searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hiro-sunさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
旅の写真館
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hironamielmo
ブログ紹介文
広島県を起点に何でも撮ってブログにアップしています。です。 旅、祭、花、山、飛行機、新幹線、SL、護衛艦、御訪問頂ければ 何かご興味が沸く記事があるかもしれません。 退屈しのぎにどうぞ^^。
更新頻度(1年)

92回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/06/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hiro-sunさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hiro-sunさん
ブログタイトル
旅の写真館
更新頻度
92回 / 365日(平均1.8回/週)
読者になる
旅の写真館

hiro-sunさんの新着記事

1件〜30件

  • 大寧寺

    山口県長門市大寧寺湯元温泉からすぐの山懐に鎮座する壮麗美観のお寺中国地方でも上位の紅葉の名所でもあります。ちょうど見頃を迎えた時期の参詣さすがに紅葉の名所、多くの紅葉狩り客が訪れていました。コロナ下でもあり蜜を避け早々に引き上げることに・・水紅葉山茶花紅葉の季節を外せば静寂と美観をゆっくりと楽しめるお寺です。大寧寺

  • クロダイ

    クロダイの群れとても繊細な魚、細く柔らかい竿細いハリス、様々な仕掛け。こうして見えてると釣れそうな感じですが、餌を目の前に投げても見向きもしません。なのにサビキ釣りに掛かったりと変なところもあり、でもかなりの難敵です。写ってるクロダイは40cm前後の中型、警戒心の強い魚なのに浮遊状態空にはトビやミサゴ、私も近くに居ますが・・クロダイ

  • 猫寺 雲林寺

    山口県萩市吉部雲林寺ネコ人気、ちょっとひょうきんな猫たちに囲まれますが軽めのお寺なのかと思いきや歴史はあり毛利輝元にさかのぼります。主君輝元の亡き後、殉死した重臣の飼い猫は四十九日墓に寄り添いその後自ら命を絶った・・その供養をした界隈が萩市猫町雲林寺は毛利輝元夫人殉死者の墓があった天樹院の末寺との事木々に囲まれたお寺、木漏れ日に木彫りの猫が浮かび上がって主張しています。マスクを付けて苦難の2020年を象徴する様に踊る3匹・・早くマスクが取れるといいな。猫寺雲林寺

  • 月と水星の競演

    202011/14明け方東南東の空に細い月と水星の競演。地球照を伴った月が美しい。202011/131日前の空月齢27の月と金星の接近。202011/14朝焼けの中に細い月と水星が残り印象的な夜明け。202011/14金星月水星画素数を落としているので小さな星が見えなくなっています月と金星の次の競演は12/13月と水星の競演

  • 旧閑谷学校 楷の木紅葉

    岡山県備前市旧閑谷学校世界最古の庶民のための公立学校とあります。(江戸前期創設)色鮮やかに紅葉した楷の木は中国山東省の孔林から持ち帰った種子が成長した2本。今年は葉落ちも無く見事に色付きました。コロナ下ではありますが多くの観光客が訪れていました。講堂(国宝)火頭窓から差し込む光は楷の木の色を映し心に残る光景になっています。観光客が少ない日ならこうして瞑想するのも一考。敷地内の小さな川には紅葉した落葉が彩りを添えています。水面のモミジと鯉。上にも下にも秋の風情旧閑谷学校楷の木紅葉

  • しんかんせーん!

    ロングノーズ、エッジの効いたショルダー部高速モンスターが大ヶ池橋脚を一気に駆け抜ける。岡山県備前市しんかんせーん!

  • 中国観音霊場巡り

    中国三十三観音霊場第一番札所は岡山県「西大寺」宝木を奪い合う裸祭りで有名なお寺です。岡山県第二番札所上寺山餘慶寺岡山県第三番札所備前正楽寺仁王門軒下の彫刻が素晴らしい。雲と波を表現、壮麗な鎌倉時代の面影。中には仁王像眼光鋭くにらみをきかす。広い境内は庭園もあり紅葉も綺麗です。岡山県第五番札所法界院裏山は八十八か所のミニ霊場となっています。こちらでは霊場巡りの人にお接待をされていて私共もお茶とお菓子を頂きました。中国観音霊場巡り

  • 岩国基地

    この日も仕事が早く終わり岩国基地へ巡回中のポリスカーと格納庫へ向かうUS-2FA-18C4機離陸地点へタキシング中自衛隊練習機が横切るまで離陸待機。轟音と共に1番機間を開けず2番機、3番機、4番機凄まじい轟音が続きます。垂直尾翼にマークが入る隊長機?俊敏な戦闘機が一気に上昇、眼を放すとすぐに見失いカミナリの様な音だけが空に残ります。アトラスエアーボーイング767-300ER旅客機を貨物機に改修した機体がテイクオフ。毎回この角度を撮ってしまう。テイクオフの一連のパフォーマンスは何度見ても感動的です。岩国基地

