searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

佐々木大記さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
心のスケッチ
ブログURL
http://ssktmnr.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
信仰生活の日々に思うことを綴ります
更新頻度(1年)

129回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2018/11/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、佐々木大記さんの読者になりませんか?

ハンドル名
佐々木大記さん
ブログタイトル
心のスケッチ
更新頻度
129回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
心のスケッチ

佐々木大記さんの新着記事

1件〜30件

  • 悔しい(動画追加)

    photos.app.goo.gl 先週近所の葬儀関係の会社で3日ほどバイトでお世話になった。 主力商品は通夜なし葬儀なし火葬のみの「直葬1日コース」 訪問やイベント説明会などで、月40本くらいを目標に営業活動をしているとのこと。 そこで僕はポスティングをしていたのだが、お話を聞く限り、関心を持った人はわりとホイホイ契約するらしい。 事前準備しておかなかった場合との費用落差を考えたら当然の選択だと思う。 でも安さ優先で一番安い1日コースを選んだ場合、シルバーコード(霊糸線)繋げた状態で焼かれてしまうわけなので、成仏の手順を無視したただの「死体処理」をされることになる。 happy-scienc…

  • エロウジアの翼

    「エロウジア」とは小説『神の小屋』中で、黒人女性の姿で現れる創造主の名前です。 初めて読んだのは12年か13年前。 誘拐された愛娘を殺害された現場の小屋で主人公が3人の神(父:エロウジアと子:イエスと精霊:サラユー)と出会い、神への信頼を取り戻していく対話が描かれている。 たまに読み返している愛読書で、最近また少しずつ読み進めていた。 じっくりと読書したい人におすすめの一冊です。神の小屋 (Forest books)作者:ウィリアム・ポール・ヤング出版社/メーカー: いのちのことば社発売日: 2015/06/15メディア: 単行本(ソフトカバー)昨夜なんとなくエラ・フィッツジェラルド(Ella…

  • あなたは信じることができる

    知らず知らず何かに囚われていた。迷ったり悩んだりしなくちゃいけないと思っていたけど、本当はすべて自由だってことを思い出した。 神様は人間が必ず光の道を歩んでくれると信じているから、今も心の自由を決して取り上げることなく、すべてを許してくださっている。 その心の自由を使って幸せの輝きで世を照らす光となるために、真理は与えられた。 真理と共にある限り どんなに欲望や憎しみや苦しみの誘惑が訪れても この心は人を愛し 未来の希望を選ぶことができる たとえ暴力が世界を支配し 私の愛する全てを奪うことがあっても 人々が許し合い 自由の咲き誇る世界を共に建設する姿を この心は描くことができる 目に見えず耳に…

  • 学びの宝庫 遠江秀年さん

    2016.12月 大正池 歌う真理ユーチューバー この歌を聴いてこのおじさんすごく好きだと思いましたので紹介させていただきます。歌:My Kind of Town(Frank Sinatra's Style) 本当は切り取るべきところは歌ではなく、智慧と豊かさの部分で、ありがたく学ばせていただこうと思います。 コロナウイルス関連の動画の視聴回数が多くて歌はわずか80回くらいしか見られていないのがとても悔しい。 いや、歌じゃなく、智慧と富に関する動画がとても良いのではないでしょうか。 お金を払って見るべき内容なのだと思うのですが、たまたま無料で公開されているという認識が正しい気がします。 まだ4…

  • ヒーリングからの降魔

    www.spacebrothers.jp こちらのブログを拝読しているのですが自分がコメントした懐かしい記事がアップされていたので、6年後の経過報告としてお礼のコメントを入れさせていただきました。 よそ様のブログですので最低限の報告とお礼にとどめたつもりですが、実はもう少し深い話でもあるのでここで追記をしておこうと思います。 以下自分のコメントの転載です。 6年後の経過報告 懐かしい記事ですね。 せっかくですのであれからの変化をご報告しておきます。 僕自身がずっと感じていた自分のゆがみは「矯正すべき欠点」ではなく、押さえつけることで苦しんでいた個性の現れであったことに気づきました。 僕はADH…

  • あえばさんの おいっす!

