サクラ姫~毒親育ちの胸の内
読者になる
住所
出身
ハンドル名
桜さん
ブログタイトル
サクラ姫~毒親育ちの胸の内
ブログURL
https://sakurahime.hateblo.jp/
ブログ紹介文
精神的虐待から立ち直るため、心を整理するために過去を中心につづるエッセイブログです。モラハラ、慢性疲労、鬱、生活保護、病院等についても書いていきたいです。また挿絵(オリジナル漫画)も描いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

14回 / 29日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2019/09/18

桜さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 16,214位 15,391位 14,566位 13,816位 13,190位 11,908位 11,403位 974,982サイト
INポイント 20 20 10 10 10 10 30 110/週
OUTポイント 50 50 40 50 80 60 60 390/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 382位 353位 340位 342位 366位 406位 441位 28,324サイト
モラルハラスメント 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 113サイト
家族ブログ 200位 189位 185位 167位 140位 116位 109位 16,134サイト
毒親 2位 2位 2位 2位 1位 1位 1位 177サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 19,234位 18,590位 18,408位 19,023位 18,592位 19,204位 18,737位 974,982サイト
INポイント 20 20 10 10 10 10 30 110/週
OUTポイント 50 50 40 50 80 60 60 390/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 482位 461位 457位 475位 530位 624位 748位 28,324サイト
モラルハラスメント 1位 1位 1位 1位 1位 3位 3位 113サイト
家族ブログ 308位 295位 296位 300位 268位 258位 238位 16,134サイト
毒親 6位 6位 7位 6位 3位 3位 2位 177サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,982サイト
INポイント 20 20 10 10 10 10 30 110/週
OUTポイント 50 50 40 50 80 60 60 390/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,324サイト
モラルハラスメント 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 113サイト
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,134サイト
毒親 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 177サイト

桜さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、桜さんの読者になりませんか?

ハンドル名
桜さん
ブログタイトル
サクラ姫~毒親育ちの胸の内
更新頻度
14回 / 29日(平均3.4回/週)
読者になる
サクラ姫~毒親育ちの胸の内
  • スーパーマンにはなれない

    こんにちは、桜です。 今日も全身倦怠感が強いです。 体が不自由な中にも出来ることを探して過ごします。 たとえ何も出来なかったとしても、今日も頑張ったと褒めてあげます。 じゃなきゃ自分が可哀想ですからね。 私は小さいころから、父にものすごく期待をかけられていました。 物心ついた頃には外交官になればいい、薬剤師になれ、会計士になれ、弁理士になれ、東大に行かなければなれないぞと何かとプレッシャーを受けていました。 親は子供に期待をかけるものかもしれませんが、父は自分の持つ劣等感を私にぶつけていたと思います。 とにかく要求に際限がありませんでした。 かと言って、成績が良かったからと言って褒められたこと…

  • 不可能を可能にする忍耐

    こんにちは、桜です。 見ていただきありがとうございます。 このブログでは幅広く思った事や感じた事を綴っています。 ぜひお付き合いください。 自分がこんな生活をしているせいか、テレビで放送される社会問題や、それが元に起る事件を身近に感じることがあります。 どうしても他人事とは思えません。 被害者のいつ終わるとも知れない苦しみを想像すると共に、加害者をそこまで追い詰めたものは何なのか、考えずにはいられません。 どうしても、犯罪を犯してしまった人すべてが、自分とは違う人間性を持った、猟奇的な人物とは思えないのです。 不幸の連鎖から立ち直ることはとてつもなくエネルギーのいる事です。 どんなに頑張っても…

