僕らの戦略受験 -超中流の逆襲-
住所
出身
ハンドル名
kanaharuさん
ブログタイトル
僕らの戦略受験 -超中流の逆襲-
ブログURL
https://kanaharu.net/
ブログ紹介文
2019年に超難関中学を合格した息子を持つ親による戦略的中学受験ノウハウ伝承ブログ~MARCHの母親と日東駒専の父による奔走~
自由文
-
更新頻度(1年)

52回 / 86日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2019/05/27

kanaharuさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 26,715位 30,898位 30,679位 30,445位 36,745位 36,705位 44,155位 969,466サイト
INポイント 10 0 0 20 0 20 0 50/週
OUTポイント 50 460 1,050 1,240 1,190 1,130 1,170 6,290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 243位 283位 283位 279位 348位 347位 449位 7,829サイト
中高一貫校受験 11位 14位 14位 15位 18位 19位 21位 256サイト
中学受験(サピックス) 42位 46位 46位 45位 50位 52位 59位 291サイト
中学受験(本人・親) 66位 72位 73位 73位 84位 85位 104位 1,160サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,942位 1,897位 1,895位 2,084位 2,329位 2,220位 2,588位 969,466サイト
INポイント 10 0 0 20 0 20 0 50/週
OUTポイント 50 460 1,050 1,240 1,190 1,130 1,170 6,290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 54位 50位 52位 55位 57位 57位 61位 7,829サイト
中高一貫校受験 1位 1位 2位 2位 2位 2位 2位 256サイト
中学受験(サピックス) 27位 26位 26位 28位 29位 29位 33位 291サイト
中学受験(本人・親) 23位 22位 25位 27位 30位 28位 34位 1,160サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,466サイト
INポイント 10 0 0 20 0 20 0 50/週
OUTポイント 50 460 1,050 1,240 1,190 1,130 1,170 6,290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,829サイト
中高一貫校受験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 256サイト
中学受験(サピックス) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 291サイト
中学受験(本人・親) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,160サイト

kanaharuさんのブログ記事

  • 戦略60)付属校を真剣に考える 〜悲劇のシナリオ編〜

    前回の記事では、付属校を充実に過ごすための方法に関して記載しましたが、付属校に行って結果、大学に行けない人もいます。それを悲劇のシナリオというかどうかは別にして、今回は付属校に入学しておきながら、大学に内部進学出来ないという実際に起こり得る

  • 戦略59)付属校を真剣に考える 〜充実編〜

    今までの私の付属校に関する記事は私自身が付属校上がりであり、その付属校の闇のような部分を感じているが故に結構、ネガティブな度合いが強かったように思います。そこで本記事ではこういう考えで、こういう風に過ごしたら、付属校ライフを充実なものにでき

  • 戦略58)付属校を真剣に考える 〜偏差値50以上編〜

    前回に引き続き、今回は日能研の偏差値(男子、女子)を基準とし、偏差値50以上70未満の付属校について記載致します。(前回の前提を再掲)中学時点で大学まで付属している学校に入ると外部受験も視野に入れてあわよくば外部受験と思ってる多数の人がその

  • 戦略57)付属校を真剣に考える 〜偏差値50未満編〜

    中学時点で大学まで付属している学校に入ると外部受験も視野に入れてあわよくば外部受験と思ってる多数の人がそのまま内部進学します。その文化も考慮して、今回の記事としては、こういう考え方ならありなのでは?と思う見解と個人的に各偏差値帯においてこの

  • 番外編6)田舎でゆったり 〜お盆の過ごし方〜

    お盆に入り、我が家はママの実家の田舎に家族全員で帰省してゆったり過ごしています。小5の娘も今はリラックスしています。昨年は、息子が小6で夏期特訓で帰省もしておらず、来年は小6の娘の勉強にロックオンになるので恐らく帰省出来なさそうなので、今年

  • 番外編5)真夏の怒号〜ママからの完膚無き怒りの鉄槌〜

    真夏で暑い日々が続く中、本日は我が家のママが久しぶりに怒号/怒りの鉄槌/大きな雷がほとばしり、娘がひたすら完膚無きまでに論理的に言葉でボコられるというお盆前に眠気が吹っ飛ぶ程の出来事がありました。タイトルみるとただひたすら怒られてる印象を受