    バランスを整えましょうというお話 欲しい本が増えています。 緊急出版!!韓国"消失"か!? 【JCUインサイト 第12回】買ってまだ読めていない本も増えている。 本は買った瞬間に読み始めないと景色に同化するのだと思います。 いつでも読めると思って一週間も放置すると「いつも読まない」になってしまうわけですが、それって物質的には所有しているものの実際には何の収穫も得ていない状態なんですよね。 対策を考えた方がいい由々しき問題であります。 読めてないシリーズを一度ピックアップして目立つところに置くとか、全部カバンに入れてみるとか(これが一番効く気がする)、習慣的に一定時間を確保して読むようにするとか…

  • 自然であること

    野性的で純粋な光を秘めたあなたを愛している 神様に生み出されたままの ジャングルのような美しさ その豊かな生命で世界を育み 本当のわたしを照らし出す希望の人 飾る必要なんてない わたしはわたしを捧げて いつか神様の花飾りになる まっすぐに疑いもせずに ただ現れるだけ わたしは合わせない わたしは演じない 幼子の輝きだけを もっともっと強く もっともっと透明に ただ自分でいることがうれしいから より純粋で より透明な自分に 限りなく近づいていきたい 私を無限に幸せにしてくれる 神様がくれた一本の坂道を 海に向かってまっすぐくだっていこう 与えられた美しさを信じて 恐れを捨てさえすれば 心は雲を突…

  • 悟性の向上「共生(ともいき)」

    2016.3月 明治神宮 世界との一体感を高めるための瞑想 二日前にやった瞑想というか、感覚訓練のようなものが面白かったので記事にしておきます。 誰かに教わったわけでも何でもないんですが、風水的な情報を目にして「方角」というものに関心を持ったのをきっかけに、いろいろ思考訓練をしていたのですが、気づいたら宇宙との一体感が増していました。 ただ想像力に頼るのではなく実際の認識力を上げるような認識調整となるため、高まった一体感が元に戻りにくいようで、やりがいもあると思います。 本来の自分とは、他人や世界と切り離されて存在しているわけではなく、すべてと繋がった大きな生命に属する個性の現れであります。他…

  • 幸福論としての目覚め

    2018.1月 八戸 10代からの意識の移り変わりを振り返る 10代の頃の不思議な感情を思い出した。 当時なぜか同年代でブレイクしていたスピードや宇多田ヒカルに純粋に嫉妬していた。 みんな同じ感情なのかと思っていたら全然そうでもなかったので「あれ?」ってなったことを覚えている。 音楽が好きだったのは確かで、自分もそうなりたいと思っていたのだろうか。 今でも全然そんなつもりないのだけど、願望として根付く前に抑圧して押し殺した夢だったのかもしれないという説。 ジャニーズやモー娘。には何とも思わなかった。スピードに対しては身を焦がすような腹立たしさ。宇多田ヒカルには腹の虫を抑え込むような… って自分…

  • マガジン始めました

    2018.1月 日光 ブログ記事を作ることがおそらく自分にとって一番楽しいことなのですが、この頃なぜか書き進めているとすごい長文の重い記事が出てこようとすることがちょいちょいあって、「これはさすがにブログのテンションじゃないよな」と感じ、途中で書くのをやめる ということが何度か続いていました。 そこでこのブログとは違う媒体で運用してみることにしました。 note.com こういう長文ニーズが存在するか不確かではありますが、有料設定にできたり、無料公開であっても応援したい人は投げ銭感覚で(たしか100円から)クリエイターをサポートすることもできるようなので、よかったらポチッとご支援下さい。 少な…

  • 日ノ本が照らす未来

    2018.12月 内宮及川幸久さんの動画のコメント欄に「韓国は潰れてしまえば良い」といった論調のコメントが集まっていた 【新型コロナウィルス】韓国必死の株ウォン暴落阻止!【及川幸久−BREAKING−】だれでも自由に発言できる時代ではあるが、だれもが積極的に発言しているわけではないのでそこに集まっている意見が平均的意見であるとは言い切れないわけだが、ここに集まっている意見は保守としては主流の考え方なのかもしれない民族問題において見られるネットユーザーの感情的態度はとても良くわかるのだが 結局相手と同じ土俵でやりあっているようにしか見えない しかし 感情を煽られるがままに怒りの心を増幅させてしま…

  • マインドセットとしての与える愛

    2016.7月 名古屋 豊国神社の近くssktmnr.hatenadiary.jp 『素顔の中東』を紹介したらツイッターで「ありがとうございます」とTHE FACTとしろとりさん本人からメッセージを頂いた 番組作っていただいて感謝しているのはこちらです 実際に中東行ったうえでの発信なんてやってる人あんまりいないでしょうし 情報としてとても価値があると思うんです 今の時代いろんな情報が無料で手に入れられるような感じになっているし僕たち消費者は千円二千円で一冊本を買うだけでも様々な情報に触れられるようになってます それだけにひとつひとつの情報の本当の価値に対してどんだけ貴重なものなのか感度が鈍くな…

