寿のCDレビュー
読者になる
住所
出身
ハンドル名
寿さん
ブログタイトル
寿のCDレビュー
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/good_music_kotobuki/
ブログ紹介文
ジャガー星出身。世を偲ぶ仮の姿は「自称植木職人」 書き溜めた洋楽CDのレビューをコツコツと紹介していきます。 コメントや記述の訂正、補足の情報など大歓迎ですが、コメントに対するお返事などは遅くなると思いますので予めご了承下さい。
自由文
-
更新頻度(1年)

137回 / 173日(平均5.5回/週)

ブログ村参加:2019/04/24

寿さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 22,381位 23,419位 23,749位 23,650位 23,870位 23,927位 24,405位 974,791サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 30 10 10 20 10 30 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 149位 158位 157位 149位 151位 157位 168位 27,980サイト
好きな曲・好きなアルバム 31位 33位 35位 35位 35位 39位 41位 1,862サイト
CDレビュー 7位 7位 6位 7位 7位 7位 7位 1,206サイト
音楽評論 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 111サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 37,006位 36,511位 41,445位 39,380位 39,488位 41,490位 41,640位 974,791サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 30 10 10 20 10 30 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 187位 175位 227位 198位 197位 219位 219位 27,980サイト
好きな曲・好きなアルバム 42位 40位 46位 43位 41位 40位 44位 1,862サイト
CDレビュー 5位 5位 6位 6位 6位 6位 6位 1,206サイト
音楽評論 4位 4位 4位 5位 5位 6位 6位 111サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,791サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 30 10 10 20 10 30 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,980サイト
好きな曲・好きなアルバム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,862サイト
CDレビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,206サイト
音楽評論 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 111サイト

寿さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、寿さんの読者になりませんか?

ハンドル名
寿さん
ブログタイトル
寿のCDレビュー
更新頻度
137回 / 173日(平均5.5回/週)
読者になる
寿のCDレビュー
  • ジンジャー・ベイカー亡くなる

    クリーム、ブラインド・フェイス、BBMなどで活躍した英国を代表するドラマー、ジンジャー・ベイカーが、10月6日に亡くなられたそうです。80歳。記事 Cream - Toad (Royal Albert Hall) (18 of 22) Blind Faith - Can't Find My Way Home手ぐせで叩いているようなところも多

  • ビートルズ、“Here Comes The Sun”の新たなミュージック・ビデオが、9月27日公開 ABBEY ROAD 50周年記念盤

    ビートルズのアビーロードも50周年を迎えるそうですよ。 The Beatles - Here Comes The Sun (Official Video - 2019 Mix)それに伴ってアビーロードの50周年記念盤が発売。サージェント・ペパーズやホワイト・アルバムなども出ていましたので、もはやお約束でしたかね。今回

  • Strawberry Switchblade - Since Yesterday

    ストロベリー・スウィッチブレイドのふたりのイエスタデイPVの別バージョンがあるのですね。 Strawberry Switchblade - Since Yesterdayこの曲は色々な意味で憧れみたいなものがいっぱい詰まっていますよ。曲はもちろんですが、チープなテクノ仕様のアレンジが大好きです。

  • Chris Rainbow -Living In A World Today

    Chris Rainbow / Looking Over My Shoulderクリス・レイウボウは3枚のソロ・アルバムを残しましたが、この作品は77年発表のセカンド・アルバム。  Chris Rainbow -Living In A World Todayイントロのグッと前に跳ねてくるようなコーラスが印象的な曲。クリス・レインボ

  • Mark Guiliana - GIRL

    マーク・ジュリアナ:ジャズ系のドラマーのようですが、なかなか面白いので紹介しておきますよ。 Mark Guiliana - GIRL (Official Video)  Mark Guiliana / BEAT MUSIC! BEAT MUSIC! BEAT MUSIC! Performance Spotlight: Mark Guiliana 抑制された演奏が、他のドラマー

  • The Bellbottoms SUMMER DREAMS 〜 ベルボトムズ / サマードリームス

    この作品、アンドリュー・ゴールドのブロデュース作なのですが、物凄くマイナーのようですな。ジャケがダサイのもかなり影響しているのでしょう(笑)しかし内容は素晴らしいですぞ。 The Bellbottoms SUMMER DREAMS夏の思い出って感じの曲です。ビートルズ+ビーチボーイズ

