searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

のえさんのプロフィール

住所
船橋市
出身
船橋市

自由文未設定

ブログタイトル
介護職業録‼
ブログURL
http://heb.blog.jp
ブログ紹介文
介護職として働いて数年、思ったことや経験したことを赤裸々に記していきたいと思います!
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/11/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、のえさんの読者になりませんか?

ハンドル名
のえさん
ブログタイトル
介護職業録‼
更新頻度
集計中
読者になる
介護職業録‼

のえさんの新着記事

1件〜30件

  • 2018年の出来事、インフルエンザがもたらしたもの

    2018年、インフルエンザによりがらっと状況が変わったとある介護施設にて��「ウチの施設って・・・割とADLが高い人が多かったッスよね?」��「そうだねー・・自立してる人が多かったよねー、オムツを使う人が一桁代しかいなかったし」��「そうッスよねー・・・それが今や、ほ

  • 2018年の出来事、インフルエンザで壊滅していた 終

    とある介護施設にて、インフルエンザが蔓延していた。そしてそれは職員にも徐々に進行していた・・・��「車イスの使用率がヤバいッス」��「仕方ないよ、みんなインフルエンザで動けなかったんだし・・あー、ナースコールだ・・多分トイレかな?ちょっと行ってくるよ」��「は

  • 2018年の出来事、インフルエンザで壊滅していた 続

    2018年、とある介護施設ではインフルエンザが蔓延していた。��「リーダー・・・今日・・・恐ろしいことが起きました」��「どうした?何があったんだ?」��「インフルを発祥している認知症の人が・・・這って出てきました・・・」��「そっか、焦っただろう?」��「焦ったなん

  • 2018年の出来事、インフルエンザで壊滅していた

    ちょっと前、とある介護施設�にて���「鈴木さんもやっぱりインフルエンザだったらしい・・・」���「マジッスか・・・これで10人目・・3割くらいの人数になったッスね」���「あっという間に蔓延したな、まだまだ増えそうだな」���「でもまぁ、入浴介助をしなくて良いし、レク

  • 楽しい仕事の環境作りのために

    「どうせ働くなら楽しく働きたい」仕事に関して、百人いれば百人通りの考え方があると思います。「出世がしたい」「お金が欲しい」「多くの人に認められたい」等々・・・それぞれの価値観や経験に沿ってたくさんの思いが生まれていきます。冒頭に書いた「楽しく働きたい」と

  • 優しさ

    とある介護施設にて���「今日、ちょっと嬉しいことがあったんスよー」�������「ん?何だ?何があったんだ?」���「緑さんはいつも優しいね、って田中さんがいってくれたんスよ!!こういう時にこの仕事をしていて良かったなって思うんス」���「へー良かったな、何かしたのか

  • 「サービス残業」という悪しき存在

    「残業をたくさんするのは仕事を頑張っている証拠」と言われたことがあります。「なんで残業しないの?俺はこんなに残って仕事をしているのに」とも言われたことがあります。ちなみに、これはいずれも同じ人の発した言葉です。残業すること自体は個人的には悪いと思っていま

  • 「あの人、死んでしまうの?」

    僕の勤めている有料である一人の女性入居者さんが乳ガンになりました。現在、ステージ2であるため末期に前に発見されて良かったなと思います。この女性の入居者さんですが人の悪口を大声で言う自分が気に入らないレクには大声で文句を言う相手の話には否定から入るという素

  • 人間関係注意報 「指摘遮断怒る人」

    完璧な人間など存在しません。なにかしら苦手なことがあったり、出来ないことがあったりするものです。だからこそ、チームで仕事を行いお互いに指摘しあい切磋琢磨していくことが僕たちの仕事には大切なんだと思います。���「なんでそんなこと言われなきゃいけないんですか!

  • 食器乾燥機が壊れました

    とある介護施設にて「食器乾燥機が壊れた」����「それを僕に報告して何がしたいんですか?買って欲しいんですか?」���「ウチのじゃねーよ、施設のがだよ」���「え?本当ですか?何で壊しちゃったんですか!?」���「自然と壊れたんだよ、俺じゃないわ」���「どうするんです

  • 年を取るのは怖くない、それは娘が介護士だから

    今、Twitterでちょっと話題になっている介護求人のフレーズ年を取るのは怖くない、それは娘が介護士だから初めて見た時は何も意識しなかったんですけど、色々と調べていくうちにこのフレーズが騒がれている意味がなんとなく分かりました。これって要は�「家でも職場でも仕事

  • そう思うことは悪いこと?

    とある介護施設にて���「今日の夜勤は平和だな」����「そうですね、ナースコールも落ち着いているし急変しそうな人もいないですしね」���「洗濯物も畳んだ、掃除もした、物品の補充もした、そして夜専の俺は書類仕事も無い」「書類仕事は別に手伝ってくれても良いんですよ?

