。

  • Part.Final『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』

    遂に終わってしまった『閃の軌跡IV』。感じたことやまとまらない考えをここに。

  • Part18.『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』

    『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』のラスダン攻略! ストーリーの感想を中心にプレーの思い出を記録。

  • Part17.『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』

    最後の死闘を控えた『閃の軌跡IV』。ラスダンに乗り込むまえに各地の様子と困りごとを見て回ります。呪いの最終化に呼応して出現する幻獣たち(?)など、困難を乗り越えて行こう!

  • 『イース9』Part.6人形さん探し物はなんですか?

    『イース9』第IV部「人形の探し物」のプレイ感想です。

  • エオルゼア見聞録:イシュガルド復興

    ドラゴンたちとの戦争で疲弊しきったイシュガルド。その傷を癒すべく、蒼天街の復興が始まりました! かなり崩落がひどく、ドラゴンが落ちてきた衝撃のように瓦礫というか藻屑になってます。これを冒険者が物資などで支援することで活気を取り戻し、瓦礫も綺麗になっていくのでしょうか。 冒険者たちが物資を納品したことにより、物資の受け渡し場を建てる目途が立った模様。これまた冒険者たちを募って、物資の加工に組み立ての大運動会が始まった! こちらは冒険者支援テント。ここで装備を整えるための触媒や、冒険者たちへのご褒美が配られています。 計画書によると、次は名も無き者たちの広場を整備するようです。もう土台らしきものができています。 建設のための資材置き場か? また資材が集まり、名も無き者たちの広場にもテントが立ちました。 ただしまだ施設が機能していないようで、今後の復興作業で何が始まるのか楽しみですね。

  • エオルゼア見聞録:イシュガルド復興支援

    ドラゴンたちとの戦争で疲弊しきったイシュガルド。その傷を癒すべく、蒼天街の復興が始まりました! かなり崩落がひどく、ドラゴンが落ちてきた衝撃のように瓦礫というか藻屑になってます。これを冒険者が物資などで支援することで活気を取り戻し、瓦礫も綺麗になっていくのでしょうか。 冒険者たちが物資を納品したことにより、物資の受け渡し場を建てる目途が立った模様。これまた冒険者たちを募って、物資の加工に組み立ての大運動会が始まった! こちらは冒険者支援テント。ここで装備を整えるための触媒や、冒険者たちへのご褒美が配られています。 計画書によると、次は名も無き者たちの広場を整備するようです。もう土台らしきものができています。 建設のための資材置き場か? また資材が集まり、名も無き者たちの広場にもテントが立ちました。 ただしまだ施設が機能していないようで、今後の復興作業で何が始まるのか楽しみですね。

  • エオルゼア見聞録

    第一世界 ノルヴラント クリスタルレイク グラン・コスモス ページ案内

  • エオルゼア見聞録:魔法宮殿グラン・コスモス

    新IDグラン・コスモスを訪問!

  • Part16.『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』戦争前のカレイジャスII

    戦闘準備が着々と進む『閃の軌跡IV』 ミシュラムからそれぞれの配置へと旅立って行く飛行艦たち。いよいよ作戦の日がきたといった感じですね。 艦長席を預かるはレンハイム夫妻。「空の軌跡」のときからオリビエが温めていた悲願がいま果たされようとしています。思えばオリビエがオズボーンに喧嘩をしかけてから長い年月が経ちましたよね。 操縦桿を握るのはオリビエの永遠の相棒であるミュラーさん。ミュラーさんも『空の軌跡』のときからオリビエに振り回されっぱなしだったけど、いつでもそばにいましたよね。 戦況としては帝国の軍勢は戦争に忙しいようですが、黄昏に手を貸している身喰らう蛇は邪魔をしてくるでしょうね。カレイジャスIIでも結社の持つ巨大戦艦「紅の方舟」に警戒しています。 VII組のメンバーは現場に出てダンジョンを攻略しつつ敵を倒していくわけですが、艦内からのバックアップも手厚いもようです。安心して留守を預けられるようになったエリゼが頼もしい。思えば『閃の軌跡』の頃には兄が自分たちの元から去ろうとしているのを知ってひとり暴走したのが懐かしいですね。 そういえば特務活動という言葉はずいぶんと久しぶりじゃないかな? 教官になったリィンは授業の一環となっているこの特務活動をこの最終ダンジョンでもって有終の美を飾りたいようです。 そしてここで最終章のタイトルコール。ああ、ついにここまで来たかという感じです。さてどんな結末が待っているのかシリーズ最大のコンクリュージョンの前にまったりと艦内探索です。 『閃の軌跡IV』探索カレイジャスII 各地にも大きな変化があったようですが、まずはカレイジャスIIの内部を探索していきましょう。星見の塔は最後になるのかな。もうこれまで行ってきたほとんどの場所にNEWの文字がついているから、これは長くなりそうだ…… 黒の史書の最後の内容はヨルムンガンドとミルミラージュがぶつかり合う未来が書かれています。しかしその先にくる結末は解析不能とのこと。しかしこの黒の史書を記録した機関AZOTHなる組織の名前が初めて出てきましたね。一体彼らはどんな組織なのでしょう? もしかしたら外の理にいる存在なのだろうか。

  • 『イース9』Part.5鷹さんはどうしてそんなに暴れるの?

    『イース9』のプレイ感想を綴ったブログ記事です。

  • Part15.『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』

    『閃の軌跡IV』のプレイ感想を綴ったブログ記事です。

  • 『イース9』Part.4メランコリーな白猫ちゃん

    『イース9』のプレイ感想を綴ったブログ記事です。

  • 『イース9』Part.3ゲームの活動方針決まる

    『イース9』のプレイ感想を綴ったブログ記事です。

  • 『イース9』Part.2アドルはなぜ犯罪者となったのか

    『イース9』のプレイ感想を綴ったブログ記事です。

  • 『イース9』Part.1脱獄ゲーが始まる

    『イース9』のプレイ感想を綴ったブログ記事です。

  • Part14.『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』最強のアリアンロードに挑む!

    『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』の攻略感想のブログ記事です。

カテゴリー一覧
商用