プロフィールPROFILE

くうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
暮らしやすいまちづくりを考えていきましょう!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kuuchikuuya
ブログ紹介文
人の住むところを暮らしやすく安全なものになるように、いろんなことを考えていこうと思います。
更新頻度(1年)

11回 / 232日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/03/30

くうさんのプロフィール
読者になる

くうさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,164サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,576サイト
法律・法学・司法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト
地方自治 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 172サイト
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,405サイト
地域経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,164サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,576サイト
法律・法学・司法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト
地方自治 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 172サイト
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,405サイト
地域経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,164サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,576サイト
法律・法学・司法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト
地方自治 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 172サイト
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,405サイト
地域経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、くうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
くうさん
ブログタイトル
暮らしやすいまちづくりを考えていきましょう!
更新頻度
11回 / 232日(平均0.3回/週)
読者になる
暮らしやすいまちづくりを考えていきましょう!

くうさんの新着記事

1件〜30件

  • 総合特別区域の推進方針の変更について~平成31年4月1日の新着情報

    総合特別区域(総合特区)があるようです。総合特区については、こちら⇒https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/sogotoc/index.html総合特区制度とは、「産業構造及び国際的な競争条件の変化、急速な少子高齢化の進展等の経済社会情勢の変化に対応して、産業の国際競争力の強化及び地域の活性化に関する施策を総合的かつ集中的に推進することにより、我が国の経済社会の活力の向上及び持続的発展を図」るものだそうです。(上記ホームページより引用)この推進方向が変更されたとのことで、具体的な内容は以下にありました。ttps://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/sogotoc/sinsei/dai1dai2/suishin_henkou1904.html...総合特別区域の推進方針の変更について~平成31年4月1日の新着情報

  • 空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報に関するホームページ

    国土交通省に、「空家等対策の推進に関する特別措置」に関連した情報を掲載しているホームページがあります。http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000035.html充実しています。一気に、ではないにしても、コツコツと、着実に取組を進めているということなんですね。空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報に関するホームページ

  • 中心市街地の活性化を図るための基本的な方針の一部改正が閣議決定されたそうです。(平成31年3月29日付け)

    中心市街地の活性化に関する法律もあるようですが、「中心市街地の活性化を図るための基本的な方針」というものもあるようで、その一部改正が閣議決定されたそうです。一部改正の内容は、https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/chukatu/kettei/01_kihonhoushin190329.pdfで見ることができるようです。中心市街地の活性化を図るための基本的な方針の一部改正が閣議決定されたそうです。(平成31年3月29日付け)

  • 地方創生推進交付金(移住・起業・就業タイプ)の交付対象事業の決定 (2019 年度第1回)のお知らせがあったようです。

    地方創生推進交付金(移住・起業・就業タイプ)の交付対象事業の決定(2019年度第1回)のお知らせがされたようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/pdf/h31-suisin1_ijyuu.pdf先には、「先駆タイプ・横展開タイプ」という別のタイプについてお知らせがなされていました(https://blog.goo.ne.jp/kuuchikuuya/e/8b8bc6c4fedfec48583ebac064f4bd8c)が、今回は、「移住・起業・就業タイプ」についての決定だそうです。どんなふうに違っているのか自体、わかっていません。地方創生推進交付金(移住・起業・就業タイプ)の交付対象事業の決定(2019年度第1回)のお知らせがあったようです。

  • 都市再生緊急整備地域の候補地域が公表されたようです。(平成31年3月29日付け)

    都市再生緊急整備地域の候補地域というものが公表されたようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/pdf/press.pdf「都市再生」については、以下のサイトで情報がまとめられているようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/toshisaisei/index.html知らないことが多すぎることに愕然としています。都市再生緊急整備地域の候補地域が公表されたようです。(平成31年3月29日付け)

  • 地方創生推進交付金(先駆タイプ・横展開タイプ)の交付対象事業が決定されたようです。(平成31年3月29日付けで公表)

    地方創生推進交付金の交付対象事業というのがあるようです。そして、その交付対象事業が決定されたとのお知らせがありました。平成31年3月29日付けでPDFで公表されているようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/pdf/h31-suisin1_senku.pdf地方創生推進交付金(先駆タイプ・横展開タイプ)の交付対象事業が決定されたようです。(平成31年3月29日付けで公表)

  • 地方創生・地域再生のはじめ

    地方創生や地域再生について、自分が関心を持ったのはつい最近のことです。けれども、既に何度も触れているように、国がこの問題に取り組みを始めたのはずっと前のことのようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/tiikisaisei/kettei.html地域再生法に関する関連閣議決定等に関する情報が掲載されています。平成15年12月19日に地域再生本部決定として、「地域再生推進のための基本方針」がまず最初の取り組みのようですね。地方創生・地域再生のはじめ

