searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

mocumeDoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アマチュア無線は素敵だ
ブログURL
https://mocume.hatenablog.com/
ブログ紹介文
30年ぶりにアマチュア無線を復活。FT8で頑張っています。気が向けばお気に入りの本を紹介します。
更新頻度(1年)

59回 / 275日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/05/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mocumeDoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mocumeDoさん
ブログタイトル
アマチュア無線は素敵だ
更新頻度
59回 / 275日(平均1.5回/週)
読者になる
アマチュア無線は素敵だ

mocumeDoさんの新着記事

1件〜30件

  • CP-5HSⅡ GPアンテナを再調整だ

    2年ほど前にあげた、どこかスターウォーズを連想してしまう「CP-5HSⅡ」のSWRが昨年末から不安定になり、突然7.42MHz付近で2.5まで跳ね上がってしまった。共振周波数の中心が上にずれたので7.74MHzに深刻な影響はないが、7MHzでFT8の国内QSOができないのは痛手だ。 メールでメーカーに問い合わせてみたところ、各パーツ間での詳しい導通検査方法が直ぐに送られてきた。それに基づきテスターで確認してみたが全て問題はない。ただ、Wトラップと二段目の30Φパイプを接合している2本のビスにゆるみが見つかった。きっと増し締めをしないまま立ち上げてしまい、時間とともにゆるみが激しくなったようだ。…

  • JCC電子申請 細かすぎて伝わりづらい拡張子への思い

    2020年のQSOパーティのシールが届き、そして「お試しJCC200アワード」は申請から1週間もかからずに到着した。初めての申請なので、何か不備があるかもしれないと心配していたが問題なかったようだ。今回のお試し申請では、電子申請手順やHAMLOGの活用方法を随分学習することができた。なかでも、一番良かったのは気力が衰え気味のFT8にモチベーションが戻ってきたことだろう。 さて、この電子申請で「重箱の隅」的な「細かすぎて伝わりづらい」気づきが二つあった。一つ目はWEBのアワード電子申請ページから申請書に必要事項を記入し、QSLカードリストを添付して送ると受付完了のメールがカードリストのデータとと…

  • HAMLOGデータでJCC Web申請

    コンテストもアワードにも関心がなく、ただダラダラとアマチュア無線の世界をウロウロしてきた。今更だが、QSOパーティに2年連続エントリーしたことを機会にFT-8でのJCCの申請を行ってみた。 「自分はJCCをどのくらいクリアしているのだろうか?」困ったときのHAMLOGだ。「メニュー」→「表示」から「Wkd/Cfm一覧表」をクリックし、私の場合はほぼ7MHzがメインなので「7MHz」と「市」にチェックを入れて右横にある「Wkd/Cfm地域一覧」をクリックする。データの取り出し期間はデジタルモードでQSOを開始した日から直近の日までとした。あっと言う間に「都道府県市郡」番号とQTH、QSOを行った…

  • QSOパーティ FT-8

    スタバで買ったドリッパーでコーヒーを入れながら、新年に入り2日、3日とQSOパーティに参加した。アマチュア無線にカムバックしてから2回目のQSOパーティだ。 FT-8で十二支を完済させようと去年から始めたが、今年は2回目ということで慣れによるおごりがあったのか、若干慎重さに欠けて無駄なミスがあった。 オートシーケンスのTx4の「RR73」を「RRR」に変更することを忘れたためにオペレーター名を送ることに手間取り「UR NAME?」をいただくことになったり、Tx5の切り替えにまごついて焦ったりした。それでもFT8では時間さえかければ相手局にそれほど不自由することもなく20局を達成できた。 アマチ…