  • 廿日市 極楽寺山の秋

    廿日市市極楽寺極楽寺山山頂付近に鎮座今は車で楽に登れますが標高663mもある極楽寺山昔の門徒はお参りが大変だったと思います。それでも、毎日登られる方々もいて廿日市市民には憩いのやまです。境内にある石仏見るたびに微笑ましく思うのは私共だけでしょうか?足元の草も秋色です。燃える様なモミジに木漏れ日で映える緑葉極楽寺をあとに少し下ると蛇の池初夏には睡蓮の花が池いっぱいに咲き誇ります今はひっそりと紅葉に囲まれています。睡蓮の葉も水紅葉に楽しませてくれた鯉達も冬備えです。廿日市極楽寺山の秋

  • 紅葉 モミの木森林公園

    紅葉も高い山を降りて中山あたりで綺麗に色付いています。旧吉和村「モミの木森林公園」までドライブしてみました。県道186号線沿いの紅葉。この付近はカーブが多くそれを楽しむ様にバイクが行き交います。レースさながらのバンクをかけコーナーに入ってくるのでバイクの多い休日は気をつけて運転しないと危険です。モミの木森林公園子供が小さい頃はよく遊びに来た場所です。キャンプやアスレチック、長閑な山歩き等、子供達に自然の楽しさを体験させるには絶好のフィールドです。ひと際鮮やかなモミジ公園センターの前は「ドウダンツツジ」が真っ赤。いよいよ紅葉の撮影が始まりました。徐々に平地も色付き観光地が賑わいを見せますが、まだコロナ下、蜜をさけ感染防止に心掛けます。紅葉モミの木森林公園

  • アサギマダラがいっぱい

    旅する蝶アサギマダラこれまで一匹・・蝶の数え方は一頭二頭ですね。数少ない蝶と思っていましたが、この日に覆されました。フジバカマを管理するネコ?周防大島町、地下室(じかむろ)地域の人達がフジバカマを育て群生地ができました。空を飛んでいるのは全部アサギマダラ。フジバカマに集まる習性のアサギマダラが旅の途中立ち寄るようになっています。その数は数百頭・・花と花の間を手を振りながら歩くと一斉に蝶が舞い上がりしばし唖然としてしまいました。場所が少し高度のある峠道、移動中のアサギマダラには美味しい花の香りが届きやすいのでしょうか?確かにこれほどの大群生、香りも強く、呼び寄せるには十分かと思います。あれほど探し回ってた蝶ですがこんなに簡単にしかも大群で・・確かに動物を探す時は好物の周りで待てとさて、この蝶はマーカーが書かれてい...アサギマダラがいっぱい

  • 夕陽百選キララ多伎

    10/18廿日市市の朝焼け島根県出雲市キララ多伎、夕陽百選にも選ばれた海岸です。日本海の水平線に沈む夕陽は大変美しく見る者を魅了します。水平線まで雲が無ければ光の屈折で夕陽が面白い形に変化します。夕陽ハンターが追っかける「達磨夕陽」です。太陽が沈むにつれ重く厚い雲が現れ「達磨夕陽」はゲームセット・・この日は秋晴れで期待しましたが遠くまでは晴れていなかったようです。地元カメラマンもなかなか撮れない「達磨夕陽」広島からちょっと行ってゲットでは・・運が良すぎです。夕陽百選キララ多伎

  • カーブミラーのお化け

    岩国基地で離発着が無く暇時間にふと見つけたカーブミラーの汚れ漁港に出現したエイ・・?クラゲ・・?のお化け👻カーブミラーのお化け

  • 岩国基地

    仕事が早く終わり、岩国基地へすでに時刻は午後2時前、光線は順光で綺麗に発色します。オムニエアーB-767エンジンと垂直尾翼の赤が鮮烈。FA-18ホーネット突然ミサゴオスプレイは居なかったので代わりに登場。続いて2番機が飛び立ちました。一機目の時、すぐ下に訓練中のヘリ、ぶら下がっているのは降下訓練中の兵士。岩国基地は午前の離発着が多く午後は少なめで暇な時間帯になります。日によってスケジュールが変わり予想が外れる事も多く気長に通うことがおすすめ。今回はハズレでまた来ます。投稿し遅れた10/7の朝焼けの写真岩国基地