  • 戦略56)中学受験に向けたオヤジ学 〜環境編〜

    中学受験では家庭内や学校での環境の影響が大きいと思います。我が家も振り返ってみると思うところありました。そこから得られる教訓もあろうかと感じましたので、今回、オヤジ視点での中学受験における環境をテーマに記載したいと思います。家についてサピッ

  • 戦略55)中学受験に向けたオヤジ学 〜子供と遊ぼう編〜

    今回は、いつも母親に任せきりな父親が多いと思いますが、父親としての子供との関わりについてフォーカスして行きたいと思います。夏休み仕様ってな感じでどちらかというと息抜きの仕方に着目した内容になりますね。父親のコミュニケーションの仕方について、

  • 戦略54)中学受験に向けたオヤジ学 〜楽しむ編〜

    中学受験に向けて、アツくなる父親が多い昨今、あえて、俯瞰して見ると中学受験って深いなあ、と思ってみてます、今も。(娘が中学受験に向けて頑張ってますし。)受験ママが頑張っていつつも、中学受験に全く無関心な父親も少なからず、周りにいると思うので

  • 戦略53)中学受験に向けたオヤジ学 〜二月の勝者(3,4,5巻)編〜

    今回は前回の続編です。前回は『二月の勝者』の1巻、2巻をベースに以下について記載しました。今回は3〜5巻をベースに同じように考察と教訓を記載したいと思います。恐らく中学受験を目指す保護者ならば、この漫画の存在を知らない人は少数派でしょう。今

  • 戦略52)中学受験に向けたオヤジ学 〜二月の勝者(1,2巻)編〜

    恐らく中学受験を目指す保護者ならば、この漫画の存在を知らない人は少数派でしょう。今回は、本当は、「中学受験に向けたオヤジ学〜理解編〜」ということで記載しようと思っていましたが、例があったほうが分かりやすいようなあ、と思い、折角なので、『二月

  • お知らせ)御礼(祝・月間70,000PV)とサマー企画

    皆さま、当ブログについて、独自ドメインを取得し、本日で1ヶ月が経過しました。本業をやりつつ、コツコツと記事を書きながら、ブログ運営において、何とか1ヶ月が経ちました。折角ですのでその振り返りと共に御礼を兼ねて、サマー企画についても実施したい

  • 戦略51)中学受験に向けたオヤジ学 〜家族との関わり編〜

    前回、受験ママの伴走テクニックについて触れましたが、あの伴走も単純にママだけ頑張ってても、結構、子供のメンタルはやられていたと思います。やはり中学受験は家族一丸となって立ち向かうことで効果が最大化されると思っています。(学力意欲やそれに伴い

  • 番外編4)鉄緑会の考察(中1版) 〜中高一貫の塾〜

    我が家の息子が通っている中学は鉄緑会指定の中学であり、中1から通っている子供もそこそこいます。また中高一貫で他塾に通っていたりと、私立中高一貫で且つレベルが高い学校でも更に塾に行くというのは本当に子供にとっても精神的負担が大きいし、保護者に

  • 番外編3)立体切断への理解 〜「究極の立体<切断>」のレビュー〜

    小学校5年の終わり頃から小学校6年になった際に算数にて、”立体切断”と呼ばれる図形を切断して、辺の長さ、切断面の面積、もしくはある点を基点とした切断面体積を求めるような問題が出てきます。我が家の場合、中1の息子も割と苦労をしておりました。ま

  • 戦略50)必見!受験ママの伴走テクニック 〜危機管理編〜

    今回は、受験ママとしての伴走テクニックで、特に危機管理にフォーカスします。危機管理とは、状況をみて、早めに対処しないと手遅れになる、もしくは、問題を早めにキャッチして対応策を早期に講じることを指しています。我が家の受験ママは、慎重過ぎるとこ

  • 戦略49)必見!受験ママの伴走テクニック 〜コミュニケーション編〜

    今回は、受験ママとしての伴走テクニックで、特に子供に対するコミュニケーション(声掛け)にフォーカスします。実際に伴走している中でいろんな場面がありますよね。そんなときに受験ママのコミュニケーション能力が問われます。我が家の受験ママのコミュニ

  • 戦略48)必見!受験ママの伴走テクニック 〜勉強の教え方(努力)編〜

    我が家のママは自らのことを後回しにし、受験伴走を惜しみなく実施していました。我が家のママからすれば、あんたもちょっとはやんなさいよ!というハイ・プレッシャーも掛けてくれましたが、先般にも記載しました通り、父親も教育・指導にアツくなると子供の