  • FT8 デコードできない

    普段、パソコン使用時に内蔵時計の正確さを気にすることはほとんどない。しかし、デジタルモードでアマチュア無線を運用するときには時計の正確さは欠かせない。重要で初歩的なチェック項目だ。 私の場合「桜時計」を使っていて、WSJT-Xを起動する直前に手動で時刻合わせをしている。パソコンの立ち上げと同時に自動で時刻を校正する設定にしておけばいいのだが、面倒なので手動のままになっている。Windowsのバージョンアップとともに「桜時計」も右クリックの管理者権限で立ち上げる必要があり、それを忘れて「桜時計」を起動させると時刻合わせをせずに終了してしまう。うっかりしていると時刻合わせが出来たものと勘違いし、続…

  • ストームグラス(Storm Glass)

    朝には車の暖機運転が欠かせない季節になってきた。無線を楽しむにも暖機運転が不可欠で、まずは寒い部屋に入ってエアコンの暖房を入れなければならない。勇気と思い切りが必要で、それが夜ともなればなおさらだ。 無線機を設置してある部屋にはドーム型の容器のなかの真鍮に目盛りが刻まれていて気温、湿度、気圧がわかるアナログの計測器がある。デジタルの室温計と比べると結構誤差があるし見づらい。そして、それと並んで「ストームグラス」がある。仕組みはよく知らないが、樟脳などが入っていて白い沈殿物が形を変え24時間先の天気を教えてくれるというものだ。 確かに室温によってグラスの白い沈殿物の量に変化があり、また台風などの…

  • 100年料亭ネットワーク

    秋田県湯沢市に創業156年の老舗料亭石川がある。文久3年といえば明治維新からさかのぼること5年前、新選組の前身である浪士組が結成されたころだ。全国に100年以上続く数少ない名店だ。現在の7代目当主と縁あって、若いころに先代の味を湯沢の座敷でいただいたことがある。 いつかは7代目の味をと思いつつも、秋田県湯沢市まで出かける機会を逸していたところホームページで「きりたんぽ」をセットにして販売していることを知った。年に一度ぐらいささやかな贅沢もいいだろうと、今年の大みそかは料亭石川の老舗の味を味わうことにした。 購入手続きを済ませてさらに詳しくホームページを見ていたら「100年料亭ネットワーク」とい…

  • FitbitとGoogle

    その昔は歩数計を使って一日の運動量を予測していた。「今日は5,000歩しか歩いていない」とか 「やっぱり、1日10,000歩は歩かないとね」などと言っていたものだ。それが、ある時期から消費カロリーや歩いた距離、心拍数や睡眠時間までも記録してくれる端末が登場した。 これは、画期的なことで自分の摂取した1日の食事のカロリーを計算しておけば体重のコントロールが容易にでき、年齢とともに大きな筋肉が衰えてカロリーの自然代謝が減ってきても無理なく対応できることを意味する。 私が最初に購入したのは「Fitbit one」で、これは階段を上った段数まで記録してくれた。その後、新しい端末も開発されアプリも充実し…

  • 柿の誤解

    季節を意識する色がある。通勤途中のお宅の庭に、よく手入れされた一本の柿の木がある。私には、そのオレンジ色が秋から初冬の色だ。毎年、写真に収めて残しておきたいと思いながら通り過ぎてしまっていた。そんな折、先日いいタイミングで思い出すことができ、道路側から垣根越しに何枚か撮らせていただいた。 そのまま、通り過ぎようとしたところ視線を感じる。スマホから目を移すとお婆さんと目が合った。先ほどから、茶の間の引き戸を開け私の様子をご覧になっていたのだ。「しまった」と思い「柿の写真を撮らさせていただきました」とあわてて声を上げたがすでに遅かった。お婆さんは茶の間のカーテンを閉めて奥に引っ込んでしまう。たぶん…