  • 中国観音霊場 龍蔵寺 洞春寺

    山口市中国三十三観音霊場第十七番「龍蔵寺」山間に鎮座し趣きのある寺院です。七福神の石像が迎えてくれます。森の中の石段を上がります。少し紅葉が始まっています。龍蔵寺本堂ずらりと並んだ吊灯籠修験道がこの滝で修行。真剣ならば体験滝行もできます。山口市第十六番「洞春寺」珍しく門の上に梵鐘山口県観音霊場は、あと三院観音院宋隣寺般若寺中国観音霊場龍蔵寺洞春寺

  • 長閑な秋吉台

    ちょっと天気の悪い秋吉台秋晴れの下で見たい風景です。秋の花が沢山咲いていました。カワラナデシコ秋の七草、優雅な花が草地に映えます。ナンバンギセルは寄生植物でススキなどの根本に咲いています。長閑な草原、ゆったりとした勾配なので気持ちの良い山歩きができました。長閑な秋吉台

  • 中国観音霊場巡り 岡山

    中国観音霊場巡り岡山第七番円通寺茅葺の屋根が印象的なお寺です。まだ睡蓮が見られる池岡山第六番「蓮台寺」現在工事中でした。ここは大きな青不動が拝めます。撮影は出来ないので写真はありませんが、真っ赤な火炎の光背と見下ろしてくる怒り形相の顔と大きな体、私共を守ってくれる神とあれば心強いばかりです。境内の池でみた朽ち果て前の蓮花が終わり閑寂な蓮池です。中国観音霊場巡り岡山

  • 大型船ニアミス

    大型船どうしのニアミスまあぶつかる事はありませんが、ちょうど鼻先がくっついた瞬間のシャッターです。写真ではスケール感は出ませんが、ド迫力の船体でした。大型船ニアミス

  • やっと会えたアサギマダラ

    平地の蝶たちが少なくなった頃、南へ向かう浅葱色の蝶。ツリガネニンジンヒラヒラと弱々しく飛んでいますが海を越えて旅をする凄い蝶。ハギの花裏側羽にマーキングをして生態を観察しているそうで最長移動距離は実に台湾海峡。あのヒラヒラ飛行は冬に向かう風、夏に向かう風に乗れる飛行術なんですねやっと会えたアサギマダラ

  • 中秋の名月

    今日は中秋の名月天気も良く綺麗な月の出実際には10/206:05が満月です。月明かりの広島湾今月は10/31にもう一度満月があります。ちなみに地球から最も遠い月になります。最も近かったのは4/8ススキを生けて風流な秋の夜長です。中秋の名月

  • 備中国分寺五重塔

    岡山県総社市国分寺五重塔季節を問わず、田園風景の中に立つ五重塔は絵になります。今年もメイン風景は赤米と五重塔でしたがコスモスも咲いており、秋ならではの風景として撮影しました。剪定された松の間から見える五重塔も日本の風景備中国分寺五重塔

  • 阿伏兎観音 明王院 草戸稲荷神社

    福山市沼隈半島阿伏兎岬突端に建てられた阿伏兎観音美しい瀬戸内の景観にマッチしています。崖に作られた階段を上がると観音堂。航海の安全、安産祈願崖の上はかなりの高さ、回廊が外に向かって斜めに下がって居るので更に怖く感じます。福山市明王院中国観音霊場第八番国宝五重塔室町前期に建立国宝本堂鎌倉時代末期再建草戸稲荷神社国道2号線から朱塗りの社殿がよく見えます。明王院とは隣合わせで、初詣は多くの参拝客が訪れます。最上階が社殿になっておりそこからの展望は芦田川と市内を見渡せる絶景となっています。私共の休日の過ごし方は、テーマを決めて(中国観音霊場巡りなど)出かけます。家内は御朱印私は写真、道の駅へ立ち寄りその地の産物を買って楽しんでいます。阿伏兎観音明王院草戸稲荷神社

  • 花さがし 吾妻山

    広島県庄原市吾妻山ロッジロッジ周辺に広がるなだらかな草原四季折々約300種類の草花が楽しめます。たぶんマツムシソウが咲いているはずと来てみましたが、まさに最盛期。ベニシジミミドリヒョウモンの雄カラスアゲハ赤い紋と表は緑~青に光る美しい蝶。この時期になると羽は傷み鮮やかさもなくなり寂しさがあります。ゲンノショウコ沢山咲いているので踏まないように歩きました。アケボノソウデザインされたように面白い花です。ウメバチソウ咲き始めでしょうか、やっと見つけました。なんとも可憐な花です。水の中の落葉光と影、空の映り込みを入れ、ただの落葉をカラフルに演出しました。松江道高野SAから降りて一般道へ山道は狭いので注意なだらかな丘と草原を散策するだけでも爽やかです。登山も楽なので登るのも良いですね。花さがし吾妻山