  • WAX / Common Knowledge.com

    WAX / Common Knowledge.comWAXの前身であるコモン・ノウレッジの未発表アルバムを核にした作品98年発表。元10ccのグレアム・ゴールドマンとアンドリュー・ゴールドはソングライター・チームとして末期10ccの楽曲でも名前が見られた。その10cc解散後、

  • WAX / THE WAX FILES

    WAX / THE WAX FILES既成曲に新曲9曲を加えたベスト盤的な内容ながらトータルとしての高い完成度も持った作品97年発表の4作目。間にグラハム・ゴールドマンの10cc再結成、アンドリュー・ゴールドのブリンドルの再結成などもあって前作より8年ぶりとなった作品。

  • WAX(アンドリュー・ゴールド、グレアム・ゴールドマン)の1987年のライヴ盤が2CD+DVDで発売!

    WAX / Live in Concert 1987商品の説明10ccのグレアム・グールドマン、シンガー・ソングライターのアンドリュー・ゴールドという英米を代表するポップ・マエストロの二人が結成したワックスのライヴを収録した2CD+DVDセット! ワックスのセカンド・アルバム『アメリカン・イン

  • WAX / A Hundred Thousand In Fre

    WAX / A Hundred Thousand In Fresh Note10ccの残り香を強く感じさせる佳作89年発表の3rd。スティーヴ・フェレラ(dr)、ゲイリー・マウン(Fairlight)、スコット・ハンディ(sax)、デイヴ・スチュワート(add-k)、ジャド・ランダー(bagpipes)、クリス・トンプソン(v

  • WAX / American English

    WAX / American English楽曲レベルでは後期10ccと良い勝負が出来るクオリティ88年発表の2nd。グラハム・ゴールドマンとアンドリュー・ゴールドのユニットによる2作目。本作ではマイク&メカニクスにも関わっていたクリストファー・ニールをプロデュースに迎えて制

  • WAX / Magnetic Heaven

    WAX / Magnetic Heaven天才ソングライター2人が結成したユニットのデビュー作86年発表の1st。10cc解散後、そのメンバーだったグラハム・ゴールドマンが、リンダ・ロンシュタットなどのソングライター/プレイヤー、そしてソロ・アーティストとしても著名だったアン

  • ローズマリー・フェアウェザー Rosemary Fairweather

    ローズマリー・フェアウェザーインディーズの新人っぽい感じで、詳しい情報はありませんが、なかなか良い感じなので紹介しておきますよ。  Rosemary Fairweather - Feel Better Rosemary Fairweather - Once In A WhileRosemary Fairweather / HEAVENLY - A COLLECTION OF

  • Gilbert O' Sullivan / Nothing Rhymed 〜 ギルバート・オサリバン ナッシング・ライムド

    Yahooブログが消滅するに当たって沢山の素晴らしい記事が消滅していってしまいます。今回はそうした沢山の素晴らしい記事の中の一つを保存する意味で丸パクリ(転載)させていただきます。(無許可ですので、怒られたら消します。)転載元は、日々考えること と言うブログの

  • Meg Baird & Mary Lattimore - Painter of Tygers

    女性SSWのメグ・ベアードとハープ奏者メアリー・ラティモアの共演。ハープが入ると一気にクラシックっぽく聞こえるのが面白い。 Meg Baird & Mary Lattimore - Painter of Tygers - TOUTPARTOUT sessions Meg and Mary Latti Baird / Ghost Forests にほんブログ村 ⇧⇧

  • RENAISSANCE / Scheherazade and Other Stories

    RENAISSANCE / Scheherazade and Other Storiesマイケル・ダンフォードの自信作 = 最高傑作75年発表の6作目。一般にルネッサンスの最高傑作と言われる作品であり、彼らにとって初のコンセプト・アルバム。アラビアン・ナイトをテーマにした作品でマイケル・ダンフォードの

  • RENAISSANCE / TURN OF THE CARDS

    RENAISSANCE / TURN OF THE CARDSクラシカルなピアノ、チェンバロなどの鍵盤が目立つ作品74年発表の5作目。短命だった第二期ルネッサンスのメンバーであり、アニー加入後のルネッサンスのギタリスト兼ソングライターとして関わっていたマイケル・ダンフォードが正式に

  • RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING

    RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING彼女ららしい音楽性を確立した初期の代表作73年発表の4作目。前作は名曲揃いだったが、オリジナル・ルネッサンスをなぞったかのような習作だった。本作では彼女ららしいポップな側面が開花しており、タイトル曲のようなグループの代表