  • モチベーションはゆるく

    秋、真っ盛り。スポーツや絵画、華道や茶道、囲碁将棋など何か趣味を持ってば大会や試合を目標にしたり展示会への出展を目指すなどして技を磨く。そこまでしなくても、友達との競い合いや地域での同好会や勉強会などもあるだろう。自分の技量を引き上げることで、モチベーションを高めていくことが趣味を長く続ける秘訣だろう。 アマチュア無線ではコンテストへの参加やアワード取得への挑戦、自作機器での実験や屋外での運用など色々考えられるが私はこれと言えるものがない。 あんなに一生懸命勉強したCWは実用には乏しいレベルに落ち、年に一度行われるQSOパーティに参加してなんとなくコンテストに参加しているような気分を味わってお…

  • 憂う季節

    スマホを変えたら「AppleTV+」が1年間無料でついてきて寝不足が続いている。なんだかここのところ、うまいことAppleにやられてる感がある。きっと、無料期間が1年間も続くとその後もやめられなくなるだろうな。 こちらはそんな企業戦略とはまったく関係なく、ミステリアス「ロアール」の宴会が頻繁に行われ、同時にゴルフコンペも幹事が定着し恒例化した。とはいえ私の住む地域は雪が降ると、ほとんどのゴルフ場は来年の雪解けまではクローズとなる。だから、苦行のように寒さに耐えながら行う12月半ばのコンペが最終だ。 それでも、楽しいことは多少の困難なら乗り越えようとする。「県内のゴルフ場がクローズしたら、どこか…

  • FT-8にはPodcastがよく似合う

    FT-8での運用はパソコンにインストールした専用アプリがほとんどの部分を担ってくれる。画面を目で追いマウスでクリックするとオペレターの関与する部分はほとんどなくなる。CWやSSBでの運用からすると物足りなさを感じるかもしれない。それでも人気なのは余分な人とのかかわりを最小限に抑えつつ、見知らぬ人と人との繋がりを簡単に得ることができる、この相反する感覚にグッとくる人が多いからだろう。 ここのところ、ゆっくりした時間が流れるFT-8を運用するあたりお気に入りのCDを流しながらからラジオのFM放送に移り、最近はPodcastに変わった。 照明を落としFT-8独特の無線機からの音を絞る。そして、Tok…

  • ミステリアスな「ロアール」

    二か月に一度のペースで行っている愉快な仲間たちとの宴会が、最近加速傾向にありほぼ1か月に一回行われるようになってきた。集合場所やそこから流れる二次会は毎回同じだが、ここにきて「あの怪しい台湾料理屋集合は要らねんじゃね?」との意見が出始めた。それでは、二次会会場はどうなのかというとこちらも十分に危険なにおいがするのだ。 住居を兼ねてのそのビルは旧住宅街にあり、昼間その前を通ってもうらぶれた看板にあるスナックが営業しているとは誰も思わないだろう。一階は吹き抜けの駐車スペースになっていて、外付けの螺旋階段を慎重に上っていく。そう、木々に覆われた薄暗く滑りやすい螺旋階段は慎重に上らなければならない。く…

  • IC-7300に液晶保護フィルム

    新しい手帳を買う季節になった。新年にあたり1月始まりにするか、年度を基準に4月始まりにするかは好みが分かれるところだ。徐々に新しい手帳を手に入れる時期が早くなってきたが、11月から年末の慌ただしい時期に書店で平積みされた手帳を選ぶのが私は好きだ。だから、1月はじまりで週の区切りは月曜日の手帳をずっと愛用している。ここのところ、地味目の落ち着いた装丁が何年か続いてきたので2020年は思い切って派手めにしてみた。ただ、毎年同じキャメルのカバーを使っているので外観は変わりない。新しい中身と変わらない革のカバーのコントラストは今のところ自分だけの密かな楽しみとなっている。 アイコムのIC-7300を買…

