searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

hisaさんのプロフィール

住所
和歌山市
出身
和歌山市

自由文未設定

ブログタイトル
ひざの痛み 膝痛を治そう!
ブログURL
http://hizatukaizen.official.jp/
ブログ紹介文
ひざの痛みの改善方法や運動療法、痛む原因などを調べ、ひざの痛みで苦しむ方に情報をシェアしてゆきます
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/12/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hisaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hisaさん
ブログタイトル
ひざの痛み 膝痛を治そう!
更新頻度
集計中
読者になる
ひざの痛み 膝痛を治そう!

hisaさんの新着記事

1件〜30件

  • ひざの痛みを止める病院でもらった薬と代替薬

    ひざの痛みで通院していますが病院で処方してもらった薬が結構良く効きます。通院している病院で知り合った同じ膝痛の方にお聞きすると同じ薬を処方してもらって比較的効果は良いと言うことです。そこでそれら薬について調べてみました。

  • ひざの痛みが改善できる3つの必須栄養素

    ひざの痛みに効果的な食事 生命の維持や日常生活に必要不可欠な食事ですが、 ひざの痛みに効果的な食事、食品についてお伝えします。 タンパク質 タンパク質とは 人間が活動する場合に必要なエネルギーは 糖質(炭水化物)や脂質(油)がメインとなっていますが・・・

  • ひざの痛みの改善には体重管理が必要

    ひざの痛みと食生活 ひざの痛みの改善と食生活について 問題となるのは【肥満】と【改善に効く食べ物】 ですね。 ここではそのうちの【肥満】についてお伝えします。

  • 最も安全で簡単な治療法

    最も安全で簡単手軽な治療法とは? 実際にひざの痛みを感じてから 様々な書籍などを読みあさり、 医師とも話して最も手軽に安全に出来る 治療法があることを知って現在も実践中です。 その方法をシェアします

  • ひざの痛みの原因 関節症以外の可能性

    多くのひざの違和感や痛みを感じる人は統計では90%以上は変形性ひざ関節症ですが、それ以外に原因がないワケではありません。病気として考えられる(筋肉痛などを除外)いくつかを探してみました。

  • ひざの痛みに効く食品やサプリは?

    ひざの痛みに効くのか、効果があるかもって言われる食品やサプリについてご紹介します。 参考にしてみて下さい。

  • ひざの痛みは押すだけで痛みが消える?

    指で押すだけでひざの痛みが緩和するとしたら当然ですが知りたいですよね。 その方法をお伝えします。

  • ひざの痛みにサポーターは効果はあるの?

    私がひざの痛みを感じてまず試したのが サポーターでした。 過去に腰痛の経験が有り、その時に俗に言う 腰痛ベルトを巻くことで随分と楽になった経験から サポーターを使う事を始めました。 現在までに数種類を試してみましたが・・・

  • ひざの痛みに温熱療法を試す

    患部を温めたり、冷やしたりする治療法を温熱療法と言います。比較的時間がかかると言われていますが効果はあるそうです。

  • ひざの痛みで病院に行く時の注意

    ひざの痛みで病院を受診際の注意点をまとめました。服装から診察にとても重要な問診の受け答えについてご参考にして下さい。

  • ひざの痛み 最新情報 関節軟骨は再生できる!

    ひざの痛み関しての様々な本などを読んでいますが関節軟骨は再生しないというのが定説のように書かれていました。が、私の得た最新の情報によると・・・

  • ひざの痛みと上手く折り合う

    ひざの痛みと上手く付き合う ひざの現状をしっかりと把握して上手く付き合えば 意外と行動的な生活が送れるようになります。 ひざの痛みと共存する ハッキリと言えばひざの痛みなんて必要ないのですが おこってしまった痛みがある以上は少しでも 痛みが軽減するとか、もちろん痛くなくなるとかも含んで 現実問題としては生活しないといけません。 変形性ひざ関節症では 既に起こってしまった関節軟骨の劣化や変形、 ひざの変形や脚の変形などは完全に元に 戻ることはないと言われています。 もしそうならば 自分自身にとって不都合や痛みを感じなければ それは治った(良くなった)ということにしても ある程度良いのではないでしょうか。 若干の開き直りかも知れませんが(笑)。 当然ですが無理をするということではなく 現状を踏まえて出来ることと出来ないことを 判断しておくだけ随分と変わると思います。 ひざは立ったり歩く事だけではなく 身体を動かすためのとても大切で重要な部分ですが 出来る範囲内を理解しておけば より活動的な生活を送ることが出来ると思います。 治療の主治医は患者本人 以前の投稿でも書いていますが、 変形性ひざ関節症の基本的な治療としては 運動療法となります。 もちろん通院して医師と相談しながらの 治療は必要なのですが、それだけでは 治すことが出来ません。 つまりひざの痛みと戦っている患者本人が 自宅で毎日の運動療法を行うことで 効果が出るのです。 自宅出来ると言えば、 炎症が強い時、痛みや違和感がある時には 温めたり冷やしたりすることでも 少しでも炎症を和らげ、痛みを抑えることは出来ます。 そう言った意味でも あなた(患者さん)自身や私自身が主治医として ひざの痛みに向き合うことが大切だと考えます。 使うにはメンテナンスが必要 痛いひざと上手く付き合っていくには

カテゴリー一覧
商用