  • 地方創生推進交付金のあり方に関する検討会第4回が開催されたようです。

    地方創生が話題になり、地方創生が必要であることは誰にでもわかっているのだろうと思います。が、いかんせん、何をするにもお金が必要なのでしょう。お金がふんだんにあり、また、そのお金が効率的に使われる仕組みも必要なのだろうと思います。けれども、残念ながら、財政状況が厳しいといわれる中で、無尽蔵にお金を捻出することができないことも現実であろうと思います。「地方創生推進交付金のあり方に関する検討会」という検討会が開催されているようです。おそらく、ですが、財源不足を解決するために「地方創生推進交付金」という制度があるのでしょう。そして、それが効率的に活用されるようにこのような検討会が開かれているのであろうと思います。第4回は以下のURLから、その資料などをたどることができるようです。https://www.kantei.g...地方創生推進交付金のあり方に関する検討会第4回が開催されたようです。

  • 古いんだけれど、新着情報…閑話休題

    地方創生に関心を持ってから、いろいろな情報に触れようとしてきたけれども、寄り道も多く、地方創生をまとめたホームページやポータルサイトのようなものにたどり着くのに時間がかかってきました。ところが、最近、ようやくたどり着いた内閣府の地方創生に関するポータルサイトでは、ほんとうにたくさんの情報が掲載されています。確認すると、平成27年からの新着情報が掲載されているんですよね…現在の新着情報を追いかけるだけで精一杯ではありますが、時折、平成27年当時からの新着情報にも触れて行ってみたいと思います。参照URLは以下のとおり。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/news/index.html#です。古いんだけれど、新着情報…閑話休題

  • 信山社から刊行されたこんな書籍があるようです。吉田克己著「現代土地所有権論 ― 所有者不明土地と人口減少社会をめぐる法的諸問題」

    タイトルのとおりです。信山社より吉田克己氏による次のような書籍が刊行されたようです。「現代土地所有権論―所有者不明土地と人口減少社会をめぐる法的諸問題」https://www.shinzansha.co.jp/book/b441071.htmlなかなか、高価な本です。でも、それだけに中味は濃いのでは…と期待が高まりますね!信山社から刊行されたこんな書籍があるようです。吉田克己著「現代土地所有権論―所有者不明土地と人口減少社会をめぐる法的諸問題」

  • 地域経済社会システムとしごと・働き方検討会の第1回、第2回が開催されたようです~地方創生ホームページより

    地域経済社会システムとしごと・働き方検討会の第1回が3月1日に、第2回が3月29日に開催されたようです。http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/meeting/index.html#an29働き方改革の重要性が叫ばれて久しいですが、地域経済となると、さらに深刻な問題があるのかもしれませんね。地域経済社会システムとしごと・働き方検討会の第1回、第2回が開催されたようです~地方創生ホームページより

  • 第1期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に関する検証会の第2回、第3回が開催されたようです。

    第1期の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に関する検証会の第2回が、平成31年3月1日に、第2回が平成31年3月27日に開催されたようです。http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/meeting/index.html#an26既に開催された第1回については、議事要旨や配布資料も公開されているようですね。順に読んでいきたいと思いますが、それぞれの資料の分量がとても多く、追いつくだけで精いっぱいですね…第1期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に関する検証会の第2回、第3回が開催されたようです。

  • AIと地域活性化~総務省ホームページより

    AIの力が人間に勝てるのか、などなど、AIについての話題に事欠かない昨今ですが、地域活性化の分野においても例外ではないようですね。AIを用いた地域活性化の取組事例が公表されていました。http://www.soumu.go.jp/main_content/000595981.pdfざっくりとみると、AIはお問い合わせ対応、言語の異なる人たちとのコミュニケーションツールとして使おうとしているところも多いようですね。これは効率を重視するという感じでしょうか。その他には、AIによって効率のよい農業を行うこと、道路の管理などもあります。これらは、人知では困難な領域にAIを使おうという発想ですよね。そのほか、AIによる介護プランの作成(ケアマネージャーの仕事)、保育園の入所者選別、システムの入力作業などなど、人の負担の軽...AIと地域活性化~総務省ホームページより

  • 「地方創生カレッジ」というのがあるんですね。

    地方創生のための人材育成を目的とした「地方創生カレッジ」というのがあるようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/karejji/index.htmlこのカレッジの目的は、地方創生に携わる人材の育成が直接の目的のようですが、多くの事例をとりあげたりしているようなので、いろんな考え方や取組などを知ることができ、柔軟な思考方法が身につくのではないか、と考えたりします。こういう機会がもっとオープンになると、人材交流も活発になるのではないかということも期待してみたりしています。「地方創生カレッジ」というのがあるんですね。