  • 「素顔の中東」がおもしろい

    2014年 亀有 どういうわけか 気軽に思ったことを書こうとしているだけなのに、いつの間にやら論文のごとき大作が書きあがってくることがあります これはこれで書籍化しても良いかなと思えるネタが2本途中まで(長すぎて終わらない)進んで止まっている いかん 小説も止まっている いい加減進めなくちゃと思いつつも足元がフラフラしていて行動が定まらない なんかうまくいかないなー とにかく落ち着かないのだ ルーティーンが定まらなくて習慣を作ることができないでいる たぶん 何かを捨てなければいけない ぶつくさ言うのはこの辺でやめにして 話は変わります 二日前にたまたま見ていたTHE FACTをきっかけに面白い…

  • 手洗い うがい 瞑想

    2012.12月 田沢湖 動けば動くほどに今まで見えなかった景色が見えてくる 世界はとても広いので本当に限られた世界しか見ることはできていないのだけど 今まで自分が生きてきた世界だけがすべてじゃなくて もっともっと希望が用意された世界があるみたいだ どんな世界を心に映し出すかが どんな世界で生きるかってことなのだと気づいた 自分で調整できるのだ なんて言えるのは仕事に縛られないような生活をしているからなのだろうか そういう面はあるだろう でもどんな環境下で生きていたとしても心が自由であることを決して否定したくない 世界を恐怖心や不信が包もうとする日も 仕事先でうんざりするような人に会った日も …

  • 一人法談② 行動の人へ

    2019.3月 東京 前回の動画のあと引き続きまたしゃべってた 気分が乗ってしまうと止まらないというか何かまだ引き出すべき話があるような物足りなさに導かれるように赤いアイコンをタップ もう眠いのだけどそれでも言葉が出てくる 自分自身を行動モードに変容させるための自己説得 眠い時間にぼーっとしながらしゃべっているからこそ出てくる思い出をべらべらしゃべってた けど忘れていた自分の一面を思い出すきっかけになったりしていた ここ数年表立って目立つようなことをしてなかったしすっかり忘れていた というか自分は引っ込み思案なのだとすら思いこみかけていた 一人法談 行動力を高めるための自己説得 子供のころまで…

  • 一人法談

    2013.12.24 せんとくんとゆかいな仲間たち 降魔の考え方 自己責任という自由と希望 現実の中に見る夢 しゃべりたいことをただただしゃべったらそんなおはなしをしていました一人法談 すべては自分で選択している 降魔についてはもう少し丁寧にお話ししたいなという心残りがあります 雑談の流れでざっくり話していますが本当は図解で説明したい 心の世界の話って丁寧に理解すればすごく明快だし人生問題の解決スキル向上にめちゃくちゃ役立つので本当に知ってもらいたいと心から思う 繰り返しいろんな角度から探求しながらアウトプットしたいテーマです 現実と夢はたいして違いがない ていうようなお話がなぜ出てきたかは忘…

  • 総裁先生との時間

    2016.12月 大正池お昼頃 眠っていたら夢に総裁先生が現れた 自分を含む20人くらいの信者が集まっている礼拝室に現れ説法ではなく一人一人のところに赴いて一対一のコミュニケーションをしてくださった 丁寧に時間をかけて 時間をかけすぎて日が暮れようとしているところで目が覚めた 約束の時間だった 14時から人と会う予定を入れていたのにめちゃくちゃ寝坊 約二時間遅刻した 「こんな夢を見ました」と約束の時間に見た夢を説明した 「説法の時の先生の霊的な姿ってこんな感じなのかもしれませんね」とふと心に浮かんだ言葉を付け足した 実際に一対多でお話をされているのではなく本当は一対一しかないらしい だから直接…

  • 悩みに答える ―救済力の実感―

    2016.12月 吉野川久しぶりにお悩み掲示板をのぞいてみた 覗いてみたと言っても結局相談にコメントを何かしらしてしまう 自分自身の今の課題ではなくて他人の問題や悩みに 関心を向けるっていうことは すごく勉強になります 自分が置かれている環境であるとか生活の中ではぶつからないような悩みというものが 他の人にはありえるわけで そういう自分ではなかなか体験できないような課題とか 悩みっていうものを共有させてもらえるっていう事は人生経験をさらに豊富にさせていく機会としても良い事だと思う それに単純に今困っている人の力になれるということ自体が自分自身の活力にもなるので ありがたいことだなっていうふうに…