  • 生活保護での暮らし

    こんにちは、桜です。 このブログでは生い立ちや、日々感じた事、思ったことを綴っています。 思いを吐露する事で、精神的に立ち直っていこうと頑張っていますよ。 良かったらお付き合いください。 私は病気のため約2年半生活保護を受けて生活しています。生活保護はどんなイメージですか? ただでさえ病気や経済苦なのに、支えてくれる家族や、実家と呼べる居場所も無いため受給している人が多いのではないでしょうか。 生活保護での暮らしは想像以上に辛いものでした。2年半のうち、中一年はほぼ誰の助けも借りられずにいました。 体調が悪く買い物へも行けない。ご飯も作れない。でも出前は高くて取れない。 話し相手もいない。一日…

  • 宝くじは当たらない3

    こんにちは、桜です。このブログではこみ上げる様々な思いを言葉にして、心と体を回復させようと試みています。精神的虐待以外にも生活保護での暮らしや思った事感じた事を書いていきたいと思っていますよ。よかったらお付き合いください。 前回のつづき・・・懲りずに宝くじを買ったって話、、 とは言ってもその後の一年半で買ったのは、ロトシックスなど合わせて20枚程度でしょうか。 大した枚数ではありませんが、生保を受けている私にすればいつも思い切って買っていましたよ。 幸いギャンブル依存症にはなりませんでした。多分単純なエネルギー不足で実行に移せなかったのもあると思います。外へ出る元気がなければ買えませんからね。…

  • 宝くじは当たらない2

    こんにちは、桜です。最近調子が上がらず、ちょっと落ち込んでいますが、ブログを書ける日は嬉しくなりますよ! 一日の間にも体調は大きく変わります。20年以上この体と付き合ってきていますが、体調不良に慣れるということはありません。 とにかく社会と繋がりを持ちたくて始めたブログです。わずかでも見てくださる方の存在は心の大きな支えです。よかったらお付き合いください。 前回の続き・・ 結果は、、、もちろん5億なんて当たりません。 確率通り300円が10枚、3000円が1枚、計6000円の当たり。 しかも、その6千円でさらに宝くじを買って結果すっからかんです。 本来であれば直ぐに収入報告しなければならないお…

  • 宝くじは当たらない

    こんにちは、桜です。このブログでは過去を綴り心を整理して、精神的虐待から立ち直っていくことを目的としています。どうぞよろしくお願いいたします。 約2年前、生活保護を受給し始めたその年の秋、宝くじその物が当たったことがあります。 偶然見たテレビで3名様にジャンボ宝くじ100枚プレゼント! 何となく電話して応募したら次の日に当選の連絡がありました。もうビックリ!こんなことが自分の身に起きるなんて。 人生で宝くじを買ったのなんてせいぜいスクラッチ3,4枚。 それまでほぼ意識したことのない存在でした。 連絡のあった日から、もはや当たったんじゃないかと思うほど、真剣に使い道を悩みました。 くじを換金する…

  • たくさんの人を敵に回しても、そのままで生きてる人って魅力的

    こんにちは、桜です。昨日はずっとベッドの上だったので、少し飽きてしまいました。 今日はブログを書けてとても嬉しいですよ。 このブログでは思いを打ち明けて心を整理すると共に、 心を強く鍛えようと試みています。体に無理が出来ない私にとって、ブログは生きがいとなっています。 良かったらお付き合い下さい。 人は、親やお世話になった人など、純粋に誰かの期待に応えたいと思っています。それは決して悪い事ではなく、美しい心です。 けれど悪い期待の掛けかたがありますね。 私はどんなに父の期待に応えても、ついに父が満足することはありませんでした。 達成しても達成しても終わりは来なかった。 父はいつも不満足そうでし…

  • 分からなくっても無理はない

    こんにちは、桜です。 少し体調が良いと自然と朝の身支度をするのですが、一日中パジャマのまま過ごすことも少なくないですよ。 今朝は着替えることができました! このブログでは思いを吐露して過去を整理するとともに、心を強く鍛えようと試みています。 良かったらお付き合いください。 私は障害等級3級ですが、見た目にはっきりとわかる障害もあれば、分からない障害もありますね。 分かるからこそ辛いこともあると思います。 また分からないからこそ辛いこともあります。 特にお化粧をすると顔色の悪さもすっかり消えて、母親もびっくりするほどの別人になりますよ。 我ながら「これじゃあ病人なんて分からないよ~」と思っていま…

