searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

転職太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
不安が多い人のための転職ガイド
ブログURL
https://fuantensyoku.com/
ブログ紹介文
不安を多く感じる人が、転職で適職に出会うためのサイトです。 面接で緊張しない方法や仕事の選び方、さらにお金に関する事を書いています。 心配ごとが多くて、なかなか前に進めない人のためのサイトです。
更新頻度(1年)

264回 / 365日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2019/02/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、転職太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
転職太郎さん
ブログタイトル
不安が多い人のための転職ガイド
更新頻度
264回 / 365日(平均5.1回/週)
読者になる
不安が多い人のための転職ガイド

転職太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 職種ごとの志望動機の書き方

    営業・事務・管理・企画・エンジニア・・・こういった職種ごとの志望動機の書き方に関してです。わたしは6年くらいフリーター・無職をやっていて、そこから初めて就活をやったので、書類や面接をかなり研究しました。ただ困ったのは職種の志望動機でした。だ

  • ジャーナリストの仕事が廃れた理由

    ネットの発達によって廃れた仕事は色々とありますが、ジャーナリストほど過去の名声と今の落差が激しい仕事はない気がします。かつてジャーナリストは政治や経済の権力者の闇を暴く、社会の味方のような存在でした。虐げられた人の声を聴き、それを発信する事

  • 学校の勉強が苦手だった人が、社会人になった結果

    わたしは中学くらいから学校の勉強についていくのが難しかったです。だから高校の偏差値は40台くらいの所で、専門学校は入試を受けずに推薦で入れる所でした。Fランク大学さえ自信がなくて、無試験で入れる専門学校を選ぶ有様でした。20代での就職は、職

  • お金を追いかけると逃げる理由

    お金に関する記事なので、まずわたしとお金の関係性を書いていきます。わたしは社会人スタートがフリーターで、月収15万円以下(社保とか全然ナシで)を経験しました。そこから就職・転職を繰り返して、大企業平均より高い年収と自社株のおかげで、40代で

  • 早期リタイア後の生活を上手に過ごす方法

    今現在、仕事に疲れている人はリタイアをして、ゆっくりと休む事を思い描いていると思います。確かにリタイアをするとすべての時間が自由に使えるので、思い切り寝る事ができます。では、それ以外の自由な時間をどう過ごせば飽きずにリタイア生活が送れるでし

  • 社会人になっても長く実家暮らしを続けた結果

    わたしは社会人になっても長らく、実家暮らしをしていました。20代後半くらいになると、付き合う異性から実家暮らしを批判される事もありました。実家暮らしというと家事を親にしてもらっているイメージみたいで、何もできない人と思われやすいです。そんな

  • 迷惑な人は無視をすれば、自滅して消える理由

    わたしは人の悪感情に傷つきやすい人間で、舌打ち一つで一週間くらいはクヨクヨします。そんな風に弱いからこそ迷惑な人の習性などを調べ、彼らの行動原理を知ろうとしました。彼らはなぜ、嫌な人間性の上に『他人に干渉してくるのでしょうか?』この理由は、

  • 人にオススメしないけど、人生で仕事の割合を10割にして大金を得た件

    人生の教科書に載っている正解は、・定職に就く・家庭を築く・オプションとしてマイホーム大体このあたりだと思います。わたしは人に疲れて仕事が続かないし、貯金をしてはお休み期間に入ってしまって、人並みに人生のイベントを消化できないと悟りました。そ

  • 出世したくないと思ってたけど、出世して良かった件

    出世すると重い責任を負わされて、良い事が何もないと思っていました。よく言われていたのが、責任だけ上がって給料が上がらず、辛い仕事をさせられるというものでした。わたしもこれを信じていたので、まったりとそこそこの給料で働ければいいと思っていまし

  • 金縛りで人の気配を感じたけど、霊現象じゃなかった件

    わたしは内向的で、自分の体に起こる事を敏感に感じ取れます。自分の内面と向き合うからか、例えばヘルニア手術で麻酔が切れかけた時の事を鮮明に覚えていて、詳細に書きだしたりできます。自説ですが、内向的な人って自分の体に起こった事を、詳細に分析でき

  • 自己肯定感を高めて人生を変える方法【図々しくなれる】

    わたしは社会に出る前に、どうしようもない専門学校にいたので『就活したって、自分はどうせいい会社に入れない』と、最初から諦めて就活をしないでフリーターになりました。何年も自己肯定感が持てないような生活をして追い詰められて、逃げ場がなくなってよ

  • 人に転職を相談すると、大体止められる理由

    転職について他人に相談すると、たいてい止められます。わたしは誰にも相談しないで転職を繰り返して、最終的には自分の好きなように仕事を進められたので、成功した部類だと思います。もし他人に相談して、最初に就職した偽装派遣みたいなシステム会社に残っ

  • アスペルガーの兄からのストレスを、社会人になって解消した件

    わたしには年の離れた兄がいます。この兄は、わたしが小学生の頃から些細なことで手を上げてきたり、大声で延々と罵倒してきました。兄は大学を辞めて引きこもり、暴言や暴れる事が増えました。体格差があったので、わたしは理不尽な扱いを受けても我慢をする

  • 不動産投資は嫌な仕事が多いからやらない

    早期リタイアした後の資産運用で、不動産投資を検討した事があります。売買益で利益を上げるのではなく、オーソドックスに賃貸の方です。ですが調べれば調べるほど、不動産の管理は嫌な仕事が沢山あって、せっかく早期リタイアしたのにブラック企業に再就職す