  • バックトゥザフューチャーⅡ

    2015.4月 新潟 人手不足のご時世に適した会社ではないものの、久しぶりに仕事の在り方を思い出すような感覚もあった。 先輩が後輩に仕事を教えないというのは決して悪い制度とは言い切れないと思う。 基礎中の基礎は当然教わるとしても、学ぶ姿勢を自分自身が持つことはとても大事なことで、自ら積極的に仕事を覚えていくことはそのまま自分の出世に関わることでもある。 「やる気のねえやつは辞めちまえ」という姿勢を貫き続けるのはある意味潔いけど、実際辞められて困っているのはいかがなものかと思う。 質の悪い人材にダラダラと居座られるよりは良いのか。 でも質の良い人材も足をまたぐようでは意味ないよな。 嫌な職場に当…

  • バックトゥザフューチャー

    2013.12.25 新宿最近アルバイト採用された職場の文化が少し面白かった 先輩は基本的に仕事を後輩に教えない 新人は仕事を目で盗んで空気を読んで動く 空気を読めないでいると罵倒される そして慢性的な人材不足に悩んでいるっていう悩ましい会社(笑) 古参のバイト2名がそういう勘違いした職人らしく新人バイトはみんな辞めていくんだとか 元凶になっているその人達をクビにして新人バイトが逃げないようなカルチャーを作ったほうが賢明だと思うのだがとりあえずそういうことは考えていないようだ そんななかでも空気を読んで動けたりする自分だったりするので案外難なく適応してた かるく怒鳴られることもあったけどそれは…

  • 未来を創る決意を固めるもの

    2017.3月の桜 冬という季節は耐え忍ぶ試練の季節でもある 2月3月とまだ冬は続いていくけれど 心の目を未来に転じてみるとつぼみを開こうとしている桜が見えてくる 2年前の冬の日に仕事先のビルの守衛さんが言ってくれた一言を思い出した 「寒い日が続くけど あともう少しの辛抱だね」 ssktmnr.hatenadiary.jp 2年前の記事に記録してあった 「いったいいつまでこんな生活をし続けるのだろう」 そんなつぶやきをふとした瞬間に心に浮かべることが多く 内心ストレスまみれだった 自分の未来を信じ切れていなかったからそんなふうに不安になっていたのだと思う できるかできないかで自分の未来を考えて…

  • 惨めさが宝物に変わる魔法

    2018.12月 阿波川島駅 昨日は六本木のミッドタウンで空調関係の仕事 今日は障害児のお泊り施設で見守り 明日は病院で物品搬送 来月は来月で違う仕事をすることもあるかもしれません そのかたわらで表現活動や先々の仕事のための勉強や情報収集や勉強実験計画 そして信仰生活 いろいろなことを同時にやるなかで一つ一つ専門性を高めつつすべてを結び付けていくようなイメージ 東京は雪が降るのだとか 多少積もるのだろうか 足元を滑らしたりけが人がでなければ良いなと思う 救急病院で働いていると他人の怪我が他人事じゃなくなる 医療や福祉関連の仕事に縁を頂けて良かったなと思えるのは仕事へのやりがいと誇りを感じられる…

  • 可能性の扉に光をあてろ

    2018.12月 内宮 にわかに仕事が増えてきて少し忙しい と言っても普通の会社員以下だと思う いろいろな仕事をとおして様々な立場から世界を見るのはとても良い経験だと思っている であるならばもっとリッチな世界ものぞいてみたいなとふと思った 「いろいろな経験」と言いつつ自分の中で無意識に定めているご縁の範囲がある 自分には縁がない世界といつの間にか決めつけて勝手に運命の選択肢の中から除外している領域に対して扉を開いても良いんじゃないか せっかく生まれて来たんだから生きている間にもっといろんな経験をしたい 少なくとも 自分が気になっていることでできることにはできるだけすべてに手を出したい。 今まで…