  • 戦略47)必見!受験ママの伴走テクニック 〜情報収集編〜

    昨日は本サイト内を色々とリライト/修正等々をしていましたら、スゲエ時間掛かりました。。(ぜひ、興味ありましたらご確認を。特にスマートフォンから見やすくしました!)既にこの記事で固定ページのものも含め早いもので50記事を越えました。閲覧いただ

  • 戦略46)必見!受験ママの伴走テクニック 〜鬼オペ編〜

    やっと夏っぽくなってきた感じですが、夏といえば、受験生は非常に大切な時期に来ております。今回は、我が家のママが実践していた受験ママとしての伴走テクニックについて特に子供に対してのマネジメント(管理)にフォーカスし、その技法について以下に記載

  • 戦略45)中学受験における男子と女子の違い 〜入試編〜

    中学受験において男子と女子で入試事情が異なるなあ、と息子の受験を通じて、その塾友や小学校の女の子の情報を聞いてると思いますので、そこについて記載させて頂きます。入試における勝ち筋男子校の場合、男子対決になるので上位校になればなるほど「算数」

  • 戦略44)中学受験における男子と女子の違い 〜学校編〜

    男子校と女子校の両方の学校説明会等のイベントに結構参加しましたので、それぞれで思うことや違いについて記載したいと思います。アピールポイントについて男子校でのアピールポイントは結構、様々でしたね。文武両道をうたっている。大学実績をもとに勉強を

  • 戦略43)中学受験における男子と女子の違い 〜勉強編〜

    我が家には中学受験を終えた男の子とこれから中学受験を迎える女の子がいます。息子の同世代の中学受験をした女の子達や娘と同い年の塾友である男の子達の話を聞いてるとなんだか同じ中学受験でも若干の違いを感じることがあります。今回は、中学受験における

  • 戦略42)日能研生の悲喜交々 〜神々の墜落編〜

    前回、日能研生の成り上がり編を記事にし、なんとなく日能研の特長が理解できたかと思います。(前回の記事は以下。)今回は、上記とは別に高偏差値帯の子達がどうなったたのか、私の周りの子で特に男子を記載させて頂きます。偏差値70の神々日能研に通って

  • 戦略41)日能研生の悲喜交々 〜成り上がり編〜

    私の息子はサピックスに通っており、娘はN塾に通ってます。なお、息子の同世代は日能研が多く、その世代の話も当然ながら聞いてます。今回は、日能研特有の話も若干、触れつつ、サピックスとの違いも記載しつつ、2019年の日能研の知り合いの受験結果も踏

  • 戦略40)サピックスの活用術 〜入試編〜

    サピックスで全ての受講が終わった時の状況、入試時の状況、そして、入試後の状況について、その際の出来事等を通じて入試前後の雰囲気が分かると思います。(入試のイメージが掴める情報として記載します、ご参考まで。)サピックスの全ての授業終了後につい

  • 戦略39)サピックスの活用術 〜繰り上げ合格編〜

    サピックスは、入試において繰り上げ合格も多いです。やはり受験における戦闘能力が高いのは事実なんだと思います。本日はそもそも繰り上げ合格って何よ、という部分と繰り上げ合格の仕組みやその実態等と、サピックスと他塾の繰り上げ合格実績や考察含め記載

  • 戦略38)サピックスの活用術 〜指導編〜

    ここでは主にサピックスの指導において、感じた事柄と、それを踏まえて、こうした方が良いと思う事柄を記載したいと思います。なお、時期としては小6の夏、秋、冬を想定し、記載します。小6の夏について小6の夏は、土特、サピックスオープン第二回テスト、

  • 番外編2)入学後のママ友会 〜教訓を得る編〜

    地元のママ友で久々に女子会ならぬ主婦会があったようで、その話を色々聞いてるとなんだか、学びがございます。今回、座談会形式で学校名は伏せつつ、教訓ポイントが分かるように記載したいと思います。この座談会のお題は「部活(吹奏楽部)について」「小学

  • 戦略37)サピックスの活用術 〜学校説明会編〜

    学校説明会は、学校主催のものと塾主催のものがあります。ここでは、その2つの違いも含め記載したいと思います。サピックス主催について私は息子の学校説明会に行っていた時代は、ほぼサピックス主催の説明会に行っており、次に申し込みが埋まってしまって、