  • HSPが人嫌いになりやすい事への対策

    HSPの人生の序盤は、本当に非力で苦労しました。基本的に攻撃力・防御力は低いし、お金がないので身を守る防具もないです。そういう弱い人を見つけて、嫌な人は寄ってくるものです。その時に受けた対人ストレスで人嫌いの傾向が強くなって、なるべく人と関

  • 質の高い人と付き合う方法

    わたしは内向的で、交友関係を積極的に広げようとはしませんでしたが、付き合う人に恵まれました。好きな仕事でよく稼げたのは、質の高い人と人間関係を築けたからです。振り返って考えると、徐々に良い人と付き合えていけたのは、決して運任せではありません

  • ドラクエで人生を学んだから、壮大コンプレックスに悩まされた件

    ドラクエはIからガッツリとやった世代で、人生は壮大な物語にしなければいけないと思っていました。自分はドラクエのモブキャラみたいに、街をウロウロしていてる町民のように無意味な人生を歩んではいけないという、強迫観念を植え付けられました。王様でさ

  • 求人の応募さえできない、ザコ社会人の末路

    わたしがフリーターの頃、求人の応募は電話が主でした。電話連絡をするのに何日も決心がつかず、ズルズルと無職期間を長引かせたりしていました。わたしは求人募集中の会社に『応募したいのですが・・・』をなかなか言うことが出来ない超ザコな存在で、どうや

  • 仕事でアイデアを出して、年収を上げる方法

    このサイトが初めての方に説明すると、お金とか仕事について、実際に効果があったものを経験に基づいて書いています。就活から逃げてフリーターだったわたしが、就職してから上手くいった方法です。その中でも年収に大きな影響があったのが、自分の目の前の仕

  • 内向的な人はスロースターターだから、焦らなくていい

    人生は初めての連続なので、どうすればいいのか参考を探すと、同年代の人達を見る事になります。そうすると、プロ野球で契約金1億円とかの同年代を見て『わたしの人生は失敗だ』という敗北感を味わいます。特に内向的な人は、知識を自分のモノにして活用する

  • 舌打ちをすると700円の損だから、社会人はしないほうがいい

    年収が200万円から2500万円に上がっていく過程で、800万円を超える頃から舌打ちを聞く頻度が減っていきました。自分でもしていた事があったし、周りにもイラッとすると瞬時に舌打ちをする人がいた頃は、年収が低かったです。年収が上がるにつれて、

  • 仕事と恋愛は両立する?【しなかった人のパターン】

    わたしは『仕事と恋愛、こうすれば両立できる!』みたいな方法が、いまいちハマらなかった人間の一人です。二兎を追っていたら、今頃、路頭に迷っていたと思います。仕事を選んで、とりあえず経済力は固めることができました。人生は60歳になった時に住む家

  • リアイアしても社会性を失わないようにする

    最初から社会性のない人間はさておき、普通に見える人でも40代くらいからワガママになっていき、50~60で子供がえりをする人が出てきます。何か言われると子供が「いやーーーッ!」と叫ぶように、イヤイヤ気の子供に戻ってしまう大人です。かと思えば、

  • 底辺バイトは仕事を教えてくれない

    経済力をつけて、わたしは40代で早期リタイアをして社会人すごろくを上がったんですが、半生を振り返って難易度が高かったのが底辺バイトの頃です。会社勤めの後半では、業務設計とかいろいろな基準を作ったりとか、仕事を作る仕事のような事をしました。そ

  • 社会人と罪悪感

    学校の道徳教育で植え付けられた、『聖人君子』の概念は、社会人が罪悪感をおぼえる原因になったりします。例えば実社会では社員にリストラを伝える人事が、仕事の一環なのに個人的に罪悪感を覚えて苦しみます。他にもノルマのために、いくらかの不正をしたり

  • 早期リタイアは、あまり計画を立てずに実行した

    わたしは早期リタイアをする時、綿密な計画は一切立てませんでした。大雑把な想定だけはしていましたが、リタイアの最終決定は感情に任せました。現状維持と早期リタイアで勇気がいるのはどちらかを考え、早期リタイアの方が怖く感じたので、あえて選択しまし

  • 就職できない理由ばかり探さない

    雑誌やテレビだけの時代、広告の手法が視聴者に教えられる事はありませんでした。わたしはネット広告業界の出身で、ネガティブなニュースが商売だという事を知っています。ここではわたしの半生の経験を晒して、実際はどうだったのかを書いていきたいと思いま

  • 学歴が関係ないと言い切れる理由【年収は満足】

    『学歴社会』この言葉には、長年騙され続けました。これを言っているのって・高学歴の成功者・低学歴の失敗者という、両極端の人だけです。わたしは低学歴でも、紆余曲折を経てやりたい仕事に就けました。30代になって学歴は全く関係なくなり、学歴社会..

  • 社会人にオススメの漫画

    わたしの社会人生活は無職とフリーター▼正社員でも何度か転職▼ベンチャーを起業(共同)▼資産を築いて早期リタイアというルートを辿りました。少し早めに社会人生活を上がって、社会人の実生活に役立つ漫画がわかりました。社会人生活にモチベーションが欲

  • 社会人の人間関係の作り方

    社会人の人間関係のエピソードで、一代でソフトバンクを作った孫正義氏が、日本にマクドナルドを持ってきた藤田田氏との出会いの話を紹介します。ただの高校生だった孫正義氏が策を考え、大企業の社長だった藤田田氏と会い、アメリカ留学のアドバイスをもらっ

カテゴリー一覧
商用