  • 9/14 月と金星お接近

    9/14の未明から明け方、月齢26の月と金星が接近しました。地球照の美しい月と明けの明星写真ではそれぞれの明るさが違い、明るい月は三日月でも満月状態やはり双眼鏡で実際に見るのが一番綺麗です。9/14月と金星お接近

  • 南極観測船「しらせ」呉入港

    大きく危険な台風10号が近づいています。家の周りの飛びやすい物や仕事関係の物をロープで縛り、窓も内側からカッティングシートを貼り付け非常食、コンロ、水・・・想定外が起こる今大変に心配です。こんな時のんきにブログはひんしゅく物ですが砕氷船「しらせ」です。呉自衛隊基地に入港今回は訓練航海でコロナの影響もあり、船内一般公開は無し。1万2650トンの重さで南極の氷を砕いて行く頑丈な船体。映像ではよく見ましたが、実物は初めて、周りの護衛艦も大きいので思ったより小柄、でも極限の氷の海を踏破出来る最強艦。瀬戸内海汽船の新船「SEA-PASEO」できれば音戸大橋から撮りたかった船ですがすでに出航。南極観測船「しらせ」呉入港

  • 錦川鵜飼い

    岩国市錦帯橋夏の風物詩「鵜飼い」期間は9/10までコロナ下屋形船の人数制限や蜜を避け貸切船のみで開催されています。穏やかな水面に五橋が映りこむ錦川夜景。午後8:00より屋形船、鵜飼い船が出船します。鵜飼いが執り行なわれるのは錦帯橋側と上流にある橋向こう。一列に並んだ屋形船を鵜飼い漁をしながら回ります。かがり火だけが光源、f2.8、最高感度設定で動きが止まりました。鮎も見えそうな錦川の透明感、鵜のざわめき。地元のカメラマンの狙いは長時間露光で一連の鵜飼い船の光跡を追う撮影法。同じ撮影法で撮ってみましたが、日によって漁の位置が変わり、この日は漁場が左寄りになって構図からはみ出てしまいました。初めての鵜飼いの撮影でしたが、地元カメラマンも親切な方々で、ポイントも教えてもらい、来シーズンの撮影に役立てたいと思います。錦川鵜飼い

  • コロナ下の宮島

    安芸の宮島以前では考えられない参拝客の減少。桟橋は大きな屋根が付き広くなりました。只今、大鳥居改修中でこの状態。これも減少の一因でしょう。この日は引き潮で海に浮かぶ回廊にはなりませんでした以前だと観光客が入らない写真を撮ることは皆無でしたがカメラマンには変な意味チャンスかも。何かの行事が厳かに執り行われていました。千畳閣人がいない千畳閣はこれまで見た事がありません。密集しそうなイメージの宮島でしたが、船も展望デッキで隙間があり商店街は通らなければ三蜜は避けられます。裏通りにも良い所があるのでその辺を見ても楽しめます。コロナ下の宮島

  • 中国三十三観音霊場巡り

    小さな旅も目的があると次は何処に行こうと旅欲がでます。お寺はこれまで多く巡ってきたので、三十三観音霊場巡りを始めてみるとすでに十六寺院を訪問していました。中国三十三観音霊場、第三十番長谷寺長い石段を息を切らして登って行くと、この木造懸造りの建物が見えてきます。開山1300年打吹山長谷寺三十一番三佛寺参道宿坊輪光院三徳山三佛寺阿形仁王像三徳山投入堂本堂から登山受付をして上がりますが、登山経験、鎖場健脚となかなかの難所になっていて私共は遠慮して下の遠望所から眺めました。周りの木々が大きくなって見ずらくなった様です。第二十七番雲樹寺第二十八番清水寺特別霊場を含み後二十一寺院ありますが、縛られる事無く旅の楽しみの一つとして巡りたいと思っています。中国三十三観音霊場巡り

  • Yの字線路 錦川清流線

    Yの字に光る錦川清流線。川西駅から清流新岩国駅間に岩徳線と交わる所。右が清流線、左が岩徳線。今年、岩国バイパスに繋がる道路が出来このY字を見下ろす事が出来るようになりました。清流線の車両が走って行きます。岩徳線、岩国行きこの場所は私が一番と思いきや、やはりここに目を付けていた撮り鉄さんがいました。思いは一緒で、しばらく情報収集させてもらいました。Yの字線路錦川清流線

  • 朝焼け

    8/12何とも綺麗な朝焼け雲でした。天気が悪くなると言われるうろこ雲確かに、午後は天気がくずれました。南の空に見えた赤いブリッジ状の雲。朝焼け

カテゴリー一覧
商用