  • 映画「葛城事件」

    こんにちは、最近抜け毛が気になる桜です。 そろそろ排卵なので、束の間の体調の良い時期も終わった気配です。また良い時まで忍耐ですが、悪い中でも出来ることを精いっぱいやっていきたいと思っていますよ。 今年見た映画の話です。「葛城事件」ご存知ですか?? 2016年公開のこの映画は、実際の事件を元に描かれているそうです。 狂気の父親が、長い時間をけけて家族を精神的に追い詰めていく様が描かれています。しかも一見どこにでもいそうな家族像なのです。 映画『葛城事件』予告編 私はこの映画を見てびっくりしました!父親役演じる三浦友和さんの風貌が父にそっくりだったからです。 もちろんすべての行動が同じわけではあり…

  • どんなに小さな感情も他人に明け渡さない

    こんにちは、桜です。 今日はおやつにコーヒーとチョコパイを食べました。 以前はかなり厳格にカフェインレスやグルテンフリーなどの食事療法をしていましたが、今はかな~りゆるくなっていますよ。 美味しいものを食べるときは、私頑張ってるーって褒めてあげます! このブログでは、思いを吐露することで過去を整理し、前向きに生きることを目的に書いています。よかったらお付き合いください。 小学生だった頃の話です。 私はカレーライスが大好きでした。子供はみんな好きですね。 晩御飯にカレーが出るといつも大喜びしていました。 すると父が毎回必ず「お前の旦那はカレーしか食べさせてもらえないからかわいそうだ。かわいそうだ…

  • 生真面目は良くない

    こんにちは、桜と申します。 現在生活保護を受給しながら療養生活を送っています。 精神的な落ち込みはお薬でなんとかごまかすことは出来ても、体はまだまだ無理がききません。 このブログが心の支えとなってくれていますよ。よかったらお付き合いください。 生活保護を受給してもう2年半が過ぎようとしています。 生活保護は権利とはいえ、当初の私は、もう道の真ん中を歩いてはいけないような思いになるほど落ち込んでいました。とにかくずっと申し訳ないような気持ちになっていました。 もちろん今でも抜けたいと、私なりの自立の道を模索していますよ。 半年ほど前でしょうか、いつも通り調剤薬局でお薬を頂いた時の事です。睡眠導入…

  • 優しい言葉を覚えよう

    今日は少し調子が良いですよ。気分も悪くありません。外へ出かけられるほどではありませんが、ちょっと体が楽なだけで幸せな気持ちになります。 このブログでは心に積もった重たい感情を言葉にして表現することで、心を癒し元気になることを目標に書いています。 良かったらお付き合いください。 まだ10歳位の時、朝から気分が悪くてトイレで嘔吐しました。 重たい体を引きずって母のところへ行くと、開口一番「ちゃんと流したの!」と怒り口調で言われました。 まだほんの子供だったけど、こみ上げる悲しみと怒り、そしてなぜそんなことを言われるのか分からないという感情が残りました。 具合の悪い時に、なぜ嫌な顔をされなければいけ…

  • パンくずパン

    今日も調子が上がりません。朝から寝たり起きたりを繰り返しながら、この文章を綴って過ごしてますよ。 普段であれば生理後は少し過ごしやすくなるのですが、季節の変わり目のせいかな?男性にも特有の症状があるのかもしれませんが、女性は周期によっても体調が変わるので大変ですね。 私は今現在生活保護を受給していますが、このブログが唯一の生きがいとなっていますよ。よかったらお付き合いください。 昔読んだ本に、こんな感じの言葉が書かれていました。「最も不幸なのはテーブルの上のご馳走をしらないで、テーブルから落ちるパンくずを食べて幸せだと思い込んでいる人たちだ」と。 私も随分自分を偽って信じ込ませようとしてきまし…

  • 息抜き漫画9,10

    息抜き漫画1 息抜き漫画2 息抜き漫画3 息抜き漫画4 息抜き漫画5 息抜き漫画6 息抜き漫画7,8 「物騒な一人と一匹」おわりブログはつづくよ!