  • おしゃれなQSLカードを作ってみたい

    JARL謹製「JARL NEWS 秋号」が到着した。面倒ではあるが早速ハズキルーペの登場だ。いつの日か、視力の衰えてきた者にも優しい紙面編集に向かっていただけることを思いつつ楽しく読まさせていただいた。 ここのところ、QSLカードの手持ちが少なくなってきた。私の場合はほとんどがFT-8での運用のためeQSLで足りるだろうと勝手に思い込み、はじめから多くのカードは作らなかった。ところが、FT-8の国内QSOが増えるにしたがい、電子カードとは別に紙ベースでカードを送っていただくことが多くなってきた。 eQSLではベランダから自分が撮影したお気に入りの写真をベースに、コールサインのフォントやレイアウ…

  • appleに見放された

    ここのところ、iPhone11がリリースされ発売が開始されるニュースでにぎわっていた。そして、まだまだスタイリッシュな私のiPhoneはappleから見放されてしまった。 最近、私のiPhoneは日常使用には支障はないが、アプリの起動に時間がかかりストレスを感じるようになってきていた。ネットで調べてみるとiPhone11の発売と同時にiosはバージョン13となり、私のiPhoneにはios12.4.1までしかアップデートされないことが分かった。つまり、私のiPhoneはサポートが終了してしまったのだ。アプリの起動が遅い云々ではなく、もっと心配しなければいけない根本的な問題があったわけだ。 テレ…

  • 秋の訪れとともにあるいは修業的FT-8

    昨年、もう一度アマチュア無線を楽しもうと思ったときに悩んだのがアンテナの設営と無線設備の設置場所だった。何度かのリフォームで従来無線機があった場所はキッチンとなり、八重洲FT200Sがおかれていた部屋はほとんど物置状態だった。 新しい無線機の購入や各種の手続きは周りの人たちに助けられ少しずつだが確実に進んだ。アンテナの設営もネットを参考にして大まかなイメージが出来上がり、必要な部材の購入もスムーズに済んだ。最後になったのが程よい広さで静かに無線が楽しめ、そして自由に使える部屋だ。 その部屋は2階にある。ベランダに面していてアンテナを設置後に同軸ケーブルを引き込むことも容易にできて理想的なのだが…

  • eQSLにDonationだ

    「eQSLって何だろう?」「よくわからないけどきっと必要なんだろうな」と、結構いい加減にDonationして早くも1年が過ぎる。 何もわからず諸先輩方のブログを頼りにDonationした。Donationを連発してみたが、恥ずかしいことにその日まで「Donation」が寄付を意味する単語であることを知らずにいた。今では年間12ドルのDonationのおかげで、自分でデザインしたQSLカードを手軽に相手と交換でき、デジタルモードには欠かせないものになっている。 開局当初はQSLカードの交換も交信の最後に「カードはどうしましょうか?」などと確認していたものだ。送付方法もJARLのビューロー経由以外…

  • 「RUZ氏宅前」通過

    都市部に暮らすサラリーマンならわかると思うが、平日は相手先までの移動のために電車、バスなどの公共機関の利用が多く、駅構内などでの移動を含めて思った以上に運動量が多い。半面、私の場合休日はだらだらとマンション内で過ごすために極端に運動量が減り、月曜日の朝には体重が増えていることが多かった。不摂生の極みだ。そこで1時間ぐらいを目安にウォーキングコースを設定し、気分転換もかねて休日の運動量を確保をした。それが、いいことに習慣化した。 現在、そのウォーキングコースに「RUZ氏宅前」が含まれている。「~前」。なんだか、どこかのバス停にありがちな名前だ。 RUZ氏はISDB-T方式による日本初の「フルハイ…

  • 進歩する道具、駆け回るゴルフ

    定期的に怪しい台湾料理屋に集まり、学生時代の友人達と取り留めのない話で盛り上がる宴会で、前々から話題に出ていたゴルフの話がまとまった。 思えば幾度となく行われてきたこの宴会で、浮かんでは消えていった「楽しいゴルフをやろうぜ」話が具体的になったのは驚くべきことだ。 若い頃より継続的にゴルフをしてきたものは一人もいない。ここ、1~2年で改めて始めた者ばかりで、私にいたっては10年ぶりだ。それも、打ちっぱなしで1時間ほど練習していきなりコースにでた。思った通りスコアはまとまるわけもなく、随分と山野を駆け回り疲労だけが残った。それでも、友人達とのゴルフはどんなミスをしても許されて心の底から楽しめた。 …