  • 《入浴介助備忘録》クマ吉はお風呂が大好き

    入浴とは人の身体を清潔を保つために行われるもの、湯熱作用で毛細血管や皮下の血管が広がるなどの健康作用があります。入浴習慣のある高齢者は介護度が低いとも言われています。彼はくま吉、若い頃からお風呂が大好きで最長で一時間も入っていたことがあるとか無いとか「お

  • 白衣の戦士2

    とある介護施設にて���「白さんってさ、今は施設で働いてるけど前は病院で働いてたんでしょ?」���「そうだよー急にどうしたの?」���「いやさ、凄いなって思って・・・私、血とか苦手だから絶対出来ない自信あるし、採血とかも失敗しそうだわ」���「あー・・・血はね意外と

  • 白衣の戦士

    とある介護施設にて「自分、ずっと疑問に思ってたことがあったんスけど聞いても良いッスか?」「それは・・内容にもよるんじゃないかな?」「それはその通りッスね、看護師さんって気が強い人多くないッスか?」「返事は聞かずに質問するんだね・・・」「あー、すいません、

  • 2019年5月、人間関係で荒れる職場がそこにはあった

    とある介護施設にて���「あいつ・・・ゴミを放置していきやがった・・・」�����「捨ててね!!」���「せめて・・・お願いしますぐらい言っていけよな・・・」���「捨ててね!」���「っていうか・・なんで介護の仕事してんのにゴミ捨てしなきゃいけないんだよ・・・」����「捨

  • 「その人らしさ」を尊重するのははたして良いことばかりなのだろうか?

    僕が今まで働いてきた会社にはすべて「その人らしさ」を尊重することを掲げていることが多かった。確かに、高齢者や障がい者の方々が各々の価値観を持ったまま生活し充実した生活を送ることは正しいことだと思う。しかし、それはあくまで「その人らしさ」が誰も傷付けない場

  • タメ口・対応・大勉強

    とある介護施設に�て���「最近、家族の来訪が多いですよね」���「GWだからな」���「挨拶されて誰だろう?みたいなことも多いですよね」���「GW だからな」���「普段、高齢者とばっかり話してるからちょっと戸惑いますよね」���「お前、外面は良いから割りと出来てる気がする

  • 働き方改革による有給取得についてのご意見、もとい有給についてのご意見

    これは経験に基づく一例です���「有給?もちろんもらうよ、だってそれが決まりだし、欲しい時にちゃんと当然全部、消費しきるまでね。人がいなかったら?いやいや、関係無いでしょー」���「有給休暇は・・・余っても良いけど、可能な限りはもらうよね。消費しきれるかどうか

  • メンタルケア

    定期的に開かれる���「・・・・・」���「いつまでも落ち込んでんの?」���「いや、そりゃ落ち込みますよ・・・」�������「起こしちゃったものは仕方ないでしょ」���「でも、一生の不覚ッスよ・・・落薬事故をおこすなんて・・・」���「単純に疑問なんだけど、なんで気付かな

  • 夜勤についてのご意見

    とある介護施設にて「今月の夜勤が少ない」「何やらかしたんスか?」「何も・・・え?俺、何もしてないよな?何かした?」「入居者さんのお金を盗んじゃったとか?」「冗談でもそういうことを言うんじゃないよ」「何か心当たりは無いんスか?」「心当たり・・・?」「無いん

  • もう大変

    ���連休はご家族来訪超多い���多くない?当日欠勤多くない?���認知症聞かれることはエンドレス���分からない洗濯方法分からない���精神を削る暴言多発中お後がよろしいようで

  • 平成が終わる令和が始まる

    ���「ついに31年続いた平成が終わりますね」���「明日から令和が始まるって実感が未だにわかないよな」���「この一週間、平成最後の○曜日っていうのを色んな所で聞きました」���「平成最後の○○っていうのは曜日に限ったことではなかったけどな、居酒屋に行くと平成最後っ

  • わりきることも仕事

    休憩中「お疲れ様です」「お疲れ様です」「今日も小田さん、荒れてましたね」「本当にね、意味もなく怒鳴られちゃったよ」「私もですよ、訪室しただけで凄い顔で睨まれました」「困ったもんだよねー、なんでか分からないけどご家族の方と喧嘩したみたいで、それで機嫌が悪い

  • 服薬を巡る戦い

    服薬事故とは間違って他の方の薬を飲ませてしまうことや薬を落としたまま気づかずスルーしてしまうことを言う服薬を要するに介護職では常に気を付けなければならない事故である「なんでこんな薬なんか飲まなきゃいけないんだ!!俺は納得できん!!飲むもんか!!」「えぇ・

  • 危険な勉強会

    介護施設にて定期的に開かれる勉強会、それは介護に必要な知識を得るために必要な場である「そんなことも分からないなんて何年介護の仕事をしてるんですか!!無駄に経験を重ねただけの役立たずなんですか!!」「・・・・・」「・・・・・」「あの・・リーダー・・言いすぎ

  • 夜勤専従

    とある介護施設にて���「黒さんって夜勤専従で働いて結構長いんスか?」���「んー・・そうだね、前の所も含めてもう10年近く夜勤専従でやってるかな」���「夜だけって不安になったりしないんスか?昼間の様子も分かんないし」���「それはまぁそうなんだけどさ、夜勤専従だ

  • 魔法のボタン

    とある介護施設にて���「い・・今行くからちょっと待って!!急用じゃないならちょっと待って!!」���「行かなくて大丈夫なのかい・・・?」���「田中さんのオムツがまだ終わってないのに行けないでしょ?」���「ありがとよぉ・・・」���「いえいえ・・・っと、はい終わり!

  • 新元号への意気込み

    新しい元号に変わることで仕事に対しての意気込み���「高齢者の方々がそれぞれの価値観のまま生活していけるようなサービスを提供していきたいです」「え?そのために何をしていくかって?」「・・・傾聴?細かいところまで理解していく・・ことかな?」「自分、介護福祉士の

  • 介護職のGWの始まり

    これはあくまで一つのケース、すべての施設がそうとは限りません・・・������「ついに今日、4月27日から10日間のGW が始まるな」���「そうですね、間に年号が変わるGWなんてもしかしたら人生で1度しか経験しないかもしれないですよね」���「本当になぁ・・お前、予定は?

カテゴリー一覧
商用