searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ALIさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こころのノート
ブログURL
https://watashizikan.fc2.net/
ブログ紹介文
その時その時の出来事から思い浮かんだことを文字にしています。 時にストレートに、時にオブラートに包み、時に濁したり・・ 不定期更新になりますが、マイペースに更新してまいります。
更新頻度(1年)

9回 / 163日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/09/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ALIさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ALIさん
ブログタイトル
こころのノート
更新頻度
9回 / 163日(平均0.4回/週)
読者になる
こころのノート

ALIさんの新着記事

1件〜30件

  • いいね

    ご飯が、食べられるっていいねおトイレに、行けるっていいね洋服を、着替えられるっていいね誰の、手も借りずに生活できるっていいね誰かと、お喋りできるっていいね外食が、できるっていいね車に、乗って出かけられるっていいねお散歩できるって、気持ちいいね外の空気吸うと、気分転換になるねまた、一緒に歩けたね心、細くなかったね健康な身体がそこにあるっていいね明日も明後日も、そのあとも、そのずっとずっとあとも、自由...

  • 寄り道もわき見も休憩も生きるために必要だった

    乗り越える為には休憩が必要で乗り越える為には寄り道も必要こんなに頑張ってるのに実らないのは空回りしてるときそんな時は休憩するに限る自分にないものを見てる時は代わりどきなのかもしれないそんな時は寄り道するに限る答えは急いで出るものじゃないけど急ぐ気持ちも簡単に消せるものじゃない人生は長い道長い道のり休憩も寄り道も取らずしてではどの道も歩めない...

  • 乗り越えた先にあったもの

    家族と乗り越えた先にあったもの仲間と乗り越えた先にあったもの絆育った環境も暮らしてる環境もぜんぜん違うけど互いに助け合った結果が生んだものがあったそれはお金では買えないものだし眼には絶対見えないものだし確かなものは無いけれど―これだけは言える逃げてる間は欲しいものはけして手に掴むことは出来ない...

  • 一円玉の運

    お会計が「531円になります」そんな時、この一円がお財布の中にあったりすると「ラッキー」と思ってしまう。その私に対し「こんなところで運を使ってはだめ~」と言う店員さんに対し私は…「運なんて、その辺にいっぱい転がってるから」と、つい声にしてしまう。無いよりあった方がいいし使わないと次の運は見つけられないし運は出会ってなんぼ、見つけてなんぼ使わな損損―――...

  • 鬼になるなんて辛いだけ

    久しぶりに、誰かに、小さな気持ちを打ち明けた。―鬼になるなんてこと、望んでない。―怒ってる理由に気付いてほしいんじゃないの。鬼になる気持ちをわかってほしいじゃないの。そうじゃないの、私が言いたいのは―「好きで鬼になってるんじゃないんだろう?」~心が救われた瞬間~...

  • 近づきたくない

    余計なことを言ってきた日以来、あの人は私にまったく近づかなくなった。それまで、煩いしつこいと思うほどメールしてきてたのに。ぷっつり、ぱったり、静かになった。それでいいと思う、あの人とは性格が違い過ぎる。あの人は私のことを「自分勝手」と言っていた。更に「自分ばかりが我慢してる」と言っていたけど。私からあの人を見たら、全然我慢なんてしてない、好き勝手に生き過ぎてる、家庭を顧みることもなく。酷いと思う、...

  • 一難去ってまた一難

    次から次へと予期せぬ出来事に遭遇するとつい思う。「人生って、不公平」たった一度の人生でここまで様々な災難に見舞われるとつい考えてしまう。その災難が起きる原因は何?私が呼んでしまってるのか、それとも家族が呼んでしまっているのか。日頃の行いが悪いのか、今以上に頑張らないといけないのか。何が原因でこんなに不運を呼んでしまうのか。一つの災難が片付こうとすると思う。どう生きたら災いは寄ってこないのだろう―災...

  • ブログを書けば書くほど

    最初は、この胸の中にあるモヤモヤを吐き出せればいいかなって思ってた。本当は、片づけたい仕事があったんだけど、久しぶりに没頭できるものを見つけて、のめり込めばのめり込むほどモヤモヤ感が吹き飛んでて・・気付けば、仕事、片づけずに、一日が終わってしまいました。ブログの奥の深さに引き込まれた一日となりました。...

  • クラクションを鳴らしても何も変わらないことがある

    その道路はメイン道路から一歩裏へ入る細道。一方通行ではないけれど、対向車が来た時はどちらかが譲ってあげないと走りづらい道路だ。ときどき、その狭い道路で一台のワゴン車が止まることがある。『こんなに狭いのに?』そのワゴン車が何故そこへ止まるか、その答えは車に書かれているにも拘わらず、そこを偶然通った運転手が怒りに任せクラクションを無暗に“ぶっぶっぶぅっ”と鳴らしていたが、状況は何一つ変わらないこともある...

  • 心の安定を求めて

    例えその苦労から逃げたとしても、違う形で苦労はやって来る。生きていれば、何も無いわけがない。転ぶし、つまづくし、その度に切り傷のようなチリチリした痛みや、打撲をしたようなズキズキズンズンのような激しい痛みにも襲われる。かと思うと、この身が引きちぎられるような出来事に襲われると「ああ、もう疲れた」って思った瞬間、自分が何処にいるのかがわからなくなった。そこには、明暗もない、痛みもない、味覚も嗅覚も音...

  • 忘れたいことが忘れられる場所

    普段何でも言ってると思ってた。どれも声にしてると思ってた。だけど何気に思った・・『言えないことってあるんだ』その一つの思いからモヤモヤが始まって考えれば考えるほど気持ちが一杯一杯になってきて気がついたら、それを打ち明けられる場所を彷徨い始めてた。あちらこちらのブログを見学。きっとそれぞれの場所にはそれぞれの魅力があるんだと思う。でも今の私にはそのそれぞれの魅力がわからない。ここにしようと思った決め...

カテゴリー一覧
商用