  • 電子メモを購入

    最近、近所のドコモショップに出かけて気づいたのだが、カウンターで暗証番号や電話番号などセキュリティに関係することのやり取りに電子パッドが使われている。 私の電話番号やネットワーク暗証番号、パスコードなど誰も気にしていないと思うのだが、そこは個人情報を扱う企業としてしっかりと対応している。紙では、その後の処理をシュレッダーを使うなど二次的に面倒だが、電子パッドは客の目の前でそれまでの情報を削除できるので安心感もある。なかなかの優れものだ。 アマチュア無線でも手帳やメモ用紙を使うほどではないが、一瞬メモしておきたいことがある。 電子パッドはA-4やB-5サイズに近い大きさが主流で、机上に常設するに…

  • WSJT-X オーディオレベルの設定

    ここのところ無線機のスイッチを入れることをさぼっていた。久しぶりに昨夜WSJT-Xの画面を見ると違和感を感じる。 そう、画面左下の入力レベルメーターが70dB近く振っているのだ。今まで30~40dBで調整していたのでかなり高い。「サウンドの設定を開く」から「サウンド」画面に行き「サウンドの詳細オプション」にある「アプリの音量とデバイスの設定」をクリックした。あとは「アプリ」にあるWSJT-Xの音量を調整するだけのはずだった。ところが、WSJT-Xの音量調整バーがグレーアウトしていて調整バーを動かすことができない。ずっと、このやり方で調整してきたので他の方法を思いつかず途方に暮れてしまう。 US…

  • マニアの憂鬱

    QSLカードが届いた。といっても、7月末にはすでにJARLからは届いていたのだから2週間ほど開封をさぼっていたことになる。 それには理由があって、前回2カ月前にカードを作成したときにちょうどプリンターのインクが切れてしまい、そのインク購入をさぼっていたのが直接の原因だ。「どうせ印刷できないのなら開封してもね」と自分に言い聞かせてきたがそんな理由をいつまでも正当化していられない。意を決してインクを購入した。 本当のところ、この開封の遅れはインクの購入が遅れたからではなく、深層にある本当の原因は自分のこだわりによる印刷までのめんどくさい手順だ。 Turbo HAMLOGに「あなたがすべてよ」と身も…

  • ボランティアが大変そうだJT65-DX.com

    アマチュア無線の運用を30年ぶりに復活して7月で1年になる。ログブックもいい感じでこの節目に丁度1冊が終わる。ザクっと年間700QSO、1日平均2QSOになる。QSO局数で見るとそれほど多いとは思わないが、カードの整理やログの管理なども含め費やした時間を考えれば十分満足できる。おかしな表現だが手探りで楽しんだ1年だった。これもFT8という新モードがあったから続いたのかもしれない。ありがとうFT8。ありがとうジョゼフ・テイラー博士。 ここのところWSJT-XのWaveファイル増殖問題で悩んでいたが、いまだすっきりと解決しない。もしかしたらとJT65-DX.comに助けを求めたが、最近いただいた返…

  • 「JT65-DX.com」に助けを求める

    Save NoneでWaveファイルの増殖を止められない私的問題は、自力での解決は困難であると早々に自分に見切りをつけた。それではと「JT65-DX.com」のサポート依頼フォームを使わせていただいた。この団体はボランティアで構成されていて、またWSJT-Xのサポートが目的ではないので、答えをお持ちなのか不安を抱えながらのフォーム入力だ。まだ返事はいただいてないが、もしかすると何らかの解決方法をお持ちのかたがいるのではないかと期待している。 午後になっていつものようにFT-8で7MHz国内をチェックする。結構私にとっての新局が表示されている。何度かコールするが全くデコードできない。特に原因に思…