  • 所有者不明土地問題研究会の目的~国土計画協会HPより

    所有者不明土地問題研究会に関して、国土計画協会のHPを見ると、次のようなことが書いてありました。「1.所有者不明土地問題が将来の日本社会に与える経済的・社会的な影響の申告さを推計し分かりやすく国民に提示。2.時代に合わなくなっている土地制度とその運用の課題を明らかにし、その解決のために新たな仕組みを提案すること。」だそうです。原文は、こちらを参照のこと。http://www.kok.or.jp/project/pdf/fumei_01_01.pdf提示・提案型の活動をするのだろうな…と思いつつ、民間プラットフォームとはいえ、結構、世論には影響があるかもしれないですね。所有者不明土地問題研究会の目的~国土計画協会HPより

  • 「第47回構造改革特別区域計画の認定について」が公表されたようです。(地方創生サイトより)

    第47回構造改革特別区域計画の認定が公表されたようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kouzou2/nintei47/keikakunintei.html認定された計画の概要については、こちら。お酒を特産品とする地域、港湾能力などの運行能力(と言えばよいのかな?)について、通常の規制では窮屈だから…という計画があがっているようです。「第47回構造改革特別区域計画の認定について」が公表されたようです。(地方創生サイトより)

  • 【既に終了のようです。】構造改革特別区域推進本部評価・調査委員会(第44回)が開催されたようです(平成31年3月18日)

    既に終了してしまったようですが、構造改革特別区域推進本部評価・調査委員会(第44回)が去る平成31年3月18日に開催されたようです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kouzou2/hyouka/chousa/dai44/kaisai.htmlなんだかバタバタしていて、機を逃してしまいました…【既に終了のようです。】構造改革特別区域推進本部評価・調査委員会(第44回)が開催されたようです(平成31年3月18日)

  • 所有者不明土地問題研究会・所有者不明土地問題研究会Ⅱ(国土計画協会より)

    一般財団法人「国土計画協会」では、所有者不明土地問題に関する研究会を開催していました。平成29年の「所有者不明土地問題研究会」と平成30年に開催されていた「所有者不明土地問題研究会Ⅱ」があります。http://www.kok.or.jp/project/fumei.htmlhttp://www.kok.or.jp/project/fumei_02.htmlここで議論されたことが直ちに制度化されることはないかもしれませんが、問題意識を探るためにはよい研究会なのかもしれません。所有者不明土地問題研究会・所有者不明土地問題研究会Ⅱ(国土計画協会より)

  • 中心市街地活性化基本計画の第37回認定が行われたようです。(平成31年3月18日)

    内閣府の地方創生のページから。中心市街地活性化基本計画の第37回認定が行われたとのこと。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/chukatu/nintei_20190318.html具体的な内容は以下のPDFファイルにあります。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/chukatu/pdf/190318_bessi_chukatu_gaiyou.pdf青森県黒石市、青森県十和田市、福島県須賀川市、茨城県土浦市、滋賀県草津市、新潟県長岡市の計画が認定されたようですね。それぞれに、特色のあるまちづくりをしようと努力されているんだな、と感じます。けれども、やはり共通項として言えるのかなと感じたことは、1.人の流れを多くすること。2.その...中心市街地活性化基本計画の第37回認定が行われたようです。(平成31年3月18日)

  • 長期ビジョン・総合戦略の閣議決定について

    まち・ひと・しごと創生本部、というのがあるというのはサイトを見ればわかることですが、これをもう少し一つ一つ見ていきたいと思っているのですが、まず、「長期ビジョン・総合戦略の閣議決定」という項目で、「長期ビジョン・総合戦略の全体像」というファイルがアップされています。内閣府の地方創生に関するホームページにある以下のPDFがそれです。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/info/pdf/20141227siryou1.pdfファイルの日時を見ると、「20141227」とあるので、もうかれこれ5年近く前からの取組になるんでしょうね。大きく国の戦略と地方の戦略にわけられるようですが、人口減少や就労環境・生活環境の上昇、人の流れを変える方策、など、取り組むべき課題はかなり固ま...長期ビジョン・総合戦略の閣議決定について

  • まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」「総合戦略」「基本方針」というページ~その2

    まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」「総合戦略」「基本方針」というページがあることを知ったのは、ほんの少し前のことです。そのホームページには、こんなことが書かれています。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/mahishi_index.html「人口減少を克服し、将来にわたって成長力を確保し、「活力ある日本社会」を維持するため、「地方にしごとをつくり、安心して働けるようにする」「地方への新しいひとの流れをつくる」「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」「時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する」という4つの基本目標に向けた政策を進めています。」どうも、このページはすべての基本をなすように思われます。そこで、他の情報をトレース...まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」「総合戦略」「基本方針」というページ~その2

カテゴリー一覧
商用