  • 息抜き漫画7,8

    「物騒な一人と一匹」息抜き漫画1 息抜き漫画2 息抜き漫画3息抜き漫画4 息抜き漫画5 息抜き漫画6 もうちょっとだけつづく

  • 息抜き漫画6

    「物騒な一人と一匹」 息抜き漫画1 息抜き漫画2 息抜き漫画3 息抜き漫画4 息抜き漫画5 果てしなく妄想は、つづく

  • 息抜き漫画5

    「物騒な一人と一匹」 息抜き漫画1 息抜き漫画2 息抜き漫画3 息抜き漫画4 繊細でさみしがりなサクラちゃん。 つづく

  • 息抜き漫画4

    「物騒な一人と一匹」 (作者による作者のための)息抜き漫画1 - サクラ姫 息抜き漫画2 息抜き漫画3 久しぶりに投稿出来てうれしいです。つづきます!

  • 息抜き漫画3

    「物騒な一人と一匹」 息抜き漫画1 息抜き漫画2 つづく

  • <動物の虐待に関する記述です。特に苦手な方はお控えください>

    昔うちでは、真っ黒で甲斐犬みたいな雑種の犬の女の子を飼っていました。はっきり記憶していませんが、小学校高学年の頃亡くなりました。 散歩は父の仕事で、学校から帰るとよくついて行きました。 この子の記憶は長い間意識の奥底に沈めて見ないふりをしてきた気がします。大人になってから、ペットを家族のように大切に扱う世間一般の人達を見るにつけ、経験したことのギャップに苦しみました。 私が見ていた光景の意味は何だったのだろう? 「体を洗う」と言って犬を抱えて川に投げ込み、必死で這い上がってきた犬をまた投げることを繰り返す。またある時は通りの少ない道路に置き去りにして、捨てるフリをして車を発進させて、必死で追い…

  • 見聞きすることは直接的な暴力

    直接自分に向けられた暴力に対しては抗議する権利があるけれど、自分以外の人間に向けられた暴力で精神的に傷ついても、当人ほど訴える権利はないような気がしていました。 本人たちが平気そうな顔をして許して収めることを良しとする雰囲気だったのだからなおさらです。もし抗議して波風を立てれば逆に非難の対象にされるのです。 例えば父の母に対する態度は全く対等な人間関係ではありませんでした。 父は母の事をよく「めっかい」と呼んでいました。 その言葉が“召使い”なのか“メスの使いっぱしり”を意味するのか分からなかったけど(だってそんな言葉は知りません)とにかく侮蔑の表現でした。 晩酌のビールを母のグラスにほんの少…

  • 息抜き漫画2

    sakurahime.hateblo.jp いつかつづく sakurahime.hateblo.jp

  • (作者による作者のための)息抜き漫画1

    「物騒な一人と一匹」 多分つづく

  • 混乱する脳

    書きたいことはたくさんあるはずなのに、思い出そうとすると、とたんに吐き気に襲われます。 最近母に、父とは何の理由で言い争っていたのか尋ねたら「分からない」と言いました。 覚えているのは、ある日出先で父が「パンプスを買ってやる」と言ったので、喜ぶ母を見て嬉しいなと感じながら帰宅すると、とたん「金を払え」と怒鳴ったのです。明らかに変だと感じたから印象的に覚えていたのだと思います。 日常はもっとずっと、分かりにくい些細な出来事の積み重ねで「あれっ?」「えっ?」と一瞬の混乱のうちに過ぎていきました。 後には言葉に出来ない違和感と、スッキリしない感情が積もっていきました。 父は、言っている事とやっている…