  • Waveファイルの増殖を止められない

    Waveファイルの増殖を止められない。なぜか、メニュー画面のSaveでNoneをクリックすればWaveファイルの保存を回避できると思い込んでいた。手元にある「WSJT-X2.0ユーザーガイド日本語訳」を読み直してみたがその記述は見あたらない。それではと古いバージョンの「ユーザーガイド1.8.0日本語訳」をネットで調べてみたが、やはりSaveの説明はなかった。 更にネットでしつこく探していくうちに「ユーザーガイド1.7.0英語版」PDFが出てきたのでダウンロードし、Google翻訳アプリにお世話になった。そこには下記のような注釈がついていて保存の必要がないならNoneをクリックすることでいいよう…

  • WSJT-X ファイルのディープな世界

    WSJT-Xにある2種類のログファイルwsjtx.log(csv)、wsjtx.adi(adi)と交信参照用として全交信記録が書かれているwsjtx_log.adiはそう大きなものでないので削除などのメンテナンスもせずに放置している。ただ、Waveファイルは個々の容量も大きく、使用しているノートパソコンの記録媒体がSSDを使用している関係でそろそろ削除しなければいけない時期だ。 メニューにあるFileからDelete allで削除できそうなのだが、なんとなく不安でまだ実行できていない。むしろ、わかりやすいOpen log directoryから直接格納ファイルを開いて、自分で確認しながら.wa…

  • Second QSO

    手書きのログブックではローカル局を除けばQSO相手がセカンドなのか短時間で判断することはかなり難しい。だから、40年前Turbo HAMLOMもなくコンディションも全く違う超過密状態の7MHzで運用していた私は、セカンドQSOができるなどとは根本的に考えていなかったかもしれない。 WSJT-Xでは、デコードされている局は色で変化がつけら直感的にわかる仕組みなので初QSOの局をお呼びするようにしている。ここのところ緑色のおなじみも増えてきたが、それでも私にとっては初QSOとなるブルー表示の局は絶えることはなく、うれしい限りだ。それだけ、FT-8の面白さと手軽さが浸透し、新たにデジタルモードで運用…

  • JT65入門マニュアル

    久しぶりにCQ誌を買った。「FT8運用マニュアル入門編」が別冊として付いているので買ってみた。思えば、デジタルモードでの運用を目指したのは昨年の今頃だった。申請方法を含め、具体的にどうしたらいいのか分からない事ばかりで途方に暮れた。ネットで検索してようやく見つけたのが、CQ誌2017年8月号別冊「JT65入門マニュアル」だ。 考えてみればJT65入門マニュアルに助けられ、知識の乏しい私でもデジタルモードFT8の世界に入ることができたのだ。無線機、パソコン、WSJT-Xの設定や接続など私一人で解決できるとは思えないことばかりだ。記事を提供してくださったJA1FMN山西秀司さんには心から感謝してい…

  • 秘密の楽しみGoogle MAP

    世界地図を壁に貼り交信した局の位置にピンを立てていく。アマチュア無線をやっているなら、実行こそしなくても考えた事はあるだろう。友達がやってくるとその地図が結構自慢だったりする。ただ、残念なのはこちらがいくら熱っぽく語っても相手はそうでもないことだ。 そして、いつのまにか熱が冷めピンの数も増えることはなくなり地図は撤去することになる。挫折の主な原因は、相手の住所を地図上で確認していく作業が知識不足もあり煩雑で時間がかかることだ。 あれから時はながれ、Google map がその悩みを解決してくれた。マイマップを作成し、そこにわかる範囲で大まかな住所を入力する。瞬時に目的の位置が判明しピンが立てら…

カテゴリー一覧
商用