  • 僧団の一員として

    2018 日光精舎 「仏法僧の僧に帰依する」っていうテーマです 三宝帰依についてはすでに教えが説かれていますが、今日自分なりに思ったことがあったのであくまでも一つの考え方として書き残したいと思います。 仏説正心法語の中に 『仏弟子の誓い』っていう経文があると思うんですけれども その中に 「仏・法・僧は 光なり 心を 照らす 鏡なり」 ていう部分があるんですね 毎日のようにこの経文はあげさせて頂いているんですけれども 僧団が自分の心を照らす鏡っていう考え方に一つのヒントがあるのかなっていう風に思いました ていうのは自分自身の心を映すために多くの人が存在してくださっているんだと思うんですね 他人が…

  • 動画はゆるく

    昨日の記事への追加コメント+まったり語ってます ブログ 新生のための「断ち切り」について&おしゃべり 後半眠くなって寝そうになってます ssktmnr.hatenadiary.jp ssktmnr.hatenadiary.jp 何を話したかあんまり覚えてないですが、とりあえず使ってみます。 日々是実験ですはい。 にほんブログ村

  • 新生のための「断ち切り」ができているか②

    2016.2月 夜の街路樹 前回は人は成長する過程で心の中に主体的な人生観による能動的な世界を構築していくという話をしました。 ssktmnr.hatenadiary.jp もしかしたらその人が前に一歩出ることをずっとためらっている理由っていうのは 自分自身を主体とした人生観の設計っていうのを心の中で描けていないからなんじゃないかなっていうふうに思うんです僕自身はそうでした 与えられた人生与えられた世界の中でどういう風に 自分は見られるのかっていうことをどこかで考えているんですね無意識に具体的に言えば僕は多分家族の目を気にしたりとか友人の目を気にしたりとか生まれてから今までずっと一緒に生きてき…

  • 新生のための「断ち切り」ができているか①

    自宅での落書き 2015.10月 久しぶりに文字入力をキーボードで 使えるかわからないけど、今自分が手打ちで記事を作っている様子を撮影している。 動画だからと言って、気張ってしゃべらない。 動きが少しあるだけでも良いかなと思う。 けど、一応BGMはいておこうと思い、中国のジャズシンガーの音楽を流している。 Ordinary People covered by Bei Xu この人の歌は20代のころからから好きだ ずっと飽きずに聞いていられる風景が浮かんでくるようないい音楽だ。 職場のおじさんで音楽や文学についてよく話す人が一人いるのだが そういう話ができる人ってとても貴重だ。 2日前に友人とご…

  • 動画を始める  ~挑戦というより手抜き説~

    1月11日7時39分 一睡もせずに朝になってしまいました昼夜逆転しています 昨晩友達とご飯食べに行ってお酒飲んでないんですけどご飯食べた後コーヒーを飲んだのが効いたらしく眠れないまま一晩過ごしてしまいました でも一晩ぼーっとしてたのかって言うとそうでもなくて また何か新しいことやりたくなってきて ちょっと実験的に動画を撮ってみようと思いまして スマホで自分を写しながら思ったことを喋ってみたりしながらどういう風に自分がうつるのかなーとかちょっと チェックしてみよっかなーみたいな 軽いノリで動画撮ってみました ちゃんと落ち着いて話せたりしてたんで これはこれでアリかもしれないなーっていう風に思った…

  • 宗教者の務め②

    今後厳しい時代に入っていく流れの中で考えられる霊的なリスクとそれに対する光の打ち返しの必要性について前回の記事ではお話ししました。 ssktmnr.hatenadiary.jp で、続きですが 結局幸福の科学が繁栄を教えとして説いて金稼ぎの宗教だとか言われてみたりとかあと政治に進出して権力の拡大を目指してる野心家集団だみたいな感じで言われたりっていう風なことは全く違うことであってあくまでも人の心を守るためにやるべきことをやっているっていうことなんですよね批判されようがなんだろうがむしろ批判されることはもう分かりきった上で政治がしっかりしていない状態を見てやむにやまれずやっていることでもあります…

  • 宗教者の務め①

    引き続き音声入力ってものを何度かトライしてみているんですけどテーマを決めて一つの記事を作るんだっていうマインドでしゃべり続けるというのはとても難しいということは分かってきていてちょっと今それは諦めようかなと思っています ただ口に出して話すことはやれば面白くなっていくっていう所があります なかなかうまくいきそうでいかないっていう悔しさがあるともっとうまくなってやりたいっていうようなゲームみたいな感覚で楽しいんですね やればやるほどだんだん話が上手くなっていく自分というのを確認できるので最初は論点をまとめて記事を書くとかではなくこのおしゃべり自体を楽しんでやっていきたいなって思っております おしゃ…

カテゴリー一覧
商用