searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

シメオンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シメオンの回廊
ブログURL
https://ameblo.jp/catho-clb/
ブログ紹介文
カトリック信徒。聖書や神学、信仰について綴っています。「使徒信条」「ニケア・コンスタンティノープル信条」に立ち、『カトリック教会のカテキズム』を承認する伝統的信仰理解の立場です。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/05/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シメオンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シメオンさん
ブログタイトル
シメオンの回廊
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
シメオンの回廊

シメオンさんの新着記事

1件〜30件

  • 神とは何か 02

    カトリック信仰のラフスケッチ    2  神とは何か 02   ●キリスト教の神とは──救いのために自己を知らせる神  神理解 ⑴:伝統的解釈 それでは、キリ…

  • 神とは何か 01

    カトリック信仰のラフスケッチ   2  神とは何か 01   ●日本人の神とキリスト教の神  日本人の神概念  神とは何か──という大きな問題を扱う前に、まず…

  • 人間と信仰(下)

    カトリック信仰のラフスケッチ    1 人間と信仰(下)  ◇キリスト教信仰について ●キリスト教を信じるとは いつだったか、ある新興宗教の信者の友人から「キ…

  • 人間と信仰(中)

    カトリック信仰のラフスケッチ    1 人間と信仰(中)  ●「神の呼びかけ」とその応答である「信仰」 人間は自分の限界を超える現実にぶつかったとき、はじめて…

  • 人間と信仰(上)

    カトリック信仰のラフスケッチ  ※以下の記事(3回に分けて掲載)は、20年以上前に下書きしたものです。東日本大震災とコロナ禍を経験していないので現時点と社会的…

  • 信徒教育の必要性

     10年以上前のことです。出張先で早く仕事が終わったので、その町の教会に聖体訪問に行きました。夕方4時くらいだったと思います。 少し祈った後、教会報やプリント…

  • 信仰談義(3)入信編:神・救い

    【神・救い】 八坂 信徒側の言い分はわかったよ。でも何もしてくれない神様っていうのは、どうかな。堕落し放題の教会はそのままで、戦争や災害を止められない神様を信…

  • 信仰談義(2)入信編:日本人とキリスト教

    【日本人の偏見を乗り超えて歴史を見つめ直す】  八坂 個人の信仰は、過去の教会の過ちと関係がないってことか。 香澄 教会で信じられている信仰は、過去からの信仰…

  • 信仰談義(1)入信するとは

    【入信──信仰者となるとはどういうことなのか】登場人物:香澄…伝統的カトリック信者。40~50代男性。八坂…非信者の男性。妻子あり。40~50代。 メールにて…

  • 黙想会ノート③

      第3講話  〇祈り 口だけの祈りにならないように注意する。内的な祈り。 心を込めて、ゆっくり。慎みをもって。神の現存を味わう。 「渇いている人はだれでも、…

  • 黙想会ノート②

      第2講話  〇神の愛の計画 ローマ1:7「神に愛され、召されて聖なる者となったローマの人たち一同へ」。 これはすべての信者に当てはまる言葉。神に愛される人…

  • 黙想会ノート①

    ★以前参加したある黙想会のメモ書きから。 記載した内容はほぼそのままですが、指導してくださった神父様は故人ですので、ご本人がわかるような箇所はカットしています…

  • 意表を突く言葉

     どこで見たか忘れましたが、仏教関連の動画で次のような主張がされていました。  「お釈迦さまは、仏像を作らなかった。仏像や曼荼羅を拝まなかった」。 「お釈迦さ…

  • 信徒の五つの「型」と信徒使徒職

     洗礼を受けた頃、信徒の生活とはどういうものか、具体的に何をしたらいいのか分からず、悩んでいたことがあります。受洗した教会には青年会はなく、これといって参加で…

  • コロナ預言&偽預言者にご注意

     コロナウイルスの広がりが日常生活を圧迫するだけでなく、世界規模で広がるにつれて、多くの人が不安を感じています。オリンピックどころかこのままでは市民社会のシス…

  • つぶやき:2020.04.15

     ツイッターはやりませんが、特定の人や友人のツイッターは情報収集もあって見ています。 とくに海外情報はありがたいし、何よりスピードが速い。 しかし、便利な分、…

  • つぶやき:2020.04.08

    新型コロナウイルスの影響が教会活動に影響を及ぼす事態になって1か月以上になる。 教会に行くことの意味を改めて考えている。 確かに教会は親しい人たちとの親睦の場…

  • 信仰箇条②─奇跡を信じることとは

    ▼▼ 「信仰箇条」は、おもに古代の「使徒信条」「ニケヤ信条」などに表れているようですが、この「信条」を意味するラテン語「シンボルム」は、象徴という意味だとも聞…

  • 信仰箇条➀─奇跡との関係で

    「大人の信仰? 処女懐胎のあり得ない解釈」の続編です。----------------------------------------------------…

  • 使徒ヨハネの心

     使徒ヨハネは、カトリック教会の伝承では「最後の使徒」ということになっています。90年代のトラヤヌス帝の迫害の頃は生きていたという初代教会の資料も残っています…

  • 伝わらない教会用語?

     何年か前ですが、カトリック系の雑誌にある方の提言が掲載されていました。 それによると、 「日本人にとって『福音』という言葉は、本来の日本語ではありません。日…

  • 聖書にアメリカが書かれていない…

     アメリカの聖書原理主義者と言われる人たちは、聖書には終末に起こることが具体的に預言されていて、自分たちはそれを正しく解読できると考えているようです。  日本…

  • おば様との論争~孤立した日々

     前記事「驚きとくやしさ、そして…」に続く雑談です。                     ■  受洗して数年たった頃のことです。なにかの集まりで知り合った…

  • 驚きと悔しさ、そして…

     古代の哲学は「驚き」から始まったと言われます。賢者たちが万物に目を向けた時、そこにある種の畏怖を抱いて深い思索が始まったのだそうです。「驚き」とは人を動かす…

  • 大人の信仰? 処女懐胎のあり得ない解釈

    ●● 洗礼の準備の時にはお世話になりました。その時、いろいろと教義についても教えてもらったわけですが、最近気になることがあったので、代父である■■さんに質問し…

  • ザビエルに対する逆風

     youtubeを見ると、聖フランシスコ・ザビエルに関する事実誤認の動画がいくつもアップされている(2019年4月時点)。①ザビエルも困った...「キリスト教…

  • 聖書翻訳におけるカトリック教会の暗躍?

     聖書:共同訳(1978年)と新共同訳(1987年)についてQ 著名な作家のS氏によって書かれた『はじめての宗教論 右巻』(2009年、NHK出版)という本に…

  • 教皇の使徒的書簡へのシニカルな批判を受け止めて:「女性司祭」考

    ★注意 批判的な内容が嫌いな方は決して読まないでください!   現在のカトリック教会につきつけられている問題の一つに「女性司祭」がある。これまで何度も話題にな…

  • 「ローマ教皇の不可謬性」とは

     「教皇の不可謬性」(無謬性)──おそらくカトリック教会の教義の中で、もっとも誤解され、批判されているものの一つだと思われます。信徒でもこの教義に否定的な印象…

  • 聖書を読むということ

    ● 聖書を読むとき、あなたのように教会の教えを前提にするのではなく、いったん徹底的に相対主義に立った上で、教義学的に何が正しいのか、キリスト教とは何なのかとい…

カテゴリー一覧
商用