  • 空っぽ人間

    自分の心をどんなに探ってみても何もない。 一生懸命楽しそうなふりをしてきたけれど、心から楽しかったと思える思い出もない。 楽しいの意味が分からない。 歯を食いしばって、握った拳から血が滴り落ちるような忍耐の日々を送ってきた。 確かに頑張ってきたはずなのに。 30数年生きてきて、身についたものは無い。自分はこれだと言えるものが無い。何一つ残さなかった。何も続けられなかった。 何が好きなのかも分からないから、いつも正しいか正しくないかを考えて、いつも間違っているような気がしてしまう。 パッと手に取った物を確信をもって好きだと言えて、正解も不正解もない、たとえ人が変だと言っても関係ない。そんな感覚が…

  • さみしいが育った

    小学校卒業頃までの記憶では、とにかく両親が言い争いをしていました。 父は背が高く体格も良く、それだけで威圧感があるのですが、その風貌に加えてよく大声で怒鳴っていました。 父の場合は単なる喧嘩と呼べるような生易しいものではない、まるでヤクザが罵声を浴びせて、強い恐怖と不安で人を支配下に置こうとするものでした。身体的暴力は無い。けれどいつ始まるとも知れない怒鳴り声、地鳴りのような足音、ドアを乱暴に閉める音。それに負けじと大声を張り上げる母の声。 私にはきょうだいがいて、いつしか争いが始まると一部屋に集まって、収まるまでじっと耐えるのがお決まりになりました。昼間であれば無理にでも遊びに行ける友人宅を…

  • 見えない虐待~無かったことにされる虐待

    以下は本の抜粋です。精神的・心理的虐待の定義をいくつか読んだ中で、一番心にピタリとはまりました。 <子供の権利条約>によると、子供に対する精神的虐待とは次のように規定されている。 ―言葉による暴力(大声で怒鳴りつけたり、心を傷つけるようなことを言う)。 ―加虐的な態度と、子供を過小評価するような態度(乱暴な態度をとったり、自分は駄目な人間だと子供に思わせる)。 ―愛情の拒否(子供を愛さない)。 ―子供の年齢から考えて不釣り合いな要求、あるいは過大な要求(まだ小さいのに無理なことをさせようとする)。 ―教育における矛盾した、あるいは不可能な指示や命令(矛盾したことを教えたり、できないことを命令し…

  • なぜ書くの?

    明らかに異常な状況に置かれながら、本人は気付かないことがあります。 何かがおかしいと感じながらもそれはあまりにも日常で、さらに巧妙で見えにくく、どんなに訴えても周囲からも何でもないことのように扱われてしまったら、どうして気付くことが出来たでしょうか。 今までのことを思い出すと途端に頭は混乱し、何が何だか分からなくなります。まるで脳が分裂するような、体が空中分解してしまうのではと思うほどです。ずっと正体の見えないものへの怒りや悲しみで悩み続け、体も疲れ果ててしまった原因は “自分の姿が見えていなかった”からだと思います。 いったい何が正しくて、間違っていたのは誰なのか。見抜くことも出来ませんでし…

  • 感じたことは本当のこと

    初めまして、桜と申します。 現在30代、心療内科に通院していますが、振り返ればはっきりと心の問題が表面に出てから、もう20年に近い年月が経ちました。それ以前の、あの頃もう既に変だったなという時を含めれば、もっと多くの時間、自分を見失ったまま過ごしてきてしまいました。 ここに至るまで様々な経験をし、そこからたくさんの思いが乱れています。とめどなく湧き上がる感情をただ噴水みたいに体内で循環させていないで、自分なりに外に向かって表現してみようかと思いました。それによって感情の噴水が他に噴射するのも防げるかもしれません! 今まで感じてきたことが “大げさではないか” “考えすぎではないか” “ボタンの…

カテゴリー一覧
商用