  • RENAISSANCE / PROLOGUE

    RENAISSANCE / PROLOGUEアニー・ハズラムのルネッサンスの処女作72年発表3作目。オリジナル・ルネッサンスの解散後、マイケル・ダンフォードが集めたメンバー、アニー・ハズラム(vo)、ジョン・ダウト(k)、ジョン・キャンプ(b)、テレンス・サリヴァン(Dr)、ロブ・ヘン

  • LONG VACATION / シェリーにくちづけ

    LONG VACATION / LONG VACATION'S POPふと思い出したので、ロングバケイションの「シェリーにくちづけ」を貼っておきましょう。  言わずと知れたミシェル・ポルナレフの代表曲のカヴァーですが、チープなテクノポップ仕様となっていて未だに新鮮。ちなみにロングバケイシ

  • The Beatles - Apple Rooftop Concert (1969) Full Video

    ビートルズのルーフトップ・コンサートのフル映像が上がっていたので紹介しておきますよ。部分部分で見ているのでとっくに見ていたつもりになっていましたが、もしかすると初!?・・・だとすると貴重ですぞ。 The Beatles - Apple Rooftop Concert (1969) Full Video The

  • KRAFTWERK / Radio-Activity

    KRAFTWERK / Radio Activityポップさと前衛性が融合した魅力的な作品75年発表の5作目。国内では『放射能』として親しまれている作品。前作の成功により初めてキャピトルから発表された作品だが、前作そして次作と比べるとキャッチーな曲が少なく、やや前衛的な雰囲気

  • KRAFTWERK / Autobahn

    KRAFTWERK / Autobahn今更ながら74年発表ということに驚いた74年発表の4作目。テクノを聞こうと思うとそのごく初期に必ず登場する作品で、いわば定番中の定番だが、今更ながら74年発表ということには驚いた。ジャーマン・プログレなるジャンルが音楽ファンの中に

  • K華麗なるJAGUARカレー

    JAGUARの新曲が出たようです。「K華麗なるJAGUARカレー」という曲なので、てっきりJAGUARカレーのことだと思ってスルーしてしまっておりましたよ(笑)まあ、JAGUARカレーの販売促進の意味も含められているとは思うので、間違ってはいないと思うのですが、紛らわしいで

  • KRAFTWERK / Ralf & Florian

    KRAFTWERK / Ralf & Florian穏やかで朝日のような明るさを持ったテクノ/ジャーマン・プログレ作73年発表の3rd。全6曲でラストの6.が14分弱の大作の他、3.と5.が6分大、他は2~4分の曲となっている。一般に本作は次作の『アウトバーン』の布石という見

  • KRAFTWERK / 2

    KRAFTWERK / 271年発表の2nd。前作発表後に一時的に参加していたミハエル・ローターと共にクラウス・ディンガーがノイ!結成のために脱退。ラルフ・フュッターとフローリアン・シュナイダーの二人で制作された作品。前作は10分前後の曲が5曲という内容だったが、

  • KRAFTWERK / KRAFTWERK

    KRAFTWERK / KRAFTWERK無軌道だが、黙殺するにはおしい作品かも70年発表の1st。オーガニゼィションを前身(アルバム『トーン・フロート』発表)として、ラルフ・フュッター (org、tubon)、フローリアン・シュナイダー・エスレーベン (fl、vln) に加えてアンドレーア

  • クラウス・ノミ / トータル・イクリプス Klaus Nomi - Total Eclipse

    KLAUS NOMI / KLAUS NOMIクラウス・ノミってスネークマン・ショーで「コールド ・ソング」を聞いたのが初めてだったのですが、面白さに気が付いた頃には亡くなっておられたのですよね。アルバムも生前は2枚しか出ていなかったはず。小生はベスト盤を含めた3枚の作品を持って

  • MOTORS / Tenement Steps

    MOTORS / Tenement Stepsニュー・ロマンティック路線の埋もれた名盤80年発表の3rd。前作発表後にブラム・チャイコフスキー(g) が脱退。一旦グループは活動を停止してしまうが、ニック(g、vo)、アンディ(b、k、vo) の2人に加えてロック・パイルなどでも活躍したテリー・

  • MOTORS / APPROVED BY THE MOTORS

    MOTORS / APPROVED BY THE MOTORSパブ・ロックよりのパワー・ポップを聞かせる2nd78年発表の2nd。ヒット・シングルの3.を含む彼らの代表作。前作のハードなパワー・ポップ路線をやや軌道修正してパブ・ロック寄りのパワー・ポップに仕上げたのが成功したのか、本作

カテゴリー一覧
商用